8月末、所用で大阪に出かけました。<br />2日目、たぶん夕方までかかるだろうと思っていた用事が午後の早い時間に終わりまして、そのままアドリブで「用事のついで旅」へ…<br /><br />そういう経緯もあり、全くノープランで、天王寺から南下し、JR阪和線東羽衣支線、南海高師浜線、水間鉄道、南海多奈川線と、順々に乗ってきました。<br /><br />そして、とうとう県境を越え和歌山県に突入。<br />お次に乗るのは南海加太(かだ)線です。<br />和歌山市の近郊を走る路線ですが、海にも近く、「加太さかな線」という副名称が付いていて、専用塗装の電車も走っていたりします。<br /><br />この先にもいくつも乗りたい路線があるのですが、接続がよくなく、さすがに暗くなってきたこともあり、ここまでです。<br />まあ、アドリブでここまで来られたのですから、ヨシということで…

大阪南部のローカル支線に乗りに行った【その4】 南海加太線

60いいね!

2018/08/31 - 2018/08/31

18位(同エリア157件中)

Tagucyan

Tagucyanさん

8月末、所用で大阪に出かけました。
2日目、たぶん夕方までかかるだろうと思っていた用事が午後の早い時間に終わりまして、そのままアドリブで「用事のついで旅」へ…

そういう経緯もあり、全くノープランで、天王寺から南下し、JR阪和線東羽衣支線、南海高師浜線、水間鉄道、南海多奈川線と、順々に乗ってきました。

そして、とうとう県境を越え和歌山県に突入。
お次に乗るのは南海加太(かだ)線です。
和歌山市の近郊を走る路線ですが、海にも近く、「加太さかな線」という副名称が付いていて、専用塗装の電車も走っていたりします。

この先にもいくつも乗りたい路線があるのですが、接続がよくなく、さすがに暗くなってきたこともあり、ここまでです。
まあ、アドリブでここまで来られたのですから、ヨシということで…

同行者
一人旅
交通手段
JR特急 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【その3】からのつづき<br /><br />大阪の南端、岬町内を走る南海多奈川線を往復、みさき公園駅に戻ってきた。

    【その3】からのつづき

    大阪の南端、岬町内を走る南海多奈川線を往復、みさき公園駅に戻ってきた。

    みさき公園駅

  • ここから、再び南海本線の電車に乗って、さらに南下。<br /><br />最初に特急電車が来たが、それには乗らないで次に来た各駅停車に乗車。<br />その理由はあとで。

    ここから、再び南海本線の電車に乗って、さらに南下。

    最初に特急電車が来たが、それには乗らないで次に来た各駅停車に乗車。
    その理由はあとで。

  • みさき公園駅を出発。<br />さっき乗った多奈川線が右の方に分岐していく。

    みさき公園駅を出発。
    さっき乗った多奈川線が右の方に分岐していく。

  • 左カーブしたすぐ先にある「深日(ふけ)」駅跡。<br />深日の町内を走る多奈川線の開通と同時になくなった駅。<br />ホームの跡が残っている。<br /><br />この先、和歌山県との県境にある峠越えにかかる。

