その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2018年度はインドの祭日がまぁ見事なほど火曜日と水曜日に分散していて連休がありません。<br />6月はイスラム教の断食明けのラマザンが金曜日にあるため今年度12月までに2回しかない連休となっています。<br /><br />最近のぱっしょんKは6つある世界遺産ラジャスタンの丘陵城跡群の制覇を目指す旅を実施しています。すでにジャイプールのアンベール城、ジャイサルメールのジャイサルメール城そして前回のサワイマドプルのランタンボール城と半分の3つを制覇しています。<br />今回はさらに南ラジャスタンにあるジャルワールのガグロン城とチットールガルのチットールガル城の制覇を目指します。<br /><br />今回はあまり日本人にはメジャーではない南東ラジャスタンの中心たる100万人都市コタ市をベース基地としてここのホテルに宿泊して、ここからジャルワールとチットールガルに日帰りで出かけることにしました。<br />そんな中ジャルワールまでの行き方の情報がとにかく少ない。近年ジャルワール市内に駅ができたようですが、1日3便の普通列車しかない上にコタに到着した時には朝の1便はすでに出発した後。<br />他に方法としては3つ考えられます。<br />1つはコタからバスで行く方法。<br />もう1つは列車の本線にあるジャルワールロード駅からバスかタクシーかリキシャでジャルワール市内に移動する方法。<br />最後の1つはコタでタクシーをチャーターすること。<br /><br />3番目は近くの町までは公共交通機関で行ってそこでリキシャやタクシーをチャーターするのが僕の旅行の流儀ですから真っ先に削除。<br />残り2つの選択になるのですが、バスの時刻表がネットで見つけられなかったのでコタからジャルワール行きのバスは多分出てると思うんですが、確定情報がありません。と言って列車のコタでの乗り換え時間はわずか1時間。遅れが普通に発生するインドの鉄道でたった1時間での乗り換えは正直不安。<br />グーグルマップと数日にらめっこした結果1時間の乗り換え時間の列車で行くことに決めてチケットを購入しました。調べたらコタからジャルワールロードまでの列車もコタ始発ではないので遅れるだろうと予測したことからです。<br />まぁ乗れなかったら切符捨てるしかないわね。<br />トラブルフリーで今回こそ行きたいなぁ。<br /><br />今回の旅の予定です(実際の行程は上記のスケジュールをご覧ください。)<br /><br />6/14 <br />インディゴ6E755 チェンナイ23:20<br /><br />6/15(前半) <br />                                →ジャイプール02:00<br />No 22982 Sgnr Kota Sf ドゥルガプラ5:49→コタ09:50<br />No 19040 Avadh Express コタ10:50→ジャルワール ロード12:14<br />バスでジャルワール市内へ<br /><br />6/15(後半)<br />リキシャをチャーターしてガグロン城見学<br />No59839 パッセンジャー(普通列車) ジャルワールシティー18:30→コタ20:45<br />ホテル ライラック宿泊<br /><br />6/16(前半)<br />No29020 Dehradun Expres コタ8:45→チットールガル11:35<br />チットールガル城 クンバ・パレス、ミラー寺、コンプシャン寺、勝利の塔見学<br /><br />6/16(後半) <br />チットールガル城 パドミニ・パレス、スラージポール、名誉の塔見学<br />No12964 Mewar Express チットールガル20:50→コタ23:30<br />ホテル ライラック宿泊<br /><br />★6/17★←この旅行記<br />コタガァースシティーパレス見学<br />No12465 Ranthambore Expコタ12:35→ドゥルガプラ16:14 <br />インディゴ6E 442 ジャイプール18:40→チェンナイ21:30<br /><br />6/17<br />12時半の列車でジャイプール経由でチェンナイに戻ります。<br />前日のチットールガルからの帰りに午前中にどちらにしようかと迷っていた案が2つ。<br />1つ目は早朝のバスでコタから1時間のところにあるブーンディーに行く<br />2つ目は初日に乗ったリキシャのおっちゃんが行っていたコタのシティーパレスに行く。<br /><br />どっちにするか決まらなかったのですが、<br />朝寝坊したことで2つ目の案を選ばざる得ない状況になりました。<br /><br />17日は駆け足でコタシティーパレスを見て列車と飛行機でチェンナイに戻ります。

2018年6月17日ラマザン休暇 コタ、ジャルワールとチットールガル旅行

20いいね!

