その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。<br /># ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、<br /># そちらの旅行記もよろしければご覧ください。<br /># 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!<br />#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/<br />行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。<br /><br />今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。<br /><br />結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)<br /><br />今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・<br /><br />◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)<br />・8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90<br />・8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown<br />・8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)<br />・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)<br />・8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough<br />★8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)<br />・8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington<br />・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

2019夏休みは冬の南半球、ニュージーランドで星空とワインを Part 5/7 Ata Rangi訪問

12いいね!

2019/08/04 - 2019/08/11

24位(同エリア95件中)

過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。
# ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、
# そちらの旅行記もよろしければご覧ください。
# 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!
#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/
行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。

今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。

結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)

今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・

◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)
・8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90
・8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown
・8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)
・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)
・8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough
★8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)
・8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington
・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
徒歩
航空会社
ニュージーランド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今日は待ちに待ったAta Rangi訪問の日です。すがすがしい朝です。朝食はホテルのレストランにて。朝食は8:30からとのこと。スローライフな感じで、のんびり過ごせそうです。

    今日は待ちに待ったAta Rangi訪問の日です。すがすがしい朝です。朝食はホテルのレストランにて。朝食は8:30からとのこと。スローライフな感じで、のんびり過ごせそうです。

  • まずは紅茶が来ました。きちんとティーポットでサーブされますし、きちんと茶葉で入れていました。イギリス本土だと案外ティーバックが多いような。茶器もブルーオニオン風のおしゃれな感じ。

    まずは紅茶が来ました。きちんとティーポットでサーブされますし、きちんと茶葉で入れていました。イギリス本土だと案外ティーバックが多いような。茶器もブルーオニオン風のおしゃれな感じ。

  • 今日は金曜日なので、週末限定のフルイングリッシュブレックファストをいただきました。ビュッフェ形式かと思っていたのですが、注文を受けてから調理する方式でした。すばらしいですね。焼きトマトもベーコンもすべておいしかったです。

    今日は金曜日なので、週末限定のフルイングリッシュブレックファストをいただきました。ビュッフェ形式かと思っていたのですが、注文を受けてから調理する方式でした。すばらしいですね。焼きトマトもベーコンもすべておいしかったです。

  • 朝食後は散歩に出ました。このあとAta Rangiに行きますが、その下見を兼ねつつ、ほかのワイナリーも外見だけでも見ておきたかったんです。このMartinboroughという町は2km四方くらいの小さな町なので、十分歩けてしまうんです。散歩にはちょうど良い。

    朝食後は散歩に出ました。このあとAta Rangiに行きますが、その下見を兼ねつつ、ほかのワイナリーも外見だけでも見ておきたかったんです。このMartinboroughという町は2km四方くらいの小さな町なので、十分歩けてしまうんです。散歩にはちょうど良い。

  • 昨夜は結構雨が降ったようですが、朝は晴れていました。雨上がりの地面ですね。これも非常にきれいです。

    昨夜は結構雨が降ったようですが、朝は晴れていました。雨上がりの地面ですね。これも非常にきれいです。

  • ユニオンスクエアを通って向かいます。

    ユニオンスクエアを通って向かいます。

  • ちなみに、ユニオンスクエアの中央は戦没者の慰霊碑のようなものがありました。

    ちなみに、ユニオンスクエアの中央は戦没者の慰霊碑のようなものがありました。

  • ちょっと寄り道して、Dry Riverの畑を道路からのぞいてみる。外見だけだと他とはあまり区別付きませんね。Tastingはappointment onlyなので、いつかちゃんと訪問して、畑の解説も聞いてみたいところ

    ちょっと寄り道して、Dry Riverの畑を道路からのぞいてみる。外見だけだと他とはあまり区別付きませんね。Tastingはappointment onlyなので、いつかちゃんと訪問して、畑の解説も聞いてみたいところ

  • Palliser Estateの関連のvinyardですね。やはりこのロゴかっこいいと思います。というわけでいったんホテルに戻って、準備をしてから改めてAta Rangiに向かいます。

