フナフティ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
9/21	東京(1900)~NZ90~		機内<br />9/22	~オークランド(900/1030)~ナンディ(1330)		GATE 8 <br />9/23	ナンディ		                                                GATE 8<br />9/24	ナンディ(500)~FJ231~タラワ(800)	Fema Logde<br />9/25	タラワ	                                	Fema Logde<br />9/26	タラワ(1145)~ON005~ナウル(1300)	Od-n Aiwo Hotel<br />9/27	ナウル	  	                                Od-n Aiwo Hotel<br />9/28	ナウル(島一周)	                	Od-n Aiwo Hotel<br />9/29	ナウル	                                    	Od-n Aiwo Hotel<br />9/30	ナウル	                                     	Od-n Aiwo Hotel<br />10/1	ナウル(815)~ON003~ナンディ(1115) Downtown BP<br />10/2	ナンディ(630)~スバ(700/920)~フナフティ(1140)Vailuatai Lodge<br />10/3	フナフティ	                                             	Vailuatai Lodge<br />10/4	フナフティ(1225)~スバ(1445)  TRAVEL INN  <br />10/5	スバ~ナンディ	             	Chang Motel<br />10/6	ナンディ(820)~IE709~ホニアラ(1020) Bulaia Backpackers<br />10/7	ホニアラ(戦争の記憶)		         Rock Heven Inn<br />10/8	ホニアラ		                                 Rock Heven Inn<br />10/9	ホニアラ(1200)~ポートビラ(1355)        City Motel<br />10/10	ポートビラ(700)~タンナ(800)      TREE TOP LODGE<br />10/11	タンナ		                         TREE TOP LODGE<br />10/12	タンナ(1620)~ポートビラ(1700)   City Lodge <br />10/13	ポートビラ(1330)~FJ260~ナンディ(1630) Sea Breeze Hotel<br />10/14	ナンディ(1445)~オークランド(1845)	Traveller&#39;s International<br />10/15	オークランド(940)~東京(1650)

2012年 南太平洋の独立国-E(ツバル編) /フナフティ

6いいね!

2012/10/02 - 2012/10/04

9位(同エリア9件中)

旅行記グループ 2012年 南太平洋の独立国

2

51

まさとし

まさとしさん

9/21 東京(1900)~NZ90~ 機内
9/22 ~オークランド(900/1030)~ナンディ(1330) GATE 8
9/23 ナンディ GATE 8
9/24 ナンディ(500)~FJ231~タラワ(800) Fema Logde
9/25 タラワ Fema Logde
9/26 タラワ(1145)~ON005~ナウル(1300) Od-n Aiwo Hotel
9/27 ナウル Od-n Aiwo Hotel
9/28 ナウル(島一周) Od-n Aiwo Hotel
9/29 ナウル Od-n Aiwo Hotel
9/30 ナウル Od-n Aiwo Hotel
10/1 ナウル(815)~ON003~ナンディ(1115) Downtown BP
10/2 ナンディ(630)~スバ(700/920)~フナフティ(1140)Vailuatai Lodge
10/3 フナフティ Vailuatai Lodge
10/4 フナフティ(1225)~スバ(1445) TRAVEL INN
10/5 スバ~ナンディ Chang Motel
10/6 ナンディ(820)~IE709~ホニアラ(1020) Bulaia Backpackers
10/7 ホニアラ(戦争の記憶) Rock Heven Inn
10/8 ホニアラ Rock Heven Inn
10/9 ホニアラ(1200)~ポートビラ(1355) City Motel
10/10 ポートビラ(700)~タンナ(800) TREE TOP LODGE
10/11 タンナ TREE TOP LODGE
10/12 タンナ(1620)~ポートビラ(1700) City Lodge
10/13 ポートビラ(1330)~FJ260~ナンディ(1630) Sea Breeze Hotel
10/14 ナンディ(1445)~オークランド(1845) Traveller's International
10/15 オークランド(940)~東京(1650)

PR

  • ツバルへはフィジーからしかフライトがなく、ナンディではなく島の裏側にある首都スバから週2本飛んでいる。なので明日はナンディから空路で一度スバに飛ぶことになる。そしてスバからツバルを往復することになる。

