その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2018年のGW、一般観光客に開放されて時間もそう経っていないミャンマー南部観光と、<br />ここ数年で新たに開いたミャンマー‐タイの陸路国境越えを果たすべく、以下ルートを巡りました。<br />チケットの手配が直前になったため、直行便ではなく、韓国‐タイ経由となりました。<br />今となっては、この手の旅行も難しくなり、懐かしい気持ちです。<br />自身のための忘備録です。<br /><br />2018年<br />4月28日(土)<br />日本/成田‐韓国/プサン‐タイ/バンコク(スワンナプーム)<br /><br />4月29日(日)<br />タイ/バンコク(ドンムアン)‐ミャンマー/ヤンゴン<br /><br />4月30日(月)<br />ヤンゴン‐チャイティーヨー/チャイットー‐モーラミャイン<br /><br />5月1日(火)<br />※④はこの日の夜から<br />モーラミャイン‐ウィンセントーヤ観光‐ダウェイ<br /><br />5月2日(水)<br />ダウェイ観光<br /><br />5月3日(木)<br />ダウェイ‐ティーキー(陸路国境越え)‐タイ/プーナムロン‐カンチャナブリ-バンコク <br /><br />5月4日(金)<br />バンコク観光<br /><br />5月5日(土)<br />バンコク観光<br /><br />5月6日(日)<br />タイ/バンコク(スワンナプーム)‐韓国/プサン‐日本/成田<br /><br />そして、<br />なぜか第1日目~3日目(4/28-30)の写真が消失してしまったので、②第4日目(5/1)からのスタートとなります。<br />①第1日目~3日目(4/28-30)が発見されたら追記したい・・・<br />

2018年ミャンマー南部旅行記④(モーラミャイン~ダウェイその1)

6いいね!

2018/04/28 - 2018/05/06

318位(同エリア472件中)

旅行記グループ 2018年GWミャンマー旅行

2

34

えーすけさん

2018年のGW、一般観光客に開放されて時間もそう経っていないミャンマー南部観光と、
ここ数年で新たに開いたミャンマー‐タイの陸路国境越えを果たすべく、以下ルートを巡りました。
チケットの手配が直前になったため、直行便ではなく、韓国‐タイ経由となりました。
今となっては、この手の旅行も難しくなり、懐かしい気持ちです。
自身のための忘備録です。

2018年
4月28日(土)
日本/成田‐韓国/プサン‐タイ/バンコク(スワンナプーム)

4月29日(日)
タイ/バンコク(ドンムアン)‐ミャンマー/ヤンゴン

4月30日(月)
ヤンゴン‐チャイティーヨー/チャイットー‐モーラミャイン

5月1日(火)
※④はこの日の夜から
モーラミャイン‐ウィンセントーヤ観光‐ダウェイ

5月2日(水)
ダウェイ観光

5月3日(木)
ダウェイ‐ティーキー(陸路国境越え)‐タイ/プーナムロン‐カンチャナブリ-バンコク

5月4日(金)
バンコク観光

5月5日(土)
バンコク観光

5月6日(日)
タイ/バンコク(スワンナプーム)‐韓国/プサン‐日本/成田

そして、
なぜか第1日目~3日目(4/28-30)の写真が消失してしまったので、②第4日目(5/1)からのスタートとなります。
①第1日目~3日目(4/28-30)が発見されたら追記したい・・・

PR

  • モーラミャインのバスターミナルへ。<br />宿からバイクタクシー(バイタク)で向かいます。<br />背中に10数kgのバックパックを背負ってタンデムし、バランスをとるのはなかなか大変。<br />半袖・半ズボン・ヘルメット無しなのでコケたら痛いじゃすまない、、<br />無事に着いてよかった。

    モーラミャインのバスターミナルへ。
    宿からバイクタクシー(バイタク)で向かいます。
    背中に10数kgのバックパックを背負ってタンデムし、バランスをとるのはなかなか大変。
    半袖・半ズボン・ヘルメット無しなのでコケたら痛いじゃすまない、、
    無事に着いてよかった。

  • バスターミナルの売店には、お菓子や乾物など色々なものが並んでいます。<br />あいかわらずブランドは見たことのないものばかり。

    バスターミナルの売店には、お菓子や乾物など色々なものが並んでいます。
    あいかわらずブランドは見たことのないものばかり。

  • バスを磨く少年たち。

    バスを磨く少年たち。

  • 私が乗ったバス。<br />これは後々の休憩所で撮ったもの。<br />バスターミナルの中に入ってきて乗せてくれると思いきや、どうやらダウェイ行きはここモーラミャイン始発ではない模様。<br />また、モーラミャインから乗るのが私だけらしく、バスターミナル横の国道の側で待機して、係員の誘導のもと、路肩でピックアップしてもらうことに。

    私が乗ったバス。
    これは後々の休憩所で撮ったもの。
    バスターミナルの中に入ってきて乗せてくれると思いきや、どうやらダウェイ行きはここモーラミャイン始発ではない模様。
    また、モーラミャインから乗るのが私だけらしく、バスターミナル横の国道の側で待機して、係員の誘導のもと、路肩でピックアップしてもらうことに。

