美浜・三方五湖周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東京ー白骨温泉ー下呂温泉ー【三方五湖ー能登島】ー奥能登ー野尻湖ー東京<br /><br />《2022年》<br />☆7/13東京ー中央道ー長野県白骨温泉【旅館こだま泊】<br />☆7/14白骨温泉ー飛騨高山ー下呂温泉【ホテル冨岳泊】<br />★7/15下呂温泉ー福井県敦賀ー三方五湖【ザグランリゾート三方五湖泊】<br />★7/16三方五湖ーレインボーラインー千里浜なぎさドライブウェイ-能登島【能登島ゲストハウス葉波泊】<br />★7/17能登島ー奥能登【ランプの宿泊】<br />☆7/18穴水町【ランプの宿泊】<br />☆7/19能登ー長野県野尻湖ー新潟県赤倉温泉【ノジリレークリゾート泊】<br />☆7/20長野県野尻湖ー黒姫童話館ー道の駅しなのー埼玉ー東京

夏旅マイカー:三方五湖・能登島

15いいね!

2022/07/15 - 2022/07/17

64位(同エリア177件中)

旅行記グループ 夏旅マイカー2022

0

21

Maasholm

Maasholmさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

東京ー白骨温泉ー下呂温泉ー【三方五湖ー能登島】ー奥能登ー野尻湖ー東京

《2022年》
☆7/13東京ー中央道ー長野県白骨温泉【旅館こだま泊】
☆7/14白骨温泉ー飛騨高山ー下呂温泉【ホテル冨岳泊】
★7/15下呂温泉ー福井県敦賀ー三方五湖【ザグランリゾート三方五湖泊】
★7/16三方五湖ーレインボーラインー千里浜なぎさドライブウェイ-能登島【能登島ゲストハウス葉波泊】
★7/17能登島ー奥能登【ランプの宿泊】
☆7/18穴水町【ランプの宿泊】
☆7/19能登ー長野県野尻湖ー新潟県赤倉温泉【ノジリレークリゾート泊】
☆7/20長野県野尻湖ー黒姫童話館ー道の駅しなのー埼玉ー東京

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 下呂温泉を出発し、福井県敦賀市に行く。<br />今日のお宿は、『ザ グラン リゾート三方五湖』

    下呂温泉を出発し、福井県敦賀市に行く。
    今日のお宿は、『ザ グラン リゾート三方五湖』

    ザ グラン リゾート三方五湖 宿・ホテル

    2名1室合計 13,200円~

    湖畔に佇む静かなリゾートホテル by Maasholmさん
  • 夫の三十年来の友人に会う為に敦賀市に来た。<br />私はランチを一緒にいただいたら、一人ホテルに帰ってきた。<br />市内のホテルではなく、湖畔のこのホテルにして良かった。

    夫の三十年来の友人に会う為に敦賀市に来た。
    私はランチを一緒にいただいたら、一人ホテルに帰ってきた。
    市内のホテルではなく、湖畔のこのホテルにして良かった。

  • 何をそんなに話す事があるのか・・と思うところだが、若い頃の話に花が咲き、帰って来たのは20時を過ぎていた。<br />年齢と共に、旧友に会うのは楽しみの一つとなり、昨日何を食べたのかすぐ忘れるのに、40年前の事は鮮明に覚えているものだ。<br /><br />ホテルに屋外プールが付いていたが、泳げる天気ではなかった。

    何をそんなに話す事があるのか・・と思うところだが、若い頃の話に花が咲き、帰って来たのは20時を過ぎていた。
    年齢と共に、旧友に会うのは楽しみの一つとなり、昨日何を食べたのかすぐ忘れるのに、40年前の事は鮮明に覚えているものだ。

    ホテルに屋外プールが付いていたが、泳げる天気ではなかった。

  • レインボーライン山頂公園にやって来ました。<br />第一駐車場からリフト・ケーブルカーで上った先にある山頂公園は、三方五胡・若狭湾が一望できる360度パノラマビュー。

    レインボーライン山頂公園にやって来ました。
    第一駐車場からリフト・ケーブルカーで上った先にある山頂公園は、三方五胡・若狭湾が一望できる360度パノラマビュー。

  • 三方五湖有料道路通行料は、普通車1060円<br /><br />入園料(リフト・ケーブルカー乗車料込み)<br />大人1000円・小人500円・65才以上800円

    三方五湖有料道路通行料は、普通車1060円

    入園料(リフト・ケーブルカー乗車料込み)
    大人1000円・小人500円・65才以上800円

  • 冬のスキー場ではスムーズにチェアリフトに乗れるのに、夏場のこれはちょっと怖かった。<br />小さいお子さんや、ご高齢の方の為にケーブルカーがあるのは良い。

    冬のスキー場ではスムーズにチェアリフトに乗れるのに、夏場のこれはちょっと怖かった。
    小さいお子さんや、ご高齢の方の為にケーブルカーがあるのは良い。

  • レインボーライン山頂公園にも『恋人の聖地』がありました。<br />香川県エンジェルロード・大分県別府湾サービスエリア・愛知県篠島太一岬キラキラ展望台・長野県諏訪湖サービスエリアに続き五ヶ所目です。

    レインボーライン山頂公園にも『恋人の聖地』がありました。
    香川県エンジェルロード・大分県別府湾サービスエリア・愛知県篠島太一岬キラキラ展望台・長野県諏訪湖サービスエリアに続き五ヶ所目です。

    レインボーライン梅丈岳山頂公園 公園・植物園

  • あえて探している訳ではなく、偶然出くわすのです。<br />ハートが好きな訳でもないのですが、つい「わぁ~ここにもあった!」となるのです。<br />こんなにあるなら、何ヶ所行ったのか記しておく必要がありそうです。

    あえて探している訳ではなく、偶然出くわすのです。
    ハートが好きな訳でもないのですが、つい「わぁ~ここにもあった!」となるのです。
    こんなにあるなら、何ヶ所行ったのか記しておく必要がありそうです。

  • 白い空が残念ですが、スペインのパラドール・デ・オンダビリアからの景色を思い出していました。<br />旅の計画は一応立てますが、どちらかと言うと行き当たりばったり。<br />今回も道路標識で『レインボーライン』を見つけなかったら、この公園には来なかった。<br />ここは、来て良かった。

    白い空が残念ですが、スペインのパラドール・デ・オンダビリアからの景色を思い出していました。
    旅の計画は一応立てますが、どちらかと言うと行き当たりばったり。
    今回も道路標識で『レインボーライン』を見つけなかったら、この公園には来なかった。
    ここは、来て良かった。

  • 山頂の和風カフェ『五湖庵』で「和風はぁとパフェ」と「みたらし団子」をいただく。<br />「映(ば)えるようにね!」なんて、インスタやってる訳じゃないけど、あーでもない・こーでもないと言って撮ってみた。

    山頂の和風カフェ『五湖庵』で「和風はぁとパフェ」と「みたらし団子」をいただく。
    「映(ば)えるようにね!」なんて、インスタやってる訳じゃないけど、あーでもない・こーでもないと言って撮ってみた。

  • 高齢者なので、帰りはケーブルカーに乗って下りて来ました。<br />それにしても、あっという間。<br />もうちょっと長いと良いんだけれど・・。<br />

    高齢者なので、帰りはケーブルカーに乗って下りて来ました。
    それにしても、あっという間。
    もうちょっと長いと良いんだけれど・・。

  • 昨年、能登半島を我が愛車ロードスターでドライブした。<br />その際、なんの情報も無いままに金沢の沿岸を走っていると、千里浜なぎさドライブウェイの看板が!<br /><br />え!なんだ、なんだ?<br />当然のようにステアリングをそちらに切る。<br />するとそこはなんと、ビーチを車で走れるドライブウェイだったのだ!

    昨年、能登半島を我が愛車ロードスターでドライブした。
    その際、なんの情報も無いままに金沢の沿岸を走っていると、千里浜なぎさドライブウェイの看板が!

    え!なんだ、なんだ?
    当然のようにステアリングをそちらに切る。
    するとそこはなんと、ビーチを車で走れるドライブウェイだったのだ!

    千里浜なぎさドライブウェイ 自然・景勝地

  • テレビでビーチを走る車を何度か観たことはあるが、日本にもこんな所があったんだ。<br /><br />ロードスターをオープンにして走る。<br />なんと爽快なことか。<br />青い空、蒼い海、心地よい浜風、間近に感じる波音。<br />まさにロードスターにピッタリなシチュエーション。<br /><br />検索すると、日本で唯一 ビーチを走る事が出来るドライブウェイだったようだ。<br /><br /> (写真は2021年9月)

    テレビでビーチを走る車を何度か観たことはあるが、日本にもこんな所があったんだ。

    ロードスターをオープンにして走る。
    なんと爽快なことか。
    青い空、蒼い海、心地よい浜風、間近に感じる波音。
    まさにロードスターにピッタリなシチュエーション。

    検索すると、日本で唯一 ビーチを走る事が出来るドライブウェイだったようだ。

     (写真は2021年9月)

  • 今年はアテンザワゴンでのドライブであったが、それでも爽快さは変わらず、千里浜なぎさドライブウェイを充分堪能した。<br /><br />それまで曇り空だったのに、ハイウェイを走る間、青空が広がってなんとも気持ち良い時を過ごした。<br /><br />能登半島は、千里浜なぎさハイウェイだけではなく、その街並みも良いのだ。<br />家屋は何処も手入れされ、屋根瓦も統一されている。<br />樹木もデザインされているかのように美しい。<br /><br />ドライブ好きにはたまらないロードが続く。<br />昨年に引き続き2度目の能登半島、やっぱり良いな!<br /><br />又来ます!

    今年はアテンザワゴンでのドライブであったが、それでも爽快さは変わらず、千里浜なぎさドライブウェイを充分堪能した。

    それまで曇り空だったのに、ハイウェイを走る間、青空が広がってなんとも気持ち良い時を過ごした。

    能登半島は、千里浜なぎさハイウェイだけではなく、その街並みも良いのだ。
    家屋は何処も手入れされ、屋根瓦も統一されている。
    樹木もデザインされているかのように美しい。

    ドライブ好きにはたまらないロードが続く。
    昨年に引き続き2度目の能登半島、やっぱり良いな!

    又来ます!

  • 快適なドライブを続けて、能登島に着きました。<br />今日のお宿は『能登島ゲストハウス葉波』

    快適なドライブを続けて、能登島に着きました。
    今日のお宿は『能登島ゲストハウス葉波』

    能登島ゲストハウス 葉波 宿・ホテル

    2名1室合計 11,000円~

    目の前に海が広がる最高のロケーション! by Maasholmさん
  • この後、奥能登『ランプの宿』に泊まる予定で、そこの宿泊代が高額なので、どこかで抑えないといけません。

    この後、奥能登『ランプの宿』に泊まる予定で、そこの宿泊代が高額なので、どこかで抑えないといけません。

  • 朝食付き和室で、トイレ・シャワーは共有です。<br />シニアになって、ゲストハウスって大丈夫?と思いましたが、予想以上に楽しかったです。

    朝食付き和室で、トイレ・シャワーは共有です。
    シニアになって、ゲストハウスって大丈夫?と思いましたが、予想以上に楽しかったです。

  • 何よりこのロケーションに魅力を感じ予約しました。<br />すぐ目の前に広がるオーシャンビュー。<br />私が、ゲストハウスは・・と躊躇してると、「地図見てごらん!絶対ロケーション良いから!」と夫のイチオシだった。

    何よりこのロケーションに魅力を感じ予約しました。
    すぐ目の前に広がるオーシャンビュー。
    私が、ゲストハウスは・・と躊躇してると、「地図見てごらん!絶対ロケーション良いから!」と夫のイチオシだった。

  • 朝食をいただきながら、女将さんとの話も楽しかったけど、何より宿泊している方とも話が出来、彼はこれからサザエを捕りに行くという。<br />用意周到でとても旅慣れてる様子。<br />連泊しているようだ。

    朝食をいただきながら、女将さんとの話も楽しかったけど、何より宿泊している方とも話が出来、彼はこれからサザエを捕りに行くという。
    用意周到でとても旅慣れてる様子。
    連泊しているようだ。

  • 穴水町の岩牡蠣がとても大きくて美味しいと教えてくれた。<br />真牡蠣の2倍の大きさだという。<br />それは楽しみだ。<br /><br />チェコでドミトリーに泊まろうとしたら男女別で、夫とは別の6人部屋に泊まり、貴重品をお腹に巻き付けて、殆ど眠れなかった旅の記憶が甦った。<br />ただ、そんな時も若い女の子と知り合いになり、メールアドレスを交換した。<br /><br />綺麗なシティホテルで何事もなく無事に過ごすのも良いが、こういうハプニング満載の旅の方が私は楽しい。<br />これが出来なくなったら、旅引退という事になるのだろう。<br />

    穴水町の岩牡蠣がとても大きくて美味しいと教えてくれた。
    真牡蠣の2倍の大きさだという。
    それは楽しみだ。

    チェコでドミトリーに泊まろうとしたら男女別で、夫とは別の6人部屋に泊まり、貴重品をお腹に巻き付けて、殆ど眠れなかった旅の記憶が甦った。
    ただ、そんな時も若い女の子と知り合いになり、メールアドレスを交換した。

    綺麗なシティホテルで何事もなく無事に過ごすのも良いが、こういうハプニング満載の旅の方が私は楽しい。
    これが出来なくなったら、旅引退という事になるのだろう。

  • のと里山海道を走り、奥能登に向かいます。<br />今回の夏旅のクライマックスです。<br />能登半島の突端 金剛崎の小さな入江にある『ランプの宿』に宿泊します。<br />予約の取りづらい宿という事で有名で、10ヶ月前に直接電話しました。<br />「どうしても泊まりたい!一生に一度のお願いです!」と拝み倒して予約を入れました。<br />さて、どうだったのでしょうか。<br />(つづく・・)

    のと里山海道を走り、奥能登に向かいます。
    今回の夏旅のクライマックスです。
    能登半島の突端 金剛崎の小さな入江にある『ランプの宿』に宿泊します。
    予約の取りづらい宿という事で有名で、10ヶ月前に直接電話しました。
    「どうしても泊まりたい!一生に一度のお願いです!」と拝み倒して予約を入れました。
    さて、どうだったのでしょうか。
    (つづく・・)

    のと里山海道 名所・史跡

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

美浜・三方五湖周辺の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集