    ツバルへはフィジーからしかフライトがなく、ナンディではなく島の裏側にある首都スバから週2本飛んでいる。なので明日はナンディから空路で一度スバに飛ぶことになる。そしてスバからツバルを往復することになる。

  • 30分でナンディと正反対に位置する首都スバに着陸。<br />正式名称はナイソウ空港という。平屋の殺風景な空港だ。国際線はフナフティ以外にも飛んでいるようだが、プロペラ機専用の空港らしい。<br /><br />プロペラに乗っているとカリブ海のLIAT航空を思い出す。しかしなぜツバルへナンディから飛ばさないのか不思議だ。おかげでスバに来るきっかけとなったので悪くはないのだが。<br /><br /> ツバルの首都フナフティまではタラワ(キリバス)の半分くらいの距離だが、プロペラ機なので2時間20分かかる。ちなみにタラワまでは所要3時間だった。同じくATR42を利用する。

    30分でナンディと正反対に位置する首都スバに着陸。
    正式名称はナイソウ空港という。平屋の殺風景な空港だ。国際線はフナフティ以外にも飛んでいるようだが、プロペラ機専用の空港らしい。

    プロペラに乗っているとカリブ海のLIAT航空を思い出す。しかしなぜツバルへナンディから飛ばさないのか不思議だ。おかげでスバに来るきっかけとなったので悪くはないのだが。

     ツバルの首都フナフティまではタラワ(キリバス)の半分くらいの距離だが、プロペラ機なので2時間20分かかる。ちなみにタラワまでは所要3時間だった。同じくATR42を利用する。

  • 機内食はサンドウィッチ。

    機内食はサンドウィッチ。

  • フナフティ環礁を眼下に見ながら着陸態勢に入った。

    フナフティ環礁を眼下に見ながら着陸態勢に入った。

  • フナフティの環礁は小さく細い。道路一本に簡素の家屋が並ぶ。

    フナフティの環礁は小さく細い。道路一本に簡素の家屋が並ぶ。

  • フナフティの空港ターミナル。<br /><br />小さい。プロペラ機しか来ないのでキリバスのタラワよりさらにこぢんまりしている。フナフティへは42人乗りのプロペラ機が週2便のみだ。ということはこの国には一週間で最大84人しか人の出入りがないことになる。これはこれでナウルとは違った孤立感がある。

    フナフティの空港ターミナル。

    小さい。プロペラ機しか来ないのでキリバスのタラワよりさらにこぢんまりしている。フナフティへは42人乗りのプロペラ機が週2便のみだ。ということはこの国には一週間で最大84人しか人の出入りがないことになる。これはこれでナウルとは違った孤立感がある。

  • フナフティは空港の前が町の中心部になっていてこぎれいな政府庁舎や銀行、国営ホテルなど国の中枢機関が立ち並んでいる。とはいえ今日は祝日らしく待ちに活気がない。というか南の島では日中はどこも活気がない。暑いからみんな昼寝しているのだろうか。<br /><br />写真は政府庁舎。警察などをのぞく公的機関がすべて入っている。

    フナフティは空港の前が町の中心部になっていてこぎれいな政府庁舎や銀行、国営ホテルなど国の中枢機関が立ち並んでいる。とはいえ今日は祝日らしく待ちに活気がない。というか南の島では日中はどこも活気がない。暑いからみんな昼寝しているのだろうか。

    写真は政府庁舎。警察などをのぞく公的機関がすべて入っている。

  • フナフティでは空港から歩いていける「アイルアタイロッジ」という宿に向かった。1泊55豪ドル(4400円)らしいが2泊で100豪ドル(8000円)に値引きしてもらった。<br /><br />伝統的な高床式の家屋だ。部屋は広いが共同の水シャワーだ。とにかくツバルは物価が高い。<br /> ツバルの経済は地球温暖化によってバブルがおこっている。海面上昇による水没の危機に瀕している国はあちこちにあるにもかかわらず、メディアに取りあげられるのはいつもツバルだ。まさにこの国は地球温暖化の悲劇の象徴となっている。なのでこの国には各国からたくさんの援助が入ってきている。それによって島の住民は近年これまでになかった富を得ることになった。もちろん素朴な生活スタイルはそのままだが、物価の上昇が質に見合っていない気がする。また物があふれてゴミ問題が深刻となっている。ナウルのように資源が枯渇して経済が破綻している国がある一方、地球の温暖化の象徴として援助金を受け取り、働く必要がなくなりつつある国がこのツバルだ。<br /> とはいえ50年後にこの国が水没してしまう可能性があるのは悲劇は事実であり、フナフティのラグーン沿いでは海面上昇で砂が浸食され、ココナツの木が海に倒れかけている場所も多く見られる。地球温暖化による海面上昇は確実に進行している。

