人吉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「青春18きっぷ」を利用して、真夏の九州・佐賀を巡るローカル線の旅を満喫してきました。<br /><br />--<br />真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~「ゾンビランドサガ」の聖地「ドライブイン鳥」に訪れてみた~<br />https://4travel.jp/travelogue/11525471<br /><br />真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~「ゾンビランドサガ」の聖地を巡る唐津の街中散策に訪れてみた~<br />https://4travel.jp/travelogue/11526610<br /><br />真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~「ゾンビランドサガ」ラッピング列車を追いかけて、そして「ゾンビナイトサガ」~<br />https://4travel.jp/travelogue/11529189<br /><br />真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~【番外編】JR肥薩線を走る蒸気機関車・通称“ハチロク”「SL人吉」に乗って~<br />https://4travel.jp/travelogue/11532428<br />--<br /><br />JR肥薩線を走る蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」に乗って、人吉駅までのSL列車の旅を満喫してきました。

真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~【番外編】JR肥薩線を走る蒸気機関車・通称“ハチロク”「SL人吉」に乗って~

299いいね!

2019/08/03 - 2019/08/03

2位(同エリア321件中)

旅行記グループ 真夏の九州を巡る旅2019

1

53

裏山秀人

裏山秀人さん

「青春18きっぷ」を利用して、真夏の九州・佐賀を巡るローカル線の旅を満喫してきました。

--
真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~「ゾンビランドサガ」の聖地「ドライブイン鳥」に訪れてみた~
https://4travel.jp/travelogue/11525471

真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~「ゾンビランドサガ」の聖地を巡る唐津の街中散策に訪れてみた~
https://4travel.jp/travelogue/11526610

真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~「ゾンビランドサガ」ラッピング列車を追いかけて、そして「ゾンビナイトサガ」~
https://4travel.jp/travelogue/11529189

真夏の九州・佐賀を巡る旅 ~【番外編】JR肥薩線を走る蒸気機関車・通称“ハチロク”「SL人吉」に乗って~
https://4travel.jp/travelogue/11532428
--

JR肥薩線を走る蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」に乗って、人吉駅までのSL列車の旅を満喫してきました。

同行者
一人旅
交通手段
JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 「青春18きっぷ」を利用した真夏の九州・佐賀遠征編・・・<br />佐賀県を舞台にする人気アニメ「ゾンビランドサガ」の聖地を巡礼してきた、三日間に及ぶやや“萌え”寄りな(笑)今回の夏色の風景探しの旅<br />後は家路に着くだけなのですが・・・

    「青春18きっぷ」を利用した真夏の九州・佐賀遠征編・・・
    佐賀県を舞台にする人気アニメ「ゾンビランドサガ」の聖地を巡礼してきた、三日間に及ぶやや“萌え”寄りな(笑)今回の夏色の風景探しの旅
    後は家路に着くだけなのですが・・・

  • せっかく遠路はるばる訪れた九州の地ですので、もうちょこっとだけ寄り道をしてみたい!\(^o^)/

    せっかく遠路はるばる訪れた九州の地ですので、もうちょこっとだけ寄り道をしてみたい!\(^o^)/

  • はい、朝の熊本駅にやって来ました<br />前回から4年振りに再訪する熊本駅でしたが、以前の地上駅だった熊本駅からすっかりと立派な駅舎風景に様変わりしていて早速驚かされてしまった瞬間でしたねw

    はい、朝の熊本駅にやって来ました
    前回から4年振りに再訪する熊本駅でしたが、以前の地上駅だった熊本駅からすっかりと立派な駅舎風景に様変わりしていて早速驚かされてしまった瞬間でしたねw

    熊本駅

  • さてさて、これまで日本全国を走るSLを片っ端から“乗り鉄”してきた“鉄っちゃん”な私ではございますが、ゆういつ乗車していないSLがココ九州・熊本の地にありまして・・・

    さてさて、これまで日本全国を走るSLを片っ端から“乗り鉄”してきた“鉄っちゃん”な私ではございますが、ゆういつ乗車していないSLがココ九州・熊本の地にありまして・・・

