ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
この旅行は、急遽計画した旅行でした。私達夫婦は、いつも個人旅行だったので、団体でのツアーには不安がありましたが 旅行で巡り合ったツアー仲間と たくさんの楽しい思い出を作ることが出来ました。また、全行程、お天気に恵まれて 春というよりも初夏のような陽気の中、中欧を楽しむことが出来ました。スタートのウィーン編です。

オーストリア航空 ビジネスクラスで行く憧れのウィーン学友協会とシェーンブルン宮殿!

431いいね!

2019/04/03 - 2019/04/10

3位(同エリア5311件中)

23

114

この旅行は、急遽計画した旅行でした。私達夫婦は、いつも個人旅行だったので、団体でのツアーには不安がありましたが 旅行で巡り合ったツアー仲間と たくさんの楽しい思い出を作ることが出来ました。また、全行程、お天気に恵まれて 春というよりも初夏のような陽気の中、中欧を楽しむことが出来ました。スタートのウィーン編です。

同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス 徒歩 飛行機
航空会社
オーストリア航空
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.0
交通
5.0

PR

  • 日本の春を象徴する桜!来るべき東京オリンピックのミライトワとソメティーも、一緒にお出迎えです。

    日本の春を象徴する桜!来るべき東京オリンピックのミライトワとソメティーも、一緒にお出迎えです。

  • アッ!スターウォーズジェットだ!と、思わず追いかけてしまいました。

    アッ!スターウォーズジェットだ!と、思わず追いかけてしまいました。

  • オーストリア航空はスターアライアンスなので、ビジネスラウンジはANAでした。

    オーストリア航空はスターアライアンスなので、ビジネスラウンジはANAでした。

  • この日のフライトは、あまり混雑していない感じでした。座席にはとても余裕がありました。ここで、フライトまでの時間を過ごします。

    この日のフライトは、あまり混雑していない感じでした。座席にはとても余裕がありました。ここで、フライトまでの時間を過ごします。

  • 午前中は、軽めのミールです。海外からの観光客には 海苔巻きが好評でした。

    午前中は、軽めのミールです。海外からの観光客には 海苔巻きが好評でした。

  • でも私のチョイスは、サンドイッチとサラダです。食べ過ぎると機内事が食べられなくなるので、控えめに・・・

    でも私のチョイスは、サンドイッチとサラダです。食べ過ぎると機内事が食べられなくなるので、控えめに・・・

  • オーストリア航空のビジネスクラスの窓際は、このように奇数席が一人席です。私たちは偶数の二人席でしたが・・・後に、足を延ばすスペースの確保のため、このような形状になっていると解りました。

    オーストリア航空のビジネスクラスの窓際は、このように奇数席が一人席です。私たちは偶数の二人席でしたが・・・後に、足を延ばすスペースの確保のため、このような形状になっていると解りました。

  • 洋食、和食それぞれ肉か魚をチョイスできます。私は和食の赤魚の大根おろしソースをチョイスしました。オーストリア航空はビジネスクラス専属のシェフが乗っていて、機上で調理するのが特徴のようです。オーダーはシェフが取ります。

    洋食、和食それぞれ肉か魚をチョイスできます。私は和食の赤魚の大根おろしソースをチョイスしました。オーストリア航空はビジネスクラス専属のシェフが乗っていて、機上で調理するのが特徴のようです。オーダーはシェフが取ります。

  • このパネルは、感度がよすぎて、ちょっと手が触れても、シートが動き出しました(笑)

    このパネルは、感度がよすぎて、ちょっと手が触れても、シートが動き出しました(笑)

  • シートピッチを確保するために 大画面のモニターの下に足を入れると、 前の席は1席になるのでした。

    シートピッチを確保するために 大画面のモニターの下に足を入れると、 前の席は1席になるのでした。

  • アッ、あのフライングホヌだ!5月からハワイへ飛ぶんですね!乗りたいな!と、日本初のエアバスA380を見ながらも、機内食への期待が高まっていました。

    アッ、あのフライングホヌだ!5月からハワイへ飛ぶんですね!乗りたいな!と、日本初のエアバスA380を見ながらも、機内食への期待が高まっていました。

  • 前菜は和と洋が選べて、このように目の前でCAさんが 盛り付けてくれます。

    前菜は和と洋が選べて、このように目の前でCAさんが 盛り付けてくれます。

  • オーストリア航空はAにこだわり、お皿がトライアングルです。前菜はとてもおいしくいただきました。

    オーストリア航空はAにこだわり、お皿がトライアングルです。前菜はとてもおいしくいただきました。

  • 赤魚がフワフワで、クオリティーが高いと感じました。以前搭乗したKLMのホテルオークラ・アムステルダムの和食レストラン「山里」とコラボした和食が、正直あまり美味しくなかったので、期待していませんでしたが、こちらは大正解!

    赤魚がフワフワで、クオリティーが高いと感じました。以前搭乗したKLMのホテルオークラ・アムステルダムの和食レストラン「山里」とコラボした和食が、正直あまり美味しくなかったので、期待していませんでしたが、こちらは大正解!

  • 和食には、たけのこご飯も付いてきます。こちらも美味でした。お吸い物は出汁が効いていませんでしたが・・・

    和食には、たけのこご飯も付いてきます。こちらも美味でした。お吸い物は出汁が効いていませんでしたが・・・

  • 夫のウィーン風ステーキ!こちらもお肉が口の中で解けて柔らかくて、とても美味しかったです。

    夫のウィーン風ステーキ!こちらもお肉が口の中で解けて柔らかくて、とても美味しかったです。

  • デザートはフルーツと日本語で言うとアップルパイのバニラソースがけでした。これがとてもイケテマシタ!

    デザートはフルーツと日本語で言うとアップルパイのバニラソースがけでした。これがとてもイケテマシタ!

  • 夫のチーズも、美味!オーストリア航空のお食事は、合格点です!

    夫のチーズも、美味!オーストリア航空のお食事は、合格点です!

  • 食後には10種類のウィンナコーヒーが飲み放題のはずでした。でも10種類のメニューからチョイスしたコーヒーを持ってくると、CAさんのお休みタイムになってしまい、真っ暗な中、呼び出しサインを出して お替りを頂く勇気が出ませんでした・・・

    食後には10種類のウィンナコーヒーが飲み放題のはずでした。でも10種類のメニューからチョイスしたコーヒーを持ってくると、CAさんのお休みタイムになってしまい、真っ暗な中、呼び出しサインを出して お替りを頂く勇気が出ませんでした・・・

  • リキュール入りのコーヒーもあり、至福の時でした。

    リキュール入りのコーヒーもあり、至福の時でした。

  • シベリアの上空を通過して、ずっと昼間のフライトが続きました。だから、映画を4本も観てしまいました。

    シベリアの上空を通過して、ずっと昼間のフライトが続きました。だから、映画を4本も観てしまいました。

  • こちらは、到着前のライトミールです。選べるヨーグルトがおめざ!でした。

    こちらは、到着前のライトミールです。選べるヨーグルトがおめざ!でした。

  • 夕刻のウィーンに近づいてきました。

    夕刻のウィーンに近づいてきました。

  • 空港近くには、発電所の設備がかなりの面積を占めていて、目を引きました。

    空港近くには、発電所の設備がかなりの面積を占めていて、目を引きました。

  • 管制塔も見えて、いよいよ12時間のフライトも終了です。

    管制塔も見えて、いよいよ12時間のフライトも終了です。

  • この日は到着が午後7時近くだったので、そのままルネッサンスホテルに チェックインしました。

    この日は到着が午後7時近くだったので、そのままルネッサンスホテルに チェックインしました。

  • アメリカンスタイルのマリオット系のホテルです。バスルームの壁の女性に目を奪われます!