    Palliser Estateの関連のvinyardですね。やはりこのロゴかっこいいと思います。というわけでいったんホテルに戻って、準備をしてから改めてAta Rangiに向かいます。

  • ついにやってきました。念願のAta Rangiです。石垣みたいな塀がおしゃれです。当たり前に到着しましたが、ニュージーランド版ロマネコンティと名高いワイナリーですからね。日本のインポーターさんに紹介いただいていることもあるので、緊張します。

    ついにやってきました。念願のAta Rangiです。石垣みたいな塀がおしゃれです。当たり前に到着しましたが、ニュージーランド版ロマネコンティと名高いワイナリーですからね。日本のインポーターさんに紹介いただいていることもあるので、緊張します。

  • 看板もしっかり撮影。ここにくるためにMartinboroughに来ましたからね。2年前にオークランドでPalliser EstateのPinot Noir 2015を買って飲んで以来、MartinboroughのPinot Noirにしっかりはまってしまいました。まさかその頂点たるワイナリーに個人で来られるとは。

    看板もしっかり撮影。ここにくるためにMartinboroughに来ましたからね。2年前にオークランドでPalliser EstateのPinot Noir 2015を買って飲んで以来、MartinboroughのPinot Noirにしっかりはまってしまいました。まさかその頂点たるワイナリーに個人で来られるとは。

  • 私は11:00~の予約をしていました。この日は空きもあったようです。

    私は11:00~の予約をしていました。この日は空きもあったようです。

  • 門からセラドアまでの道も両サイドが葡萄畑です。写真を撮り忘れたのですが、説明してもらった畑の一部では、地面に大きな石と古い瓶の破片を撒いてありました。ガラス瓶のかけらが雑草の育つのを妨げて、農薬を使わずに養分を葡萄に集中させることができるようです。また、大きな石は、夏場は夜間の保温効果が期待できるようです。もちろんこちらは完全オーガニック、天然酵母で製造されています。

    門からセラドアまでの道も両サイドが葡萄畑です。写真を撮り忘れたのですが、説明してもらった畑の一部では、地面に大きな石と古い瓶の破片を撒いてありました。ガラス瓶のかけらが雑草の育つのを妨げて、農薬を使わずに養分を葡萄に集中させることができるようです。また、大きな石は、夏場は夜間の保温効果が期待できるようです。もちろんこちらは完全オーガニック、天然酵母で製造されています。

  • こちらがセラドアですね。かわいい小屋のような建物です。中はきれいでした。日本語の神の雫(の4巻でしたっけ、Ata Rangiが出てくるのは)の単行本も置いてありました。<br />地図を見ながらMartinboroughのワイン産地としての特徴も説明していただきました。航空写真などで地形を見ると一目瞭然なのですが、このMartinboroughやMastertonは西・北・東の三方を山に囲まれた南北に細長い盆地のようでありながら、南側には開けていて、ダイレクトに海からの冷たい空気が入ってくるという非常に面白い地理条件であります。南西からの雲は山にぶつかるので、Martinborough側にはほとんど雨が降らず、夏場は砂漠のような気候になるのだとか。南の海というと北半球の人間には温暖な空気を想起させますが、ここは南半球。南の海からの風は、北半球でいうところの冷たい北風にあたります。南の海からの冷たい空気が温度差を生み、おいしいPinot Noirができあがるのでしょう。土壌はというと、100年以上前にあった地震により川の水が別のところを流れるようになって、このあたりは粘土質の土壌だそうです。奇跡のような土地ですね。ニュージーランドのワイン生産量の約3%にあたる、少数精鋭の産地と言えます。私はこういう特徴に一番惹かれるので、以前から来てみたかったのです。