2018/06/17 - 2018/06/17

107位(同エリア461件中)

ぱっしょんK

ぱっしょんKさん

この旅行記のスケジュール

2018/06/17

  • No12465 Ranthambore Expコタ12:35→ドゥルガプラ16:14

  • インディゴ6E 442 ジャイプール18:40→チェンナイ21:30

この旅行記スケジュールを元に

2018年度はインドの祭日がまぁ見事なほど火曜日と水曜日に分散していて連休がありません。
6月はイスラム教の断食明けのラマザンが金曜日にあるため今年度12月までに2回しかない連休となっています。

最近のぱっしょんKは6つある世界遺産ラジャスタンの丘陵城跡群の制覇を目指す旅を実施しています。すでにジャイプールのアンベール城、ジャイサルメールのジャイサルメール城そして前回のサワイマドプルのランタンボール城と半分の3つを制覇しています。
今回はさらに南ラジャスタンにあるジャルワールのガグロン城とチットールガルのチットールガル城の制覇を目指します。

今回はあまり日本人にはメジャーではない南東ラジャスタンの中心たる100万人都市コタ市をベース基地としてここのホテルに宿泊して、ここからジャルワールとチットールガルに日帰りで出かけることにしました。
そんな中ジャルワールまでの行き方の情報がとにかく少ない。近年ジャルワール市内に駅ができたようですが、1日3便の普通列車しかない上にコタに到着した時には朝の1便はすでに出発した後。
他に方法としては3つ考えられます。
1つはコタからバスで行く方法。
もう1つは列車の本線にあるジャルワールロード駅からバスかタクシーかリキシャでジャルワール市内に移動する方法。
最後の1つはコタでタクシーをチャーターすること。

3番目は近くの町までは公共交通機関で行ってそこでリキシャやタクシーをチャーターするのが僕の旅行の流儀ですから真っ先に削除。
残り2つの選択になるのですが、バスの時刻表がネットで見つけられなかったのでコタからジャルワール行きのバスは多分出てると思うんですが、確定情報がありません。と言って列車のコタでの乗り換え時間はわずか1時間。遅れが普通に発生するインドの鉄道でたった1時間での乗り換えは正直不安。
グーグルマップと数日にらめっこした結果1時間の乗り換え時間の列車で行くことに決めてチケットを購入しました。調べたらコタからジャルワールロードまでの列車もコタ始発ではないので遅れるだろうと予測したことからです。
まぁ乗れなかったら切符捨てるしかないわね。
トラブルフリーで今回こそ行きたいなぁ。

今回の旅の予定です(実際の行程は上記のスケジュールをご覧ください。)

6/14
インディゴ6E755 チェンナイ23:20

6/15(前半)
→ジャイプール02:00
No 22982 Sgnr Kota Sf ドゥルガプラ5:49→コタ09:50
No 19040 Avadh Express コタ10:50→ジャルワール ロード12:14
バスでジャルワール市内へ

6/15(後半)
リキシャをチャーターしてガグロン城見学
No59839 パッセンジャー(普通列車) ジャルワールシティー18:30→コタ20:45
ホテル ライラック宿泊

6/16(前半)
No29020 Dehradun Expres コタ8:45→チットールガル11:35
チットールガル城 クンバ・パレス、ミラー寺、コンプシャン寺、勝利の塔見学

6/16(後半)
チットールガル城 パドミニ・パレス、スラージポール、名誉の塔見学
No12964 Mewar Express チットールガル20:50→コタ23:30
ホテル ライラック宿泊

★6/17★←この旅行記
コタガァースシティーパレス見学
No12465 Ranthambore Expコタ12:35→ドゥルガプラ16:14
インディゴ6E 442 ジャイプール18:40→チェンナイ21:30

6/17
12時半の列車でジャイプール経由でチェンナイに戻ります。
前日のチットールガルからの帰りに午前中にどちらにしようかと迷っていた案が2つ。
1つ目は早朝のバスでコタから1時間のところにあるブーンディーに行く
2つ目は初日に乗ったリキシャのおっちゃんが行っていたコタのシティーパレスに行く。

