クイーンズタウン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。<br /># ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、<br /># そちらの旅行記もよろしければご覧ください。<br /># 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!<br />#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/<br />行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。<br /><br />今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。<br /><br />結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)<br /><br />今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・<br /><br />◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)<br />・8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90<br />・8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown<br />★8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)<br />・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)<br />・8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough<br />・8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)<br />・8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington<br />・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

2019夏休みは冬の南半球、ニュージーランドで星空とワインを Part 2/7 クイーンズタウン街歩き

27いいね!

2019/08/04 - 2019/08/11

55位(同エリア798件中)

過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。
# ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、
# そちらの旅行記もよろしければご覧ください。
# 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!
#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/
行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。

今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。

結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)

今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・

◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)
・8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90
・8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown
★8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)
・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)
・8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough
・8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)
・8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington
・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
徒歩
航空会社
ニュージーランド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 昨夜は星空をがっつりと撮ることこそはできなかったものの、偶然現れたオーロラを堪能しつつ写真にもとることができて満足でした。夜遅くまで撮影に出ていたことと、夜行便で飛んできてから動き続けた疲れが出たせいか、熟睡できました。<br />で、起きると朝9時半、ホテルの朝食も終わりかけている。そして、予約しておいたミルフォードサウンドのツアーはとっくに出発してしまっていました。。。出発時刻におそらくツアーの方からと思われる着信履歴が悲しく残っていました。

    昨夜は星空をがっつりと撮ることこそはできなかったものの、偶然現れたオーロラを堪能しつつ写真にもとることができて満足でした。夜遅くまで撮影に出ていたことと、夜行便で飛んできてから動き続けた疲れが出たせいか、熟睡できました。
    で、起きると朝9時半、ホテルの朝食も終わりかけている。そして、予約しておいたミルフォードサウンドのツアーはとっくに出発してしまっていました。。。出発時刻におそらくツアーの方からと思われる着信履歴が悲しく残っていました。

  • 雲の動きが早く、空が見えたり見えなかったり。今日は星空の撮影はできるんでしょうか。<br />ミルフォードサウンドはいつかまた行くことにして、気を取り直して街歩きに出かけます。

    雲の動きが早く、空が見えたり見えなかったり。今日は星空の撮影はできるんでしょうか。
    ミルフォードサウンドはいつかまた行くことにして、気を取り直して街歩きに出かけます。

  • 中央奥に有名なゴンドラが見えます。結局今回の旅では乗らなかったのですが、この日は時間にも余裕があったし、乗ってみればよかったかなと思っています。

    中央奥に有名なゴンドラが見えます。結局今回の旅では乗らなかったのですが、この日は時間にも余裕があったし、乗ってみればよかったかなと思っています。

  • そこそこ天気も良く、市内中心部の湖近くのあたりからはすばらしい景色が。

    そこそこ天気も良く、市内中心部の湖近くのあたりからはすばらしい景色が。

  • カモメもたくさんいました。と、ここでスマホにメールが来ています。あなたが申し込んでいた明日のワイナリーツアーは、最少催行人員に達しないから催行しない、と以前連絡していたが、ほかの参加者が来そうで来なさそうだが、あなた一人でも催行するのでよろしく、とのことでした。このあたりで、ミルフォードサウンドのツアーを逃して凹んでいた気分が復活してきました。。

    カモメもたくさんいました。と、ここでスマホにメールが来ています。あなたが申し込んでいた明日のワイナリーツアーは、最少催行人員に達しないから催行しない、と以前連絡していたが、ほかの参加者が来そうで来なさそうだが、あなた一人でも催行するのでよろしく、とのことでした。このあたりで、ミルフォードサウンドのツアーを逃して凹んでいた気分が復活してきました。。

  • 朝から何も食べていないので、お昼はガッツリめにしようとバーガー屋さんへ。あの有名なファーグバーガーはいついっても混んでいて、なんだか入る気にならなかったので、こちらへ。デビルバーガーです。

    朝から何も食べていないので、お昼はガッツリめにしようとバーガー屋さんへ。あの有名なファーグバーガーはいついっても混んでいて、なんだか入る気にならなかったので、こちらへ。デビルバーガーです。

