1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア
  4. シンガポール
  5. シンガポール
  6. シンガポール 観光
  7. アジア文明博物館
シンガポール×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

アジア文明博物館 Asian Civilisations Museum

博物館・美術館・ギャラリー

シンガポール

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

アジア文明博物館 https://4travel.jp/os_shisetsu/10319220

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
アジア文明博物館
英名
Asian Civilisations Museum
住所
  • 1 Empress Place, Singapore 179555
営業時間
10:00~19:00 (金曜日 ~21:00)
日本語の館内ガイドツアー
火~金曜日の10:30、第2土曜日の13:30
休業日
無休
予算
大人 8ドル
子ども、学生、60歳以上 4ドル
6歳以下の子ども 無料 (2015年11月現在。展示内容によって異なる)
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(43件)

シンガポール 観光 満足度ランキング 46位
3.43
アクセス:
4.04
便利な場所にあります by AandMさん
コストパフォーマンス:
4.08
入館料は8s$と微妙、高くもないが安くもない by OTレインボーさん
人混みの少なさ:
4.05
混んではいません by AandMさん
展示内容:
4.29
アジアらしい仏像や陶器など、特に珍しいとは思わなかった by OTレインボーさん
  • 満足度の高いクチコミ(29件)

    日本語ガイドで100倍楽しい!陶器、仏像、キリスト教のクロスカルチャーな展示物いろいろ

    5.0

    • 旅行時期:2018/09
    • 投稿日:2021/02/22

    陶器のコーナーでは、インドネシアで発見された沈没船の積み荷から浮かび上がってきた事実や、アジアの陶器と中東やヨーロッパとの...  続きを読むつながりを知ることができます。 仏像のコーナーでは、さまざまな宗教の像やその特徴。 クリスチャン・アートのコーナーでは、日本の踏み絵を始めとして、アジアならではのキリスト教関連の像や祭壇を見ることができます。 この博物館では、ボランティアの方々による日本語ガイドを聴くことができます。説明を聴けるのは、陶器と仏像のコーナー。月曜日~金曜日の10時半からと、第2土曜日の13時半から1時間程度。 ユニーク性の高い展示物について、背景なども含めて説明していただけますので、印象に残ること間違いなし。見学するなら、日本語ガイドの時間に合わせることをオススメします! MRTの最寄り駅は「ラッフルズ・プレイス」。入場料は8ドル(2018年9月時点)。 すぐ近くにはラッフルズ像が立ち、その対岸は超高層ビル群やボート・キー。また、フラトン・ホテル、カヴェナ橋、アンダーソン橋、ナショナル・ギャラリーも近く、散策が楽しい場所にあります。  閉じる

    ぶどう畑

    by ぶどう畑さん(女性)

    シンガポール クチコミ:57件

  • この博物館 いろいろなアジア文化の逸品がそろっていた.まずジャワ海で沈没した唐代の船からのすばらしい830年代の逸品が盛り...  続きを読むだくさん.これだけでもびっくりする.さらに部族社会の残る祖先の像やイスラムの文物,貿易での逸品など本当にすばらしい.西洋とは違うエスニックな雰囲気だけでなく,その芸術的な価値にびっくりしてしまう.溜息だ.さらにキリスト教文化から 特に日本のキリシタンについての展示があったのにはびっくりした.素晴らしいスペイン画に祭壇が付いたものが17世紀の日本にあったとは.すごいね.これを見て当時の日本人はどう感じたろうか.天正少年使節が,リスボンやベネツィア,ローマを見てどう感じたかと同じだが.今の私たちも感動する.ガンダーラをはじめ,仏像やヒンドゥの神々の像などすばらしい.最後にシンガポール独自のPeranakan文化のはではででおわった.ここは必見と思う!  閉じる

    投稿日:2019/09/05

  • 内容充実、ただしちょい疲れる

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/05(約2年前)
    • 1

    内容は思ったより充実していました。
    陶磁器好き、仏像好きには特におすすめです。
    建物も素敵。
    ただし博物館用に造られ...  続きを読むた建物ではないのでじっくり見学してるとちょっと疲れるかも。
    館内に地図が少ないので今自分がどこにいるのかわからなくなりやすい。
    トイレも少ない。
      閉じる

    投稿日:2019/06/16

  • 陶器のコーナーでは、インドネシアで発見された沈没船の積み荷から浮かび上がってきた事実や、アジアの陶器と中東やヨーロッパとの...  続きを読むつながりを知ることができます。
    仏像のコーナーでは、さまざまな宗教の像やその特徴。
    クリスチャン・アートのコーナーでは、日本の踏み絵を始めとして、アジアならではのキリスト教関連の像や祭壇を見ることができます。
    この博物館では、ボランティアの方々による日本語ガイドを聴くことができます。説明を聴けるのは、陶器と仏像のコーナー。月曜日~金曜日の10時半からと、第2土曜日の13時半から1時間程度。
    ユニーク性の高い展示物について、背景なども含めて説明していただけますので、印象に残ること間違いなし。見学するなら、日本語ガイドの時間に合わせることをオススメします!
    MRTの最寄り駅は「ラッフルズ・プレイス」。入場料は8ドル(2018年9月時点)。
    すぐ近くにはラッフルズ像が立ち、その対岸は超高層ビル群やボート・キー。また、フラトン・ホテル、カヴェナ橋、アンダーソン橋、ナショナル・ギャラリーも近く、散策が楽しい場所にあります。  閉じる

