屋久島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
JALのマイルが貯まったので今年はどこに出かけようかと思い、前から行きたかった屋久島・種子島に出かけてきました。<br />個人旅行ですので、行き先を4トラベルの皆さんの旅行記を参考にし、計画を立てました。<br />3泊4日の駆け足の旅で天気にあまり恵まれず、最終日はちょっと大変でしたが、何とか行きたかった場所も回ることができました。<br />今回の旅程は、<br />5月5日(土)大阪空港より屋久島に行き、ヤクスギランドと紀元杉を見学して宿泊<br />5月6日(日)安房港より高速艇で種子島に行き、レンタカーで島内観光し、屋久島に戻って宿泊<br />5月7日(月)レンタカーで白谷雲水峡に行って散策後、島内観光<br />5月8日(火)屋久島世界遺産センターなど見学し、飛行機で大阪空港に移動して帰宅の予定<br />屋久島・種子島は路線バスの便数が少ないので、レンタカーをフルに活用して観光しました。<br />それと屋久島の美味しい魚もお腹いっぱいいただきました。<br />そのおかげで体重もかなり増えたのでこれから減量するのが大変です。<br />今回は旅行4日目の屋久島観光と帰宅までを紹介します。<br />この日は昨夜からの雷雨が続き、大阪行きの飛行機が出るか心配。<br />とはいうものの昼からのフライトのため、雨でも観光できる屋久島世界遺産センターを見学し、昼前にフライト情報を確認しに空港に向かうと欠航の確率が高いようなので急遽計画を変更し、鹿児島まで高速艇で移動して、鹿児島空港から何とか帰宅することができました。<br />屋久島は天気の関係で飛行機の欠航が多く、それを考慮して計画を立てる必要があります。<br />それにしても何とか帰宅でき、翌日からの仕事にも影響なくてよかったです。<br />

屋久島の自然と宇宙への玄関、種子島を巡る旅(その4)大変だった帰宅編

12いいね!

2018/05/05 - 2018/05/08

406位(同エリア1397件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

JALのマイルが貯まったので今年はどこに出かけようかと思い、前から行きたかった屋久島・種子島に出かけてきました。
個人旅行ですので、行き先を4トラベルの皆さんの旅行記を参考にし、計画を立てました。
3泊4日の駆け足の旅で天気にあまり恵まれず、最終日はちょっと大変でしたが、何とか行きたかった場所も回ることができました。
今回の旅程は、
5月5日(土)大阪空港より屋久島に行き、ヤクスギランドと紀元杉を見学して宿泊
5月6日(日)安房港より高速艇で種子島に行き、レンタカーで島内観光し、屋久島に戻って宿泊
5月7日(月)レンタカーで白谷雲水峡に行って散策後、島内観光
5月8日(火)屋久島世界遺産センターなど見学し、飛行機で大阪空港に移動して帰宅の予定
屋久島・種子島は路線バスの便数が少ないので、レンタカーをフルに活用して観光しました。
それと屋久島の美味しい魚もお腹いっぱいいただきました。
そのおかげで体重もかなり増えたのでこれから減量するのが大変です。
今回は旅行4日目の屋久島観光と帰宅までを紹介します。
この日は昨夜からの雷雨が続き、大阪行きの飛行機が出るか心配。
とはいうものの昼からのフライトのため、雨でも観光できる屋久島世界遺産センターを見学し、昼前にフライト情報を確認しに空港に向かうと欠航の確率が高いようなので急遽計画を変更し、鹿児島まで高速艇で移動して、鹿児島空港から何とか帰宅することができました。
屋久島は天気の関係で飛行機の欠航が多く、それを考慮して計画を立てる必要があります。
それにしても何とか帰宅でき、翌日からの仕事にも影響なくてよかったです。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
2.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー JALグループ
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
楽天トラベル

PR

  • 5月8日(火)、旅行最終日です。<br />部屋から外を眺めると雨。<br />昨日からの雷雨が続き、帰りの飛行機が心配。

    5月8日(火)、旅行最終日です。
    部屋から外を眺めると雨。
    昨日からの雷雨が続き、帰りの飛行機が心配。

  • とはいうものの心配しても仕方ないので朝からお腹いっぱい朝食をいただきます。<br />その際、宿のご主人から飛行機が欠航した場合のことを考えて行動した方が良いとのアドバイスをもらい、高速艇や鹿児島からの飛行機の時間を調査。<br />その結果、13時までに帰りのルートを決めれば帰宅できるとわかったので、それまで観光することにしました。