  • すっかりと立派な駅舎風景に様変わりした熊本駅ホームの先からお姿を現した、九州・熊本の地を代表する往年の力強い鉄道風景

    すっかりと立派な駅舎風景に様変わりした熊本駅ホームの先からお姿を現した、九州・熊本の地を代表する往年の力強い鉄道風景

  • 9:22 熊本駅6番線ホームに蒸気機関車58654号機「SL人吉」が入線です<br />初めて目にするこの往年の力強いお姿を前にして、つい夢中になってシャッターを押し続けてしまった胸熱な瞬間でありました~w\(^o^)/

    9:22 熊本駅6番線ホームに蒸気機関車58654号機「SL人吉」が入線です
    初めて目にするこの往年の力強いお姿を前にして、つい夢中になってシャッターを押し続けてしまった胸熱な瞬間でありました~w\(^o^)/

    SL人吉 乗り物

  • JR肥薩線(熊本駅~人吉駅)間を走る、現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」<br />私自身、これまで“乗り鉄”してきた中でまだ一度も乗車したことがないSL列車でもあるだけに、これから始まるSL列車の旅に否が応にも期待が膨らむばかりであります、ワクワク...(((o(*゚▽゚*)o)))

    JR肥薩線(熊本駅~人吉駅)間を走る、現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」
    私自身、これまで“乗り鉄”してきた中でまだ一度も乗車したことがないSL列車でもあるだけに、これから始まるSL列車の旅に否が応にも期待が膨らむばかりであります、ワクワク...(((o(*゚▽゚*)o)))

  • ではでは、早速乗車してみましょう~・・・おおー!!<br />実にJR九州の観光列車らしい、決して期待を裏切らない魅力的な車内空間が早速お出迎えですw(#^.^#)

    ではでは、早速乗車してみましょう~・・・おおー!!
    実にJR九州の観光列車らしい、決して期待を裏切らない魅力的な車内空間が早速お出迎えですw(#^.^#)

  • 座席もレトロ調な趣のある素敵なボックスシートであり、これから始まるSL列車での贅沢な旅の時間を十分に満喫出来そうです

    座席もレトロ調な趣のある素敵なボックスシートであり、これから始まるSL列車での贅沢な旅の時間を十分に満喫出来そうです

  • そして、「SL人吉」と言えばやはりこの展望ラウンジ<br />この高級感溢れるパノラマ空間を前に、今から心躍る瞬間でありましたね~w(#^.^#)

    そして、「SL人吉」と言えばやはりこの展望ラウンジ
    この高級感溢れるパノラマ空間を前に、今から心躍る瞬間でありましたね~w(#^.^#)

  • そろそろ「SL人吉」出発のお時間<br />熊本駅6番線ホームに広がるこの魅惑的な風景の数々を目の前にして、期待から確信に変わる瞬間でもありましたね・・・「うん、これは間違いない!」とw

    そろそろ「SL人吉」出発のお時間
    熊本駅6番線ホームに広がるこの魅惑的な風景の数々を目の前にして、期待から確信に変わる瞬間でもありましたね・・・「うん、これは間違いない!」とw

  • 9:45 「SL人吉」は熊本駅を出発<br />熊本の地に素敵な汽笛を高々と上げて、蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”は熊本駅6番線ホームからゆっくりと離れていきます<br />ホーム上からは大勢のギャラリー達が「SL人吉」をお見送りする、実に気持ちのいい風景がありましたね

    9:45 「SL人吉」は熊本駅を出発
    熊本の地に素敵な汽笛を高々と上げて、蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”は熊本駅6番線ホームからゆっくりと離れていきます
    ホーム上からは大勢のギャラリー達が「SL人吉」をお見送りする、実に気持ちのいい風景がありましたね

  • 熊本駅を出発しました「SL人吉」はゆっくりと、でもとても力強く走っていきます<br />まあとにかく、当日の熊本はまさに“火の国”を思わせるような真夏の猛烈な暑さだったにも関わらず、展望ラウンジ後方に広がる蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”からの力強い黒煙がとても印象的でしたね~<br />日本最古のご老体な蒸気機関車が演出する、猛烈な暑さに負けないこの力強い車窓風景に早速感動すら覚えてしまう瞬間でもありました

    熊本駅を出発しました「SL人吉」はゆっくりと、でもとても力強く走っていきます
    まあとにかく、当日の熊本はまさに“火の国”を思わせるような真夏の猛烈な暑さだったにも関わらず、展望ラウンジ後方に広がる蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”からの力強い黒煙がとても印象的でしたね~
    日本最古のご老体な蒸気機関車が演出する、猛烈な暑さに負けないこの力強い車窓風景に早速感動すら覚えてしまう瞬間でもありました