    こちらがセラドアですね。かわいい小屋のような建物です。中はきれいでした。日本語の神の雫(の4巻でしたっけ、Ata Rangiが出てくるのは)の単行本も置いてありました。
    地図を見ながらMartinboroughのワイン産地としての特徴も説明していただきました。航空写真などで地形を見ると一目瞭然なのですが、このMartinboroughやMastertonは西・北・東の三方を山に囲まれた南北に細長い盆地のようでありながら、南側には開けていて、ダイレクトに海からの冷たい空気が入ってくるという非常に面白い地理条件であります。南西からの雲は山にぶつかるので、Martinborough側にはほとんど雨が降らず、夏場は砂漠のような気候になるのだとか。南の海というと北半球の人間には温暖な空気を想起させますが、ここは南半球。南の海からの風は、北半球でいうところの冷たい北風にあたります。南の海からの冷たい空気が温度差を生み、おいしいPinot Noirができあがるのでしょう。土壌はというと、100年以上前にあった地震により川の水が別のところを流れるようになって、このあたりは粘土質の土壌だそうです。奇跡のような土地ですね。ニュージーランドのワイン生産量の約3%にあたる、少数精鋭の産地と言えます。私はこういう特徴に一番惹かれるので、以前から来てみたかったのです。

  • 6種類テイスティングさせてもらいました。左から、<br />・Raranga Sauvignon Blanc 2018<br />・Lismore Pino Gris 2018<br />・Craighall Chardonnay 2016<br />・Crimson Pinot Noir 2017<br />・Pinot Noir 2016<br />・Pinot Noir 2009<br />です。どれもとてもバランスがよく、香りもリッチで、果実味ありでおいしいです。Sauvignon BlanはニュージーランドMarboroughというよりはフレンチスタイルでロワールっぽいです。Ata Rangiの生産者さん自身もそう仰っていました。私はこういうSauvignon Blancのほうが好みなので、どストライクな感じ。Pinot NoirはCrimsonが日本でも有名ですね。2017など若くてもまったく渋みのないバランスの取れたタンニンでたいへんおいしかったです。全部連れて帰りたい勢いだったので迷ったのですが、左端のRaranga Sauvignon Blanc 2018と右端のPinot Noir 2009を購入。2009はたしかにおいしかったのと、やはりここに来ないと買えないですから買ってしまいましたよ。もちろん安くはないです。

    6種類テイスティングさせてもらいました。左から、
    ・Raranga Sauvignon Blanc 2018
    ・Lismore Pino Gris 2018
    ・Craighall Chardonnay 2016
    ・Crimson Pinot Noir 2017
    ・Pinot Noir 2016
    ・Pinot Noir 2009
    です。どれもとてもバランスがよく、香りもリッチで、果実味ありでおいしいです。Sauvignon BlanはニュージーランドMarboroughというよりはフレンチスタイルでロワールっぽいです。Ata Rangiの生産者さん自身もそう仰っていました。私はこういうSauvignon Blancのほうが好みなので、どストライクな感じ。Pinot NoirはCrimsonが日本でも有名ですね。2017など若くてもまったく渋みのないバランスの取れたタンニンでたいへんおいしかったです。全部連れて帰りたい勢いだったので迷ったのですが、左端のRaranga Sauvignon Blanc 2018と右端のPinot Noir 2009を購入。2009はたしかにおいしかったのと、やはりここに来ないと買えないですから買ってしまいましたよ。もちろん安くはないです。

  • ワインさん二人をホテルに連れて帰って、テラスでにんまり眺めていました。いやーいいですね。2009年といえばまだ大学の学部生でした。10年後にAta Rangiに一人で行って2009年のPinot Noirを買ってウキウキしているとは想像もつきません。2029年には自分は何をしているのでしょうか。

    ワインさん二人をホテルに連れて帰って、テラスでにんまり眺めていました。いやーいいですね。2009年といえばまだ大学の学部生でした。10年後にAta Rangiに一人で行って2009年のPinot Noirを買ってウキウキしているとは想像もつきません。2029年には自分は何をしているのでしょうか。

  • Raranga Sauvignon Blanc 2018です。どうみてもおいしそうでしょう。Chardonnayとかなり迷いました。Chardonnayも本当においしいんですよ。でも、ここでフレンチな感じのSauvignon Blancに出会えたことに感動したのでこちらにしました。もちろん、Pinot Noir 2009と違って、日本でも買えるんですけどね。

