トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

フィンランド・ヘルシンキ1日観光おすすめモデルプランを紹介!

4travel.jp

フォートラベル編集部

北欧フィンランドの首都ヘルシンキ。美しい街並みや建物など見どころが多く、街歩きをしているだけでも楽しめます。今回はそんなヘルシンキを1日で無理なくまわるモデルプランをご紹介!

フィンランド・ヘルシンキを満喫するおすすめ観光プランを紹介!

フィンランド・ヘルシンキの春夏秋冬

フィンランド南部にあるヘルシンキは同国内でも温暖な地域。夏の平均気温は15度前後、冬の平均気温は-5度前後です。夏でも朝晩は肌寒くなるので、羽織るものを1枚持っていくとよいでしょう。

東京からのフライト時間:約10時間
春:4月は平均最高気温が10度、平均最低気温が0度。日によって、暖かい日と雪が降るような寒い日があるので、どちらにも対応できる準備をしておくとよいでしょう。
夏:7月が1年でもっとも暑く、平均最高気温が22度、平均最低気温が12度。過ごしやすい時期なので、ヘルシンキ観光のベストシーズンと言えるでしょう。
秋:10月は平均最高気温が9度、平均最低気温が3度。春と同じく、暖かい日と寒い日どちらにも対応できるようにしていくとよいでしょう。
冬:フィンランドの冬は長く、11月から3月までは冬と考えてよいでしょう。もっとも寒い2月は平均最高気温が-1度、平均最低気温が-7度。寒さ対策を万全にしていかないと大変なことになります。

街歩きでヘルシンキの定番スポットを巡る

今回ご提案するのは、ヘルシンキ中心部の定番スポットを街歩きで巡るプラン(一部フェリーあり)。外観の美しい建物、面白い建物が多いので、写真を撮りながらまわるのもよいでしょう。

スオメンリンナの要塞

まずはフェリーで「スオメンリンナ島」の世界遺産「スオメンリンナの要塞」に向かいます。18世紀なかば、フィンランドがスウェーデンに支配されていた時に建築された要塞で、建設中にスウェーデン支配が終わったため完成にいたりませんでした。現在はカフェ、レストランなどを有する散歩スポットとして市民や観光客に親しまれています。昼頃は混み合うので、朝一で訪れるとよいでしょう。スオメンリンナ島随一の見どころ「スオメンリンナ教会」は、19世紀なかばのロシア支配下時代に建設された教会。この教会が、スウェーデン支配下時代に造られた要塞内にあるという、フィンランドの近代史を象徴するようなスポットです。

クチコミ:天気の良い日にピクニック

katuracoさん

最初は要塞をちょっと見ればあとは引き返してもいいか…と思っていましたが、島自体が小さく、天気も良かったので問題なく島の端っこまで行くことができました。そして、そこで見た海のきれいなこと!ちょっとした高台にベンチがあったので、持参したシナモンロールと飲み物で休憩しつつ景色を堪能しました。もっと見る

マーケット広場

スオメンリンナ島からフェリーで約15分。ヘルシンキ市街地の港に隣接する「マーケット広場」に戻ってきました。港側(南側)には海産物のお店が並び、北側には野菜や果物のお店が並びます。また、雑貨を売っているお店もあるのでお土産を調達することも可能です。今回のプランではスオメンリンナ島から帰ってきた後まわっていますが、逆に島に向かう前の待ち時間で見てまわるというのもありでしょう。広場の西側には、広場のシンボルとも言える「バルト海の乙女像」があり、その奥には「エスプラナーディ公園」が見えますが、今回は東に向かいます。

クチコミ:楽しい~♪

ponchanさん

色んなものが売っていてとても楽しかったです!物価の高いヘルシンキで、リーズナブルなお値段でお土産が買えました。白樺の木で作られた鍋敷きやバターナイフ、スパチュラなどが人気のようです。また手編みのニット帽や手袋・靴下などもすごくかわいいものがたくさん並んでました。もっと見る

ウスペンスキー寺院

マーケット広場から5分ほど歩くとたどり着く「ウスペンスキー寺院」(日本語では「生神女就寝大聖堂」)は、1868年に完成した北欧最大のロシア正教の教会。赤レンガ造りの外観も見事ですが、内部の装飾も美しいので時間があるなら中に入ってみるのがおすすめです。

クチコミ:教会から見下ろす風景が美しいです。

Reiseさん

教会の中を見学したあと、教会の周りを周り、小高い丘に建っている教会から景色をみましたら、とても美しかったです。特に、ヘルシンキ大聖堂が良く見え、その周りの風景がとても調和していて、綺麗な街だなぁと感激しました。もっと見る

