ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
マイルを貯めて、オットと二人、初めてビジネスクラスに乗ってウィーンを楽しんできました。<br /><br />今日は3日目、いよいよ楽しみにしていたクリムトの絵を見に行きます。<br /><br />毎日がハイライト!

特典マイルで行けたウィーン!カフェディグラスといよいとクリムトの絵に会える。でもちょっと悲しい一日。③

37いいね!

2019/05/01 - 2019/05/07

347位(同エリア5268件中)

マイルを貯めて、オットと二人、初めてビジネスクラスに乗ってウィーンを楽しんできました。

今日は3日目、いよいよ楽しみにしていたクリムトの絵を見に行きます。

毎日がハイライト!

同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 タクシー 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
交通
4.0

PR

  • おはようございまーす。<br /><br />あらら、今日は雨。<br /><br />それにちょっと寒い。<br /><br />今回旅行に来るにあたり、一番悩んだのは服装でした。<br /><br />気温で見ると20度くらいとでてましたが、ロンドンに行った時のことを思うと、寒いときもあるのでは、と思いました。<br /><br />実際、数年前の8月にウィーン行った友人が、『向こうでダウンを買った。<br />絶対、防寒の服を持っていったほうが良いよ。』とアドバイスをくれたので、寒いとき用、暑い時用、それにディナー用と行くときからすでにスーツケースはほぼいっぱい。<br /><br />今朝の朝ごはんは、やはりNHKの“二度目のウィーン”ででてきた<br />カフェディグラスさんです。<br /><br />アパートからはすぐでした。<br /><br />でも、雨が降っていて、持って行った折りたたみ傘を広げたら、1本骨が折れていました。<br /><br />とほほほほ。

    おはようございまーす。

    あらら、今日は雨。

    それにちょっと寒い。

    今回旅行に来るにあたり、一番悩んだのは服装でした。

    気温で見ると20度くらいとでてましたが、ロンドンに行った時のことを思うと、寒いときもあるのでは、と思いました。

    実際、数年前の8月にウィーン行った友人が、『向こうでダウンを買った。
    絶対、防寒の服を持っていったほうが良いよ。』とアドバイスをくれたので、寒いとき用、暑い時用、それにディナー用と行くときからすでにスーツケースはほぼいっぱい。

    今朝の朝ごはんは、やはりNHKの“二度目のウィーン”ででてきた
    カフェディグラスさんです。

    アパートからはすぐでした。

    でも、雨が降っていて、持って行った折りたたみ傘を広げたら、1本骨が折れていました。

    とほほほほ。

  • テレビで見た通り、シャンデリアにフォークやスプーンなどがぶらさがっていました。<br /><br />面白いインテリアでした。

    テレビで見た通り、シャンデリアにフォークやスプーンなどがぶらさがっていました。

    面白いインテリアでした。

  • 今朝のごはんはコレ。<br /><br />昨日より豪華です。<br /><br />パンもモチモチしていて、美味しかったです。<br /><br />でも、ウェイターさんが、さほど混んでもいなかったのに、お皿をドンと置いたり、まだフルーツが載っていたのに、断りもなくさげようとしたり。<br /><br />あまり感じがよくありませんでした。<br /><br />楽しみにしていったカフェだったのに、残念。

    今朝のごはんはコレ。

    昨日より豪華です。

    パンもモチモチしていて、美味しかったです。

    でも、ウェイターさんが、さほど混んでもいなかったのに、お皿をドンと置いたり、まだフルーツが載っていたのに、断りもなくさげようとしたり。

    あまり感じがよくありませんでした。

    楽しみにしていったカフェだったのに、残念。

  • カフェツェントラルよりちょっと安かったです。<br /><br />でも最初の出された伝票には恐ろしく高いチップ代が入っていました。<br />ウエイターの人のサービスに満足していなかった私達はそれに納得できず、<br />チップは別に払います、と言って食事代だけの伝票をだしてもらいました。<br /><br />みなさん、伝票はよく確認しましょう。

    カフェツェントラルよりちょっと安かったです。

    でも最初の出された伝票には恐ろしく高いチップ代が入っていました。
    ウエイターの人のサービスに満足していなかった私達はそれに納得できず、
    チップは別に払います、と言って食事代だけの伝票をだしてもらいました。