    とはいうものの心配しても仕方ないので朝からお腹いっぱい朝食をいただきます。
    その際、宿のご主人から飛行機が欠航した場合のことを考えて行動した方が良いとのアドバイスをもらい、高速艇や鹿児島からの飛行機の時間を調査。
    その結果、13時までに帰りのルートを決めれば帰宅できるとわかったので、それまで観光することにしました。

  • 雨が降っているので濡れずに観光できるところを調べると、宿泊している安房港のそばに屋久島町立屋久杉自然館があるので、そこに向かうことにしました。

    雨が降っているので濡れずに観光できるところを調べると、宿泊している安房港のそばに屋久島町立屋久杉自然館があるので、そこに向かうことにしました。

  • 宿からレンタカーで10分足らずで屋久杉自然館に到着。

    宿からレンタカーで10分足らずで屋久杉自然館に到着。

  • ここが屋久島町立屋久杉自然館の建物です。<br />入館料600円払って中に入ります。

    ここが屋久島町立屋久杉自然館の建物です。
    入館料600円払って中に入ります。

  • これは屋久杉自然館の前庭にあるトロッコ・ディーゼル機関車です。<br />この機関車は、屋久杉はもちろん生活物資の運搬や住民の足として活躍していたそうです。

    これは屋久杉自然館の前庭にあるトロッコ・ディーゼル機関車です。
    この機関車は、屋久杉はもちろん生活物資の運搬や住民の足として活躍していたそうです。

  • これも自然館の前庭にある屋久杉の土埋木です。<br />とても大きな屋久杉の土埋木です。

    これも自然館の前庭にある屋久杉の土埋木です。
    とても大きな屋久杉の土埋木です。

  • これはヤクスギランドを流れる荒川の最も上流に昭和46年に架けられた天柱橋の一部です。<br />樹齢約1400年の屋久杉です。

    これはヤクスギランドを流れる荒川の最も上流に昭和46年に架けられた天柱橋の一部です。
    樹齢約1400年の屋久杉です。

  • 屋久杉自然館の中に入って出迎えてくれるのがこの屋久杉です。<br />これは屋久杉の幹ではなく、有名な縄文杉の枝です。<br />平成17年の冬、雪の重みで折れた枝です。<br />この枝は調査すると1000歳だそうで、『命の枝』と名付けられています。

    屋久杉自然館の中に入って出迎えてくれるのがこの屋久杉です。
    これは屋久杉の幹ではなく、有名な縄文杉の枝です。
    平成17年の冬、雪の重みで折れた枝です。
    この枝は調査すると1000歳だそうで、『命の枝』と名付けられています。

  • そしてこれは1660歳の屋久杉です。<br />輪切りにして年輪を数えると1660本あり、中心部のわずか直径37cm内に500本もの年輪があるそうです。<br />とても成長が遅いことがわかります。<br />成長の遅い屋久杉は、材質が緻密で樹脂分が多く、腐りにくいので長命だと考えられているそうです。

    そしてこれは1660歳の屋久杉です。
    輪切りにして年輪を数えると1660本あり、中心部のわずか直径37cm内に500本もの年輪があるそうです。
    とても成長が遅いことがわかります。
    成長の遅い屋久杉は、材質が緻密で樹脂分が多く、腐りにくいので長命だと考えられているそうです。

  • その成長の早さを比べたものがこれから紹介する木の断面です。<br />これから大きさ(直径)がほぼ同一の木の年齢(年輪の数)を比べます。<br />そうすると、この屋久杉は樹齢225歳。

    その成長の早さを比べたものがこれから紹介する木の断面です。
    これから大きさ(直径)がほぼ同一の木の年齢(年輪の数)を比べます。
    そうすると、この屋久杉は樹齢225歳。