  • そして、もう一つ感動してしまった、展望ラウンジに存在する素敵な風景<br />後方に広がる大パノラマな車窓に向けてポツンと置かれた小さな椅子が佇む風景

    そして、もう一つ感動してしまった、展望ラウンジに存在する素敵な風景
    後方に広がる大パノラマな車窓に向けてポツンと置かれた小さな椅子が佇む風景

  • う~ん、こうゆう“お子様目線”な部分にもきめ細やかに行き届いた素敵な仕掛けが「SL人吉」車内のいたるところに存在しているのも、JR九州ならではな実に素晴らしい風景でしたね~<br />後方の大パノラマな車窓風景を楽しそうに満喫するお子様達のお姿についほっこりとしてしまう笑顔の瞬間でもありましたw(#^.^#)

    う~ん、こうゆう“お子様目線”な部分にもきめ細やかに行き届いた素敵な仕掛けが「SL人吉」車内のいたるところに存在しているのも、JR九州ならではな実に素晴らしい風景でしたね~
    後方の大パノラマな車窓風景を楽しそうに満喫するお子様達のお姿についほっこりとしてしまう笑顔の瞬間でもありましたw(#^.^#)

  • 10:30 「SL人吉」は八代駅に到着<br />この駅では6分ほどの停車時間がございます<br />ホーム反対側に現れたのは、これもJR九州を代表する魅力的な観光列車「特急かわせみ やませみ」

    10:30 「SL人吉」は八代駅に到着
    この駅では6分ほどの停車時間がございます
    ホーム反対側に現れたのは、これもJR九州を代表する魅力的な観光列車「特急かわせみ やませみ」

    八代駅

  • 10:36 「SL人吉」は八代駅を出発<br />観光列車「特急かわせみ やませみ」と列車交換した後、「SL人吉」はいよいよ九州を代表する清流球磨川に沿って、球磨川沿いに広がる美しい大河風景の中を走っていきます

    10:36 「SL人吉」は八代駅を出発
    観光列車「特急かわせみ やませみ」と列車交換した後、「SL人吉」はいよいよ九州を代表する清流球磨川に沿って、球磨川沿いに広がる美しい大河風景の中を走っていきます

  • 蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”は、当日の“火の国”の猛烈な暑さにも負けずに力強い黒煙を見せながら変わらずに進んでいきます<br />ちなみに、「SL人吉」は基本的に窓の開閉は禁止されていますので、乗車中にSLの黒煙を直に感じることは出来ません<br />ま、こんなクソ暑い中、窓を開ける必要もございませんがw

    蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”は、当日の“火の国”の猛烈な暑さにも負けずに力強い黒煙を見せながら変わらずに進んでいきます
    ちなみに、「SL人吉」は基本的に窓の開閉は禁止されていますので、乗車中にSLの黒煙を直に感じることは出来ません
    ま、こんなクソ暑い中、窓を開ける必要もございませんがw

  • 蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”からの力強い黒煙に包まれながら進んでいくと、車窓に現れたのは幻想的なエメラルドグリーンの風景<br />球磨川が織り成すこの美しい清流風景には終始魅了されっぱなしでありましたね~<br />そうそう、九州を代表するこの幻想的な清流風景が見たかったのですよ!

    蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”からの力強い黒煙に包まれながら進んでいくと、車窓に現れたのは幻想的なエメラルドグリーンの風景
    球磨川が織り成すこの美しい清流風景には終始魅了されっぱなしでありましたね~
    そうそう、九州を代表するこの幻想的な清流風景が見たかったのですよ!