  • ポテトのボリュームが目立ちますが、バーガーもボリューム感たっぷりでおいしかったです。ちょうどお店はガラガラで、ゆっくり過ごすことができました。口コミによると、ファーグバーガーと比べても遜色ないお味だという意見も多いようです。個人的には、ロンドンのオネストバーガーのほうが好みでした。

    ポテトのボリュームが目立ちますが、バーガーもボリューム感たっぷりでおいしかったです。ちょうどお店はガラガラで、ゆっくり過ごすことができました。口コミによると、ファーグバーガーと比べても遜色ないお味だという意見も多いようです。個人的には、ロンドンのオネストバーガーのほうが好みでした。

  • お腹がいっぱいになったので、モールを見て回ります。モールといってもアメリカのような巨大なものではなくて、いくつか飲食店やお土産屋さんが連なっている小さなもので、さっと通り過ぎることもできてしまうくらいです。奥にワカティプ湖が見えます。

    お腹がいっぱいになったので、モールを見て回ります。モールといってもアメリカのような巨大なものではなくて、いくつか飲食店やお土産屋さんが連なっている小さなもので、さっと通り過ぎることもできてしまうくらいです。奥にワカティプ湖が見えます。

  • 小さくて、それほど見るものもない感じなのですが、どこか落ち着く感じがします。ちょっと寒いので、外で食事している方はいなかったですが、もう少し暖かくなればこのあたりで食事するのもよさそうです。

    小さくて、それほど見るものもない感じなのですが、どこか落ち着く感じがします。ちょっと寒いので、外で食事している方はいなかったですが、もう少し暖かくなればこのあたりで食事するのもよさそうです。

  • お土産屋さんに入って、中をブラブラと。<br />このタオルが気に入ったので買いました。かなり安かったと思います。

    お土産屋さんに入って、中をブラブラと。
    このタオルが気に入ったので買いました。かなり安かったと思います。

  • 旅先で旅の仲間を見つけるのが好きなので、ついつい探してしまうぬいぐるみコーナー。店の奥にひっそりとありましたよ! ひつじがモチーフになっているものが多いですね。

    旅先で旅の仲間を見つけるのが好きなので、ついつい探してしまうぬいぐるみコーナー。店の奥にひっそりとありましたよ! ひつじがモチーフになっているものが多いですね。

  • この子を買いました。おそろしく安かったような。日本円で500円を切っていたと思います。名前はもちろん「オタゴ」さんです。

    この子を買いました。おそろしく安かったような。日本円で500円を切っていたと思います。名前はもちろん「オタゴ」さんです。

  • で、そのあとは、前から言ってみたかったThe wineryというワイン屋さんです。ここは有名なので、日本語で店内の解説をしているブログやサイトがあります。詳しいことはそれらの情報に譲りますが、ワインラバーであれば、クイーンズタウンで必ず訪れるべきスポットでしょう。<br />入店時にクレジットカードを担保(泥酔時の対策?)にICカードを借り、このようにワインが並んでいるので、気に入ったワインのところで、ICカードを機械にさして、飲みたいワインのボタンを押すと、注ぎ口からグラスにワインが出てきます。<br />量は3段階選ぶことができて、テイスティング程度の量と90ml・135mlくらい(?)の中から選びます。私はたくさん種類をテイスティングしたかったので、すべてテイスティングの量で楽しみました。赤白いろいろありますが、私はほぼずっとPinot Noirのコーナーにいました(笑)

    で、そのあとは、前から言ってみたかったThe wineryというワイン屋さんです。ここは有名なので、日本語で店内の解説をしているブログやサイトがあります。詳しいことはそれらの情報に譲りますが、ワインラバーであれば、クイーンズタウンで必ず訪れるべきスポットでしょう。
    入店時にクレジットカードを担保(泥酔時の対策?)にICカードを借り、このようにワインが並んでいるので、気に入ったワインのところで、ICカードを機械にさして、飲みたいワインのボタンを押すと、注ぎ口からグラスにワインが出てきます。
    量は3段階選ぶことができて、テイスティング程度の量と90ml・135mlくらい(?)の中から選びます。私はたくさん種類をテイスティングしたかったので、すべてテイスティングの量で楽しみました。赤白いろいろありますが、私はほぼずっとPinot Noirのコーナーにいました(笑)