  • これは標高160mに植林されていた屋久島の地杉で、樹齢64歳。

    これは標高160mに植林されていた屋久島の地杉で、樹齢64歳。

  • こちらの木は高知県の天然魚梁瀬(やなせ)杉で、標高1050mのところに生えていたので樹齢は155歳。

    こちらの木は高知県の天然魚梁瀬(やなせ)杉で、標高1050mのところに生えていたので樹齢は155歳。

  • こちらは、標高520mのところに生えていた天然秋田杉で、樹齢が195歳です。<br />こうやって見ると、屋久杉の成長が遅いのが一目でわかります。

    こちらは、標高520mのところに生えていた天然秋田杉で、樹齢が195歳です。
    こうやって見ると、屋久杉の成長が遅いのが一目でわかります。

  • こちらに展示しているのは江戸時代から伝わる山師の道具で、おもに土佐の刃物が使われていたそうです。

    こちらに展示しているのは江戸時代から伝わる山師の道具で、おもに土佐の刃物が使われていたそうです。

  • これは屋久杉の平木で、屋根材に使われていました。<br />屋久杉はこの平木を取るために江戸時代に伐採されました。<br />当時は、この写真に写っている平木2310枚が、米1俵に相当する価格だったそうです。<br />ちなみにこの平木はノコギリで薄く切るのではなく、鉈などの刃物で薄く割って作ったそうです。

    これは屋久杉の平木で、屋根材に使われていました。
    屋久杉はこの平木を取るために江戸時代に伐採されました。
    当時は、この写真に写っている平木2310枚が、米1俵に相当する価格だったそうです。
    ちなみにこの平木はノコギリで薄く切るのではなく、鉈などの刃物で薄く割って作ったそうです。

  • 屋久杉自然館の見学後、隣接する屋久島世界遺産センターに向かいます。<br />この杉は宇宙ヤクスギで、平成12年2月12日に宇宙飛行士の毛利衛さんと一緒に宇宙を飛んだヤクスギの種から育った杉で、NASAの証明書があるそうです。

    屋久杉自然館の見学後、隣接する屋久島世界遺産センターに向かいます。
    この杉は宇宙ヤクスギで、平成12年2月12日に宇宙飛行士の毛利衛さんと一緒に宇宙を飛んだヤクスギの種から育った杉で、NASAの証明書があるそうです。

  • この橋を渡って屋久島世界遺産センターに向かいます。

    この橋を渡って屋久島世界遺産センターに向かいます。

  • 屋久島世界遺産センターは入場無料で、世界遺産に関わる史料などが展示されています。<br />屋久島全体が世界遺産に登録されているのではないことがわかりました。

    屋久島世界遺産センターは入場無料で、世界遺産に関わる史料などが展示されています。
    屋久島全体が世界遺産に登録されているのではないことがわかりました。

  • そしてこちらの鹿の標本は、左側が日本列島の鹿、右側の小さなものがヤクシカです。<br />ヤクシカが小さいことがよくわかります。<br />観光をしているものの飛行機の運航状況が気になるので、屋久島空港に向かうことにしました。

    そしてこちらの鹿の標本は、左側が日本列島の鹿、右側の小さなものがヤクシカです。
    ヤクシカが小さいことがよくわかります。
    観光をしているものの飛行機の運航状況が気になるので、屋久島空港に向かうことにしました。

  • 屋久島空港で確認すると午前中の便は全て天候不良のため欠航。<br />屋久島空港は有視界飛行のため天気が悪いと即欠航となります。<br />空港スタッフより、大阪行きの飛行機はまだ欠航するか決まっていないけど、今でなら高速艇に乗り、鹿児島空港から大阪空港行きの便に振り返ることが可能とのこと。どうしても今日中に帰らなければならないので、飛行機の振り替えをお願いしました。<br />この写真は空港スタッフからいただいたもので、乗換ルートがよくわかります。<br />変更すると、鹿児島空港までの高速艇とバスの費用は自腹でかつ、飛行機代も距離が短くなった分の払い戻しはないとのこと。<br />結局約1万円余分にかかってしまいました。<br />どうしても明日出勤しなければならないので、仕方ないか・・・。