  • そして、幻想的なエメラルドグリーンの風景を車窓に映しながら現れたのは、全国に二つしか残っていない鉄道トラス橋であります「球磨川第一橋梁」の大変貴重な鉄道風景<br />日本最古の蒸気機関車が素敵に織り成すSLの鼓動や匂いと一緒に、変わることのない球磨川が演出する真夏の美しい清流風景を余すことなく五感で感じることが出来ましたね~

    そして、幻想的なエメラルドグリーンの風景を車窓に映しながら現れたのは、全国に二つしか残っていない鉄道トラス橋であります「球磨川第一橋梁」の大変貴重な鉄道風景
    日本最古の蒸気機関車が素敵に織り成すSLの鼓動や匂いと一緒に、変わることのない球磨川が演出する真夏の美しい清流風景を余すことなく五感で感じることが出来ましたね~

  • 11:18 「SL人吉」は白石駅に到着<br />この駅では5分ほどの停車時間がございます<br />明治41年に建てられた、肥薩線開業当初のままの駅舎風景が残ってることでも有名な駅なのですが・・・

    11:18 「SL人吉」は白石駅に到着
    この駅では5分ほどの停車時間がございます
    明治41年に建てられた、肥薩線開業当初のままの駅舎風景が残ってることでも有名な駅なのですが・・・

    白石駅

  • 肥薩線開業当初のままの風景と一緒に、JR肥薩線を走る蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」を一枚パチリ☆

    イチオシ

    肥薩線開業当初のままの風景と一緒に、JR肥薩線を走る蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」を一枚パチリ☆

  • 白石駅での短い停車時間でありましたが、JR肥薩線の開業当初のままの風景を十分に感じることが出来ました<br />また、発車する際に乗務員さんが手持ちの発車ベルを鳴らしながらホームを歩きまわる、昔ながらの出発の光景が再現された鉄道風景も、時代を十分に感じさせてくれてとても印象的でしたね

    白石駅での短い停車時間でありましたが、JR肥薩線の開業当初のままの風景を十分に感じることが出来ました
    また、発車する際に乗務員さんが手持ちの発車ベルを鳴らしながらホームを歩きまわる、昔ながらの出発の光景が再現された鉄道風景も、時代を十分に感じさせてくれてとても印象的でしたね

  • 白石駅を出発した「SL人吉」は引き続き、球磨川の美しい清流風景を車窓に映しながら進んでいきます<br />車窓に映り込むことによって展望ラウンジ内が美しく染まる、球磨川らしい綺麗なエメラルドグリーンがとってもいい雰囲気でしたね~

    白石駅を出発した「SL人吉」は引き続き、球磨川の美しい清流風景を車窓に映しながら進んでいきます
    車窓に映り込むことによって展望ラウンジ内が美しく染まる、球磨川らしい綺麗なエメラルドグリーンがとってもいい雰囲気でしたね~

  • 11:38 「SL人吉」は一勝地駅に到着<br />この駅では10分ほどの停車時間がございます

    11:38 「SL人吉」は一勝地駅に到着
    この駅では10分ほどの停車時間がございます

    一勝地駅

  • JR肥薩線の言わずと知れた名物駅<br />日本全国の受験生やスポーツ選手にとって大変縁起の良い駅としても一勝地駅は有名ですよね~

    JR肥薩線の言わずと知れた名物駅
    日本全国の受験生やスポーツ選手にとって大変縁起の良い駅としても一勝地駅は有名ですよね~

  • そんな必勝祈願にご利益あり!な大変有難い駅ではありますが、この駅も何処か時代を感じさせる古き良き駅舎風景がとても印象的でしたね<br />古き良き駅舎の中では名物のお守りの他、地元特産品なども販売されていました<br />一度は訪れてみたかった一勝地駅でありましたが、JR肥薩線ならではな素敵な鉄道風景の数々を十分に感じることが出来ました

    そんな必勝祈願にご利益あり!な大変有難い駅ではありますが、この駅も何処か時代を感じさせる古き良き駅舎風景がとても印象的でしたね
    古き良き駅舎の中では名物のお守りの他、地元特産品なども販売されていました
    一度は訪れてみたかった一勝地駅でありましたが、JR肥薩線ならではな素敵な鉄道風景の数々を十分に感じることが出来ました

  • 一勝地駅を出発した後、清流球磨川沿いから離れた「SL人吉」は終着人吉駅に向けてラストスパートをかけていきます<br />車窓に映る“火の国”らしいのどかな夏色風景を眺めながら、時折前方のほうから聞こえてくる往年の力強いハチロクサウンドを楽しむ、とてもゆっくりとした贅沢な時間を十分に満喫することが出来ましたねえ<br />ほんと、こうゆう五感を刺激する素敵なひとときって貴重なことだと思いますよ