  • 21時くらいに無事に搭乗。中はこんな感じ。<br />ミャンマーのバスは夏でも冷房がガンガン効いている、というかむしろ寒いので、パーカー+毛布で暖を取ります。<br />なぜ誰も文句を言わないのだろう。。。<br />「寒い」という感覚を味わえるのは、長距離移動が可能な金持ちの証、とでもいうのだろうか。

    21時くらいに無事に搭乗。中はこんな感じ。
    ミャンマーのバスは夏でも冷房がガンガン効いている、というかむしろ寒いので、パーカー+毛布で暖を取ります。
    なぜ誰も文句を言わないのだろう。。。
    「寒い」という感覚を味わえるのは、長距離移動が可能な金持ちの証、とでもいうのだろうか。

  • ここらへんで休憩。

    ここらへんで休憩。

  • 休憩所の外観。

    休憩所の外観。

  • うさぎ。<br />君たちは飼われているんだよね?食料ではないよね?ね?

    うさぎ。
    君たちは飼われているんだよね?食料ではないよね?ね?

  • ふたたび出発。<br /><br />たしかこの辺に検問があり、外国人にはパスポートチェックがありました。<br />降ろされてパスポートを回収されたのは私だけ。

    ふたたび出発。

    たしかこの辺に検問があり、外国人にはパスポートチェックがありました。
    降ろされてパスポートを回収されたのは私だけ。

  • 深夜3:00<br />2回目の休憩。

    深夜3:00
    2回目の休憩。

  • たむろする人々。<br />みんなこの洋服なのに、バスの中で寒くないのだろうか。

    たむろする人々。
    みんなこの洋服なのに、バスの中で寒くないのだろうか。

  • 朝、<br />無事にダウェイ郊外のバスターミナルに到着しました。

    朝、
    無事にダウェイ郊外のバスターミナルに到着しました。

  • バスターミナルから街中まで、オート三輪車で。<br />インドのオートリクシャ、というよりは、二輪車に無理やり荷台をつけて三輪車にした乗り物です。

    バスターミナルから街中まで、オート三輪車で。
    インドのオートリクシャ、というよりは、二輪車に無理やり荷台をつけて三輪車にした乗り物です。

  • 現地の方の荷物に交じり乗車。<br />おっちゃんありがとう。<br />

    現地の方の荷物に交じり乗車。
    おっちゃんありがとう。

  • 本日の宿に到着。<br />「Best House Guest House」、バックパッカーが泊まる安宿です。<br />たしか1泊1,800円くらい。<br /><br /> ※2020年にGoogle Earthで見たところ、改築されている模様<br />

    本日の宿に到着。
    「Best House Guest House」、バックパッカーが泊まる安宿です。
    たしか1泊1,800円くらい。

     ※2020年にGoogle Earthで見たところ、改築されている模様

    Hotel Best House(Dawei) ホテル

  • カウンター。<br />誰もいませんでしたが、英語がぺらぺらのお姉さんが出てきました。<br />Booking.comのレビュー等を見てみると、どうやら名物女将?さんのようです。とても親切とのこと。

    カウンター。
    誰もいませんでしたが、英語がぺらぺらのお姉さんが出てきました。
    Booking.comのレビュー等を見てみると、どうやら名物女将?さんのようです。とても親切とのこと。

  • 内装は、、立派ではありませんが、綺麗に掃除や手入れがされています。<br />西洋系のバックパッカーが多く、日本人とは遭遇しませんでした。<br />ただ、数日前には日本人も泊まっていた模様。<br />ミャンマーの田舎町まで来て、安宿に泊まるなんて、酔狂な方もいるものです。

    内装は、、立派ではありませんが、綺麗に掃除や手入れがされています。
    西洋系のバックパッカーが多く、日本人とは遭遇しませんでした。
    ただ、数日前には日本人も泊まっていた模様。
    ミャンマーの田舎町まで来て、安宿に泊まるなんて、酔狂な方もいるものです。

  • 宿の二階から。

    宿の二階から。

  • 宿から徒歩数分のところで朝から市場が開かれている、ということで、食事がてら覗いてみることにします。<br /><br />初めてその街を訪れた時には、なるべく市場に出かけることにしています。<br />行き交う人々の様子や、市場に出ている食べ物を見るのが、旅行の楽しみです。