    屋久島空港で確認すると午前中の便は全て天候不良のため欠航。
    屋久島空港は有視界飛行のため天気が悪いと即欠航となります。
    空港スタッフより、大阪行きの飛行機はまだ欠航するか決まっていないけど、今でなら高速艇に乗り、鹿児島空港から大阪空港行きの便に振り返ることが可能とのこと。どうしても今日中に帰らなければならないので、飛行機の振り替えをお願いしました。
    この写真は空港スタッフからいただいたもので、乗換ルートがよくわかります。
    変更すると、鹿児島空港までの高速艇とバスの費用は自腹でかつ、飛行機代も距離が短くなった分の払い戻しはないとのこと。
    結局約1万円余分にかかってしまいました。
    どうしても明日出勤しなければならないので、仕方ないか・・・。

  • ここから大移動のスタート。<br />まずはレンタカー屋さんに行き、レンタカーの返却場所を空港から安房港に変更。<br />今回利用したオリックス レンタカーは、空港と安房港にも営業所があるので助かりました。<br />レンタカーを返して、高速艇が出る安房港のトッピーターミナルに行き、鹿児島行きの高速艇の座席を確保。<br />これが連休中だったら乗船できなかったかもしれません。

    ここから大移動のスタート。
    まずはレンタカー屋さんに行き、レンタカーの返却場所を空港から安房港に変更。
    今回利用したオリックス レンタカーは、空港と安房港にも営業所があるので助かりました。
    レンタカーを返して、高速艇が出る安房港のトッピーターミナルに行き、鹿児島行きの高速艇の座席を確保。
    これが連休中だったら乗船できなかったかもしれません。

  • この日は、飛行機の欠航の影響により、多くの人がこのターミナルに来ていました。<br />安房港から鹿児島港までの運賃は、8400円。<br />結構かかります。

    この日は、飛行機の欠航の影響により、多くの人がこのターミナルに来ていました。
    安房港から鹿児島港までの運賃は、8400円。
    結構かかります。

  • 変更後のスケジュールは、<br />高速艇で安房港を13時30分に出発し、鹿児島港に15時30分着。<br />鹿児島港からは16時6分発の空港行きのリムジンバスで鹿児島空港に17時着。<br />鹿児島空港から17時55分発のJAL2412便で大阪空港に19時5分着。<br />当初の計画では18時5分に大阪空港着の予定だったので1時間遅れで帰れることのなります。<br />まずはこの高速艇のロケット3号で鹿児島港に向かいます。

    変更後のスケジュールは、
    高速艇で安房港を13時30分に出発し、鹿児島港に15時30分着。
    鹿児島港からは16時6分発の空港行きのリムジンバスで鹿児島空港に17時着。
    鹿児島空港から17時55分発のJAL2412便で大阪空港に19時5分着。
    当初の計画では18時5分に大阪空港着の予定だったので1時間遅れで帰れることのなります。
    まずはこの高速艇のロケット3号で鹿児島港に向かいます。

  • 今回の高速艇の座席は、天気が悪く揺れるかもしれないので、高速艇の1階を確保。<br />飛行機が欠航したせいか、定員の8割くらいの乗船率でした。

    今回の高速艇の座席は、天気が悪く揺れるかもしれないので、高速艇の1階を確保。
    飛行機が欠航したせいか、定員の8割くらいの乗船率でした。

  • 鹿児島港までは種子島に寄らず、直行便のため2時間で行けます。<br />その間、座席の前のテレビを見て過ごします。<br />天気が悪いのでもっと揺れるのかと思いましたが、ほとんど揺れを感じませんでした。

    鹿児島港までは種子島に寄らず、直行便のため2時間で行けます。
    その間、座席の前のテレビを見て過ごします。
    天気が悪いのでもっと揺れるのかと思いましたが、ほとんど揺れを感じませんでした。

  • 鹿児島港には定刻の15時30分よりちょっと遅れて到着。<br />このターミナルで鹿児島空港行きのリムジンバスのチケットを購入。<br />ちなみに料金は1250円。

    鹿児島港には定刻の15時30分よりちょっと遅れて到着。
    このターミナルで鹿児島空港行きのリムジンバスのチケットを購入。
    ちなみに料金は1250円。

  • ここが鹿児島港の高速艇の船付き場で、天気が良ければ桜島が見えるのですが、この日は見られませんでした。<br />スマホで本来乗るはずだった屋久島発の飛行機の運航状況を確認すると、やはり欠航になっていました。<br />計画変更して良かった。<br />あのまま屋久島空港にいたら今日中に帰れませんでした。

