種子島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
JALのマイルが貯まったので今年はどこに出かけようかと思い、前から行きたかった屋久島・種子島に出かけてきました。<br />個人旅行ですので、行き先を4トラベルの皆さんの旅行記を参考にし、計画を立てました。<br />3泊4日の駆け足の旅で天気にあまり恵まれず、最終日はちょっと大変でしたが、何とか行きたかった場所も回ることができました。<br />今回の旅程は、<br />5月5日(土)大阪空港より屋久島に行き、ヤクスギランドと紀元杉を見学して宿泊<br />5月6日(日)安房港より高速艇で種子島に行き、レンタカーで島内観光し、屋久島に戻って宿泊<br />5月7日(月)レンタカーで白谷雲水峡に行って散策後、島内観光<br />5月8日(火)屋久島世界遺産センターなど見学し、飛行機で大阪空港に移動して帰宅の予定。<br />屋久島・種子島は路線バスの便数が少ないので、レンタカーをフルに活用して観光しました。<br />それと屋久島の美味しい魚もお腹いっぱいいただきました。<br />そのおかげで体重もかなり増えたのでこれから減量するのが大変です。<br />今回は旅行2日目の種子島のレンタカーによる観光を紹介します。<br />種子島は、鉄砲伝来により日本の歴史を大きく変え、さらには宇宙ロケット開発で未来を切り開く最先端の島でした。<br />次回は種子島宇宙センターから迫力あるロケット打ち上げを見に行きたいものです。<br />

屋久島の自然と宇宙への玄関、種子島を巡る旅(その2)種子島観光編

11いいね!

2018/05/05 - 2018/05/08

46位(同エリア148件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

JALのマイルが貯まったので今年はどこに出かけようかと思い、前から行きたかった屋久島・種子島に出かけてきました。
個人旅行ですので、行き先を4トラベルの皆さんの旅行記を参考にし、計画を立てました。
3泊4日の駆け足の旅で天気にあまり恵まれず、最終日はちょっと大変でしたが、何とか行きたかった場所も回ることができました。
今回の旅程は、
5月5日(土)大阪空港より屋久島に行き、ヤクスギランドと紀元杉を見学して宿泊
5月6日(日)安房港より高速艇で種子島に行き、レンタカーで島内観光し、屋久島に戻って宿泊
5月7日(月)レンタカーで白谷雲水峡に行って散策後、島内観光
5月8日(火)屋久島世界遺産センターなど見学し、飛行機で大阪空港に移動して帰宅の予定。
屋久島・種子島は路線バスの便数が少ないので、レンタカーをフルに活用して観光しました。
それと屋久島の美味しい魚もお腹いっぱいいただきました。
そのおかげで体重もかなり増えたのでこれから減量するのが大変です。
今回は旅行2日目の種子島のレンタカーによる観光を紹介します。
種子島は、鉄砲伝来により日本の歴史を大きく変え、さらには宇宙ロケット開発で未来を切り開く最先端の島でした。
次回は種子島宇宙センターから迫力あるロケット打ち上げを見に行きたいものです。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
楽天トラベル

PR

  • 5月6日(日)旅行2日目。<br />今日は種子島観光。<br />宿を朝6時過ぎに出て、歩いて安房港に向かいます。<br />ここは昨日お酒を買ったショッピングセンターです。

    5月6日(日)旅行2日目。
    今日は種子島観光。
    宿を朝6時過ぎに出て、歩いて安房港に向かいます。
    ここは昨日お酒を買ったショッピングセンターです。

  • 歩いて5分足らずで安房港に到着。<br />高速艇ターミナルの前には世界遺産の碑がありました。

    歩いて5分足らずで安房港に到着。
    高速艇ターミナルの前には世界遺産の碑がありました。

  • この日は安房港7時発の高速艇で、種子島の西之表港に向かいます。<br />日帰りですが、朝早く種子島に着きますのでたっぷり観光できます。<br />このトッピーターミナルから出船します。<br />

    この日は安房港7時発の高速艇で、種子島の西之表港に向かいます。
    日帰りですが、朝早く種子島に着きますのでたっぷり観光できます。
    このトッピーターミナルから出船します。

  • この写真はトッピーターミナルの中で、向こうのカウンターでチケットを購入します。<br />面白かったのは離島のせいか、柱には沢山の指名手配の写真が掲示していました。