    フナフティでは空港から歩いていける「アイルアタイロッジ」という宿に向かった。1泊55豪ドル(4400円)らしいが2泊で100豪ドル(8000円)に値引きしてもらった。

    伝統的な高床式の家屋だ。部屋は広いが共同の水シャワーだ。とにかくツバルは物価が高い。
     ツバルの経済は地球温暖化によってバブルがおこっている。海面上昇による水没の危機に瀕している国はあちこちにあるにもかかわらず、メディアに取りあげられるのはいつもツバルだ。まさにこの国は地球温暖化の悲劇の象徴となっている。なのでこの国には各国からたくさんの援助が入ってきている。それによって島の住民は近年これまでになかった富を得ることになった。もちろん素朴な生活スタイルはそのままだが、物価の上昇が質に見合っていない気がする。また物があふれてゴミ問題が深刻となっている。ナウルのように資源が枯渇して経済が破綻している国がある一方、地球の温暖化の象徴として援助金を受け取り、働く必要がなくなりつつある国がこのツバルだ。
     とはいえ50年後にこの国が水没してしまう可能性があるのは悲劇は事実であり、フナフティのラグーン沿いでは海面上昇で砂が浸食され、ココナツの木が海に倒れかけている場所も多く見られる。地球温暖化による海面上昇は確実に進行している。

  • 消防車は日本の中古車だ。

    消防車は日本の中古車だ。

  • 海はきれいだ。

    海はきれいだ。

  • 白い砂も青い海もきれいなツバルだが、

    白い砂も青い海もきれいなツバルだが、

  • よく見るとココナツが波に浸食され、今にも倒れそうな場所があちこちにある。

    よく見るとココナツが波に浸食され、今にも倒れそうな場所があちこちにある。

  • これも海面上昇の影響なのだろうか。

    これも海面上昇の影響なのだろうか。

  • 夕日を背にラグーンで泳ぐ子供たち。

    夕日を背にラグーンで泳ぐ子供たち。

  • 浜辺を走る子供たち。

    浜辺を走る子供たち。

  • 【10月3日(水)】<br /><br /> 9時前に起床して料金に含まれている朝食をとる。食パンとシリアル、牛乳、パパイヤなどが出されていた。ツバルで流通する通貨はオーストラリアドルだが、ツバルでは独自の硬貨が流通する。ナウルやキリバスでも流通していたのかもしれないが気づかなかった。

    【10月3日(水)】

     9時前に起床して料金に含まれている朝食をとる。食パンとシリアル、牛乳、パパイヤなどが出されていた。ツバルで流通する通貨はオーストラリアドルだが、ツバルでは独自の硬貨が流通する。ナウルやキリバスでも流通していたのかもしれないが気づかなかった。

  • とりあえず街に出た。ツバル国旗がはためく政府庁舎。

    とりあえず街に出た。ツバル国旗がはためく政府庁舎。

  • フナフティのラグーン側の桟橋。

    フナフティのラグーン側の桟橋。

  • ラグーン側(環礁に囲まれた内海)の海は実に美しい。

    ラグーン側(環礁に囲まれた内海)の海は実に美しい。

  • 太平洋に面した海岸にでてみた。ラグーン側とは対照的で岩がむき出しの荒々しい風景が続く。そのまま北へ進んでみた。<br /> フナフティ環礁の北の方に物資輸送の拠点となる埠頭があるということで行ってみた。

    太平洋に面した海岸にでてみた。ラグーン側とは対照的で岩がむき出しの荒々しい風景が続く。そのまま北へ進んでみた。
     フナフティ環礁の北の方に物資輸送の拠点となる埠頭があるということで行ってみた。

