その他の都市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ポーランドでのSLは撮影とアウシュビッツ捕虜強制収容所の訪問、乗り継ぎを兼ねて香港とスイスのプチ観光をしてきました。<br /><br />今回の最大の目的だったSLにようやく対面しました。<br /><br />(行程)<br />8/4 羽田→香港→<br />8/5 チューリッヒ<br />8/6 チューリッヒ→ワルシャワ<br />8/7 ワルシャワ→クラクフ<br />8/8 クラクフ→<br />8/9 ポズナン→ボルシュティン<br />8/10 ボルシュティン→ワルシャワ<br />8/11 ワルシャワ→フランクフルト→<br />8/12 香港→羽田

香港・スイス・ポーランド撮影紀行(5)

6いいね!

2011/08/04 - 2011/08/12

125位(同エリア212件中)

    26

    0

    TRAVAIR

    TRAVAIRさん

    ポーランドでのSLは撮影とアウシュビッツ捕虜強制収容所の訪問、乗り継ぎを兼ねて香港とスイスのプチ観光をしてきました。

    今回の最大の目的だったSLにようやく対面しました。

    (行程)
    8/4 羽田→香港→
    8/5 チューリッヒ
    8/6 チューリッヒ→ワルシャワ
    8/7 ワルシャワ→クラクフ
    8/8 クラクフ→
    8/9 ポズナン→ボルシュティン
    8/10 ボルシュティン→ワルシャワ
    8/11 ワルシャワ→フランクフルト→
    8/12 香港→羽田

    同行者
    一人旅
    交通手段
    鉄道
    旅行の満足度
    5.0

    PR

    • 21時過ぎにホテルで預けていた荷物をピックアップして、駅に向かいます。<br />今晩乗車するSzczecin行きTLK38510列車は4番プラットホームと表示されているのでホームへ向かうと、別の夜行列車が停車中でした。<br /><br />前から座席車・寝台車・クシェットと言う編成だったので、同じような組成だろうとと思い、寝台車あたりで待っているが、そろそろSzczecin行きがやってくる時間になっても一向に発車しない様子。<br /><br />構内放送が入るが、ポーランド語なので判らないがこれから向かう「ポズナン」と言うフレーズが耳に入り、ホームで待っている人達が移動し始めたので、これは発着番線変更だと判り、人の流れに従いとなりの5番プラットホームに上がると、行き先案内表示にSzczecin行と表示され一安心。<br /><br />

      21時過ぎにホテルで預けていた荷物をピックアップして、駅に向かいます。
      今晩乗車するSzczecin行きTLK38510列車は4番プラットホームと表示されているのでホームへ向かうと、別の夜行列車が停車中でした。

      前から座席車・寝台車・クシェットと言う編成だったので、同じような組成だろうとと思い、寝台車あたりで待っているが、そろそろSzczecin行きがやってくる時間になっても一向に発車しない様子。

      構内放送が入るが、ポーランド語なので判らないがこれから向かう「ポズナン」と言うフレーズが耳に入り、ホームで待っている人達が移動し始めたので、これは発着番線変更だと判り、人の流れに従いとなりの5番プラットホームに上がると、行き先案内表示にSzczecin行と表示され一安心。

    • 列車は定刻にやってきました。編成は機関車+寝台車+クシェット+座席車とさっきの逆で、寝台車めがけて走ることに・・・<br /><br />デッキで係員に切符を渡し、指定された31番寝台に入ります。<br />1人利用なので、下段のベットがセッティングされています。ポーランド国内の寝台車は安く、一人用でも9000円です。部屋にはチェーンキーもありますし安全です。<br /><br />まずは荷物を置いて一息つきます。<br /><br />列車は、発着番線変更のゴタゴタからか、10分位停車して定刻より5分遅れの定時発車となりました。<br /><br />明日も早いので、着替えて早々に寝ることににします。

      列車は定刻にやってきました。編成は機関車+寝台車+クシェット+座席車とさっきの逆で、寝台車めがけて走ることに・・・

      デッキで係員に切符を渡し、指定された31番寝台に入ります。
      1人利用なので、下段のベットがセッティングされています。ポーランド国内の寝台車は安く、一人用でも9000円です。部屋にはチェーンキーもありますし安全です。

      まずは荷物を置いて一息つきます。

      列車は、発着番線変更のゴタゴタからか、10分位停車して定刻より5分遅れの定時発車となりました。

      明日も早いので、着替えて早々に寝ることににします。

    • 朝5時半に携帯のアラームで起きると、朝日が昇るポーランド平原の真っただ中を走っていました。直ぐにKoscian駅に停車したことから定時で運転されているようです。

