マドリード旅行記(ブログ) 一覧に戻る
30年前のヨーロッパユーレイルパスの一人旅の地を再訪する第3段は、1年前から計画していた友人とのスペイン旅行です。移動距離が長いのでバスのみでは辛いからと列車や飛行機を利用するツアーを探しました。行きたい場所も網羅されていてフリータイムもあり、日程も思ったよりもゆったりしていました。今回も楽しく素敵な旅の思い出作りを一緒にして下さった添乗員さん、ツアーの皆様、大変お世話になりありがとうございました。1日ごとに旅行記にまとめ、①から⑧まであります。よろしかったら目を通してみて下さい。<br />1日目 成田⇒ヘルシンキ⇒マドリード<br />2日目 マドリード⇒トレド⇒マドリード<br />3日目 マドリード⇒コルドバ⇒セビリア<br />4日目 セビリア⇒グラナダ<br />5日目 グラナダ⇒マラガ⇒バルセロナ<br />6日目 バルセロナ<br />7日目 バルセロナ⇒ヘルシンキ<br />8日目 ヘルシンキ⇒成田<br /><br />

シニアトラベラー スペイン周遊満喫の旅!②

48いいね!

2019/04/10 - 2019/04/17

104位(同エリア2345件中)

この旅行記のスケジュール

2018/04/10

30年前のヨーロッパユーレイルパスの一人旅の地を再訪する第3段は、1年前から計画していた友人とのスペイン旅行です。移動距離が長いのでバスのみでは辛いからと列車や飛行機を利用するツアーを探しました。行きたい場所も網羅されていてフリータイムもあり、日程も思ったよりもゆったりしていました。今回も楽しく素敵な旅の思い出作りを一緒にして下さった添乗員さん、ツアーの皆様、大変お世話になりありがとうございました。1日ごとに旅行記にまとめ、①から⑧まであります。よろしかったら目を通してみて下さい。
1日目 成田⇒ヘルシンキ⇒マドリード
2日目 マドリード⇒トレド⇒マドリード
3日目 マドリード⇒コルドバ⇒セビリア
4日目 セビリア⇒グラナダ
5日目 グラナダ⇒マラガ⇒バルセロナ
6日目 バルセロナ
7日目 バルセロナ⇒ヘルシンキ
8日目 ヘルシンキ⇒成田

同行者
友人
交通手段
鉄道 観光バス 飛行機
航空会社
フィンランド航空 イベリア航空 JAL ブエリング航空
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • ミケランジェロホテルは、アメリカンタイプの大きなホテルで、連泊して寛げました。

    ミケランジェロホテルは、アメリカンタイプの大きなホテルで、連泊して寛げました。

  • この階段を降りて朝食を食べに行きます。ツアーでは集合の5分前には待機するよう心がけています。その際利用した青いソファーは、座り心地良かったです。

    この階段を降りて朝食を食べに行きます。ツアーでは集合の5分前には待機するよう心がけています。その際利用した青いソファーは、座り心地良かったです。

  • ツアーの皆さんは1組の若いご夫婦を除けば、同世代の方々なので既に召し上がっていました。まずは恒例のビュッフェ探索です。

    ツアーの皆さんは1組の若いご夫婦を除けば、同世代の方々なので既に召し上がっていました。まずは恒例のビュッフェ探索です。

  • サーモン ハム チーズと彩りが、食欲をそそります。

    サーモン ハム チーズと彩りが、食欲をそそります。

  • ドライフルーツの種類も豊富で嬉しいです。

    ドライフルーツの種類も豊富で嬉しいです。

  • フルーツもたっぷり!イチゴとパパイヤが美味しかったです。

    フルーツもたっぷり!イチゴとパパイヤが美味しかったです。

  • 連泊しても飽きないくらい、色々な種類がありました。

    連泊しても飽きないくらい、色々な種類がありました。

  • チーズも食べやすいサイズで色々楽しめました。

    チーズも食べやすいサイズで色々楽しめました。

  • いつもはスクランブルエッグにするのですが、目玉焼きの焼き加減が絶妙で思わずチョイスしてしまいました。本当に美味しかったです。

    いつもはスクランブルエッグにするのですが、目玉焼きの焼き加減が絶妙で思わずチョイスしてしまいました。本当に美味しかったです。

  • ベーコンとソーセージは定番です。

    ベーコンとソーセージは定番です。

  • ヨーグルトも種類豊富でした。

    ヨーグルトも種類豊富でした。

  • オレンジの生ジュースの他にもトマト、グレープフルーツ、パイナップルがありました。

    オレンジの生ジュースの他にもトマト、グレープフルーツ、パイナップルがありました。

  • 混みあっていないので、焦らずに吟味は、大袈裟ですがゆとりを持ってチョイス出来ます。

    混みあっていないので、焦らずに吟味は、大袈裟ですがゆとりを持ってチョイス出来ます。

  • デニッシュもサイズ感も適当で、たくさんの種類が楽しめるように配慮されていて嬉しいです。

    デニッシュもサイズ感も適当で、たくさんの種類が楽しめるように配慮されていて嬉しいです。

  • 程よい焼き加減のトースターは、どのホテルでもツアー中、活用させてもらいました。

    程よい焼き加減のトースターは、どのホテルでもツアー中、活用させてもらいました。

  • 毎朝、生ハムを楽しむ生活が始まりました。クロワッサンもサックサクで美味しかったです。

    毎朝、生ハムを楽しむ生活が始まりました。クロワッサンもサックサクで美味しかったです。

  • スペインに来たら、やりたかったスパニッシュ気分での朝食。ホットチョコレートにチュロスをdipして食べてみること!チャレンジしたのですが、残念ながらチュロスが油っぽく口に合いませんでした。自分のイメージしているチュロスはミスドだからかも知れません。

