鎌ヶ谷・印西・八千代 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
印旛沼は、多目的貯水池として安定的な水利用ができるように、沼の水位を一定に保つよう管理されています。<br />沼の水位が低下した場合は、利根川の水を長門川を通じて酒直揚水機場から汲み上げます。また降雨により沼の水位が上昇した場合は酒直水門から長門川へ自然排水し、印旛水門から利根川へ流れていきます。<br />台風などで大雨が降り、利根川の水位があがり、印旛沼の水を自然に利根川へ排水できなくなった時は、利根川に繋がっている印旛水門を閉め、利根川から長門川に逆流するのを防ぐとともに、印旛排水機場のポンプを運転し利根川へ排水します。<br />それでも印旛沼の水位が下がらない時は、さらに大和田排水機場のポンプを運転して、花見川を通じて東京湾に排水します。<br /><br />印旛沼の水は、千葉県民の大切な水瓶です。1年間に使われる水の量は、2億9千万立方メートルで、60%が工業用水として京葉工業地帯へ送られ、24%が農業用水として周辺6300ヘクタールの田畑を潤し、16%が水道用水として千葉県柏井浄水場に送られて、必要な水需要に応えています。<br /><br />今回は、双子橋から印旛捷水路、北印旛沼を散策し酒直水門に至る、9.2kmを歩きました。途中、ナウマン象発掘地点、甚兵衛渡し跡、甚兵衛大橋、松虫川合流地点、和の船着場、長門川合流地点などに立ち寄りました。<br /><br />印旛捷水路は、山間部を切り開いて作られており、ロケーションがとても良い。水門も無いので水の動きも大変良く、水深もあり、足場も良く、釣りの好ポイントが多い。ブラックバスやヘラブナ、マブナ、コイなど魚影は濃い。北印旛沼は、西印旛沼にくらべ周辺に市街地もなく、自然豊かな所です。冬には、多数の水鳥が飛来してきます。また、猛禽類を多数見る事の出来る、貴重なスポットです。<br /><br />2007/06/29 第1版<br />2011/04/01 第2版<br />2011/09/29 第3版<br />2012/08/24 第4版

印西市散策(1)・・印旛沼サイクリングロードを訪ねて(北印旛沼編)

17いいね!

2012/08/24 - 2012/08/24

92位(同エリア387件中)

旅行記グループ 印西市散策

2

59

印旛沼は、多目的貯水池として安定的な水利用ができるように、沼の水位を一定に保つよう管理されています。
沼の水位が低下した場合は、利根川の水を長門川を通じて酒直揚水機場から汲み上げます。また降雨により沼の水位が上昇した場合は酒直水門から長門川へ自然排水し、印旛水門から利根川へ流れていきます。
台風などで大雨が降り、利根川の水位があがり、印旛沼の水を自然に利根川へ排水できなくなった時は、利根川に繋がっている印旛水門を閉め、利根川から長門川に逆流するのを防ぐとともに、印旛排水機場のポンプを運転し利根川へ排水します。
それでも印旛沼の水位が下がらない時は、さらに大和田排水機場のポンプを運転して、花見川を通じて東京湾に排水します。

印旛沼の水は、千葉県民の大切な水瓶です。1年間に使われる水の量は、2億9千万立方メートルで、60%が工業用水として京葉工業地帯へ送られ、24%が農業用水として周辺6300ヘクタールの田畑を潤し、16%が水道用水として千葉県柏井浄水場に送られて、必要な水需要に応えています。

今回は、双子橋から印旛捷水路、北印旛沼を散策し酒直水門に至る、9.2kmを歩きました。途中、ナウマン象発掘地点、甚兵衛渡し跡、甚兵衛大橋、松虫川合流地点、和の船着場、長門川合流地点などに立ち寄りました。

印旛捷水路は、山間部を切り開いて作られており、ロケーションがとても良い。水門も無いので水の動きも大変良く、水深もあり、足場も良く、釣りの好ポイントが多い。ブラックバスやヘラブナ、マブナ、コイなど魚影は濃い。北印旛沼は、西印旛沼にくらべ周辺に市街地もなく、自然豊かな所です。冬には、多数の水鳥が飛来してきます。また、猛禽類を多数見る事の出来る、貴重なスポットです。

2007/06/29 第1版
2011/04/01 第2版
2011/09/29 第3版
2012/08/24 第4版

PR

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 潮来メジロさん 2010/12/15 13:11:32
    珍しいサンカノゴイ・・・。ヾ(^o^)
    YAMAJIさん、こんにちは! ヾ(^o^)
    毎度、訪問ありがとうございました。

    > 貴重なサンカノゴイ。3個体を見かけました。

    私もサンカノゴイを初めて見たのは、本埜村でした。
    昨年夏にも訪れましたが、もう8年も前だったので見た場所を忘れてしまい、収穫はありませんでした。(T-T)
    来年の夏、もう一度チャレンジしてみます。

    珍しいサンカノゴイに一票・・・。(^o^)/~~~
                    (潮来メジロ)

    YAMAJI

    YAMAJIさんからの返信 2010/12/16 21:11:44
    RE: 珍しいサンカノゴイ・・・。ヾ(^o^)
    潮来メジロさんへ

    私は、本格的な探鳥を始めてからまだ6年です。
    2年間は、毎月西印旛沼探鳥会と北印旛沼探鳥会に参加して、
    野鳥の名前を覚えました。
    印旛沼周辺で、約100種類の野鳥が観察できました。

    サンカノゴイとの出会いは、成田スカイアクセス線が北印旛沼
    を通過すると、全国で3ケ所(北海道、琵琶湖、北印旛沼)しかない、
    サンカノゴイの営巣地が大きな影響を受けると聞いてからです。
    中央排水路側の営巣地は、すでに影響を受けています。
    長門川側の葦原は、数少ない貴重な営巣地となっています。

    サンカノゴイが子育てをする、梅雨の時期には、
    サイクリングロードの上が、絶高の観察ポイントになります。
    餌場となる水田に車を乗り付けてサンカノゴイを追いかける人も
    出てきています。
    このままだと、北印旛沼には来てくれないかもしれません。
    マナーを守って、見守りたいたいものですね。

                YAMAJIより

YAMAJIさんのトラベラーページ

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集