その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。<br /># ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、<br /># そちらの旅行記もよろしければご覧ください。<br /># 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!<br />#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/<br />行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。<br /><br />今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。<br /><br />結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)<br /><br />今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・<br /><br />◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)<br />・8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90<br />・8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown<br />・8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)<br />・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)<br />★8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough<br />・8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)<br />・8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington<br />・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

2019夏休みは冬の南半球、ニュージーランドで星空とワインを Part 4/7 Martinboroughへの移動

9いいね!

2019/08/04 - 2019/08/11

28位(同エリア95件中)

過去最長となった(?)2019ゴールデンウィークは、いろいろあって自宅でおとなしくしていたので、年末年始以来の旅行になります。
# ちなみに、年末年始はLongon NYE fireworksを見に行っていたので、
# そちらの旅行記もよろしければご覧ください。
# 花火の写真で第4回フォトコンテストの花火部門で受賞いたしました!
#  https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11439962/
行き過ぎとか、しょっちゅう行っていいね、とか言われることもあるけれど、こういう息抜きをマイルストンに日々生きているんだから、そもそも周りがおかしい。みんな何を楽しみに日々仕事しているんだか。

今回、直前まで不毛な仕事に追われてしまっていたので、現地到着しても正直気持ちが盛り上がらないところがありましたが、初日からまさかのオーロラに遭遇し、申し込みリジェクトを食らっていたWinery tour in central otagoには急遽一人で参加でき(many thanks to Natalie!)、MartinboroughではあこがれのAta Rangiでtastingを楽しみ、おそらくなかなか手に入らないAta Rangi Pinot Noir 2009をゲット、最後のWellingtonではevery Staturday onlyのWellington underground marketで素敵な絵に出会え、AucklandまでA320neoに乗ることができ、大変充実した旅となりました。

結局、帰国までに合計12本のワインを購入することになり、重い撮影機材と合わせて荷物が大変なことになりましたが、なんとか行ってくることができました。大体感覚で23Kg/luggage行っているかどうかがかなりの精度でわかるようになってきました。そろそろワインインポート用のスーツケースが必要なのかもしれません(笑)

今回の旅は、日本でも現地でも多くの方々に大変お世話(これは社交辞令ではなく、本当にコミュニケーションをとらせていただいて、大変貴重な機会をいただいたという意味)になりました。これまでも一人旅でやってきていますが、今回は多くの「本物」に出会え、さらに充実した旅にできたと思います。おかげさまで星空もカメラもワインもさらに沼に浸かっていきそうですが・・・

◆主な旅程(★はこの旅行記に対応する部分)
・8/4(日) Tokyo/Narita→ NZ90
・8/5(月) → Auckland → NZ617 → Queenstown
・8/6(火) Queenstown(Milford Soundには行けず、街歩き)
・8/7(水) Queenstown(Wineries in central otago)
★8/8(木) Queenstown → NZ602 → Wellington → WRL → Featherston → Bus route 200 → Martinborough
・8/9(金) Martinborough(Visit to Ata Rangi Winery)
・8/10(土) Martinborough → Bus route 200 → Featherston → WRL → Wellington
・8/11(日) Wellington → NZ412 → Auckland → NZ95 → Tokyo/Narita

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩 飛行機
航空会社
ニュージーランド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • クイーンズタウンの3日間を満喫したので、今日はウェリントンへ飛んで、ニュージーランドワインの産地の中でも私がいぜんからあこがれていたMartinboroughに移動します。写真はクイーンズタウンのニュージーランド航空ラウンジでの朝食です。国内線メインの空港のラウンジで、手荷物検査の手前にありますが、しっかりイングリッシュブレックファストが取れるのはありがたい。早朝なのでお店もまだあまりやっていないし、早めにつきすぎたのでゆっくりできるのはたすかるんですよね。

    クイーンズタウンの3日間を満喫したので、今日はウェリントンへ飛んで、ニュージーランドワインの産地の中でも私がいぜんからあこがれていたMartinboroughに移動します。写真はクイーンズタウンのニュージーランド航空ラウンジでの朝食です。国内線メインの空港のラウンジで、手荷物検査の手前にありますが、しっかりイングリッシュブレックファストが取れるのはありがたい。早朝なのでお店もまだあまりやっていないし、早めにつきすぎたのでゆっくりできるのはたすかるんですよね。

