フナフティ 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

フナフティ旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

ツアー検索

観光 クチコミ人気ランキング 0 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 0 件

旅行記 8 件

  • 2019島巡り南太平洋*その4*ツバル

    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2019/01/15 -  2019/01/17 (約2年前)

      南太平洋行きにくいところ巡り!全旅程はこちらにあります。https://4travel.jp/travelogue/114521971/15 (Tue)フィジー→ツバル1/16 (Wed) ツバル1/17 (Thu) ツバル→フィジー<ツバルのお金>ここでもオーストラリアドル。そしてATMはこの国にない。なのでオーストラリアで大量におろしておくか、両替を空港前にある銀行でするしかない。<ツバルのネット環境>テレコムセンターでwifiの時間・容量を買う形。<ツバルの病院>立派な日本の援助で出来た病院あり。でも重傷者はフィジーへ。<ツバルの飛行機>フィジー航空のみ、週3回。Air Kiribati... もっと見る(写真79枚)

    • 弾丸ツバル1712 「アイランドホッピングでキリバスからフィジー経由ツバルへ。」 ~フナフティ~

      • 同行者:一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2017/12/25 -  2017/12/27 (約3年前)

        年末年始休暇を利用して、ミクロネシア&オセアニアで未訪の地となる「ミクロネシア連邦」「マーシャル諸島」「キリバス共和国」「ツバル」を訪れました。移動する上で立ち寄った「グアム」「フィジー」を含め、12日で6箇所といういつも通りの弾丸の旅です。各国の歴史・宗教・世界観について、深く語ってはおりません。いつものお気楽な「なんちゃって旅行記」をご紹介します。≪全行程≫1日目:朝、仙台→中部    [IBEX]    終日、セントレアでご当地グルメめぐり。https://4travel.jp/travelogue/11359271    夜、中部→グアム  [ユナイテッド航空]2日目:朝、グアム→ポン... もっと見る(写真104枚)

      • ツバル旅行記

        • 同行者:一人旅
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2017/08/12 -  2017/08/19 (約3年前)

          No solution. Very difficult.無人島の木々の様子を見て、僕はそう伝えた。地球温暖化による海面上昇が取り沙汰されてから実際に上昇しただろう水位はたかが数cm。何故ここまで問題が顕著化するのだろうか。そう考える人も多いことだろう。僕もその1人だった。しかし、実際に訪れるとその原因はもっと複合的であることがわかった。海面が上昇する数倍のスピードで地面が沈んでいるのだから。重力によって平らになろうとする地球。サンゴが島を隆起しようとする力を、環境破壊により島民自らが抑制してしまっている現実。この島が抱える問題は未来の日本、そして未来の地球が将来抱えるだろう姿を映し出しているか... もっと見る(写真150枚)

        • 世界で2番目に人口が少なく国土消滅の危機にあるといわれるツバルという国家に行ってみました

          • 同行者:一人旅
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2016/05/03 -  2016/05/04 (約4年前)

            世界でいちばん人口の少ない国はバチカン市国というのは知っている方も多いかもしれませんが2番目に少ないのがツバルです。定期便は週に2便(火、木)のみフィジーのスバから68人乗りのATR72が飛来するのみですので一般的な交通手段では1週間のうちに136人しか出入国することのできない国ということになります(時期によって土曜が追加で週3便運航ですが)アクセスが悪かったり運賃が高かったりといった理由で長い間、見送り続けていましたが、ちょっとだけ安い価格帯で手に入れることができたので思い切って行ってみました。ツバルに関しての個人的見解・治安はいい・人々が親切・海面上昇で水没の可能性があると言われているがそ... もっと見る(写真75枚)

          • 念願のツバル!

            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2013/07/10 -  2013/07/20 (約7年前)

              『沈む国』として、有名な(?)ツバル。実際どうなってるの?と思って、行ってみたいと思ってた場所。フナフティまでのフライトは、フィジーのスバからのみ。ナディ→スバ→フナフティってルートで行ったよ!航空券の手配は、パシフィックインターナショナルに依頼。スバ→フナフティは、ダブルブッキングとかトラブル多いって聞いて、いつもならネットで取るところだけど、代理店通してみた!問題なく乗れた!理由はわからないけど、列に並んでたら、手続きできない人がけっこういた!ステイ先は、ネットで予約。バイルアタイ・ロッジってところ。メールで事前に予約していったの。地球の歩き方に、アドレス載ってたよ!スバで、アイランドホッ... もっと見る(写真15枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            • ツバルでボートをチャーター

              5.0 旅行時期:2017/08 (1ヶ月以内)

              鼻毛マン

              鼻毛マンさん(男性)

