ウェリントン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。<br /># ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、<br /># そちらの旅行記もよろしければご覧ください。<br /># 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!<br />#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/<br />行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。<br /><br />今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。<br /><br />結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)<br /><br />今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・<br /><br />◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)<br />・8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90<br />・8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown<br />・8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)<br />・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)<br />・8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough<br />・8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)<br />★8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington<br />・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

2019夏休みは冬の南半球、ニュージーランドで星空とワインを Part 6/7 Martinborough→Wellington

7いいね!

2019/08/04 - 2019/08/11

32位(同エリア152件中)

過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。
# ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、
# そちらの旅行記もよろしければご覧ください。
# 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!
#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/
行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。

今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。

結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)

今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・

◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)
・8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90
・8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown
・8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)
・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)
・8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough
・8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)
★8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington
・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
ニュージーランド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ホテルでの素晴らしい朝食をあきらめて、早朝のバスでウェリントンに向かいます。天気がだんだん悪くなってきている。この雲だと、きっとウェリントンは雨なんでしょう。。

    ホテルでの素晴らしい朝食をあきらめて、早朝のバスでウェリントンに向かいます。天気がだんだん悪くなってきている。この雲だと、きっとウェリントンは雨なんでしょう。。

  • バス停につきました。ホテルから近くてよかった。ここが始発点で、Featherston駅経由のMasterton行きに乗ります。街の中をぐるっと回ってから駅のほうに行くので、このバス停にどの方面からバスが来るのかよくわかりませんが、とりあえず待ちます。

    バス停につきました。ホテルから近くてよかった。ここが始発点で、Featherston駅経由のMasterton行きに乗ります。街の中をぐるっと回ってから駅のほうに行くので、このバス停にどの方面からバスが来るのかよくわかりませんが、とりあえず待ちます。

  • この町にもさようならですね。いいところだった。また来ます。今度は11月のワインのお祭りの時にも来てみたいですね。

    この町にもさようならですね。いいところだった。また来ます。今度は11月のワインのお祭りの時にも来てみたいですね。

  • 見づらいですが、バスの本数は数えるほどしかありません。しかも、土曜日ということもあって、ウェリントンに行く鉄道と乗り継ぎができるバスは朝夕の2本しかありません。このバスを逃したら、17:00台までないので、予定が大幅に狂います。<br />行きにウェリントンの駅でもらっておいた紙の時刻表があって助かりました。それによると、鉄道との乗り継ぎは考慮されているようですが、乗り継ぎ時間自体は10分しかありません。でも、バスがなかなか来なかったのです。6分ほど遅れて何事もなかったかのようにバスが到着しました。

    見づらいですが、バスの本数は数えるほどしかありません。しかも、土曜日ということもあって、ウェリントンに行く鉄道と乗り継ぎができるバスは朝夕の2本しかありません。このバスを逃したら、17:00台までないので、予定が大幅に狂います。
    行きにウェリントンの駅でもらっておいた紙の時刻表があって助かりました。それによると、鉄道との乗り継ぎは考慮されているようですが、乗り継ぎ時間自体は10分しかありません。でも、バスがなかなか来なかったのです。6分ほど遅れて何事もなかったかのようにバスが到着しました。

  • 無事にFeatherston駅には到着しました。乗り継ぎも間に合ったのですが、3分しかありません。他のお客さんも3分しかないよーと言っていました。こんなものなのかもしれませんが、列車は容赦なく完璧な時刻表通り到着しましたよ。。。

    無事にFeatherston駅には到着しました。乗り継ぎも間に合ったのですが、3分しかありません。他のお客さんも3分しかないよーと言っていました。こんなものなのかもしれませんが、列車は容赦なく完璧な時刻表通り到着しましたよ。。。

  • ちなみのホームは1つで、ホームに停車できる線路も1本です。行き違い用にもう1本線路もありますが、こちらは行きに来た時には貨物列車がとまっていました。

    ちなみのホームは1つで、ホームに停車できる線路も1本です。行き違い用にもう1本線路もありますが、こちらは行きに来た時には貨物列車がとまっていました。

  • ホームはきれいです。結構長いんですよね。

    ホームはきれいです。結構長いんですよね。

  • 無事に乗り込んで一安心です。この旅行で最大のハラハラだったかもしれません。Featherston駅は無人駅なので、列車に乗り込んでから車掌さんの検札時に目的地を告げて切符を購入します。ウェリントンまでなので15ドルですね。ちなみに、baggage carがあったらしいのですが、列車の編成のどこにあるのかがよくわからず、座席と座席の間のスペースに押し込んでもらいました。