  • 時間になったので登場します。客室乗務員は妙にハイテンションでずっと同僚とおしゃべりが止まらない陽気なオニイサンでした。ほぼ最前方席なので、前から乗れて早めにゆっくりできました。そういえば、以前オークランドしか行かなかったときには気にならなかったのですが、この国の英語は&quot;e&quot;の発音が&quot;i&quot;なんですかね。Flight attendantsも「フライトアティーンダンツ」って言っているようだし、昨日のNatalieさんも、日本酒&quot;sake&quot;は「サキ」になるし。あ、だからWaiheke islandはワイヘキなのか。<br />関係ないですが、日本はなぜかCabin attendantというけれど、あれは完全な和製英語ですね。Flight attendantかCabin crewが正しい。

    時間になったので登場します。客室乗務員は妙にハイテンションでずっと同僚とおしゃべりが止まらない陽気なオニイサンでした。ほぼ最前方席なので、前から乗れて早めにゆっくりできました。そういえば、以前オークランドしか行かなかったときには気にならなかったのですが、この国の英語は"e"の発音が"i"なんですかね。Flight attendantsも「フライトアティーンダンツ」って言っているようだし、昨日のNatalieさんも、日本酒"sake"は「サキ」になるし。あ、だからWaiheke islandはワイヘキなのか。
    関係ないですが、日本はなぜかCabin attendantというけれど、あれは完全な和製英語ですね。Flight attendantかCabin crewが正しい。

  • 夜明け前とか夜間の滑走路とか誘導路の灯火類は妙な魅力があります。ついつい見入ってしまう。タキシング中に、灯火がずらっと並んだ滑走路が視界に入るとわくわくしてしまいますね! (普通はならないか)

    夜明け前とか夜間の滑走路とか誘導路の灯火類は妙な魅力があります。ついつい見入ってしまう。タキシング中に、灯火がずらっと並んだ滑走路が視界に入るとわくわくしてしまいますね! (普通はならないか)

  • 東向きに離陸しました。眼下に見えるのはアロータウン?

    東向きに離陸しました。眼下に見えるのはアロータウン?

  • 地上はまだ夜明け前でしたが、上空に出ると東の空に朝日が見えてきます。

    地上はまだ夜明け前でしたが、上空に出ると東の空に朝日が見えてきます。

  • この時間は軽食が出ます。クッキーかマフィン。睡眠不足だったから、離陸後すぐから軽食提供まで爆睡していました。

    この時間は軽食が出ます。クッキーかマフィン。睡眠不足だったから、離陸後すぐから軽食提供まで爆睡していました。

  • 南島のMarboroughのあたりを過ぎて、北島との間の海に出ると風が強くなってきました。もちろんウェリントンに向けて高度が落ちてきているのが大きいですが、やはり風が強いんですかね。

    南島のMarboroughのあたりを過ぎて、北島との間の海に出ると風が強くなってきました。もちろんウェリントンに向けて高度が落ちてきているのが大きいですが、やはり風が強いんですかね。

  • ファイナルアプローチ。思っていたよりも、険しい地形。。<br />かなりの早着で、その分なのかスポットが開かなかったのか、ゲート到着するまでに結構待ちました。

    ファイナルアプローチ。思っていたよりも、険しい地形。。
    かなりの早着で、その分なのかスポットが開かなかったのか、ゲート到着するまでに結構待ちました。

  • ATRもいますねえ。

    ATRもいますねえ。

  • ウェリントンの空港から町までは8Kmくらいしかありません。空港アクセスに便利なバスも走っているのですが、すでに2つのスーツケースがワインでだいぶ重くなっているので、バスに荷物を載せるのがおっくうになり、タクシーにしました。<br />距離の割にはNZ$40くらいしたので、ちょっと割高感がありますが、調べてみるとこのくらいはかかるようです。<br />さて、駅まで来てみたはいいけれど、荷物を預けられそうなところはありませんねえ。調べてみると、このホステルにコインロッカーがあるそうです。行ってみると確かにありました。ホステルとか泊まり慣れていないので、ちょっと緊張感漂う雰囲気でしたが、重いほうの荷物を預けられたのでだいぶ身軽になりました。

    ウェリントンの空港から町までは8Kmくらいしかありません。空港アクセスに便利なバスも走っているのですが、すでに2つのスーツケースがワインでだいぶ重くなっているので、バスに荷物を載せるのがおっくうになり、タクシーにしました。
    距離の割にはNZ$40くらいしたので、ちょっと割高感がありますが、調べてみるとこのくらいはかかるようです。
    さて、駅まで来てみたはいいけれど、荷物を預けられそうなところはありませんねえ。調べてみると、このホステルにコインロッカーがあるそうです。行ってみると確かにありました。ホステルとか泊まり慣れていないので、ちょっと緊張感漂う雰囲気でしたが、重いほうの荷物を預けられたのでだいぶ身軽になりました。

