高雄旅行記(ブログ) 一覧に戻る
周りに“台湾好き”を公言しているのにも関わらず、行ったことがあるのは台北のみ。そんなコンプレックス(?)を解消すべく、鉄道で7日間かけて5つの主要都市を巡りました!<br />*========*========*=======*=======*<br />[1日目(台北) ゆったり到着編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11599830<br /><br />[2日目(新北) 癒しのローカル線をめぐる編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11601240<br /><br />[2日目(花蓮) 東大門夜市をたっぷり満喫編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11602379<br /><br />[3日目(花蓮) 太魯閣をめぐる編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11601767<br /><br />[4日目(高雄) 素敵な街並みを散策編]<br />☆本旅行記☆<br /><br />[5日目(台南) 古都・台南へ!編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11602288<br /><br />[5日目(台中) 高鐵で台中へ編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11602385<br /><br />[6日目(台中) 台中をのんびり散策編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11602387<br /><br />[6日目(台北) 絶景の台北でゴール!!編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11602393<br /><br />[最終日(台北) 色々な思いを噛みしめて帰国編]<br />https://4travel.jp/travelogue/11616579<br />*========*========*=======*=======*<br />※NTD1≒JPY3.7(旅行当時)で計算しています。<br />※本投稿は自分自身の記録用です。記載している情報はあくまで参考程度とお考え下さい。

台湾5都市を鉄道でぐるっとめぐる旅 7日間 ~4日目(高雄) 一気に高雄へ!素敵な街並みを散策編~

69いいね!

2020/02/13 - 2020/02/19

171位(同エリア3750件中)

Yoshi-Can! トラベル

Yoshi-Can! トラベルさん

周りに“台湾好き”を公言しているのにも関わらず、行ったことがあるのは台北のみ。そんなコンプレックス(?)を解消すべく、鉄道で7日間かけて5つの主要都市を巡りました!
*========*========*=======*=======*
[1日目(台北) ゆったり到着編]
https://4travel.jp/travelogue/11599830

[2日目(新北) 癒しのローカル線をめぐる編]
https://4travel.jp/travelogue/11601240

[2日目(花蓮) 東大門夜市をたっぷり満喫編]
https://4travel.jp/travelogue/11602379

[3日目(花蓮) 太魯閣をめぐる編]
https://4travel.jp/travelogue/11601767

[4日目(高雄) 素敵な街並みを散策編]
☆本旅行記☆

[5日目(台南) 古都・台南へ!編]
https://4travel.jp/travelogue/11602288

[5日目(台中) 高鐵で台中へ編]
https://4travel.jp/travelogue/11602385

[6日目(台中) 台中をのんびり散策編]
https://4travel.jp/travelogue/11602387

[6日目(台北) 絶景の台北でゴール!!編]
https://4travel.jp/travelogue/11602393

[最終日(台北) 色々な思いを噛みしめて帰国編]
https://4travel.jp/travelogue/11616579
*========*========*=======*=======*
※NTD1≒JPY3.7(旅行当時)で計算しています。
※本投稿は自分自身の記録用です。記載している情報はあくまで参考程度とお考え下さい。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
3.5
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2020年2月16日(日)<br />おはようございます。<br />台湾一周旅行4日目、いよいよこの旅の折り返し地点です。<br /><br />本日は列車に揺られて高雄まで足を進めます!!

    2020年2月16日(日)
    おはようございます。
    台湾一周旅行4日目、いよいよこの旅の折り返し地点です。

    本日は列車に揺られて高雄まで足を進めます!!

    花蓮駅

  • 乗車する自強号は既にホームに止まっていました!<br />なんだか平渓線に似た列車です。

    乗車する自強号は既にホームに止まっていました!
    なんだか平渓線に似た列車です。

  • 花蓮に来た時同様、足元が広くて快適!<br />高雄まではなんと5時間半の道のりです(笑)

    花蓮に来た時同様、足元が広くて快適!
    高雄まではなんと5時間半の道のりです(笑)

  • 花蓮の市街地を超えるとすぐに田畑が広がってきます。<br />高雄までこのような車窓が続きますが、なぜか退屈はしませんでした。<br />やはり流れる景色を見ながらぼーっとできるのは列車旅の醍醐味ですね!

    花蓮の市街地を超えるとすぐに田畑が広がってきます。
    高雄までこのような車窓が続きますが、なぜか退屈はしませんでした。
    やはり流れる景色を見ながらぼーっとできるのは列車旅の醍醐味ですね!