    Raranga Sauvignon Blanc 2018です。どうみてもおいしそうでしょう。Chardonnayとかなり迷いました。Chardonnayも本当においしいんですよ。でも、ここでフレンチな感じのSauvignon Blancに出会えたことに感動したのでこちらにしました。もちろん、Pinot Noir 2009と違って、日本でも買えるんですけどね。

  • さてホテルで余韻に浸ってからちょっと遅めのお昼ご飯に出かけます。といっても、ホテルのすぐ隣におしゃれなカフェ、Cafe Mediciがあるので、こちらでランチにしました。

    さてホテルで余韻に浸ってからちょっと遅めのお昼ご飯に出かけます。といっても、ホテルのすぐ隣におしゃれなカフェ、Cafe Mediciがあるので、こちらでランチにしました。

  • ちょうどお客さんが出ていったところで、空いていたのでゆっくりできました。素敵な店内ですね。

    ちょうどお客さんが出ていったところで、空いていたのでゆっくりできました。素敵な店内ですね。

  • サンドイッチにしました。おしゃれです。こういうの食べてみたかったんですよね。量は見た目よりは控えめで、遅めのお昼としてはちょうどよいくらい。ポテトもおいしいですよ。

    サンドイッチにしました。おしゃれです。こういうの食べてみたかったんですよね。量は見た目よりは控えめで、遅めのお昼としてはちょうどよいくらい。ポテトもおいしいですよ。

  • コーヒーカップも素敵です。ソーサとカップの色のコントラストもなかなかかっこいいです。味はちょっと酸味が強くてすごく好み、というわけではなかったけれど、大変思い出になるランチでした。店員さんもフレンドリーでした。こんなところに日本人なんてほとんど来ないだろうけど、雑に扱われるようなことはなかったです。

    コーヒーカップも素敵です。ソーサとカップの色のコントラストもなかなかかっこいいです。味はちょっと酸味が強くてすごく好み、というわけではなかったけれど、大変思い出になるランチでした。店員さんもフレンドリーでした。こんなところに日本人なんてほとんど来ないだろうけど、雑に扱われるようなことはなかったです。

  • お食事の後は、また散歩してみました。まあ散歩するくらいしかやることはないですが、そののんびりさにとても癒されました。もっとアクティビティがたくさんある観光地だと、ホテルでぼ~ッとしていたらもったいない気もしてしまいますし、街歩きしても、お土産屋さんとか有名なお店にとりあえず入っておかなきゃ、とか考えてしまいます。ここはのんびり散歩して、ワイン畑と牛しかいない景色を楽しむことしかないですが、こんな素敵なリゾートは来たことがありません。

    お食事の後は、また散歩してみました。まあ散歩するくらいしかやることはないですが、そののんびりさにとても癒されました。もっとアクティビティがたくさんある観光地だと、ホテルでぼ~ッとしていたらもったいない気もしてしまいますし、街歩きしても、お土産屋さんとか有名なお店にとりあえず入っておかなきゃ、とか考えてしまいます。ここはのんびり散歩して、ワイン畑と牛しかいない景色を楽しむことしかないですが、こんな素敵なリゾートは来たことがありません。

  • ここがMartinborough御三家の一つMartinborough vinyardですね。残りは、先ほど訪問したAta Rangiとクイーンズタウンで少しだけ飲んだDry Riverです。全部徒歩圏内、素敵ですね。

    ここがMartinborough御三家の一つMartinborough vinyardですね。残りは、先ほど訪問したAta Rangiとクイーンズタウンで少しだけ飲んだDry Riverです。全部徒歩圏内、素敵ですね。

  • こういう風に、道路のすぐ横に世界最高峰のワイン畑があります。ブルゴーニュも似たような感じですね(ストリートビューでしか見たことありませんが)

    こういう風に、道路のすぐ横に世界最高峰のワイン畑があります。ブルゴーニュも似たような感じですね(ストリートビューでしか見たことありませんが)