      朝5時半に携帯のアラームで起きると、朝日が昇るポーランド平原の真っただ中を走っていました。直ぐにKoscian駅に停車したことから定時で運転されているようです。

    • 6時前に係員がやってきて、切符を返しに来ました。その際「コーヒーか紅茶か」と聞かれたのでコーヒーを頼むと、紙コップに入ったコーヒーを持ってきました。<br />確か1等利用だと朝食(パン)が付く筈だなぁとふと洗面台の上にある鏡台らしき扉をあけると、オレンジジュースにチョココロネ風のパンとクッキー類が入ってました。<br />

      6時前に係員がやってきて、切符を返しに来ました。その際「コーヒーか紅茶か」と聞かれたのでコーヒーを頼むと、紙コップに入ったコーヒーを持ってきました。
      確か1等利用だと朝食(パン)が付く筈だなぁとふと洗面台の上にある鏡台らしき扉をあけると、オレンジジュースにチョココロネ風のパンとクッキー類が入ってました。

    • 6:20定時にポズナン中央駅に到着しました。ホームに降りると長袖でも肌寒く感じます。<br /><br />機関車の写真を撮影に向かうと、EF58の青大将色に似たカラーリングの機関車でした。<br /><br />ココから来た道を引き返してLeszno駅に向かいます。昨晩の夜行列車もLesznoに停車するのですが到着が5時なので、ゆっくりしたいので、Poznanまで行って戻ることにしたのです。<br /><br />発車案内の表示に4番プラットホームと書いてあったので、ホームで待っていると、遅れている長距離列車があり、またもやホーム変更。<br />隣の3番プラットホームに移動です。<br /><br />電気機関車に牽引されてやってきた客車列車に揺られ、来た道を戻ります。<br />途中、車掌さんが検札に来たので、ポーランドパスを見せるとじーっと眺めて返してくれました。<br /><br />

      6:20定時にポズナン中央駅に到着しました。ホームに降りると長袖でも肌寒く感じます。

      機関車の写真を撮影に向かうと、EF58の青大将色に似たカラーリングの機関車でした。

      ココから来た道を引き返してLeszno駅に向かいます。昨晩の夜行列車もLesznoに停車するのですが到着が5時なので、ゆっくりしたいので、Poznanまで行って戻ることにしたのです。

      発車案内の表示に4番プラットホームと書いてあったので、ホームで待っていると、遅れている長距離列車があり、またもやホーム変更。
      隣の3番プラットホームに移動です。

      電気機関車に牽引されてやってきた客車列車に揺られ、来た道を戻ります。
      途中、車掌さんが検札に来たので、ポーランドパスを見せるとじーっと眺めて返してくれました。

    • 約1時間でLeszno駅に到着します。駅手前には扇形機関庫があり、今朝Wolsztynから列車を牽引してきたSLが煙を吐いているのを見つけました。<br /><br />駅は「人」のような配線になっていて、一番左端のホームにWEBで見たことのある二階建て客車が停車したので、行ってみると、今朝Wolsztynからやってきた車両でした。

      約1時間でLeszno駅に到着します。駅手前には扇形機関庫があり、今朝Wolsztynから列車を牽引してきたSLが煙を吐いているのを見つけました。

      駅は「人」のような配線になっていて、一番左端のホームにWEBで見たことのある二階建て客車が停車したので、行ってみると、今朝Wolsztynからやってきた車両でした。

    • 列車の発車まで1時間以上のあるので、車両清掃を行っていました。SL牽引なので、石炭の燃えカスが付着するからか、ポーランドでは珍しく客車は黒色です。<br /><br />隣のホームに凸型ディーゼル機関車が客車1両を牽引してやってきました。ローカル線運用なんでしょうね。昔は似たような風景が日本でもあったのですが・・<br /><br />機関区の方を見るとSLの煙が上がっています。早く入線しないかと待っていると

      列車の発車まで1時間以上のあるので、車両清掃を行っていました。SL牽引なので、石炭の燃えカスが付着するからか、ポーランドでは珍しく客車は黒色です。

      隣のホームに凸型ディーゼル機関車が客車1両を牽引してやってきました。ローカル線運用なんでしょうね。昔は似たような風景が日本でもあったのですが・・

      機関区の方を見るとSLの煙が上がっています。早く入線しないかと待っていると

    • 日本の様な甲高い汽笛とは違う、まろやかな?汽笛が聞こえ、SLが推進運転でやってきました。<br /><br />テンダー(炭水車)の車高が高い!<br />さすが標準軌のSLです。

      日本の様な甲高い汽笛とは違う、まろやかな?汽笛が聞こえ、SLが推進運転でやってきました。

      テンダー(炭水車)の車高が高い!
      さすが標準軌のSLです。

    • 連結完了!<br /><br />今日はOl49-7が牽引します。

      連結完了!