  • ウェリントン市内に到着したのは9:30くらい。鉄道は本数がびっくりするくらい少ないので、次の出発は12:45です。それまで時間をつぶさないといけません。適当に海のほうを散歩。しかし、天気が良くてよかった。港町ですね。

    ウェリントン市内に到着したのは9:30くらい。鉄道は本数がびっくりするくらい少ないので、次の出発は12:45です。それまで時間をつぶさないといけません。適当に海のほうを散歩。しかし、天気が良くてよかった。港町ですね。

  • ちなみに空港は目の前に見える山(ビクトリア山)の向こう側にあります。高い山ではないんですが、沿岸のぎりぎりまで山が入り込んでいて、道がなかなか作れないようです。マウントビクトリアトンネルという片側1車線のトンネルがライフラインのようでした。

    ちなみに空港は目の前に見える山(ビクトリア山)の向こう側にあります。高い山ではないんですが、沿岸のぎりぎりまで山が入り込んでいて、道がなかなか作れないようです。マウントビクトリアトンネルという片側1車線のトンネルがライフラインのようでした。

  • 都会ですね。富士通のビルも見えましたよ。

    都会ですね。富士通のビルも見えましたよ。

  • この橋の向こう側なども行ってみました。

    この橋の向こう側なども行ってみました。

  • 早めのお昼(駅前のマクドナルドでkiwiバーガー)を食べて、時間をつぶしてから、先ほどのホステルのコインロッカーで荷物をピックアップし、駅で切符を買いました。駅の雰囲気は悪くないですね。特別危ない感じもしないし、駅前に物乞いとか自撮り棒売りとかミサンガ売りがいるなんてことはありませんでした。どこかの国のミ○ノ中央駅とかフ○○○フルト中央駅あたりとは全く違いますね。。。

    早めのお昼(駅前のマクドナルドでkiwiバーガー)を食べて、時間をつぶしてから、先ほどのホステルのコインロッカーで荷物をピックアップし、駅で切符を買いました。駅の雰囲気は悪くないですね。特別危ない感じもしないし、駅前に物乞いとか自撮り棒売りとかミサンガ売りがいるなんてことはありませんでした。どこかの国のミ○ノ中央駅とかフ○○○フルト中央駅あたりとは全く違いますね。。。

  • ここにも9と4分の3番線にちなんだなにかがあるんですね。。

    ここにも9と4分の3番線にちなんだなにかがあるんですね。。

  • ヨーロッパによくあるターミナル駅ですね。

    ヨーロッパによくあるターミナル駅ですね。

  • こちらは電車がいます。どこ製なんだろ。

    こちらは電車がいます。どこ製なんだろ。

  • 日本にもいそうな電車の外観をしています。ホームは結構長いのに、ベンチは手前側にしかありません。

    日本にもいそうな電車の外観をしています。ホームは結構長いのに、ベンチは手前側にしかありません。

  • マスタートン行きが到着したので乗り込みました。スーツケースを2つも持ってホームを歩いていると、車掌さんがbaggage carに荷物を載せてくれました。イタリアあたりだったら、ニセ車掌を疑いますが、ここではそんな心配はいらなそうです。でも預けてから出発まで時間があったので正直少し心配でした。Baggage carがあるなんていうことはホームページ見てもどこにも書かれていないようなのですが、あるんですね。

    マスタートン行きが到着したので乗り込みました。スーツケースを2つも持ってホームを歩いていると、車掌さんがbaggage carに荷物を載せてくれました。イタリアあたりだったら、ニセ車掌を疑いますが、ここではそんな心配はいらなそうです。でも預けてから出発まで時間があったので正直少し心配でした。Baggage carがあるなんていうことはホームページ見てもどこにも書かれていないようなのですが、あるんですね。

  • 車内は思っていたよりもきれいです。ちなみに、座席の数だけ足元に電源もありました。すごいですね。スマホの充電をさせてもらいました。

    車内は思っていたよりもきれいです。ちなみに、座席の数だけ足元に電源もありました。すごいですね。スマホの充電をさせてもらいました。

  • ちなみに切符はこのようなスタイルです。目的地ではなくてその切符で行けるゾーンが書かれているやり方ですね。<br />ウェリントンのような主要駅では切符が駅で買えますが、そのほかの駅は無人なので、社内で車掌さんから切符を買います。もちろん「駅での販売額とは異なります」なんてことはないのでご安心を。