    スペインに来たら、やりたかったスパニッシュ気分での朝食。ホットチョコレートにチュロスをdipして食べてみること!チャレンジしたのですが、残念ながらチュロスが油っぽく口に合いませんでした。自分のイメージしているチュロスはミスドだからかも知れません。

  • フロアも広々としていて、友人も私もかなりの早食いではありますが、ゆったりとした気分で朝食をとることが出来ました。

    フロアも広々としていて、友人も私もかなりの早食いではありますが、ゆったりとした気分で朝食をとることが出来ました。

  • 2日間滞在したスペイン語のホテル ミゲルアンヘルはホテル ミケランジェロのことだと教えてもらいました。

    2日間滞在したスペイン語のホテル ミゲルアンヘルはホテル ミケランジェロのことだと教えてもらいました。

  • ホテルは観光地とは少々離れた大使館や大きな企業が集まる大手町辺りの感じでした。

    ホテルは観光地とは少々離れた大使館や大きな企業が集まる大手町辺りの感じでした。

  • 朝食後、ホテルの周辺探索に外に出てみるとすぐ横にメトロの入口がありました。通勤時間で職場に向かう人達が颯爽と階段を上がって来ました。

    朝食後、ホテルの周辺探索に外に出てみるとすぐ横にメトロの入口がありました。通勤時間で職場に向かう人達が颯爽と階段を上がって来ました。

  • JALパックはスペインではG2トラベルと提携しているそうです。大型のデラックスなバスです。緊急時のトイレも付いているので安心です。

    JALパックはスペインではG2トラベルと提携しているそうです。大型のデラックスなバスです。緊急時のトイレも付いているので安心です。

  • シートもゆったりサイズで、一人で2席利用出来るので体も楽でした。ツアーメンバー総勢17人ですから座りたい放題です。

    シートもゆったりサイズで、一人で2席利用出来るので体も楽でした。ツアーメンバー総勢17人ですから座りたい放題です。

  • ロータリーには、銅像やオブジェ、噴水も様々なデザインで目を楽しませてくれています。

    ロータリーには、銅像やオブジェ、噴水も様々なデザインで目を楽しませてくれています。

  • 最初にスペイン広場に行きました。30年ぶりにドン・キホーテ、サンチョ・パンサ、セルバンテスと再会しました。銅像と前の池は変わっていませんでしたが、背後にそびえる建物や周辺の木は大きく変わっていました。時の流れを感じます。

    最初にスペイン広場に行きました。30年ぶりにドン・キホーテ、サンチョ・パンサ、セルバンテスと再会しました。銅像と前の池は変わっていませんでしたが、背後にそびえる建物や周辺の木は大きく変わっていました。時の流れを感じます。

  • 30年前、このドン・キホーテが乗っている馬の銅像の足元に立って記念撮影したことを思い出します。今回は時間が少ないので池の手前から眺めて満喫しました。

    30年前、このドン・キホーテが乗っている馬の銅像の足元に立って記念撮影したことを思い出します。今回は時間が少ないので池の手前から眺めて満喫しました。

  • スペイン広場のはずれから王宮を眺めた記憶があります。実際には国王は住んでおらず、行政の場として使用されているそうです。

    スペイン広場のはずれから王宮を眺めた記憶があります。実際には国王は住んでおらず、行政の場として使用されているそうです。

  • バスの車窓から奇跡的に撮影出来たデボー聖堂はアスワンハイダム建設の技術支援のお礼にエジプトから寄贈された紀元前2世紀の神殿だそうです。夕陽の中で眺めてみたかったです。

    バスの車窓から奇跡的に撮影出来たデボー聖堂はアスワンハイダム建設の技術支援のお礼にエジプトから寄贈された紀元前2世紀の神殿だそうです。夕陽の中で眺めてみたかったです。

  • かつて街のメインゲートだったアルカラの門です。門自体は、もちろん30年経っても変わるはずがありません。ただ、この門のあるインデペンデンシア広場の周りの景色の変わりように時の流れを感じます。

    かつて街のメインゲートだったアルカラの門です。門自体は、もちろん30年経っても変わるはずがありません。ただ、この門のあるインデペンデンシア広場の周りの景色の変わりように時の流れを感じます。

  • 本来ならば旧市街のマヨール広場やプエルタ・デル・ソルへも再訪が叶うはずでした。観光コースにも含まれていたのですが、海外からのVIPのために規制され一般は立ち入り禁止になっていました。残念ですが山桃(イチゴの木という説も)と熊の像との再会は叶いませんでした。