  • 2時間ほどで台東駅に到着です。<br />花蓮から乗っていた人はここで結構降りたように思います。

    2時間ほどで台東駅に到着です。
    花蓮から乗っていた人はここで結構降りたように思います。

    台東駅

  • 台東駅を超えると海沿いを走りますが、あいにくの曇天です。

    台東駅を超えると海沿いを走りますが、あいにくの曇天です。

  • 寝て… ぼーっとして… また寝て… またぼーっとして…<br /><br />気がつけば花蓮から5時間、高雄の少し手前の屏東駅に到着していました。<br />屏東は台湾最南端の県で、その中心となる屏東駅はかなり栄えているようです。<br />久しぶりにビルが並ぶ街にやって来ましたε-(´∀`;)

    寝て… ぼーっとして… また寝て… またぼーっとして…

    気がつけば花蓮から5時間、高雄の少し手前の屏東駅に到着していました。
    屏東は台湾最南端の県で、その中心となる屏東駅はかなり栄えているようです。
    久しぶりにビルが並ぶ街にやって来ましたε-(´∀`;)

    屏東駅

  • そこからさらに30分列車に揺られて、高雄駅に到着しました!<br />な、長かった、、

    そこからさらに30分列車に揺られて、高雄駅に到着しました!
    な、長かった、、

  • 高雄は台湾第二の都市で、日本からの直行便もかなり設定されている人気の都市です。<br />台北を東京の都市に無理やり例えると、高雄は大阪といった感じでしょうか(笑)<br />街中を歩いていると時々日本人の観光客ともすれ違います。

    高雄は台湾第二の都市で、日本からの直行便もかなり設定されている人気の都市です。
    台北を東京の都市に無理やり例えると、高雄は大阪といった感じでしょうか(笑)
    街中を歩いていると時々日本人の観光客ともすれ違います。

    高雄駅

  • ホテルは高雄駅から一駅のところ、美麗島駅にあるセンターホテルを利用しました。<br />場所は駅から徒歩1分と、神立地です(笑)

    ホテルは高雄駅から一駅のところ、美麗島駅にあるセンターホテルを利用しました。
    場所は駅から徒歩1分と、神立地です(笑)

  • 窓無しダブルベッドのお部屋です。<br />お値段は朝食付き1泊NTD530(≒1961円)!<br />これだけのホテルクラスと立地で、安すぎませんか、、<br /><br />タオルをはじめとするアメニティはほとんど揃っています。

    窓無しダブルベッドのお部屋です。
    お値段は朝食付き1泊NTD530(≒1961円)!
    これだけのホテルクラスと立地で、安すぎませんか、、

    タオルをはじめとするアメニティはほとんど揃っています。

  • 浴室は白基調で、かつ清潔感があるので気持ちよく利用できました。<br />ですがシャワーはガラスの半個室で、結構水が飛び散って大変です(笑)<br /><br />現在時刻は16時を回る少し前。<br />高雄を観光できるのは今日の夜までなのでさっそく荷物を置いて、まずはここ美麗島駅から観光スタートします!

    浴室は白基調で、かつ清潔感があるので気持ちよく利用できました。
    ですがシャワーはガラスの半個室で、結構水が飛び散って大変です(笑)

    現在時刻は16時を回る少し前。
    高雄を観光できるのは今日の夜までなのでさっそく荷物を置いて、まずはここ美麗島駅から観光スタートします!

    センター ホテル ホテル

  • 美麗島駅は、世界で二番目に美しい駅に選ばれています。<br />というのも、ご覧の通り駅の改札口には「光之穹頂」と名付けられた直径30メートル、約4500枚のステンドグラスが飾られています。<br />1日2回、ライトを使ったショーも行われるそうです(*^^*)<br /><br />ちなみに、世界一美しい駅に選ばれているのはロシアのモスクワにあるコムソモリスカヤ駅という駅だそうです。

    美麗島駅は、世界で二番目に美しい駅に選ばれています。
    というのも、ご覧の通り駅の改札口には「光之穹頂」と名付けられた直径30メートル、約4500枚のステンドグラスが飾られています。
    1日2回、ライトを使ったショーも行われるそうです(*^^*)

    ちなみに、世界一美しい駅に選ばれているのはロシアのモスクワにあるコムソモリスカヤ駅という駅だそうです。

    美麗島駅

  • 美麗島駅から10分ほど地下鉄に揺られて、西子湾駅にやってきました。

    美麗島駅から10分ほど地下鉄に揺られて、西子湾駅にやってきました。

    西子湾駅

  • 駅を出てすぐ、一面の芝生と古い線路に囲まれた大きな公園のようなところがあります。<br />ここはかつて高雄港駅として使用されていた場所で、現在は哈瑪星鉄道文化園区として整備されています。<br /><br />本当に広くてゆったり出来そうな場所ですが、来訪時はかなり混雑していました(笑)<br />ほとんどの人が凧揚げを楽しんでいたみたいです。<br />旧正月シーズンだからかな?