    この写真はトッピーターミナルの中で、向こうのカウンターでチケットを購入します。
    面白かったのは離島のせいか、柱には沢山の指名手配の写真が掲示していました。

  • チケットはインターネットで予約していたので、カウンターでこの搭乗券をいただきます。<br />高速艇は2階建てになっていて、1階と2階、どちらか好きな方の座席を選ぶことができます。<br />この日はゴールデンウィークの最終日で、この高速艇は種子島経由鹿児島に向かうので、船は満席。<br />予約していて良かった。<br />ちなみに座席はG8ですので、1階の窓側でした。<br />

    チケットはインターネットで予約していたので、カウンターでこの搭乗券をいただきます。
    高速艇は2階建てになっていて、1階と2階、どちらか好きな方の座席を選ぶことができます。
    この日はゴールデンウィークの最終日で、この高速艇は種子島経由鹿児島に向かうので、船は満席。
    予約していて良かった。
    ちなみに座席はG8ですので、1階の窓側でした。

  • これが今回乗船した高速艇のロケット3号です。<br />これらの高速艇は、屋久島・種子島と鹿児島および指宿間を連絡しています。

    これが今回乗船した高速艇のロケット3号です。
    これらの高速艇は、屋久島・種子島と鹿児島および指宿間を連絡しています。

  • 7時前に乗船開始し、種子島の西之表港に向かいます。<br />この日は波もなかったのでほとんど揺れず、快適な乗船でした。

    7時前に乗船開始し、種子島の西之表港に向かいます。
    この日は波もなかったのでほとんど揺れず、快適な乗船でした。

  • 種子島までは約50分の船旅。<br />西之表港の灯台はロケット型です。<br />さすが宇宙の玄関口です。

    種子島までは約50分の船旅。
    西之表港の灯台はロケット型です。
    さすが宇宙の玄関口です。

  • こちらが西之表港で、種子島で最も栄えている町です。<br />この町が船からだと種子島の玄関口になります。

    こちらが西之表港で、種子島で最も栄えている町です。
    この町が船からだと種子島の玄関口になります。

  • 定刻の7時50分に到着して、予約していたレンタカー屋さんに向かいます。<br />レンタカーは、高速艇のターミナル内にあるオリックスレンタカー。<br />今回は日帰りで、軽自動車ですので、料金は3,996円。<br />種子島もバスの便が少ないのでレンタカーでないと観光に不便です。<br />これから帰りの船が出る17時40分までが種子島観光になります。

    定刻の7時50分に到着して、予約していたレンタカー屋さんに向かいます。
    レンタカーは、高速艇のターミナル内にあるオリックスレンタカー。
    今回は日帰りで、軽自動車ですので、料金は3,996円。
    種子島もバスの便が少ないのでレンタカーでないと観光に不便です。
    これから帰りの船が出る17時40分までが種子島観光になります。

  • 高速艇ターミナルを出ると、ロケットが迎えてくれます。<br />さすが種子島。<br />まずは最初の観光地の雄龍・雌龍(おたつ・めたつ)の岩を目指すため、国道58号線を南下します。

    高速艇ターミナルを出ると、ロケットが迎えてくれます。
    さすが種子島。
    まずは最初の観光地の雄龍・雌龍(おたつ・めたつ)の岩を目指すため、国道58号線を南下します。

  • ここが雄龍・雌龍の岩で、アニメ聖地の巡礼スポットになっているようです。<br />種子島にはその他いろいろなアニメの巡礼スポットが点在しているようです。

    ここが雄龍・雌龍の岩で、アニメ聖地の巡礼スポットになっているようです。
    種子島にはその他いろいろなアニメの巡礼スポットが点在しているようです。

  • そしてこちらが雄龍・雌龍の岩です。<br />この岩のいわれは、崖の上に昔仲の良い夫婦が住んでいて、嵐のため崖崩れと共に海に投げ出されたそうです。<br />行方不明になった数ヶ月後、いつの間にか二人が投げ出された海に、仲良く寄り添うよう大きな岩が立っていたそうです。<br />それ以来、夫婦の名前の達五郎と達江にちなんで、この二つの岩をオタツ岩、メタツ岩と呼ぶようになったそうです。

