ワルシャワ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ポーランドでのSLは撮影とアウシュビッツ捕虜強制収容所の訪問、乗り継ぎを兼ねて香港とスイスのプチ観光をしてきました。<br /><br />初めてポーランドを訪問しました。<br /><br />(行程)<br />8/4 羽田→香港→<br />8/5 チューリッヒ<br />8/6 チューリッヒ→ワルシャワ<br />8/7 ワルシャワ→クラクフ<br />8/8 クラクフ→<br />8/9 ポズナン→ボルシュティン<br />8/10 ボルシュティン→ワルシャワ<br />8/11 ワルシャワ→フランクフルト→<br />8/12 香港→羽田<br /><br />

香港・スイス・ポーランド撮影紀行(3)

5いいね!

2011/08/04 - 2011/08/12

595位(同エリア819件中)

TRAVAIR

TRAVAIRさん

ポーランドでのSLは撮影とアウシュビッツ捕虜強制収容所の訪問、乗り継ぎを兼ねて香港とスイスのプチ観光をしてきました。

初めてポーランドを訪問しました。

(行程)
8/4 羽田→香港→
8/5 チューリッヒ
8/6 チューリッヒ→ワルシャワ
8/7 ワルシャワ→クラクフ
8/8 クラクフ→
8/9 ポズナン→ボルシュティン
8/10 ボルシュティン→ワルシャワ
8/11 ワルシャワ→フランクフルト→
8/12 香港→羽田

同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.0
交通
4.0

PR

  • 雨上がりのワルシャワ空港に到着しました。ポーランドもシェンゲン協定国なのでパスポートコントロールは無しです。パスポートにハンコが無いのがちょっと残念です。<br /><br />荷物を受取り、荷物が重いからタクシーにしようかな?と思っていたら、ロビーで白タクが言い寄ってきたので、無視して、そのままターミナルを出るとバス停があったので、175番バスに乗ることにしました。<br /><br />バスの切符は自動販売機があったので、24時間有効のフリーパスを購入するとちょうど175番のバスがやってきたので、乗り込みます。<br /><br />20分程で、中央駅前に到着。バス停の目の前が今夜の宿、マリオットホテルです。<br />チェックインを済ませ割り当てられた部屋は、中央駅と文化科学宮殿が眺められる部屋でした。<br /><br />取りあえず、ポーランドパスのバリデーションを済まそうと、駅に向かい窓口でバリデーションを要求するのですが、英語が通じず四苦八苦。スタンプという言葉でなんとかバリデーションのスタンプを押してくれました。<br /><br />駅に隣接するショッピングセンターをぶらつき、スーパーでお土産の「Prince Polo」を箱で購入しました。<br /><br />少しお腹も減ったのでフードコートで夕食を取ることにしました。<br />やはりポーランドと言えば?「カツレツ」です。もう閉店場際と言うことでサラダも大盛りで、ドリンク含めて28.50PLN(約800円)でした。

    雨上がりのワルシャワ空港に到着しました。ポーランドもシェンゲン協定国なのでパスポートコントロールは無しです。パスポートにハンコが無いのがちょっと残念です。

    荷物を受取り、荷物が重いからタクシーにしようかな?と思っていたら、ロビーで白タクが言い寄ってきたので、無視して、そのままターミナルを出るとバス停があったので、175番バスに乗ることにしました。

    バスの切符は自動販売機があったので、24時間有効のフリーパスを購入するとちょうど175番のバスがやってきたので、乗り込みます。

    20分程で、中央駅前に到着。バス停の目の前が今夜の宿、マリオットホテルです。
    チェックインを済ませ割り当てられた部屋は、中央駅と文化科学宮殿が眺められる部屋でした。

    取りあえず、ポーランドパスのバリデーションを済まそうと、駅に向かい窓口でバリデーションを要求するのですが、英語が通じず四苦八苦。スタンプという言葉でなんとかバリデーションのスタンプを押してくれました。

