トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

香川のおすすめ観光スポット20選!島、絶景、温泉、うどん情報も紹介

香川のおすすめ観光スポット20選!島、絶景、温泉、うどん情報も紹介

photo by akepi48さん

うどんブームの火付け役、みずからを“うどん県”と名乗るまでになった香川県。日本でもっとも面積が小さい県ですが、観光、温泉、アートに離島と、魅力スポットがぎゅぎゅっと詰まっています。今回は、香川旅行の定番から穴場まで、特選20スポットと知っておきたいうどん情報をお伝えします。

4travel.jp

フォートラベル編集部

香川のおすすめ観光スポット20選

  1. 香川へのアクセス方法
  2. 1. 香川屈指のパワースポットで幸せゲット「金刀比羅宮」
  3. 2. 参拝後は日本の伝統文化に触れるスポットへ「旧金毘羅大芝居」
  4. 3. ご当地スイーツ「おいりソフト」で幸せ満喫「四国の旬」
  5. 4. 名湯にたゆたう極上のひととき「こんぴら温泉郷」
  6. 5. まさに一歩一景の美しさ! 四国随一の庭園「栗林公園」
  7. 6. 圧巻の石垣ほか見どころ目白押しな「丸亀城」
  8. 7. 1988年に開通した優美で重要な大橋「瀬戸大橋(香川県)」
  9. 8. 江戸時代に流通した銭貨を模した巨大な砂絵「銭形砂絵」
  10. 9. 弘法大師が誕生した聖地で厳かな気分に浸る「総本山善通寺」
  11. 10. 子連れファミリーにぴったりなテーマパーク「NEWレオマワールド」
  12. 11. SNSでも話題になった日本版・ウユニ塩湖「父母ヶ浜」
  13. 12. 香川屈指の景勝地で源平合戦を思う「屋島」
  14. 13. あこがれの島旅を堪能しに小豆島へ「小豆島」
  15. 14. オリーブと絶景に囲まれた癒やしの空間「道の駅 小豆島オリーブ公園」
  16. 15. 歩いて渡ることもできる天使の散歩道「エンジェルロード」
  17. 16. 物語のなかへ! 名作のロケセットを改築した「二十四の瞳映画村」
  18. 17. 誰もがうらやむ渓谷の絶景をひとり占め「寒霞渓(かんかけい)」
  19. 18. 感性を磨く島ですてきなアートざんまい「直島」
  20. 19. 瀬戸内の美しい自然と見事に融合した美術館「地中美術館」
  21. 20. 銭湯? 美術館? どちらも正解! 「直島銭湯」
  22. 香川といったらやっぱり“うどん”は外せない!

香川へのアクセス方法

香川県の拠点となるのは高松。鉄道や航空など、さまざまな交通機関の要です。JRを利用するなら、すべての新幹線が停車する岡山駅から特急か快速に乗り換えて香川入りを。
神戸淡路鳴門自動車道経由と瀬戸大橋経由の路線を走る高速バスなら、運賃がリーズナブルなうえ乗り換えがなく、便利です。神戸港からフェリーを使うのもおすすめ♪

1. 香川屈指のパワースポットで幸せゲット「金刀比羅宮」

“こんぴらふねふね 追風に帆かけて~♪”の民謡で知られる通称“さぬきこんぴらさん”の「金刀比羅宮」。
象頭山の中腹に鎮座し、江戸の時代から庶民信仰の中心地として親しまれてきました。参道から「厳魂神社」までは1,368段もの石段が。ご利益を願って一段一段、踏みしめて。境内には、唯一商売が許されているあめ屋「五人百姓」、国の重要文化財である「旭社」、目を引く黄色の看板が目印の「桜馬場西詰銅鳥居」など、旧跡や文化財を始めとした見どころスポットが点在。お土産には「幸福の黄色いお守り」を選んで、幸せのおすそ分けを。

クチコミ:体力が必要

わんこさん

金比羅宮は、今回の四国旅行で初めて行きました。香川県の一番の観光名所です。ブラタモリで見たのがきっかけですが、785段の石段を登る必要があります。参道を登り、大門をくぐり、五人百姓にべっこう飴を試食させてもらい、まずは旭堂でお参り。……もっと見る