    そしてこちらが雄龍・雌龍の岩です。
    この岩のいわれは、崖の上に昔仲の良い夫婦が住んでいて、嵐のため崖崩れと共に海に投げ出されたそうです。
    行方不明になった数ヶ月後、いつの間にか二人が投げ出された海に、仲良く寄り添うよう大きな岩が立っていたそうです。
    それ以来、夫婦の名前の達五郎と達江にちなんで、この二つの岩をオタツ岩、メタツ岩と呼ぶようになったそうです。

  • この岩の対岸には屋久島がうっすらと見えます。<br />

    この岩の対岸には屋久島がうっすらと見えます。

  • そしてそばのドライブインの前には大きな鯉のぼりが泳いでいました。<br />その後、種子島の最南端の門倉岬を目指してレンタカーを走らせます。<br />

    そしてそばのドライブインの前には大きな鯉のぼりが泳いでいました。
    その後、種子島の最南端の門倉岬を目指してレンタカーを走らせます。

  • 種子島は信号も少なく、車の台数も少ないので西之表港から1時間足らずで門倉岬に行けました。<br />

    種子島は信号も少なく、車の台数も少ないので西之表港から1時間足らずで門倉岬に行けました。

  • この門倉岬は鉄砲伝来の場所。

    この門倉岬は鉄砲伝来の場所。

  • 公園になっているので岬の先端まで向かいます。<br />途中の遊歩道はきれいに整備され、花がきれいです。

    公園になっているので岬の先端まで向かいます。
    途中の遊歩道はきれいに整備され、花がきれいです。

  • この岬からは太平洋が270度見渡せます。<br />曇り空の天気なのがちょっと残念です。

    この岬からは太平洋が270度見渡せます。
    曇り空の天気なのがちょっと残念です。

  • これは鉄砲伝来の記念碑。

    これは鉄砲伝来の記念碑。

  • そしてこの船の形のものが門倉岬の展望台になっています。

    そしてこの船の形のものが門倉岬の展望台になっています。

  • さらに岬の先端に進むと幸せの鐘がありました。

    さらに岬の先端に進むと幸せの鐘がありました。

  • そしてこちらは神社かな?

    そしてこちらは神社かな?

  • この頃になると空の一部から青空がのぞき始め、屋久島も何とか見通せるようになりました。<br />たぶん対岸が屋久島の安房港くらいだと思います。

    この頃になると空の一部から青空がのぞき始め、屋久島も何とか見通せるようになりました。
    たぶん対岸が屋久島の安房港くらいだと思います。

  • それにしても絶景です。<br />この日はゴールデンウィークの最終日でしたが、観光客は一人もいなく、この絶景を独り占めできました。

    それにしても絶景です。
    この日はゴールデンウィークの最終日でしたが、観光客は一人もいなく、この絶景を独り占めできました。

  • もうサルビアの花も咲いています。

    もうサルビアの花も咲いています。

  • 白百合の花もとてもきれいです。

    白百合の花もとてもきれいです。

  • 門倉岬から種子島宇宙センターに向かう途中、この看板を発見。<br />これは行くしかないと思い、レンタカーを止めて、案内にしたがってポルトガル人上陸地を目指します。

    門倉岬から種子島宇宙センターに向かう途中、この看板を発見。
    これは行くしかないと思い、レンタカーを止めて、案内にしたがってポルトガル人上陸地を目指します。

  • まずはこのような道を歩いて進んでいきます。

    まずはこのような道を歩いて進んでいきます。

  • さらに進むと目の前に海が開けてきました。<br />その後、長い階段を降りて上陸地を目指します。

    さらに進むと目の前に海が開けてきました。
    その後、長い階段を降りて上陸地を目指します。

  • 海岸に降りたところにポルトガル人上陸の記念碑がありました。

    海岸に降りたところにポルトガル人上陸の記念碑がありました。

  • 1543年8月25日に南蛮船がここに漂着し、日本に鉄砲を伝えたそうです。<br />南蛮船が漂着した際は、略奪を目的とした寇賊と疑われたようですが、商人であるということがわかり、漂着のお礼として鉄砲を領主である種子島時尭公に献上し、製造法も伝授したそうです。<br />それが本土にも伝わり、日本の軍制に大きな変革をもたらしたそうです。<br />もちろんそれで歴史も変わりました。