    宿から徒歩数分のところで朝から市場が開かれている、ということで、食事がてら覗いてみることにします。

    初めてその街を訪れた時には、なるべく市場に出かけることにしています。
    行き交う人々の様子や、市場に出ている食べ物を見るのが、旅行の楽しみです。

  • ダウェイの街の中心部。<br />まだ朝も早いので人通りもまばら。

    ダウェイの街の中心部。
    まだ朝も早いので人通りもまばら。

  • このあたりから市場の始まり。<br />まずは野菜系のお店。

    このあたりから市場の始まり。
    まずは野菜系のお店。

  • このパイナップルはどこからやって来たのだろう。<br />地のモノかな。

    このパイナップルはどこからやって来たのだろう。
    地のモノかな。

  • にぎやかな場所に出ました。

    にぎやかな場所に出ました。

  • 味の素、とそのパチモノと思われる粉たち。<br />味の素って偉大なブランドだと、つくづく感じます。

    味の素、とそのパチモノと思われる粉たち。
    味の素って偉大なブランドだと、つくづく感じます。

  • 魚の米漬け?<br />海水魚、淡水魚のどちらなのだろう。

    魚の米漬け?
    海水魚、淡水魚のどちらなのだろう。

  • ここから雑貨。その先が食肉系、主に鶏肉の市場です。<br />解体している写真はグロテスクなので割愛。<br />私は自分が食べるものが解体されるシーンを見るのに抵抗はなく、むしろ興味が沸くので、市場ではよく解体シーンを見学しています。<br />おじさん、おばさんたちが手際よく食肉を捌いていくシーンは見ていて迫力があります。

    ここから雑貨。その先が食肉系、主に鶏肉の市場です。
    解体している写真はグロテスクなので割愛。
    私は自分が食べるものが解体されるシーンを見るのに抵抗はなく、むしろ興味が沸くので、市場ではよく解体シーンを見学しています。
    おじさん、おばさんたちが手際よく食肉を捌いていくシーンは見ていて迫力があります。

  • 干したイカ。酒のツマミに買っておけばよかった、と思いましたが、少量で売ってくれるかな。

    干したイカ。酒のツマミに買っておけばよかった、と思いましたが、少量で売ってくれるかな。

  • 市場をひととおり見終わったので、朝食を摂りに食堂へ。

    市場をひととおり見終わったので、朝食を摂りに食堂へ。

  • モヒンガーっぽい麺を注文します。<br />米粉麺と、インスタント麺が混ざったもののうえに、何種類かのカリカリが載っています。うしろの薬味たちが何だか不思議な感じ。<br />美味しかった!

    モヒンガーっぽい麺を注文します。
    米粉麺と、インスタント麺が混ざったもののうえに、何種類かのカリカリが載っています。うしろの薬味たちが何だか不思議な感じ。
    美味しかった!

  • 食後のコーヒー。ミャンマーでは粉のネスカフェをお湯に溶かして飲むのが主流なようです。<br />英語ペラペラの少年が会計をしてくれました。たしか合計で4,000kyat(≒320円)でした。

    食後のコーヒー。ミャンマーでは粉のネスカフェをお湯に溶かして飲むのが主流なようです。
    英語ペラペラの少年が会計をしてくれました。たしか合計で4,000kyat(≒320円)でした。

  • 宿への帰り道。<br /><br />ミャンマーでもSupremeは大流行。ここダウェイでも売っています。(パチモノが)<br />1日1回はSupremeのロゴを見ました。

    宿への帰り道。

    ミャンマーでもSupremeは大流行。ここダウェイでも売っています。(パチモノが)
    1日1回はSupremeのロゴを見ました。

  • 帰り道、ビールが飲めそうな食堂を発見しました。<br />今夜はここに来よう・・・

    帰り道、ビールが飲めそうな食堂を発見しました。
    今夜はここに来よう・・・

  • おそらくダウェイで一番大きいビル。<br />ダウェイは、全体的にこじんまりとしていて、のどかな田舎町といった感じです。

    おそらくダウェイで一番大きいビル。
    ダウェイは、全体的にこじんまりとしていて、のどかな田舎町といった感じです。

  • 宿で原付バイクを借りました。<br />ここから12kmくらい先にある、マウンマガンビーチを目指します。<br />⑤に続く・・・・

    宿で原付バイクを借りました。
    ここから12kmくらい先にある、マウンマガンビーチを目指します。
    ⑤に続く・・・・

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ほいみさん 2020/07/23 21:27:11
    酒のつまみ
    には困らない国ですね。

    初めまして。

    私も数年前に同じ様なところを巡りましたが、海のもの、淡水のもの、どちらも豊富で美味しかったです。干したイカはけっこう見ましたが、味見は出来ませんでした。まんま「スルメイカ」みたいなやつも大切そうに売られていたから、きっと人気食材なんでしょうね。なのにタコは見かけませんでした。

    えーすけさんも「変なところ」に行ってそうなので、今後の4トラ日記が楽しみです。まぁ、コロナ騒ぎで新鮮さは誰も期待出来ませんが。

    ほいみ

    えーすけさん からの返信 2020/11/22 16:40:29
    RE: 酒のつまみ
    初めまして。

    ミャンマー南部を巡られたんですね。
    たしかに酒のつまみには困らなかったです。笑
    イカのほかにも練り物が豊富でした。
    ただ、タコはなかったですね。

    コメントを頂いたこともあり、また書き始めました。
    滞在時間が短かったので、それほど変わったことや事件は起きませんでしたが、のんびり過ごせました。
    引き続きご覧いただけますと幸いです。

えーすけさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ミャンマーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ミャンマー最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ミャンマーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集