2. 参拝後は日本の伝統文化に触れるスポットへ「旧金毘羅大芝居」

金刀比羅宮で幸せ祈願をした後は、「旧金毘羅大芝居」に立ち寄ってみてはいかが?
ここは1835年に創建された、現存する日本最古の芝居小屋。所有者が変わるごとに改名されましたが、1970年に国の重要文化財に指定されたと同時に現在の名称となりました。
平成の大改修では、格子状の天井「ブドウ棚」や舞台装置の「かけすじ」などを見事に復元。当時の面影を今に伝える貴重な姿となっています。1985年以降、毎年春に行われる「四国こんぴら歌舞伎大芝居」。全国から歌舞伎ファンが押し寄せ、今や四国路に春を告げる風物詩として人気です。

※旧金毘羅大芝居は耐震対策工事のため、令和2年(2020年)10月1日~令和4年(2022年)3月18日まで休館予定です。

クチコミ:現役の日本最古の芝居小屋

gemini62さん

中に入ると、舞台装置の仕組みなどを歩きながら案内してくれます。案内人の数は多くなさそうなので、舞台上のモニターでも説明動画が流されていました。1835年に完成し、今は一部が電動化されてはいるものの、昔から変わっていない人力の舞台装置……もっと見る

3. ご当地スイーツ「おいりソフト」で幸せ満喫「四国の旬」

往復1,000段を超える参拝を終えたら、お待ちかねのスイーツ♪
JR琴平駅から徒歩約10分のところにある「四国の旬」では、「和三盆ドーナツ」などの甘味や「オリーブ牛メンチカツ」などの軽食がいただけます。
イチオシは、ご当地スイーツ「嫁入りおいりソフト」。パステルカラーがとってもキュートな餅菓子「おいり」をソフトクリームにトッピングした、乙女心をくすぐる逸品です。写真を撮ったら溶けないうちに召し上がれ!

クチコミ:カラフルなおいりソフト

tomytomさん

和三盆ソフトクリームに、おいりをトッピングして350円でした。見た目の可愛さだけでなく、おいりの軽やかなふわっとカリっとした食感と甘さが合わさってとても美味しかったです。こんぴらさん参りの後のつかれを癒す絶好のスイーツです。もっと見る

4. 名湯にたゆたう極上のひととき「こんぴら温泉郷」

参拝後は名湯につかって癒やされる――。
そんな旅の醍醐味を味わいたいなら、「こんぴら温泉郷」の宿をチョイス。こんぴらさんのおひざ元にあるこの温泉郷は、比較的歴史の浅い温泉地ながら、華やかさを感じさせるスポットです。

なかでも老舗高級旅館「琴平花壇」は、四季を彩る純和風庭園、竹林がせまる風情ある露天風呂など、香川旅のハイライトを飾るにふさわしい歴史ある宿。森鴎外など多くの文人墨客を魅了しただけあります。金刀比羅宮周辺のホテルを探す

5. まさに一歩一景の美しさ! 四国随一の庭園「栗林公園」

風光明媚(めいび)な庭園「栗林公園」。日本最大級を誇る広さはもちろん、一歩一景、歩くごとに姿を変える美しさでも評判です。
公園の平庭部は約16.2ヘクタール(「東京ドーム」3.5個分)もあるため、園内を制覇するには徒歩で2時間ほどみておきましょう。見どころを案内してくれる栗林公園観光ボランティアガイドを利用するのもおすすめ。特別名勝にふさわしい絶景を心ゆくまで満喫して♪
紫雲山を借景に圧巻の眺望が広がる「飛来峰」ほか、巡り合いたい情景が多いこの庭園。
楽しみ方の1つとして「南湖周遊和船」はいかが? 船頭のガイドを聞きながら、ゆらりと漂う船旅は、徒歩散策とは違う風景を映し出します。
幽玄な世界へと誘う、春や秋の夜間ライトアップ&周遊も人気。

クチコミ:とても美しい庭園

ちぇぶさん

高松藩主の造営した日本庭園で、高松市街地からもほど近い場所にあります。市街地付近でありながらすぐ後ろに小高い山がそびえ、庭園として一体となって美しい景色です。日本屈指の名庭園だけあり、広さも美しさも第一級だと思います。特に紅葉は……もっと見る