    イチオシ

    1543年8月25日に南蛮船がここに漂着し、日本に鉄砲を伝えたそうです。
    南蛮船が漂着した際は、略奪を目的とした寇賊と疑われたようですが、商人であるということがわかり、漂着のお礼として鉄砲を領主である種子島時尭公に献上し、製造法も伝授したそうです。
    それが本土にも伝わり、日本の軍制に大きな変革をもたらしたそうです。
    もちろんそれで歴史も変わりました。

  • その後、種子島観光の主目的地である種子島宇宙センターに到着。<br />広大な敷地内には大型のロケットが展示されています。<br />

    その後、種子島観光の主目的地である種子島宇宙センターに到着。
    広大な敷地内には大型のロケットが展示されています。

  • そのそばにはロケット発射時の報道機関の取材場所となる竹崎展望台があります。

    そのそばにはロケット発射時の報道機関の取材場所となる竹崎展望台があります。

  • アップするとこんな感じで、取材用スタンドの他に施設内には、記者会見場やプレスセンターなどがあります。<br />ロケット発射時には、半径3Km以内は立ち入り禁止になるそうです。

    アップするとこんな感じで、取材用スタンドの他に施設内には、記者会見場やプレスセンターなどがあります。
    ロケット発射時には、半径3Km以内は立ち入り禁止になるそうです。

  • そしてこちらが宇宙科学技術館です。<br />玄関前には、H-Ⅱロケット実物大の模型があります。

    そしてこちらが宇宙科学技術館です。
    玄関前には、H-Ⅱロケット実物大の模型があります。

  • これが種子島宇宙センターの施設マップです。<br />総面積は970万平方メートルもあり、その中に衛星組立棟、大型ロケット発射場、総合指令棟などがあります。

    これが種子島宇宙センターの施設マップです。
    総面積は970万平方メートルもあり、その中に衛星組立棟、大型ロケット発射場、総合指令棟などがあります。

  • こちらが宇宙科学技術館の玄関です。<br />この日は、11時からの施設案内ツアーを予約していたので、受付で早速申し込みます。<br />このツアーは空きがあれば現地でも申し込めますが、日曜など観光客が多いときは事前に電話で予約する必要があります。<br />私も前月の1日に電話で申し込もうとしましたが、期間がゴールデンウィークのため、十数回電話してやっとつながり、なんとか予約することができました。<br />このツアーも宇宙科学技術館の入場も無料ですのでとってもお得で、ここに来たからにはこの見学ツアーに参加した方が良いと思います。

    こちらが宇宙科学技術館の玄関です。
    この日は、11時からの施設案内ツアーを予約していたので、受付で早速申し込みます。
    このツアーは空きがあれば現地でも申し込めますが、日曜など観光客が多いときは事前に電話で予約する必要があります。
    私も前月の1日に電話で申し込もうとしましたが、期間がゴールデンウィークのため、十数回電話してやっとつながり、なんとか予約することができました。
    このツアーも宇宙科学技術館の入場も無料ですのでとってもお得で、ここに来たからにはこの見学ツアーに参加した方が良いと思います。

  • こちらが宇宙科学技術館の玄関を入ったところのロビーです。<br />ここの受付でツアーの申し込みを行います。<br />ちなみにこの施設案内ツアーは無料です。

    こちらが宇宙科学技術館の玄関を入ったところのロビーです。
    ここの受付でツアーの申し込みを行います。
    ちなみにこの施設案内ツアーは無料です。

  • ツアー出発の11時まで時間が少しあるので、ちょうど打ち上げ音響体験が始まるとのことで参加してみました。<br />打ち上げの音響体験は、発射場から3Km離れたところの発射音でしたが、思った以上の音と振動でした。<br />実際のロケット発射に立ち会ってみたいものです。

    ツアー出発の11時まで時間が少しあるので、ちょうど打ち上げ音響体験が始まるとのことで参加してみました。
    打ち上げの音響体験は、発射場から3Km離れたところの発射音でしたが、思った以上の音と振動でした。
    実際のロケット発射に立ち会ってみたいものです。

  • そしていよいよ施設案内ツアーの開始。<br />まずは大型バスに乗って、打ち上げが中止されたH-Ⅱロケット7号機の機体を中心にロケットの実物品が展示されているロケットガレージに向かいます。