      今日はOl49-7が牽引します。

    • Ol49は、戦後型のSLでポーランドでは中堅的機関車だったようです。<br />動輪直径は1250mmで日本のC57なんかと同じサイズです。

      Ol49は、戦後型のSLでポーランドでは中堅的機関車だったようです。
      動輪直径は1250mmで日本のC57なんかと同じサイズです。

    • 車高は4500mmで、C57より1m近く車高が高いです。<br /><br />動輪の赤い塗装が車体の黒色と対照的で綺麗です。

      車高は4500mmで、C57より1m近く車高が高いです。

      動輪の赤い塗装が車体の黒色と対照的で綺麗です。

    • 発車まで時間があるのでじっくりとSLを見物します。<br />平日とあってSL目当ての旅行者は自分だけです。まあ毎日走っている訳なので、日本みたに人が集まることもないでしょう。<br />

      発車まで時間があるのでじっくりとSLを見物します。
      平日とあってSL目当ての旅行者は自分だけです。まあ毎日走っている訳なので、日本みたに人が集まることもないでしょう。

    • この日はポーランド人の機関士2人とアメリカ人のWolsztyn Expに参加しているアメリカ人2人が運転します。<br /><br />ポーランド機関士が、写真集やPKP(ポーランド国鉄)の紋章のセールスをしてきました。紋章はちょっと欲しいなぁと思ったけど重いし、150PLNって言うから諦めました(でも同じ紋章が機関区の売店で100PLNで売っているし(笑)、差益は飲み代か?)<br /><br />アメリカ人機関士と話すと、午後の列車は日本人が運転するよと言われ、びっくり。日本人も運転に来てるんだ!<br /><br />

      この日はポーランド人の機関士2人とアメリカ人のWolsztyn Expに参加しているアメリカ人2人が運転します。

      ポーランド機関士が、写真集やPKP(ポーランド国鉄)の紋章のセールスをしてきました。紋章はちょっと欲しいなぁと思ったけど重いし、150PLNって言うから諦めました(でも同じ紋章が機関区の売店で100PLNで売っているし(笑)、差益は飲み代か?)

      アメリカ人機関士と話すと、午後の列車は日本人が運転するよと言われ、びっくり。日本人も運転に来てるんだ!

    • 終着のZbaszynekに着くと直ぐに機回しとなりwolsztyn行きとなります。ここからwolsztynまでは、逆向き運転となり大型SLの逆向き運転は珍しいです。<br /><br />ちなみに、乗車した際の動画をYouTubeにアップしてますので、見てください<br /><br />http://youtu.be/4UeXvVgJvyg<br />

      終着のZbaszynekに着くと直ぐに機回しとなりwolsztyn行きとなります。ここからwolsztynまでは、逆向き運転となり大型SLの逆向き運転は珍しいです。

      ちなみに、乗車した際の動画をYouTubeにアップしてますので、見てください

      http://youtu.be/4UeXvVgJvyg

    • 駅からすぐの所にwolsztyn機関区があります。SL博物館になっていて入場料を払えば自由に見学出来るのですが、いつ行っても入り口脇のデスパッチャー室に係員が不在で料金を<br />支払う事が出来ませんでした。なので最終日に土産物屋で本とかTシャツを買ってきました。

      駅からすぐの所にwolsztyn機関区があります。SL博物館になっていて入場料を払えば自由に見学出来るのですが、いつ行っても入り口脇のデスパッチャー室に係員が不在で料金を
      支払う事が出来ませんでした。なので最終日に土産物屋で本とかTシャツを買ってきました。

    • 機関区に引き上げたSLは既にターンテーブルで方向転換が終了して、給炭と給水作業中でした。<br /><br />石炭が既に燃える香りが漂い、やっぱり生きているSLは良いものです。<br />

      機関区に引き上げたSLは既にターンテーブルで方向転換が終了して、給炭と給水作業中でした。

      石炭が既に燃える香りが漂い、やっぱり生きているSLは良いものです。

    • 機関区や駅構内には保存されているSLも留置されていますが、資金的に整備費用が捻出できず、錆びだらけのいたたましい姿のSLもいます。<br /><br />2011年8月時点では、稼働しているSLはOl49-7とPm36-2の2両しか居ませんでした。(Ol49がもう1両、Lesznoでオーバーホール中とのこと)<br /><br />ポーランド国内には、結構錆だらけのSLが留置されている駅や機関区があるのですが・・・

