敦煌 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
9月11日のその3。<br />老余宅から戻ったこま達は、一旦北京組と別れて、ホテルに戻って小休止。<br />夕方、夕飯がてら再合流して、夜市や沙州市場を訪れる事にしました。<br />敦煌は、甘粛省と言ってもほとんど新疆自治区の哈密と同じ経度にあるので、時間帯が新疆と同じです。なので、夕方から出かけてもまだ明るいので、夜型人間用の時間割って感じ♪(^&#28780;^v<br /><br />到着後、早速久しぶりの旧友に会うのって良いですよね!<br />さて、沙州市場でシシカバブ屋をしている司馬義おやじですが、先月日本の友人が敦煌を訪れた時に写真を撮って、掲示板で見せて呉れたその写真では、お腹が更に育っててデブデブになっていました。今はどのくらいに育っちゃってるのでしょう!?(ドキドキ・・・)<br /><br />画像は、沙州市場小吃広場西門に有る「司馬義焼&#28900;店」の様子です。

爺ぃのご両親のお墓を建てる為に莎車へ!其の06~再会編!維吾爾友人は大忙し!

3いいね!

2010/09/10 - 2010/10/16

230位(同エリア380件中)

    66

    9月11日のその3。
    老余宅から戻ったこま達は、一旦北京組と別れて、ホテルに戻って小休止。
    夕方、夕飯がてら再合流して、夜市や沙州市場を訪れる事にしました。
    敦煌は、甘粛省と言ってもほとんど新疆自治区の哈密と同じ経度にあるので、時間帯が新疆と同じです。なので、夕方から出かけてもまだ明るいので、夜型人間用の時間割って感じ♪(^灬^v

    到着後、早速久しぶりの旧友に会うのって良いですよね!
    さて、沙州市場でシシカバブ屋をしている司馬義おやじですが、先月日本の友人が敦煌を訪れた時に写真を撮って、掲示板で見せて呉れたその写真では、お腹が更に育っててデブデブになっていました。今はどのくらいに育っちゃってるのでしょう!?(ドキドキ・・・)

    画像は、沙州市場小吃広場西門に有る「司馬義焼烤店」の様子です。

    同行者
    友人
    一人あたり費用
    10万円 - 15万円
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ホテル
    5.0
    グルメ
    5.0
    ショッピング
    5.0
    交通
    5.0

    PR

    • 老余の家を出て8kmの道を市内へ向かって戻ります。

      老余の家を出て8kmの道を市内へ向かって戻ります。

    • 空港の新道路「迎賓大道」とは、全くと言って良いほど違った気分の道路ですね。

      空港の新道路「迎賓大道」とは、全くと言って良いほど違った気分の道路ですね。

    • 本年版の敦煌地図を買いましたが、そこにも載ってない地域なので、老余の家の住所以外の地名などが良く判りません。

      本年版の敦煌地図を買いましたが、そこにも載ってない地域なので、老余の家の住所以外の地名などが良く判りません。

    • 迎賓大道が見えてきました。

      迎賓大道が見えてきました。

    • このまま一旦ホテルへ戻って、そこで北京組とは一旦別れます。<br />

      このまま一旦ホテルへ戻って、そこで北京組とは一旦別れます。

    • 反弾琵琶像の有るロータリーを左折するには、、ぐる〜っと45度旋回して行います。

      反弾琵琶像の有るロータリーを左折するには、、ぐる〜っと45度旋回して行います。

    • 現在17時半なので、19時頃に行動再開と言う事で、暫くは自由行動にしましょう!

      現在17時半なので、19時頃に行動再開と言う事で、暫くは自由行動にしましょう!

    • 19時。<br /><br />到着した時と同じ鳴沙山の風景。(2つ前の旅行記)<br />色が違いますね。

      19時。

      到着した時と同じ鳴沙山の風景。(2つ前の旅行記)
      色が違いますね。

    • 陽関大酒店の北側、幼稚園の南手には、名前のない路地があります。<br />以前、毎晩のように夜市に通っていたので、その時も使っていました。<br /><br />そのまま、夜市になる商業一条街に出てみると・・・<br /><br />(おおお!ここでも腹出しに遭遇!早速パチリ!)

      陽関大酒店の北側、幼稚園の南手には、名前のない路地があります。
      以前、毎晩のように夜市に通っていたので、その時も使っていました。

      そのまま、夜市になる商業一条街に出てみると・・・

      (おおお!ここでも腹出しに遭遇!早速パチリ!)

    • その先に広がる新天地に遭遇!<br /><br />そう、ここが住民を強制立ち退きさせてまで、新市長の私腹を肥やすだけの為に作ったと言う「敦煌風情城」ですね。<br />中国の場合「城」と言うのは「町」の意味。大改造の結果出来た町って、どんな町なんでしょう?

      その先に広がる新天地に遭遇!

      そう、ここが住民を強制立ち退きさせてまで、新市長の私腹を肥やすだけの為に作ったと言う「敦煌風情城」ですね。
      中国の場合「城」と言うのは「町」の意味。大改造の結果出来た町って、どんな町なんでしょう?

    • 見取り図。<br /><br />ん?<br />ええ?<br />なになに?<br /><br />反対向きに配置されているようです。<br />これによると、この噴水のある場所を「憩園」と呼ぶようです。<br /><br />掲示板の現在地を、「&#20320;所在的位置」と表記する事自体、他人を尊重していない証拠です(一般的には「您」だろが!)。<br />

      見取り図。

      ん?
      ええ?
      なになに?