    本来ならば旧市街のマヨール広場やプエルタ・デル・ソルへも再訪が叶うはずでした。観光コースにも含まれていたのですが、海外からのVIPのために規制され一般は立ち入り禁止になっていました。残念ですが山桃(イチゴの木という説も)と熊の像との再会は叶いませんでした。

  • プラド美術館の後に見学するソフィア王妃芸術センターの前を通過しました。斬新なデザインが目を惹きます。

    プラド美術館の後に見学するソフィア王妃芸術センターの前を通過しました。斬新なデザインが目を惹きます。

  • 遠回りをしてプラド美術館に到着しました。工事中でシートがかかっていました。

    遠回りをしてプラド美術館に到着しました。工事中でシートがかかっていました。

  • 10時openのスタンバイの列に並んでいる間に現地人ガイドさんが入場券を購入して来ます。ツアーの利点です。

    10時openのスタンバイの列に並んでいる間に現地人ガイドさんが入場券を購入して来ます。ツアーの利点です。

  • バスを降りた場所にあったサンへロニモエルレアル教会は天正遣欧少年使節がスペイン国王に謁見した教会だそうです。ゴシック建築で国王の戴冠式も行われるそうです。

    バスを降りた場所にあったサンへロニモエルレアル教会は天正遣欧少年使節がスペイン国王に謁見した教会だそうです。ゴシック建築で国王の戴冠式も行われるそうです。

  • カフェプラドがスタンバイ列のすぐわきにありました。ティータイムを過ごした記憶がよみがえって来ましたが位置関係までは思い出すことが出来ませんでした。

    カフェプラドがスタンバイ列のすぐわきにありました。ティータイムを過ごした記憶がよみがえって来ましたが位置関係までは思い出すことが出来ませんでした。

  • 30年前はNoFlash撮影可能でしたが、今は完全撮影禁止なので、しっかり目と心に焼き付けて来ました。日本人ガイドの方は美術の知識も豊富で、限られた時間の中で詳しく、わかりやすく案内して下さいました。

    30年前はNoFlash撮影可能でしたが、今は完全撮影禁止なので、しっかり目と心に焼き付けて来ました。日本人ガイドの方は美術の知識も豊富で、限られた時間の中で詳しく、わかりやすく案内して下さいました。

  • 現地ガイドさんから偶然受け取った入場チケットはプラド美術館創立200年記念の図柄でした。

    現地ガイドさんから偶然受け取った入場チケットはプラド美術館創立200年記念の図柄でした。

  • ガイドさんの説明を聞きつつ、travelイヤホンのおかげで、ある程度距離をおきツアーからはぐれないようにしながら美術館を堪能しました。現代芸術とのコラボイベントとかで、アルベルト・ジャコメッティ-の作品が様々な部屋に展示されていて、得した気分です!<br />

    ガイドさんの説明を聞きつつ、travelイヤホンのおかげで、ある程度距離をおきツアーからはぐれないようにしながら美術館を堪能しました。現代芸術とのコラボイベントとかで、アルベルト・ジャコメッティ-の作品が様々な部屋に展示されていて、得した気分です!

  • たくさんの作品の中で再会を果たし、また日本でのプラド美術館展でも目にした作品も思いお越せました。特に印象的だった作品名を記録しておきます。ベラスケス「ラス・メニーナス(女官たち)」「バッカスの勝利」「ブレダの開城」 エル・グレコ「胸に手を置く騎士」「聖三位一体」「受胎告知」「聖霊降臨」「羊飼いの礼拝」 ゴヤ「着衣のマハ」「裸のマハ」「1808年5月3日プリンシペ・ピオの丘での銃殺」「カルロス4世の家族」「我が子を喰らうサトゥルヌス」 ルーベンス「三美神」 ラファエロ「枢機卿の肖像」 アンジェリコ「受胎告知」 ティントレット「使徒の足を洗うキリスト」等、満喫して外に出ると青空の下、サンへロニモエルレアル教会が迎えてくれました。

    たくさんの作品の中で再会を果たし、また日本でのプラド美術館展でも目にした作品も思いお越せました。特に印象的だった作品名を記録しておきます。ベラスケス「ラス・メニーナス(女官たち)」「バッカスの勝利」「ブレダの開城」 エル・グレコ「胸に手を置く騎士」「聖三位一体」「受胎告知」「聖霊降臨」「羊飼いの礼拝」 ゴヤ「着衣のマハ」「裸のマハ」「1808年5月3日プリンシペ・ピオの丘での銃殺」「カルロス4世の家族」「我が子を喰らうサトゥルヌス」 ルーベンス「三美神」 ラファエロ「枢機卿の肖像」 アンジェリコ「受胎告知」 ティントレット「使徒の足を洗うキリスト」等、満喫して外に出ると青空の下、サンへロニモエルレアル教会が迎えてくれました。