6. 圧巻の石垣ほか見どころ目白押しな「丸亀城」

1597年から5年がかりで建てられた「丸亀城」。亀山を利用して築かれたこの城には、3つの“日本一”が揃っています。
まずは、日本一高い石垣。4層に重なる高さ約60mもの石垣は、「扇の勾配」と称されるほどの曲線美もあっぱれ! です。次に、現存12天守の中で一番小さい天守。最上階からの眺めは絶景で、瀬戸大橋を望むことができます。最後は、井戸。桜が植樹され今は憩いの場として親しまれる「二の丸」の井戸は、日本一深いと言われています。
どうです? がぜん気になってきたでしょう!毎日、正午に打ち鳴らされる大手一の門の「時太鼓」も要チェック。力強い音が響き渡ります。

クチコミ:堅固な石垣と可愛らしい天守!!

海猿さん

石垣の城として有名な丸亀城、山まるごと城と言った造りのお城で天守がある場所からは瀬戸内海の景色が綺麗に見え、当時もこのような景色を見ていたのかなと感慨深くなります、天守はかなりコンパクトな造りで他の城だと櫓くらいの大きさですが可……もっと見る

7. 1988年に開通した優美で重要な大橋「瀬戸大橋(香川県)」

橋梁(きょうりょう)って、とてつもなく引き付けられる魅力を感じませんか? 本州と四国をつなぐ「瀬戸大橋(香川県)」は、まさにその代表格。鉄道と道路を併用する世界最大級の橋として有名ですが、何より紺碧(こんぺき)の海に浮かぶ気高く美しい姿が、人々の心をわしづかみにしています。
ライトアップされる夜も、また一興。幻想的な景観が楽しめますよ。最高のロケーションを誇る「瀬戸大橋記念公園」や、橋を眺めながらくつろげるカフェが自慢の「香川県立東山魁夷せとうち美術館」も、ぜひ足を運びたいスポット。瀬戸大橋をあますところなく体感できます。

クチコミ:圧倒する眺め

lion3さん

高松駅から岡山駅へと向かう列車から瀬戸大橋を見て、また橋を渡りました。香川県側から瀬戸大橋を渡る手前の1分ほど前からゆるやかな曲線で曲がっていくので、瀬戸大橋の全体像がよく見えました。全体の眺めは圧倒する橋の眺めでした。橋を渡る……もっと見る

8. 江戸時代に流通した銭貨を模した巨大な砂絵「銭形砂絵」

美しい緑の木々に囲まれて浮き立つ、白砂でかたどられた「寛永通宝」。
「琴弾公園」にある「銭形砂絵」は、東西に約122m、南北に約90mもある、巨大な砂絵です。一説では、寛永10年に藩主の生駒高俊公を歓迎するために一夜でつくられたとか。今も観音寺市のランドマークとして親しまれ、この砂絵を見れば健康で長生きし、お金に不自由しないという言い伝えもあります。
全貌を眺めたいなら園内の山頂展望台から、大きさを体感したいなら地上から見るのがおすすめ。日が暮れると純白の砂絵がファンタジックにさま変わり! グリーンにライトアップされた姿も見事です。

クチコミ:砂絵以外も景色が美しい

TOSHIさん

たまたま高松駅のポスターで見かけた「銭形砂絵」を観に、観音寺市の琴弾公園へ。銭形砂絵が見下ろせる展望台へはちゃんと案内が出ていました。駐車場もそれなりにありました。寛永通寶と書かれた砂絵も大きく立派でしたが、その向こうに見える島……もっと見る

9. 弘法大師が誕生した聖地で厳かな気分に浸る「総本山善通寺」

真言宗の開祖である弘法大師空海ゆかりの地「総本山善通寺」。京都の「東寺」、和歌山の「高野山」と並ぶ弘法大師三大霊跡の1つとして信仰を集めています。
境内は2つの院が分立。「五重塔」などが点在する「東院(伽藍:がらん)」と、「御影堂」を中心とした「西院(誕生院)」があります。見どころは、国の重要文化財に指定されている「東院」の「金堂(本堂)」。空海が密教を学んだ唐(中国)の長安にある「青龍寺」をなぞらえたと言われています。空海が誕生した際に用いられた産湯の井戸「産湯井」は「西院」に。「宝物館」とあわせて拝観可能です。