  • 教会もありました。小規模ですが、それなりに歴史がありそう。

    教会もありました。小規模ですが、それなりに歴史がありそう。

  • そうしたら夕方になってきたので、ユニオンスクエアのあたりもいい雰囲気になってきました。

    そうしたら夕方になってきたので、ユニオンスクエアのあたりもいい雰囲気になってきました。

  • 落ち着きます。時間がゆったりと過ぎていく感じがしますし、久々に肩の力を抜いて過ごすことができた気がしました。

    落ち着きます。時間がゆったりと過ぎていく感じがしますし、久々に肩の力を抜いて過ごすことができた気がしました。

  • 金曜日の夕方ですし、すでに飲み始めている楽しそうな人々もいました。楽しそうに自転車こいでるおじさんもいました。

    金曜日の夕方ですし、すでに飲み始めている楽しそうな人々もいました。楽しそうに自転車こいでるおじさんもいました。

  • 紅葉の季節みたいにも見える。

    紅葉の季節みたいにも見える。

  • 広角で撮ると、もっと広い庭園に来たようにも見えますね。

    広角で撮ると、もっと広い庭園に来たようにも見えますね。

  • 本当にいいところです。

    本当にいいところです。

  • あー、明日には出発してしまうのか。もう少しここにいたいです。

    あー、明日には出発してしまうのか。もう少しここにいたいです。

  • 日が暮れてきました。

    日が暮れてきました。

  • ホテルに戻ります。今日買ったワインの梱包も考えないといけません。それにしてもいいところだ。

    ホテルに戻ります。今日買ったワインの梱包も考えないといけません。それにしてもいいところだ。

  • この交差点というか横断歩道、楽しいです。

    この交差点というか横断歩道、楽しいです。

  • 明日はこの道を戻って、Featherston駅まで朝一のバスで向かいます。土曜日なのでウェリントンまで乗り継げる便が2本しかありません。逃したら大問題です。ホテルのフロントで、本当にこのバスで大丈夫? バス停はさっき見たけどあの場所であってる? と確認してしまいました。優しく教えてくれました。

    明日はこの道を戻って、Featherston駅まで朝一のバスで向かいます。土曜日なのでウェリントンまで乗り継げる便が2本しかありません。逃したら大問題です。ホテルのフロントで、本当にこのバスで大丈夫? バス停はさっき見たけどあの場所であってる? と確認してしまいました。優しく教えてくれました。

  • このテラスも最高です。ワイナリーから帰ってきて、あまりに天気が良くてポカポカしていたので、ここでお昼寝してしまいましたよ。

    このテラスも最高です。ワイナリーから帰ってきて、あまりに天気が良くてポカポカしていたので、ここでお昼寝してしまいましたよ。

  • タイムラプスをセットして夕食に向かいます。ちょうど日が沈んで星空が見え始めるくらいなはず。

    タイムラプスをセットして夕食に向かいます。ちょうど日が沈んで星空が見え始めるくらいなはず。

  • 今日はWellington on a plateのコースからラムのプレートをチョイス。サラダもつけました。これは地元Martinborough産のラムだそうです。本当にラム? って思うくらい全く臭みがなく、ビーフのようでした。コロッケもおいしい。

    今日はWellington on a plateのコースからラムのプレートをチョイス。サラダもつけました。これは地元Martinborough産のラムだそうです。本当にラム? って思うくらい全く臭みがなく、ビーフのようでした。コロッケもおいしい。

  • デザートはアフォガートにしました。コーヒーとリキュールをアイスに自分で注ぐタイプなのですね。初めて見ました。こちらももちろんおいしい。<br />というわけで、あこがれのAta Rangi訪問も無事に、充実して終えることができましたし、Martinboroughも満喫することができました。明日はWellingtonに戻り、そしてその翌日は東京に戻ります。

    デザートはアフォガートにしました。コーヒーとリキュールをアイスに自分で注ぐタイプなのですね。初めて見ました。こちらももちろんおいしい。
    というわけで、あこがれのAta Rangi訪問も無事に、充実して終えることができましたし、Martinboroughも満喫することができました。明日はWellingtonに戻り、そしてその翌日は東京に戻ります。

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ニュージーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ニュージーランド最安 240円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ニュージーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集