    無事に乗り込んで一安心です。この旅行で最大のハラハラだったかもしれません。Featherston駅は無人駅なので、列車に乗り込んでから車掌さんの検札時に目的地を告げて切符を購入します。ウェリントンまでなので15ドルですね。ちなみに、baggage carがあったらしいのですが、列車の編成のどこにあるのかがよくわからず、座席と座席の間のスペースに押し込んでもらいました。

  • ワイララパ湖がきれいです。レンタカーでドライブしても楽しいんでしょうね。

    ワイララパ湖がきれいです。レンタカーでドライブしても楽しいんでしょうね。

  • やはりウェリントンが近づいてくるにつれて天気が悪くなってきました。駅に着いたら、ワインで重くなったスーツケース2つをもって、ホテルまで歩いて行かないといけません。せめてその時だけは天気持ってくれ。。。

    やはりウェリントンが近づいてくるにつれて天気が悪くなってきました。駅に着いたら、ワインで重くなったスーツケース2つをもって、ホテルまで歩いて行かないといけません。せめてその時だけは天気持ってくれ。。。

  • 車内にはトイレもあります。トイレの向かいにはウォーターサーバもありました。ちょうど朝からほとんど水分をとっていなくて、なんとなく車内が埃っぽくてむせてしまったので助かりました。

    車内にはトイレもあります。トイレの向かいにはウォーターサーバもありました。ちょうど朝からほとんど水分をとっていなくて、なんとなく車内が埃っぽくてむせてしまったので助かりました。

  • 時刻通りに駅に到着しました。<br />雨は若干小降りになっていたので、ホテルまで頑張って荷物をもっていきました。ホテルの入口がなかなかわからなくて、坂道を頑張って登ったので、かなり疲れました。高くても駅前のリッジスとかインターコンチあたりにしておけばよかったと、このとき若干凹みました。

    時刻通りに駅に到着しました。
    雨は若干小降りになっていたので、ホテルまで頑張って荷物をもっていきました。ホテルの入口がなかなかわからなくて、坂道を頑張って登ったので、かなり疲れました。高くても駅前のリッジスとかインターコンチあたりにしておけばよかったと、このとき若干凹みました。

    ウェリントン駅

  • ホテルはまだチェックインできなかったので、荷物だけ預かってもらって、街に出かけます。といっても雨もまた強くなってきて、ちょっと入れそうなカフェはどこも混雑していたので、さまよいます。そういえば今日はちょうど土曜日でした。土曜日限定のWellington Underground marketに行ってみることにしました。雨もしのげますし。

    ホテルはまだチェックインできなかったので、荷物だけ預かってもらって、街に出かけます。といっても雨もまた強くなってきて、ちょっと入れそうなカフェはどこも混雑していたので、さまよいます。そういえば今日はちょうど土曜日でした。土曜日限定のWellington Underground marketに行ってみることにしました。雨もしのげますし。

    ウェリントン アンダーグラウンド マーケット 市場

  • このように地下駐車場を貸し切ったバザーです。いろいろな人が様々な手作りグッズを販売しています。あまり規模は大きくはないですが、意外にと言ったら失礼ですが、想像していたよりも面白く、ついつい見入ってしまうものもあります。行けば必ず気に入るものが見つかると思います。

    このように地下駐車場を貸し切ったバザーです。いろいろな人が様々な手作りグッズを販売しています。あまり規模は大きくはないですが、意外にと言ったら失礼ですが、想像していたよりも面白く、ついつい見入ってしまうものもあります。行けば必ず気に入るものが見つかると思います。

    ウェリントン アンダーグラウンド マーケット 市場

  • ガレージでマーケット、な感じが出ていてなかなか素敵です。

    ガレージでマーケット、な感じが出ていてなかなか素敵です。

    ウェリントン アンダーグラウンド マーケット 市場

  • ちょっとクラシックな絵というかポスターのミニ版(?)が売っていて、たくさん種類があったのですが荷物も多くなってきてしまったので、この二つを購入しました。一つNZ$8です。他にもバリエーションが多数あり、どれも素敵だったのでもう少し買ってきても良かったかな、という気がしています。

    ちょっとクラシックな絵というかポスターのミニ版(?)が売っていて、たくさん種類があったのですが荷物も多くなってきてしまったので、この二つを購入しました。一つNZ$8です。他にもバリエーションが多数あり、どれも素敵だったのでもう少し買ってきても良かったかな、という気がしています。