    一勝地駅を出発した後、清流球磨川沿いから離れた「SL人吉」は終着人吉駅に向けてラストスパートをかけていきます
    車窓に映る“火の国”らしいのどかな夏色風景を眺めながら、時折前方のほうから聞こえてくる往年の力強いハチロクサウンドを楽しむ、とてもゆっくりとした贅沢な時間を十分に満喫することが出来ましたねえ
    ほんと、こうゆう五感を刺激する素敵なひとときって貴重なことだと思いますよ

  • そして、人生初めての“乗り鉄”であった「SL人吉」でのSL列車の旅<br />JR九州ならではのきめ細やかなおもてなしの数々にひと味もふた味も違った素晴らしいSL列車の旅が体験出来ましたね<br />また一つ、素敵な旅の思い出が出来ましたよw(#^.^#)

    そして、人生初めての“乗り鉄”であった「SL人吉」でのSL列車の旅
    JR九州ならではのきめ細やかなおもてなしの数々にひと味もふた味も違った素晴らしいSL列車の旅が体験出来ましたね
    また一つ、素敵な旅の思い出が出来ましたよw(#^.^#)

  • それ以外にも、ゆく先々で老若男女全ての方々が「SL人吉」に向けて笑顔で手を振る、ひと味もふた味も違った素晴らしい光景が車窓にたくさん映り込んできましたね<br />沿線の方々からの素晴らしいおもてなしの心にもたくさんの元気を頂くことが出来ました

    それ以外にも、ゆく先々で老若男女全ての方々が「SL人吉」に向けて笑顔で手を振る、ひと味もふた味も違った素晴らしい光景が車窓にたくさん映り込んできましたね
    沿線の方々からの素晴らしいおもてなしの心にもたくさんの元気を頂くことが出来ました

  • 「SL人吉」でのSL列車の旅もいよいよクライマックス<br />明治44年に建てられた、現在も現役で使われている石造機関庫としては国内唯一の機関庫「人吉機関庫」が見えて来ました

    「SL人吉」でのSL列車の旅もいよいよクライマックス
    明治44年に建てられた、現在も現役で使われている石造機関庫としては国内唯一の機関庫「人吉機関庫」が見えて来ました

  • 12:09 「SL人吉」は人吉駅に到着です<br />およそ2時間半のほどの、現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”が牽引する「SL人吉」を十分に感じることが出来た素敵なSL列車の旅でありました

    12:09 「SL人吉」は人吉駅に到着です
    およそ2時間半のほどの、現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”が牽引する「SL人吉」を十分に感じることが出来た素敵なSL列車の旅でありました

    人吉駅 (JR九州) /人吉温泉駅 (くま川鉄道)

  • 「SL人吉」終着駅の風景と一緒に、JR肥薩線を走る蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」を一枚パチリ☆

    イチオシ

    「SL人吉」終着駅の風景と一緒に、JR肥薩線を走る蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」を一枚パチリ☆

  • いやあ~、ほんとに素晴らしい2時間半のひとときでしたね、ほんと癒されましたわ~♪(*´∀`*)<br />「SL人吉」・・・私の中ではかなりの上位ランキングに入り込むSLであったかなw<br />是非また乗りたい!

    いやあ~、ほんとに素晴らしい2時間半のひとときでしたね、ほんと癒されましたわ~♪(*´∀`*)
    「SL人吉」・・・私の中ではかなりの上位ランキングに入り込むSLであったかなw
    是非また乗りたい!

  • 人吉駅と言えばやはりこの風景なんじゃないのかなw<br />現在では全国的にも珍しい駅弁の立ち売り風景、有名な“人吉の顔”を無事に見届けることが出来ました

    人吉駅と言えばやはりこの風景なんじゃないのかなw
    現在では全国的にも珍しい駅弁の立ち売り風景、有名な“人吉の顔”を無事に見届けることが出来ました

  • さてさて、“火の国”の古都としても有名な人吉の街<br />この後の蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”の転車台風景や駅前に建つ「人吉鉄道ミュージアム」など、人吉駅周辺には“鉄っちゃん”にとっても大変魅力的な鉄道風景がたくさんあるのですが・・・<br />本日は次なるミッションがあり、この後すぐに人吉駅を出発する列車に乗り込まなければならないので、今回は敢え無く断念...<br />また訪れる機会があれば、今度は人吉の街をぶらり散策してみたいものですねえ~

