クイーンズタウン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。<br /># ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、<br /># そちらの旅行記もよろしければご覧ください。<br /># 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!<br />#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/<br />行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。<br /><br />今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。<br /><br />結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)<br /><br />今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・<br /><br />◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)<br />★8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90<br />★8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown<br />・8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)<br />・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)<br />・8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough<br />・8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)<br />・8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington<br />・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

2019夏休みは冬の南半球、ニュージーランドで星空とワインを Part 1/7 オーロラ@クイーンズタウン

15いいね!

2019/08/04 - 2019/08/11

131位(同エリア803件中)

過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。
# ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、
# そちらの旅行記もよろしければご覧ください。
# 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!
#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/
行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。

今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。

結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)

今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・

◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)
★8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90
★8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown
・8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)
・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)
・8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough
・8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)
・8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington
・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩
航空会社
ニュージーランド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 旅の始まりは成田のANA Loungeから。お盆前ではあるけど、夏休みシーズンではあるので、さすがに成田とはいえ空港全体的に混んでましたね。出国審査は有人・顔認証ゲートとも行列ができていました。まさかの「自動化ゲート」なんて使う人はほとんどいないようで、スルッと抜けました。顔認証ゲートが本格化している今となっては「自動化ゲート」はある意味優先レーンですかね。<br />軽めのお昼しか食べていないのでここで軽食をつまんでおく。オレンジジュースのボタンを押したはずだけど、ジュースと同時に出てくる水(?)しか出てこなかったので謎の透明の液体を飲みます。

    旅の始まりは成田のANA Loungeから。お盆前ではあるけど、夏休みシーズンではあるので、さすがに成田とはいえ空港全体的に混んでましたね。出国審査は有人・顔認証ゲートとも行列ができていました。まさかの「自動化ゲート」なんて使う人はほとんどいないようで、スルッと抜けました。顔認証ゲートが本格化している今となっては「自動化ゲート」はある意味優先レーンですかね。
    軽めのお昼しか食べていないのでここで軽食をつまんでおく。オレンジジュースのボタンを押したはずだけど、ジュースと同時に出てくる水(?)しか出てこなかったので謎の透明の液体を飲みます。

  • 隣のゲートにはFlying Honuがいましたね。トゥールーズからのフェリー便で到着したときの「Flyng Honu」の痛恨のスペルミスが懐かしい。あの横断幕作ったANAの中の人、あとで怒られたんかなあ。。。

    隣のゲートにはFlying Honuがいましたね。トゥールーズからのフェリー便で到着したときの「Flyng Honu」の痛恨のスペルミスが懐かしい。あの横断幕作ったANAの中の人、あとで怒られたんかなあ。。。

  • 43番ゲートです。以前トロントに行った時もこのゲートでした。なんとなくこのゲート待ちにくいからあまり好きじゃない。

    43番ゲートです。以前トロントに行った時もこのゲートでした。なんとなくこのゲート待ちにくいからあまり好きじゃない。

  • 某中学校の短期留学(笑)の生徒たちがたくさん並んでいました。キャビン後方は彼らで埋め尽くされているようです。まあいい経験なのかもしれないが、正直言って現地でも日本人で固まって数週間だかを海外で過ごしても何になるんだろう。<br />前方席の通路側を死守できてよかった。ニュージーランド航空は前方席は若干シートピッチが広くとられていて、これが夜行便では結構効いてくるんですよね。

    某中学校の短期留学(笑)の生徒たちがたくさん並んでいました。キャビン後方は彼らで埋め尽くされているようです。まあいい経験なのかもしれないが、正直言って現地でも日本人で固まって数週間だかを海外で過ごしても何になるんだろう。
    前方席の通路側を死守できてよかった。ニュージーランド航空は前方席は若干シートピッチが広くとられていて、これが夜行便では結構効いてくるんですよね。

