チェンマイ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年12月9日(月曜日)から12月17日(火曜日)まで7泊8日で、個人手配による夫婦のタイ(バンコク、チェンマイ)の旅を楽しんできました。<br /> <br /> さて本旅行記は7本の観光編で構成しています。<br /><br /> どちらかと言うと備忘録であり、自己満足の記録です。本旅行記は写真と共に、フリー旅行のすばらしさと失敗談、および、こんなことを知りたい等も記しています。 また、個人旅行で必要なチケットの買い方など、事前にQ&Aで皆様にお聞きした件などを自分でも確かめてきましたので、それらを記しています。<br /> 尚、ツアー旅行以上に個人旅行では年齢による企画面・実行面で相違が生まれると思います。その意味では、65歳を超えた夫婦による旅であることを考慮してお読みください。

個人手配・2019年12月 夫婦で行くバンコク・チェンマイの旅 その4

7いいね!

2019/12/13 - 2019/12/13

2554位(同エリア4117件中)

無知無謀

無知無謀さん

2019年12月9日(月曜日)から12月17日(火曜日)まで7泊8日で、個人手配による夫婦のタイ(バンコク、チェンマイ)の旅を楽しんできました。
 
 さて本旅行記は7本の観光編で構成しています。

 どちらかと言うと備忘録であり、自己満足の記録です。本旅行記は写真と共に、フリー旅行のすばらしさと失敗談、および、こんなことを知りたい等も記しています。 また、個人旅行で必要なチケットの買い方など、事前にQ&Aで皆様にお聞きした件などを自分でも確かめてきましたので、それらを記しています。
 尚、ツアー旅行以上に個人旅行では年齢による企画面・実行面で相違が生まれると思います。その意味では、65歳を超えた夫婦による旅であることを考慮してお読みください。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩 飛行機
航空会社
スクート

PR

  • (シャングリラホテルのロビー)<br />本日は、チェンマイのお寺を回り、夕方バンコクへ行きます。

    (シャングリラホテルのロビー)
    本日は、チェンマイのお寺を回り、夕方バンコクへ行きます。

  • ワット・クータオ<br /><br />本日、最初のお寺です。<br />ホテル前に停まっていたっトゥクトゥクに乗ります。<br />遠くへ行かなければ100バーツが相場かも。<br />お寺周りと言うと、京都・鎌倉をイメージし、どこでも大混雑と思います。<br />否、全く人がいません。<br /><br />旧市街北門(チャーンプアク門)を出てさらに北へ。住宅街の中にある寺院。<br />1579年~1607年にチェンマイを統治していたビルマ王プレーンノーンの墓として1613年に建てられたといわれています。<br /><br />丸みを帯びた独創的な仏塔、瓢箪型のお寺です。

    イチオシ

    ワット・クータオ

    本日、最初のお寺です。
    ホテル前に停まっていたっトゥクトゥクに乗ります。
    遠くへ行かなければ100バーツが相場かも。
    お寺周りと言うと、京都・鎌倉をイメージし、どこでも大混雑と思います。
    否、全く人がいません。

    旧市街北門(チャーンプアク門)を出てさらに北へ。住宅街の中にある寺院。
    1579年~1607年にチェンマイを統治していたビルマ王プレーンノーンの墓として1613年に建てられたといわれています。

    丸みを帯びた独創的な仏塔、瓢箪型のお寺です。

  • こんな形でお出迎え

    こんな形でお出迎え

  • その2<br />

    その2

  • 次のお寺、ワットロークモーリーまで徒歩で。<br />途中に、「早稲田・・・・」。<br />チェンマイ分校かな?

    次のお寺、ワットロークモーリーまで徒歩で。
    途中に、「早稲田・・・・」。
    チェンマイ分校かな?

  • ワットロークモーリー <br />チェンマイの北側、チャーンプアップ門の近くに位置しています。<br />昔、チェンマイ王が来賓を迎えていた場所でもあったそうで、チーク材でつくられた立派な本堂が特徴的。<br />

    ワットロークモーリー
    チェンマイの北側、チャーンプアップ門の近くに位置しています。
    昔、チェンマイ王が来賓を迎えていた場所でもあったそうで、チーク材でつくられた立派な本堂が特徴的。

  • 本堂

    本堂

  • 天井

    天井

  • 実は、脇にある堂の彫刻も楽しかった

    実は、脇にある堂の彫刻も楽しかった

  • その2

    その2

  • その3

    その3

  • その4

    その4

  • この自動車が無いと良かったのだが、・・・

    この自動車が無いと良かったのだが、・・・

  • もう少し遠くから1枚

    イチオシ

    もう少し遠くから1枚

  • 次は、ワット・ラジャモンティエン<br />ワット・ロークモーリーのすぐ真向い、堀の内側の旧市街部に大きな大仏が建っています。<br />見た目はかなり立派な寺院なのですが、有名なお寺ではないようです。