    ちなみに切符はこのようなスタイルです。目的地ではなくてその切符で行けるゾーンが書かれているやり方ですね。
    ウェリントンのような主要駅では切符が駅で買えますが、そのほかの駅は無人なので、社内で車掌さんから切符を買います。もちろん「駅での販売額とは異なります」なんてことはないのでご安心を。

  • 途中駅停車時の写真。駅もきれいそうですよね。

    途中駅停車時の写真。駅もきれいそうですよね。

  • Martinboroughに行くには、ウェリントンからマスタートン行きに乗り、途中のFeatherston駅でバスに乗り換えます。Maymorn駅とFeatherston駅の間は山になっていて、鉄道はそこをリムタカトンネルという長いトンネルで通り抜けます。トンネルを抜けると景色が変わり、ワイララパ湖とMartinboroughに向けた牧草地帯が広がります。

    Martinboroughに行くには、ウェリントンからマスタートン行きに乗り、途中のFeatherston駅でバスに乗り換えます。Maymorn駅とFeatherston駅の間は山になっていて、鉄道はそこをリムタカトンネルという長いトンネルで通り抜けます。トンネルを抜けると景色が変わり、ワイララパ湖とMartinboroughに向けた牧草地帯が広がります。

  • このように非常にのどかな風景が広がります。正直ウェリントンに到着してから疲れていたのですが、この景色に癒されました。

    このように非常にのどかな風景が広がります。正直ウェリントンに到着してから疲れていたのですが、この景色に癒されました。

  • のどかです。。。牛さんが放牧されていますね。

    のどかです。。。牛さんが放牧されていますね。

  • 右のほうにはワイララパ湖が見えています。今は知っているところは少し高台になっているので、これをFeatherston駅に向かって下っていきます。

    右のほうにはワイララパ湖が見えています。今は知っているところは少し高台になっているので、これをFeatherston駅に向かって下っていきます。

  • 無事にFeatherston駅に時刻通りに到着して、車掌さんから荷物も受け取りました。とりあえずバスには間に合いそうで、ほっとしました。機関車は非常にごついです。

    無事にFeatherston駅に時刻通りに到着して、車掌さんから荷物も受け取りました。とりあえずバスには間に合いそうで、ほっとしました。機関車は非常にごついです。

  • ちなみに、KiwiはやっぱりFeatherstonもフェザーストンではなくフィーザーストンって感じの発音ですね。

    ちなみに、KiwiはやっぱりFeatherstonもフェザーストンではなくフィーザーストンって感じの発音ですね。

  • バスも時刻通りに到着しました。同時刻に北のMastertonに行くバスも来るので間違えないようにしないといけないですね。間違えたらあと3時間またないといけません。バスは20kmを20分弱で走るので結構飛ばしました。<br />写真は今回泊まるホテルThe Martinborough Hotelです。19世紀に建てられて、20世紀後半で改築はしていますが、開業当時の面影を残すとても素敵なホテルです。

    バスも時刻通りに到着しました。同時刻に北のMastertonに行くバスも来るので間違えないようにしないといけないですね。間違えたらあと3時間またないといけません。バスは20kmを20分弱で走るので結構飛ばしました。
    写真は今回泊まるホテルThe Martinborough Hotelです。19世紀に建てられて、20世紀後半で改築はしていますが、開業当時の面影を残すとても素敵なホテルです。

    ザ マーティンボロ ホテル ホテル

  • 素敵なお部屋です。エレベーターが無いのが玉に瑕ですが、それ以外は何も文句はありませんでした。

    素敵なお部屋です。エレベーターが無いのが玉に瑕ですが、それ以外は何も文句はありませんでした。

    ザ マーティンボロ ホテル ホテル

  • なんとテラス付きです。

    なんとテラス付きです。

    ザ マーティンボロ ホテル ホテル

  • バスタブはこのようなクラシックなタイプ。正直ちょっと使いづらいですが、思い出にはなりました。

    バスタブはこのようなクラシックなタイプ。正直ちょっと使いづらいですが、思い出にはなりました。

    ザ マーティンボロ ホテル ホテル

  • 内装もおしゃれです。イギリス南西部Cornwall地方の果て、Penzanceで泊まった400年前の武器庫を改築して作ったホテルも素敵でしたが、それに通じるものがありますね。

