ツバル 旅行

ピックアップ特集

ツバル旅行の比較・予約

ツバル 格安ツアー

このエリアでは
取り扱いがありません

ツバル ホテル

このエリアでは
取り扱いがありません

人気都市ランキング1

エリア名で検索 :

※ツバルで旅行者の多い都市順に表示しています。

  • 1

    みんなの満足度
    3.00

    フナフティ ツバル

    • スポット : 0 ホテル : 0 旅行記 : 8

    {{tour_list.title}}

    • {{tour_list.d_city_name}}
    • {{tour_list.course_days}}日間
    {{tour_list.min_price|addComma}}~{{tour_list.max_price|addComma}}円
    ※燃油込み ※燃油込み

ツバル 旅行

旅行記 14 件

  • 2019島巡り南太平洋*その4*ツバル

    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2019/01/15 -  2019/01/17 (約1年前)

      南太平洋行きにくいところ巡り!全旅程はこちらにあります。https://4travel.jp/travelogue/114521971/15 (Tue)フィジー→ツバル1/16 (Wed) ツバル1/17 (Thu) ツバル→フィジー<ツバルのお金>ここでもオーストラリアドル。そしてATMはこの国にない。なのでオーストラリアで大量におろしておくか、両替を空港前にある銀行でするしかない。<ツバルのネット環境>テレコムセンターでwifiの時間・容量を買う形。<ツバルの病院>立派な日本の援助で出来た病院あり。でも重傷者はフィジーへ。<ツバルの飛行機>フィジー航空のみ、週3回。Air Kiribati... もっと見る(写真79枚)

    • 弾丸ツバル1712 「アイランドホッピングでキリバスからフィジー経由ツバルへ。」 ~フナフティ~

      • 同行者:一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2017/12/25 -  2017/12/27 (約3年前)

        年末年始休暇を利用して、ミクロネシア&オセアニアで未訪の地となる「ミクロネシア連邦」「マーシャル諸島」「キリバス共和国」「ツバル」を訪れました。移動する上で立ち寄った「グアム」「フィジー」を含め、12日で6箇所といういつも通りの弾丸の旅です。各国の歴史・宗教・世界観について、深く語ってはおりません。いつものお気楽な「なんちゃって旅行記」をご紹介します。≪全行程≫1日目:朝、仙台→中部    [IBEX]    終日、セントレアでご当地グルメめぐり。https://4travel.jp/travelogue/11359271    夜、中部→グアム  [ユナイテッド航空]2日目:朝、グアム→ポン... もっと見る(写真104枚)

      • ツバル旅行記

        • 同行者:一人旅
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2017/08/12 -  2017/08/19 (約3年前)

          No solution. Very difficult.無人島の木々の様子を見て、僕はそう伝えた。地球温暖化による海面上昇が取り沙汰されてから実際に上昇しただろう水位はたかが数cm。何故ここまで問題が顕著化するのだろうか。そう考える人も多いことだろう。僕もその1人だった。しかし、実際に訪れるとその原因はもっと複合的であることがわかった。海面が上昇する数倍のスピードで地面が沈んでいるのだから。重力によって平らになろうとする地球。サンゴが島を隆起しようとする力を、環境破壊により島民自らが抑制してしまっている現実。この島が抱える問題は未来の日本、そして未来の地球が将来抱えるだろう姿を映し出しているか... もっと見る(写真150枚)

        • 無人島に徒歩で渡ったり本島をバイクで縦断したりのツバル

          • 同行者:一人旅
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2016/05/04 -  2016/05/05 (約4年前)

            この日はバイクを借りて島内を満遍なく走りつくしました。島が縦長のため一周というより縦断といった感じです。ツバルは見どころが無いイメージのどおり見どころは無く、綺麗と思われ鵜海もそれほどでもなくシュノーケルにも不向きでした。ただ、飛行機好きにとっては週2便しか無いフライトを目の前で見られることが何にも代えられない見どころかもしれません。ある意味、私にとってはセントマーチン以上に聖地でした。島の南端は干潮になると隣の離島まで歩いて渡れるようになりますが、島と島の間には1km程度の距離があり足元も悪く潮が満ちてくると完全に海になってしまうためタイミングが難しいのが難点です。海外旅行に興味が出る前から... もっと見る(写真82枚)

          • 世界で2番目に人口が少なく国土消滅の危機にあるといわれるツバルという国家に行ってみました

            • 同行者:一人旅
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2016/05/03 -  2016/05/04 (約4年前)

              世界でいちばん人口の少ない国はバチカン市国というのは知っている方も多いかもしれませんが2番目に少ないのがツバルです。定期便は週に2便(火、木)のみフィジーのスバから68人乗りのATR72が飛来するのみですので一般的な交通手段では1週間のうちに136人しか出入国することのできない国ということになります(時期によって土曜が追加で週3便運航ですが)アクセスが悪かったり運賃が高かったりといった理由で長い間、見送り続けていましたが、ちょっとだけ安い価格帯で手に入れることができたので思い切って行ってみました。ツバルに関しての個人的見解・治安はいい・人々が親切・海面上昇で水没の可能性があると言われているがそ... もっと見る(写真75枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            基本情報

            どんなとこ?

            国名は、ツバル語で"8つの島"を意味する。ポリネシア西端に位置し、人口は約12,000人。イギリス連邦内の立憲君主制の国。世界で最も小さな国の一つ。

            気候

            東風が吹く3月〜10月頃が乾季。気温は年間を通じて26℃〜32℃程度。

            言語

            ツバル語、英語

            宗教

            キリスト教(プロテスタント派)が97%

            時差

            日本との時差は+3時間。ツバル(ツヴァル)の方が進んでいる。サマータイムはない。

            名物・お勧め料理

            ココナッツのスープ、タロイモのグラタン、タロイモのケーキ、パルサミ(タロイモの葉を被せて焼いたもの)

            土産品

            素朴なハンディクラフト、Tシャツ、ラバラバ(綿製の腰巻)、切手、コイン

            電圧

            240V

            ツバル 地図

            ツバルトラベラーランキング

            クチコミの多いトラベラー

            旅行記の多いトラベラー

            4Tポイントを貯めよう

            チャンスは一日一回。
            エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

            4Tポイントとは?


            PAGE TOP