    アメリカンスタイルのマリオット系のホテルです。バスルームの壁の女性に目を奪われます!

  • このシンクが、高すぎて届かない!不便でした。

    このシンクが、高すぎて届かない!不便でした。

  • コンパクトなコーヒーセット。この下には セーフティーボックスもありました。ベッドの寝心地は合格点です!

    コンパクトなコーヒーセット。この下には セーフティーボックスもありました。ベッドの寝心地は合格点です!

  • 翌朝、朝食前にロビーに出てみると、まだレストランが準備中だったので、ホテルの外に出て、気温を確認することにしました。

    翌朝、朝食前にロビーに出てみると、まだレストランが準備中だったので、ホテルの外に出て、気温を確認することにしました。

  • 日の出のウィーンは寒い!しかし、日中は半袖でも十分な気温になりました。

    日の出のウィーンは寒い!しかし、日中は半袖でも十分な気温になりました。

  • 朝食バイキングは、パンが豊富で感動しました。

    朝食バイキングは、パンが豊富で感動しました。

  • 野菜とフルーツをたっぷりといただきました。ブラックカーラントのジュースに はまりました!

    野菜とフルーツをたっぷりといただきました。ブラックカーラントのジュースに はまりました!

  • 最初の訪問地は、もちろんハプスブルグ家の栄華を今に残す シェーンブルン宮殿です。ホテルからは徒歩でも行けます。

    最初の訪問地は、もちろんハプスブルグ家の栄華を今に残す シェーンブルン宮殿です。ホテルからは徒歩でも行けます。

  • 朝の宮殿は、まだそれほど観光客が居ません。マリアテレジア イエローの美しい外観です。

    朝の宮殿は、まだそれほど観光客が居ません。マリアテレジア イエローの美しい外観です。

  • 近づくにつれて、その豪華さに目を奪われます。

    近づくにつれて、その豪華さに目を奪われます。

  • まずは、庭園を見学します。手入れされた美しさ!

    まずは、庭園を見学します。手入れされた美しさ!

  • そして、広さ・・・この1時間後は、こんな広い庭園も、人で埋め尽くされました。

    そして、広さ・・・この1時間後は、こんな広い庭園も、人で埋め尽くされました。

  • 夏には この場所でウィーンフィルの野外コンサートが開催されて、何万人もの聴衆がこの庭園を埋め尽くします。

    夏には この場所でウィーンフィルの野外コンサートが開催されて、何万人もの聴衆がこの庭園を埋め尽くします。

  • 宮殿もイースターのお祝いです!キュートですね。

    宮殿もイースターのお祝いです!キュートですね。

  • たくさんの馬車が、観光客待ちをしていました。宮殿のお庭を回るそうです。

    たくさんの馬車が、観光客待ちをしていました。宮殿のお庭を回るそうです。

  • シェーンブルン宮殿の中は、すべて撮影禁止ですが、ギフトショップだけは大丈夫でした・・・

    シェーンブルン宮殿の中は、すべて撮影禁止ですが、ギフトショップだけは大丈夫でした・・・

  • 宮殿の中で、最も印象に残ったのは、モーツァルトが部屋を移動する時に、転んでしまった際に、後のマリー アントワネットが助けると、大きくなったら君をお嫁さんにしてあげるね!と言った時の 巨大な肖像画が飾られていた部屋がありました。歴史が目の前で!と思うと、ワクワクしました。

    宮殿の中で、最も印象に残ったのは、モーツァルトが部屋を移動する時に、転んでしまった際に、後のマリー アントワネットが助けると、大きくなったら君をお嫁さんにしてあげるね!と言った時の 巨大な肖像画が飾られていた部屋がありました。歴史が目の前で!と思うと、ワクワクしました。

  • この庭園は、夏にウィーンフィルが野外コンサートを開催する庭園です。毎年10万人を超える人が集まるようですが、その人数を十分に収容しきれる広さでした。

    この庭園は、夏にウィーンフィルが野外コンサートを開催する庭園です。毎年10万人を超える人が集まるようですが、その人数を十分に収容しきれる広さでした。

  • シェーンブルン宮殿を後にして、ノイエブルクのあたりを散策します。中央のバルコニーはヒトラーがドイツ オーストリア合邦を発表した 歴史上 有名なバルコニーです。その後、トラムに乗車します。

    シェーンブルン宮殿を後にして、ノイエブルクのあたりを散策します。中央のバルコニーはヒトラーがドイツ オーストリア合邦を発表した 歴史上 有名なバルコニーです。その後、トラムに乗車します。

  • これは、旧トラム。今 ウィーンは新旧のトラムが、両方走行しています。

    これは、旧トラム。今 ウィーンは新旧のトラムが、両方走行しています。

  • これは、乗車した新トラムですが、正面のテントは、明日開催される ウィーンマラソンの観覧席です。

    これは、乗車した新トラムですが、正面のテントは、明日開催される ウィーンマラソンの観覧席です。

  • オペラ座前のカールスプラッツ駅で降りました。トラムは原則、チケットを自分で買うけれど、誰も確認しません。しかし、時折乗り込んでくる検査官に 無賃乗車を見つけられると、100ユーロ近い罰金になるので、ウィーン市民は、きちんと乗車券を買うそうです。

    オペラ座前のカールスプラッツ駅で降りました。トラムは原則、チケットを自分で買うけれど、誰も確認しません。しかし、時折乗り込んでくる検査官に 無賃乗車を見つけられると、100ユーロ近い罰金になるので、ウィーン市民は、きちんと乗車券を買うそうです。

  • オペラ座の前には、大好きなグスタフ・マーラーの星型プレートがありました!

    オペラ座の前には、大好きなグスタフ・マーラーの星型プレートがありました!