ヘルシンキ大聖堂

ウスペンスキー寺院から5分ほど歩くと、ヘルシンキのシンボルとも言える「ヘルシンキ大聖堂」に着きます。約30年の歳月をかけて1852年に完成した建物で、ウスペンスキー寺院と比べると控えめでシンプルな内装です。ヘルシンキ大聖堂前の「元老院広場」に建っているのはロシア皇帝アレクサンドル2世の像。大聖堂から広場におりる階段に腰をおろせば、現地の人の気分が味わえます。

クチコミ:清楚

Halukaさん

中央駅の正面を出て、左手に進めば、徒歩10分ほどでたどり着きます。途中にヘルシンキ大学を通過します。真っ白な教会が遠くから見えます。白教会とも呼ばれています。清らかで素敵。港からも徒歩10分ほどで行けます。もっと見る

フィンランド国立図書館

ヘルシンキ大聖堂に隣接する形でそびえ立っている「フィンランド国立図書館」。2つの建物はともにフィンランドの建築家カール・ルドヴィク・エンゲルが設計を手がけました。写真を見ていただくとわかるかと思いますが、宮殿のような内装をした図書館で、映画でしか見たことがないような世界が広がっています。約300万冊の蔵書を有する現役の図書館です。

クチコミ:美しい。素晴らしい図書館。

kosariさん

大聖堂の西側。屋根の上におわん型のドームがあります。神殿のような立派な柱の建物です。ヘルシンキ大聖堂と並んで建つフィンランド国立図書館は、大聖堂と同じカール・ルードヴィグ・エンデル設計の1840年完成の美しい建物です。2013年から大規模な改修工事をして2016年春に再オープンしました。本でぎっしり詰まった壁面を持つ中央ホール。蔵書は300万冊。左右対称のレイアウトや天井壁画が美しい。これが現役の図書館だなんて本当に素晴らしいです。もっと見る

アテネウム美術館

フィンランド国立図書館から7分ほど歩くと、国内最大規模のコレクションを誇る「アテネウム美術館」に着きます。フィンランド美術のコレクションが中心ですが、ゴッホやゴーギャンなど海外作家の作品も展示されており、収蔵作品を含めるとコレクションは2万点以上。ヘルシンキ随一の満足度を誇る美術館です。

クチコミ:ゆっくり鑑賞できます

vieankaさん

フィンランド美術中心ですが、ゴッホやシャガールなどの作品もあります。午前中に行ったからか観光客は少なく、じっくり鑑賞することができました。ヘルシンキ中央駅近くにあり、外観も美しい美術館です。ゆっくり観て1時間程の広さです。もっと見る

カンピ礼拝堂

ヘルシンキのなかでもショッピングエリアとして知られる「カンピ地区」に突如として現れる「カンピ礼拝堂」。2012年に建設された新しい礼拝堂で、ヘルシンキ市が運営しています。都会のけん騒の中で静寂を過ごすために造られました。誰でも中に入ることができるので、10分か15分程度時間をとって、静寂を過ごしてみてはいかがでしょうか。

クチコミ:こんなところに?というところにある現代的な教会

yuyunonoさん

街の中央部をふらふらと歩いていると、突如現れるこちらの教会。写真で見ていたよりもずっと大きく、写真を撮っている人もたくさんいました。中に入ると、お静かに、写真は禁止、という札を持った女性が立っていました。殆ど人がおらず、静寂さを肌で感じることができました。外は人がたくさんいるのに、それを全く感じさせない素敵な空間でした。もっと見る

キアズマ国立現代美術館

「キアズマ国立現代美術館」はフィンランドを代表する現代美術館で、建物自体が現代建築の傑作と呼ばれています。1950年代以降のさまざまな現代アートが紹介されており、企画展も随時開催。美術館内の「キアズマ・ショップ」でお土産を調達することもできます。

クチコミ:現代アート美術館

booさん

ヘルシンキ中央駅から歩いてすぐの場所にあります。中に入ると目の前にスロープと美しいガラス張りの天井が見えて、建物のデザインが秀逸です。入場料は14ユーロ。
展示内容によるかもしれませんが、体験型の展示もあって楽しいです。他の美術館よりも遅くまでオープンしているので、足を運びやすいと思います。ミュージアムショップの取り扱い商品も可愛かったです。もっと見る

テンペリアウキオ教会

キアズマ国立現代美術館から歩いて10分ほどの「テンペリアウキオ教会」は、岩をくり抜いて1969年に建設されました。壁は岩肌がむき出しになっており、独特の音響効果があります。コンサートが開催されていることもあるので、タイミングが合えば、コンサートを聴きに訪れるのもよいでしょう。

クチコミ:個性的な岩造りの教会

mikakoさん

岩をくり抜いて造った教会ということで、壁は360度岩で出来ています。その上をぐるりとガラス窓。そして天井は銅製で、褐色の美しい銅線をグルグルと円盤状に巻いたような造りになっています。とても個性的なデザインでありながら、エンドレスで流れるピアノの音色が心を落ち着かせてくれる、不思議な空間です。もっと見る

ご紹介したプランはこんなルート!