      反対向きに配置されているようです。
      これによると、この噴水のある場所を「憩園」と呼ぶようです。

      掲示板の現在地を、「你所在的位置」と表記する事自体、他人を尊重していない証拠です(一般的には「您」だろが!)。

    • そんな所には全く興味がないので、今日はパスして先へ急ぎましょう!<br /><br />この建物に絡まった蔦は、以前のまま変わらないですね。<br />この通りに来ると、お店の人たちから見つめられてしまいます。<br />「あ、又来た!」ってな感じでしょう(^&#28780;^;<br />でも大丈夫ですよ!観光で来たので安心してね!

      そんな所には全く興味がないので、今日はパスして先へ急ぎましょう!

      この建物に絡まった蔦は、以前のまま変わらないですね。
      この通りに来ると、お店の人たちから見つめられてしまいます。
      「あ、又来た!」ってな感じでしょう(^灬^;
      でも大丈夫ですよ!観光で来たので安心してね!

    • 知り合いのお店が幾つかありました。<br /><br />で、見かけない人も居るので、「彼はドウシタ?」ってな感じで尋ねている爺ぃ。

      知り合いのお店が幾つかありました。

      で、見かけない人も居るので、「彼はドウシタ?」ってな感じで尋ねている爺ぃ。

    • ん?<br />「君綉坊」?<br />この芸術はちょっと珍しいですね。<br /><br />原理は木版彫刻と同じですが、材料がアルミ板。<br />出来上がった時の効果が違います。<br />その金糸の様な仕上がりから、刺繍をイメージして名付けたようですね。<br /><br />

      ん?
      「君綉坊」?
      この芸術はちょっと珍しいですね。

      原理は木版彫刻と同じですが、材料がアルミ板。
      出来上がった時の効果が違います。
      その金糸の様な仕上がりから、刺繍をイメージして名付けたようですね。

    • 田舎の人って器用な方が多いですね。<br />ここ、敦煌で生まれた木版彫刻も、最初は2人だったのが、聞いたら今は30人ほど居るそうです。<br /><br />さて、そのレベルは如何に・・・?

      田舎の人って器用な方が多いですね。
      ここ、敦煌で生まれた木版彫刻も、最初は2人だったのが、聞いたら今は30人ほど居るそうです。

      さて、そのレベルは如何に・・・?

    • 夜の8時。<br /><br />漸く薄暗くなり始めました。

      夜の8時。

      漸く薄暗くなり始めました。

    • 木版彫刻があちらこちらで見かけられます!<br /><br />なんかカラフルになりましたね・・・<br /><br /><br />ん?<br />陳老師が保っているエコバッグは、敦煌の農協銀行のですね。<br />老余に持たされた手土産の果物を、こま達にも持ってきてくれたのですが、食べる時間もないので受け取りませんでした。

      木版彫刻があちらこちらで見かけられます!

      なんかカラフルになりましたね・・・


      ん?
      陳老師が保っているエコバッグは、敦煌の農協銀行のですね。
      老余に持たされた手土産の果物を、こま達にも持ってきてくれたのですが、食べる時間もないので受け取りませんでした。

    • 木版彫刻、こっちにもあります。

      木版彫刻、こっちにもあります。

    • 知り合いの楊さんの店で、ちょこっと世間話。<br /><br />隣にあるあの硅化石の店は、相変わらず流行っているようです。

      知り合いの楊さんの店で、ちょこっと世間話。

      隣にあるあの硅化石の店は、相変わらず流行っているようです。

    • この人が、敦煌で最初にこの芸術を始めた人。<br />元々は、日本語ガイドをしていた人です。<br /><br />2005年に双子のお嬢さんが誕生したので、頑張って稼いでね!

      この人が、敦煌で最初にこの芸術を始めた人。
      元々は、日本語ガイドをしていた人です。

      2005年に双子のお嬢さんが誕生したので、頑張って稼いでね!

    1件目~20件目を表示(全66件中)

    この旅行記のタグ

      3いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • グリーンマンさん 2010/12/07 10:06:31
        こんなところで見つけました!
        何処で見ても詳細にキチンと手抜き無しで書かれていますね!

        中国人の素晴らしい芸術を出来るだけ多くの人に伝えてあげて
        下さい!

        いつか良い形で世に出ると良いですね!

        こまちゃん

        こまちゃんさんからの返信 2010/12/07 14:36:44
        RE: こんなところで見つけました!
        こんにちは!
        見付けて戴き有り難う御座います!
        また、いつも応援戴き、どうも有り難う御座います。

        今回は旅行だけですので、仕事は離れて・・・と思って居ました
        が、出かけた所が敦煌や新疆ですし、行く先々で思い出す事
        も多いですので、あまり現実から解放されませんでしたが・・・

        旅行記の持続と記載内容は、後で自分にとって役に立つ事を、
        幾度も実感しているので、この作業が出来るのかなと思って
        居ます。(^灬^
        それでも今回、ちょっとミスは有りまして、文章だけのメモ
        (本当の日記)を記けていませんでしたので、その時に気付
        いていた事や書きたかった事などが、かなり漏れているとは
        思います。。。('灬';

        何で毎日メモしなかったの!?と自問自答、後半、新疆辺り
        から始めましたので、この先は、生で感じたことを記載して
        行ける・・と思って居た矢先、昨夜、12日分の画像加工作業中、
        写真を収めているハードディスクが、突然トラブルに!!
        年賀状の作画も入っているので、今必死で復旧作業中です・・・(;_;
        帰国後の交通事故と言い、何か今年の当たり年はろくな事が
        ありません。
        中国人が言ってました。「寅年の当たり年は最悪なんだよ!」
        って・・・さすが本家本元です。

        来年に引き摺らない事を願っていますが・・・
         
         こま

      こまちゃんさんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 201円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      敦煌(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集