    そしていよいよ施設案内ツアーの開始。
    まずは大型バスに乗って、打ち上げが中止されたH-Ⅱロケット7号機の機体を中心にロケットの実物品が展示されているロケットガレージに向かいます。

  • ロケットガレージでは、JAXAの選任ガイドが説明をしてくれます。<br />ここに展示されているH-Ⅱロケットは、純国産の液体燃料ロケットで、静止衛星軌道へ約2トンの衛星を打ち上げる能力を有しているそうです。

    ロケットガレージでは、JAXAの選任ガイドが説明をしてくれます。
    ここに展示されているH-Ⅱロケットは、純国産の液体燃料ロケットで、静止衛星軌道へ約2トンの衛星を打ち上げる能力を有しているそうです。

  • これは、H-Ⅱロケット7号機の第2段機体で、液体燃料(酸素と水素)が貯蔵されるところです。

    これは、H-Ⅱロケット7号機の第2段機体で、液体燃料(酸素と水素)が貯蔵されるところです。

  • そしてこちらが1段機体です。<br />機体表面のオレンジの部分は塗装ではなく、推進薬の温度上昇と蒸発を防ぐために塗布された断熱材です。

    そしてこちらが1段機体です。
    機体表面のオレンジの部分は塗装ではなく、推進薬の温度上昇と蒸発を防ぐために塗布された断熱材です。

  • こちらは、大型ロケット組立棟からロケットを発射点まで移動させるための台車のタイヤです。<br />移動発射台運搬台車にはこの車輪が56個もついているそうで、1個あたり最大25トンもの荷重に耐えるそうです。

    こちらは、大型ロケット組立棟からロケットを発射点まで移動させるための台車のタイヤです。
    移動発射台運搬台車にはこの車輪が56個もついているそうで、1個あたり最大25トンもの荷重に耐えるそうです。

  • こちらはH-ⅡA、H-ⅡBロケットの第1段メインエンジン(LE-7Aエンジン)です。<br />ちなみにこのエンジンはH-ⅡAロケットには1基、H-ⅡBロケットには2基搭載しているそうです。

    こちらはH-ⅡA、H-ⅡBロケットの第1段メインエンジン(LE-7Aエンジン)です。
    ちなみにこのエンジンはH-ⅡAロケットには1基、H-ⅡBロケットには2基搭載しているそうです。

  • そしてこちらが、H-Ⅱロケットの第1段メインエンジン(LE-7エンジン)です。<br />日本初の純国産ロケットである、H-Ⅱロケットの心臓部として開発されたエンジンです。

    そしてこちらが、H-Ⅱロケットの第1段メインエンジン(LE-7エンジン)です。
    日本初の純国産ロケットである、H-Ⅱロケットの心臓部として開発されたエンジンです。

  • そしてこちらは、人工衛星を発射時の振動から守るために作られたフェアリングです。<br />損傷しているのは、実際に打ち上げに使用し、海上から回収したためです。<br />このフェアリングはロケット打ち上げ後、十分な高度に到達すると二つに分離し、太平洋上の安全な区域に落下します。<br />海上に落下したフェアリングからの発信する信号を頼りに、あらかじめ待機している回収船で海上回収するそうです。

    そしてこちらは、人工衛星を発射時の振動から守るために作られたフェアリングです。
    損傷しているのは、実際に打ち上げに使用し、海上から回収したためです。
    このフェアリングはロケット打ち上げ後、十分な高度に到達すると二つに分離し、太平洋上の安全な区域に落下します。
    海上に落下したフェアリングからの発信する信号を頼りに、あらかじめ待機している回収船で海上回収するそうです。

  • 次に向かったのが、大型ロケット組立棟。<br />この棟で、ロケットの組立と人工衛星の搭載を約1ヶ月かけて行うそうです。<br />この組立棟では、2機同時に組立が行えるそうです。<br />残念なことに棟の中は見学不可です。<br />写真撮影も望遠など、局部をアップで撮影しないようにとの注意がありました。

    次に向かったのが、大型ロケット組立棟。
    この棟で、ロケットの組立と人工衛星の搭載を約1ヶ月かけて行うそうです。
    この組立棟では、2機同時に組立が行えるそうです。
    残念なことに棟の中は見学不可です。
    写真撮影も望遠など、局部をアップで撮影しないようにとの注意がありました。