    さてさて、“火の国”の古都としても有名な人吉の街
    この後の蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”の転車台風景や駅前に建つ「人吉鉄道ミュージアム」など、人吉駅周辺には“鉄っちゃん”にとっても大変魅力的な鉄道風景がたくさんあるのですが・・・
    本日は次なるミッションがあり、この後すぐに人吉駅を出発する列車に乗り込まなければならないので、今回は敢え無く断念...
    また訪れる機会があれば、今度は人吉の街をぶらり散策してみたいものですねえ~

    人吉駅前からくりモニュメント 名所・史跡

  • JR肥薩線のローカル列車に乗って、一路鎌瀬駅にやって来ました

    JR肥薩線のローカル列車に乗って、一路鎌瀬駅にやって来ました

    鎌瀬駅

  • 清流球磨川と「球磨川第一橋梁」を渡る、JR肥薩線を走る観光列車「特急かわせみ やませみ」を一枚パチリ☆

    清流球磨川と「球磨川第一橋梁」を渡る、JR肥薩線を走る観光列車「特急かわせみ やませみ」を一枚パチリ☆

  • 思い出に残る素晴らしい体験が出来ました、今回の「SL人吉」でのSL列車の旅<br />はい、実に素晴らしかった「SL人吉」でしたので“鉄っちゃん”的にはやはり、「SL人吉」の走る勇姿もお見送りしておきたい!\(^o^)/<br />という訳で、JR肥薩線といったらこの風景!でもあります、鎌瀬駅近くにある知る人ぞ知る絶景フォトスポットにやって来ました

    思い出に残る素晴らしい体験が出来ました、今回の「SL人吉」でのSL列車の旅
    はい、実に素晴らしかった「SL人吉」でしたので“鉄っちゃん”的にはやはり、「SL人吉」の走る勇姿もお見送りしておきたい!\(^o^)/
    という訳で、JR肥薩線といったらこの風景!でもあります、鎌瀬駅近くにある知る人ぞ知る絶景フォトスポットにやって来ました

  • 目の前に映る、清流球磨川を渡る特徴的な鉄道トラス橋がある鉄道風景<br />JR肥薩線の「球磨川第一橋梁」です<br />現在も肥薩線開業当初のまま綺麗に残る、球磨川の綺麗なエメラルドグリーンによって鉄道トラス橋が織り成す赤色の色彩風景がより一層印象的に映える、他ではそうなかなか見つけられないとっても貴重な鉄道風景ですよねえ~

    目の前に映る、清流球磨川を渡る特徴的な鉄道トラス橋がある鉄道風景
    JR肥薩線の「球磨川第一橋梁」です
    現在も肥薩線開業当初のまま綺麗に残る、球磨川の綺麗なエメラルドグリーンによって鉄道トラス橋が織り成す赤色の色彩風景がより一層印象的に映える、他ではそうなかなか見つけられないとっても貴重な鉄道風景ですよねえ~

    球磨川第一橋梁 名所・史跡

  • それにしてもやはり気になるのは、当日の清流球磨川が幻想的に魅せる綺麗なエメラルドグリーンの水面風景...<br />そりゃあ、もっと近くで見てみたいですよねえ~<br />球磨川の川岸まで降りてみました

    それにしてもやはり気になるのは、当日の清流球磨川が幻想的に魅せる綺麗なエメラルドグリーンの水面風景...
    そりゃあ、もっと近くで見てみたいですよねえ~
    球磨川の川岸まで降りてみました

  • 最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つとも歌われている球磨川からの風景<br />ちょうど、球磨川の急流を下っていくラフティングの風景を見つけました、一枚パチリ☆<br />河岸近くから見てみると綺麗なエメラルドグリーンの水面風景とは一変した、球磨川の迫力満点な急流風景が広がっていましたね

    最上川・富士川と並ぶ日本三大急流の一つとも歌われている球磨川からの風景
    ちょうど、球磨川の急流を下っていくラフティングの風景を見つけました、一枚パチリ☆
    河岸近くから見てみると綺麗なエメラルドグリーンの水面風景とは一変した、球磨川の迫力満点な急流風景が広がっていましたね