バス・トラムで中心街北部穴場スポットを巡る

ヘルシンキの中心街から足をのばすなら、バスかトラム(路面電車)を利用するのがおすすめ。中心街北部には、人によってはそこが一番の目当て、というような魅力的なスポットがいくつもあります。バス・トラムからの景色を楽しみながら、穴場スポットを巡ってみるのはいかがでしょうか。

セウラサーリ野外博物館

ヘルシンキの中心部からバスで約20分のところにある「セウラサーリ島」は、島全体がまるごと国立公園になっています。島の一角にある「セウラサーリ野外博物館」には、17世紀から20世紀初頭にかけて造られた80棟以上の家屋や教会が展示されており、当時の生活を再現して家の前で編み物をしているスタッフを見かけることも。当時の生活を知ることもでき、単純に散歩スポットとして楽しむこともできます。

※島自体は年中開放されていますが、野外博物館は5月なかばから9月なかばまでの夏季限定営業です。

クチコミ:お散歩に最適

kumaさん

観光客が多いですが地元の人も多いです。大半の人が博物館目当てではなく、お散歩やジョギングのために訪れてるのではないでしょうか。海沿いを歩いていたら小さなビーチもあって地元の親子が泳いでました。リスもいるし、ブルーベリー採れる。ヘルシンキに来た時は時間があれば何度でも来たい場所です。もっと見る

シベリウス公園

セウラサーリ島からバスに乗って20分弱。ヘルシンキ中心部に近い「シベリウス公園」に来ました。ヘルシンキ生まれの作曲家シベリウスを記念して造られた公園で、ステンレスパイプの彫刻と御影石のシベリウスの肖像のオブジェがシンボル。海沿いにある「カフェ レガッタ」でくつろぐのもおすすめです。

クチコミ:天気の良い日のお散歩に

yumiyumiさん

硬い岩盤の隆起した地形を活かした公園は、海に面して遊歩道が整備され、変化に富んだ散策が楽します。休日だったためか、犬を散歩させている多くの人にすれ違いました。シベリウス公園という名前のとおり、作曲家シベリウスにちなんで名付けられた公園で、園内にあるモニュメントもシベリウスにちなんだものが造られていました。天気が良ければ、可愛らしいカフェに寄りながらの散策がおススメです。もっと見る

イッタラ&アラビア デザインセンター (アラビア ファクトリー)

シベリウス公園から最寄りの8番トラム乗り場まで10分ほど歩き、そこから15分ほどトラムに乗ると「イッタラ&アラビア デザインセンター」に着きます。「アラビア」は100年を超える歴史を持つ、フィンランドを代表する陶磁器ブランド。以前は「アラビア ファクトリー」の名のとおり工場がありましたが、2019年現在では海外に工場を移転しており、ショップがメインの施設になっています。

クチコミ:ランチも楽しめます!

KOJI・北九州さん

陶器の好きな家内が是非とも行きたいという希望で行って来ました。中央駅からトラムを利用して20分ほどで到着しました。トラムは途中の町並みや景色が見えるので地下鉄より旅行者には楽しみです。もっと見る

マリメッコ アウトレット

日本でも人気のブランド「マリメッコ」本社がヘルシンキ郊外にあります。中心街からであれば地下鉄で1本(最寄り駅から15分ほど歩きます)、今回のプランであれば「イッタラ&アラビア デザインセンター」を出発しバスを乗り換えて計約30分です。本社にはアウトレットやカフェが併設されており、観光客に特に人気なのは日本と比べてお得にマリメッコの商品を買うことができるアウトレット。なかには定価の70%オフで売られているものもある、大変お得なショップです。

クチコミ:ヘルシンキへ来たならば!

さーふさん

フィンランドと言ったらマリメッコ。ヘルシンキに来たのなら、やはり本社には行っておかねば。と思いマリメッコ本社に行ってきました。本社に到着し、まずはアウトレットへ。正規の値段で販売しているものもあれば、セール品で20-30%安くなっているものもあります。ロバニエミのサンタクロース村にあるマリメッコのアウトレットにも行ったのですが、規模は本社の方が広いです。もっと見る

ご紹介したプランはこんなルート!

フィンランド・ヘルシンキ観光におすすめのプランいかがでしたか?

いかがでしたか? フォートラベルではお得なヘルシンキのツアーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。ヘルシンキのお得なツアーを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧

PAGE TOP