  • こちらが先ほどの大型ロケット組立棟の正面にある第1射点(ロケット発射場)です。<br />ここではH-ⅡAロケットの発射を行っています。<br />H-ⅡAロケットは、全長(高さ)約53m、重量289トン、衛星打ち上げ能力は約4トンです。<br />2本の塔が立っていますが、これはロケットを雷から保護する避雷針の役割もあるそうです。

    こちらが先ほどの大型ロケット組立棟の正面にある第1射点(ロケット発射場)です。
    ここではH-ⅡAロケットの発射を行っています。
    H-ⅡAロケットは、全長(高さ)約53m、重量289トン、衛星打ち上げ能力は約4トンです。
    2本の塔が立っていますが、これはロケットを雷から保護する避雷針の役割もあるそうです。

  • こちらは今後ロケットが大型化した場合にも対応できるよう建設した第2射点です。<br />こちらでは、H-ⅡBロケットの打ち上げ場所として使用されています。<br />ちなみにH-ⅡBロケットは、全長(高さ)約57m、重量531トン、打ち上げ能力は約8トンで、打ち上げ能力はH-ⅡAロケットの2倍もあります。

    こちらは今後ロケットが大型化した場合にも対応できるよう建設した第2射点です。
    こちらでは、H-ⅡBロケットの打ち上げ場所として使用されています。
    ちなみにH-ⅡBロケットは、全長(高さ)約57m、重量531トン、打ち上げ能力は約8トンで、打ち上げ能力はH-ⅡAロケットの2倍もあります。

  • こちらは先ほどの大型ロケット組立棟のそばにある大型ロケット発射管制棟(ブロックハウス)です。<br />発射場から約500mしか離れていないので、管制室は安全のため地下12mにあり、打ち上げ時には120名ものスタッフが作業に従事しているそうです。

    こちらは先ほどの大型ロケット組立棟のそばにある大型ロケット発射管制棟(ブロックハウス)です。
    発射場から約500mしか離れていないので、管制室は安全のため地下12mにあり、打ち上げ時には120名ものスタッフが作業に従事しているそうです。

  • そして最後に総合指令棟(RCC)に向かいます。

    そして最後に総合指令棟(RCC)に向かいます。

  • こちらが総合指令棟の内部で、ロケット及び人工衛星の発射前作業や地上安全、発射・追尾などを指令管制します。<br />思ったより小さい管制室でした。

    こちらが総合指令棟の内部で、ロケット及び人工衛星の発射前作業や地上安全、発射・追尾などを指令管制します。
    思ったより小さい管制室でした。

  • こちらのパネルの写真が、実際のロケット発射時の風景です。

    こちらのパネルの写真が、実際のロケット発射時の風景です。

  • 約1時間20分のツアーが終わり、今度は宇宙科学技術館内部を見学します。<br />今回参加した施設案内ツアーは、11時~と13時30分~、15時30分からの1日3回行われています。<br />この日は11時からのツアーは満席でしたが、午後からのツアーは空きがあり、当日でも参加申し込みできました。

    約1時間20分のツアーが終わり、今度は宇宙科学技術館内部を見学します。
    今回参加した施設案内ツアーは、11時~と13時30分~、15時30分からの1日3回行われています。
    この日は11時からのツアーは満席でしたが、午後からのツアーは空きがあり、当日でも参加申し込みできました。

