嵐山・嵯峨野・太秦・桂旅行記(ブログ) 一覧に戻る
京の夏の旅初登場の旧邸御室。<br /><br />数寄屋造りの見事な邸宅です。<br /><br /><br /><br />数年前までは普通に使われていたようです。<br /><br />2016年に国登録有形文化財に指定され、現在は部屋が貸し出され、さまざまなイベントなどに利用されています。

第43回 京の夏の旅 2018 ~旧邸御室~

10いいね!

2018/08/01 - 2018/08/01

2125位(同エリア3949件中)

3

30

みーみ

みーみさん

この旅行記のスケジュール

2018/08/01

  • 嵐電 御室仁和寺駅

  • 5分

この旅行記スケジュールを元に

旅の計画とは?

京の夏の旅初登場の旧邸御室。

数寄屋造りの見事な邸宅です。



数年前までは普通に使われていたようです。

2016年に国登録有形文化財に指定され、現在は部屋が貸し出され、さまざまなイベントなどに利用されています。

旅行の満足度
5.0

PR

  • 嵐電・御室仁和寺駅から歩いて数分の閑静な住宅街にあります。

    嵐電・御室仁和寺駅から歩いて数分の閑静な住宅街にあります。

  • 最初に誰が建てたのかは、はっきりしませんが、<br /><br />現オーナーの父親は4代目阿部喜兵衛氏より購入しました。4代目阿部喜兵衛氏の<br /><br />祖父はニッカウィスキー創始者の竹鶴正孝をスコットランドへ派遣したた人物。<br /><br />朝ドラの「マッサン」では、西川きよしが演じた人物ですね。

    最初に誰が建てたのかは、はっきりしませんが、

    現オーナーの父親は4代目阿部喜兵衛氏より購入しました。4代目阿部喜兵衛氏の

    祖父はニッカウィスキー創始者の竹鶴正孝をスコットランドへ派遣したた人物。

    朝ドラの「マッサン」では、西川きよしが演じた人物ですね。

  • 国登録有形文化財に指定されています。

    国登録有形文化財に指定されています。

  • 玄関を入ると、大きな灯篭がお出迎え。

    玄関を入ると、大きな灯篭がお出迎え。

  • この邸宅の一番の見どころがこちら。<br /><br />22畳の大広間に置かれた花梨の一枚板の机に庭の緑が映りこむ風景です。<br />

    イチオシ

    この邸宅の一番の見どころがこちら。

    22畳の大広間に置かれた花梨の一枚板の机に庭の緑が映りこむ風景です。

  • 元々お庭には桜が植わっていましたが、あっという間に散ってしまう桜は<br /><br />商売人にとってはあまり縁起がよくないと、木々を現在のものに植え替えたそうです。

    元々お庭には桜が植わっていましたが、あっという間に散ってしまう桜は

    商売人にとってはあまり縁起がよくないと、木々を現在のものに植え替えたそうです。

  • こちらも見所のひとつ。<br /><br />富士山をかたどった欄間。

    イチオシ

    こちらも見所のひとつ。

    富士山をかたどった欄間。

  • 琵琶床。<br /><br />左側の少し高くなった広い部分が琵琶棚(琵琶台)です。

    琵琶床。

    左側の少し高くなった広い部分が琵琶棚(琵琶台)です。

  • 元々琵琶を置くための台で、琵琶台のある床の間を琵琶床と言います。<br /><br />

    元々琵琶を置くための台で、琵琶台のある床の間を琵琶床と言います。

  • 付け書院。<br /><br />欄間は桐模様。

    付け書院。

    欄間は桐模様。

  • 茶室。

    茶室。

  • 水屋。

    水屋。

  • タイル張りの水回り。

    タイル張りの水回り。

  • お風呂は新しいものですが、全面ガラス張りで、庭を眺められる設計になっています。<br /><br />なんて贅沢なんでしょう。<br /><br />庭は山の斜面になっていて、プライバシーが保たれるからこそですね。

    お風呂は新しいものですが、全面ガラス張りで、庭を眺められる設計になっています。

    なんて贅沢なんでしょう。

    庭は山の斜面になっていて、プライバシーが保たれるからこそですね。

  • お風呂のガラス扉には筏くだりの模様が。

    お風呂のガラス扉には筏くだりの模様が。

  • 蔵の中へは入れませんが、姫鏡などの調度品が並べられており、興味深いです。<br /><br />蔵の手前は洋室になっています。これは後から増築したもので、邸宅と蔵とを<br />つなぐ形になっています。