どっちにするか決まらなかったのですが、
朝寝坊したことで2つ目の案を選ばざる得ない状況になりました。

17日は駆け足でコタシティーパレスを見て列車と飛行機でチェンナイに戻ります。

旅行の満足度
4.0
観光
3.5
ホテル
5.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
鉄道 タクシー 飛行機
航空会社
インディゴ

PR

  • 朝5時に目覚ましをかけていたのですが、目を覚ましたらすでに8時過ぎ。<br />5時に起きてブンディーに行くことも考えていたのですが、時間的に完全に無理になりました。<br />準備をゆっくりして朝食に出かけます。<br />本日も二階のレストランに行きました。

    朝5時に目覚ましをかけていたのですが、目を覚ましたらすでに8時過ぎ。
    5時に起きてブンディーに行くことも考えていたのですが、時間的に完全に無理になりました。
    準備をゆっくりして朝食に出かけます。
    本日も二階のレストランに行きました。

  • ブンディーはコタから車で1時間のところにある田舎町です。

    ブンディーはコタから車で1時間のところにある田舎町です。

  • この日の朝食は人参入りのイドリとジャーマンポテト、パイナップル、スイートポテトとライチジュース。

    この日の朝食は人参入りのイドリとジャーマンポテト、パイナップル、スイートポテトとライチジュース。

  • 最後にマサラドーサを。<br />パリパリのクレープに中にはカレー味のジャガイモが入っています。<br />クレープをちぎってジャガイモを包んで食べます。

    最後にマサラドーサを。
    パリパリのクレープに中にはカレー味のジャガイモが入っています。
    クレープをちぎってジャガイモを包んで食べます。

  • ホテルをチェックアウトしてOraタクシーで旧市街の中にあるガァースシティーパレスを見学することにします。<br />ホテルは駅のすぐそばなのでガァースシティーパレスを見学したら再び戻ってくるコースになります。

    ホテルをチェックアウトしてOraタクシーで旧市街の中にあるガァースシティーパレスを見学することにします。
    ホテルは駅のすぐそばなのでガァースシティーパレスを見学したら再び戻ってくるコースになります。

  • もともと存在すら知らなかったのですが、ついた当日にバスターミナルまで乗ったリキシャの運転手さんに存在を教えてもらった観光地です。

    もともと存在すら知らなかったのですが、ついた当日にバスターミナルまで乗ったリキシャの運転手さんに存在を教えてもらった観光地です。

  • 壁の色がふじ色できれいな建物です。

    壁の色がふじ色できれいな建物です。

  • 宮殿の中庭に入って行きます。<br />まず1階左側の

    宮殿の中庭に入って行きます。
    まず1階左側の

  • 扉から中に入ります。<br />DURBAR HALL GALLARYになっています。

    扉から中に入ります。
    DURBAR HALL GALLARYになっています。

  • コーター藩国王の使っていたものが展示されています。<br />壁側には陶器の食器やアンティークの時計など日用品が展示されていました。<br />

    コーター藩国王の使っていたものが展示されています。
    壁側には陶器の食器やアンティークの時計など日用品が展示されていました。

  • 展示室の真ん中には王と王妃の乗る輿が展示してあります。

    展示室の真ん中には王と王妃の乗る輿が展示してあります。

  • 続いて写真左側1階から宮殿の中に入ります。<br />中には武器博物館があります。

    続いて写真左側1階から宮殿の中に入ります。
    中には武器博物館があります。

  • 小型拳銃が展示してありました。<br />火薬入れる容器がなかなか渋い。

    小型拳銃が展示してありました。
    火薬入れる容器がなかなか渋い。

  • 様々なサーベルの展示もありました。

    様々なサーベルの展示もありました。

  • 武器博物館の横にはラオ・マダオ・シング王が作ったラージマハルがあります。

    武器博物館の横にはラオ・マダオ・シング王が作ったラージマハルがあります。

  • コタ藩国はヒンドゥー教の藩国ですが、壁のデザインはかなりイスラム建築の影響を受けていますね。

    コタ藩国はヒンドゥー教の藩国ですが、壁のデザインはかなりイスラム建築の影響を受けていますね。

  • 色あざやかな宮殿です。

    色あざやかな宮殿です。

  • ラジャスタンの宮殿はタイルを敷き詰めたのをイメージするんですが、ここは壁画が目に着くちょっと今までとイメージの違う部屋でした。<br />宮殿の2階に進みます。

    ラジャスタンの宮殿はタイルを敷き詰めたのをイメージするんですが、ここは壁画が目に着くちょっと今までとイメージの違う部屋でした。
    宮殿の2階に進みます。

  • 2階に上がると正面に丸い形の櫓が。

    2階に上がると正面に丸い形の櫓が。

  • ガァースシティーパレスの入り口が撮影できました。

    ガァースシティーパレスの入り口が撮影できました。

  • 2階の部屋。

    2階の部屋。

  • ここも細かい壁画が素晴らしいです。

    ここも細かい壁画が素晴らしいです。

  • ラジャスタンっぽい絵です。

    ラジャスタンっぽい絵です。

  • ここもラオ・マダオ・シング王が作ったバラ・ダリー。

    ここもラオ・マダオ・シング王が作ったバラ・ダリー。

  • バラ・ダリーの裏側から今建設中の橋が見えました。この川はチャンバル川です。

    バラ・ダリーの裏側から今建設中の橋が見えました。この川はチャンバル川です。

  • コタの街も眺められました。

    コタの街も眺められました。

  • 頂上にあるこの建物。

    頂上にあるこの建物。

  • 中が王の寝室でした。カーペットと椅子が高級そうでした。

    中が王の寝室でした。カーペットと椅子が高級そうでした。

  • タージマハルのように大理石と石をはめて模様ができています。

    タージマハルのように大理石と石をはめて模様ができています。

  • 壁の下側に大理石の彫刻がはめられていました。<br />そういえばタージマハルの大理石はラジャスタンの大理石だったっすね!!

    壁の下側に大理石の彫刻がはめられていました。
    そういえばタージマハルの大理石はラジャスタンの大理石だったっすね!!

  • ガァースシティーパレスの見学を終えました。

    ガァースシティーパレスの見学を終えました。

  • 見学できませんが宮殿の一番メインの建物は煉瓦色でした。

    見学できませんが宮殿の一番メインの建物は煉瓦色でした。

  • 王の寝室があったのはこの建物。<br />

    王の寝室があったのはこの建物。

  • 歩いてガァースシティーパレスの外に出ます。

    歩いてガァースシティーパレスの外に出ます。

  • 外から見たガァースシティーパレスはふじ色の壁はないのでイメージがだいぶん違います。

    外から見たガァースシティーパレスはふじ色の壁はないのでイメージがだいぶん違います。

  • オートリキシャを捕まえるためにコタの旧市街を歩きます。<br /><br />

    オートリキシャを捕まえるためにコタの旧市街を歩きます。

  • と思ったんですが、ガァースシティーパレスはコタ1番の観光ポイント。すぐに見つかりました。(この写真はコタジャンクションで撮影)

    と思ったんですが、ガァースシティーパレスはコタ1番の観光ポイント。すぐに見つかりました。(この写真はコタジャンクションで撮影)

  • 駅に向かって走り出しました。

    駅に向かって走り出しました。

  • コタの旧市街地は城壁で

    コタの旧市街地は城壁で

  • 囲まれていました。

    囲まれていました。

  • 100万人を超える大都市の割に全体的にのんびりした感じの街です。

    100万人を超える大都市の割に全体的にのんびりした感じの街です。

  • キショア・サガーという名前の湖があります。<br />その真ん中にヒンドゥー教寺院、ジャグマンディルが浮いています。<br />写真で見てわかるように手前に公園があります。

    キショア・サガーという名前の湖があります。
    その真ん中にヒンドゥー教寺院、ジャグマンディルが浮いています。
    写真で見てわかるように手前に公園があります。

  • この公園はよくあるミニ世界の見どころ的なテーマパークになっていました。<br />クォリティーの低いピサの斜塔とエッフェル塔が見えます。

    この公園はよくあるミニ世界の見どころ的なテーマパークになっていました。
    クォリティーの低いピサの斜塔とエッフェル塔が見えます。

  • 30分かかり、12時ちょうどにコタジャンクションに到着しました。

    30分かかり、12時ちょうどにコタジャンクションに到着しました。

  • 列車の時間を確認します。<br />列車No.12465 ランタンポールエクスプレスは15分遅れの12:33到着になっていました。<br />15分の遅れなら上出来!上出来!!<br /><br /><br /><br /><br />

    列車の時間を確認します。
    列車No.12465 ランタンポールエクスプレスは15分遅れの12:33到着になっていました。
    15分の遅れなら上出来!上出来!!




  • ホームに入ります。

    ホームに入ります。

  • 駅にあるフードセンター。お昼ご飯をここで食べてもいいのですが、遅めの朝食をたっぷり取ったのでお腹はまだ減っていません。

    駅にあるフードセンター。お昼ご飯をここで食べてもいいのですが、遅めの朝食をたっぷり取ったのでお腹はまだ減っていません。

  • チャイを1杯と車内で飲むミネラルウォーターを購入。

    チャイを1杯と車内で飲むミネラルウォーターを購入。

  • 12:30 本来の発車時間にランタンボール エクスプレスが入ってきました。

    12:30 本来の発車時間にランタンボール エクスプレスが入ってきました。

  • ランタンボール エクスプレスはこのコースで走ります。

    ランタンボール エクスプレスはこのコースで走ります。

  • 2017年12月と2018年3月にランタンポールに来たとき、帰りに利用した列車です。

    2017年12月と2018年3月にランタンポールに来たとき、帰りに利用した列車です。

  • 乗ったのはエアコンチェアーカー車。

    乗ったのはエアコンチェアーカー車。

  • コタ郊外は畑があります。

    コタ郊外は畑があります。

  • 30分も走ると緑が少なくなり、乾燥地帯に列車は入っていきます<br />

    30分も走ると緑が少なくなり、乾燥地帯に列車は入っていきます

  • サバンナっぽさ満載の景色になって来ました。

    サバンナっぽさ満載の景色になって来ました。

  • 動物は見えませんがね。

    動物は見えませんがね。

  • 列車に乗ること2時間

    列車に乗ること2時間

  • ランタンポール国立公園の最寄駅サワイマドプル駅に到着です。<br />列車はここで進行方向が逆向きに変わります。

    ランタンポール国立公園の最寄駅サワイマドプル駅に到着です。
    列車はここで進行方向が逆向きに変わります。

  • サワイマドプル出発は14:30。<br />駅から弁当を売りに来たのでベジターリーを購入しました。<br />カレー3種類、ライスとチャパティー。生玉ねぎとデザート。

    サワイマドプル出発は14:30。
    駅から弁当を売りに来たのでベジターリーを購入しました。
    カレー3種類、ライスとチャパティー。生玉ねぎとデザート。

  • サワイマドプルからジャイプールまではほぼこんな景色が続きます。

    サワイマドプルからジャイプールまではほぼこんな景色が続きます。

  • ジャイプール空港の最寄駅、ドゥルガプラ駅に16:35、20分遅れで到着しました。<br />Uberタクシーで15分

    ジャイプール空港の最寄駅、ドゥルガプラ駅に16:35、20分遅れで到着しました。
    Uberタクシーで15分

  • ジャイプール空港に到着しました。

    ジャイプール空港に到着しました。

  • 安全検査を通りました。ジャイプール空港は3階建てのターミナルです。<br />2階を通過して

    安全検査を通りました。ジャイプール空港は3階建てのターミナルです。
    2階を通過して

  • 3階の待合室に入りました。<br />チェンナイ行き6E437便は3階の3番ゲートから搭乗です。

    3階の待合室に入りました。
    チェンナイ行き6E437便は3階の3番ゲートから搭乗です。

  • 18時34分の飛行機が到着しました。<br />エアバスA320型飛行機です。

    18時34分の飛行機が到着しました。
    エアバスA320型飛行機です。

  • 20分遅れ、19:10にチェンナイに向かって離陸しました。<br />夕日が沈むのを楽しみながら帰路につきました。<br />

    20分遅れ、19:10にチェンナイに向かって離陸しました。
    夕日が沈むのを楽しみながら帰路につきました。

  • インドって改めて広いなぁと思います。

    インドって改めて広いなぁと思います。

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集