    みなさん、伝票はよく確認しましょう。

  • 食事を終え、忘れ物を取りにアパートへ。<br /><br />パックンに似たオーナーさんがいらっしゃたので、傘を借りました。<br /><br />傘は数本あったのですが、その中のクリムトの絵がかいてあるものにしました。<br /><br />まず、ウィーンミッテ駅まで行き、それからトラムに乗ろうと思いましたが、乗り場がわかりません。<br /><br />この旅の一番の失敗はWi-Fiを借りていなかったことです。<br /><br />観光地だし、いっぱい案内板もあるだろうし、ガイドブックもあるし、<br />グーグルマップのスクリーンショットで地図も用意していたし、大丈夫だろう、と思ってました。<br /><br />なめていました、ウィーン。<br /><br />今思えば、この時はトラムではなく、事前に調べていたグーグルマップではSバーンでの行き方を表示していたのだと思います。<br /><br />それもわからず、ずっとS乗り場を探す、あんぽんたんの私。<br /><br />雨も降っているし、寒いし。<br /><br />オットもガイドブックとにらめっこしていますが、ありもしない乗り場はわかるわけもなく。<br /><br />とうとう、あきらめてドイツ語はわかりませんが、タクシーに乗ることに。<br /><br />それでタクシーをとめて、ちょうど持っていたクリムトの絵が描いてある傘を見せ、『ベルベデーレ宮殿にこの絵を見に行きたい。』と英語でいうと、<br />『OK。』と。<br /><br />ちゃんと伝わったかな?かと思っていたら、ちゃんと送り届けてくれました。<br /><br />あ~、よかった。<br /><br />ところが、ここについてもまたもやチケットを買うのに行列。<br /><br />チケットを買っても入場するのに、行列。<br /><br />愛しい人に会うのは、なかなか大変です。<br /><br />それにしても寒かぁ!<br />

    食事を終え、忘れ物を取りにアパートへ。

    パックンに似たオーナーさんがいらっしゃたので、傘を借りました。

    傘は数本あったのですが、その中のクリムトの絵がかいてあるものにしました。

    まず、ウィーンミッテ駅まで行き、それからトラムに乗ろうと思いましたが、乗り場がわかりません。

    この旅の一番の失敗はWi-Fiを借りていなかったことです。

    観光地だし、いっぱい案内板もあるだろうし、ガイドブックもあるし、
    グーグルマップのスクリーンショットで地図も用意していたし、大丈夫だろう、と思ってました。

    なめていました、ウィーン。

    今思えば、この時はトラムではなく、事前に調べていたグーグルマップではSバーンでの行き方を表示していたのだと思います。

    それもわからず、ずっとS乗り場を探す、あんぽんたんの私。

    雨も降っているし、寒いし。

    オットもガイドブックとにらめっこしていますが、ありもしない乗り場はわかるわけもなく。

    とうとう、あきらめてドイツ語はわかりませんが、タクシーに乗ることに。

    それでタクシーをとめて、ちょうど持っていたクリムトの絵が描いてある傘を見せ、『ベルベデーレ宮殿にこの絵を見に行きたい。』と英語でいうと、
    『OK。』と。

    ちゃんと伝わったかな?かと思っていたら、ちゃんと送り届けてくれました。

    あ~、よかった。

    ところが、ここについてもまたもやチケットを買うのに行列。

    チケットを買っても入場するのに、行列。

    愛しい人に会うのは、なかなか大変です。

    それにしても寒かぁ!

  • ほら、こんなに並んでます。<br /><br />実は向こう側にもう一列あって、ツアーに人たちは、そこからどんどん入っていきます。<br /><br />オットが『なんもチェックしてないみたいやけん、あっちからはいってもいいっちゃない?』と悪魔のようにささやきます。