    ウェリントン アンダーグラウンド マーケット 市場

  • マーケットから出たら雨がやんでいました。雨上がりの都市もきれいですね。

    マーケットから出たら雨がやんでいました。雨上がりの都市もきれいですね。

  • このあたりは、世界ふれあい街歩きだったか、何かの番組に出ていた気がします。ここに着いたときにピンときました。

    このあたりは、世界ふれあい街歩きだったか、何かの番組に出ていた気がします。ここに着いたときにピンときました。

  • マーケットの案内が周辺にはたくさんありました。首都ですが、こういった手作りなかわいいイベントが毎週末行われている素朴さもいいですね。

    マーケットの案内が周辺にはたくさんありました。首都ですが、こういった手作りなかわいいイベントが毎週末行われている素朴さもいいですね。

  • 港町の海です。ちょうど開けていて、景色が楽しめます。

    港町の海です。ちょうど開けていて、景色が楽しめます。

  • これは、コンテナをタンカーと積み下ろしするためのクレーン、の古いのが保存されているんですかね。ワイヤーがさすがに多い。

    これは、コンテナをタンカーと積み下ろしするためのクレーン、の古いのが保存されているんですかね。ワイヤーがさすがに多い。

  • 海沿いのエリアを後に、ちょうどお昼の時間が近づいてきたので、クーバーストリートに向かいます。

    海沿いのエリアを後に、ちょうどお昼の時間が近づいてきたので、クーバーストリートに向かいます。

  • クーバーストリートは人が集まっていました。ちょっと繁華街な感じなので、先ほどのエリアと比べると若干荒れた感じもあり、やや緊張感がありますね。声かけてくる怪しい人とか宗教勧誘っぽいのとかいろいろといました。悪趣味な遊具もありますね。正直、あんまり好きになれません。

    クーバーストリートは人が集まっていました。ちょっと繁華街な感じなので、先ほどのエリアと比べると若干荒れた感じもあり、やや緊張感がありますね。声かけてくる怪しい人とか宗教勧誘っぽいのとかいろいろといました。悪趣味な遊具もありますね。正直、あんまり好きになれません。

  • いろいろなスタイルの建物が並んでいて、人気があるようですが、ちょっとごちゃごちゃしていますね。こういうのを見ていると、都会に来たのかな、という気がします。<br />いろいろお店はあるのですが、ちょっと入ってみたいのと違うんですよね。もうちょっときれいなお店があるのかと想像していたのですが、クーバーストリートではないんですかね。前日のAta Rangiの方も、ウェリントンはfoodとwineの町だよ、と言っていましたし、クーバーストリート近くにあるワインバーがおすすめだから、と言ってくれたのですが。

    いろいろなスタイルの建物が並んでいて、人気があるようですが、ちょっとごちゃごちゃしていますね。こういうのを見ていると、都会に来たのかな、という気がします。
    いろいろお店はあるのですが、ちょっと入ってみたいのと違うんですよね。もうちょっときれいなお店があるのかと想像していたのですが、クーバーストリートではないんですかね。前日のAta Rangiの方も、ウェリントンはfoodとwineの町だよ、と言っていましたし、クーバーストリート近くにあるワインバーがおすすめだから、と言ってくれたのですが。

  • ちょうどよさそうなイタリアンのお店を見つけたので入ってみることにしました。一人だし、日本人だしで、入れてくれるか不安だったのですが、そんなことは杞憂に終わりました。店員さんもフレンドリーで、ここは初めてか? うちはこういうシステムでやってる、と説明してくれました。アメリカ並みのかなりの早口でしたが。<br />鴨のリゾットにしてみました。これとてもおいしかったです。また食べたいと強く思いました。昼からワインも楽しみました。ウェリントンのレストランでPino Noir、と言ったら何が出てくるのかな、という興味で頼んでみました。店員さんが、私がアレンジするといって出てきたのはMartinboroughのCraggy RangeのPinot Noirでした。やはりウェリントンはMartinboroughのワインの味が知られているのですかね。気に入ったので、空港免税店で帰りに買っていきました。

    ちょうどよさそうなイタリアンのお店を見つけたので入ってみることにしました。一人だし、日本人だしで、入れてくれるか不安だったのですが、そんなことは杞憂に終わりました。店員さんもフレンドリーで、ここは初めてか? うちはこういうシステムでやってる、と説明してくれました。アメリカ並みのかなりの早口でしたが。
    鴨のリゾットにしてみました。これとてもおいしかったです。また食べたいと強く思いました。昼からワインも楽しみました。ウェリントンのレストランでPino Noir、と言ったら何が出てくるのかな、という興味で頼んでみました。店員さんが、私がアレンジするといって出てきたのはMartinboroughのCraggy RangeのPinot Noirでした。やはりウェリントンはMartinboroughのワインの味が知られているのですかね。気に入ったので、空港免税店で帰りに買っていきました。

    オンブラ カフェ

  • やはりちょっといろいろな人がいるところです。Ata Rangiの方にお勧めいただいたワインバーに夜行ってみようと思って、場所を下見しようとしたのですが、ちょうどその近くに物乞いがいて近寄りがたい雰囲気だったので残念ですがあきらめました。日本語でも話しかけてくるし。海外で日本語話す奴にロクな奴がいません。あのワインバーにはいつか行ってみたい。

    やはりちょっといろいろな人がいるところです。Ata Rangiの方にお勧めいただいたワインバーに夜行ってみようと思って、場所を下見しようとしたのですが、ちょうどその近くに物乞いがいて近寄りがたい雰囲気だったので残念ですがあきらめました。日本語でも話しかけてくるし。海外で日本語話す奴にロクな奴がいません。あのワインバーにはいつか行ってみたい。

  • ホテルチェックインできるまであと少しだけ時間があるので、本屋を見たりウェリントン博物館も見てみました。ニュージーランド国立(?)博物館のほうが規模も大きくて有名みたいですね。後で知ったので、いつかまた行ってみたい。<br />これは陶器の便器だそうです。

    ホテルチェックインできるまであと少しだけ時間があるので、本屋を見たりウェリントン博物館も見てみました。ニュージーランド国立(?)博物館のほうが規模も大きくて有名みたいですね。後で知ったので、いつかまた行ってみたい。
    これは陶器の便器だそうです。

    ウェリントン博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • これはよくわからないですが、マオリ族の伝統的な何かなのでしょう。<br />このほかにも、ニュージーランドの建国以来の歴史(非常にまだ若い国ですが)がずらっとかかれていたり、楽しめました。

    これはよくわからないですが、マオリ族の伝統的な何かなのでしょう。
    このほかにも、ニュージーランドの建国以来の歴史(非常にまだ若い国ですが)がずらっとかかれていたり、楽しめました。

    ウェリントン博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • やっとホテルに入れました。こういう時はアーリーチェックインもできるちょっと良いホテルのほうが良かったかもしれません。ここも特別安い、というわけではなかったので。部屋は広くてゆったりと過ごせました。

    やっとホテルに入れました。こういう時はアーリーチェックインもできるちょっと良いホテルのほうが良かったかもしれません。ここも特別安い、というわけではなかったので。部屋は広くてゆったりと過ごせました。

    パーク ホテル ラムトン キー ホテル

  • 最大のポイントはキッチンがあることですね。電子レンジもあるし、簡単な調理は一通りできそうです。ミニバーにもMartinboroughのワインが赤白置いてあるあたりはさすがという感じ。朝から緊張感漂う移動もしてきて、雨に濡れて一日歩き疲れたので、少し部屋でゆっくり休みました。ある意味天気が悪くて助かったかもしれません。結局ケーブルカーには乗らなかったのですが、天気も悪かったし、かといって天気が良かったら、疲れていても乗らなきゃ、となりそうでしたから。

    最大のポイントはキッチンがあることですね。電子レンジもあるし、簡単な調理は一通りできそうです。ミニバーにもMartinboroughのワインが赤白置いてあるあたりはさすがという感じ。朝から緊張感漂う移動もしてきて、雨に濡れて一日歩き疲れたので、少し部屋でゆっくり休みました。ある意味天気が悪くて助かったかもしれません。結局ケーブルカーには乗らなかったのですが、天気も悪かったし、かといって天気が良かったら、疲れていても乗らなきゃ、となりそうでしたから。

    パーク ホテル ラムトン キー ホテル

  • 夕方になってお腹もすいてきたし、スーパーに買い物に行きました。他にもいろいろ買ったのですが、夕飯は何にしようかなとスーパーの入口すぐのところにあった電子レンジで温めるだけの食事にしてみました。ラムとマッシュポテトのセットですね。

    夕方になってお腹もすいてきたし、スーパーに買い物に行きました。他にもいろいろ買ったのですが、夕飯は何にしようかなとスーパーの入口すぐのところにあった電子レンジで温めるだけの食事にしてみました。ラムとマッシュポテトのセットですね。

    パーク ホテル ラムトン キー ホテル

  • パッケージの説明通りに強で5分温めると、確かに自然とフィルムが開いていて、おいしそうなにおいが漂ってきました。電子レンジもナイフ・フォークもしっかり完備していたので助かりました。ちょっと簡単ですが、おいしい夕食になりました。本当は紹介してもらったワインバーに行ってみたかったのですが、それはまたウェリントンに来た時に取っておくことにしたいと思います。

    パッケージの説明通りに強で5分温めると、確かに自然とフィルムが開いていて、おいしそうなにおいが漂ってきました。電子レンジもナイフ・フォークもしっかり完備していたので助かりました。ちょっと簡単ですが、おいしい夕食になりました。本当は紹介してもらったワインバーに行ってみたかったのですが、それはまたウェリントンに来た時に取っておくことにしたいと思います。

    パーク ホテル ラムトン キー ホテル

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ニュージーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ニュージーランド最安 240円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ニュージーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集