  • 途中、所々に墓地が目についた。地元の人の墓かと思ったら第二次大戦の戦死者のものだった。そんな中、アメリカ軍の戦車の残骸らしきものが残っていたが、よく見たらショベルカーだった。錆び付いて崩れ落ち原形をとどめていないが製造会社のプレートなどが残されている。ツバルで戦闘が行われた話は聞かないので当然といえば当然だ。

    途中、所々に墓地が目についた。地元の人の墓かと思ったら第二次大戦の戦死者のものだった。そんな中、アメリカ軍の戦車の残骸らしきものが残っていたが、よく見たらショベルカーだった。錆び付いて崩れ落ち原形をとどめていないが製造会社のプレートなどが残されている。ツバルで戦闘が行われた話は聞かないので当然といえば当然だ。

  •  ラグーンの沖合には貨物船が停泊していて埠頭までは小型船でコンテナをピストン輸送している。水深が浅いのでいろいろと不便だ。この埠頭は日本の援助で作られたらしい。

     ラグーンの沖合には貨物船が停泊していて埠頭までは小型船でコンテナをピストン輸送している。水深が浅いのでいろいろと不便だ。この埠頭は日本の援助で作られたらしい。

  • 座礁船の姿も。

    座礁船の姿も。

  • 北の方は砂浜もなさそうで疲れるだけなので埠頭より先は断念することにした。帰りはバイクをヒッチハイクして戻ることができた。<br /><br />ツバルが海面上昇の援助金で裕福になった象徴はバイクの普及だ。かつてこの島では自転車が主流だったらしいが今では自転車に乗る人はいない。こんな平らな小さな島でこれだけのバイクが必要なのか。首をかしげたくなる。

    北の方は砂浜もなさそうで疲れるだけなので埠頭より先は断念することにした。帰りはバイクをヒッチハイクして戻ることができた。

    ツバルが海面上昇の援助金で裕福になった象徴はバイクの普及だ。かつてこの島では自転車が主流だったらしいが今では自転車に乗る人はいない。こんな平らな小さな島でこれだけのバイクが必要なのか。首をかしげたくなる。

  • と言いつつこのおばさんの後ろに乗せてもらったのだが。<br /><br /><br />昨日の夕方にも中華に行っているのだが、今日の昼食はもう一つのレストランへ行ったらやはり中国人経営だった。<br /><br />質は低くヌードルスープを頼んだらインスタントラーメンだった。ナウルに比べると質は劣り値段は高い。そもそも物資の少ないこの国の事情を考えると無理もない。<br />

    と言いつつこのおばさんの後ろに乗せてもらったのだが。


    昨日の夕方にも中華に行っているのだが、今日の昼食はもう一つのレストランへ行ったらやはり中国人経営だった。

    質は低くヌードルスープを頼んだらインスタントラーメンだった。ナウルに比べると質は劣り値段は高い。そもそも物資の少ないこの国の事情を考えると無理もない。

  • <br />夕方は島の南西へ徒歩で向かった。<br /><br />滑走路の先ではサッカーが行われていた。


    夕方は島の南西へ徒歩で向かった。

    滑走路の先ではサッカーが行われていた。

  • マグロを日干ししている光景に出くわした。興味深く見ていたら一切れいただくことになった。

    マグロを日干ししている光景に出くわした。興味深く見ていたら一切れいただくことになった。

  • 塩味が利いて酒のつまみに良さそうだがあまりたくさん食べるとのどが渇きそうだ。

    塩味が利いて酒のつまみに良さそうだがあまりたくさん食べるとのどが渇きそうだ。

  • 夕方浜辺では小ぶりだがマグロの水揚げが行われていた。

    夕方浜辺では小ぶりだがマグロの水揚げが行われていた。

  • カツオかもしれません。

    カツオかもしれません。

  • ボートを陸へ上げるのを周辺の子供たちに手伝ってもらう。

    ボートを陸へ上げるのを周辺の子供たちに手伝ってもらう。

  • 手伝ってもらった子供たちにご褒美としてマグロの切り身を配っていた。<br />僕も一切れいただくことにした(手伝ってないけど)。まさに新鮮な刺身だ。<br />