クチコミ:空海の生誕地 広大な境内を持つお寺

あおしさん

空海の生誕地と言われる場所にあるお寺です。空海生誕地からか、広大な境内を持ち、五重塔をはじめ、大きな金堂など見ごたえのある建物がたくさんありました。おそらく四国八十八箇所の礼所の中では一番立派な寺院でしょう。ゆっくり時間を取ると……もっと見る

10. 子連れファミリーにぴったりなテーマパーク「NEWレオマワールド」

名所観光の合間に、子どもがよろこぶ「ニューレオマワールド」はいかが?
四国最大級を誇るこのテーマパークは、ママもうっとり「レオマ花ワールド」、アジアの世界的な遺産を再現した「オリエンタルトリップ」、充実のライドアトラクションなど、家族で楽しいワクワク面白スポットです。夏季限定のリゾートプール「レオマウォーターランド」は、全長約260mの流水プールもあって大満足!約250万球の光が織りなす夜のお楽しみ「レオマ光ワールド」は、全国イルミネーションアワードで5年連続受賞しただけあって、最高のきらびやかさ。光のパレードも見ものです。

11. SNSでも話題になった日本版・ウユニ塩湖「父母ヶ浜」

天と地の境界線がなくなる幻想的な世界。南米ボリビアの「ウユニ塩湖」をほうふつとさせる「父母ヶ浜海水浴場」は、約1kmのロングビーチを持つ人気エリアです。
夏には海水浴をしに観光客でにぎわいますが、多くの人のお目当ては、美しい夕陽に彩られる絶景。さながら天空を映し出す鏡のような光景が広がります。絶景を写真におさめる条件は主に3つ。
“干潮と日の入り時刻の重なる時”、“風がなく水面が波立たない時”、“マジックアワーと呼ばれる日の入り前後約30分間”。
あなた史上もっとも特別なシーンが撮れますように。

クチコミ:インスタ映え

いむ16さん

12月上旬の訪問。16時頃に到着し、無料駐車場へ。駐車場は広く、混雑なく停めることがでしました。撮影スポットまで歩いて向かう間、おしゃれなカフェが並んでいました。焚き火に当たりながらコーヒーが飲めるお店も。海岸へ行くと既にたくさんの……もっと見る

12. 香川屈指の景勝地で源平合戦を思う「屋島」

香川ドライブには「屋島」がおすすめ。標高約292mの山頂へ続く「屋島スカイウェイ」では、日常を忘れさせてくれる爽快(そうかい)ドライブが楽しめます。山頂から望むパノラマも圧巻! 瀬戸内海に浮かぶ島々の絶景は、言葉を失うほどの美しさで、時間が経つのを忘れてしまいそう。「屋島」は源平合戦ゆかりの地としても有名。『平家物語』の有名なワンシーン「扇の的」は、ここが舞台です。「談古嶺」は、源平の古戦場「壇ノ浦」が一望できる展望台。源氏軍が武運を祈願した「屋島寺」や「血の池」など、歴史ロマンに思いをはせられるスポットが多くあります。

クチコミ:お寺に芸術に

ishirockさん

屋島と言えば源平合戦の戦場として有名ですが、84札所の屋島寺や、イサムノグチの庭園美術館があったりと見どころがとても多いです。また有名なうどん屋さんもいくつかあって食も外せない場所です。今回は屋島寺とわら屋に行きましたが、どちら……もっと見る

13. あこがれの島旅を堪能しに小豆島へ「小豆島」

ここからは、香川県から行ける人気の離島をご紹介します♪

トップバッターは、言わずもがなの「小豆島」。豊かな自然、青く澄んだ空、ゆったりと流れる島時間が魅力です。写真を撮らずにはいられない絶景を多く有するほか、オリーブやしょう油の産地としても有名。それらを使った製品はお土産にぴったりで、自分用にもつい手が伸びてしまいます。ドライブや散策を楽しんだ後は、島の味覚があふれる島ごはんが待っていますよ。