    ここが鹿児島港の高速艇の船付き場で、天気が良ければ桜島が見えるのですが、この日は見られませんでした。
    スマホで本来乗るはずだった屋久島発の飛行機の運航状況を確認すると、やはり欠航になっていました。
    計画変更して良かった。
    あのまま屋久島空港にいたら今日中に帰れませんでした。

  • 団体ツアーのメンバーはツアー会社が手配したこのバスで鹿児島空港に向かっていました。<br />ツアー客は飛行機が欠航になり、ルートが変更になってもその料金はツアー会社持ちなのかな?<br />それにしても変更の手配を全て添乗員がしてくれるので楽だと思います。<br />個人旅行だとその手配が大変です。

    団体ツアーのメンバーはツアー会社が手配したこのバスで鹿児島空港に向かっていました。
    ツアー客は飛行機が欠航になり、ルートが変更になってもその料金はツアー会社持ちなのかな?
    それにしても変更の手配を全て添乗員がしてくれるので楽だと思います。
    個人旅行だとその手配が大変です。

  • その後リムジンバスに乗って無事に鹿児島空港に到着。<br />ただ空港カウンターでは、JALの新人さんが研修を兼ねて受付をしていたため、要領が悪く、かなりここで待たされました。<br />何せ乗り換え時間があまりないので結構焦りました。<br />

    その後リムジンバスに乗って無事に鹿児島空港に到着。
    ただ空港カウンターでは、JALの新人さんが研修を兼ねて受付をしていたため、要領が悪く、かなりここで待たされました。
    何せ乗り換え時間があまりないので結構焦りました。

  • 何とかチェックインを済ませ、空港内を散策します。<br />何とか今日中に家に帰れそうなので、やっと一息つけます。

    何とかチェックインを済ませ、空港内を散策します。
    何とか今日中に家に帰れそうなので、やっと一息つけます。

  • 空港内のおみやげ屋さんを散策。<br />本来は今日、ゆっくりと屋久島のお土産を買おうと思っていたのですが、計画の大変更で何も買えなかったのが残念です。

    空港内のおみやげ屋さんを散策。
    本来は今日、ゆっくりと屋久島のお土産を買おうと思っていたのですが、計画の大変更で何も買えなかったのが残念です。

  • ここが大阪空港行きの8番搭乗ゲート。<br />この飛行機は天候が悪いけれども予定通り運航しそうです。<br />

    ここが大阪空港行きの8番搭乗ゲート。
    この飛行機は天候が悪いけれども予定通り運航しそうです。

  • 大阪空港にはこのジェット機で向かいます。<br />ジェット機ですので、大阪空港までは1時間10分のフライト。

    大阪空港にはこのジェット機で向かいます。
    ジェット機ですので、大阪空港までは1時間10分のフライト。

  • 機内に入ると、屋久島からの振り替えで搭乗する人のせいかほぼ満席でした。<br />ちなみに座席は通路を挟んで各2列で、私たちは後ろ側の席でした。

    機内に入ると、屋久島からの振り替えで搭乗する人のせいかほぼ満席でした。
    ちなみに座席は通路を挟んで各2列で、私たちは後ろ側の席でした。

  • 定刻に鹿児島空港を飛び立ち、大阪空港に向かいます。<br />雲の上に出ると太陽が出ていて、ブロッケン現象のような虹が出ていました。<br />その後大阪空港にはほぼ定刻通りの19時頃に到着し、自宅にはマイカーで21時前に帰ることができました。<br />何とかこの日に帰ることができ一安心。<br />これで翌日出勤できます。<br />今回は最終日が大変な一日になりましたが、屋久島・種子島を満喫できる旅になりました。<br />次回はもっとゆとりを持った旅にしたいものです。

    定刻に鹿児島空港を飛び立ち、大阪空港に向かいます。
    雲の上に出ると太陽が出ていて、ブロッケン現象のような虹が出ていました。
    その後大阪空港にはほぼ定刻通りの19時頃に到着し、自宅にはマイカーで21時前に帰ることができました。
    何とかこの日に帰ることができ一安心。
    これで翌日出勤できます。
    今回は最終日が大変な一日になりましたが、屋久島・種子島を満喫できる旅になりました。
    次回はもっとゆとりを持った旅にしたいものです。

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

屋久島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集