      イチオシ

      機関区や駅構内には保存されているSLも留置されていますが、資金的に整備費用が捻出できず、錆びだらけのいたたましい姿のSLもいます。

      2011年8月時点では、稼働しているSLはOl49-7とPm36-2の2両しか居ませんでした。(Ol49がもう1両、Lesznoでオーバーホール中とのこと)

      ポーランド国内には、結構錆だらけのSLが留置されている駅や機関区があるのですが・・・

    • 13時過ぎにSLは出庫していき、ホームに停車中の客車と連結して、Leszno行きとなります。

      13時過ぎにSLは出庫していき、ホームに停車中の客車と連結して、Leszno行きとなります。

    • 機関区脇の踏切は有名な撮影ポイントで、Wolsztynの信号所をバックにWolsztyn駅を発車するSLを撮影します。<br /><br />踏切が閉まり、SLが駅を発車してやってきました。<br />駅を発車してドレンを盛大に吐き出しながらやってきましたが、煙はは完全燃焼していて「スカ」状態。<br />ドレンも信号所の手前で止まってしまい、写真的にはつまらない絵になってしまいました。

      機関区脇の踏切は有名な撮影ポイントで、Wolsztynの信号所をバックにWolsztyn駅を発車するSLを撮影します。

      踏切が閉まり、SLが駅を発車してやってきました。
      駅を発車してドレンを盛大に吐き出しながらやってきましたが、煙はは完全燃焼していて「スカ」状態。
      ドレンも信号所の手前で止まってしまい、写真的にはつまらない絵になってしまいました。

    • SLが出発した後、宿に向かいますが昼になにも食べてないので、駅前にあったスナックスタンドで、ホットドックで昼食にします。<br /><br />お腹が減っていたからか、かなり美味しく感じられました。ちなみにオレンジジュースとホットドックで12PLNなので約360円です。

      SLが出発した後、宿に向かいますが昼になにも食べてないので、駅前にあったスナックスタンドで、ホットドックで昼食にします。

      お腹が減っていたからか、かなり美味しく感じられました。ちなみにオレンジジュースとホットドックで12PLNなので約360円です。

    • 今晩の宿、Koukasa Hotelです。<br />駅から歩いて5分程のホテル。<br /><br />本当は、機関区にも宿泊できる部屋もあるのでそこに泊まっても良かったのすが、撮影には機動力が必要と言う事で、ホテルにはレンタサイクルもありチェックアウト後も荷物を預かってくれるので、ホテルにしました。<br /><br />ホテルで自転車を借りると、本格的なサイクリング車(ペダルを逆回しするとブレーキが掛かるし、サスペンションもあり)で快適に走れそうです。<br />

      今晩の宿、Koukasa Hotelです。
      駅から歩いて5分程のホテル。

      本当は、機関区にも宿泊できる部屋もあるのでそこに泊まっても良かったのすが、撮影には機動力が必要と言う事で、ホテルにはレンタサイクルもありチェックアウト後も荷物を預かってくれるので、ホテルにしました。

      ホテルで自転車を借りると、本格的なサイクリング車(ペダルを逆回しするとブレーキが掛かるし、サスペンションもあり)で快適に走れそうです。

    • 夕方LesznoからWolsztynに戻って来る列車を撮影する為に、GoogleMapと今朝の列車からのロケハンであたりを付けた場所に向けて出発。<br /><br />Wolsztynの2駅手前にある「」駅手前の非舗装の踏切に到着したのがSL到着の30分前。着いた時は良い天気だったのですが、次第に雲行きが怪しくなり、この先の駅で交換するLeszno行きのライトレール車が行ったとったん、真っ暗になり、これはヤバいと言うことで、急いで撤収し駅まで戻ったのですが、かなり濡れてしまいました。<br /><br />列車に自転車乗せて帰ろうかと思っていたら、雨が急に止みました。SLは遅れているようで、これなら撮影出来る!と大急ぎで駅の先にある踏切に向かい、なんとか駅を発車する姿を撮影できました。<br />

