男鹿旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2007年2月15日(木)<br /><br />入道崎からしばらく海岸線を走って、今晩の宿「男鹿・戸賀温泉・帝水」に着いた時には、日はとっぷり暮れていた。<br /><br />予定は15時45分〜16時30分に「水と入り日の宿帝水」着いて、ゆっくりすることになっていたから、ずいぶん遅れた。<br /><br />吹雪と風は少し弱まったが、窓外では、岩礁に当たって夜目にも白く泡立つ日本海の海が、北の風土の厳しさを訴えて止まない。<br /><br />しかし一日雪と風に悩まされたわれわれにとり、この宿の空気の暖かさは格別にうれしい。<br /><br />1969年(昭和44年)昭和天皇がこの宿にお泊りになり、日本海に沈む夕日の美しさを歌にされたと言う。<br /><br />早速温泉で温まり、ゆっくり杯を傾けながら海の幸に舌鼓を打って、旅の感動をはらわたの奥にまで伝える。<br /><br />食後は、一階のサロンで、お上の独演会だった。<br />彼女は若いころ秋田で鍛えたらしく、三味線や唄が本格的だ。<br /><br />最後に「小保内節」を所望し、秋田新幹線の中で歌えなかった部分を思い出す。<br />興に乗って、沢内甚句までも思い出そうとしたが、8割方の完成度で余韻を後日に残す。<br /><br />写真が、<br />http://4travel.jp/traveler/katase/<br />にありますので、ご覧ください。<br />

雪の東北巡り【32】お上から習って小保内節が歌えるようになる

0いいね!

2007/02/15 - 2007/02/15

323位(同エリア330件中)

0

5

ソフィ

ソフィさん

2007年2月15日(木)

入道崎からしばらく海岸線を走って、今晩の宿「男鹿・戸賀温泉・帝水」に着いた時には、日はとっぷり暮れていた。

予定は15時45分〜16時30分に「水と入り日の宿帝水」着いて、ゆっくりすることになっていたから、ずいぶん遅れた。

吹雪と風は少し弱まったが、窓外では、岩礁に当たって夜目にも白く泡立つ日本海の海が、北の風土の厳しさを訴えて止まない。

しかし一日雪と風に悩まされたわれわれにとり、この宿の空気の暖かさは格別にうれしい。

1969年(昭和44年)昭和天皇がこの宿にお泊りになり、日本海に沈む夕日の美しさを歌にされたと言う。

早速温泉で温まり、ゆっくり杯を傾けながら海の幸に舌鼓を打って、旅の感動をはらわたの奥にまで伝える。

食後は、一階のサロンで、お上の独演会だった。
彼女は若いころ秋田で鍛えたらしく、三味線や唄が本格的だ。

最後に「小保内節」を所望し、秋田新幹線の中で歌えなかった部分を思い出す。
興に乗って、沢内甚句までも思い出そうとしたが、8割方の完成度で余韻を後日に残す。

写真が、
http://4travel.jp/traveler/katase/
にありますので、ご覧ください。

PR

  • 夕食の食卓

    夕食の食卓

  • 食後のサロン

    食後のサロン

  • お上の独演会

    お上の独演会

  • 窓外に広がる日本海

    窓外に広がる日本海

  • 白く泡立つ日本海

    白く泡立つ日本海

この旅行記のタグ

0いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

男鹿の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集