    駅に隣接するショッピングセンターをぶらつき、スーパーでお土産の「Prince Polo」を箱で購入しました。

    少しお腹も減ったのでフードコートで夕食を取ることにしました。
    やはりポーランドと言えば?「カツレツ」です。もう閉店場際と言うことでサラダも大盛りで、ドリンク含めて28.50PLN(約800円)でした。

  • 翌朝、目覚めてみと快晴。東側諸国時代の名残である文化科学宮殿が良く見えます。<br />高層ビルが立ち始めてきたワルシャワ市内ですが、この風貌は目立ちます。<br /><br />文化科学宮殿は建物の雰囲気といい東側諸国らしい建て方で、威厳を表しているのでしょうが、今になっては過去の遺産です。

    翌朝、目覚めてみと快晴。東側諸国時代の名残である文化科学宮殿が良く見えます。
    高層ビルが立ち始めてきたワルシャワ市内ですが、この風貌は目立ちます。

    文化科学宮殿は建物の雰囲気といい東側諸国らしい建て方で、威厳を表しているのでしょうが、今になっては過去の遺産です。

  • 朝食の後、クラクフへ向かう列車の時間まで時間があるので、旧市街地へ行ってみます。<br />昨日乗った175番のバスが旧市街地の入口近くまで行きます。バスに乗り込むと、検札がやってきました。昨日買ったチケットを渡すとハンディ端末に読み込ませ、時間の確認をしていました。<br />

    朝食の後、クラクフへ向かう列車の時間まで時間があるので、旧市街地へ行ってみます。
    昨日乗った175番のバスが旧市街地の入口近くまで行きます。バスに乗り込むと、検札がやってきました。昨日買ったチケットを渡すとハンディ端末に読み込ませ、時間の確認をしていました。

  • まだ9時過ぎとあって、観光客の姿は少なく、静かな日曜日の朝と言った感じです。<br /><br />ワルシャワは、第二次世界大戦中に街は焼失してしまいましたが、戦後ポーランドの人達は、焼失前の図面や写真を元に完全復旧させたそうです。<br />多分、戦後東側諸国に組み込まれた国でここまで行うには大変だったのではないでしょうか?<br /><br />ポーランド人の自分たちの街を愛する心意気は半端じゃないですね。

    まだ9時過ぎとあって、観光客の姿は少なく、静かな日曜日の朝と言った感じです。

    ワルシャワは、第二次世界大戦中に街は焼失してしまいましたが、戦後ポーランドの人達は、焼失前の図面や写真を元に完全復旧させたそうです。
    多分、戦後東側諸国に組み込まれた国でここまで行うには大変だったのではないでしょうか?

    ポーランド人の自分たちの街を愛する心意気は半端じゃないですね。

  • まだ人もまばらな旧市街地の石畳の道をあてもなくフラつきます。<br /><br />旧市街の市場広場にでると、準備中のカフェが立ち並び、広場の真ん中には人魚像があります。<br />ワルシャワ市の紋章にもなっている人魚は、ヴィスワ川の漁師夫婦ワルスとサワが、網にかかった人魚を助け豊かになったという伝説がモチーフになっているそうです。<br /><br />像の周りには噴水となっていて、鳩や雀がやってきてのどかに水浴びをしていました。<br />

    まだ人もまばらな旧市街地の石畳の道をあてもなくフラつきます。

    旧市街の市場広場にでると、準備中のカフェが立ち並び、広場の真ん中には人魚像があります。
    ワルシャワ市の紋章にもなっている人魚は、ヴィスワ川の漁師夫婦ワルスとサワが、網にかかった人魚を助け豊かになったという伝説がモチーフになっているそうです。

    像の周りには噴水となっていて、鳩や雀がやってきてのどかに水浴びをしていました。

  • 何かのイベントなのか王宮前では、戦時中の様子を再現する人達がいました。<br /><br />近代ポーランドは、第二次世界大戦の火蓋がおとされた場所でもあり、ナチスドイツのポーランド併合や戦後の冷戦と大国の振り回された悲劇の国でもあります。