              タクシーのクチコミ

              ツバルを訪れたならば、誰しもが小島に渡ってみたいと思うことでしょう。ツバルの座礁は意外に広く、最も狭いところで直径約12Km、長いところだと20Km以上の距離があります。手漕ぎのゴムボートなど問題外で、モーター付きのボートをチャーターする必要があります。ところがツバルには旅行会社というものがなく、ボートをチャーターしたくても相談する相手がいません。自分の宿泊しているホテルならば相談できますが、せっかくツバルまできたのだからボートを持っている家でチャーターできるか交渉するのもいいかもしれません。だいたいどこの家でも喜んで話を聞いてくれます。ボートチャーターにもコツがあって、ボートオーナーはいつもボートを漁に使用しています。だいたい、漁が終わるのが日が明ける前。なので、話かけるのは午後2時や3時くらいがいいとおもいます。そして日が落ちるまで小島をいつくか周ってもらう。相場はオーストラリアドルで100ドルから200ドルと言ったところになるかなと思います。料金の多くを占めるのがボートの燃料代金なので、渡る小島を1つにすればもう少し安く行ってくれるかもしれません。あと、大人数ではなく、できるだけ...

            • 乗客が少ないのに搭乗手続きはすごく早くはじまります(少人数でチェックインからセキュリティ管理などいろいろこなす都合上)。なので3時間前(だったはず、詳しくは現地の方に要確認)には空港に行ってください!!!ほかの方が書かれているとおり、この空港は運行時間以外は市民の憩いの場となっています。なので運行時間以外に空港滑走路を見に来るとおもしろいですよ。またチェックインを済ませた後、時間が空くのですが、その間に行われる飛行機が接近する前の消防車の人を追い払う儀式!?は見ごたえあります。

            • 独特な運用で他には無い面白い国際空港です

              3.0 旅行時期:2016/05 (1ヶ月以内)

              こぼちゃ

              こぼちゃさん(非公開)

              フナフティ国際空港 (FUN)のクチコミ

              週2便(時期により3便)しか運航がないため飛行機が来る時しか開いていません。チェックインカウンター、手荷物検査、出入国審査の全てにおいて自動化されているものはなく全てが人力での作業となっています。待合室は10人くらいしか入れないためチェックインに続き出国審査を済ませて、出国済みのまま街へ出ていって飛行機が来るまで外で好きなことをして過ごすのがスタンダードのようです。なので早めに空港に到着してしまっても外に出ることができるため空港内で退屈することが無いのはいいことです。ターミナルというよりは小屋なのでトイレ以外の設備は無く、チェックイン中の時間帯になると外に移動式売店の免税店と駐車場に地元の方々が売る貝細工のお店が並ぶだけとなっています。空港内に両替所は無くATMも存在しません。銀行にもATMは無くクレジットカードは持って行っても使い物になりませんので、日本を出発する時にオーストラリアドルを十分に用意して行かないと現地で大変なことになってしまうと思います。駐機場と滑走路の間には一般道が走っていて飛行機が来ない時間帯は普通に車やバイクが滑走路を横切って行ったり、滑走路が地元の方々のスポーツ...

            • ツバルへのアクセス

              1.0 旅行時期:2011/12 (1ヶ月以内)

              軟弱系

              軟弱系さん(男性)

              2011年12月当時、ツバルへのアクセスはフィジーからの飛行機しかありませんでした。私が行った時は、ツバルは2泊3日の予定だったのですが、帰りのフィジーへの飛行機がフライト・キャンセルになって、やっとフィジー行きの飛行機が飛んだのは3日後でした。おかげで、行く予定だった、サモアと米領サモアには、行けませんでした。

            • バイアクラギホテル

              評価なし 旅行時期:1992/02 (1ヶ月以内)

              dxpedi

              dxpediさん(男性)

              国営ホテルとしてツバルの首都フナフチにあるホテル滑走路脇なので飛行場から歩いてホテルにいけます。島の中心部でもあるので便利なことこのうえないです。当時は改装中で全3部屋(といってももともと全7部屋だったはず)でしたが、台湾政府の援助で作られた建物が完成し今は見違えるほどのちゃんとしたホテルになったようです。間違いなく島一番です。写真は1992年当時なので吃驚しないように。右側になんとなく建築中の建物の柱がみえると思いますがこっちが今のホテルです。ツバルに行く方で南太平洋の相当辺鄙な離島で生活経験のない方は、まずはここに泊まることをつよくお薦めします。

            フナフティ のクチコミ一覧(5)

            フナフティ 地図

            フナフティトラベラーランキング

            クチコミの多いトラベラー

            旅行記の多いトラベラー

            1 舟
            さん
            2 dxpedi
            dxpediさん

            もっと見る

            4Tポイントを貯めよう

            チャンスは一日一回。
            エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

            4Tポイントとは?


            PAGE TOP