    手伝ってもらった子供たちにご褒美としてマグロの切り身を配っていた。
    僕も一切れいただくことにした(手伝ってないけど)。まさに新鮮な刺身だ。

  • 夕食はまた中華レストランですませてもよかったが、値段の割においしい物は期待できない。せっかくなので「カレベ」を試してみることにした。「カレベ」はココナツの樹液と小麦粉でできているツバル地元の食パンである。売っている場所は一軒しかなく、夜もやっているようなので買いに行ってみた。サイズは切り売りではなく巨大な塊でしか販売してもらえなかった。<br /><br />ちょっと食べて残りは宿の人にあげることにした。味は少し甘みがある食パンといった感じだ。<br /><br /><br />【10月4日(木)】<br /><br /> 8時起床。今朝は明け方からすごい雨だったが、午前中に回復した。<br /> 12時半のフライトだが、空港がすぐそばなのでもたもたしていたら手続きに間に合わなかったとか困るので3時間前にターミナルへ行ってみた。

    夕食はまた中華レストランですませてもよかったが、値段の割においしい物は期待できない。せっかくなので「カレベ」を試してみることにした。「カレベ」はココナツの樹液と小麦粉でできているツバル地元の食パンである。売っている場所は一軒しかなく、夜もやっているようなので買いに行ってみた。サイズは切り売りではなく巨大な塊でしか販売してもらえなかった。

    ちょっと食べて残りは宿の人にあげることにした。味は少し甘みがある食パンといった感じだ。


    【10月4日(木)】

     8時起床。今朝は明け方からすごい雨だったが、午前中に回復した。
     12時半のフライトだが、空港がすぐそばなのでもたもたしていたら手続きに間に合わなかったとか困るので3時間前にターミナルへ行ってみた。

  • 手続きはすでに始まっていて空港税を現金で30豪ドル払い搭乗券を受けとった。荷物チェックだがここもX線の機械はなく手作業だった。キリバスに比べかなり適当な感じだ。プロペラ機なので遠くに行くにしてもたかがしれているからだろうか。<br />写真は空港前に登場した免税店の屋台。

    手続きはすでに始まっていて空港税を現金で30豪ドル払い搭乗券を受けとった。荷物チェックだがここもX線の機械はなく手作業だった。キリバスに比べかなり適当な感じだ。プロペラ機なので遠くに行くにしてもたかがしれているからだろうか。
    写真は空港前に登場した免税店の屋台。

  • おそらくもう必要がないオーストラリアの小銭を使い切るため、貝とチップスと日干しマグロを購入した。2豪ドル。

    おそらくもう必要がないオーストラリアの小銭を使い切るため、貝とチップスと日干しマグロを購入した。2豪ドル。

  • 週2本のプロペラ機が定刻通りやってきた。

    週2本のプロペラ機が定刻通りやってきた。

  • フナフティ空港のATR42型機。スバ行きだ。<br />12時半にツバルを離れた。

    フナフティ空港のATR42型機。スバ行きだ。
    12時半にツバルを離れた。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2012年 南太平洋の独立国

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ブンタカさん 2020/11/04 06:14:13
    ツバル、一度行ってみたいです。
    南太平洋の独立国-E(ツバル編)を読ませていただきました。大変、興味深い旅行記、素晴らしかったです。ありがとうございました。
    旅行記の最後の方に出てきた魚は、カツオに見えますが、小ぶりのマグロでしたか?

    まさとし

    まさとしさん からの返信 2020/11/07 18:25:01
    RE: ツバル、一度行ってみたいです。
    > 南太平洋の独立国-E(ツバル編)を読ませていただきました。大変、興味深い旅行記、素晴らしかったです。ありがとうございました。
    > 旅行記の最後の方に出てきた魚は、カツオに見えますが、小ぶりのマグロでしたか?

    コメントありがとうございます。魚は大きくて50センチほどとまずまずの大きさですね。今思えばカツオだったのかもしれません。特に模様などを見ているとカツオっぽいですね。現地でツナの食事が多かったためマグロだと思い込んでいました。

まさとしさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集