    何かのイベントなのか王宮前では、戦時中の様子を再現する人達がいました。

    近代ポーランドは、第二次世界大戦の火蓋がおとされた場所でもあり、ナチスドイツのポーランド併合や戦後の冷戦と大国の振り回された悲劇の国でもあります。

  • 旧市街地をざっと一巡して、ホテルに戻る前にカフェで一休みです。<br /><br />そろそろ観光客が集まってくる時間で、大通りも少しづつ人が増えてきました。<br /><br />再び175番のバスに乗り、ホテルへ戻りチェックアウトをします。<br />

    旧市街地をざっと一巡して、ホテルに戻る前にカフェで一休みです。

    そろそろ観光客が集まってくる時間で、大通りも少しづつ人が増えてきました。

    再び175番のバスに乗り、ホテルへ戻りチェックアウトをします。

  • 今日は日差しが強く、気温も上がってきてます。半袖でも少し暑いです。<br /><br />ワルシャワ中央駅は改良工事で、所々通行止めになっていたりします。昔は治安が悪かったらしいですが、今は要所要所にセキュリティが立っているので、安心です。<br /><br />列車は11:45発のクラクフ行のTLK13104列車です。3番プラットホームとの表示が出ています。<br /><br />ホームには旅行客でごった返しています。どのへんに列車が止まるか判らないので取りあえず、ホームの中程で待つことに。<br /><br />1等車は予約が必須なので、事前に日本で予約を済ませておきました。14号車の66番座席です。<br />日本のように前から1号車とかでは無いので、どこの編に連結されているのか皆目分からずで、やってきた列車の表示を見るしかありません。

    今日は日差しが強く、気温も上がってきてます。半袖でも少し暑いです。

    ワルシャワ中央駅は改良工事で、所々通行止めになっていたりします。昔は治安が悪かったらしいですが、今は要所要所にセキュリティが立っているので、安心です。

    列車は11:45発のクラクフ行のTLK13104列車です。3番プラットホームとの表示が出ています。

    ホームには旅行客でごった返しています。どのへんに列車が止まるか判らないので取りあえず、ホームの中程で待つことに。

    1等車は予約が必須なので、事前に日本で予約を済ませておきました。14号車の66番座席です。
    日本のように前から1号車とかでは無いので、どこの編に連結されているのか皆目分からずで、やってきた列車の表示を見るしかありません。

  • 列車が入線してきました。<br />14号車は2両目に連結されていましたが、停車位置が随分の前の方で、荷物を抱えて大移動です。<br /><br />乗り込み、指定されたコンパートメントに入り込みようやく一息つくことができました。<br /><br />列車には、食堂車やバーの連結が無いようなので、地下通路のスナックスタンドでピザパンのような物とコーラーを買いました。これが昼食です。<br /><br />

    列車が入線してきました。
    14号車は2両目に連結されていましたが、停車位置が随分の前の方で、荷物を抱えて大移動です。

    乗り込み、指定されたコンパートメントに入り込みようやく一息つくことができました。

    列車には、食堂車やバーの連結が無いようなので、地下通路のスナックスタンドでピザパンのような物とコーラーを買いました。これが昼食です。

  • 列車はほぼ定時にワルシャワ中央駅を出発しました。<br />週末とあって、かなりの混雑で通路にも人が溢れていました。<br /><br />ワルシャワ西駅で10分程遅れて発車し、ワルシャワ郊外から最高時速160km/hの高速新線を走行します。<br /><br />今、新線は改良工事中で一部区間が単線運転になっていたりするので、列車によって所要時分が違うのです。<br />今回乗った列車はワルシャワ・クラクフ間を2時間55分で走るこの日最速の列車です。<br />

    列車はほぼ定時にワルシャワ中央駅を出発しました。
    週末とあって、かなりの混雑で通路にも人が溢れていました。

    ワルシャワ西駅で10分程遅れて発車し、ワルシャワ郊外から最高時速160km/hの高速新線を走行します。

    今、新線は改良工事中で一部区間が単線運転になっていたりするので、列車によって所要時分が違うのです。
    今回乗った列車はワルシャワ・クラクフ間を2時間55分で走るこの日最速の列車です。

  • クラクフ中央駅には定刻より5分遅れて14:45に到着しました。<br />このごっつい東側らしいデザインの電気機関車が160km/hもの速度で走ってきたのです。<br /><br />クラクフも夏らしい気温で、少し汗ばむ程です。<br />

    クラクフ中央駅には定刻より5分遅れて14:45に到着しました。
    このごっつい東側らしいデザインの電気機関車が160km/hもの速度で走ってきたのです。

    クラクフも夏らしい気温で、少し汗ばむ程です。

  • クラクフの宿はこれまた駅前の「Andles」と言うホテルです。<br />建物も新しく、デザイナーホテルで内装も凝っていて、今回の旅で一番豪華?なホテルだったかも。<br /><br />ちなみに、いろんなサイトを比較して、最安だった楽天トラベルで予約しましたが、1泊シングル(ダブルベット)で11000円でした。

    クラクフの宿はこれまた駅前の「Andles」と言うホテルです。
    建物も新しく、デザイナーホテルで内装も凝っていて、今回の旅で一番豪華?なホテルだったかも。

    ちなみに、いろんなサイトを比較して、最安だった楽天トラベルで予約しましたが、1泊シングル(ダブルベット)で11000円でした。

  • 今日は、世界遺産に登録されている「クラクフの旧市街地」を観光します。<br /><br />観光シーズン真っ盛りなので、旧市街には多くの観光客で賑わっていました。<br />まずは中央市場広場に向かいシンボルでもある、聖マリア教会を眺めます。<br /><br />

    今日は、世界遺産に登録されている「クラクフの旧市街地」を観光します。

    観光シーズン真っ盛りなので、旧市街には多くの観光客で賑わっていました。
    まずは中央市場広場に向かいシンボルでもある、聖マリア教会を眺めます。

  • ヨーロッパの夏って言う感じです。<br /><br />馬車で観光案内をするコースもあって、さながら中世時代を体験?なんでしょうか?<br />浅草で人力車に乗って観光するのと同じノリですね。<br /><br />途中の両替屋で1万円をPLNに両替しました。この日のレートで1PLN=31円となりました。

    ヨーロッパの夏って言う感じです。

    馬車で観光案内をするコースもあって、さながら中世時代を体験?なんでしょうか?
    浅草で人力車に乗って観光するのと同じノリですね。

    途中の両替屋で1万円をPLNに両替しました。この日のレートで1PLN=31円となりました。

  • 流石に、観光客も多くて賑わってます。<br />でも日本人の姿は殆ど見掛けられません。やはりポーランドはまだまだ旅行先としてはマイナーなのでしょうね。<br /><br />(お陰で、海外に来ている!と言う印象が強くなります!)<br />気温は30℃位ですが、風があると湿度が低いので汗がすぐ乾きます。

    流石に、観光客も多くて賑わってます。
    でも日本人の姿は殆ど見掛けられません。やはりポーランドはまだまだ旅行先としてはマイナーなのでしょうね。

    (お陰で、海外に来ている!と言う印象が強くなります!)
    気温は30℃位ですが、風があると湿度が低いので汗がすぐ乾きます。

  • 旧市街地をトラムが横切ります。<br />なかなか味がある雰囲気だったので撮影してみることに。<br /><br />新しいトラムに混じり、ヨーロッパらしい車両もやってきました。

    旧市街地をトラムが横切ります。
    なかなか味がある雰囲気だったので撮影してみることに。

    新しいトラムに混じり、ヨーロッパらしい車両もやってきました。

  • さらに今度は随分、古そうなトラムがやってきました。<br />撮影後、乗り場に行ってみると、「0」番トラムは臨時列車で夏の間の日曜日だけ走るような事が書いてありました。<br /><br />次は1時間半後にやってくるみたいです。

    さらに今度は随分、古そうなトラムがやってきました。
    撮影後、乗り場に行ってみると、「0」番トラムは臨時列車で夏の間の日曜日だけ走るような事が書いてありました。

    次は1時間半後にやってくるみたいです。

  • 旧市街地の外れには小高い丘があり、王宮「ヴァヴェル城」があります。<br />今では市民の憩いの場となっているようです。<br /><br />王宮内の見学も出来るようですが、この日は既に締切後で、建物の中には入れませんでした。<br /><br />ですが中庭など城内を散策するだけでも中世の感じがして楽しいものです。

    旧市街地の外れには小高い丘があり、王宮「ヴァヴェル城」があります。
    今では市民の憩いの場となっているようです。

    王宮内の見学も出来るようですが、この日は既に締切後で、建物の中には入れませんでした。

    ですが中庭など城内を散策するだけでも中世の感じがして楽しいものです。

  • 城壁にあった覗き窓。<br />ここから外敵の進入を防いだのでしょうか?

    城壁にあった覗き窓。
    ここから外敵の進入を防いだのでしょうか?

  • ちょっと歩き疲れたので、カフェで一休み。<br />カフェオレを注文しました。10PLN(約300円)でした。<br /><br />

    ちょっと歩き疲れたので、カフェで一休み。
    カフェオレを注文しました。10PLN(約300円)でした。

  • 街に戻ると、ちょうどさきっきの古いトラムがやってくる時間です。<br />折角なのでトラムに乗ってみようと、自動販売機で切符を購入して、やってきた0番トラムに乗車しました。<br /><br />車内には鉄道マニアらしき地元の人が乗っており、IDカードをぶら下げた高校生らしきスタッフが、ドアの開け閉めやポイントの切り替え(臨時運転なので通常コースとは異なるので、ポイントの切り替えが必要らしい)たりしていました。

    街に戻ると、ちょうどさきっきの古いトラムがやってくる時間です。
    折角なのでトラムに乗ってみようと、自動販売機で切符を購入して、やってきた0番トラムに乗車しました。

    車内には鉄道マニアらしき地元の人が乗っており、IDカードをぶら下げた高校生らしきスタッフが、ドアの開け閉めやポイントの切り替え(臨時運転なので通常コースとは異なるので、ポイントの切り替えが必要らしい)たりしていました。

  • 終点の駅に到着しました。そのまま折り返すようなので、しばし写真を撮って、帰りの切符はどううするのかとスタッフに聞くと、英語が判らないようで、運転士を呼びました。<br />運転士は英語が判り、持っている切符で大丈夫だと言う。さらにどうしてトラムの事を知ったのかと珍しい東洋人にこのトラムの説明をしてくれました。<br /><br />

    終点の駅に到着しました。そのまま折り返すようなので、しばし写真を撮って、帰りの切符はどううするのかとスタッフに聞くと、英語が判らないようで、運転士を呼びました。
    運転士は英語が判り、持っている切符で大丈夫だと言う。さらにどうしてトラムの事を知ったのかと珍しい東洋人にこのトラムの説明をしてくれました。

  • 再び、旧市街に戻ってきたところで、19時近くになっていたので夕食を食べようと街をフラフラ。<br /><br />豚肉の看板を掲げているお店があり、ポーランドプレートと言うなんやらポーランドの肉料理の皿盛があるようなので、注文してみました。<br /><br />出てきたのが、コレ。ボリュームたっぷり。<br />最初は美味い美味いと食べていたのですが、流石に量が多すぎます。<br />2,3人でシェアして食べるのに丁度良い位です。<br /><br />それでも2/3位をなんとか食べてギブアップです。<br /><br />ホテルに戻り明日の用意をして早く寝ることにします。

    再び、旧市街に戻ってきたところで、19時近くになっていたので夕食を食べようと街をフラフラ。

    豚肉の看板を掲げているお店があり、ポーランドプレートと言うなんやらポーランドの肉料理の皿盛があるようなので、注文してみました。

    出てきたのが、コレ。ボリュームたっぷり。
    最初は美味い美味いと食べていたのですが、流石に量が多すぎます。
    2,3人でシェアして食べるのに丁度良い位です。

    それでも2/3位をなんとか食べてギブアップです。

    ホテルに戻り明日の用意をして早く寝ることにします。

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ポーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ポーランド最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ポーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ワルシャワ(ポーランド) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集