  • まずは、吸い寄せられるようにDry River 2011を試します。名前は知っていましたが、日本ではなかなか手に入らない高級ワインの一つですね。生産量もかなり厳しく管理しているので、そもそもあまり出回りません。しかも2011 vintageですからね。私はワインテイスティングの語彙をほぼ持ち合わせていませんが、言うまでもなくバランスの取れたタンニンとシルキーなお味でした。<br />隣のPinot Noirもポップが出ていましたが、ちょっと若すぎる。青臭い感じもするし、酸も強すぎて好きになれませんでした。

    まずは、吸い寄せられるようにDry River 2011を試します。名前は知っていましたが、日本ではなかなか手に入らない高級ワインの一つですね。生産量もかなり厳しく管理しているので、そもそもあまり出回りません。しかも2011 vintageですからね。私はワインテイスティングの語彙をほぼ持ち合わせていませんが、言うまでもなくバランスの取れたタンニンとシルキーなお味でした。
    隣のPinot Noirもポップが出ていましたが、ちょっと若すぎる。青臭い感じもするし、酸も強すぎて好きになれませんでした。

  • 解説もしっかりされているので、こういう情報を写真にでも撮っておくと後で勉強するときにも役に立ちそうです。素敵なお店。<br />Dry River 2011はNZ$ 122しますね。まあ安くはないんですが、為替レートも考えると、日本で買うよりかなり安いはず。ここで買わなかったのが、個人的にはかなりの後悔。このワインはCentral otagoではなくMartinboroughが産地なのですが、やはりというか、Martinboroughに行っても売ってなかったんですよね。ここで買うべきだった。Aucklandの免税店でも2016しか売っていなかったです。この、The wineryは日本へも販売してくれるので、通販で買うか・・・

    解説もしっかりされているので、こういう情報を写真にでも撮っておくと後で勉強するときにも役に立ちそうです。素敵なお店。
    Dry River 2011はNZ$ 122しますね。まあ安くはないんですが、為替レートも考えると、日本で買うよりかなり安いはず。ここで買わなかったのが、個人的にはかなりの後悔。このワインはCentral otagoではなくMartinboroughが産地なのですが、やはりというか、Martinboroughに行っても売ってなかったんですよね。ここで買うべきだった。Aucklandの免税店でも2016しか売っていなかったです。この、The wineryは日本へも販売してくれるので、通販で買うか・・・

  • 中央のドメーヌトムソンのもおいしかったです。

    中央のドメーヌトムソンのもおいしかったです。

  • こちらはリーズナブルなお値段。2015ですが、尖った感じはなくて、飲みやすい。ブレて文字が読めないですが、熟成も可、と書かれていたと思います。ポテンシャルを感じる一本でした。これも買いたかった。

    こちらはリーズナブルなお値段。2015ですが、尖った感じはなくて、飲みやすい。ブレて文字が読めないですが、熟成も可、と書かれていたと思います。ポテンシャルを感じる一本でした。これも買いたかった。

  • で、私は知らなかったのですがMisha&#39;sは有名ですね。ラベルでピンと来たので飲んでみましたが、これはなんというか上質なお味がしました。Dry Riverのような飲みやすさとバランスの良さ。すでに完成形なので、今飲んでもおいしいなと。

    で、私は知らなかったのですがMisha'sは有名ですね。ラベルでピンと来たので飲んでみましたが、これはなんというか上質なお味がしました。Dry Riverのような飲みやすさとバランスの良さ。すでに完成形なので、今飲んでもおいしいなと。

  • で、味わってから見てみると、やはり、、なお値段だし2009 vintageなのですね。でも、味から格が少しずつ分かるようになってきた感じがまた楽しい。このお店はいろいろな使い方ができると思いました。おいしいワインを探しに来てもいいし、高いワインを味わいに来てもいいし、ブラインドテイスティングチックにお勉強に来てもよさそうです。日本にもあればいいのに。<br />ちなみに、ここでVerisomo 2009を試していた、ということが翌日Misha&#39;sを訪れた時に功を奏することになりました。