    内装もおしゃれです。イギリス南西部Cornwall地方の果て、Penzanceで泊まった400年前の武器庫を改築して作ったホテルも素敵でしたが、それに通じるものがありますね。

    ザ マーティンボロ ホテル ホテル

  • ちょっと散歩してみました。天気がだんだん悪くなってきているような。

    ちょっと散歩してみました。天気がだんだん悪くなってきているような。

  • 普段は人口1600人ほどの小さい村ですので、非常にのどかで平和です。観光地でもないので、怪しげな人も見当たらず、かなり安心して過ごせる良いところです。

    普段は人口1600人ほどの小さい村ですので、非常にのどかで平和です。観光地でもないので、怪しげな人も見当たらず、かなり安心して過ごせる良いところです。

  • 中央のユニオンスクエアです。冬ですが芝生がきれいですね。これは意外。

    中央のユニオンスクエアです。冬ですが芝生がきれいですね。これは意外。

  • ユニオンスクエアのところの横断歩道です。地図がないと何とも説明しづらいですが、この横断歩道がちょっと特殊な形をしていて、滞在中気に入ったスポットです。

    ユニオンスクエアのところの横断歩道です。地図がないと何とも説明しづらいですが、この横断歩道がちょっと特殊な形をしていて、滞在中気に入ったスポットです。

  • 映り込みが強くてわかりにくいですが、ワインの生産所(?)です。もちろん、各生産者とその畑、セラドアはこの町の中に点在しているのですが、ここでラベル張りなどをやっているようです。関係者以外は立ち入れないようですが、ここも見学してみたかった。

    映り込みが強くてわかりにくいですが、ワインの生産所(?)です。もちろん、各生産者とその畑、セラドアはこの町の中に点在しているのですが、ここでラベル張りなどをやっているようです。関係者以外は立ち入れないようですが、ここも見学してみたかった。

  • スーパーもあったのでみてみました。なんと野菜が売っています。あまりニュージーランドで肉以外の食材を売っているところを見なかったので、これは珍しい。生活感がありますな。あとは、さすがにMartinboroughのものも含めてワインの品ぞろえが充実していました。Palliser EstateのPinot Noir 2015なんかも売っていましたよ。ここで買えばよかったな。

    スーパーもあったのでみてみました。なんと野菜が売っています。あまりニュージーランドで肉以外の食材を売っているところを見なかったので、これは珍しい。生活感がありますな。あとは、さすがにMartinboroughのものも含めてワインの品ぞろえが充実していました。Palliser EstateのPinot Noir 2015なんかも売っていましたよ。ここで買えばよかったな。

  • 夕食はホテルのレストランで。レストランのほうはすでに予約で満席とのことでしたので、隣のバーでレストランメニューで出してもらいました。木曜はシーフードコースがおいしくておとくとのことなので、それで。一人で食べても多すぎず、味も良かったです。Pinot Noirも頼みましたが、これは正直あまり好みでなかった。しかしこのレストランのワインリストはさすがに充実しています。Pinot Noirのところだけでも見ているだけでわくわくしてきますからね。Ata Rangi, Craggy Range, Kusuda, Dry River, Pallier, ...

    夕食はホテルのレストランで。レストランのほうはすでに予約で満席とのことでしたので、隣のバーでレストランメニューで出してもらいました。木曜はシーフードコースがおいしくておとくとのことなので、それで。一人で食べても多すぎず、味も良かったです。Pinot Noirも頼みましたが、これは正直あまり好みでなかった。しかしこのレストランのワインリストはさすがに充実しています。Pinot Noirのところだけでも見ているだけでわくわくしてきますからね。Ata Rangi, Craggy Range, Kusuda, Dry River, Pallier, ...

  • 部屋に戻って、テラスから空を眺めていました。ちょっと雲が出てきていたのと、月が明るすぎて星空撮影には適さなかったですが、肉眼で天の川が普通に見えましたね。明日は待ちに待ったAta Rangi訪問です。

    部屋に戻って、テラスから空を眺めていました。ちょっと雲が出てきていたのと、月が明るすぎて星空撮影には適さなかったですが、肉眼で天の川が普通に見えましたね。明日は待ちに待ったAta Rangi訪問です。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ニュージーランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ニュージーランド最安 240円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ニュージーランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集