  • これが日本のロケットの模型です。<br />右側の一番大きなロケットがH-ⅡBロケットで、現在はさらに大型のH3ロケットを開発しています。

    これが日本のロケットの模型です。
    右側の一番大きなロケットがH-ⅡBロケットで、現在はさらに大型のH3ロケットを開発しています。

  • このエンジンは110トンもの推力を有するLE-7エンジンです。

    このエンジンは110トンもの推力を有するLE-7エンジンです。

  • こちらは宇宙飛行士の毛利衛さん、向井千秋さん、若田光一さんの手形です。

    こちらは宇宙飛行士の毛利衛さん、向井千秋さん、若田光一さんの手形です。

  • そしてこちらは皆さんご存じのアニメ宇宙兄弟のパネルです。<br />記念撮影できるように顔の部分が入れ替わるようになっています。

    そしてこちらは皆さんご存じのアニメ宇宙兄弟のパネルです。
    記念撮影できるように顔の部分が入れ替わるようになっています。

  • こちらは宇宙船の無重力状態を写真撮影できるようになっています。<br />そのためリンゴなどが天上からつり下げられています。<br />

    こちらは宇宙船の無重力状態を写真撮影できるようになっています。
    そのためリンゴなどが天上からつり下げられています。

  • こちらは宇宙飛行士になるための条件で、<br />1.自然科学系の研究・設計・開発などに3年以上の経験<br />2.訓練や飛行活動をスムーズに行う科学知識や技術があること<br />3.国際的なチームとスムーズにコミュニケーションがとれる語学力<br />4.心身共に健康<br />だそうで、とても私には無理です。

    こちらは宇宙飛行士になるための条件で、
    1.自然科学系の研究・設計・開発などに3年以上の経験
    2.訓練や飛行活動をスムーズに行う科学知識や技術があること
    3.国際的なチームとスムーズにコミュニケーションがとれる語学力
    4.心身共に健康
    だそうで、とても私には無理です。

  • 種子島宇宙センターは広大で、施設内を自由に散策することもできます。

    種子島宇宙センターは広大で、施設内を自由に散策することもできます。

  • お腹もすいていたので宿で作ってもらったおにぎりをここでいただきました。

    お腹もすいていたので宿で作ってもらったおにぎりをここでいただきました。

  • 次は人工衛星の軌道や位置・姿勢などを観測する増田宇宙通信所に向かいます。<br />その途中に見つけたのがこの阿嶽川マングローブ林群生地。

    次は人工衛星の軌道や位置・姿勢などを観測する増田宇宙通信所に向かいます。
    その途中に見つけたのがこの阿嶽川マングローブ林群生地。

  • 沖縄のようなマングローブが、阿嶽川沿いにたくさん自生しています。

    沖縄のようなマングローブが、阿嶽川沿いにたくさん自生しています。

  • このマングローブ林には、ハマボウやハマジンチョウの花が見られるようで、シオマネキなどのカニもいるようです。

    このマングローブ林には、ハマボウやハマジンチョウの花が見られるようで、シオマネキなどのカニもいるようです。

  • そしてこちらは中種子島町の自然レクレーション村にある熊野海水浴場です。<br />とてもきれいな砂浜の海水浴場です。

    そしてこちらは中種子島町の自然レクレーション村にある熊野海水浴場です。
    とてもきれいな砂浜の海水浴場です。

  • 沖には変わった形の岩もあります。

    沖には変わった形の岩もあります。

  • 海水浴場の横には港もあるようです。

    海水浴場の横には港もあるようです。

  • 先ほどの奇岩をアップするとこんな感じです。<br />太平洋の荒波が寄せるので、浸食されてこのような岩になるのかな?

    先ほどの奇岩をアップするとこんな感じです。
    太平洋の荒波が寄せるので、浸食されてこのような岩になるのかな?

  • そしてこちらが増田宇宙通信所です。<br />ここはあまり知られていないので観光客は私たちだけでした。

    そしてこちらが増田宇宙通信所です。
    ここはあまり知られていないので観光客は私たちだけでした。

  • 敷地内にはハワイのモンキーポットのような大きな木がありました。

    敷地内にはハワイのモンキーポットのような大きな木がありました。

  • こちらがその施設です。<br />中は自由に見学できます。

    こちらがその施設です。
    中は自由に見学できます。

  • こちらはロケットの飛行状況の監視に使用しているパラボラアンテナです。

    こちらはロケットの飛行状況の監視に使用しているパラボラアンテナです。

  • 施設内では増田宇宙通信所の役割などの展示があり、この写真のように先ほど行った種子島宇宙センターの打ち上げまでのビデオが上映されていました。<br />これは大型ロケット組立棟でのロケット組立作業の状況です。

    施設内では増田宇宙通信所の役割などの展示があり、この写真のように先ほど行った種子島宇宙センターの打ち上げまでのビデオが上映されていました。
    これは大型ロケット組立棟でのロケット組立作業の状況です。