    蔵の中へは入れませんが、姫鏡などの調度品が並べられており、興味深いです。

    蔵の手前は洋室になっています。これは後から増築したもので、邸宅と蔵とを
    つなぐ形になっています。

  • 画家の武藤彰がこの洋室をアトリエにして絵を描いていました。<br /><br />当主が武藤彰の絵をたいへん気にいっていたそうです。

    画家の武藤彰がこの洋室をアトリエにして絵を描いていました。

    当主が武藤彰の絵をたいへん気にいっていたそうです。

  • 洋室には武藤彰の絵が展示されていましたが、<br /><br />天井にも注目です。

    洋室には武藤彰の絵が展示されていましたが、

    天井にも注目です。

  • 天井には武藤彰の手になる美しい花が描かれています。

    天井には武藤彰の手になる美しい花が描かれています。

  • 縁側の天井は網代になっています。

    縁側の天井は網代になっています。

  • 庭に出てみましょう。<br /><br />沓脱ぎ石には赤っぽい鞍馬石が使われています。

    庭に出てみましょう。

    沓脱ぎ石には赤っぽい鞍馬石が使われています。

  • 庭から大広間をみた景色。

    庭から大広間をみた景色。

  • 二階は見学できません。

    二階は見学できません。

  • 邸宅の南側には双ヶ岡という小さな山があり、庭の一部はその斜面を利用しています。

    イチオシ

    邸宅の南側には双ヶ岡という小さな山があり、庭の一部はその斜面を利用しています。

  • 階段を上って、上に行ってみましょう。

    階段を上って、上に行ってみましょう。

  • 斜面をのぼると、そこには茶室があります。

    斜面をのぼると、そこには茶室があります。

  • 茶室の名前は「双庵」。<br />双ヶ岡から取ったのでしょうか

    茶室の名前は「双庵」。
    双ヶ岡から取ったのでしょうか

  • 邸宅の中にも茶室がありますが、<br /><br />こちらの茶室も風情がありますね。

    邸宅の中にも茶室がありますが、

    こちらの茶室も風情がありますね。

  • 双庵のすぐ横には待合もあります。

    双庵のすぐ横には待合もあります。

  • 斜面の上から庭と邸宅を見下ろす。<br /><br />仁和寺付近は静かな郊外住宅地で、立派な邸宅も多いです。<br />まだまだ一般には知られていない邸宅があるかもしれませんね。

    斜面の上から庭と邸宅を見下ろす。

    仁和寺付近は静かな郊外住宅地で、立派な邸宅も多いです。
    まだまだ一般には知られていない邸宅があるかもしれませんね。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • Tamegaiさん 2018/09/10 22:06:55
    先ほど大事なものを忘れました。
    申し訳ありません。先ほど次のアドレスを明記するのを忘れました。よろしくお願いします。

    http:4travel.jp/travelogue/11382687 です。

    Tamegai
  • Tamegaiさん 2018/09/10 22:02:28
    み―みさんも行かれたのですね。
    こんばんは。みーみさんも旧邸御室に行かれたのですね。私も8月初めに祇園祭を見るついでに行って来ました。街はずれの静かなところにあり、とても趣のあるところで、気に入りました。

    私の旅行記もご覧ください。両者を見比べてみてください。

     『町家は隠れた京の魅力がたくさん詰まった近代和風建築 ー 「旧邸御室」と「詩織庵」を訪れる』

    先ほど、鉄道博物館旅行記にご投票をいただき、ありがとうございます。先ずは御礼まで。

    Tamegai

    みーみ

    みーみさん からの返信 2018/09/11 01:02:52
    Re: み―みさんも行かれたのですね。
    コメントありがとうございます。
    Tamegaiさんも旧邸御室に行かれたんですね。
    旅行記をさっそく読ませていただきました。
    神棚や洗面所の網代など、私が見落としたところなどの写真もあって、とても興味深く拝見しました。
    旧邸御室のあたりを少し散策しましたが、
    立派なお宅も多く、まだまだ一般には知られていない邸宅があるのではないかなーと思いました。
    京都はほんとに奥が深いです。
    詩織庵もとてもすてきですね。
    特に武田五一の作品は見たい!と思い、詩織庵のホームページを
    調べたら、詩織庵は西陣に移転するとか。
    建物がなくなるわけではないのでしょうが、今後どうなるのか。
    詩織庵の近くの赤い建物もすご~く興味深いです!

    島原と祇園閣の旅行記も読ませていただきました。
    私も京の夏の旅で、輪違屋と祇園閣に行って、その旅行記もアップしております。
    お時間がありましたら、またご一読いただけたらと思います。

みーみさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

嵐山・嵯峨野・太秦・桂の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集