    投稿日:2018/11/13

  • アジア文明博物館(Asian Civilisations Museum)はシンガポール川がマリーナ湾に注ぎこむ河口部北側に...  続きを読むありました。マーライオン公園からアンダーソンブリッジを渡ってシンガポール川沿いにある遊歩道を歩き始めた時に、最初に出会いました。

    この博物館はシンガポールの4つの博物館のうちの一つで、東南アジア、南アジア、西アジア、中国の物質文明の発展が展示してありました。1997年に開館した博物館ですので、新しい博物館です。シンガポール地域の歴史的な発展経緯や文化を手軽に学ぶことができる博物館だと思います。  閉じる

    投稿日:2018/05/15

  • アジアやイスラムの文化や宗教

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/12(約3年前)
    • 0

    マーライオン公園からアンダーソンブリッジを渡ると、色々素晴らしい建物が建っている場所に出ます。ビクトリア シアター & コ...  続きを読むンサートホールの左側のシンガポール川沿いに建っているのがこのアジア文明博物館です。多民族国家のシンガポールらしく、アジアやイスラムの文化や宗教などの展示をしています。建物自体もコロニアル風のいい感じです。  閉じる

    投稿日:2018/01/04

  • 日本語ガイドツアーもあります

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/11(約3年前)
    • 0

    シンガポール川沿いにあるおしゃれな建物の博物館です。名前のとおりアジアの文化について展示されていました。こちらの博物館では...  続きを読む無料で日本語ガイドツアーも行われているので、時間をあわせていくとよいと思います。

      閉じる

    投稿日:2017/12/16

  • 日本語ツアーもあり学びがたくさんあります

    • 5.0
    • 旅行時期:2017/09(約3年前)
    • 0

    10:30の日本語ガイドツアーに参加しました。とても面白く、学びのあるツアーでした。
    ツアーの詳細は以下。
    http:...  続きを読む//www.jas.org.sg/magazine/yomimono/museum/museum_guide/museum_guide.html

    博物館は焼き物もたくさんあり、とても楽しかったです。  閉じる

    投稿日:2017/09/18

  • アジアの文明文化の博物館

    • 3.5
    • 旅行時期:2016/12(約4年前)
    • 0

    白とクリーム色のコロニアルな建物で、1800年代後半に建てられたものを博物館として利用しています。
    アジアの文化や宗教な...  続きを読むどの歴史が集まった博物館になっていて、イスラムの文化も網羅しているため、結構見応えがあります。  閉じる

    投稿日:2017/09/16

  • 建物もなかなかです

    • 3.5
    • 旅行時期:2016/11(約4年前)
    • 0

    アジア全体の文化やルーツ、発展などが取り上げられていて、特にイスラムや仏教文化などが充実しているように思います。シンガポー...  続きを読むルが複数の民族、宗教が併存する国であることが、このような博物館をつくっていることなのかなと思います。合わせて、この博物館の館自体も石造りで、重厚で歴史を強く感じさせる建物です。周囲の歴史的な建物、構造物であるフラトンホテルやビクトリアシアター、カベナ橋などと合わせて、趣のある街並みを形成していると思います。夜のライトアップされた館も一見の価値ありです。  閉じる

    投稿日:2016/11/19

  • なかなか見るものが多い博物館

    • 5.0
    • 旅行時期:2016/10(約4年前)
    • 0

    シンガポールの街歩きの際に寄った。

    中の展示は中東からインドネシア、中国南部までの限られたアジアの文明をディスプレイ...  続きを読むしている。(日本のは無い。)

    2Fはアジアの神を祀った展示で、ガネーシャや仏様、色欲の神像などが展示されている。1Fは、奥にかなり広い展示場が用意されており、こちらは各エリアの文化財など、精巧で美しい装飾品が数多く展示されている。

    館内は、ロッカーもあり旧50セントコインを受付で両替してから利用できる。
    (旧50セントをもっている人は直ぐにでも利用できる。)

    入館料の支払いはクレジットカードが利用できる。  閉じる

    投稿日:2016/10/25

  • 小さく見やすい博物館

    • 3.5
    • 旅行時期:2016/06(約5年前)
    • 0

    マーライオンパークからフラトンホテルを通ってカベル橋を渡ってすぐのところにありました。
    同行者が前庭に散らばっている石の...  続きを読む置物(字が書いてあるものもあったような)に興味を持ち、入ることになりました。
    展示物は普段あまり目にすることにない東南アジアのものが多く、面白かったです。
    建物は大きいのですが、展示物の数はそう多くないので、すぐに見れてしまいました。  閉じる