  • 一度目の機内食。ビーフを選択。ニュージーランド航空は地理的に国際線=長距離便になるので、エコノミークラスのサービスが良いことで有名ですね。食事もおいしかったと思います。ワインもVilla Mariaあたりにはなってしまいますが、赤はPinot NoirかMerlot、白はSauvignon BlancかChardonnayから選べるのがさすがワイン生産国。

    一度目の機内食。ビーフを選択。ニュージーランド航空は地理的に国際線=長距離便になるので、エコノミークラスのサービスが良いことで有名ですね。食事もおいしかったと思います。ワインもVilla Mariaあたりにはなってしまいますが、赤はPinot NoirかMerlot、白はSauvignon BlancかChardonnayから選べるのがさすがワイン生産国。

  • ホビットを見てから就寝。二回目の機内食は朝食として、フィッシュを選択。この鮭もゆかりご飯もかなりおいしいですよ。ワインはSauvignon Blancにしました。

    ホビットを見てから就寝。二回目の機内食は朝食として、フィッシュを選択。この鮭もゆかりご飯もかなりおいしいですよ。ワインはSauvignon Blancにしました。

  • 無事にオークランドに到着。受託手荷物を一度受け取り、厳しい税関を抜けて、国内線ターミナルへ移動してクイーンズタウン行きに乗り継ぎます。今回は一切の食べ物、飲み物も持たず入国しているので税関は非常にスムーズに抜けることができました。本当はカップ麺くらい持ってきたいんだけど。<br />写真は国内線のニュージーランド航空のラウンジです。広々としていて、食事もワインも充実していました。

    無事にオークランドに到着。受託手荷物を一度受け取り、厳しい税関を抜けて、国内線ターミナルへ移動してクイーンズタウン行きに乗り継ぎます。今回は一切の食べ物、飲み物も持たず入国しているので税関は非常にスムーズに抜けることができました。本当はカップ麺くらい持ってきたいんだけど。
    写真は国内線のニュージーランド航空のラウンジです。広々としていて、食事もワインも充実していました。

  • 先ほど二回目の機内食で朝食相当をとりましたが、小腹が空いてきたので軽食をいただいておきます。国内線のラウンジでまともな食事がとれるのは大変ありがたい。個人的には「タダ飯」には興味がないのだけど、あわただしい乗り継ぎや手荷物検査をしてから、落ち着いた空間でほっと一息、おなかが空いていたらちょっと食事もとれる、というのは大変ありがたいものと思っていただいています。<br />しかし、ラウンジで出会う日本人ってなんであんなにがっついてるんだろう・・・

    先ほど二回目の機内食で朝食相当をとりましたが、小腹が空いてきたので軽食をいただいておきます。国内線のラウンジでまともな食事がとれるのは大変ありがたい。個人的には「タダ飯」には興味がないのだけど、あわただしい乗り継ぎや手荷物検査をしてから、落ち着いた空間でほっと一息、おなかが空いていたらちょっと食事もとれる、というのは大変ありがたいものと思っていただいています。
    しかし、ラウンジで出会う日本人ってなんであんなにがっついてるんだろう・・・

  • 搭乗開始。荷物をオーバーヘッドコンパートメントに入れたいので早めに乗りましたが、そんなに荷物載せる人はいないんですね。<br />国内線は高頻度運航だからか、シートは革張りです。

    搭乗開始。荷物をオーバーヘッドコンパートメントに入れたいので早めに乗りましたが、そんなに荷物載せる人はいないんですね。
    国内線は高頻度運航だからか、シートは革張りです。

  • 国際線と同じで、ニュージーランド航空は前方席ほどシートピッチが広めにとられています。国内線はビジネスクラスの設定が無いので、そのあたりが考慮されているのかもしれません。結構足元が広くて快適です。

    国際線と同じで、ニュージーランド航空は前方席ほどシートピッチが広めにとられています。国内線はビジネスクラスの設定が無いので、そのあたりが考慮されているのかもしれません。結構足元が広くて快適です。