    ほら、こんなに並んでます。

    実は向こう側にもう一列あって、ツアーに人たちは、そこからどんどん入っていきます。

    オットが『なんもチェックしてないみたいやけん、あっちからはいってもいいっちゃない?』と悪魔のようにささやきます。

  • あなたにもよく旅行記でお会いしますね。

    あなたにもよく旅行記でお会いしますね。

  • ふぅ~、やっと中にはいれました。<br /><br />おー!見事です。<br /><br />ウィーンの建物はどこも天井が美しく、首が悪い人は大変です。

    ふぅ~、やっと中にはいれました。

    おー!見事です。

    ウィーンの建物はどこも天井が美しく、首が悪い人は大変です。

  • やっと、やっと会えました。<br /><br />あなたたちに会いたくって、ここまできたんです。<br /><br />ジーンと感動に浸りたいところですが、ちょうど韓国の団体様ご一行がいらしていて、入れ替わり立ち代わり、この絵の前で記念撮影。<br /><br />ゆっくりみれ~ん!!<br /><br />おばちゃん達の顔を見に来たんじゃなーい!といいたかったけれど、そんなこと言えるはずもなく。<br /><br />と、その時、美術館のスタッフが『この絵は大変貴重ですから、そんなにこの絵に近づいて、写真を撮らないように。わかった?』と言い放ちました。<br /><br />よーし、よく言った!!パチパチパチパチ。<br /><br />でも、もし私も親しい友人とのツアーで来ていたら、同じことをしたかも。<br /><br />ロープを張るなり、なんなり、それなりの対応を美術館もしてくれたら、と思うけど、そしたら近くでみれんもんね。<br /><br />やっぱり写真撮影禁止しかないか・・・・。<br /><br />それしにても、もう一枚の見たかった“ユーディット”は東京にご旅行中とは。<br /><br />悲しすぎる。

    やっと、やっと会えました。

    あなたたちに会いたくって、ここまできたんです。

    ジーンと感動に浸りたいところですが、ちょうど韓国の団体様ご一行がいらしていて、入れ替わり立ち代わり、この絵の前で記念撮影。

    ゆっくりみれ~ん!!

    おばちゃん達の顔を見に来たんじゃなーい!といいたかったけれど、そんなこと言えるはずもなく。

    と、その時、美術館のスタッフが『この絵は大変貴重ですから、そんなにこの絵に近づいて、写真を撮らないように。わかった?』と言い放ちました。

    よーし、よく言った!!パチパチパチパチ。

    でも、もし私も親しい友人とのツアーで来ていたら、同じことをしたかも。

    ロープを張るなり、なんなり、それなりの対応を美術館もしてくれたら、と思うけど、そしたら近くでみれんもんね。

    やっぱり写真撮影禁止しかないか・・・・。

    それしにても、もう一枚の見たかった“ユーディット”は東京にご旅行中とは。

    悲しすぎる。

  • こちらのご婦人はお留守番でウィーンにいらっしゃいました。<br />ご尊顔を拝して、うれしゅうございます。

    こちらのご婦人はお留守番でウィーンにいらっしゃいました。
    ご尊顔を拝して、うれしゅうございます。

  • なんか悲しいまなざしですね。<br />飛行機に乗って、東京に行けなかったからかしらん。

    なんか悲しいまなざしですね。
    飛行機に乗って、東京に行けなかったからかしらん。

  • 階段ホールからお庭を拝見。

    階段ホールからお庭を拝見。

  • よくもいままで、この天使のやりが折れなかったものだと感心。

    よくもいままで、この天使のやりが折れなかったものだと感心。

  • 上宮から下宮に降りていきます。<br /><br />よく手入れはされているけれど、お庭がちょっと殺風景。

    上宮から下宮に降りていきます。

    よく手入れはされているけれど、お庭がちょっと殺風景。

  • 下り坂は平気だもんね~。

    下り坂は平気だもんね~。

  • 明日からに備えてちょっと両替を。街中にいっぱいありましたが、オット曰く空港の方が良かった、だそうです。

    明日からに備えてちょっと両替を。街中にいっぱいありましたが、オット曰く空港の方が良かった、だそうです。

  • テクテク歩いてここにやってきました。<br />ここもまた“二度目のウィーン”にでてました。オープンサンドというか、たくさんのカナッペがある『ツム・シュバルツェン・カーメル』さんです。<br /><br />楽しみしてきたのに、店内は座るどころか、立って食べるカウンターも全く空いてません。<br /><br />元々食いしん坊の私と違ってオットは間食をしない人ですが、こんな時くらい付き合ってくれても良さそうなのに『ボクは食べん。』と冷たく言い放ち、そう言われても私はカナッペを買ってしまい、でもたべる所はなく、ちょっぴり悲しくなりました。<br /><br />泣きそう!<br /><br />ちょっとだけ空いていたカウンターに立って、モゴモゴ食べました。