  • 池の周囲を散策した記憶のあるレティロ公園は車窓から入口を眺めるにとどまりました。

    池の周囲を散策した記憶のあるレティロ公園は車窓から入口を眺めるにとどまりました。

  • グラナダから夜行列車でマドリードに到着した駅がアトーチャ駅でした。様子はすっかり変わっていますが、朝カフェで飲めるようになっていたエスプレッソのダブルで目を覚まし、タルゴの発車するチャマルティン駅へ荷物を預けに移動したことが懐かしいです。

    グラナダから夜行列車でマドリードに到着した駅がアトーチャ駅でした。様子はすっかり変わっていますが、朝カフェで飲めるようになっていたエスプレッソのダブルで目を覚まし、タルゴの発車するチャマルティン駅へ荷物を預けに移動したことが懐かしいです。

  • 当時も大きな駅で驚きました。今回、改めて見ても大きさを感じました。

    当時も大きな駅で驚きました。今回、改めて見ても大きさを感じました。

  • 屋根のドームがヨーロッパの駅を感じさせます。

    屋根のドームがヨーロッパの駅を感じさせます。

  • いよいよ!ゲルニカと再会するためにソフィア王妃芸術センターに来ました。こちらも撮影禁止エリアがあるので入口をパチリ!スマホはバッグにしまいます。30年前はピカソの意思を尊重して所蔵されたプラド美術館の別館で防弾ガラスに入ったゲルニカと対面しました。今回はこちらで防弾ガラスから解放されたゲルニカを直にじっくりと堪能することが出来ました。大満足です。

    いよいよ!ゲルニカと再会するためにソフィア王妃芸術センターに来ました。こちらも撮影禁止エリアがあるので入口をパチリ!スマホはバッグにしまいます。30年前はピカソの意思を尊重して所蔵されたプラド美術館の別館で防弾ガラスに入ったゲルニカと対面しました。今回はこちらで防弾ガラスから解放されたゲルニカを直にじっくりと堪能することが出来ました。大満足です。

  • こちらもプラド美術館同様、適度な距離感で楽しむことが出来ました。「ゲルニカ」の他に印象的だったのは、ピカソ「青衣の女」 ダリ「偉大なる手淫者」「透明人間」「窓辺の少女」 ミロ「パイプをくわえた男」「カタツムリ、女、花、星」等です。

    こちらもプラド美術館同様、適度な距離感で楽しむことが出来ました。「ゲルニカ」の他に印象的だったのは、ピカソ「青衣の女」 ダリ「偉大なる手淫者」「透明人間」「窓辺の少女」 ミロ「パイプをくわえた男」「カタツムリ、女、花、星」等です。

  • どちらの美術館でも共通してセキュリティが大変厳しかったです。そして幼稚園児から高校生まで課外授業なのでしょうか?本物の作品を鑑賞させていました。素晴らしく、羨ましい環境だと思いました。

    どちらの美術館でも共通してセキュリティが大変厳しかったです。そして幼稚園児から高校生まで課外授業なのでしょうか?本物の作品を鑑賞させていました。素晴らしく、羨ましい環境だと思いました。

  • 国立ソフィア王妃芸術センターはアトーチャ駅のすぐ近くにありました。

    国立ソフィア王妃芸術センターはアトーチャ駅のすぐ近くにありました。

  • 集合場所の広場にはパリ万博の際にスペイン館の入り口に展示された「スペイン国民には、星へ続く道がある」という作品のレプリカがそびえていました。青空に映えます。

    集合場所の広場にはパリ万博の際にスペイン館の入り口に展示された「スペイン国民には、星へ続く道がある」という作品のレプリカがそびえていました。青空に映えます。

  • 車窓から往復見えて気になった教会はサンタ・マリア・ラ・レアル・デ・ラ・アルムデナ大聖堂 でした。スペイン・マドリードにあるカトリックの大聖堂だそうです。

    車窓から往復見えて気になった教会はサンタ・マリア・ラ・レアル・デ・ラ・アルムデナ大聖堂 でした。スペイン・マドリードにあるカトリックの大聖堂だそうです。

  • スペイン王宮の近くを通り、ランチのレストランへ向かいます。

    スペイン王宮の近くを通り、ランチのレストランへ向かいます。

  • 入口にメニューが書いてあり、ツアー専用だけではなく、地元の方達も利用しているレストランのようです。但し、地元の方はまだランチタイムではありません。ですから貸切状態でした。

    入口にメニューが書いてあり、ツアー専用だけではなく、地元の方達も利用しているレストランのようです。但し、地元の方はまだランチタイムではありません。ですから貸切状態でした。