  • オペラ座の中に入れない人のための パブリック・ビューイングです。こちらは、無料で 誰でも当日のオペラを楽しむことが出来ます。

    オペラ座の中に入れない人のための パブリック・ビューイングです。こちらは、無料で 誰でも当日のオペラを楽しむことが出来ます。

  • ホテルザッハーのザッハトルテのショップを過ぎて、

    ホテルザッハーのザッハトルテのショップを過ぎて、

  • ケルントナー通りを歩くと、チューリップをたくさん並べている花屋がありました!春を待ち望むのは、日本人もウィーンの人も同じだと感じました。

    ケルントナー通りを歩くと、チューリップをたくさん並べている花屋がありました!春を待ち望むのは、日本人もウィーンの人も同じだと感じました。

  • 見えてきたのは、シュテファン大聖堂です。くっきりと天に聳えるゴシック様式の尖塔は、ウィーンの象徴です。

    見えてきたのは、シュテファン大聖堂です。くっきりと天に聳えるゴシック様式の尖塔は、ウィーンの象徴です。

  • 屋根の模様も、とても美しくて、目を奪われます。でも ボーっとしていると、ここら辺は、スリの多いところですから、ちょっと緊張します。

    屋根の模様も、とても美しくて、目を奪われます。でも ボーっとしていると、ここら辺は、スリの多いところですから、ちょっと緊張します。

  • 折角なので、中に入ってみることにしました。

    折角なので、中に入ってみることにしました。

  • 時間的に、ちょうどお昼のミサを執り行なっている時間でした。

    時間的に、ちょうどお昼のミサを執り行なっている時間でした。

  • 荘厳な雰囲気です。キリスト教徒でなくても、心が表れます。

    荘厳な雰囲気です。キリスト教徒でなくても、心が表れます。

  • このパイプオルガンの音を聴きたかったなと思いながら、シュテファン大聖堂を後にしました。

    このパイプオルガンの音を聴きたかったなと思いながら、シュテファン大聖堂を後にしました。

  • 石畳を歩いて、モーツァルトが一時期を過ごした アパートに来ました。

    石畳を歩いて、モーツァルトが一時期を過ごした アパートに来ました。

  • モーツァルトは、何度も転居したので、モーツァルトのアパートは、この他にも数箇所存在するそうです。

    モーツァルトは、何度も転居したので、モーツァルトのアパートは、この他にも数箇所存在するそうです。

  • この部屋で、作曲していたなんて!リアルにモーツァルトの存在を感じます。

    この部屋で、作曲していたなんて!リアルにモーツァルトの存在を感じます。

  • 二階の四部屋がモーツァルトの部屋だそうです。併設されたショップには、モーツァルトグッズがたくさんあり、部屋丸ごと欲しくなりました。

    二階の四部屋がモーツァルトの部屋だそうです。併設されたショップには、モーツァルトグッズがたくさんあり、部屋丸ごと欲しくなりました。

  • シュテファン大聖堂の真下を通ります。

    シュテファン大聖堂の真下を通ります。

  • この下に、モーツァルトの葬儀の時に使用した 地下納骨堂があるそうです。ちなみに、このシュテファン大聖堂では、彼の結婚式も執り行なわれたそうです。

    この下に、モーツァルトの葬儀の時に使用した 地下納骨堂があるそうです。ちなみに、このシュテファン大聖堂では、彼の結婚式も執り行なわれたそうです。

  • 本日のランチは、ウィンナーシュニッツェル!大きすぎて完食出来ず・・・こんなことは初めてです・・・

    本日のランチは、ウィンナーシュニッツェル!大きすぎて完食出来ず・・・こんなことは初めてです・・・

  • レストランにあった200年前の辞書!現存しているなんて すごいです。

    レストランにあった200年前の辞書!現存しているなんて すごいです。

  • ここからは、駆け足で街を廻ります。まずは、グラーベン通りのペスト記念柱へ。1670年代にヨーロッパで猛威を振るったペストは、ここウィーンだけでも10万人の命を奪いました。その収束を記念してレオポルド1世が建てました。下では市民が憩いを求めて のんびりしていました。

    ここからは、駆け足で街を廻ります。まずは、グラーベン通りのペスト記念柱へ。1670年代にヨーロッパで猛威を振るったペストは、ここウィーンだけでも10万人の命を奪いました。その収束を記念してレオポルド1世が建てました。下では市民が憩いを求めて のんびりしていました。

  • ペスト記念柱のすぐ近くには、聖ペーター教会があります。

    ペスト記念柱のすぐ近くには、聖ペーター教会があります。

  • 中は、とても荘厳な雰囲気です。そして宗教が如何に人々の生活に不可欠であったかが 見て取れます。

    中は、とても荘厳な雰囲気です。そして宗教が如何に人々の生活に不可欠であったかが 見て取れます。

  • 天井のフレスコ画も、素晴らしくて 首が痛くなるほど見つめました。

    天井のフレスコ画も、素晴らしくて 首が痛くなるほど見つめました。

  • ペーター教会では、午後3時から、毎日パイプオルガンの無料コンサートがあるのですが、それを待つと、他の場所が訪問できなくなるので、泣く泣くパスしました。

    ペーター教会では、午後3時から、毎日パイプオルガンの無料コンサートがあるのですが、それを待つと、他の場所が訪問できなくなるので、泣く泣くパスしました。

  • 次の目的地は、市民公園です。ここは、市民の憩いの場で、普段の日も、多くのウィーン市民が、思い思いに過ごしています。

    次の目的地は、市民公園です。ここは、市民の憩いの場で、普段の日も、多くのウィーン市民が、思い思いに過ごしています。

  • 今 この鮮やかな黄色い花が綺麗でした。レンギョウの花だと思われます。

    今 この鮮やかな黄色い花が綺麗でした。レンギョウの花だと思われます。

  • まずは、フランツ・シューベルトに会いに行きます。この美しい景色を見て、彼もたくさんの歌曲を作曲したんだなと思いました。感無量です。

    まずは、フランツ・シューベルトに会いに行きます。この美しい景色を見て、彼もたくさんの歌曲を作曲したんだなと思いました。感無量です。

  • 広い池が中央にあり、進むと・・・

    広い池が中央にあり、進むと・・・

  • 大好きなブルックナーが!そして、このブルックナーの像の前で 信じられない出会いがありました。写真を撮りましょうかと声をかけてくださった男性は、有名な指揮者、リッカルド・ルナさんだったのです。日本にも来日して、大阪フェスティバルホールや、鎌倉芸術館・サントリーホールなどでブルックナーを指揮された方です。

    大好きなブルックナーが!そして、このブルックナーの像の前で 信じられない出会いがありました。写真を撮りましょうかと声をかけてくださった男性は、有名な指揮者、リッカルド・ルナさんだったのです。日本にも来日して、大阪フェスティバルホールや、鎌倉芸術館・サントリーホールなどでブルックナーを指揮された方です。

  • 2週間後にカールス教会でミサ・ソレムニスを振るから、聴きに来るようにお誘いを受けましたが、滞在日数が足りず、叶いませんでした。でも、ブルックナーが引き合わせてくれた、素晴らしい出会いでした!

    2週間後にカールス教会でミサ・ソレムニスを振るから、聴きに来るようにお誘いを受けましたが、滞在日数が足りず、叶いませんでした。でも、ブルックナーが引き合わせてくれた、素晴らしい出会いでした!

  • ヨハン・シュトラウスの像は大人気で、かの国の人々が、像によじ登り、なかなか記念撮影が出来なくて、苦労しました。

    ヨハン・シュトラウスの像は大人気で、かの国の人々が、像によじ登り、なかなか記念撮影が出来なくて、苦労しました。

  • シュトラウスの記念像から少し歩きます。ここが クアサロンです。夕方になると、観光客向けのコンサートが開かれています。

    シュトラウスの記念像から少し歩きます。ここが クアサロンです。夕方になると、観光客向けのコンサートが開かれています。

  • 観光客向けなので、モーツァルトやシュトラウスの親しみやすい曲が中心に演奏されます。

    観光客向けなので、モーツァルトやシュトラウスの親しみやすい曲が中心に演奏されます。

  • ウィーンの町を歩いて、次に向かったのは、ベーゼンドルファーのショップです。

    ウィーンの町を歩いて、次に向かったのは、ベーゼンドルファーのショップです。

  • しかし、今日はスタジオ収録のため立ち入り禁止でした。アー、残念すぎる・・・

    しかし、今日はスタジオ収録のため立ち入り禁止でした。アー、残念すぎる・・・

  • 今夜のウィーン学友協会のコンサートチケットは、日本からインターネットで入手していました!

    今夜のウィーン学友協会のコンサートチケットは、日本からインターネットで入手していました!

  • 今からドキドキです!学友協会前には、サックスを演奏するパンダちゃんが!なぜにパンダ?

    今からドキドキです!学友協会前には、サックスを演奏するパンダちゃんが!なぜにパンダ?

  • そして、楽友協会の向かい側には、レッセルパークがあり、今夜聴くブラームスの像がありました。

    そして、楽友協会の向かい側には、レッセルパークがあり、今夜聴くブラームスの像がありました。

  • あと数時間で、あこがれのウィーン楽友協会のホールに入れると思うと、夢のようです。昔から憧れていた黄金のホール。ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをテレビで見る度に いつか行きたいと思っていました!そのホールが目の前にあります!