  • 清流球磨川と「球磨川第一橋梁」を渡る、JR肥薩線のローカル列車を一枚パチリ☆<br />いやいや、球磨川の自然美を十分に感じる見事な絶景ではありませんかー<br />写真では伝わりにくいのですが、当日現地のほんと燃えてしまうんじゃないか?というくらいな猛烈な暑さで、JR肥薩線の列車がやって来るのを待っている間はすっかりとヘロヘロピー状態だったのですが(笑)、この自然美溢れる清流空間だけはほんとオアシスでした~w(*´∀`*)

    清流球磨川と「球磨川第一橋梁」を渡る、JR肥薩線のローカル列車を一枚パチリ☆
    いやいや、球磨川の自然美を十分に感じる見事な絶景ではありませんかー
    写真では伝わりにくいのですが、当日現地のほんと燃えてしまうんじゃないか?というくらいな猛烈な暑さで、JR肥薩線の列車がやって来るのを待っている間はすっかりとヘロヘロピー状態だったのですが(笑)、この自然美溢れる清流空間だけはほんとオアシスでした~w(*´∀`*)

  • 球磨川の自然美溢れる清流風景の中でぼけええぇぇぇ~とゆっくりのんびりとする、とっても気持ちのいい癒しのひととき<br />さあ、そろそろ現役のSL列車としては日本最古である、JR肥薩線を走るあの蒸気機関車がやってきますよー

    球磨川の自然美溢れる清流風景の中でぼけええぇぇぇ~とゆっくりのんびりとする、とっても気持ちのいい癒しのひととき
    さあ、そろそろ現役のSL列車としては日本最古である、JR肥薩線を走るあの蒸気機関車がやってきますよー

  • 清流球磨川を渡る特徴的な鉄道トラス橋が素敵に織り成す赤色の色彩空間の中からお姿を現した、現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車

    清流球磨川を渡る特徴的な鉄道トラス橋が素敵に織り成す赤色の色彩空間の中からお姿を現した、現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車

  • 清流球磨川と「球磨川第一橋梁」を渡る、JR肥薩線を走る蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」を一枚パチリ☆<br /><br />「め ち ゃ く ち ゃ く あ っ ち ょ え え え え え ! ! ! ! ! \(^o^)/」

    清流球磨川と「球磨川第一橋梁」を渡る、JR肥薩線を走る蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”「SL人吉」を一枚パチリ☆

    「め ち ゃ く ち ゃ く あ っ ち ょ え え え え え ! ! ! ! ! \(^o^)/」

  • いつかは刮目してみたい!と常々思っていた、JR肥薩線「球磨川第一橋梁」を渡る「SL人吉」の鉄道風景<br />当日現地の猛烈な暑さだったにも関わらず、現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車のご老体から力強い黒煙が吐き出されるこの往年の勇姿を前にして、もう感動すら覚えてしまう実に胸熱な瞬間でありましたね!

    いつかは刮目してみたい!と常々思っていた、JR肥薩線「球磨川第一橋梁」を渡る「SL人吉」の鉄道風景
    当日現地の猛烈な暑さだったにも関わらず、現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車のご老体から力強い黒煙が吐き出されるこの往年の勇姿を前にして、もう感動すら覚えてしまう実に胸熱な瞬間でありましたね!

  • JR肥薩線を代表する、「球磨川第一橋梁」とコラボした「SL人吉」の迫力満点な勇姿を刮目出来たことはまさに奇跡的なひとときでもありました<br />めっちゃ爆煙!ほんとに素晴らしかった・・・ミッションコンプリート!\(^o^)/<br />(ただ、この時一緒に動画も撮影していたのですけど、当日現地の猛烈な暑さの影響で機材が熱暴走を起こしてしまい撮影出来なかったのはナイショの話w)

    JR肥薩線を代表する、「球磨川第一橋梁」とコラボした「SL人吉」の迫力満点な勇姿を刮目出来たことはまさに奇跡的なひとときでもありました
    めっちゃ爆煙!ほんとに素晴らしかった・・・ミッションコンプリート!\(^o^)/
    (ただ、この時一緒に動画も撮影していたのですけど、当日現地の猛烈な暑さの影響で機材が熱暴走を起こしてしまい撮影出来なかったのはナイショの話w)