  • レストランは「DUDUA」という名前です。奥にBALのようなカウンターがあり、立ち飲みしながら既に赤い顔でカヴァを楽しんでいる先客のおじ様達がいました。

    レストランは「DUDUA」という名前です。奥にBALのようなカウンターがあり、立ち飲みしながら既に赤い顔でカヴァを楽しんでいる先客のおじ様達がいました。

  • JALパックは必ず水がサービスで付いて来ます。カラフルなコップとオリーブオイルとバルサミコ酢がセッティングされていました。

    JALパックは必ず水がサービスで付いて来ます。カラフルなコップとオリーブオイルとバルサミコ酢がセッティングされていました。

  • 友人はアルコールは飲まないので、生オレンジジュースが定番です。私は暑かったのでセルベッサをオーダーしました。コクがあって美味しかったです。

    友人はアルコールは飲まないので、生オレンジジュースが定番です。私は暑かったのでセルベッサをオーダーしました。コクがあって美味しかったです。

  • ヨーロッパの方は朝、生野菜を食べる習慣がないのかビュッフェには野菜が乏しいことは覚悟して毎回野菜ジュースを持参していますが、このたっぷりサラダは感激しました。しっかり完食しました。

    ヨーロッパの方は朝、生野菜を食べる習慣がないのかビュッフェには野菜が乏しいことは覚悟して毎回野菜ジュースを持参していますが、このたっぷりサラダは感激しました。しっかり完食しました。

  • 2種類のパエリヤはシーフードとイカスミです。大きなパエリヤ鍋で撮影タイムの後、取り分けてくれました。

    2種類のパエリヤはシーフードとイカスミです。大きなパエリヤ鍋で撮影タイムの後、取り分けてくれました。

  • 味付けは程好く、レモンで変化を付けたり、美味しかったです。イカスミもみんなでお歯黒なので怖くありません。セルベッサでほとんど落ちていたと思います。個人的にはパエリヤが両方とも柔らかくリゾットぽかったのでパリパリのお焦げが少しあると完璧でした。

    味付けは程好く、レモンで変化を付けたり、美味しかったです。イカスミもみんなでお歯黒なので怖くありません。セルベッサでほとんど落ちていたと思います。個人的にはパエリヤが両方とも柔らかくリゾットぽかったのでパリパリのお焦げが少しあると完璧でした。

  • デザートはソースが美味しかったのですが、パエリヤで満腹感到達状態でした。味見をさせていただきました。

    デザートはソースが美味しかったのですが、パエリヤで満腹感到達状態でした。味見をさせていただきました。

  • トイレへのルートはスペイン感満載にレイアウトされた空間が施されていました。

    トイレへのルートはスペイン感満載にレイアウトされた空間が施されていました。

  • レストランの前の連絡橋からは満開の藤の花が咲き誇って下に下がっていました。日本よりも早咲きです。ランチの後はトレドへ向かいます。食後でウトウトしながら移動時間はシエスタタイムにしました。

    レストランの前の連絡橋からは満開の藤の花が咲き誇って下に下がっていました。日本よりも早咲きです。ランチの後はトレドへ向かいます。食後でウトウトしながら移動時間はシエスタタイムにしました。

  • トイレ休憩を兼ねた土産店ではドン・キホーテが迎えてくれました。

    トイレ休憩を兼ねた土産店ではドン・キホーテが迎えてくれました。

  • まさかのリヤドロには驚きました。リヤドロは以前、円高の時代に購入したものが家宝となっています!シニアとなった現在は写メで満足です。相当な品揃えのショップでした。

    まさかのリヤドロには驚きました。リヤドロは以前、円高の時代に購入したものが家宝となっています!シニアとなった現在は写メで満足です。相当な品揃えのショップでした。

  • 店内にドン・キホーテが溢れています!⑧に詳しくショップで写メしたスペイングッズをまとめました。

    店内にドン・キホーテが溢れています!⑧に詳しくショップで写メしたスペイングッズをまとめました。

  • このドン・キホーテとサンチョパンサも売り物なのだそうです。ドン・キホーテは私より大きかったです。

    このドン・キホーテとサンチョパンサも売り物なのだそうです。ドン・キホーテは私より大きかったです。

  • フラメンコダンサーと下段はマタドールの人形です。

    フラメンコダンサーと下段はマタドールの人形です。

  • 象篏細工もスペインの名産品です。

    象篏細工もスペインの名産品です。

  • サッカー選手のカードも売られていました。

    サッカー選手のカードも売られていました。

  • 生ハム風味はスペイン限定のようです。

    生ハム風味はスペイン限定のようです。

  • お店の方、イチオシの無花果のチョコレート。試食させていただき、ツアーの皆さんが次々と購入して、棚いっぱいに並んでいた箱があっという間に、このようになりました。

    お店の方、イチオシの無花果のチョコレート。試食させていただき、ツアーの皆さんが次々と購入して、棚いっぱいに並んでいた箱があっという間に、このようになりました。

  • タイルも色とりどりで、見ているだけで楽しめます。重くなければ購入したかったです。

    タイルも色とりどりで、見ているだけで楽しめます。重くなければ購入したかったです。

  • トレドに到着しました。30年前、ラテン気質の列車時間の関係でアトーチャ駅からトレド駅まで来たにも関わらず、街を駅から眺めるだけで諦めたリベンジが出来ることに心が踊ります。

    トレドに到着しました。30年前、ラテン気質の列車時間の関係でアトーチャ駅からトレド駅まで来たにも関わらず、街を駅から眺めるだけで諦めたリベンジが出来ることに心が踊ります。

  • まずは、丘の上からトレドの街の全景を眺めます。絵葉書そのもののような美しい光景です。ずっと眺めていたいです。

    まずは、丘の上からトレドの街の全景を眺めます。絵葉書そのもののような美しい光景です。ずっと眺めていたいです。

  • これから、あの街を散策します。わくわくして来ました。

    これから、あの街を散策します。わくわくして来ました。

  • 丘の上から見えたタホ川を渡ってトレドの街へ入ります。高台まで坂道を登るのかと云う心配はすぐに失せました。新お茶の水のようなエスカレーターが私達をトレドの街へ連れて行ってくれました。

    丘の上から見えたタホ川を渡ってトレドの街へ入ります。高台まで坂道を登るのかと云う心配はすぐに失せました。新お茶の水のようなエスカレーターが私達をトレドの街へ連れて行ってくれました。

  • トレドの旧市街の狭い路地と青空が歓迎してくれています。

    トレドの旧市街の狭い路地と青空が歓迎してくれています。

  • ユダヤ人街の一つ一つが絵になります。天気も最高です。

    ユダヤ人街の一つ一つが絵になります。天気も最高です。

  • この角を曲がって最初にサント・トメ教会へ向かいます。14世紀に建てられたイスラムとキリストが融合したムハデル様式の小さな教会です。<br />

    この角を曲がって最初にサント・トメ教会へ向かいます。14世紀に建てられたイスラムとキリストが融合したムハデル様式の小さな教会です。

  • エル・グレコの「オルガス伯爵の埋葬」が目当てです。残念ながら撮影禁止なので、じっくりと眺めて目と心に焼き付けます。もちろん礼拝堂の中も見学させていただきました。

    エル・グレコの「オルガス伯爵の埋葬」が目当てです。残念ながら撮影禁止なので、じっくりと眺めて目と心に焼き付けます。もちろん礼拝堂の中も見学させていただきました。

  • カテドラルへ移動の際にツアーからはぐれてしまった方々がいるとのこと!現地ガイドさん、添乗員Sさん、日本人ガイドさんが奔走して無事合流出来、ホッとしました。皆さん、お疲れ様でした。

    カテドラルへ移動の際にツアーからはぐれてしまった方々がいるとのこと!現地ガイドさん、添乗員Sさん、日本人ガイドさんが奔走して無事合流出来、ホッとしました。皆さん、お疲れ様でした。

  • 建物の間からカテドラルの塔が見えて来ました。

    建物の間からカテドラルの塔が見えて来ました。

  • 私達は日本人ガイドさんとはぐれてしまった方々が到着するまでカテドラルの前で待機していました。けっこうな時間待たされていたので、ショップを覗く時間にして貰えると嬉しかったです。

    私達は日本人ガイドさんとはぐれてしまった方々が到着するまでカテドラルの前で待機していました。けっこうな時間待たされていたので、ショップを覗く時間にして貰えると嬉しかったです。

  • カテドラルは、スペインのカトリックの総本山だそうです。世界で4番目に大きな大聖堂らしいです。高さ30mを誇る主祭壇やエル・グレコの絵画がありました。

    カテドラルは、スペインのカトリックの総本山だそうです。世界で4番目に大きな大聖堂らしいです。高さ30mを誇る主祭壇やエル・グレコの絵画がありました。

  • 教会の扉の上には、文字の読めない民に聖書の教えが理解出来るように、場面ごとに現されています。

    教会の扉の上には、文字の読めない民に聖書の教えが理解出来るように、場面ごとに現されています。

  • トレド大聖堂の中に入るとたくさんのステンドグラスが迎えてくれます。なんと750枚もあるそうです。

    トレド大聖堂の中に入るとたくさんのステンドグラスが迎えてくれます。なんと750枚もあるそうです。

  • 外からでは全くわからないのですが、一つ一つのステンドグラスが本当に素敵でした。

    外からでは全くわからないのですが、一つ一つのステンドグラスが本当に素敵でした。

  • ステンドグラス職人の技が太陽光と共に輝いています。

    ステンドグラス職人の技が太陽光と共に輝いています。

  • 微妙な色ガラスの組み合わせやバランスに見とれてしまいます。

    微妙な色ガラスの組み合わせやバランスに見とれてしまいます。

  • 高さ3m、重さ2000kgの聖体顕示台は金、銀、宝石で出来ています。まさに光輝いていました。なんと聖体祭の時には中にパンを入れ、お神輿のように担いでトレドの街を行進するのだそうです。

    高さ3m、重さ2000kgの聖体顕示台は金、銀、宝石で出来ています。まさに光輝いていました。なんと聖体祭の時には中にパンを入れ、お神輿のように担いでトレドの街を行進するのだそうです。

  • アップで撮影すると細かな金細工、銀細工に宝石が散りばめられていることがわかりました。

    アップで撮影すると細かな金細工、銀細工に宝石が散りばめられていることがわかりました。

  • 主祭壇の前にあるパイプオルガンが美しかったです。聖歌隊席もありました。

    主祭壇の前にあるパイプオルガンが美しかったです。聖歌隊席もありました。

  • アップにするとパイプオルガンの美しさが更に引き立って見えます。

    アップにするとパイプオルガンの美しさが更に引き立って見えます。

  • ステンドグラスとパイプオルガンの美しさのコラボです。

    ステンドグラスとパイプオルガンの美しさのコラボです。

  • 黄金の豪華な「主祭壇」は、キリストの生涯における重要な20場面を描かれているそうです。スケールの大きさに感動しました。

    黄金の豪華な「主祭壇」は、キリストの生涯における重要な20場面を描かれているそうです。スケールの大きさに感動しました。

  • ステンドグラスではなく、自然光を直に祭壇に当てる明かり取りと云うか光取りがありました。

    ステンドグラスではなく、自然光を直に祭壇に当てる明かり取りと云うか光取りがありました。

  • 柔らかな光が、射し込んでいる様子を撮影出来ました。

    柔らかな光が、射し込んでいる様子を撮影出来ました。

  • 主祭壇の裏にある「トランスパレンテ」は、ナルシソ・トメ作の豪華な装飾の彫刻です。祭壇の上部から柔らかに自然光が降り注ぎ、彫刻をさらに美しく見せてくれています。

    主祭壇の裏にある「トランスパレンテ」は、ナルシソ・トメ作の豪華な装飾の彫刻です。祭壇の上部から柔らかに自然光が降り注ぎ、彫刻をさらに美しく見せてくれています。

  • 天井画も素晴らしいです。

    天井画も素晴らしいです。

  • サントトメ教会では撮影出来なかったので、聖具室の正面に飾られているキリストが十字架にかかる直前の姿を描いたエル・グレコの「キリストの聖衣剥奪」をパチリ!

    サントトメ教会では撮影出来なかったので、聖具室の正面に飾られているキリストが十字架にかかる直前の姿を描いたエル・グレコの「キリストの聖衣剥奪」をパチリ!

  • カテドラルの正面のアユンタミエント広場に面して建っているのがトレド市庁舎だそうです。トレド市庁舎はエル・グレコの息子のホルヘ・マヌエル・テオトコプリが設計したルネサンス様式の建物だそうです。

    カテドラルの正面のアユンタミエント広場に面して建っているのがトレド市庁舎だそうです。トレド市庁舎はエル・グレコの息子のホルヘ・マヌエル・テオトコプリが設計したルネサンス様式の建物だそうです。

  • 時間が許せば購入したかったTシャツでした。

    時間が許せば購入したかったTシャツでした。

  • 帰り道、振り返るとカテドラルが見送ってくれているようです。

    帰り道、振り返るとカテドラルが見送ってくれているようです。

  • 生ハムをバケットにサンドして販売していますが、かなりボリューム感がありました。

    生ハムをバケットにサンドして販売していますが、かなりボリューム感がありました。

  • ソコドベール広場に来ました。トレドの街のランドマークのような気がします。

    ソコドベール広場に来ました。トレドの街のランドマークのような気がします。

  • 左手に現在は軍事博物館となっている要塞のアルカサルが見えます。

    左手に現在は軍事博物館となっている要塞のアルカサルが見えます。

  • 観光用のミニトレインがトレドでも走っていました。でも私達が歩いた路地はさすがに通れないと思います。

    観光用のミニトレインがトレドでも走っていました。でも私達が歩いた路地はさすがに通れないと思います。

  • トレド散策も終わり、高台の旧市街からトレド駅のある新市街エリアを見下ろします。ここから往路とは別の物だと思いますがエスカレーターでバスの待つ場所まで降ります。

    トレド散策も終わり、高台の旧市街からトレド駅のある新市街エリアを見下ろします。ここから往路とは別の物だと思いますがエスカレーターでバスの待つ場所まで降ります。

  • 歩き疲れてバスの中で積極的に2度目のシェスタtimeをとっている間にマドリードに戻って来ました。帰宅ラッシュに遭遇しました。

    歩き疲れてバスの中で積極的に2度目のシェスタtimeをとっている間にマドリードに戻って来ました。帰宅ラッシュに遭遇しました。

  • マドリードの中心。シベレスの噴水があるシベレス広場のロータリーを抜けるのに強気のドライバーをたくさん目撃しました。

    マドリードの中心。シベレスの噴水があるシベレス広場のロータリーを抜けるのに強気のドライバーをたくさん目撃しました。

  • ホテルに戻り、フリーの夕食は希望者のみ添乗員Sさんと一緒にBALで楽しむ事になりました。BALを探しながらのマドリード散策も楽しい思い出です。

    ホテルに戻り、フリーの夕食は希望者のみ添乗員Sさんと一緒にBALで楽しむ事になりました。BALを探しながらのマドリード散策も楽しい思い出です。

  • ピンクの花が素敵な通りに出ました。ショッピングセンターでスーパーやなんちゃって日本料理店を見たり、アメリカ大使館の前を通ったりとなかなか楽しめました。

    ピンクの花が素敵な通りに出ました。ショッピングセンターでスーパーやなんちゃって日本料理店を見たり、アメリカ大使館の前を通ったりとなかなか楽しめました。

  • 目的のBAL「ホセ・ルイース」は考えていたよりも高級でした。本当はマヨール広場のそばのシャンピニオン専門のBAL等を梯子するつもりでしたが、本日はVIPのために立ち入り禁止とのこと。諦めるしかありません。でも美味しかったので満足です。