  • 定刻通り離陸しました。オークランドは相変わらず天気が悪かったのですが、雲の上に上がり、沿岸部に出ると景色がよく見えるようになりました。結構波が立っているようです。

    定刻通り離陸しました。オークランドは相変わらず天気が悪かったのですが、雲の上に上がり、沿岸部に出ると景色がよく見えるようになりました。結構波が立っているようです。

  • 洋上も西のほうからどんどん雲がやってきているようです。

    洋上も西のほうからどんどん雲がやってきているようです。

  • 飲み物とスナックが配られました。クッキー or チップスということで、チップスを選択。

    飲み物とスナックが配られました。クッキー or チップスということで、チップスを選択。

  • このパッケージは材料の産地と製造地がわかりやすい。この地図を見ながら機外の景色を見ると、遠くに見える島の輪郭がよくわかりました。

    このパッケージは材料の産地と製造地がわかりやすい。この地図を見ながら機外の景色を見ると、遠くに見える島の輪郭がよくわかりました。

  • 北島と南島の海峡(?)のあたりを飛んでいます。南島の端が見えているので、奥に見える湾のあたりがMarlboroughなのでしょう。Sauvignon blancで有名ですね。今回は行きませんが、いつか来てみたい。

    北島と南島の海峡(?)のあたりを飛んでいます。南島の端が見えているので、奥に見える湾のあたりがMarlboroughなのでしょう。Sauvignon blancで有名ですね。今回は行きませんが、いつか来てみたい。

  • 南島の中央に差し掛かり、高い山々が目立つようになってきました。

    南島の中央に差し掛かり、高い山々が目立つようになってきました。

  • 冬ですが、雪が積もっているのは山の上のほうだけですね。

    冬ですが、雪が積もっているのは山の上のほうだけですね。

  • クイーンズタウンへのアプローチが始まりました。以前、かなりの曇りの中を着陸するコックピットの動画を見たことがあります(それが、クイーンズタウンに来てみたかった理由の一つ)が、山間部をレーダーと計器だけを信じて降りていくんですよ。今回も、そのような複雑なアプローチでした。有視界飛行しかなかった時代は、晴天でないと降りられなかったんでしょうね。

    クイーンズタウンへのアプローチが始まりました。以前、かなりの曇りの中を着陸するコックピットの動画を見たことがあります(それが、クイーンズタウンに来てみたかった理由の一つ)が、山間部をレーダーと計器だけを信じて降りていくんですよ。今回も、そのような複雑なアプローチでした。有視界飛行しかなかった時代は、晴天でないと降りられなかったんでしょうね。

  • 雲の切れ目に見える眼下の風景にくぎ付け。

    雲の切れ目に見える眼下の風景にくぎ付け。

  • Gibbston ValleyのCromwell寄りのあたりですかね。Central otagoの大きなwine regionです。

    Gibbston ValleyのCromwell寄りのあたりですかね。Central otagoの大きなwine regionです。

  • Gibbston Valleyに沿って空港の東側からアプローチしていきます。なかなかスリリング!

    Gibbston Valleyに沿って空港の東側からアプローチしていきます。なかなかスリリング!

  • タッチダウン。滑走路は短いので、ズドンと早めに接地してリバースかけますね。旧石垣みたいな(行ったこと、ないのですが)

    タッチダウン。滑走路は短いので、ズドンと早めに接地してリバースかけますね。旧石垣みたいな(行ったこと、ないのですが)

  • 滑走路端でUターンして、誘導路に入ります。

    滑走路端でUターンして、誘導路に入ります。

  • パッセンジャーボーディングブリッジはないので、タラップで降ります。飛行機マニヤてきにはこのほうが嬉しい。写真撮っていても特に怒られませんでした。

    パッセンジャーボーディングブリッジはないので、タラップで降ります。飛行機マニヤてきにはこのほうが嬉しい。写真撮っていても特に怒られませんでした。

  • A320です。

    A320です。

  • これは到着後、Flightradar24のデータを参照したものです。こんなルートでアプローチしていたんですね。途中でランチェンでもあったんじゃないかというようなルートです。

    これは到着後、Flightradar24のデータを参照したものです。こんなルートでアプローチしていたんですね。途中でランチェンでもあったんじゃないかというようなルートです。

  • 空港到着は12時過ぎ、ホテルに入れるのは14時過ぎなので、荷物も無事に受け取れたということで、昼食をとりました。ベーコン・エッグパイだったかな。すごくうまい、ということもなかったけど、そこそこうまかったと思います。

    空港到着は12時過ぎ、ホテルに入れるのは14時過ぎなので、荷物も無事に受け取れたということで、昼食をとりました。ベーコン・エッグパイだったかな。すごくうまい、ということもなかったけど、そこそこうまかったと思います。

  • 空港からはバスで移動してホテルに到着。GocardというICカードを購入してみましたが、結局ホテルからの帰りはタクシーにしたので、カードを買う必要はなかったかな。まあ、またいずれ来るでしょうからその時に使いましょうか。

    空港からはバスで移動してホテルに到着。GocardというICカードを購入してみましたが、結局ホテルからの帰りはタクシーにしたので、カードを買う必要はなかったかな。まあ、またいずれ来るでしょうからその時に使いましょうか。

  • 無事にチェックイン。部屋は広いです。ミニバーには特に何もなかったけど、しっかりワイングラスがあるのがワインの国だなあと。バスタブもついていました。<br />このホテルは昨年の夏にプリマスで泊まった時にも利用しました。快適なので気に入っています。

    無事にチェックイン。部屋は広いです。ミニバーには特に何もなかったけど、しっかりワイングラスがあるのがワインの国だなあと。バスタブもついていました。
    このホテルは昨年の夏にプリマスで泊まった時にも利用しました。快適なので気に入っています。

    コプソーン ホテル & リゾート レイクフロン ト クイーンズタウン ホテル

  • レイクビューの部屋にしておきました。まあ、パーシャルビューがいいとこでしょ、とか勝手に思っていたのですが、真正面にワカティプ湖と山々が見えます。控えめに言って最高です!

    レイクビューの部屋にしておきました。まあ、パーシャルビューがいいとこでしょ、とか勝手に思っていたのですが、真正面にワカティプ湖と山々が見えます。控えめに言って最高です!

    コプソーン ホテル & リゾート レイクフロン ト クイーンズタウン ホテル

  • 思わずパノラマも撮りました。

    思わずパノラマも撮りました。

    コプソーン ホテル & リゾート レイクフロン ト クイーンズタウン ホテル

  • 窓も入れるとこんな感じ。これは予想以上に良くて嬉しかった。

    窓も入れるとこんな感じ。これは予想以上に良くて嬉しかった。

    コプソーン ホテル & リゾート レイクフロン ト クイーンズタウン ホテル

  • さて、夕方になる前に市内中心部も軽く見ておきます。ホテルからは道路をまっすぐ7分くらい歩くだけなのですが、行きはよいよい、帰りは坂がつらい。とにかくすごい坂です。

    さて、夕方になる前に市内中心部も軽く見ておきます。ホテルからは道路をまっすぐ7分くらい歩くだけなのですが、行きはよいよい、帰りは坂がつらい。とにかくすごい坂です。

  • 市内中心部まで降りてきました。思っていたよりも埃っぽくなく、きれいな街です。どことなく北欧とかカナダを感じさせる街並みが落ち着きます。基本的には寒くてスキーできる街だからこんな感じになるんですかね。

    市内中心部まで降りてきました。思っていたよりも埃っぽくなく、きれいな街です。どことなく北欧とかカナダを感じさせる街並みが落ち着きます。基本的には寒くてスキーできる街だからこんな感じになるんですかね。