    で、味わってから見てみると、やはり、、なお値段だし2009 vintageなのですね。でも、味から格が少しずつ分かるようになってきた感じがまた楽しい。このお店はいろいろな使い方ができると思いました。おいしいワインを探しに来てもいいし、高いワインを味わいに来てもいいし、ブラインドテイスティングチックにお勉強に来てもよさそうです。日本にもあればいいのに。
    ちなみに、ここでVerisomo 2009を試していた、ということが翌日Misha'sを訪れた時に功を奏することになりました。

  • Amisfieldもおいしいかったです。100%直感なのですが、おいしそうな見た目をしていたので飲んでみました。

    Amisfieldもおいしいかったです。100%直感なのですが、おいしそうな見た目をしていたので飲んでみました。

  • で、お値段はやっぱりするのですね。今これを書いていて思いましたが、Dri River 2011とDomaine Thomsonとこれの3本あたりで、The wineryの通販から頼んでみればよさそうですね。。

    で、お値段はやっぱりするのですね。今これを書いていて思いましたが、Dri River 2011とDomaine Thomsonとこれの3本あたりで、The wineryの通販から頼んでみればよさそうですね。。

  • これは解説を撮り忘れてしまったのですが、Pinot Noirで作ったロゼだったと思います。なかなか面白い味をしていた記憶があります。おいしかったですよ。

    これは解説を撮り忘れてしまったのですが、Pinot Noirで作ったロゼだったと思います。なかなか面白い味をしていた記憶があります。おいしかったですよ。

  • 結構飲んだのですが、良いワインはあまり酔わない(適当な自論)ので、お散歩がはかどります。

    結構飲んだのですが、良いワインはあまり酔わない(適当な自論)ので、お散歩がはかどります。

  • こうやってみると、ここの景色もどこかフィヨルドみたいじゃないですか(酔っぱらいの錯覚?)。ということは、往復10時間くらいバスに揺られてミルフォードサウンドのツアーに参加して、現地はおそらく悪天候、な一日よりも、あこがれの高級ワインを楽しんで、この景色に癒されているほうがいいのではないかと。

    こうやってみると、ここの景色もどこかフィヨルドみたいじゃないですか(酔っぱらいの錯覚?)。ということは、往復10時間くらいバスに揺られてミルフォードサウンドのツアーに参加して、現地はおそらく悪天候、な一日よりも、あこがれの高級ワインを楽しんで、この景色に癒されているほうがいいのではないかと。

  • カモメさんもそうだそうだ、と賛成してくれました。でも羽繕いしていたので、凝視しすぎたかもしれません。バーダーの方曰く、鳥の羽繕いには二通りあって、リラックスしている場合と、緊張していて勝手にしてしまう場合があるとのこと。恐らく後者なのでしょう。

    カモメさんもそうだそうだ、と賛成してくれました。でも羽繕いしていたので、凝視しすぎたかもしれません。バーダーの方曰く、鳥の羽繕いには二通りあって、リラックスしている場合と、緊張していて勝手にしてしまう場合があるとのこと。恐らく後者なのでしょう。

  • 久々に絵になる景色に出会ったような気がします。

    久々に絵になる景色に出会ったような気がします。

  • 街をブラブラしてから、スーパーで夜の食事にサンドイッチと家から追加リクエストをもらったはちみつを買い足しました。

    街をブラブラしてから、スーパーで夜の食事にサンドイッチと家から追加リクエストをもらったはちみつを買い足しました。

  • ということで、はちみつ三兄弟のできあがり。背景も素敵なので、広告写真にも使えそう(クオリティはないけれど)

    ということで、はちみつ三兄弟のできあがり。背景も素敵なので、広告写真にも使えそう(クオリティはないけれど)

  • 雲の様子を確認しようと部屋から露光時間眺めで撮影。空は雲に覆われています。ということで、本日の星空撮影は明日に順延。はたしてどうなるのか、続きをどうぞ。

    雲の様子を確認しようと部屋から露光時間眺めで撮影。空は雲に覆われています。ということで、本日の星空撮影は明日に順延。はたしてどうなるのか、続きをどうぞ。

27いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ニュージーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ニュージーランド最安 240円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ニュージーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集