    左カーブしたすぐ先にある「深日(ふけ)」駅跡。
    深日の町内を走る多奈川線の開通と同時になくなった駅。
    ホームの跡が残っている。

    この先、和歌山県との県境にある峠越えにかかる。

  • その途中にある孝子(きょうし)駅。

    その途中にある孝子(きょうし)駅。

    孝子駅

  • 南海本線、大阪府内最後の駅。

    南海本線、大阪府内最後の駅。

  • 和歌山県との県境にある「孝子トンネル」。

    和歌山県との県境にある「孝子トンネル」。

  • トンネルを抜けて和歌山県。<br /><br />そのすぐ先にある、平成24年に開業した和歌山大学前駅。

    トンネルを抜けて和歌山県。

    そのすぐ先にある、平成24年に開業した和歌山大学前駅。

    和歌山大学前駅

  • 和歌山市北部のニュータウンの中にある駅で、新設駅ではあるが特急停車駅。

    和歌山市北部のニュータウンの中にある駅で、新設駅ではあるが特急停車駅。

  • 峠を越えて、高台からだんだん和歌山の市内に降りてくる。

    峠を越えて、高台からだんだん和歌山の市内に降りてくる。

  • その次の紀ノ川駅で下車。<br />この駅は各駅停車しか停まらない。<br />さっき特急電車を見送った理由がこれである。

    その次の紀ノ川駅で下車。
    この駅は各駅停車しか停まらない。
    さっき特急電車を見送った理由がこれである。

    紀ノ川駅

  • そしてこの駅は、南海加太(かだ)線との分岐駅。<br />加太線は、全電車が和歌山市駅の始発で、ここまで南海本線を走ってくる。

    そしてこの駅は、南海加太(かだ)線との分岐駅。
    加太線は、全電車が和歌山市駅の始発で、ここまで南海本線を走ってくる。

  • そしてこの加太線。<br />海の近くを走ることから、「加太さかな線」という副名称がつき、このようなロゴが至るところに貼ってある。<br />「めでたいでんしゃ」という塗装電車も走っている。

    そしてこの加太線。
    海の近くを走ることから、「加太さかな線」という副名称がつき、このようなロゴが至るところに貼ってある。
    「めでたいでんしゃ」という塗装電車も走っている。

  • 紀ノ川駅では、南海本線と加太線のホームは共用。<br />特に加太線は、紀ノ川駅では各駅停車と、和歌山市駅では特急電車との接続を考慮したダイヤになっている。

    紀ノ川駅では、南海本線と加太線のホームは共用。
    特に加太線は、紀ノ川駅では各駅停車と、和歌山市駅では特急電車との接続を考慮したダイヤになっている。

  • ということで、あまり待つことなく、和歌山市始発の加太行きの電車がやってきた。<br />南海の他の支線と同じ、2両編成のワンマン電車である。

    ということで、あまり待つことなく、和歌山市始発の加太行きの電車がやってきた。
    南海の他の支線と同じ、2両編成のワンマン電車である。

  • 「めでたいでんしゃ」の車内ポスター。<br />ピンクと水色の2種類の電車があって、運がよければこれにあたる。

    「めでたいでんしゃ」の車内ポスター。
    ピンクと水色の2種類の電車があって、運がよければこれにあたる。

  • 紀ノ川駅を出発。<br />まっすぐ行くと南海本線、左に分岐すると加太線。<br />非常に単純な構内配線。

    紀ノ川駅を出発。
    まっすぐ行くと南海本線、左に分岐すると加太線。
    非常に単純な構内配線。

  • ということでこの電車は左方向へ。

    ということでこの電車は左方向へ。

  • しばらくすると単線に。<br />加太線は、全線単線である。

    しばらくすると単線に。
    加太線は、全線単線である。

  • と思ったらすぐに信号場(梶取信号場)。<br />すれ違う電車はないので、通過。

    と思ったらすぐに信号場(梶取信号場)。
    すれ違う電車はないので、通過。

  • 最初の駅が東松江。<br /><br />実はここから先が、明治時代に開業した区間。<br />ここから現在の和歌山市駅付近まで、別のルートだった。<br />紀ノ川を渡る橋も残っている。