  • 家へのお土産にはちみつを買いました。翌日リクエストにより、残りの2種類も買いました。。。

    家へのお土産にはちみつを買いました。翌日リクエストにより、残りの2種類も買いました。。。

  • さて、今晩から、あの米戸さんの「サザンクロス☆スターウォッチングツアー」に参加するのですが、19時頃には暗くなって、南の空にオーロラが見えるはずだ、という連絡が入りました。ホテルの南側には湖に向かって芝生があるので、わくわくしながら外に出て、そこから準備体操がてら南の夜空にカメラを向けます。<br />このあたりは周囲も明るいのですが、まあ東京に比べたら肉眼でもよく星が見えます。そして、この時気づいていないのですが、よく見ると画面中央下にうっすらと緑色のオーロラが映り込んでいます。

    さて、今晩から、あの米戸さんの「サザンクロス☆スターウォッチングツアー」に参加するのですが、19時頃には暗くなって、南の空にオーロラが見えるはずだ、という連絡が入りました。ホテルの南側には湖に向かって芝生があるので、わくわくしながら外に出て、そこから準備体操がてら南の夜空にカメラを向けます。
    このあたりは周囲も明るいのですが、まあ東京に比べたら肉眼でもよく星が見えます。そして、この時気づいていないのですが、よく見ると画面中央下にうっすらと緑色のオーロラが映り込んでいます。

  • 米戸さん@現地からどんどんオーロラの写真が送られてくるので、こちらも興奮してしまい、ツアー開始を早めていただきました。早めに迎えに来ていただき、現場へ急行(笑)<br />現地へ到着するやいなや、ろくにご挨拶もできず失礼しましたが、とにかく三脚を立て、撮影開始。。さっそくこんなに写るではありませんか!

    米戸さん@現地からどんどんオーロラの写真が送られてくるので、こちらも興奮してしまい、ツアー開始を早めていただきました。早めに迎えに来ていただき、現場へ急行(笑)
    現地へ到着するやいなや、ろくにご挨拶もできず失礼しましたが、とにかく三脚を立て、撮影開始。。さっそくこんなに写るではありませんか!

  • 途中で飛行機が2、3便ほど通過していきました。こちらは飛行機の軌跡と合わせたものです。天の川も入っています。

    途中で飛行機が2、3便ほど通過していきました。こちらは飛行機の軌跡と合わせたものです。天の川も入っています。

  • いやーすばらしい。17mmでも入りきりません。若干雲もありますが、概ねきれいに見えていて大満足です。人生初オーロラは南半球での観測になりました。地面を見るとオーロラで影ができていました。

    いやーすばらしい。17mmでも入りきりません。若干雲もありますが、概ねきれいに見えていて大満足です。人生初オーロラは南半球での観測になりました。地面を見るとオーロラで影ができていました。

  • 終盤、緑のカーテンも踊りだしました。下に草が入ってしまっているのは明らかな経験不足ですね(笑)<br />オーロラ撮影と並行して、本来のスターウォッチングツアー(星座や星団、惑星などの観測と解説)もしていただきました。<br />この後、赤道儀を使った追尾撮影ツアーも申し込んでいましたが、オーロラが隠れて月が沈んだ後、大気中には水蒸気が増え、星が瞬くようになり、雲も出てきて星雲も隠れてしまったので、翌日に延期になりました。はたして、翌日はどうなったのか、次の旅行記もぜひお読みください!

    終盤、緑のカーテンも踊りだしました。下に草が入ってしまっているのは明らかな経験不足ですね(笑)
    オーロラ撮影と並行して、本来のスターウォッチングツアー(星座や星団、惑星などの観測と解説)もしていただきました。
    この後、赤道儀を使った追尾撮影ツアーも申し込んでいましたが、オーロラが隠れて月が沈んだ後、大気中には水蒸気が増え、星が瞬くようになり、雲も出てきて星雲も隠れてしまったので、翌日に延期になりました。はたして、翌日はどうなったのか、次の旅行記もぜひお読みください!

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ニュージーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ニュージーランド最安 240円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ニュージーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集