    あと数時間で、あこがれのウィーン楽友協会のホールに入れると思うと、夢のようです。昔から憧れていた黄金のホール。ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをテレビで見る度に いつか行きたいと思っていました!そのホールが目の前にあります!

  • そして、レッセルパークにはこのカールス協会があります。先程出会えた、リッカルド・ルナ氏が2週間後にここで、Brucknerのミサを振ります。

    そして、レッセルパークにはこのカールス協会があります。先程出会えた、リッカルド・ルナ氏が2週間後にここで、Brucknerのミサを振ります。

  • 夕刻、レッセルパークには、少し冷たい風が吹き込んできました。

    夕刻、レッセルパークには、少し冷たい風が吹き込んできました。

  • 今夜のプログラムは、このヨハネス・ブラームスが作曲した交響曲第三番です。

    今夜のプログラムは、このヨハネス・ブラームスが作曲した交響曲第三番です。

  • これは、先程の出会いをくれたアントン・ブルックナー!

    これは、先程の出会いをくれたアントン・ブルックナー!

  • 指揮者のウィルヘルム・フルトベングラーのスタープレートもありました!

    指揮者のウィルヘルム・フルトベングラーのスタープレートもありました!

  • そしてフランツ・シューベルトも!見ていて、飽きません!

    そしてフランツ・シューベルトも!見ていて、飽きません!

  • しかし、そろそろオペラ座に戻って・・・

    しかし、そろそろオペラ座に戻って・・・

  • 今夜の演目は、ラ ボエームですね!ミミのアリアを聴きたかった!

    今夜の演目は、ラ ボエームですね!ミミのアリアを聴きたかった!

  • ゲーテの像を通り過ぎて・・・

    ゲーテの像を通り過ぎて・・・

  • ブルクガルテンのモーツァルト記念像を見に行きます。この風景も、よく目にするので、是非自分の目で見てみたかったのです。普段、ト音記号は赤い花で作られていますが、この日は白い花でした。モーツァルトは、ウィーンの人々の心に 深く深く刻まれているのです。

    ブルクガルテンのモーツァルト記念像を見に行きます。この風景も、よく目にするので、是非自分の目で見てみたかったのです。普段、ト音記号は赤い花で作られていますが、この日は白い花でした。モーツァルトは、ウィーンの人々の心に 深く深く刻まれているのです。

  • とても凛としていて、レクイエムを作曲したころの落ちぶれた姿ではありませんでした。今夜のコンサートでは、彼の作曲したピアノ協奏曲20番も聴けるのです。

    とても凛としていて、レクイエムを作曲したころの落ちぶれた姿ではありませんでした。今夜のコンサートでは、彼の作曲したピアノ協奏曲20番も聴けるのです。

  • 再びオペラ座に戻って、丁度正面にあるゴージャスなカフェ、ゲルストナー ケーウントカー ホーフツッカーベッカーへ!ここのお菓子をシシーがこよなく愛したのは、有名な話です。

    再びオペラ座に戻って、丁度正面にあるゴージャスなカフェ、ゲルストナー ケーウントカー ホーフツッカーベッカーへ!ここのお菓子をシシーがこよなく愛したのは、有名な話です。

  • エレベーターホールの絵画は、美術館かと思うほどでした。

    エレベーターホールの絵画は、美術館かと思うほどでした。

  • 店内はゴージャスそのもの!

    店内はゴージャスそのもの!

  • シャンデリアは、カフェとは思えません。多くの日本人観光客も、カフェタイムを楽しんでいました。

    シャンデリアは、カフェとは思えません。多くの日本人観光客も、カフェタイムを楽しんでいました。

  • こちらは、何だか分かりますか?分かる人は、昭和世代です!お化粧室で、どうやって水を流すのかなと、困っていました。ふと、上を見上げると、この装置がありました。子供のころ、こんな水洗トイレでした!懐かしい!

    こちらは、何だか分かりますか?分かる人は、昭和世代です!お化粧室で、どうやって水を流すのかなと、困っていました。ふと、上を見上げると、この装置がありました。子供のころ、こんな水洗トイレでした!懐かしい!

  • 自動演奏のピアノが、素敵な曲を連続で演奏していました。

    自動演奏のピアノが、素敵な曲を連続で演奏していました。

  • あと数分で夕食会場に行かなくてはいけないので、とりあえずウィンナコーヒーだけにしました。

    あと数分で夕食会場に行かなくてはいけないので、とりあえずウィンナコーヒーだけにしました。

  • 私の座ったこの席が、パブリックビューイングを見るには、最適な席でした。

    私の座ったこの席が、パブリックビューイングを見るには、最適な席でした。

  • この日の夕食は、お魚のコースです。しかし、メインを食べて、デザートが来る前にレストランを出て、走りました。

    この日の夕食は、お魚のコースです。しかし、メインを食べて、デザートが来る前にレストランを出て、走りました。

  • そして、楽友協会の今夜のコンサートに間に合いました!正に黄金のホールです。

    そして、楽友協会の今夜のコンサートに間に合いました!正に黄金のホールです。

  • 私の席は、2階のボックスシートです。音響は良いけれど、体の向きが斜めになります。ちょっと視覚的には見難い席です。それと、ボックス席にたどり着くには、階段とエレベーターがあります。エレベーターは混んでいたので、もちろん階段へ!しかし、甘く見ていた・・・上っても上ってもたどり着きません。息を切らして、ようやく2階席へ。思えば、天井が高いホールでした。

    私の席は、2階のボックスシートです。音響は良いけれど、体の向きが斜めになります。ちょっと視覚的には見難い席です。それと、ボックス席にたどり着くには、階段とエレベーターがあります。エレベーターは混んでいたので、もちろん階段へ!しかし、甘く見ていた・・・上っても上ってもたどり着きません。息を切らして、ようやく2階席へ。思えば、天井が高いホールでした。

  • ネットにアクセスしたときは、もう最前列かボックス席しか空いていませんでした。最前列だと、サントリーホールと同じで、オケのメンバーの足を見ながら聴くことになります。それよりは、音響が良いので、こちらの席にしました。

    ネットにアクセスしたときは、もう最前列かボックス席しか空いていませんでした。最前列だと、サントリーホールと同じで、オケのメンバーの足を見ながら聴くことになります。それよりは、音響が良いので、こちらの席にしました。

  • 楽友協会のパイプオルガンは、どんな音だったんでしょう?シャンデリアも、いつもテレビで見ていたあのシャンデリアでした。

    楽友協会のパイプオルガンは、どんな音だったんでしょう?シャンデリアも、いつもテレビで見ていたあのシャンデリアでした。

  • 天井も黄金です。時差ぼけでも、全く眠くなりませんでした。本当に演奏に引き込まれると共に、コンサートはウィーンの人々の社交の場なのだと思いました。休憩は20分なのに、人々はワイングラス片手に 話し込んでいました。

    天井も黄金です。時差ぼけでも、全く眠くなりませんでした。本当に演奏に引き込まれると共に、コンサートはウィーンの人々の社交の場なのだと思いました。休憩は20分なのに、人々はワイングラス片手に 話し込んでいました。

  • アンコールはありません。全精力を費やして、楽団員は演奏してくれました。あのホールの熱気は、一生忘れることはないと思います。ブラームスの3番も、モーツァルトのピアノコンチェルトも、どちらも忘れることの出来ない名演でした。

    アンコールはありません。全精力を費やして、楽団員は演奏してくれました。あのホールの熱気は、一生忘れることはないと思います。ブラームスの3番も、モーツァルトのピアノコンチェルトも、どちらも忘れることの出来ない名演でした。

  • 夜の楽友協会も とても美しいです。歩いてすぐの カールスプラッツ駅からU4の地下鉄でルネッサンスホテルに帰りました。この日の地下鉄の治安は良く、安心して乗車することが出来ました。

    夜の楽友協会も とても美しいです。歩いてすぐの カールスプラッツ駅からU4の地下鉄でルネッサンスホテルに帰りました。この日の地下鉄の治安は良く、安心して乗車することが出来ました。

  • 最後までご覧頂いて ありがとうございました。この旅行記は、40年間の勤務から解放され、完全にリタイアしたので、すぐにアップしようと思っていました。しかし、人生とは なかなか思うように行かないもので、諸事情で 遠方の病院に通いながら 息子と孫の生活のバックアップをすることになりました。ですから、しばらくは 多忙な日々が続きます。この旅行の感動を思い出しながら、次の旅行記もアップしていきたいと思います。

    最後までご覧頂いて ありがとうございました。この旅行記は、40年間の勤務から解放され、完全にリタイアしたので、すぐにアップしようと思っていました。しかし、人生とは なかなか思うように行かないもので、諸事情で 遠方の病院に通いながら 息子と孫の生活のバックアップをすることになりました。ですから、しばらくは 多忙な日々が続きます。この旅行の感動を思い出しながら、次の旅行記もアップしていきたいと思います。

431いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (23)

開く

閉じる

  • juniperさん 2019/05/30 17:28:44
    素敵です♪
    yamayuri2001さん~
    こんにちは♪

    ウィーン 旅行記楽しく拝見させて頂きました。
    以前見させて頂いた時に素敵な旅をされる方だなぁと思っておりました。
    yamayuri2001さんの旅行記だったのですね。

    ご退職お疲れ様でございました。
    お仕事頑張られたのですね。
    そして、ご家族のバックアップと病気通い頑張られているのですね。
    yamayuri2001さんのご家族が一日も早くお元気になり良い流れになりますよう祈っておりますね。

    ブルックナーの銅像の前でリカルド・ルナさんと偶然に会われたのですねー
    音楽の神様がご褒美として合わせて下さったと思います。
    素敵です♪
    ウィーン 楽友会館黄金のホールでのブラームスとモーツァルトのピアノコンチェルトのコンサート
    の素晴らしさと感動がすごーく伝わってきました。

    お手洗いの鎖は昔の実家にもありましたので直ぐにわかりました(^^)

    シェーンブルン宮殿のシルエットのお写真素敵です。
    私も真似っこさせてもらいます(^^)

    ツアー旅行で自由時間に行きたい所を効率よく観光されてるなぁとお手本にさせて頂きますね。

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/05/31 17:43:38
    juniperさん、コメント 嬉しいです!
    ありがとうございます。

    ウィーンの旅行は、退職の自分へのご褒美旅行でした。
    たくさんの作曲家の足跡に触れ、
    自分の中の音楽への興味が
    刺激されて、またピアノを弾きたいと思えた
    貴重な旅行でした。

    しかし、時差ボケも戻らない二日後に
    孫が破水してしまい、
    今はお腹の中で生まれる時期を
    模索しているようです。

    あまりに小さいので、このまま
    胎内に留まってほしいと欲しいと願うばかりです。

    先が見えない家族への支援に
    私自身が少々疲れてきましたが
    新しい家族に巡り合うための試練を
    音楽への思いと共に、乗り切ろうと思います。

    音楽仲間としても、よろしくお願いいたします。

    yamayuri2001


  • ことりsweetさん 2019/05/18 09:04:17
    追記。
    書きもれましたが
    長崎旅みていただいてイイネを
    ありがとうございました!
  • ことりsweetさん 2019/05/18 09:03:11
    おめでとうございます♪
    yamayuri2001さん、おはようございます。

    オーストリアの旅、満喫されましたね。
    リアイア記念のよい旅になったようですね。
    まずラウンジの雰囲気のよさとビジネスクラスの
    お食事のよさにうっとり。
    シェフが出してくださるとは贅沢~

    オーストリアは新婚旅行時にいっただけですが
    改めてその上品な華やかさに惹かれています。
    音楽に溢れた町。
    指揮者のリッカルドさんに声をかけてもらったり
    感動のコンサートに行けたのも
    すごくいいご縁だったですね~~

    日常は仕事を離れてもいろいろお忙しいですね。
    私もGWの旅記をまだまとめられないでいます。
    今のこのよい気候楽しみたいですね。
    ではまた。

    ことりsweet

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/05/21 09:49:40
    ことりsweetさん、お祝いのコメントをありがとうございます。
    返信、遅れまして申し訳ありません。

    ウィーンは、ハネムーンで行かれたのですね!
    本来、私もハネムーンの行き先は、ウィーンのはずでした。
    しかし、航空券の代金(当時も大金だった)を預かった夫が
    なんと、サンフランシスコからロサンゼルスの周遊券を買ってきたのです。
    忘れもしない、新宿で待ち合わせてチケットを受け取ったとき
    別れようかと思いました(笑)

    しかし、行ってみて、アメリカの大自然と
    ディズニーランドにはまりました。
    以来、アメリカばかり往復していたのです。

    やっと念願かなってのウィーンでしたが、
    ハプスブルグ家の栄華がそのまま残された
    世界で一番美しい都市でしたね!

    すぐに再訪したくなる都市でした。


    ことりsweetさん、GWの旅行記も、あせらず
    アップしてくださいね。
    お待ちしています。
    私も、次のハンガリー編もアップしたいのですが、
    家族のために、通院しているので
    ちょっと遅れるかもしれません。
    また、ご訪問くださいね!

    yamayuri2001


  • mistralさん 2019/05/12 19:58:09
    芸術にあふれた街で。
    yamayuriさん

    こんばんは。
    ヴェズレーの旅行記にご投票いただき有難うございました。

    yamayuriさんのウィーンの旅行記、楽しませていただきました。
    私も大好きなウィーン!
    音楽、絵画、建築、食などなど
    芸術に溢れた街ですね。
    何度行っても、色々の表情を見せてくれます。

    ツアーにご参加されたようですが、自由行動をうまく入れられて、
    何よりも再開された直行便のご利用で、ウィーンまで時間的にも短縮されて
    良かったですね。
    私も随分前になりますが学友協会、黄金ホールでのコンサートは
    ついこの間の事のように記憶に鮮明に残っています。

    40年間のお仕事を退職されたあと、一区切りとなるご旅行だったの
    でしょうか?
    最後に書かれていましたコメント、
    息子さんとお孫さんの日々をバックアップされる事になったとの由、
    人生には何が起こるかわかりませんが、これも神さまがお与えになった
    ことかと想いました。
    ご無理されずに、今、この時をお過ごし下さいますよう。
    大変な時も、きっといつかは通り過ぎていく事でしょう。

    mistral

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/05/14 10:41:11
    mistralさん、はじめまして。
    温かいコメントをありがとうございました。

    ウィーンの街を歩いたことは
    遠い記憶のような気がするほど
    今回の家族へのサポートは、厳しいものです。
    まだ、連続しています。
    しかし、mistralさんの仰るとおり
    落ち着いて振り返ることが出来る日は
    きっと来るものです。
    それまで、サポートを続けようと思っています。

    この辛さを緩和してくれるものは、ピアノです。
    ベートーヴェンを弾く時、
    ハイリゲンシュタットの森をイメージできます。
    モーツァルトを弾く時に、
    あのシェーンブルン宮殿を
    彼のアパートを
    更には、結婚式とお葬式が執り行われた
    シュテファン大聖堂を思うことが出来ます。

    その意味で、今回の旅行は大切でした・・・


    mistralさんのように、ヨーロッパもレンタカーで巡る事が出来れば
    思い通りの旅行が出来るのだと思います。
    私には、英語以外話せる言語が無いので
    アメリカは、いつもそのスタイルですが
    ヨーロッパは、自信が無く、レンタカーを借りたことはありません。
    それでも、十分 美しく歴史の重みに満ち溢れた
    ウィーンを 楽しむことが出来ました。
    この旅行で得た様々な事を思い出しながら
    この与えられた運命と 共存していきたいと思っています。

    窮地にあるときに、温かいコメントをありがとうございます。

    yamayurui2001

    mistral

    mistralさん からの返信 2019/05/14 14:25:35
    RE: mistralさん、はじめまして。
    yamayuriさん

    ご旅行から帰国されてから、大変な日々が始まったんですね。
    楽しまれたウィーンでの日々が遠い過去の出来事と思えるほどの
    出来事だったと想像されます。
    >
    > ウィーンの街を歩いたことは
    > 遠い記憶のような気がするほど
    > 今回の家族へのサポートは、厳しいものです。
    > まだ、連続しています。
    > しかし、mistralさんの仰るとおり
    > 落ち着いて振り返ることが出来る日は
    > きっと来るものです。
    > それまで、サポートを続けようと思っています。

    そんな中、ご自分を少しでも取り戻せるもの、ことがらを
    お持ちで、良かった!と思います。
    ピアノをおひきになっておられると、あっという間に
    あの森、世界へ連れていってくれますね。

    > この辛さを緩和してくれるものは、ピアノです。
    > ベートーヴェンを弾く時、
    > ハイリゲンシュタットの森をイメージできます。
    > モーツァルトを弾く時に、
    > あのシェーンブルン宮殿を
    > 彼のアパートを
    > 更には、結婚式とお葬式が執り行われた
    > シュテファン大聖堂を思うことが出来ます。

    Yamamuriさんの旅行記を拝見し、ご帰国後のことを知り
    ある想いを抱きました。
    きっと、その後の出来事に少しでも余裕をもって対処されるよう
    天?からのプレゼントを下さったのかもしれない、と。

    > その意味で、今回の旅行は大切でした・・・
    >
    本当にそう想われました。

    > mistralさんのように、ヨーロッパもレンタカーで巡る事が出来れば
    > 思い通りの旅行が出来るのだと思います。
    > 私には、英語以外話せる言語が無いので
    > アメリカは、いつもそのスタイルですが
    > ヨーロッパは、自信が無く、レンタカーを借りたことはありません。
    > それでも、十分 美しく歴史の重みに満ち溢れた
    > ウィーンを 楽しむことが出来ました。
    > この旅行で得た様々な事を思い出しながら
    > この与えられた運命と 共存していきたいと思っています。
    >
    > 窮地にあるときに、温かいコメントをありがとうございます。

    少しずつでも良い方向に向かわれますよう、お祈りしております。

    mistral
    >
    >

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/05/16 21:16:34
    mistralさん、こんばんは。
    再びのコメント、ありがとうございます。

    辛さに打ち勝てるように、
    天からのプレゼントだった・・・

    その考え方が、とても重要だと思いました。
    どんなことも、ポジティブシンキングに変えることが出来れば
    人は、強くなれます。

    窮地にある時は、なかなかたどり着けないものですが、
    そのことを mistralさんのコメントから
    気付かせていただきました。

    明日も、元気にサポートに向かおうと思います。
    頑張れる力が出るコメントを ありがとうございました!

    yamayuri2001


  • kiyoさん 2019/05/12 09:45:23
    素敵な旅ですね
    yamayuri2001さん、こんにちは。
    40年間、勤めあげられたなんて、素晴らしい!
    お疲れさまでした。
    これからの人生も大いに楽しんでくださいませ。

    「夕刻のウィーンに近づいてきました」と書かれたお写真。
    上空からウィーンの街を見ると、こんな風なのですね。

    楽友協会のすばらしい内装と名演。
    忘れられない思い出ですね。

    私は、クラシックが大好きな友人とウィーンに行った時、
    楽友協会へぜひ聴きに行きたいと話していたのですが、
    あいにく滞在中に公演日がなく、
    がっかりした思い出があります。

    それにしても、私は存じ上げないのですが、
    有名な指揮者、リッカルド・ルナさんと
    遭遇されてしまうとは!
    びっくりですね。
    kiyo

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/05/12 15:53:42
    kiyoさん、こんにちは。
    コメント、ありがとうございます。

    40年間仕事をするとは 思いませんでした・・・

    何時 辞めるのかなと 日々思っていました。

    そして、やっと気が付いたのです!

    辞めるのを決めるのは、私なのだと!!!

    結果、40年も続けていました。

    本当に、疲れ切りました・・・

    楽友教会は、たまたま、素晴らしいコンサートの日でしたので

    チケットを取りました。

    団体ツアーから離脱することが出来るのか

    不安でしたが、大丈夫でした。

    その代わり、レストランから黄金のホールまで

    すごい勢いで歩きました(笑)

    リッカルド・ルナさんとの出会いは、

    多分、ブルックナーの思し召しです。

    私はブルックナーのミサを歌ったから

    ブルックナーが好きなんです!

    と言うと、僕は指揮者です!って。

    指揮者なら、リッカルド・ムーティーが好きです!

    と答えると、僕はリッカルド・ルナ!

    出来すぎてるよと笑ったら、本当だよと

    彼のホームページを見せてくれて

    鎌倉や大阪でも公演したとのことでした。

    コンサートの数時間前でしたので、

    コンサートと、ルナさんとの出会いで

    ウィーンは、忘れられない思い出が出来ました!

    kiyoさんの しっかりと計画した旅行を思うと

    ちょっと比較にはなりません。

    私のは、行き当たりバッタリ過ぎるのです・・・

    でも、

    これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

    yamayuri2001




  • らるたんさん 2019/05/11 10:29:13
    ツアーを上手に利用
    yamayuriさん、こんにちは。
    40年間のお勤め、お疲れ様でした。

    私もほとんど同年代です。
    夫が一緒に行動できるようになってからは
    夫のゴルフ旅行ばかりで、
    最後に行ったのがオーストリアでしたので、
    涙が出るくらい懐かしく思いながら
    yamayuriさんの旅行記を拝見しました。

    サービスで定評のあるオーストリア航空・・
    私もこちらの航空会社を利用する予定が
    直前になって急遽変更になってしまって、
    ウワ~、羨ましいなぁ~と思いながら、
    じっくり見せていただきましたよ。
    やっぱり良いなぁ~♪

    私、若い頃は
    おひとり様で海外にも出かけてこともあって、
    ツアーをちょっとバカにしていたところがあるのです。
    でも、年齢を重ねるに連れ、
    面倒なことは全部専門家にお任せして、
    旅のエッセンスだけ楽しむのもアリかなって。
    それに今はいろいろなタイプのツアーがあるので、
    選び方次第で、個人旅行以上に楽しめるかもって思い始めて、
    最近は、国内もツアーに目を向けています。

    yamayuriさんの今回のご旅行も
    とても参考になりました。


    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/05/12 15:40:40
    らるたんさん、こんにちは。
    コメント、ありがとうございます。

    私は、ハワイとアメリカの専門家!と思うくらい

    何度もアメリカには足を運びました。

    しかし、ヨーロッパは、ひととおり周った位でしたので

    退職を機に、また再訪しようと思い立ちました。

    らるたんさんのご指摘の通り

    歳を取ると 個人旅行には健康上の不安も付きまといますので

    何かと添乗員さんがいるツアーのほうが

    安心かなと思いました。

    参加してみたら、ツアーの離脱を利用すると

    案外、自分で組み立てるよりも 時間を効率的に

    使えることに気が付きました。

    オーストリア航空は、一時

    日本からの直行便を撤退していたようですが、

    再び成田に参入してきたようです。

    真っ赤な制服のアテンダントさんが

    とても親切に対応してくれて、

    サービスが良かったです。

    40年間の勤務で、心も身体も疲れ切っているので、

    これからのキーワードは「楽!」

    これしかありません(笑)

    らるたんさん、これからもよろしくお願いいたします。

    yamayuri2001







  • ぎっちゃんさん 2019/04/29 23:49:31
    ウィーン 私も大好きな街です
    yamayuriさん こんばんは~

    ウィーンに行ってこられたんですね。
    私も2017年に 憧れのウィーン ザルツブルクに行った時のことを
    思い出しながら 旅行記拝見しました。
    私は フィンランド航空で フィンランド経由のウィーン入りでした。
    東京からは オーストリア航空の直行便が再開されたんですね。
    関空から 直接ヨーロッパに行けるのは KLMかフィンエアぐらいですので
    東京がうらやましいです。

    シェーンブルン宮殿 私が行ったのは夏だったんですが とても庭園の花が美しく
    丘の上のグロリエッテまで 歩きました。
    上からのウィーンの街の眺望は素晴らしかったですよ。
    暑い中 歩いて登ったあとの美味しいアイスカフェの味が忘れられません。

    ツァーで行かれたそうですが 自由時間も適当に設けられているんですね。
    学友協会でのコンサートも自由行動時間に行かれたんですね。
    私は 日程があわず オペラ座でのコンサートのみ楽しみました。
    今度 ウィーンに行く時があったら 学友協会の裏のインペリアルホテルに泊まって
    学友協会の黄金の間で コンサート聞いてみたいなあ~

    私も 個人旅行で いろいろ調べるのも もうしんどくなってきていますので
    ツァーで 行くのも いいかなと思っています。
    続きも 楽しみにしています。



    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/04/30 12:09:11
    ぎっちゃん、こんにちは。
    コメント、ありがとうございます。
    ウィーン、本当に世界一美しい街と言えますね!

    ぎっちゃんは、夏に行かれたのですね。
    しかも、あの広大な庭園を グロリエッテまで歩いたのですか?
    凄いですね。

    オペラ座は、当日 ラ・ボエームでした。
    とても迷ったのですが、やはり学友協会で
    ブラームスを聴くことを選択しました。
    正解でした。
    あの会場は、私の小さい頃からの憧れのホールだったからです。
    それと、当日の指揮者が、応援している
    ラハフ・シャニさんでした。
    日本で彼の指揮でマーラーを聴いたとき
    とても感動したのです!

    今回、グループツアーに始めて参加して
    ヨーロッパの場合は、無駄な時間が省けると感じました。
    自由時間は たっぷり取られていて、
    思ったよりもずっと 参加してよかったです。

    ヨーロッパに関しては、次もグループツアーで参加しようかと思いました。
    それと、同世代の方々との
    交流が楽しくて、はまりました。

    時に、4トラにアップする写真を撮るのさえ忘れて
    はしゃいでしまいました!
     
    旅慣れたハワイやアメリカは
    個人で十分ですが、
    チェコやハンガリーなども
    言葉の不安が無かったので 楽でした。

    また、続きをアップしますので
    遊びに来てください。

    yamayuri2001


  • nichiさん 2019/04/28 15:53:23
    40年間、ご苦労様でした。
    今回も夫婦で愉しく拝見いたしました。
    昔々、ウィーンに1年間だけ赴任していたころを思い出しました。

    シェーンブルンの宮殿の建物の中は今は撮影禁止なんですね??
    昔はノーフラッシュであればOKだったのですが、、、
    庭園でのご夫婦でのシルエット写真、素敵ですね。

    シュテファン大聖堂は、取引先の方の結婚式で伺ったことがあります。
    日本からお客様がお見えになると必ずお連れした場所でした。

    ペーター教会のパイプオルガンは毎日無料コンサートがあるんですね??
    以前は週に2日ぐらい、それも平日のみだったような???

    楽友協会でのコンサート。
    それもブラームスの3番やモーツァルトのピアノコンチェルト。
    素晴らしい選曲の時にいらっしゃいましたね。。
    そうそう!
    2階席と言ってもかなり上にあるので階段で登って行くと「あれっ?まだ?」
    となるんですよね~??

    ペーター教会のパイプオルガンは、建物の影響だと思うのですがエコーが凄く効いた音が広がる印象でした。
    それに比べ学友協会のパイプオルガンは、直線的に音が伝わってくる感じだったように記憶しています。
    バッハの有名なトッカータとフーガ 二短調では、一音一音ははっきり聞こえるものの、大きなエコーの中でゆったりと聞くような感じのペーター教会。
    それに比べ同じ曲でも一音一音が攻めてくる感じの迫力を感じた学友教会でした。

    遠方の病院に通いながら 息子と孫の生活のバックアップ???
    これまた大変そうですね~~
    yamayuri2001さんは、謙虚でいらっしゃりながらも、前向きで明るい方でいらっしゃるとお察し申し上げます。
    日々大変でしょうが、ご活躍をお祈り申し上げます。





    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/04/30 11:56:09
    nichiさん、こんにちは。
    コメント ありがとうございます。
    窮地にある私にとって、nichiさんから頂いたコメントは
    本当に 心に沁みました。
    ありがたく何度も何度も読ませていただきました。

    まだ、しばらくはこの窮地を抜けられそうにありません・・・

    ウィーンに1年間駐在なさっていたのですね!
    羨ましいです。
    昔は シェーンブルンの中も撮影が出来たのですね。
    観光客の増加に伴い、きっとそうなったのだと思います。
    また、傍若無人な かの国の方々も
    大勢 中に居ました。


    ペーター教会と学友協会の両方のパイプオルガンを
    お聴きになって、比較できるなんて
    贅沢な経験をなさったのですね!

    パイプオルガンは、その環境で聴かないと
    意味が無いですね。
    ですから、3時まで滞在するか
    とても迷いました。
    しかし、限られた自由時間の中
    やはり 断念せざるを得ませんでした。

    また、いつか行けたらと望みを持つことにしました。
    学友協会の滞在日のプログラムが
    大好きなブラームスと
    ウィーンには欠かせないモーツァルトだったのは
    幸運でした。

    しかし、帰ってすぐの悲報には
    さすがに、気が滅入りました。
    でも、nichiさんに頂いた、
    前向きで明るい!とのお言葉
    そうです!
    今 落ち込んでどうする!です。

    先が見えないけれど、やれることをやります!
    元気が出るコメントを
    本当に ありがとうございました。

    寒い横浜ですが 連休を豊かにお過ごしください。

    yamayuri2001


  • 白い華さん 2019/04/28 02:24:49
    「好天続き!の ウィーン散策」 良かったデスネ。(♪)
    今晩は。
    急遽、決めて参加したそう。な 「ツアー旅行!での オーストリア旅行」は 「初夏みたい!な 好天続き」で 本当に 良かったデスネ。
    「オーストリア航空 ビジネスクラス」も 料理も サービスも 抜群!で 「より・・・上質な 欧州旅」に なったコトでしょう。

    yamayuriさんは 「ご夫婦での アメリカ。ハワイを 素敵な コンドミニアム・ホテルに ユッタリと ロングステイしながら。の レンタカー個人旅行」って イメージ!が ありました。が
    団体ツアー!は いかがでしたか ?

    田舎に 「バスに 乗ってれば、連れてってくれる」のは、 ツアーは 便利。
    しかし 「都会では、 私・・毎度、ツアー離団!の 「自由行動」で 皆さんより、有意義な 時間を確保。沢山、観光していますよ」 (笑)
    ーーーーーーーーーーーーーー
    私は、「ウィーン・・ほど、エレガントな 都市」って あるんだろうか ?」と びっくり!した 思い出。を 思い出しました。
    本当に、気品!ある・・・見事な 「ウィーン」ですよね。

    また、念願の 「クラシックの 殿堂。「楽友協会」の コンサート」にも 参加し、
    「音楽の 都! ウィーン」を 満喫できたコト。 一生の 思い出!ですね。

    今回は、ツアー旅行・・だと、「中欧 各地!に 移動でしょうか ? それとも、オーストリア周遊旅行 ?」
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    また 「40年間!の お仕事・・を 無事、終えたそう」で 御苦労様でした。
    今は いろいろ、お忙しい!とのこと。ですが
    「もう少し・・したら、 また、ゆっくり時間が 持てること」と 思います。
    そしたら、ご夫婦で 「世界旅行」が 待って・・いますよ。 楽しみ!ですね。

    私は、いよいよ、「5月13日 家を 取り壊し」なので 引越し!など・・で 慌ただしく 過ごしています。
    「新居が 秋・・に、完成します」ので 「取り壊し!で ネット環境も 切断されてしまい、 仮家では わざわざ、短期間・・ネット環境を 揃える(何度も 取り付け。取り外し・・が 面倒) しかも、スマホは イマイチ・・慣れない!私」
    なので 
    しばらく 「4トラベル!は お休みさせてもらおう」と 思っています。
    また、年末年始頃、 新居が すっかり・・落ち着いた!時期に 復活出来たら・・・。
    と 思うノデス。

    これからも、よろしくお願いします。  

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/04/28 21:24:26
    白い華さん、こんばんは。
    いつも コメントありがとうございます。
    そうなんです!
    敬遠していたグループツアー・・・
    はまりました!
    ヨーロッパは、これで決まり!です。
    まずは、お友達が出来ること。
    ツアーの最後には、別れがたくなるくらい
    結束力が強まるのは、異国だからなのでしょうか?

    特に、お食事の度に話がはずみ、
    写真を撮り忘れて、何を食べたのか忘れてしまいました(笑)

    次に 座っていると、確実に目的地にたどり着ける事。
    それから、ガイドさんに有益な情報を
    たくさんいただける事。

    適度な自由時間が 組み込まれていること!

    もっと早くこの利点を 知るべきでした。

    様々な失敗と苦労は
    何だったのだろうと思うくらいでした。

    ウィーンは おっしゃる通り世界一エレガントな街ですね。
    ハプスブルク家の栄華を感じさせる
    素晴らしい都市ですね。

    生まれ変わったら、ウィーンっ子として
    人生を生きてみたいですね!

    いよいよ白い華さんは
    お引越しなんですね。

    思ったよりも体力が要りますから
    くれぐれも、、無理なさらずに
    お引越しなさってくださいね。

    思い出の家が 取り壊されるのは
    寂しいですね・・・

    あと少し住み慣れたお宅での生活を
    楽しんでくださいね。
    しばらく4トラお休みは、
    寂しいですが、再会をお待ちしています。

    お忙しい中、コメントしていただき、本当に
    ありがとうございました。

    yamayuri2001

  • wakupaku2さん 2019/04/27 20:42:42
    オーストリア航空、いいですね。
    yamayuri2001さん

    こんにちは、
    私も4月にウイーンに行ってきました、といってもギリシャの帰りだからウイーン歩きは疲れていて・・

    マリオットのコールセンターからはルネッサンスがシェーンブルンに近いよ、って勧められてたことを思い出し・・おしゃれなホテルですね。
    オーストリア航空のビジネスクラスの食事、素晴らしいですね。日系は美味しくないもん。ANAウイーン便が出ましたが、オーストリア航空の方がよさそう・・

    ウイーン街歩き、復習になりました。個人で行ったから、迷って迷って・・
    私もコンサート行きたかったわ・・

    シュニッツェルは日本で予習の為にラントマンで食べたんですが、大きすぎて飽きて食べられませんでした。

    楽しい旅行記、これからも楽しみにしています。



    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/04/28 20:44:49
    wakupaku2さん、こんばんは。
    ウィーンは 一度行くと迷わずに歩ける街ですが
    初めてだと、意外に入り組んだ路地がありますね。

    見どころが全部 リンクの中に入っているのですが
    何しろ、分かった時は 帰国日の前日で
    自由な時間が1時間しかありませんでした。
    次は たっぷりと時間を取って
    じっくりと行きたいものです。

    ana便は、羽田を深夜に出発しますので、
    多分 疲れると思います。
    翌朝 ウィーンに到着するので
    如何に、ビジネスクラスでも疲れますね。

    羽田発の深夜便は、アメリカン航空のビジネスで
    ラスベガスに行ったとき
    懲りました。

    wakupaku2さんの、アクティブな旅行と比較すると
    お膳立てしてもらった、ゆるーい旅行ですが、
    比較のためにお読みいただければ 嬉しいです。

    よろしくお願いします!

    yamayuri2001

  • mikimikiさん 2019/04/27 20:39:29
    はい!!わかりましたぁ!!
    yamayuri2001さん、こんばんは

    おかえりなさい。
    とてもステキな旅行を急遽なさっていらしたんですね。

    オーストリア航空、そういえば、最近 私の4トラベルのHPの広告に
    よくオーストリア航空が出てくるので気になっていたんです。
    お料理もおいしそうだし、座席もとても豪華ですね。
    いいなぁ、とても乗ってみたくなりました。

    あ、この写真、私も見たことがありますし
    実際に使ったこともあります。
    上から 引っ張れるチェーンのような物がぶら下がっていて…
    ジャーっ、って。
    立派な昭和生まれなのですが…新しい元号になると
    私たちの時代の時に「え??明治??」と思っていた古い時代に
    なってしまうんですね…

    少し冷え込んだ連休初日になりましたが、
    どうぞ良い連休をお過ごしください。

    mikimiki

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/04/28 20:35:27
    mikimikiさん、こんばんは。
    コメント、ありがとうございます。
    オーストリア航空は、一度 成田路線から撤退していたのですが
    また、再開し、しかも今年はオーストリアと日本の
    友好150周年ということで、
    ちょっと気合が入っていました。

    オーストリアカラーは、原色の赤!
    CAさんの制服は真っ赤でした。

    いつか、娘さんと搭乗してみてください。

    mikimikiさんのエミレーツよりは ゴージャスではありません。
    多分、シートピッチもエアバスに比べると
    狭めかと思いました。

    ところで、mikimikiさん、分かりますよね!
    あのチェーン・・・
    懐かしいですね。
    昭和は遠くなりにけり・・・
    ちょっと感傷的になってしまいます。

    令和に誕生した人にとっては、昭和生まれは
    私たちにとって明治の人のような
    イメージになりますね。

    長く生きたものです。

    10連休、楽しくお過ごしくださいね!
    そして、寒いので、体調を崩さぬように
    お気を付けください。

    yamayuri2001

yamayuri2001さんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

オーストリアのおすすめ情報

PAGE TOP

ピックアップ特集