    目的のBAL「ホセ・ルイース」は考えていたよりも高級でした。本当はマヨール広場のそばのシャンピニオン専門のBAL等を梯子するつもりでしたが、本日はVIPのために立ち入り禁止とのこと。諦めるしかありません。でも美味しかったので満足です。

  • まずはカヴァをいただきます。辛口で美味しいです。日本語メニューはもちろんありません。中国語菜譜で食材と調理方法は何となく想像できます。友人と英語メニューと見比べながらじっくりとチョイスの時間を楽しみます。 

    まずはカヴァをいただきます。辛口で美味しいです。日本語メニューはもちろんありません。中国語菜譜で食材と調理方法は何となく想像できます。友人と英語メニューと見比べながらじっくりとチョイスの時間を楽しみます。 

  • カウンターの中に色々なタパスが並んでいます。パンの上に様々な食材が乗っていて美味しそうです。店内をぐるりと眺め、2人が最初にオーダーするものは一致していました。

    カウンターの中に色々なタパスが並んでいます。パンの上に様々な食材が乗っていて美味しそうです。店内をぐるりと眺め、2人が最初にオーダーするものは一致していました。

  • 生ハムのハモン・イベリコです。1枚1枚、目の前で削ぎ落として盛り付けてくれました。何と贅沢な事でしょう。ハモン・セラーノだともう少しリーズナブルなのですが朝食のブュッフェでも食べる事が出来るので、迷わずハモン・イベリコにしました。

    生ハムのハモン・イベリコです。1枚1枚、目の前で削ぎ落として盛り付けてくれました。何と贅沢な事でしょう。ハモン・セラーノだともう少しリーズナブルなのですが朝食のブュッフェでも食べる事が出来るので、迷わずハモン・イベリコにしました。

  • 美味しくて美味しくて2人でペロリと平らげてしまいました。いつもお世話になっているハモン・セラーノとは色合いも脂身も違いました。お酒も進みます。

    美味しくて美味しくて2人でペロリと平らげてしまいました。いつもお世話になっているハモン・セラーノとは色合いも脂身も違いました。お酒も進みます。

  • 実はガイドブックの料理の部分を写メして持参していました。以前はページを切り抜いて持ち歩いていたのですが、スマホで写メしておけば済みます。シニアは少しでも持ち物を軽くしたいのです。便利な時代になりました。これは、その写メをカウンターのお兄さんに見せてオーダーしたクロケタス。ベシャメルソースで味が付いているコロッケです。ホクホクしていました。

    実はガイドブックの料理の部分を写メして持参していました。以前はページを切り抜いて持ち歩いていたのですが、スマホで写メしておけば済みます。シニアは少しでも持ち物を軽くしたいのです。便利な時代になりました。これは、その写メをカウンターのお兄さんに見せてオーダーしたクロケタス。ベシャメルソースで味が付いているコロッケです。ホクホクしていました。

  • 大好物のエビのアヒージョです。パンとの相性は最高です。好きなものをチョイスしての食事は気分も盛り上がります。

    大好物のエビのアヒージョです。パンとの相性は最高です。好きなものをチョイスしての食事は気分も盛り上がります。

  • これも写真を見せてオーダーしました。プルポ・ア・ラ・ガリェーガというジャガイモと一緒に煮込んだタコにオリーブオイルや塩、パプリカで味付けしたバスク地方の料理です。ピリ辛で美味しかったですが量が多く、他の方達に手伝って貰いました。

    これも写真を見せてオーダーしました。プルポ・ア・ラ・ガリェーガというジャガイモと一緒に煮込んだタコにオリーブオイルや塩、パプリカで味付けしたバスク地方の料理です。ピリ辛で美味しかったですが量が多く、他の方達に手伝って貰いました。

  • 友人は生のオレンジジュースをお替り。私は2杯目はサングリアをオーダーしました。しかしお兄さん、赤ワインではなく、カンパリのロックをサービスしてくれたので美味しいけれどアルコール度がかなり強かったです。これだけ食べて飲んで2人で10000円しませんでした。大満足です。

    友人は生のオレンジジュースをお替り。私は2杯目はサングリアをオーダーしました。しかしお兄さん、赤ワインではなく、カンパリのロックをサービスしてくれたので美味しいけれどアルコール度がかなり強かったです。これだけ食べて飲んで2人で10000円しませんでした。大満足です。

  • ほろ酔い気分で、帰りは近道でホテルに戻りました。

    ほろ酔い気分で、帰りは近道でホテルに戻りました。

  • ホテルの側にフランスのスーパー、以前日本にも進出していたカルフールがあったのでお水を仕入れに行きました。もう一日、マドリードに滞在したかったです。

    ホテルの側にフランスのスーパー、以前日本にも進出していたカルフールがあったのでお水を仕入れに行きました。もう一日、マドリードに滞在したかったです。

48いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集