ヌーシャテル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2011年の9月中旬に9泊11日間でイタリアとスイスに行ったときの旅行記です。<br />イタリア&スイス一人旅はイタリアに7泊、スイスに2泊。イタリアはローマに3泊、フィレンツェに3泊しました。それからスイス入る前にミラノに1泊だけしました。スイスのお目当ての所は、ラショードフォンというフランス国境に近い山間にある時計産業の聖地と呼ばれている街。時計好きには楽しみな所です。。<br />旅のコースはフランスのシャルルドゴール空港経由でローマ入り。ローマ、フィレンツェ、ミラノの移動はイタリア自慢のユーロスターイタリアの高速列車。フィレンツェでは近郊の街へショートトリップで出かけてみます。ミラノからは高速列車に乗ってスイスに入り、一気にフランスとの国境近くのラショードフォンまで移動します。帰りはチューリッヒの街歩きを楽しんだ後、ロンドンヒースロー空港経由で日本に戻ってくるという旅程。<br />いつも通りのきままな一人旅。カメラ片手に街歩き、そしてワイングラスを傾けながらの酒とバラの日々(?)を楽しんできました。<br />撮影:ASAHI PENTAX KM, PENTAX-M 28mm F2.8, M 35mm F2.8, M 50mm F2, Kodak EB-3<br />RICOH GR1, Kodak 400TX<br />EXIMUS Wide&amp;Slim, Ferrania Solaris 400

イタリア&スイス一人旅 vol.7 ~ミラノからスイスのラショードフォンへ~

15いいね!

2011/09/17 - 2011/09/27

8位(同エリア28件中)

cg3338さん

2011年の9月中旬に9泊11日間でイタリアとスイスに行ったときの旅行記です。
イタリア&スイス一人旅はイタリアに7泊、スイスに2泊。イタリアはローマに3泊、フィレンツェに3泊しました。それからスイス入る前にミラノに1泊だけしました。スイスのお目当ての所は、ラショードフォンというフランス国境に近い山間にある時計産業の聖地と呼ばれている街。時計好きには楽しみな所です。。
旅のコースはフランスのシャルルドゴール空港経由でローマ入り。ローマ、フィレンツェ、ミラノの移動はイタリア自慢のユーロスターイタリアの高速列車。フィレンツェでは近郊の街へショートトリップで出かけてみます。ミラノからは高速列車に乗ってスイスに入り、一気にフランスとの国境近くのラショードフォンまで移動します。帰りはチューリッヒの街歩きを楽しんだ後、ロンドンヒースロー空港経由で日本に戻ってくるという旅程。
いつも通りのきままな一人旅。カメラ片手に街歩き、そしてワイングラスを傾けながらの酒とバラの日々(?)を楽しんできました。
撮影:ASAHI PENTAX KM, PENTAX-M 28mm F2.8, M 35mm F2.8, M 50mm F2, Kodak EB-3
RICOH GR1, Kodak 400TX
EXIMUS Wide&Slim, Ferrania Solaris 400

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
4.0
同行者
一人旅
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • イタリア&スイス一人旅の8日目になりました。<br />今日はミラノから国境を越えてスイスのラショードフォンまでいきます。ラショードフォンはフランス近くの山間にある時計産業の都市。時計好きにとっては聖地みたいなところです。この旅もいよいよイタリアからスイスに入ります。<br />列車の出発は11時25分。切符は昨日ミラノ駅に着いてすぐ買ってあるので、出発の時間に遅れないように駅に行くだけです。ミラノを発つまでの間、昨日の夜に行ったドゥオーモにもう一度行ってみます。<br />写真は。。朝のミラノの風景です。

    イタリア&スイス一人旅の8日目になりました。
    今日はミラノから国境を越えてスイスのラショードフォンまでいきます。ラショードフォンはフランス近くの山間にある時計産業の都市。時計好きにとっては聖地みたいなところです。この旅もいよいよイタリアからスイスに入ります。
    列車の出発は11時25分。切符は昨日ミラノ駅に着いてすぐ買ってあるので、出発の時間に遅れないように駅に行くだけです。ミラノを発つまでの間、昨日の夜に行ったドゥオーモにもう一度行ってみます。
    写真は。。朝のミラノの風景です。

  • ドゥオーモの前の広場にやってきました。朝日がまぶしいー。

    ドゥオーモの前の広場にやってきました。朝日がまぶしいー。

  • ドゥオーモの内部です。まだ観光客も少なくて静かで荘厳な空間。。

    ドゥオーモの内部です。まだ観光客も少なくて静かで荘厳な空間。。

  • 有名なミラノのガレッリア。1877年に完成したガラス天井のアーケード。<br />世界で一番豪華といわれているアーケード。そうだよね~。

    有名なミラノのガレッリア。1877年に完成したガラス天井のアーケード。
    世界で一番豪華といわれているアーケード。そうだよね~。

  • まだ開いていないお店も多いけれど、とても綺麗に飾り付けがしてあるショーウインドを見て歩きます。

    まだ開いていないお店も多いけれど、とても綺麗に飾り付けがしてあるショーウインドを見て歩きます。

  • アーケードが交差する部分にはご覧の通りドームになっています。これは芸術品としか言えませんねー。

    アーケードが交差する部分にはご覧の通りドームになっています。これは芸術品としか言えませんねー。

  • ガレッリアを抜けたところにあるスカラ座。日本からの団体さんに混じってガイドさんの説明をちゃっかり聞いちゃいます。

    ガレッリアを抜けたところにあるスカラ座。日本からの団体さんに混じってガイドさんの説明をちゃっかり聞いちゃいます。

  • もう一度ガレッリアを抜けてドゥオーモ前の広場に戻ってきました。掃除のおじさんハトを巻き込まないようにー。

    もう一度ガレッリアを抜けてドゥオーモ前の広場に戻ってきました。掃除のおじさんハトを巻き込まないようにー。

  • ドゥオーモとガレッリアを見た後は、あまりゆっくりもできないのでホテルに戻ります。

    ドゥオーモとガレッリアを見た後は、あまりゆっくりもできないのでホテルに戻ります。

  • ミラノ中央駅です。あまりに立派過ぎて駅とは思えないほどだね。

    ミラノ中央駅です。あまりに立派過ぎて駅とは思えないほどだね。

  • 一番端のホームからスイスのバーゼル行きの国際列車に乗ります。

    一番端のホームからスイスのバーゼル行きの国際列車に乗ります。

  • 列車はゆっくりとミラノの街から遠ざかって行きます。もう少しゆっくりとミラノを見たかったな~。。

    列車はゆっくりとミラノの街から遠ざかって行きます。もう少しゆっくりとミラノを見たかったな~。。

  • 列車はイタリア北部の湖水地方を通りスイス国境へと向かいます。<br />車窓から見えているのはマッジョレー湖の景色。。

    列車はイタリア北部の湖水地方を通りスイス国境へと向かいます。
    車窓から見えているのはマッジョレー湖の景色。。

  • だんだんとアルプスの険しい山が迫ってきます。

    だんだんとアルプスの険しい山が迫ってきます。

  • ここがイタリア側の最後の駅ドモドッソラ。

    ここがイタリア側の最後の駅ドモドッソラ。

  • いよいよスイス国境に近づいてきました。スイス側へは1906年に開通したシンプロントンネルで通じています。

    いよいよスイス国境に近づいてきました。スイス側へは1906年に開通したシンプロントンネルで通じています。

  • ブリーグという駅です。シンプロントンネルを9分かけてスイス側にやってきました。スイス側はカラッと晴れたいい天気。

    ブリーグという駅です。シンプロントンネルを9分かけてスイス側にやってきました。スイス側はカラッと晴れたいい天気。

  • 川を渡り草原を走り列車は進みます。

    川を渡り草原を走り列車は進みます。

  • いかにもスイスらしい車窓の眺め。\(^o^)/

    いかにもスイスらしい車窓の眺め。\(^o^)/

  • 車窓から見えているトゥーン湖を過ぎるとスイスの首都ベルンはもうすぐです。ベルンで列車を乗り換えます。

    車窓から見えているトゥーン湖を過ぎるとスイスの首都ベルンはもうすぐです。ベルンで列車を乗り換えます。

  • もうすぐベルン駅。遠くに尖塔が見えるところがベルンの旧市街地。3年ぶりに見た景色。なんとなく懐かしい感じ。。

    もうすぐベルン駅。遠くに尖塔が見えるところがベルンの旧市街地。3年ぶりに見た景色。なんとなく懐かしい感じ。。

  • ベルン駅です。ここでヌーシャテル行きの列車に乗換えます。

    ベルン駅です。ここでヌーシャテル行きの列車に乗換えます。

  • ヌーシャテル行きの二階建て列車の一等車です。二階はガラガラの完全独り占め状態。。

    ヌーシャテル行きの二階建て列車の一等車です。二階はガラガラの完全独り占め状態。。

  • 途中のビール/ビエンヌ駅で降りて列車を乗り換えます。

    途中のビール/ビエンヌ駅で降りて列車を乗り換えます。

  • ビール/ビエンヌ駅です。ここはドイツ語圏とフランス語圏の境界線に位置する街。二カ国語を併用することが決められています。必ず二カ国語併用だなんて少しめんどくさそう。

    ビール/ビエンヌ駅です。ここはドイツ語圏とフランス語圏の境界線に位置する街。二カ国語を併用することが決められています。必ず二カ国語併用だなんて少しめんどくさそう。

  • 最終目的地ラショードフォン行きの列車に乗り換えます。

    最終目的地ラショードフォン行きの列車に乗り換えます。

  • ビール/ビエンヌ駅を出発すると列車は街を回りこんだように大きく曲がり高度を上げて行きます。

    ビール/ビエンヌ駅を出発すると列車は街を回りこんだように大きく曲がり高度を上げて行きます。

  • ジュラ山脈の麓に沿って続く渓谷地帯を列車は進みます。

    ジュラ山脈の麓に沿って続く渓谷地帯を列車は進みます。

  • 列車からの景色。。<br />自然豊かな景色はずーと見てても飽きることがありません。

    列車からの景色。。
    自然豊かな景色はずーと見てても飽きることがありません。

  • グライダーの滑走場だー。

    グライダーの滑走場だー。

  • もうすぐラショードフォンに到着です。

    もうすぐラショードフォンに到着です。

  • ミラノを発って5時間。。<br />列車を3本を乗り継いで時計の聖地ラショードフォンにとうとうやって来ました。

    ミラノを発って5時間。。
    列車を3本を乗り継いで時計の聖地ラショードフォンにとうとうやって来ました。

  • ガイドブックによると。。ラショードフォンはフランスとの国境となっているジュラ山脈の南麓にある時計産業の中心地として発展してきた街。スイスのフランス語圏で3位の人口規模。18世紀の大火事の後、計画都市として碁盤目状の美しい街並に再建されました。いろいろな時計メーカーの本社があるとともに、世界最大規模の時計の博物館である国際時計博物館があります。ラショードフォンは隣接するルロックルとともに「時計産業の都市」として2009年にユネスコの世界遺産に登録された。。<br />お目当ての国際時計博物館は明日ゆっくり見学します。まだ日が暮れるまで少し時間があるので街歩きに出かけます。写真はラショードフォンの駅舎です。

    ガイドブックによると。。ラショードフォンはフランスとの国境となっているジュラ山脈の南麓にある時計産業の中心地として発展してきた街。スイスのフランス語圏で3位の人口規模。18世紀の大火事の後、計画都市として碁盤目状の美しい街並に再建されました。いろいろな時計メーカーの本社があるとともに、世界最大規模の時計の博物館である国際時計博物館があります。ラショードフォンは隣接するルロックルとともに「時計産業の都市」として2009年にユネスコの世界遺産に登録された。。
    お目当ての国際時計博物館は明日ゆっくり見学します。まだ日が暮れるまで少し時間があるので街歩きに出かけます。写真はラショードフォンの駅舎です。

  • 駅前の風景です。やはり見慣れたイタリアの街とは雰囲気が違います。

    駅前の風景です。やはり見慣れたイタリアの街とは雰囲気が違います。

  • ホテルは駅から歩いて5分程度。地図を広げてホテル目指して歩き出します。

    ホテルは駅から歩いて5分程度。地図を広げてホテル目指して歩き出します。

  • ホテルを探しいてたらアンティークの時計屋さんを見つけました。<br />古い工作機械やポスター等どれも興味を惹く物ばかり。どうやら今日は閉まっているみたい。

    ホテルを探しいてたらアンティークの時計屋さんを見つけました。
    古い工作機械やポスター等どれも興味を惹く物ばかり。どうやら今日は閉まっているみたい。

  • 左の通りはジャケドローという名前。1700年代に活躍した天才時計師の名前が冠されている。さすがは時計の聖地だけあります。

    左の通りはジャケドローという名前。1700年代に活躍した天才時計師の名前が冠されている。さすがは時計の聖地だけあります。

  • 少し行き過ぎてしまったので引き返してようやくホテルに到着です。

    少し行き過ぎてしまったので引き返してようやくホテルに到着です。

  • ホテルの受付の壁には年代物の掛け時計。とっても可愛い時計。さすがだねー。

    ホテルの受付の壁には年代物の掛け時計。とっても可愛い時計。さすがだねー。

  • 階段の吹き抜けもいい感じです。

    階段の吹き抜けもいい感じです。

  • 部屋も雰囲気のいい角部屋でした。やわらかい木漏れ日が差し込む部屋。

    部屋も雰囲気のいい角部屋でした。やわらかい木漏れ日が差し込む部屋。

  • ホテルの回りを少し街歩きしてみます。<br />ホテルの前はラショードフォンの目抜き通りとなっています。<br />一番手前の建物がホテル。。

    ホテルの回りを少し街歩きしてみます。
    ホテルの前はラショードフォンの目抜き通りとなっています。
    一番手前の建物がホテル。。

  • 先ほどの時計屋さんの向かいにもアンティークの時計屋さんを見つけました。早速入ってみます。

    先ほどの時計屋さんの向かいにもアンティークの時計屋さんを見つけました。早速入ってみます。

  • 置時計が中心のお店です。お店のご主人はとても気さくなおじさんでした。他にはオーストリアから来たという女性客が2人。

    置時計が中心のお店です。お店のご主人はとても気さくなおじさんでした。他にはオーストリアから来たという女性客が2人。

  • 腕時計は少ないですが気になる物を発見しました。

    腕時計は少ないですが気になる物を発見しました。

  • 月と曜日が小窓に表示されて日付は針で示すようになっています。おまけに月齢表示付き。とても気になるなー。

    月と曜日が小窓に表示されて日付は針で示すようになっています。おまけに月齢表示付き。とても気になるなー。

  • 古い時計の文字盤やら部品が詰まっている引き出しも見せてもらいました。

    古い時計の文字盤やら部品が詰まっている引き出しも見せてもらいました。

  • 目抜き通りで見つけたポストのようなもの。

    目抜き通りで見つけたポストのようなもの。

  • 近くでよーく見ると気圧や温度や湿度で天気を予測するような装置のようです。

    近くでよーく見ると気圧や温度や湿度で天気を予測するような装置のようです。

  • さすが時計の聖地だねー。

    さすが時計の聖地だねー。

  • カスタムハーレーを停めて話に夢中のお兄さん。

    カスタムハーレーを停めて話に夢中のお兄さん。

  • 100%カスタムされたハーレー。素晴らしい輝き。<br />ちょっと見せてもらいました。その後お兄さんは颯爽とどこかへ走り去って行きました。

    100%カスタムされたハーレー。素晴らしい輝き。
    ちょっと見せてもらいました。その後お兄さんは颯爽とどこかへ走り去って行きました。

  • 駅のほうに歩いています。メインストリートから一歩入ると山に向かって傾斜が続きます。

    駅のほうに歩いています。メインストリートから一歩入ると山に向かって傾斜が続きます。

  • 晩ご飯を食べるところがなかなか見つからなかったので、駅の中の店で簡単に済ませてしまいました。やはり食べるものはイタリアがよかったなーという印象。。<br />明日は午前中が時計博物館、午後はラショードフォンの街歩きの続きを楽しみます。<br /><br />イタリア&スイス一人旅 vol.8 ~ラショードフォン街歩き~ に続きます。

    晩ご飯を食べるところがなかなか見つからなかったので、駅の中の店で簡単に済ませてしまいました。やはり食べるものはイタリアがよかったなーという印象。。
    明日は午前中が時計博物館、午後はラショードフォンの街歩きの続きを楽しみます。

    イタリア&スイス一人旅 vol.8 ~ラショードフォン街歩き~ に続きます。

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集