アンジャル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
中東の3大遺跡と呼ばれるうち、IS(イスラミックステート)に破壊されてしまったシリアのパルミラ遺跡とヨルダンのペトラ遺跡は昔、訪れたが、レバノンのバールベック遺跡は未だ行ってなかったので、今回ツアーに参加してきた。<br />中東地域の多くは、最近の情勢から外務省が危険情報が出ている事もあって、行く機会も減ったが、久しぶりに訪れてみると、あのアザーンの音も懐かしく感じた。<br />レバノンは、地政学的に言って周辺諸国から紛争に巻き込まれたり、内戦も続いたが、私が旅行した地域は、国連の平和維持活動の武装車両も見かけたものの、街は賑やかで、物資も豊富、旅行者から見ると平和を取り戻した感じがした。全行程は8日間で、現地では、6日間滞在した。<br />世界遺産に登録された遺跡も多く見学してきたので、レバノンという国がどんな国なのか、ご覧になって下さる方の参考になれば幸いと思う。<br />今回はアンジャル編。

レバノンの世界遺産・遺跡を訪ねる旅 その⑦ アンジャル編

4いいね!

2018/09/09 - 2018/09/09

6位(同エリア12件中)

ankh

ankhさん

中東の3大遺跡と呼ばれるうち、IS(イスラミックステート)に破壊されてしまったシリアのパルミラ遺跡とヨルダンのペトラ遺跡は昔、訪れたが、レバノンのバールベック遺跡は未だ行ってなかったので、今回ツアーに参加してきた。
中東地域の多くは、最近の情勢から外務省が危険情報が出ている事もあって、行く機会も減ったが、久しぶりに訪れてみると、あのアザーンの音も懐かしく感じた。
レバノンは、地政学的に言って周辺諸国から紛争に巻き込まれたり、内戦も続いたが、私が旅行した地域は、国連の平和維持活動の武装車両も見かけたものの、街は賑やかで、物資も豊富、旅行者から見ると平和を取り戻した感じがした。全行程は8日間で、現地では、6日間滞在した。
世界遺産に登録された遺跡も多く見学してきたので、レバノンという国がどんな国なのか、ご覧になって下さる方の参考になれば幸いと思う。
今回はアンジャル編。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • ダル・エル・カマル村を離れ、アンジャル遺跡に向かう。<br />遠方はレバノン山脈とベカー高原。<br />少し行けばシリアに繋がる。<br /><br />

    ダル・エル・カマル村を離れ、アンジャル遺跡に向かう。
    遠方はレバノン山脈とベカー高原。
    少し行けばシリアに繋がる。

  • 間もなくアンジャルに到着。<br />ベイルートからは西に約60kmの地点。

    間もなくアンジャルに到着。
    ベイルートからは西に約60kmの地点。

  • 入り口はこんな感じ。

    入り口はこんな感じ。

  • 8世紀初頭、ウマイヤ朝の夏の宮殿跡。<br />ローマ建築様式で見応えがあった。<br />1984年に世界遺産に登録された。

    8世紀初頭、ウマイヤ朝の夏の宮殿跡。
    ローマ建築様式で見応えがあった。
    1984年に世界遺産に登録された。

  • 1984年に世界遺産に登録された。

    1984年に世界遺産に登録された。

  • 長さ350mの東西に走るデクマヌスと385mの南北に走るカルドがメインストリートがでクロスしている。<br /><br />南東に大宮殿とモスク。<br />北東には小宮殿と上下水道が完備された浴場。

    長さ350mの東西に走るデクマヌスと385mの南北に走るカルドがメインストリートがでクロスしている。

    南東に大宮殿とモスク。
    北東には小宮殿と上下水道が完備された浴場。

  • 通りには商店街が構成され、町は潤ったが、地震の影響で30数年でこの地は放棄されてしまった。

    通りには商店街が構成され、町は潤ったが、地震の影響で30数年でこの地は放棄されてしまった。

  • 大宮殿方向を臨む。

    大宮殿方向を臨む。

  • テトラピュロンと呼ばれる4本柱が交差点の位置に立つ。

    テトラピュロンと呼ばれる4本柱が交差点の位置に立つ。

  • 大宮殿。

    大宮殿。

  • アーチが復元されて、当時繁栄だった事が偲ばれる。

    アーチが復元されて、当時繁栄だった事が偲ばれる。

  • モスク跡。

    モスク跡。

  • 浴場跡。

    浴場跡。

  • 夕刻、シュトゥーラのホテルに到着。<br />今日、明日と連泊する五つ星ホテル。

    夕刻、シュトゥーラのホテルに到着。
    今日、明日と連泊する五つ星ホテル。

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集