    次は、ワット・ラジャモンティエン
    ワット・ロークモーリーのすぐ真向い、堀の内側の旧市街部に大きな大仏が建っています。
    見た目はかなり立派な寺院なのですが、有名なお寺ではないようです。

  • 階段を上り、本堂へ。

    階段を上り、本堂へ。

  • 本堂内の壁は赤一色。そこに白い仏像。なかなか美しい。<br />

    本堂内の壁は赤一色。そこに白い仏像。なかなか美しい。

  • こんな仏像は、昔は無いでしょう。<br />最近作ったの???

    こんな仏像は、昔は無いでしょう。
    最近作ったの???

  • ちょっと今一。

    ちょっと今一。

  • 次は、ワット チェン マンへ。<br /><br />その途中に、馬にゆかりのあるお寺

    次は、ワット チェン マンへ。

    その途中に、馬にゆかりのあるお寺

  • それでは、ワット チェン マン<br />正面でなく、裏門から入ったみたいです。<br />

    それでは、ワット チェン マン
    正面でなく、裏門から入ったみたいです。

  • チェンマイ最古のお寺だそうです。<br />黄金の仏塔です。<br /><br />仏塔に15頭の象がいます。

    イチオシ

    チェンマイ最古のお寺だそうです。
    黄金の仏塔です。

    仏塔に15頭の象がいます。

  • 昔、象は戦争の時、王を乗せて最前線で戦いました。<br />このため、象は勇気と誇りの象徴だとか!。<br />また、仏教の世界観では、象はすべてを支える存在。

    昔、象は戦争の時、王を乗せて最前線で戦いました。
    このため、象は勇気と誇りの象徴だとか!。
    また、仏教の世界観では、象はすべてを支える存在。

  • それでは、礼拝堂へ

    それでは、礼拝堂へ

  • まずは、服装チェック

    まずは、服装チェック

  • 赤を基調に金の装飾が鮮やかな礼拝堂

    赤を基調に金の装飾が鮮やかな礼拝堂

  • もう一枚

    もう一枚

  • またまた涅槃像

    またまた涅槃像

  • もう一枚<br />ところで、礼拝堂以外に本堂があり、こちらも観光ポイントでしたが、知らずに省略。

    もう一枚
    ところで、礼拝堂以外に本堂があり、こちらも観光ポイントでしたが、知らずに省略。

  • お昼を過ぎましたので、昼食。<br />途中、三王記念像。チェンマイにゆかりのある3人の王なんだとか?<br />時間がないので省略

    お昼を過ぎましたので、昼食。
    途中、三王記念像。チェンマイにゆかりのある3人の王なんだとか?
    時間がないので省略

  • 昼食後、トゥクトゥクでモン族市場へ<br />https://chiangmai43.com/chiangmai-hmong-market/

    イチオシ

    昼食後、トゥクトゥクでモン族市場へ
    https://chiangmai43.com/chiangmai-hmong-market/

  • その2

    その2

  • 徒歩で数分先のワロロット市場<br /><br /><br />https://chiangmai43.com/post-22159/

    徒歩で数分先のワロロット市場


    https://chiangmai43.com/post-22159/

  • もう一枚<br /><br />これで、チェンマイ観光は終了

    もう一枚

    これで、チェンマイ観光は終了

  • バンコクへ行きます。

    バンコクへ行きます。

  • CNK(チェンマイ空港)17:30→18:45 DMK(ドンムアン空港

    CNK(チェンマイ空港)17:30→18:45 DMK(ドンムアン空港

  • バンコクでの宿泊はルブアホテル。<br />このホテル、予約サイトでは2つのホテルに分かれています。<br />低層階に「ルブア アット ステート タワー」(Lebua At State Tower)、高層階(51階~59階)には「タワー クラブ アット ルブア」(Tower Club at Lebua)というホテルが入っています。<br />しかし、ホテルのチェックインの際の説明ではホテルは一つでタイプが2つとの事。<br />高層階に宿泊

    バンコクでの宿泊はルブアホテル。
    このホテル、予約サイトでは2つのホテルに分かれています。
    低層階に「ルブア アット ステート タワー」(Lebua At State Tower)、高層階(51階~59階)には「タワー クラブ アット ルブア」(Tower Club at Lebua)というホテルが入っています。
    しかし、ホテルのチェックインの際の説明ではホテルは一つでタイプが2つとの事。
    高層階に宿泊