    最初の駅が東松江。

    実はここから先が、明治時代に開業した区間。
    ここから現在の和歌山市駅付近まで、別のルートだった。
    紀ノ川を渡る橋も残っている。

  • 東松江駅。

    東松江駅。

    東松江駅

  • その次が中松江駅。

    その次が中松江駅。

  • 中松江駅。

    中松江駅。

    中松江駅

  • 基本的に、沿線は和歌山市北部の市街地が続いている。<br />電車もそこそこ混雑していて、各駅で降りる客も多い。

    基本的に、沿線は和歌山市北部の市街地が続いている。
    電車もそこそこ混雑していて、各駅で降りる客も多い。

  • 八幡前駅。<br />電車とすれ違い。

    八幡前駅。
    電車とすれ違い。

  • 八幡前駅の駅名標。<br />隣にはなぜか木製の駅名標が並んでいた。

    八幡前駅の駅名標。
    隣にはなぜか木製の駅名標が並んでいた。

  • 島式ホームの駅では、こんな感じの駅が多い。

    島式ホームの駅では、こんな感じの駅が多い。

    八幡前駅

  • 西ノ庄駅。<br />この駅だけ片面ホーム。

    西ノ庄駅。
    この駅だけ片面ホーム。

  • しかもこの駅だけ無人駅だった。

    しかもこの駅だけ無人駅だった。

    西ノ庄駅

  • 二里ヶ浜駅。

    二里ヶ浜駅。

  • いい感じの駅舎。

    いい感じの駅舎。

    二里ケ浜駅

  • 磯ノ浦駅。<br />海水浴場がすぐ近くにある、沿線で一番海に近い駅。<br />サーフボード抱えた人が踏切を渡ってますね。

    磯ノ浦駅。
    海水浴場がすぐ近くにある、沿線で一番海に近い駅。
    サーフボード抱えた人が踏切を渡ってますね。

  • 磯ノ浦駅。

    磯ノ浦駅。

  • 素朴な雰囲気の駅舎。

    素朴な雰囲気の駅舎。

    磯ノ浦駅

  • 2回目の電車すれ違い。

    2回目の電車すれ違い。

  • 紀ノ川駅で乗車した頃にはかなり混雑していた車内も、ここまで来ると空いてしまった。

    紀ノ川駅で乗車した頃にはかなり混雑していた車内も、ここまで来ると空いてしまった。

  • ちょこっとだけ見える二里ヶ浜海岸。

    ちょこっとだけ見える二里ヶ浜海岸。

  • そのあと、軽い山越えがある。

    そのあと、軽い山越えがある。

  • その先にある、終点加太駅。

    その先にある、終点加太駅。

  • 2つあるホームは、ずれていて、その駅舎寄りのホームへ。

    2つあるホームは、ずれていて、その駅舎寄りのホームへ。

  • 加太駅に到着。

    加太駅に到着。

  • 加太駅の駅舎。<br />明治時代の開業以来、使われ続けている駅舎とのこと。

    加太駅の駅舎。
    明治時代の開業以来、使われ続けている駅舎とのこと。

    加太駅

  • 駅前から通りへ続く道。<br />少し歩いてみる。

    駅前から通りへ続く道。
    少し歩いてみる。

  • 駅周辺は、海に面した加太の町の、少し内陸にある。

    駅周辺は、海に面した加太の町の、少し内陸にある。

  • 落ち着いた感じの町。<br />

    落ち着いた感じの町。

  • 加太の町の中を貫く道路。<br />この背後方向に進むと海に出る。

    加太の町の中を貫く道路。
    この背後方向に進むと海に出る。

  • その通りから、駅に向かう道。

    その通りから、駅に向かう道。

  • ホームと電車が見えてきた。

    ホームと電車が見えてきた。

  • 駅舎の入口。<br />「加太さかな線」と「めでたいでんしゃ」のロゴマークが、これでもかと。

    駅舎の入口。
    「加太さかな線」と「めでたいでんしゃ」のロゴマークが、これでもかと。

  • 「加太へまたおこし下さい」

    「加太へまたおこし下さい」

  • 改札を入るとすぐにホーム。

    改札を入るとすぐにホーム。

  • ホームにあるトイレもリニューアル。

    ホームにあるトイレもリニューアル。

  • 電車はいつもの2扉車。<br />ちなみに、加太線には4扉車も走っていた。

    電車はいつもの2扉車。
    ちなみに、加太線には4扉車も走っていた。

  • このタイプの行き先案内も、南海の支線共通。

    このタイプの行き先案内も、南海の支線共通。

  • 折返し出発。<br />2つめの駅、二里ヶ浜駅でやってきた電車は…<br />

    折返し出発。
    2つめの駅、二里ヶ浜駅でやってきた電車は…

  • これが「めでたいでんしゃ」。<br />2編成あるうちの、水色バージョンの電車。

    これが「めでたいでんしゃ」。
    2編成あるうちの、水色バージョンの電車。

  • このあたりが特徴的。<br />そうか、もう1本待てばこれに乗れたんだなあ・・

    このあたりが特徴的。
    そうか、もう1本待てばこれに乗れたんだなあ・・

  • 東松江駅で2回目の電車すれ違い。

    東松江駅で2回目の電車すれ違い。

  • この電車にも「加太さかな線」のロゴシールが。<br />

    この電車にも「加太さかな線」のロゴシールが。

  • それにしてもこういうローカル線っぽい雰囲気、いいですね。

    それにしてもこういうローカル線っぽい雰囲気、いいですね。

  • 紀ノ川駅手前の、梶取信号場。<br />すれ違う電車はなく通過するのだが、なぜかまっすぐ行かないで左側を行く。<br />そのため徐行。

    紀ノ川駅手前の、梶取信号場。
    すれ違う電車はなく通過するのだが、なぜかまっすぐ行かないで左側を行く。
    そのため徐行。

  • 紀ノ川駅の手前。<br />数百メートルだけ複線。

    紀ノ川駅の手前。
    数百メートルだけ複線。

  • 左方向から南海本線と合流。

    左方向から南海本線と合流。

  • 紀ノ川駅に到着。

    紀ノ川駅に到着。

  • 紀ノ川駅からは、南海本線を走る。<br />今までのんびり走っていたのに、人が変わったかのようにスピードを出す。

    紀ノ川駅からは、南海本線を走る。
    今までのんびり走っていたのに、人が変わったかのようにスピードを出す。

  • 紀ノ川を渡る。

    紀ノ川を渡る。

  • この紀ノ川鉄橋、上り線は明治36年、今走っている下り線は大正11年に架けられ、いまだに現役。

    この紀ノ川鉄橋、上り線は明治36年、今走っている下り線は大正11年に架けられ、いまだに現役。

  • その先が、終点和歌山市駅。<br />左の方からJR紀勢線の単線の線路が近づいてくる。

    その先が、終点和歌山市駅。
    左の方からJR紀勢線の単線の線路が近づいてくる。

  • 和歌山市駅の構内へ。<br />左は草ボーボーの紀勢線。

    和歌山市駅の構内へ。
    左は草ボーボーの紀勢線。

  • 南海本線のターミナル駅、構内は広い。

    南海本線のターミナル駅、構内は広い。

  • その、一番駅舎寄り、加太線専用の3番線ホームに到着。

    その、一番駅舎寄り、加太線専用の3番線ホームに到着。

  • 終点、和歌山市に到着。<br />天王寺を出発したときには、ここまで来られるとは思わなかった。

    終点、和歌山市に到着。
    天王寺を出発したときには、ここまで来られるとは思わなかった。

  • さて、和歌山市駅からはもうひとつ、「和歌山港線」という1駅だけの支線が出ている。<br />かつて、途中駅もあり終点が「水軒」という駅だった頃乗ったことがある。<br /><br />今回、欲を言えばこれにも乗りたかった。<br />しかし現在は、徳島行きフェリーの接続に特化したダイヤになっていて、次の発車まであと1時間半もあり、ここは断念せざるを得なかった。

    さて、和歌山市駅からはもうひとつ、「和歌山港線」という1駅だけの支線が出ている。
    かつて、途中駅もあり終点が「水軒」という駅だった頃乗ったことがある。

    今回、欲を言えばこれにも乗りたかった。
    しかし現在は、徳島行きフェリーの接続に特化したダイヤになっていて、次の発車まであと1時間半もあり、ここは断念せざるを得なかった。

    和歌山市駅

  • ということで、もう夕方ということもあり、JRの和歌山駅に向かう。<br /><br />左側に見えているのが今乗ってきた加太線の電車、3番線。<br />その隣の2番線はJR紀勢線のホームなのだが、そこには連絡改札口がある。<br /><br />普通、連絡改札口は改札機が1箇所しかないが、ここでは一旦南海の改札口から外に出て…

    ということで、もう夕方ということもあり、JRの和歌山駅に向かう。

    左側に見えているのが今乗ってきた加太線の電車、3番線。
    その隣の2番線はJR紀勢線のホームなのだが、そこには連絡改札口がある。

    普通、連絡改札口は改札機が1箇所しかないが、ここでは一旦南海の改札口から外に出て…

  • その目の前にあるJR線の改札口を入ることになる。<br /><br />この右方向から直接外にも出られるので、こんなことになっている。<br />ここには何度か来たことがあるが、以前はこんな設備はなくて、スルーだった。

    その目の前にあるJR線の改札口を入ることになる。

    この右方向から直接外にも出られるので、こんなことになっている。
    ここには何度か来たことがあるが、以前はこんな設備はなくて、スルーだった。

  • ということでJR紀勢線の2番線ホーム。<br />左側の電車が今まで乗ってきた加太線電車。<br />こちら側には柵がかかっている。<br /><br />ちなみにこの駅の1番線は欠番。<br />

    ということでJR紀勢線の2番線ホーム。
    左側の電車が今まで乗ってきた加太線電車。
    こちら側には柵がかかっている。

    ちなみにこの駅の1番線は欠番。

  • 停まっていた和歌山駅行きの電車。<br />

    停まっていた和歌山駅行きの電車。

  • JR東ではすでに全廃、JR西ではまだ広く生息している105系電車。

    JR東ではすでに全廃、JR西ではまだ広く生息している105系電車。

  • ここから和歌山までの区間も古い路線であるが、高架化されてすっきりとした路線となった。

    ここから和歌山までの区間も古い路線であるが、高架化されてすっきりとした路線となった。

  • 和歌山駅の一番東側のホームに到着。<br />和歌山線と、和歌山市駅方面への電車の専用ホーム。

    和歌山駅の一番東側のホームに到着。
    和歌山線と、和歌山市駅方面への電車の専用ホーム。

    和歌山駅

  • この両線は無人駅が多いせいか、他のホームへ行く階段の入口に「のりかえ改札口」がある。

    この両線は無人駅が多いせいか、他のホームへ行く階段の入口に「のりかえ改札口」がある。

  • そして、こちらが駅のメインとなる駅西側にある中央口。

    そして、こちらが駅のメインとなる駅西側にある中央口。

  • 和歌山駅前。<br />もう夕方6時を過ぎ、実際にはかなり暗くなってきている。<br />本当なら泊まっていきたい気分なんだけど...<br />

    和歌山駅前。
    もう夕方6時を過ぎ、実際にはかなり暗くなってきている。
    本当なら泊まっていきたい気分なんだけど...

  • 和歌山駅からは、特急電車に乗って新大阪に向かう。

    和歌山駅からは、特急電車に乗って新大阪に向かう。

  • 特急くろしお、新大阪行き。<br />空いた状態で到着したが、和歌山駅からの乗車客がかなり多く、結構な乗車率になった。

    特急くろしお、新大阪行き。
    空いた状態で到着したが、和歌山駅からの乗車客がかなり多く、結構な乗車率になった。

  • 今日は突然所用が終了し、完全アドリブだったわりには充実した行動だった。<br />かなり汗もかいた。<br /><br />フツウの人なら「おつかれさまの1杯」となるのだろうが、私はアルコールがダメなので、和歌山県産南高梅入り梅ジュース。<br />喉渇いてたのであっという間になくなった^^;

    今日は突然所用が終了し、完全アドリブだったわりには充実した行動だった。
    かなり汗もかいた。

    フツウの人なら「おつかれさまの1杯」となるのだろうが、私はアルコールがダメなので、和歌山県産南高梅入り梅ジュース。
    喉渇いてたのであっという間になくなった^^;

  • 和歌山駅出発時はやや遅れていたが、阪和線内の爆走で天王寺駅到着時には定時になり、すっかり日が暮れて暗くなった新大阪駅に到着。

    和歌山駅出発時はやや遅れていたが、阪和線内の爆走で天王寺駅到着時には定時になり、すっかり日が暮れて暗くなった新大阪駅に到着。

  • 新幹線乗り換えまでの間に夕食をとる。<br />といっても、何も調べてない。<br />とりあえず、粉ものかな。<br />となりの串カツ屋も魅力だったけど、完全飲み屋になってたし。

    新幹線乗り換えまでの間に夕食をとる。
    といっても、何も調べてない。
    とりあえず、粉ものかな。
    となりの串カツ屋も魅力だったけど、完全飲み屋になってたし。

    くくる JR新大阪駅店 グルメ・レストラン

  • ということで本日の夕食は、たこ焼きとたこの入った「多幸飯(たこめし)」のセット。<br /><br />くくる… 関東でもあちこちにお店があったような。

    ということで本日の夕食は、たこ焼きとたこの入った「多幸飯(たこめし)」のセット。

    くくる… 関東でもあちこちにお店があったような。

  • 手っとり早く大阪らしい食事。

    手っとり早く大阪らしい食事。

  • ということで、新大阪駅から新幹線に乗って帰宅。<br /><br />たぶんまっすぐ帰っていれば、今頃とっくに家に着いているんだろうなあ(笑)<br /><br />-おわり-<br />

    ということで、新大阪駅から新幹線に乗って帰宅。

    たぶんまっすぐ帰っていれば、今頃とっくに家に着いているんだろうなあ(笑)

    -おわり-

60いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • Akrさん 2018/10/13 15:30:49
    頭端式マニアにはたまらん(笑)
    Tagucyanさま

    こんにちは。
    今度は関西へ。
    全4部作ありますが、これって半日の出来事なんですよね。
    中身が濃いです。

    これは、頭端式ホーム大特集ですね!
    頭端式ホームマニアには堪りません。

    天王寺駅の高架ホームも雰囲気最高です。高架と地平が逆ですが、どこか上野駅を彷彿させますね。

    東羽衣駅の高架が終わっている雰囲気も昔のままですね。でも、車両がもう103系じゃない。こんな支線でも転換クロス席の車両が入るあたりはさすが関西。首都圏だと南武支線のように改造205系でしょうか。。。

    高師浜駅もいいですね。昭和の雰囲気が色濃く残り、これは行ってみたい駅舎だなあ。

    和歌山まで行って帰りはどうするんだろうと思ったら、特急でさくっと新大阪。
    けっこう遊べるものですね。

    関東に比べ、関西は魅力的な支線が多いですね。
    なかなか興味深い旅行記でした。

    -Akr-

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/10/13 16:53:38
    やっぱりそうですよね

    Akrさま
    こんにちは。

    今回のお話、厳密に言うと「半日弱」になります。
    よくぞまあノープランでここまでつながったもんだと思っております。

    頭端式ホーム、特に天王寺駅のは由緒正しい頭端式、という感じがします。
    環状線経由で大阪駅方面に乗り入れる前の阪和線の電車は、すべてここから発着していたので、今よりもさらにもっと活気があったと思います。

    東羽衣にいく1駅だけの支線、これにセミクロス車というのはJR西らしい。おっしゃるとおり、JR東だったら南武支線や鶴見線のような雰囲気になっていたと思います。
    205系改造が大好きですからねえ(爆) そういえばAkrさん地元の仙石線も…

    高師浜線、多奈川線、加太線、南海の各支線はなんでこうも味のある路線ばかりなんだろうと思ってしまいました。
    今回はただ乗っただけですが、今思えば周りの町とかも散策してみたかったなあ、と。
    ただあのときはとにかく暑くて、そんな気にはなりませんでしたけど…

    和歌山駅からはけっこうあっさりでしたね。
    暗くならなければ、もうちょっと行けたかも知れないですが、まあ次に続くネタができたかなあ、と思っております。

    ---
    Tagucyan
  • BTSさん 2018/10/09 21:57:41
    加太線も良いですね!
    Tagucyanさまへ

    こんばんは~
    加太線も長閑な路線で良いですね~構内踏切がローカル度を高めています。
    磯ノ浦駅の構内踏切をサーフボードも持って渡るなんて何となく江ノ電ぽいです。
    「めでたいでんしゃ」は加太線で走っていたんですね。一度情報番組で観たことがあります。1本後だと乗れたんですね。でもすれ違っただけでも来た甲斐があるのではないでしょうか。

    私は和歌山駅を通過したことしかないのですが、乗り馴れていないと何となく乗り換えが面倒くさそうな感じですね。ICカード普及により二重の自動改札機を設置したことでしょう。

    和歌山駅からは特急くろしおで新大阪へ、私も乗ったことがありますが、和歌山から大勢乗って来るんですよね。グリーン車も結構乗って来ました。正直驚きました。

    新大阪駅で召し上がった「多幸飯」は美味しそう、たこ飯にタコ焼きと…タコ尽くしで大阪らしいです。

    所用を済ませ、和歌山県加太線まで乗れるとは意外だったのではないでしょうか、枝線の旅、楽しく拝見させていただきました。

    BTS

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/10/10 22:47:36
    どの路線も個性があってよかったです

    BTSさま
    こんばんは。

    加太線は、一応和歌山市の近郊電車で、乗降客も多いのですが、写真だけ見るとローカル線ですね。
    海の近くを通るということから「加太さかな線」という副名称もついていて、他の支線と比べると専用のロゴ、塗装電車など観光にも力が入っているようです。
    「めでたいでんしゃ」、平日なので走ってないのかなあと思ったら、途中ですれ違いました。
    あまりにフツウに走っていたので、1本待てば乗れるのに、という発想がなぜか浮かびませんで(笑)

    和歌山駅の中間改札は和歌山線と和歌山市駅方面の電車が発着する専用ホームにだけありました。
    この両線は無人駅が多いせいかもしれませんね。鶴見線の鶴見駅みたいです。

    特急くろしおに乗ること自体、今回で2回目。前回はまだ現役だった381系のパノラマグリーン車でした。
    電車が到着する前、ホームにすごい列ができていて、びっくりしました。
    ほとんどの人が新大阪まで乗車してましたから、金曜日の夜とということもあって、和歌山から新幹線に乗り継ぐ人がそれだけ多かったということでしょうね。

    天王寺を出発するときには、たぶん途中でタイムオーバーになるだろうと思っていましたが、暗くなる前に和歌山に着けてよかったです。
    ただ、和歌山港線と、和歌山電鐵に乗れなかったのがちょっと心残り(欲を言うとキリがないですが)。
    機会を見て、これらの路線にも乗りに行きたいと思っています。

    ---
    Tagucyan
  • またたびさん 2018/10/08 19:46:10
    未乗線ばっかし・・(^^;)
    おじゃまします
    地元大阪の味わい深いローカル線ですが、完乗してない線ばっかしです

    高師浜線
    10年くらい前に高師浜の近くに住んでいましたが、そのうちにと思っているうちに乗らずじまい

    水間線
    高師浜に住んでた時に石才ー三ツ松間だけ仕事で乗りまくり

    多奈川線
    深日町、深日港は釣りで何度も行きましたが終点までは乗らず

    加太線
    ここだけは完乗 加太も釣りで行ってました
    ナマイキに磯ノ浦もサーフィンで2回ほど・・もう40年前の事です (^^;)

    懐かしいとこや新しくなったりもあって、この秋ちょっと覗いてきたくなりました

    またたび

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/10/08 23:36:21
    いつでも行けると思うと意外に…

    またたびさま
    こんばんは。

    地元に住んでいると、「いつでも行ける」と思ってしまい、結局出かけてない、ということも往々にして多いようです。
    東京の西に住んでいる私でも、例えば京王競馬場線とか。京王動物園線とか。西武多摩川線とか...
    同じ西武線でも、たまに野球を見に行くのでドーム球場に通じる多摩湖線や山口線とかは乗ることありますし、そういうきっかけがないと、という話ですよね。

    皆さんの旅行記でそういう路線が登場すると、最近乗ってないな、たまには行くかなんて思うことがあります。
    お互いにそういうきっかけになるというのはいいですね。

    ---
    Tagucyan
  • とのっちさん 2018/10/08 19:33:41
    共感できるところがたくさんあります!
    Tagucyanさま

    こんばんは。和泉の盲腸線巡り楽しませていただきました。

    「たぶんまっすぐ帰っていれば、今頃とっくに家に着いているんだろうなあ」っていつも思います。まっすぐ帰らないことに意義があるんです(笑)。新幹線使えば1時間で帰れるのにな~と思いながらきっぷの都合で、特に遠回りしているわけでもないのに3時間半かかったり…(笑)

    盲腸線から本線に入ると「人が変わったように」スピードが上がります。決して人ではないのですが、私もよく使ってしまう表現です。交換設備がたくさんあって、加太線は恵まれていますね~ピンクの「めでたい電車」は2月に和歌山港から乗りました。もちろん徳島からの夜行便連絡です。最近他のトラベラーの方のページに乗っていた「乗りつぶしオンライン」をはじめまして、私鉄に全然乗ってないなと今更ながら愕然としています。

    また、ある意味時間を限界まで使う挑戦的企画の、仕事の合間のプチ乗り鉄シリーズ、次も楽しみにしております。

    とのっち

    Tagucyan

    Tagucyanさん からの返信 2018/10/08 23:30:17
    共感していただきありがとうございます

    とのっちさま
    こんばんは。

    「たぶんまっすぐ帰っていれば、今頃とっくに家に着いているんだろうなあ」
    いわゆる「所用のついで旅」は、要するにいつもこれなんですよね。

    はい解散、となったときに、まっすぐ帰って家でゆっくりする人、飲んで帰る人、私みたいな人、いろんな考え方がある、ということで。
    独身の頃までは、仕事で行った場合は別として、例えば夕方大阪にいたとしたら、大垣夜行で帰ることしか頭になかったですからね(笑) 今はそんな気力も体力もないので素直に新幹線ですが…

    人が変わったかのように… 言われてみれば、変な表現でしたね。同じ電車とは思えないように…? 語彙力が乏しいのでどうしようもありません...
    高師浜線、多奈川線、今回は乗りませんでしたが汐見橋線、いずれも1編成の電車が単純往復しているだけですが、加太線だけは見たところ4編成で回してますね。うち2編成は4扉車でした。県庁所在地和歌山市の近郊を走る路線なので、利用客も他より格段に多かったです。
    「めでたいでんしゃ」も狙えば当たったのかも知れませんが、今回は完全アドリブ、現地に着いてから「そういえばそんな電車があったな」という感じでした。

    それにしても、一応私鉄も含めてひととおり乗っているはずの私ですが、昔1度しか乗ったことのない路線の印象を覚えていないことも多く、改めて初めて乗る路線のように楽しませてもらっています…

    次回は「ついで」ではないフツウの乗り鉄旅です。と言っても内容はほとんど同じですが(笑)

    ---
    Tagucyan

Tagucyanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

加太の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集