    投稿日:2016/06/29

  • 多民族国家を象徴する展示館

    • 3.0
    • 旅行時期:2016/04(約5年前)
    • 0

    ラッフルズプレイス駅側からカベナ橋を渡るとそこがエムプレス(皇后)広場。
    その真ん中にあるのがアジア文明博物館。
    19...  続きを読む世紀に建てられた白亜のコロニアル建築。
    多民族国家シンガポールらしい各地の文化財や宗教文化財を展示。
    前庭には素人には意味不明の置物のような彫刻が散らばっている。  閉じる

    投稿日:2016/05/18

  • フラトン・ホテルからだと、シンガポール川に架かるカベナ橋を渡ってすぐ目の前にあるアジア文明博物館。
    知らずに通りかかって...  続きを読むも、そのクリーム色と白の建物は目を引きます。
    元々は裁判所として1867年に建てられたもので、別クチコミでご紹介したジュビリー・ウォークの見所の一つにもなっています。

    今では、中国、東南アジア、南アジア、西アジアまでの文明を、現在に伝わる文物などで紹介している博物館。
    常設展の仏像などの展示物の質の高さに驚嘆します。
    その時々のイベントも要チェック。

    最近新しい棟もできましたが、規模的には一時間あれば見終わるので、このあたりの散策に来て冷房が恋しくなったら寄って行っても損は無しの場所になると思います。
    付属のショップやカフェも入っていて、一休みもできます。

    チケットは8シンガポール・ドルですが、19:00~21:00は半額。
    シンガポールPR取得者は、IC提示で無料になります。
    プラナカン博物館との共通券というのもあって、そちらは11シンガポール・ドル。  閉じる

    投稿日:2016/03/28

  • シティホール周辺を散策後、徒歩でセントアンドリュース教会の横を抜けていきました。ラッフルズ卿記念像のそばです。
    館内1F...  続きを読むは改装中のようで別棟のようなところに展示室があり、また館内2Fにはアジアらしい仏像や彫刻といったもので、上海、台北などの博物館よりは規模が小さく特に珍しいものはありませんでした。
    マーライオンパークから徒歩で行ける場所なので時間のある方にはいいと思います。
      閉じる

    投稿日:2016/02/15

  • アジアの歴史

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/12(約5年前)
    • 0

    無料の博物館です、受付でシールを受け取って服に貼ってから入場できます。シンガポール、東南アジア、西アジア、中国、南アジアと...  続きを読む分けられたギャラリーが5つあり展示されています。
    初めて聞いた国の展示品もありかなりしんせんな気持ちで閲覧する事が出来ました。  閉じる

    投稿日:2016/05/29

  • ちょうど良いサイズの博物館

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/11(約5年前)
    • 0

    アジア全域の文物を展示しているとのことだが、やはり東南アジアの物が多い。
    建物は大きいが、展示物の間もゆったりしていて、...  続きを読む歩きやすく、見やすく、ちょうど良いサイズの博物館。焼き物の歴史など日本への伝わり方が分かり興味深い。  閉じる

    投稿日:2015/11/27

  • シンガポールのルーツ

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/09(約5年前)
    • 0

    1854年に東インド会社の庁舎として建てられた、「エンブレム・プレイス」を改修。  
      アジア各国の貴重な文化財や暮...  続きを読むらしを紹介する、「アジア文明博物館」となりました。  5つのギャラリーに分かれ、多民族国家シンガポールの事がわかります。

     残念ながら、F1レースの柵が作られ、工事の人が行き来していて、入れませんでした。  閉じる

    投稿日:2015/09/13

  • 観光名所の宝庫にある博物館

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/07(約6年前)
    • 0

    シンガポール川沿いに多くのスポットが密集している中にあって
    エンブレス・プレイスを改装したというコロニアル調の建築と
    ...  続きを読む白亜の外観が一際美しく目を引きます。
    他にも、まわりのちょっとしたオブジェも見ものです。  閉じる

    投稿日:2015/07/25

  • アジア文明博物館 エンプレス プレイス

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/05(約6年前)
    • 0

    シンガポール川沿いに立つアジア文明博物館です。19世紀に建てられた由緒ある歴史的建造物です。エンプレス・プレイス・ビルを改...  続きを読む修し、その一角に誕生しました。多民族国家シンガポールのルーツともいえるアジア全域の貴重な文化財を見ることができます。  閉じる

    投稿日:2015/10/04

  • アジアの芸術品と文化財が充実

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/04(約6年前)
    • 0

    東は中国、西は西アジアまでアジアの文化を芸術品と文化財を紹介しています。日本語の無料ガイドがありますが、私が行ったときには...  続きを読むありませんでした。
    それほど大きな建物ではないので、見て回るのに2時間もかかりません。
    地下鉄のラッフルズプレイス駅から徒歩5分でつきました。  閉じる

    投稿日:2015/10/31

1件目~20件目を表示(全43件中)

  1. 1
  2. 2
  3. 3

このスポットに関するQ&A(0件)

アジア文明博物館について質問してみよう!

シンガポールに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • SUOMITAさん

    SUOMITAさん

  • mei1110さん

    mei1110さん

  • ぶどう畑さん

    ぶどう畑さん

  • AandMさん

    AandMさん

  • mmm23さん

    mmm23さん

  • yamyamさん

    yamyamさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP