市川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
天気に恵まれた10月の土曜日、新型コロナ過であまり歩きをしていませんでしたが久々に多めの歩きで、市川市の国府台、市川真間駅周辺の歴史史跡や寺社、江戸川河川敷を下流に向かって歩き、塩田業が盛んだった塩絡みの土地を歩いてみました。

2022 市川市歴史史跡散策と江戸川河川敷歩き

79いいね!

2022/10/08 - 2022/10/08

31位(同エリア413件中)

0

84

jh2fxv

jh2fxvさん

この旅行記スケジュールを元に

天気に恵まれた10月の土曜日、新型コロナ過であまり歩きをしていませんでしたが久々に多めの歩きで、市川市の国府台、市川真間駅周辺の歴史史跡や寺社、江戸川河川敷を下流に向かって歩き、塩田業が盛んだった塩絡みの土地を歩いてみました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
4.0
交通
4.5
交通手段
私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • スタートは京成本線の国府台駅。<br />自宅最寄駅から1本で来れます。

    スタートは京成本線の国府台駅。
    自宅最寄駅から1本で来れます。

    国府台駅

  • 今回歩いたルート。<br />京成本線国府台駅スタートで江戸川河川敷を歩いて旧江戸川に渡り、東京メトロ東西線の妙典駅がゴール。

    今回歩いたルート。
    京成本線国府台駅スタートで江戸川河川敷を歩いて旧江戸川に渡り、東京メトロ東西線の妙典駅がゴール。

  • 駅から北東方面へ真間川沿いを歩きます。<br />ここは文学の道(文学の散歩道)と呼ばれているそう。

    駅から北東方面へ真間川沿いを歩きます。
    ここは文学の道(文学の散歩道)と呼ばれているそう。

  • 文学の道は市川ゆかりの作家、歌人、俳人を紹介する説明板が立てられています。

    文学の道は市川ゆかりの作家、歌人、俳人を紹介する説明板が立てられています。

  • これからここにある弘法寺、手児奈(てこな)霊堂へ行ってみます。

    これからここにある弘法寺、手児奈(てこな)霊堂へ行ってみます。

  • 見えてきたのは『真間の継ぎ橋 (つぎはし)』<br />https://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/1551000030.html

    見えてきたのは『真間の継ぎ橋 (つぎはし)』
    https://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/1551000030.html

    真間の継ぎ橋 名所・史跡

  • 朱塗りの欄干がありますが、橋と気づかずに通り過ぎるくらいの短い小さな橋。<br />石碑にはひらがなで『つぎはし』とあります。

    朱塗りの欄干がありますが、橋と気づかずに通り過ぎるくらいの短い小さな橋。
    石碑にはひらがなで『つぎはし』とあります。

  • 両岸から板を延ばし中央の梁で継いだので『つぎはし』と呼んだそう。

    両岸から板を延ばし中央の梁で継いだので『つぎはし』と呼んだそう。

  • 真間地区はかつて入江で、下総国の国府があり、古来より行き交う船の停泊地として栄えたそうです。<br />そこを往来するには橋が必要となるので、掛けられたのが『真間の継ぎ橋』<br />『万葉集』にも詠まれており、歌枕として知られた存在だったもの。

    真間地区はかつて入江で、下総国の国府があり、古来より行き交う船の停泊地として栄えたそうです。
    そこを往来するには橋が必要となるので、掛けられたのが『真間の継ぎ橋』
    『万葉集』にも詠まれており、歌枕として知られた存在だったもの。

  • 橋は弘法寺の参道の途中に架けられていますが、川は流れてなく橋の痕跡モニュメントとなっています。

    橋は弘法寺の参道の途中に架けられていますが、川は流れてなく橋の痕跡モニュメントとなっています。

  • 『真間の継ぎ橋』を過ぎると右側に『手児奈霊神堂』https://www.tekonareijindo.com/ があります。

    『真間の継ぎ橋』を過ぎると右側に『手児奈霊神堂』https://www.tekonareijindo.com/ があります。

    手児奈霊神堂 寺・神社・教会

  • 石碑には寛政七年九月とある。<br />こけも生えまくって相当古いものだ。

    石碑には寛政七年九月とある。
    こけも生えまくって相当古いものだ。

  • 『手児奈の物語は、美人で多くの男性から求婚され、自分のために人びとが争うのを見て、真間の入江に入水したとか。

    『手児奈の物語は、美人で多くの男性から求婚され、自分のために人びとが争うのを見て、真間の入江に入水したとか。

  • その哀れな手児奈を供養する意味で建てられた霊堂とのこと。

    その哀れな手児奈を供養する意味で建てられた霊堂とのこと。

  • 手水舎はありますね。<br />もっとも多くみる龍の口から水が出るタイプ。

    手水舎はありますね。
    もっとも多くみる龍の口から水が出るタイプ。

  • 正面が霊神堂。

    正面が霊神堂。

  • ここで市川市のアイドル手児奈さまにお参り。

    ここで市川市のアイドル手児奈さまにお参り。

  • この池が身を沈めた入江?<br />真相はわからないが次へ・・・

    この池が身を沈めた入江?
    真相はわからないが次へ・・・

  • 手児奈霊神堂を過ぎた正面が真間山 弘法寺 (ぐほうじ)<br />目の前の急な階段は、標高差16.3m上る斜度15度の急なものです

    手児奈霊神堂を過ぎた正面が真間山 弘法寺 (ぐほうじ)
    目の前の急な階段は、標高差16.3m上る斜度15度の急なものです

  • 階段を上りきったところに仁王門、左右には仁王像がありました。

    階段を上りきったところに仁王門、左右には仁王像がありました。

  • 上がりきると結構高いことがわかる。

    上がりきると結構高いことがわかる。

  • ここにも龍の口タイプの手水舎。

    ここにも龍の口タイプの手水舎。

  • ここが本堂。<br />https://temple.nichiren.or.jp/1041036-mamasan/

    ここが本堂。
    https://temple.nichiren.or.jp/1041036-mamasan/

    弘法寺 寺・神社・教会

  • 開運ご利益あるみたい。<br />分杭峠も行きたいし、ちょうどいいわ。

    開運ご利益あるみたい。
    分杭峠も行きたいし、ちょうどいいわ。

  • 境内には樹齢400年のしだれ桜、『伏姫桜』がありました。

    境内には樹齢400年のしだれ桜、『伏姫桜』がありました。

  • 市川真間寺社巡りを終えて江戸川河川敷に出た。<br />ここは河口から13.75km地点。

    市川真間寺社巡りを終えて江戸川河川敷に出た。
    ここは河口から13.75km地点。

  • 目の前に京成本線の鉄橋。<br />普段は車窓から眺める景色の中に自分がいるのは謎も解けてすっきりした気分。

    目の前に京成本線の鉄橋。
    普段は車窓から眺める景色の中に自分がいるのは謎も解けてすっきりした気分。

  • 川で水上スキーやってます。<br />滑っているのは女性ですね。

    川で水上スキーやってます。
    滑っているのは女性ですね。

  • 鳩が群がる鳩おじさんもおった。<br />猫とか鳩、上野公園だとスズメまで餌付けする人はどこにでもいますね。

    鳩が群がる鳩おじさんもおった。
    猫とか鳩、上野公園だとスズメまで餌付けする人はどこにでもいますね。

  • そして河川敷にあるのは『市川関所跡』

    そして河川敷にあるのは『市川関所跡』

    江戸川 自然・景勝地

  • 江戸に幕府が置かれると、江戸を守るなどのため、関東の主な川に、渡船場で旅人を調べる船場が設けられ、これが後に関所となったとのこと。

    江戸に幕府が置かれると、江戸を守るなどのため、関東の主な川に、渡船場で旅人を調べる船場が設けられ、これが後に関所となったとのこと。

  • 往来の激しい国道14号千葉街道を渡ります。<br />下を潜るわけでもなく、信号も歩道橋もないので車の往来を縫って横切る珍しい構造。

    往来の激しい国道14号千葉街道を渡ります。
    下を潜るわけでもなく、信号も歩道橋もないので車の往来を縫って横切る珍しい構造。

  • 国道を横断すると次はJR総武線の鉄橋。

    国道を横断すると次はJR総武線の鉄橋。

  • 東京スカイツリーと左下に富士山が見えます。

    イチオシ

    東京スカイツリーと左下に富士山が見えます。

  • 結構はっきり見えてます。<br />今でこそ高層ビルだらけですが、昔は江戸の町から富士山が望める場所が多かったんでしょうね、

    結構はっきり見えてます。
    今でこそ高層ビルだらけですが、昔は江戸の町から富士山が望める場所が多かったんでしょうね、

  • そして住民以外が無料で上がれる展望施設がある『I link タウンいちかわ ザタワーズウエスト』<br /><br />ここを訪問した旅行記<br />https://4travel.jp/travelogue/10997159<br />https://4travel.jp/travelogue/11407570

    そして住民以外が無料で上がれる展望施設がある『I link タウンいちかわ ザタワーズウエスト』

    ここを訪問した旅行記
    https://4travel.jp/travelogue/10997159
    https://4travel.jp/travelogue/11407570

    市川市アイ リンクタウン展望施設 自然・景勝地

  • それでは秋晴れの江戸川河川敷を南下します。

    それでは秋晴れの江戸川河川敷を南下します。

  • さくら並木整備事業?<br />ここは、『さくら堤公園』

    さくら並木整備事業?
    ここは、『さくら堤公園』

  • さくら並木は、これですね。

    さくら並木は、これですね。

  • 江戸川大橋まで2.1km、天気もいいのでランニングとサイクルロードレーサーが目立ちます。

    江戸川大橋まで2.1km、天気もいいのでランニングとサイクルロードレーサーが目立ちます。

  • 河口まで12km、江戸川河川敷スタートから1.75km歩いた。

    河口まで12km、江戸川河川敷スタートから1.75km歩いた。

  • ふと、堤防下を見ると蔦に絡まった廃屋らしき3棟の住宅が並ぶ。

    ふと、堤防下を見ると蔦に絡まった廃屋らしき3棟の住宅が並ぶ。

  • その隣には水害なのか台風なのか原形を留めていない住宅も・・・

    その隣には水害なのか台風なのか原形を留めていない住宅も・・・

  • 更にてくてく、河口から11km地点、河川敷2.75km歩いた。

    更にてくてく、河口から11km地点、河川敷2.75km歩いた。

  • 今度は行徳橋まで1.8kmの案内板も登場。

    イチオシ

    今度は行徳橋まで1.8kmの案内板も登場。

  • 京葉道路の橋が見えてきた。

    京葉道路の橋が見えてきた。

  • ここもマイカーお出掛け時にはよく走る高速。

    ここもマイカーお出掛け時にはよく走る高速。

  • 橋の下にはプレジャーボートが陸揚げされ、堤防下にはマリーナがあった。

    橋の下にはプレジャーボートが陸揚げされ、堤防下にはマリーナがあった。

  • 河口から9.75kmまで到達、河川敷スタートから4km歩いた。

    河口から9.75kmまで到達、河川敷スタートから4km歩いた。

  • ここで江戸川は旧江戸川と2つに分岐する。

    ここで江戸川は旧江戸川と2つに分岐する。

  • さらに歩くと河口まで3.5kmになった。<br />10.25km歩いたってことか。

    さらに歩くと河口まで3.5kmになった。
    10.25km歩いたってことか。

  • 行徳橋を渡ります。

    行徳橋を渡ります。

  • この橋には鉄橋が併設されていた、昔は鉄道が走っていたということかと・・・たぶん ( ̄▽ ̄)

    この橋には鉄橋が併設されていた、昔は鉄道が走っていたということかと・・・たぶん ( ̄▽ ̄)

  • 行徳橋を渡ると旧江戸川の河川敷。<br />

    行徳橋を渡ると旧江戸川の河川敷。

  • 旧江戸川の水閘門を渡りますが、ここは先日、松戸市で行方不明になった小1女児の遺体が発見された現場。<br />ニュースでは向かって右側の岸が出ていたが、遺体は左側の岸に浮いていたとのことでした。

    旧江戸川の水閘門を渡りますが、ここは先日、松戸市で行方不明になった小1女児の遺体が発見された現場。
    ニュースでは向かって右側の岸が出ていたが、遺体は左側の岸に浮いていたとのことでした。

  • 発見間もないため、献花台も設置されていましたのでご冥福をお祈りしました。

    発見間もないため、献花台も設置されていましたのでご冥福をお祈りしました。

  • そして今度は川幅が狭くなった旧江戸川沿い歩きを継続します。

    そして今度は川幅が狭くなった旧江戸川沿い歩きを継続します。

  • 古い蔵もあったりする。

    古い蔵もあったりする。

  • 対岸には小さな造船工場も・・・

    対岸には小さな造船工場も・・・

  • これなんか、船の形すらできていない状態。

    これなんか、船の形すらできていない状態。

  • 『常夜灯公園』ここからは古い史跡や町並みが始まります。

    『常夜灯公園』ここからは古い史跡や町並みが始まります。

    常夜灯公園 公園・植物園

  • 古そうな常夜灯が残されています。

    古そうな常夜灯が残されています。

  • なぜこれだけ残ったのかは不思議ですが、夜も点灯するのかな?

    なぜこれだけ残ったのかは不思議ですが、夜も点灯するのかな?

  • 常夜灯は、市指定有形文化財になっていました。

    常夜灯は、市指定有形文化財になっていました。

  • 最後は昔の街道の面影が残る曲がった道がある『行徳街道』沿いを歩きます。

    最後は昔の街道の面影が残る曲がった道がある『行徳街道』沿いを歩きます。

  • 地名は伊勢宿、伊勢はわからんが宿が付くことから宿場町だったのかも・・・

    地名は伊勢宿、伊勢はわからんが宿が付くことから宿場町だったのかも・・・

  • これは『市川市行徳ふれあい伝承館』<br />無料休憩所が併設されており、カフェやスイーツが食べれます。<br />https://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/1111000189.html

    これは『市川市行徳ふれあい伝承館』
    無料休憩所が併設されており、カフェやスイーツが食べれます。
    https://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/1111000189.html

    市川市行徳ふれあい伝承館 グルメ・レストラン

  • かなり古そうな民家、誰も住んでなさそう。

    かなり古そうな民家、誰も住んでなさそう。

  • 行徳街道沿いには昔の塩問屋が残ります。

    行徳街道沿いには昔の塩問屋が残ります。

    市川市行徳ふれあい伝承館 名所・史跡

  • こちらは登録有形文化財『加藤邸』

    こちらは登録有形文化財『加藤邸』

  • ここもかつての塩問屋です。

    ここもかつての塩問屋です。

  • 表札を見ると現在も加藤さんがお住まいのようです。

    表札を見ると現在も加藤さんがお住まいのようです。

  • 地名は『本塩』<br />この辺りは昔は塩田業を営んでいたらしく、その名残で駅では『市川塩浜』、地名では『塩焼』『本塩』が塩田の名残です。

    地名は『本塩』
    この辺りは昔は塩田業を営んでいたらしく、その名残で駅では『市川塩浜』、地名では『塩焼』『本塩』が塩田の名残です。

  • 最後に案内板で見つけた『市川神輿ミュージアム』へ行ってみます。

    最後に案内板で見つけた『市川神輿ミュージアム』へ行ってみます。

  • ここがそう。

    ここがそう。

  • トラックに神輿が積まれています。<br />ここで製造しているみたい。

    トラックに神輿が積まれています。
    ここで製造しているみたい。

  • こちらが『市川神輿ミュージアム』<br />https://www.nihon-kankou.or.jp/chiba/122033/detail/12203ga2232082426

    こちらが『市川神輿ミュージアム』
    https://www.nihon-kankou.or.jp/chiba/122033/detail/12203ga2232082426

  • 開館時間から見れば本日は開館のはずですが、なぜか準備中になってる、<br />

    開館時間から見れば本日は開館のはずですが、なぜか準備中になってる、

  • 仕方がないので外にあった看板でも・・・

    仕方がないので外にあった看板でも・・・

  • 11月に神輿祭りがあるようだ。

    11月に神輿祭りがあるようだ。

  • 東京メトロ妙典駅がゴール。

    東京メトロ妙典駅がゴール。

    妙典駅

  • 帰路に着く前にランチに・・・

    帰路に着く前にランチに・・・

  • 本日は結構歩いたのでお刺し身定食をチョイス!

    本日は結構歩いたのでお刺し身定食をチョイス!

  • 本日の成果、新型コロナ以降、久しぶりに18000歩超え、距離も12km以上歩きました。

    本日の成果、新型コロナ以降、久しぶりに18000歩超え、距離も12km以上歩きました。

79いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP