立山黒部旅行記(ブログ) 一覧に戻る
黒部の太陽を見て以来、黒部ダムの凄さを知りたいと頭の隅に蓄えておりました。<br />たまたま新聞チラシにそのツアーが載っておりそれを見た主人が「行こうか。」と提案してくれて申込んでくれました。<br /><br />コロナウィルスでまだまだ外出は気をつけておかなければならないなかGoToトラベルの恩恵を受けて、団体ツアーで「立山黒部アルペンルート」に行ってきました。<br />ツアーだとそれぞれの滞在時間は限られますが、新型コロナ感染予防のことまた、飛行機利用では福岡空港発着で博多まで行かねばなりませんが、このツアーは新幹線利用のため小倉駅から乗車でき、立山黒部アルペンルートを長野側から富山側へ通り抜けるという便利さに、新聞のチラシに誘われて感染予防を心掛け、楽チンに行ってきました。<br />紅葉と雪の立山、3日間とも天候に恵まれ、黒部峡谷ではきれいな紅葉を眺めながらトロッコ列車に乗り久しぶりに旅行を楽しみました。<br /><br />1日目 小倉駅 ―〔新幹線のぞみ12号〕― 名古屋駅 〔バス〕―― 御射鹿池 ―― 松本泊<br />2日目 松本 ―― 扇沢 ―― 黒四ダム ―― 黒部平 ―― 大観峰 ―― 室堂 ―― 美女平 ―― 立山駅 ―― 魚津泊<br />3日目 魚津 ―― 宇奈月温泉 ―〔黒部峡谷トロッコ電車〕― 鐘釣 ―― 宇奈月温泉 ―― 金沢駅 ―<br />  〔サンダーバード34号〕― 新大阪 ―〔のぞみ49号〕― 小倉駅    <br />立山黒部に関するガイドブックが見当たらず、ブラタモリの「黒部ダム・立山」を図書館で借りて情報収集をしました。<br /><br />ひびき56の二号

日本って凄い!「秋色と雪の立山黒部アルペンルート&黒部峡谷」 【2日目】

74いいね!

2020/10/30 - 2020/11/01

79位(同エリア1600件中)

0

45

ひびき56

ひびき56さん

黒部の太陽を見て以来、黒部ダムの凄さを知りたいと頭の隅に蓄えておりました。
たまたま新聞チラシにそのツアーが載っておりそれを見た主人が「行こうか。」と提案してくれて申込んでくれました。

コロナウィルスでまだまだ外出は気をつけておかなければならないなかGoToトラベルの恩恵を受けて、団体ツアーで「立山黒部アルペンルート」に行ってきました。
ツアーだとそれぞれの滞在時間は限られますが、新型コロナ感染予防のことまた、飛行機利用では福岡空港発着で博多まで行かねばなりませんが、このツアーは新幹線利用のため小倉駅から乗車でき、立山黒部アルペンルートを長野側から富山側へ通り抜けるという便利さに、新聞のチラシに誘われて感染予防を心掛け、楽チンに行ってきました。
紅葉と雪の立山、3日間とも天候に恵まれ、黒部峡谷ではきれいな紅葉を眺めながらトロッコ列車に乗り久しぶりに旅行を楽しみました。

1日目 小倉駅 ―〔新幹線のぞみ12号〕― 名古屋駅 〔バス〕―― 御射鹿池 ―― 松本泊
2日目 松本 ―― 扇沢 ―― 黒四ダム ―― 黒部平 ―― 大観峰 ―― 室堂 ―― 美女平 ―― 立山駅 ―― 魚津泊
3日目 魚津 ―― 宇奈月温泉 ―〔黒部峡谷トロッコ電車〕― 鐘釣 ―― 宇奈月温泉 ―― 金沢駅 ―
  〔サンダーバード34号〕― 新大阪 ―〔のぞみ49号〕― 小倉駅    
立山黒部に関するガイドブックが見当たらず、ブラタモリの「黒部ダム・立山」を図書館で借りて情報収集をしました。

ひびき56の二号

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
3.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
観光バス 新幹線
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
クラブツーリズム

PR

  • 今日は「立山黒部アルペンルート」を長野県側の扇沢から富山県の立山駅へ向かい,<br />魚津のホテルに宿泊です。<br /><br />松本の朝は野焼きかと思うくらいの霧が発生しているようです。

    今日は「立山黒部アルペンルート」を長野県側の扇沢から富山県の立山駅へ向かい,
    魚津のホテルに宿泊です。

    松本の朝は野焼きかと思うくらいの霧が発生しているようです。

  • 遠くに雪の北アルプス

    遠くに雪の北アルプス

  • 扇沢(標高1,433m)から出発

    扇沢(標高1,433m)から出発

    関電トンネル電気バス 乗り物

  • 扇沢の紅葉。九州とは違ったきれいな紅葉です。

    扇沢の紅葉。九州とは違ったきれいな紅葉です。

  • 扇沢の紅葉

    扇沢の紅葉

  • 左の扇沢から右の立山駅へ<br />料金表 扇沢→立山駅まで 片道9,820円<br /><br />子供連れの家族も多くいました。

    左の扇沢から右の立山駅へ
    料金表 扇沢→立山駅まで 片道9,820円

    子供連れの家族も多くいました。

  • 黒部ダムは関西電力のダムです。<br />10時30分発の関電トンネル電気バスで黒部ダムへ。トロリーバスではなく電気を蓄電するバスでした。(6.1㎞:16分)<br />

    黒部ダムは関西電力のダムです。
    10時30分発の関電トンネル電気バスで黒部ダムへ。トロリーバスではなく電気を蓄電するバスでした。(6.1㎞:16分)

  • 関電トンネルを黒部ダムへ向かう電気バス。<br /><br />関電トンネルの途中に「破砕帯」と表示されている場所があり、トンネル掘削時に岩盤が崩れ土砂と地下水が噴出し最大の難関だったそうです。<br />大町側から1,690mの地点で破砕帯にぶつかり、約80mの破砕帯に7ヵ月も費やし見事突破できたとのこと。<br />今も破砕帯では大量の地下水が湧き出ているそうです。<br /><br />石原裕次郎と三船敏郎が主演の「黒部の太陽」は黒部ダム建設のためのこのトンネル工事の苦難を描いた映画です。機会があれば是非ご覧いただきたい映画です。<br />今は電気が身近にあって当たり前ですが、戦後の経済成長に必要な電力確保のための黒部ダム建設までの苦労や努力を知ると電気を無駄にできないと感じます。

    関電トンネルを黒部ダムへ向かう電気バス。

    関電トンネルの途中に「破砕帯」と表示されている場所があり、トンネル掘削時に岩盤が崩れ土砂と地下水が噴出し最大の難関だったそうです。
    大町側から1,690mの地点で破砕帯にぶつかり、約80mの破砕帯に7ヵ月も費やし見事突破できたとのこと。
    今も破砕帯では大量の地下水が湧き出ているそうです。

    石原裕次郎と三船敏郎が主演の「黒部の太陽」は黒部ダム建設のためのこのトンネル工事の苦難を描いた映画です。機会があれば是非ご覧いただきたい映画です。
    今は電気が身近にあって当たり前ですが、戦後の経済成長に必要な電力確保のための黒部ダム建設までの苦労や努力を知ると電気を無駄にできないと感じます。

  • 「黒部第四ダム」 壮大です。<br /><br />黒部ダム駅からダム展望台まで220段の階段を途中ヘロヘロになりやっと展望台に到着。<br />巨大なダムや周りの山々を眺められたときは、来てよかったと感激しました。<br />放水の期間は10月15日で終わっているとの情報でしたが、幸運にも今日は緊急放流をしておりました。

    「黒部第四ダム」 壮大です。

    黒部ダム駅からダム展望台まで220段の階段を途中ヘロヘロになりやっと展望台に到着。
    巨大なダムや周りの山々を眺められたときは、来てよかったと感激しました。
    放水の期間は10月15日で終わっているとの情報でしたが、幸運にも今日は緊急放流をしておりました。

    黒部ダム 新展望広場 レインボーテラス 名所・史跡

  • ダム堰堤の側に「殉職者慰霊碑」があります。慰霊碑をきれいに掃除されている方々がおられました。<br /><br />昭和31年6月(1956年)に着工し、昭和33年2月関電トンネル開通。<br />昭和38年6月(1963年)竣工しました。<br />7年間を経て完成しましたが、171名もの方々が犠牲になりました。

    ダム堰堤の側に「殉職者慰霊碑」があります。慰霊碑をきれいに掃除されている方々がおられました。

    昭和31年6月(1956年)に着工し、昭和33年2月関電トンネル開通。
    昭和38年6月(1963年)竣工しました。
    7年間を経て完成しましたが、171名もの方々が犠牲になりました。

  • ダム堰堤(1,470m)と立山<br /><br />ダムの観光は11月30日までです。<br />「関電トンネル破砕帯見学ツアー」や「黒部ダム河床トレッキング」「黒部ダムナイトツアー」など公募抽選制で黒部ダムイベントが行われています。

    ダム堰堤(1,470m)と立山

    ダムの観光は11月30日までです。
    「関電トンネル破砕帯見学ツアー」や「黒部ダム河床トレッキング」「黒部ダムナイトツアー」など公募抽選制で黒部ダムイベントが行われています。

  • 黒部ダム堰堤。<br /><br />黒部ダムのパンフレットによると<br />黒部ダムはアーチ式ドーム型で両岸のウイングダムが水圧を受け止めているとのことです。<br />堰堤の高さは186m、堰堤の長さは492m、観光放水は毎秒10t以上。<br /><br />ブラタモリによると<br />アーチ式ダムではアーチが両岸にくっついているけど、黒部ダムは途中で「く」の字に曲がっています。両岸の向こう側には沢と谷があり、アーチを両岸にくっつけると両岸が力を受け止めきれないため、「く」の字になった両肩部分を重力式の造りにしています。<br />黒部ダムはアーチ式と重力式を合体させた独特な形をしているそうです。<br /><br />ブラタモリで勉強になったーーー。<br /><br />あ!ダムカードを頂くのを忘れた。

    黒部ダム堰堤。

    黒部ダムのパンフレットによると
    黒部ダムはアーチ式ドーム型で両岸のウイングダムが水圧を受け止めているとのことです。
    堰堤の高さは186m、堰堤の長さは492m、観光放水は毎秒10t以上。

    ブラタモリによると
    アーチ式ダムではアーチが両岸にくっついているけど、黒部ダムは途中で「く」の字に曲がっています。両岸の向こう側には沢と谷があり、アーチを両岸にくっつけると両岸が力を受け止めきれないため、「く」の字になった両肩部分を重力式の造りにしています。
    黒部ダムはアーチ式と重力式を合体させた独特な形をしているそうです。

    ブラタモリで勉強になったーーー。

    あ!ダムカードを頂くのを忘れた。

    黒部ダム(富山県立山町) 名所・史跡

  • 黒部川への放水による虹。遠くに見える雪山は白馬岳だそうです。

    黒部川への放水による虹。遠くに見える雪山は白馬岳だそうです。

    黒部ダム観光放水~ダイナミックな放水と大自然のパノラマ~ 祭り・イベント

  • 黒部湖駅

    黒部湖駅

  • 黒部ケーブルカーで黒部平へ(0.8㎞:5分)

    黒部ケーブルカーで黒部平へ(0.8㎞:5分)

  • 黒部平(1,828m)

    黒部平(1,828m)

    黒部平 自然・景勝地

  • 黒部平からの景色。山々に囲まれ、青空で澄んだ空気に気持ちが良いです。

    黒部平からの景色。山々に囲まれ、青空で澄んだ空気に気持ちが良いです。

  • 黒部平で昼食の弁当を食べます。<br />快晴で気持ちよくアルプスの山々を眺めながら、ちらし寿司の弁当をいただきました。美味しくてボリュームがありました。

    黒部平で昼食の弁当を食べます。
    快晴で気持ちよくアルプスの山々を眺めながら、ちらし寿司の弁当をいただきました。美味しくてボリュームがありました。

  • 立山ロープウェイで黒部平から大観峰へ(1.7㎞:7分)

    立山ロープウェイで黒部平から大観峰へ(1.7㎞:7分)

  • ロープウェイからの黒部湖とアルプスの山々。見晴らしがいいです。

    ロープウェイからの黒部湖とアルプスの山々。見晴らしがいいです。

  • アルペンルートの案内板

    アルペンルートの案内板

  • 大観峰(2,316m)から13時15分の立山トンネルトロリーバスで室堂へ(3.7㎞:10分)

    大観峰(2,316m)から13時15分の立山トンネルトロリーバスで室堂へ(3.7㎞:10分)

    大観峰 (大観峰展望台) 名所・史跡

  • トロリーバス。立山トンネルは立山の主峰、雄山の直下を貫通しており、トロリーバスが大観峰と室堂の間を結んでいます。

    トロリーバス。立山トンネルは立山の主峰、雄山の直下を貫通しており、トロリーバスが大観峰と室堂の間を結んでいます。

  • 室堂に到着。トンネルから地上に出ると一面雪の銀世界にビックリ!<br />室堂ターミナルを出たところに「立山玉殿の清水」という湧き水がありました。一面の雪ですが、清水はそれほど冷たさを感じず美味しい水でした。<br />

    室堂に到着。トンネルから地上に出ると一面雪の銀世界にビックリ!
    室堂ターミナルを出たところに「立山玉殿の清水」という湧き水がありました。一面の雪ですが、清水はそれほど冷たさを感じず美味しい水でした。

    立山玉殿湧水 自然・景勝地

  • 室堂平(2,450m) <br />立山連峰です。右が主峰の雄山(3,003m)。山頂の山小屋の左に雄山神社が祀られています。

    室堂平(2,450m) 
    立山連峰です。右が主峰の雄山(3,003m)。山頂の山小屋の左に雄山神社が祀られています。

  • 黒部平の案内板と立山

    黒部平の案内板と立山

  • ミクリガ池

    ミクリガ池

  • 立山室堂山荘と立山

    立山室堂山荘と立山

  • 室堂平

    室堂平

  • 中部山岳国立公園 立山の石碑

    中部山岳国立公園 立山の石碑

  • 雄山神社の旧社殿が室堂ターミナルの2階に保存展示されています。<br />1860年に加賀藩が造営し135年余り立山の厳しい気候に耐えてきたとのことです。<br /><br />135年余りも3,000mの山頂での気象にさらされていたとは思えないくらいしっかりとした旧社殿です。

    雄山神社の旧社殿が室堂ターミナルの2階に保存展示されています。
    1860年に加賀藩が造営し135年余り立山の厳しい気候に耐えてきたとのことです。

    135年余りも3,000mの山頂での気象にさらされていたとは思えないくらいしっかりとした旧社殿です。

  • 雄山神社峰本社旧社殿御再建棟札

    雄山神社峰本社旧社殿御再建棟札

  • 「雄山神社峰本社旧社殿」の説明書きです。<br />立山は古くから日本三霊山の一つとして崇められ修業の場でした。<br />雄山神社の峰本社には「伊邪那岐尊(阿弥陀如来)と天手力尊(不動明王)の二つの神が祀られています。<br />総欅造りの総重量7tにもなる頑丈な建物で、135年余りの間立山の厳しい気候に耐えてきたそうです。<br /><br />この峰本社旧社殿は平成8年に再建されたのを機に解体され、平成25年7月1日復元されたそうです。<br />

    「雄山神社峰本社旧社殿」の説明書きです。
    立山は古くから日本三霊山の一つとして崇められ修業の場でした。
    雄山神社の峰本社には「伊邪那岐尊(阿弥陀如来)と天手力尊(不動明王)の二つの神が祀られています。
    総欅造りの総重量7tにもなる頑丈な建物で、135年余りの間立山の厳しい気候に耐えてきたそうです。

    この峰本社旧社殿は平成8年に再建されたのを機に解体され、平成25年7月1日復元されたそうです。

  • 室堂ターミナルの立山高原バス乗り場に集合。しかし、ツアー参加者の方が雪で転び骨折されたとのことで、手当などが終わるまでここで待機です。<br />骨折された方は魚津まで一緒に行き入院されたとのことです。治療の後、無事に自宅に帰られたことと思います。<br />

    室堂ターミナルの立山高原バス乗り場に集合。しかし、ツアー参加者の方が雪で転び骨折されたとのことで、手当などが終わるまでここで待機です。
    骨折された方は魚津まで一緒に行き入院されたとのことです。治療の後、無事に自宅に帰られたことと思います。

  • 室堂ターミナルからの立山

    室堂ターミナルからの立山

  • 立山高原バスで美女平へ向かいます。(23㎞:50分)<br />立山連山ともお別れ。

    立山高原バスで美女平へ向かいます。(23㎞:50分)
    立山連山ともお別れ。

  • 大日岳(2,501m)と奥大日岳(2,611m)

    大日岳(2,501m)と奥大日岳(2,611m)

  • 弥陀ヶ原を下ります。

    弥陀ヶ原を下ります。

  • 称名滝も綺麗に見えました。

    称名滝も綺麗に見えました。

    称名滝 自然・景勝地

  • 「千洞スギ」幹回り940㎝、高さ21mあり「森の巨人たち100選」の立山スギの巨木です。

    「千洞スギ」幹回り940㎝、高さ21mあり「森の巨人たち100選」の立山スギの巨木です。

  • 美女平(977m)に到着し、16時30分発の立山ケーブルカーで立山駅へ(1.3㎞:7分)

    美女平(977m)に到着し、16時30分発の立山ケーブルカーで立山駅へ(1.3㎞:7分)

  • 立山駅(475m)に到着。日も暮れ薄暗くなっていました。<br />迎えの観光バスで今夜のホテルのある魚津へ向かいます。<br /><br />我々が扇沢で下車しアルペンルートを楽しんでいる間、観光バスは大町市から日本海側の糸魚川→立山町→立山駅と走行して迎えに来ていただいたそうです。

    立山駅(475m)に到着。日も暮れ薄暗くなっていました。
    迎えの観光バスで今夜のホテルのある魚津へ向かいます。

    我々が扇沢で下車しアルペンルートを楽しんでいる間、観光バスは大町市から日本海側の糸魚川→立山町→立山駅と走行して迎えに来ていただいたそうです。

  • 立山駅

    立山駅

    立山駅

  • 魚津のホテル「マンテンホテル」。<br />部屋はシングルのコネクティングルーム。ツインのように使えるし、トイレや浴室は各部屋にあるので便利でした。<br />大浴場もあり体が温まります。<br /><br />夜食として朝食会場で「中華そば」が振舞われました。美味しかったです。<br />朝食は和・洋食を選べ、小鉢も数多くあり美味しくいただきました。

    魚津のホテル「マンテンホテル」。
    部屋はシングルのコネクティングルーム。ツインのように使えるし、トイレや浴室は各部屋にあるので便利でした。
    大浴場もあり体が温まります。

    夜食として朝食会場で「中華そば」が振舞われました。美味しかったです。
    朝食は和・洋食を選べ、小鉢も数多くあり美味しくいただきました。

    魚津マンテンホテル駅前 宿・ホテル

    大浴場もあり by ひびき56さん
  • 魚津では寿司の夕食と考えていましたが、どこも満席でホテル近くのおしゃれな居酒屋さん「三三五五」で夕食。<br />タコ飯です。<br /><br />明日は黒部峡谷でトロッコ電車。

    魚津では寿司の夕食と考えていましたが、どこも満席でホテル近くのおしゃれな居酒屋さん「三三五五」で夕食。
    タコ飯です。

    明日は黒部峡谷でトロッコ電車。

    三三五五 魚津店 グルメ・レストラン

74いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集