その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
アルメニアからの帰国。再びジョージアに入国して、首都トビリシからドーハ経由で成田に飛びました。<br />帰るのもなかなか大変です。<br />アルメニアの首都エレバンから帰国しようとすると、羽田に深夜着になるようで、このツアーではドーハ経由を選択したようです。

コーカサスへの旅⑥ アルメニアからジョージア経由で帰国の途

17いいね!

2018/08/19 - 2018/08/19

35位(同エリア117件中)

旅行記グループ コーカサスの旅 2018

0

20

siro70

siro70さん

アルメニアからの帰国。再びジョージアに入国して、首都トビリシからドーハ経由で成田に飛びました。
帰るのもなかなか大変です。
アルメニアの首都エレバンから帰国しようとすると、羽田に深夜着になるようで、このツアーではドーハ経由を選択したようです。

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • エレバンのホテルを出発。

    エレバンのホテルを出発。

    Metropol Hotel ホテル

  • エレバン市内。<br />ソ連時代の建物もたくさん残っています。

    エレバン市内。
    ソ連時代の建物もたくさん残っています。

  • アルメニアで最後の観光は、アルメニア文字公園。<br />荒野のような所に、アルメニアの文字が並んでいます。<br />

    アルメニアで最後の観光は、アルメニア文字公園。
    荒野のような所に、アルメニアの文字が並んでいます。

    文字公園 広場・公園

  • アルメニアの文字はアルファベットに似ているけれど、読み方は全然違っていて<br />ガイドさんに自分のイニシャルの文字を教えてもらったけれど、<br />これがそうだったか…記憶が遠くなりました(^^ゞ<br />

    アルメニアの文字はアルファベットに似ているけれど、読み方は全然違っていて
    ガイドさんに自分のイニシャルの文字を教えてもらったけれど、
    これがそうだったか…記憶が遠くなりました(^^ゞ

  • 途中立ち寄った道の駅みたいなところのパン屋さん。<br />右側に見えている模様付きの大きな窯の内側にパン生地を貼り付けて焼きます。

    途中立ち寄った道の駅みたいなところのパン屋さん。
    右側に見えている模様付きの大きな窯の内側にパン生地を貼り付けて焼きます。

  • こんな具合。<br />直径30センチ以上あるこのパンが一つ1ドルぐらいだったか…<br />添乗員さんが一つ買ってくれて、分けてもらいました。<br />焼きたてでとても美味しかった!<br />毎日食べたい味。

    こんな具合。
    直径30センチ以上あるこのパンが一つ1ドルぐらいだったか…
    添乗員さんが一つ買ってくれて、分けてもらいました。
    焼きたてでとても美味しかった!
    毎日食べたい味。

  • スイカも大きいのが一つ200円ぐらいだったかな。<br />物価安いです。アルメニア。

    スイカも大きいのが一つ200円ぐらいだったかな。
    物価安いです。アルメニア。

  • 鉱山を見ながら、国境に向かいます。

    鉱山を見ながら、国境に向かいます。

  • お昼のレストラン。

    お昼のレストラン。

  • レストランの壁にもアルメニアの文字が飾られていました。

    レストランの壁にもアルメニアの文字が飾られていました。

  • 再びジョージアに入国して、最初に見たのがジョージアの母像の第二段。<br />トビリシの有名な「ジョージアの母」は一人で立っていますが、<br />こちらは武器を抱えた子ども(息子)を二人連れています。<br />その意味は、「いくら殺されても私たちジョージアの母はまた子どもを産んでその子たちが戦います」たどたどしい日本語でガイドさんがそう説明しました。<br />ちょっとこれはいかがなものかと思ったけれど、大国に脅かされ続けてきたこの国の歴史を思うと、こういうのが作られる気持ちはわかるような気がしました。<br /><br />

    再びジョージアに入国して、最初に見たのがジョージアの母像の第二段。
    トビリシの有名な「ジョージアの母」は一人で立っていますが、
    こちらは武器を抱えた子ども(息子)を二人連れています。
    その意味は、「いくら殺されても私たちジョージアの母はまた子どもを産んでその子たちが戦います」たどたどしい日本語でガイドさんがそう説明しました。
    ちょっとこれはいかがなものかと思ったけれど、大国に脅かされ続けてきたこの国の歴史を思うと、こういうのが作られる気持ちはわかるような気がしました。

  • 飛行機の時間まで余裕があったので、もう一つジョージアの中で観光ができました。<br />トビリシの街の中にある、サメバ大聖堂。<br />2004年にできた新しい建物。コーカサスで一番大きいそうです。

    飛行機の時間まで余裕があったので、もう一つジョージアの中で観光ができました。
    トビリシの街の中にある、サメバ大聖堂。
    2004年にできた新しい建物。コーカサスで一番大きいそうです。

    ツミンダ サメバ大聖堂 建造物

  • 建設費は相当なものではないかと思いました。<br />21世紀にこんなものを作る財力っていうか力が教会にあるんですね~

    イチオシ

    建設費は相当なものではないかと思いました。
    21世紀にこんなものを作る財力っていうか力が教会にあるんですね~

  • 敷地も広く、いくつかの建物があります。

    敷地も広く、いくつかの建物があります。

  • 中にも入りましたが、でかい!<br />新しいからキレイです。<br />

    中にも入りましたが、でかい!
    新しいからキレイです。

  • お宝がたくさん飾られていました。

    お宝がたくさん飾られていました。

  • ピッカピカ。そんなに古いもんではないようですが、みんな高そう(笑)

    ピッカピカ。そんなに古いもんではないようですが、みんな高そう(笑)

  • 敷地の中でクジャクを見たりして、ゆっくりしたあと、<br />バスに乗ってトビリシの空港に向かいました。<br />来た時と同じようにドーハ乗り継ぎで成田へ。<br />帰りはくたくたで、写真がありません(^^ゞ<br /><br />

    敷地の中でクジャクを見たりして、ゆっくりしたあと、
    バスに乗ってトビリシの空港に向かいました。
    来た時と同じようにドーハ乗り継ぎで成田へ。
    帰りはくたくたで、写真がありません(^^ゞ

  • 8日間のコーカサスの旅で買ってきたお土産。<br />アゼルバイジャンでは、紅茶、ザクロのソース、ミックスナッツ。<br />ジョージアではチュルチュヘラというお菓子、ハチミツ。アララトという名のブランデーのミニボトル。コーヒー。<br />アルメニアではハチミツ。<br />以上が食べ物の部。<br />

    8日間のコーカサスの旅で買ってきたお土産。
    アゼルバイジャンでは、紅茶、ザクロのソース、ミックスナッツ。
    ジョージアではチュルチュヘラというお菓子、ハチミツ。アララトという名のブランデーのミニボトル。コーヒー。
    アルメニアではハチミツ。
    以上が食べ物の部。

  • 一番気に入っているのは、アルメニアの露店で買った笛。<br />クラリネットのようなまろやかな音がでますが、<br />音を出すだけで精一杯。<br />でも飾り物としてもちょっと素敵でしょ。<br /><br />コーカサス3か国、どこも魅力的でしたが、都市化や観光地化が進んでいないアルメニアが一番好きだったかな。<br />

    一番気に入っているのは、アルメニアの露店で買った笛。
    クラリネットのようなまろやかな音がでますが、
    音を出すだけで精一杯。
    でも飾り物としてもちょっと素敵でしょ。

    コーカサス3か国、どこも魅力的でしたが、都市化や観光地化が進んでいないアルメニアが一番好きだったかな。

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アルメニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アルメニア最安 1,760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アルメニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集