  • 寝室以外にリビング

    寝室以外にリビング

  • バルコニーがついています。

    バルコニーがついています。

  • ルブアの最上階(65階)。金色のドーム内にある高級レストランが「メッツァルーナ」。シロッコよりも一段高い場所に位置し、世界中の美食家をうならせる最高級のフレンチレストランだそうです。。私達は、シロッコへ行きたかったのですが、満席で、まずは、65F屋外。<br />ソファーがあり、180度の景色は見られますが、・・・<br />まずは、ドリンク。<br />これが高い。<br />一番手ごろな水割りで、880バーツ。3000円。<br />場所代です。

    ルブアの最上階(65階)。金色のドーム内にある高級レストランが「メッツァルーナ」。シロッコよりも一段高い場所に位置し、世界中の美食家をうならせる最高級のフレンチレストランだそうです。。私達は、シロッコへ行きたかったのですが、満席で、まずは、65F屋外。
    ソファーがあり、180度の景色は見られますが、・・・
    まずは、ドリンク。
    これが高い。
    一番手ごろな水割りで、880バーツ。3000円。
    場所代です。

  • シロッコが立ちで良いなら移動できます とのことで、そちらへ。<br />先ほどの65Fから階段(写真の階段ではありません)を降りますと写真の上の方へ。<br />

    シロッコが立ちで良いなら移動できます とのことで、そちらへ。
    先ほどの65Fから階段(写真の階段ではありません)を降りますと写真の上の方へ。

  • 最上階の金色のドーム(64階)から、美しくライトアップされた階段を降りるとシロッコ。<br />「SIROCCO」というのはイタリア語で、季節風のことだそうです。超高層ビルの上、空を吹き抜ける風が爽やかで心地よく、夜景が素晴らしい。 というイメージ。

    最上階の金色のドーム(64階)から、美しくライトアップされた階段を降りるとシロッコ。
    「SIROCCO」というのはイタリア語で、季節風のことだそうです。超高層ビルの上、空を吹き抜ける風が爽やかで心地よく、夜景が素晴らしい。 というイメージ。

  • 多分、正確には、「シロッコ」とは、手前に見える、レストランの事。<br />私達が「シロッコ」(SIROCCO)と思っているところは、写真の先端に見える赤いリングで、名前は、「スカイバー」(SKY BAR)。<br />https://www.travel.co.jp/guide/article/13287/<br /><br />でも。全体を「シロッコ」にします<br />

    多分、正確には、「シロッコ」とは、手前に見える、レストランの事。
    私達が「シロッコ」(SIROCCO)と思っているところは、写真の先端に見える赤いリングで、名前は、「スカイバー」(SKY BAR)。
    https://www.travel.co.jp/guide/article/13287/

    でも。全体を「シロッコ」にします

  • これが、バンコク観光の定番となったルーフトップバーでもっとも有名な「シロッコ」です。<br />ルーフトップバーとは、屋上階に設けたオープンエア形式のバーのこと。地震が少なく、建築基準がゆるいタイでは、日本では考えられないようなスタイルのルーフトップバーが数多く見られます。

    これが、バンコク観光の定番となったルーフトップバーでもっとも有名な「シロッコ」です。
    ルーフトップバーとは、屋上階に設けたオープンエア形式のバーのこと。地震が少なく、建築基準がゆるいタイでは、日本では考えられないようなスタイルのルーフトップバーが数多く見られます。

  • ホテルの敷地の外にバーが飛び出しています。バーと外を隔てるのは、胸の高さほどの薄いガラス板だけ。危険が一杯。<br />

    ホテルの敷地の外にバーが飛び出しています。バーと外を隔てるのは、胸の高さほどの薄いガラス板だけ。危険が一杯。

  • もう一枚。<br />危ない!!   とは思いませんか!!

    イチオシ

    もう一枚。
    危ない!!   とは思いませんか!!

  • 欧米人が多く、意外ですが、中国人があまりおられません。<br />(ただ、4名の日本人サラリーマンが大声でしゃべっていたのが残念)

    欧米人が多く、意外ですが、中国人があまりおられません。
    (ただ、4名の日本人サラリーマンが大声でしゃべっていたのが残念)

  • 右上方では、バンドの演奏

    右上方では、バンドの演奏

  • シロッコの説明と写真が多くすいません。<br /><br />それでは、おやすみなさい。

    シロッコの説明と写真が多くすいません。

    それでは、おやすみなさい。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

タイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
タイ最安 189円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

タイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集