    駅を出てすぐ、一面の芝生と古い線路に囲まれた大きな公園のようなところがあります。
    ここはかつて高雄港駅として使用されていた場所で、現在は哈瑪星鉄道文化園区として整備されています。

    本当に広くてゆったり出来そうな場所ですが、来訪時はかなり混雑していました(笑)
    ほとんどの人が凧揚げを楽しんでいたみたいです。
    旧正月シーズンだからかな?

  • また、その周辺の古い港の倉庫群は駁二芸術特区としてリノベーションされています。

    また、その周辺の古い港の倉庫群は駁二芸術特区としてリノベーションされています。

  • 駁二芸術特区は蓬莱倉庫群(地図右側)、大勇倉庫群(中央)、大義倉庫群(左側)の三倉庫群に別れており、すべて歩いて行動できる範囲内にあります。<br />これらは高雄観光で見逃せない素敵な雰囲気の場所ですよ~

    駁二芸術特区は蓬莱倉庫群(地図右側)、大勇倉庫群(中央)、大義倉庫群(左側)の三倉庫群に別れており、すべて歩いて行動できる範囲内にあります。
    これらは高雄観光で見逃せない素敵な雰囲気の場所ですよ~

  • 哈瑪星鉄道文化園区からほど近い蓬莱倉庫群には、台湾初の鉄道博物館である哈瑪星台湾鉄道館があります。<br />もちろん古い倉庫をリノベーションした建物で、外観はかなりおしゃれ!<br />入場料はNTD199(≒736円)です。

    哈瑪星鉄道文化園区からほど近い蓬莱倉庫群には、台湾初の鉄道博物館である哈瑪星台湾鉄道館があります。
    もちろん古い倉庫をリノベーションした建物で、外観はかなりおしゃれ!
    入場料はNTD199(≒736円)です。

  • 館内はかなり本格的で、蒸気機関車の展示もあります。

    館内はかなり本格的で、蒸気機関車の展示もあります。

  • 大きなジオラマまで!<br />模型ながら、台湾主要地域がそれぞれ再現されていました。

    大きなジオラマまで!
    模型ながら、台湾主要地域がそれぞれ再現されていました。

  • 日本語での解説はもちろん、日本の鉄道史まで併記されていました。

    日本語での解説はもちろん、日本の鉄道史まで併記されていました。

    哈瑪星台湾鉄道館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 鉄道博物館を出て、大義倉庫群方面へ歩いていきます。<br />芸術特区というだけあり、アートなオブジェがところどころ並んでいます。

    鉄道博物館を出て、大義倉庫群方面へ歩いていきます。
    芸術特区というだけあり、アートなオブジェがところどころ並んでいます。

  • 海辺の、コンテナを使用したオブジェまで!

    海辺の、コンテナを使用したオブジェまで!

  • 本当に雰囲気のいい場所ですので、いくら歩いていても退屈しません。<br />台北よりも物価が安いため、より気軽に食べ歩きやショッピングが楽しめるのも高雄の良いところです。

    本当に雰囲気のいい場所ですので、いくら歩いていても退屈しません。
    台北よりも物価が安いため、より気軽に食べ歩きやショッピングが楽しめるのも高雄の良いところです。

  • 肝心な倉庫群はレトロなレンガ造りになっています。<br />リノベされた大半の倉庫はお店になっており、まるで屋外ショッピングセンターのようです。

    肝心な倉庫群はレトロなレンガ造りになっています。
    リノベされた大半の倉庫はお店になっており、まるで屋外ショッピングセンターのようです。

  • いかにもインスタ映えしそうな壁で写真を撮っている人もいました(笑)

    いかにもインスタ映えしそうな壁で写真を撮っている人もいました(笑)

  • 綺麗なガラス張りのカフェから、少しレトロな文房具屋までお店の種類は様々です。

    綺麗なガラス張りのカフェから、少しレトロな文房具屋までお店の種類は様々です。

  • 大義倉庫群にも、台北では一、二の人気を誇る(私調べ)パイナップルケーキの名店Sunny Hillsがありました。<br />ここの外観、好きだな~

    大義倉庫群にも、台北では一、二の人気を誇る(私調べ)パイナップルケーキの名店Sunny Hillsがありました。
    ここの外観、好きだな~

  • Sunny Hillsはなんと着席するとパイナップルケーキ丸ごと1つとお茶を出してくれます。<br />これ専用の整列スペースがあるほどです(笑)<br />ですが多くの人は買わずに出て行っている印象でした。

    Sunny Hillsはなんと着席するとパイナップルケーキ丸ごと1つとお茶を出してくれます。
    これ専用の整列スペースがあるほどです(笑)
    ですが多くの人は買わずに出て行っている印象でした。

    微熱山丘 専門店

  • 倉庫群の散策を終え、その勢いのまま近くを流れる愛河沿いの遊歩道を散策します。<br />大きなホテルの前ではライトを使った噴水ショーがちょうど行われていました。<br />ラッキー!