    テクテク歩いてここにやってきました。
    ここもまた“二度目のウィーン”にでてました。オープンサンドというか、たくさんのカナッペがある『ツム・シュバルツェン・カーメル』さんです。

    楽しみしてきたのに、店内は座るどころか、立って食べるカウンターも全く空いてません。

    元々食いしん坊の私と違ってオットは間食をしない人ですが、こんな時くらい付き合ってくれても良さそうなのに『ボクは食べん。』と冷たく言い放ち、そう言われても私はカナッペを買ってしまい、でもたべる所はなく、ちょっぴり悲しくなりました。

    泣きそう!

    ちょっとだけ空いていたカウンターに立って、モゴモゴ食べました。

  • 涙の味がした悲しみのカナッペ。<br /><br />へへへ。そこまではありませんでしたが、味は今ひとつわからず。<br /><br />もう一回リベンジしたいな。

    涙の味がした悲しみのカナッペ。

    へへへ。そこまではありませんでしたが、味は今ひとつわからず。

    もう一回リベンジしたいな。

  • 黒いラクダを意味する涙味のカナッペ(しつこい?)のお店はここを入っていった所にあります。

    黒いラクダを意味する涙味のカナッペ(しつこい?)のお店はここを入っていった所にあります。

  • お馬さんに癒してもらう。<br /><br />このあと旧王宮の宮廷銀器コレクション・シシィミュージアムに行きました。<br />シシィミジュージアムは写真撮影ができなかったので、写真がありません。<br />でも、贅を尽くした生活だったのに、寂しい人生だったようで、人間何が幸せかわからないな、と思いました。<br /><br />銀器コレクションには、古伊万里の陶磁器などもあって、興味深かったです。<br /><br />シシィチケットでは、王宮家具博物館にもはいれるようでしたが、もう降参。<br /><br />人が多いし、たくさん見すぎて、頭がパンクしそうです。

    お馬さんに癒してもらう。

    このあと旧王宮の宮廷銀器コレクション・シシィミュージアムに行きました。
    シシィミジュージアムは写真撮影ができなかったので、写真がありません。
    でも、贅を尽くした生活だったのに、寂しい人生だったようで、人間何が幸せかわからないな、と思いました。

    銀器コレクションには、古伊万里の陶磁器などもあって、興味深かったです。

    シシィチケットでは、王宮家具博物館にもはいれるようでしたが、もう降参。

    人が多いし、たくさん見すぎて、頭がパンクしそうです。

  • 疲れたので、ちょっと休憩。<br />荒井さんオススメのカフェKORPへ。<br /><br />カジュアルなカフェです。

    疲れたので、ちょっと休憩。
    荒井さんオススメのカフェKORPへ。

    カジュアルなカフェです。

  • ふぅ~ん。オットはコーヒーはー飲むらしいです。<br />お砂糖のイラストが面白い、と一人で話してました。<br /><br />一人で話しときんしゃい!とまた心の中で思った私。

    ふぅ~ん。オットはコーヒーはー飲むらしいです。
    お砂糖のイラストが面白い、と一人で話してました。

    一人で話しときんしゃい!とまた心の中で思った私。

  • ここは安かったです。<br /><br />ここもウエイターさん達がキビキビ働いてて、見ていて気持ちよかったです。<br /><br />さて、夜のディナーの準備にアパートに帰りましょう。

    ここは安かったです。

    ここもウエイターさん達がキビキビ働いてて、見ていて気持ちよかったです。

    さて、夜のディナーの準備にアパートに帰りましょう。

  • 日頃クラッシック音楽など縁遠い私達ですが、気軽に楽しめるコンサートが、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートが開かれる楽友協会であるというので、オプショナルツアーで申込ました。<br /><br />せっかくだったら、自分たちではいかないようなディナーが付いている方がいいと思い、ディナー付きにしました。<br /><br />エクスペディアから予約して一人\15000くらいでした。<br /><br />席は後ろから2番目のカテゴリーでした。<br /><br />口コミでは、大陸の人のマナーが悪いとか、本当の音楽を聴きたいなら違うものを、とありましたが、いいとです。<br /><br />楽友協会に入れれば。<br /><br />ということで、食事にやってきたのは、ホテルブリストルです。<br /><br />エクスペディアの予約書には、コンサートの場所に集合、と書いてあり確認したら、直接ホテルに行ってください、と言われました。