      夕方LesznoからWolsztynに戻って来る列車を撮影する為に、GoogleMapと今朝の列車からのロケハンであたりを付けた場所に向けて出発。

      Wolsztynの2駅手前にある「」駅手前の非舗装の踏切に到着したのがSL到着の30分前。着いた時は良い天気だったのですが、次第に雲行きが怪しくなり、この先の駅で交換するLeszno行きのライトレール車が行ったとったん、真っ暗になり、これはヤバいと言うことで、急いで撤収し駅まで戻ったのですが、かなり濡れてしまいました。

      列車に自転車乗せて帰ろうかと思っていたら、雨が急に止みました。SLは遅れているようで、これなら撮影出来る!と大急ぎで駅の先にある踏切に向かい、なんとか駅を発車する姿を撮影できました。

    • Wolsztynに自転車で戻ってくるとちょうど機関区でOl49がターンテーブルに乗って方向転換していました。明日もこのOl49-7が牽引する事になります。<br />今日運転してきたTさんを見つけ、雨凄かったですねと話すと、前が見えなくて大変でしたよと<br />この後、Wolsztyn Experienceの事務所に行き、代表の方ともお会いして色々話を伺いました。<br /><br />次回は是非SLを運転してみたいと思いました。まだ日本人ではTさんが9人目だそうです。

      Wolsztynに自転車で戻ってくるとちょうど機関区でOl49がターンテーブルに乗って方向転換していました。明日もこのOl49-7が牽引する事になります。
      今日運転してきたTさんを見つけ、雨凄かったですねと話すと、前が見えなくて大変でしたよと
      この後、Wolsztyn Experienceの事務所に行き、代表の方ともお会いして色々話を伺いました。

      次回は是非SLを運転してみたいと思いました。まだ日本人ではTさんが9人目だそうです。

    • その後夕食を午前中運転した。アメリカ人と共にする事になり、4人で機関区近くのレストランへ向かいます。<br />お店の看板にもSLの絵が描かれています。

      その後夕食を午前中運転した。アメリカ人と共にする事になり、4人で機関区近くのレストランへ向かいます。
      お店の看板にもSLの絵が描かれています。

    • ポーランドスペシャルだと言い、アメリカ人の方が奥に行って注文してくれました。<br /><br />名前を忘れてしまいましたが、ポーランドの郷土スープだそうで、これが凄く美味でした!<br /><br />結構、風が冷たい風を運んでくるので冷えてきたので、温かいスープは格別です。

      ポーランドスペシャルだと言い、アメリカ人の方が奥に行って注文してくれました。

      名前を忘れてしまいましたが、ポーランドの郷土スープだそうで、これが凄く美味でした!

      結構、風が冷たい風を運んでくるので冷えてきたので、温かいスープは格別です。

    • メインは、これまたポーランドカツレツです。付けあわせの紫色は玉ねぎの酢漬けでこの地方ではポピュラーな漬物だそうです。<br /><br />日本人2人とアメリカ人2人の「鉄」となれば話題は鉄道と言うことになり、Wolsztyn ExperienceでのSL運転の話や日本やアメリカでのSLの話になるわけで、極めつけは、この夏復活した日本のSL「C61-20」は津波による電力不足で輸送力増強の為に復活したと言う話がアメリカに伝わっていると言う話には、驚きましたね。<br /><br />テラス席で食事しているとOl49に石炭を入れたのでしょう、煙と一緒に石炭の燃える臭いが漂ってきて、SLの近くにいるんだなぁと感慨深いものがあります。<br /><br />ようやくあたりが薄暗くなった20時過ぎにお開きとなり、ホテルに戻ります。<br />いやー冷え込んできたので、温かいシャワーが気持ち良っかたです。

      メインは、これまたポーランドカツレツです。付けあわせの紫色は玉ねぎの酢漬けでこの地方ではポピュラーな漬物だそうです。

      日本人2人とアメリカ人2人の「鉄」となれば話題は鉄道と言うことになり、Wolsztyn ExperienceでのSL運転の話や日本やアメリカでのSLの話になるわけで、極めつけは、この夏復活した日本のSL「C61-20」は津波による電力不足で輸送力増強の為に復活したと言う話がアメリカに伝わっていると言う話には、驚きましたね。

      テラス席で食事しているとOl49に石炭を入れたのでしょう、煙と一緒に石炭の燃える臭いが漂ってきて、SLの近くにいるんだなぁと感慨深いものがあります。

      ようやくあたりが薄暗くなった20時過ぎにお開きとなり、ホテルに戻ります。
      いやー冷え込んできたので、温かいシャワーが気持ち良っかたです。

    この旅行記のタグ

      6いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      ポーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      ポーランド最安 680円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      ポーランドの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      その他の都市(ポーランド) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集