    倉庫群の散策を終え、その勢いのまま近くを流れる愛河沿いの遊歩道を散策します。
    大きなホテルの前ではライトを使った噴水ショーがちょうど行われていました。
    ラッキー!

  • 現在は“愛河”として観光客に親しまれている場所ですが、日本統治時代には“高雄川”という名称でした。<br />そして台湾に主権が回復した後に川沿いが整備されたことで有数のデートスポットとなり、現在の名称が用いられているそうです。<br />ちなみに愛河のナイトクルーズがNTD150(≒555円)で楽しめるようです。

    現在は“愛河”として観光客に親しまれている場所ですが、日本統治時代には“高雄川”という名称でした。
    そして台湾に主権が回復した後に川沿いが整備されたことで有数のデートスポットとなり、現在の名称が用いられているそうです。
    ちなみに愛河のナイトクルーズがNTD150(≒555円)で楽しめるようです。

    愛河 滝・河川・湖

  • 散策が終わり、MRT市議会駅に向けて歩いていきます。

    散策が終わり、MRT市議会駅に向けて歩いていきます。

  • 道中、「最強!!海南鶏飯 男飯」なる看板が...!<br />とてもとても気になりますが、もう晩御飯は決めているので断念、、<br /><br />MRTに乗り美麗島駅を通り過ぎ、文化中心駅へ向かいます。

    道中、「最強!!海南鶏飯 男飯」なる看板が...!
    とてもとても気になりますが、もう晩御飯は決めているので断念、、

    MRTに乗り美麗島駅を通り過ぎ、文化中心駅へ向かいます。

  • 駅から徒歩10分足らず、訪れたのは香味海産粥というお店です。<br />その名の通り、海鮮お粥のお店です!<br /><br />店内はご覧の通りかなりの混雑で、観光客というよりかは地元の人々の利用が多いように思いました。<br />台湾では高級店より、この小汚い(褒め言葉)ガヤガヤしたお店の方が安いのはもちろん、案外おいしかったりします。

    駅から徒歩10分足らず、訪れたのは香味海産粥というお店です。
    その名の通り、海鮮お粥のお店です!

    店内はご覧の通りかなりの混雑で、観光客というよりかは地元の人々の利用が多いように思いました。
    台湾では高級店より、この小汚い(褒め言葉)ガヤガヤしたお店の方が安いのはもちろん、案外おいしかったりします。

  • オーダーは紙にチェックして手渡しする方法なので、中国語を話せなくても何ら問題はありませんでした。<br /><br />ベーシックなのは上から二番目の「原味海産」のお粥。<br />せっかくですが空席が見つからないのでテイクアウトすることとしました。

    オーダーは紙にチェックして手渡しする方法なので、中国語を話せなくても何ら問題はありませんでした。

    ベーシックなのは上から二番目の「原味海産」のお粥。
    せっかくですが空席が見つからないのでテイクアウトすることとしました。

    香味海産粥 中華

  • こ~~れは!<br />エビ、牡蠣、ホタテなど海鮮の出汁がかなりよく効いていて、さらにニンニクのガツンとしたアクセントが最高のスープです。<br />上からの写真なのでわかりづらいですが、器もかなり大きくてボリュームがあります。<br />下に入り込んでしまっていますがご飯もしっかりたっぷり入っていて、具沢山で大満足でした!!<br />いやー、これは本当においしかった。<br /><br />そんな高雄の絶品料理を見つけたところで、明日へ続きます。<br />明日は台南をめぐり、新幹線で台中まで向かいます。

    こ~~れは!
    エビ、牡蠣、ホタテなど海鮮の出汁がかなりよく効いていて、さらにニンニクのガツンとしたアクセントが最高のスープです。
    上からの写真なのでわかりづらいですが、器もかなり大きくてボリュームがあります。
    下に入り込んでしまっていますがご飯もしっかりたっぷり入っていて、具沢山で大満足でした!!
    いやー、これは本当においしかった。

    そんな高雄の絶品料理を見つけたところで、明日へ続きます。
    明日は台南をめぐり、新幹線で台中まで向かいます。

69いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集