  • 今日はこれまでまだ一度も乗車したことがなかった「SL人吉」でのSL列車の旅を十分に満喫して、更には現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”の往年の勇姿を気持ちよくお見送りすることも出来た、“鉄っちゃん”的にも実に大満足な一日でありました<br />今回の真夏の九州遠征編での旅の最後の締めを飾るに相応しい素敵なひとときでしたねw

    今日はこれまでまだ一度も乗車したことがなかった「SL人吉」でのSL列車の旅を十分に満喫して、更には現役のSL列車としては日本最古である蒸気機関車58654号機・通称“ハチロク”の往年の勇姿を気持ちよくお見送りすることも出来た、“鉄っちゃん”的にも実に大満足な一日でありました
    今回の真夏の九州遠征編での旅の最後の締めを飾るに相応しい素敵なひとときでしたねw

  • 真夏の九州の地をやや“萌え”寄り目線で巡ってきた、更にはいつも通りな“鉄っちゃん”目線で巡ってきた、今回の三日間+一日に及ぶ真夏の九州・佐賀遠征編<br />今回も非常に内容の濃い、でも実に大満足な風景探しの旅が出来ました<br />(内容がちょっと濃すぎだったかな・・・毎度のことではございますがw)

    真夏の九州の地をやや“萌え”寄り目線で巡ってきた、更にはいつも通りな“鉄っちゃん”目線で巡ってきた、今回の三日間+一日に及ぶ真夏の九州・佐賀遠征編
    今回も非常に内容の濃い、でも実に大満足な風景探しの旅が出来ました
    (内容がちょっと濃すぎだったかな・・・毎度のことではございますがw)

  • JR肥薩線のローカル列車に乗って、鎌瀬駅を後にします<br />しかしまあ・・・真夏の九州ほんとにクソ暑かった~w(´Д`;)

    JR肥薩線のローカル列車に乗って、鎌瀬駅を後にします
    しかしまあ・・・真夏の九州ほんとにクソ暑かった~w(´Д`;)

  • “熊本の顔”でもありますあの御人に最後のお別れの挨拶を済ませて、日常空間(→本州)へと戻っていきました<br />今回もたくさんの感動をありがとうございました<br /><br />(さてさて、我が家に戻ってからの写真整理が大変だあ~\(^o^)/・・・→今に至るw)

    “熊本の顔”でもありますあの御人に最後のお別れの挨拶を済ませて、日常空間(→本州)へと戻っていきました
    今回もたくさんの感動をありがとうございました

    (さてさて、我が家に戻ってからの写真整理が大変だあ~\(^o^)/・・・→今に至るw)

  • ところで、我が家から九州の地まで「青春18きっぷ」を使って各駅電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、相当な時間をかけて日本を横断してやって来ました、今回の「青春18きっぷ」を利用した真夏の九州・佐賀遠征編・・・<br />当然、帰りも「青春18きっぷ」を使って、九州の地から各駅電車を乗り継ぎ乗り継ぎ・・・(^_^;)

    ところで、我が家から九州の地まで「青春18きっぷ」を使って各駅電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、相当な時間をかけて日本を横断してやって来ました、今回の「青春18きっぷ」を利用した真夏の九州・佐賀遠征編・・・
    当然、帰りも「青春18きっぷ」を使って、九州の地から各駅電車を乗り継ぎ乗り継ぎ・・・(^_^;)

299いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • mom Kazuko さん 2019/12/24 09:16:38
    「人吉」ですね
    裏山秀人さん、おはようございます。初めまして。私の旅行記に目を止めてくださってありがとうございます。
    表紙のお写真に強く感じ、「お姿」の言葉、ぴったり。
    「人吉機関庫」を見に行かねば。
    鉄道ファンの方は、本当に熱い思いをもっておられるというのが伝わりました。
    明治に建てられた、上記。符合します。台北郊外の古い路線、乗られたことありますか。平渓線だったと。日本統治時代、九州と同じように炭鉱路線だったところ。同じような形で機関庫現役です。私が乗り降りしたのは4年前ですが、今内外の観光客に脚光を浴びています。日本人だけの小学校が2000人規模であったということですから、往時の活況想像できます。
    立派な列車には乗ったことがありませんが、その国らしい通常運行列車には出会えて、よい思い出です。鉄道の旅の味わい私も少しはわかります。ありがとうございます。
    椅子のお写真も。

裏山秀人さんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

人吉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集