14. オリーブと絶景に囲まれた癒やしの空間「道の駅 小豆島オリーブ公園」

空と海、オリーブに風車――。幼いころに夢想した物語のような美しい風景が広がるのは「道の駅 小豆島オリーブ公園」。小高い丘にある園内には約2,000本ものオリーブやハーブが茂り、まばゆい緑が青空に映えます。
そして、瀬戸内海の青をより際立たせているのが、この公園のシンボルである白いギリシャ風車。この景色は一生の宝物です!実写映画『魔女の宅急便』のロケセットをそのまま使用した「雑貨コリコ」では、ハンドメイドのフラワーアクセサリーや心ときめく雑貨が並びます。オリーブをあしらったアクセサリーは特におすすめ♪

クチコミ:公園の中の道の駅です

4tr-ao-aoさん

小豆島を半周して休憩のために道の駅を目指しました。この道の駅は、公園一体型の観光施設という雰囲気で、高台にあり景色も最高です。駐車場も広く気持ちよく止められますが、施設までは坂道があり少し元気がいります。小豆島時間で、館内も屋外……もっと見る

15. 歩いて渡ることもできる天使の散歩道「エンジェルロード」

大切な人と手をつないで渡ると願いがかなう――。
そんな言い伝えを持つ「エンジェルロード」は、恋人の聖地として有名な場所。1日に1~2度ある引き潮の時に姿を表す、小豆島と余島を結ぶ砂州(さす)の道。その神秘な現象ゆえに、人は奇跡を願うのかもしれません。
空を薄紫色に染める夕刻は、さらにロマンチック。幸せを運ぶ天使が、あなたのそばに舞い降りることを願って。「エンジェルロード」の全景を楽しみたいなら、高台にある「約束の丘展望台」がおすすめ。鐘を備えたモニュメントも設置され、恋人とのムードも一層高まります。

クチコミ:小豆島の絶景

まんごさん

自分はエンジェルロードのすぐそばのホテルに宿泊したので、夕方と朝と二回訪れました。あとエンジェルロードは高台から見下ろすのもすごいきれいなので、そばで見るのと高台からみるのではまた違います。干潮満潮の影響があるので、渡れないとき……もっと見る

16. 物語のなかへ! 名作のロケセットを改築した「二十四の瞳映画村」

小説『二十四の瞳』をご存じですか? 第二次世界大戦という時代のうねりにのまれていく女性教師と小豆島の生徒たちの姿を描いた、不朽の名作です。二度映画化され、人々を感動の渦に巻き込みました。
そのロケセットを改築したのがこの映画村。木造校舎、漁師の家、土産物屋……、一歩足を踏み入れれば広がる昭和初期の世界に、心奪われるはずです。映画村の楽しみ方はいろいろ! なかでも、かすり着物を着て町並みを歩く「昔遊び体験(500円)」はおすすめです。「Cafe シネマ倶楽部」の「給食セット(910円)」は、懐かしのアルマイト食器で運ばれてきて人気。

クチコミ:見どころ満載、これは楽しい、懐かしい

昔素潜り名人さん

ちょっと港から遠かったですが、レンタル自転車で頑張って行ってきました。これは行った甲斐がありました、めちゃくちゃ楽しめます。特に60以上のシニアの方には懐かしさ満載ですね。懐かしの映画のポスターや今はベテラン女優の若かりし頃の写真……もっと見る

17. 誰もがうらやむ渓谷の絶景をひとり占め「寒霞渓(かんかけい)」

離島ながら見どころ満載なのが小豆島のすごいところ。「寒霞渓(かんかけい)」も、押さえておきたい名スポットです。
日本三大渓谷美の1つであるこの渓谷は、春は山桜、夏はパワーあふれる緑、秋は紅葉、冬は雪化粧と、多彩な景観が自慢。どの季節も必ずやあなたを満足させてくれることでしょう。「寒霞渓」が誇るロープウェイに乗って約5分間の空中散歩に、さぁ出発!山頂付近には、応神天皇がタカ狩をしたと言われる伝説の場所「鷹取展望台」と奇岩群が一望できる「第二展望台」があり、感動の光景が拝めます。幸せ祈願「かわらけ投げ(1組200円)」にも挑戦!

クチコミ:ロープウェイとドライブウェイで2度オイシイ寒霞渓

旅行三昧さん

小豆島にある国指定の名勝「寒霞渓」。約1300万年前の火山活動で堆積した疑灰角礫岩が、長年の地殻変動などによる絶景をつくっています。この寒霞渓は、クルマで走るも良し、ロープウェイで登るも良し。それぞれ異なる絶景を堪能できます。それで……もっと見る

18. 感性を磨く島ですてきなアートざんまい「直島」

瀬戸内の島々で近年脚光を浴びているのが、現代アートの聖地と称される「直島」。周囲約16kmのこの島は、話題スポットが点在する「宮ノ浦エリア」、のんびり鑑賞「美術館エリア」、レトロな町並みが魅力の「本村エリア」の3つに分かれています。
「宮ノ浦エリア」にある草間彌生の「赤かぼちゃ」のオブジェは、島のシンボルマークとしてあまりにも有名ですよね。バスや自転車をうまく利用して、アートに彩られたあなただけの小さな島旅を。

19. 瀬戸内の美しい自然と見事に融合した美術館「地中美術館」

“自然と人間を考える場所”として設立した「地中美術館」は、建物の大半が地下に埋設された閑静な美術館。それというのも、瀬戸内の美しい景観を損なわないようにという思いからです。
地下にありながら自然光が降り注ぐ館内。季節や時間、天候によって部屋の表情も、作品の趣も、静かに移ろいでいくのです。アートとの無言の会話を楽しんで。瀬戸内の風景が一望できる「地中カフェ」もすてきですが、画家クロード・モネの世界観を構成した「地中の庭」も必見。モネが描こうとした“自然”という主題そのものを立体的に感じられる空間が、ここに。

クチコミ:体感する美術館!!

海猿さん

直島にある人気の美術館で当日予約も空きがあれば出来るようですが、前もって予約が必要なのでその点は注意です、館内は美術館自体が作品のような場所で体感する美術館と言った感じです、人気の美術館なので館内でも順番待ちの作品もあります、モ……もっと見る

20. 銭湯? 美術館? どちらも正解! 「直島銭湯」

浴槽や風呂絵、そしてトイレの陶器にいたるまで!
アーティストである大竹伸朗が手がけた「直島銭湯」は、見るからに楽しそうな美術施設。なんと、実際に入浴もできるのです。館内に散りばめられた遊び心いっぱいのアートを存分に鑑賞しながら、お湯と一緒に彼の世界観にもどっぷりつかってみてください♪入口付近にある番台では、大竹氏デザインのオリジナルグッズを販売。ビビッドなデザインが目を引くふっくらタオルや湯上がり着にぴったりなド派手Tシャツなど、入浴後もアートなテンションが止まりません!

クチコミ:外観・内装はもちろん

soraさん

外観・内装はもちろん、目に入るものすべて気になる箇所ばかり!!! アーティスト大竹伸朗さんが手がけていて、実際に入浴できる不思議な美術施設。浴槽や風呂絵、モザイク画、トイレの陶器。大竹伸朗の世界が隅積みまで楽しめました。もっと見る

香川といったらやっぱり“うどん”は外せない!

“うどん県”でおなじみの香川へ訪れたなら、讃岐(さぬき)うどんは絶対外せないグルメ! 香川県では店独自の提供方法があります。店で戸惑わないためにも、最初に確認しておきましょう。

セルフタイプ:学生食堂のようなタイプ。麺を受け取ったら自分でダシやトッピング、薬味をのせて食べる。支払いは店によって異なるのでほかのお客さんを観察しておこう。
製麺所タイプ:麺の卸しのかたわらで、食堂スペースも出しているタイプ。食堂がメインではないためセルフ店よりもセルフ度が高め。
一般店タイプ:なじみがあるレストランタイプ。メニューを見て注文し、テーブルまで持ってきてくれる。

うどんを食べようと考えている方は、香川の讃岐うどんランキングを要チェック♪
【2020】香川うどんの絶品店をランキング化!厳選の15店

香川のおすすめスポットはいかがでしたか?

2020年4月には、四国最大級の“水景”が楽しめる「四国水族館」がうたづ臨海公園内に満を持してオープンし、ますます目が離せない香川。次の旅は、あなたの“非日常にひたりたい願望”を存分にかなえてくれる香川へ。香川のホテルを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

香川の特集

香川の特集一覧

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