    日頃クラッシック音楽など縁遠い私達ですが、気軽に楽しめるコンサートが、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートが開かれる楽友協会であるというので、オプショナルツアーで申込ました。

    せっかくだったら、自分たちではいかないようなディナーが付いている方がいいと思い、ディナー付きにしました。

    エクスペディアから予約して一人\15000くらいでした。

    席は後ろから2番目のカテゴリーでした。

    口コミでは、大陸の人のマナーが悪いとか、本当の音楽を聴きたいなら違うものを、とありましたが、いいとです。

    楽友協会に入れれば。

    ということで、食事にやってきたのは、ホテルブリストルです。

    エクスペディアの予約書には、コンサートの場所に集合、と書いてあり確認したら、直接ホテルに行ってください、と言われました。

  • ホテルの入り口で予約書を見せるとすぐに席に案内されました。

    ホテルの入り口で予約書を見せるとすぐに席に案内されました。

  • ウエイターの方がうやうやしく封筒を持ってこられ、その中にチケットと楽友協会への行き方が書いてありました。

    ウエイターの方がうやうやしく封筒を持ってこられ、その中にチケットと楽友協会への行き方が書いてありました。

  • 本日のメニュー。

    本日のメニュー。

  • 色々あったけど、カンパーイ&#9833;

    色々あったけど、カンパーイ♩

  • せっかくここまできたんだもんね。<br /><br />気を取り直して、私もカンパーイ&#127925;

    せっかくここまできたんだもんね。

    気を取り直して、私もカンパーイ🎵

  • どれも美味しくいただきました。<br /><br />お料理もさることながら、レストランの雰囲気やスタッフの方達の振る舞いが優雅で、いい時間が過ごせました。<br /><br />それでは、楽友協会へ。

    どれも美味しくいただきました。

    お料理もさることながら、レストランの雰囲気やスタッフの方達の振る舞いが優雅で、いい時間が過ごせました。

    それでは、楽友協会へ。

  • ジャーン!<br />ここです。<br /><br />でもウィーンフィルのニューイヤーコンサートなど聞いたこともない私にとってはこの価値がわかるはずもなく、猫に小判状態デス。<br /><br />豚に真珠ともいう。<br />

    ジャーン!
    ここです。

    でもウィーンフィルのニューイヤーコンサートなど聞いたこともない私にとってはこの価値がわかるはずもなく、猫に小判状態デス。

    豚に真珠ともいう。

  • この日は残念ながら、黄金の間ではなく、ブラームスホールでした。<br /><br />それでも十分豪華です。<br /><br />口コミ通り、大陸の方も多くいらしてましたが、そんなにマナーが悪いという事はありませんでした。<br /><br />私にとっては、あまり聞いたことのない曲が多かったのですが、最後はみんなで手拍子して一団になり、それなりに楽しめました。<br /><br />ちなみにオットはずぅ~っと寝ていました。<br /><br />でも寝ていたのではないらしいです。<br />目をつぶっていただけ、だそうです。<br /><br />さあ、明日はいよいよハルシュタットです。<br />ワクワクするぅ~。

    この日は残念ながら、黄金の間ではなく、ブラームスホールでした。

    それでも十分豪華です。

    口コミ通り、大陸の方も多くいらしてましたが、そんなにマナーが悪いという事はありませんでした。

    私にとっては、あまり聞いたことのない曲が多かったのですが、最後はみんなで手拍子して一団になり、それなりに楽しめました。

    ちなみにオットはずぅ~っと寝ていました。

    でも寝ていたのではないらしいです。
    目をつぶっていただけ、だそうです。

    さあ、明日はいよいよハルシュタットです。
    ワクワクするぅ~。

37いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集