  • そしてこちらが大型ロケット組立棟の大扉が開いている状況です。

    そしてこちらが大型ロケット組立棟の大扉が開いている状況です。

  • ロケットが発射台ごと台車で発射場まで移動している状況です。<br />その際の速度は人の歩行速度より遅い、時速2Km/時間 だそうです。

    ロケットが発射台ごと台車で発射場まで移動している状況です。
    その際の速度は人の歩行速度より遅い、時速2Km/時間 だそうです。

  • そして発射場に着き、打ち上げを待っている状況です。<br />先ほど現地に行ったのでよく理解できました。

    そして発射場に着き、打ち上げを待っている状況です。
    先ほど現地に行ったのでよく理解できました。

  • 次に向かったのが、中種子町 犬城海岸にある馬立(またて)の岩屋。<br />駐車場にレンタカーを止め、海岸に出てみるとどれが馬立の岩屋かわからない。<br />

    次に向かったのが、中種子町 犬城海岸にある馬立(またて)の岩屋。
    駐車場にレンタカーを止め、海岸に出てみるとどれが馬立の岩屋かわからない。

  • とりあえず海岸に出ると、奇岩がたくさんあるので散策することにしました。

    とりあえず海岸に出ると、奇岩がたくさんあるので散策することにしました。

  • この奇岩を見るだけでも来たかいがあります。

    この奇岩を見るだけでも来たかいがあります。

  • この岩の中央部には大きな穴が開いています。

    この岩の中央部には大きな穴が開いています。

  • ふと足下の砂浜を見ると、サンゴの死骸がたくさんありました。<br />この沖には沢山のサンゴがあるようで、ダイビングスポットになっているのかもしれません。

    ふと足下の砂浜を見ると、サンゴの死骸がたくさんありました。
    この沖には沢山のサンゴがあるようで、ダイビングスポットになっているのかもしれません。

  • 後ろを振り返ると、洞窟のような岩屋を発見。<br />これが馬立の岩屋かなと思い、近づいて行きます。

    後ろを振り返ると、洞窟のような岩屋を発見。
    これが馬立の岩屋かなと思い、近づいて行きます。

  • そばによると先ほどの馬立の砂屋の観光案内板があったので、これがそのようです。<br />

    そばによると先ほどの馬立の砂屋の観光案内板があったので、これがそのようです。

  • 中を見ると広い部屋になっていて、向こうに抜けられそうですが、天井から落石の恐れがあるため、立ち入り禁止になっていました。

    中を見ると広い部屋になっていて、向こうに抜けられそうですが、天井から落石の恐れがあるため、立ち入り禁止になっていました。

  • 種子島町の観光サイトを見るとここは、種子島町で絶対見ておきたいおすすめスポットの一つになっていました。<br />その観光案内でここは、シーカヤックやシュノーケリングに適していて、潜ると魚やシャコ貝が見られるそうです。<br />海の中もきれいですが、奇岩も絶景です。

    種子島町の観光サイトを見るとここは、種子島町で絶対見ておきたいおすすめスポットの一つになっていました。
    その観光案内でここは、シーカヤックやシュノーケリングに適していて、潜ると魚やシャコ貝が見られるそうです。
    海の中もきれいですが、奇岩も絶景です。

  • 次に向かったのが種子島でもおすすめの人気スポットの千座(ちぐら)の岩屋。<br />ここは種子島宇宙センターのそばにあるので、そこを観光後立ち寄ろうと思ったのですが、ここは干潮時期でないと中に入られないので、時間調整して立ち寄りました。<br />この日の干潮時間は16時2分。<br />到着したのが14時50分。<br />ちょっと早いけれど千座の岩屋に向かいます。

    次に向かったのが種子島でもおすすめの人気スポットの千座(ちぐら)の岩屋。
    ここは種子島宇宙センターのそばにあるので、そこを観光後立ち寄ろうと思ったのですが、ここは干潮時期でないと中に入られないので、時間調整して立ち寄りました。
    この日の干潮時間は16時2分。
    到着したのが14時50分。
    ちょっと早いけれど千座の岩屋に向かいます。

  • ここも海水浴場になっていてきれいな砂浜が続いていて、沖には奇岩があります。

    ここも海水浴場になっていてきれいな砂浜が続いていて、沖には奇岩があります。

  • このようにとても大きな遠浅の海水浴場です。<br />ただ海水浴にはまだ時期が早いので誰もいません。<br />ここにはウミガメが産卵にこないのかな?

    このようにとても大きな遠浅の海水浴場です。
    ただ海水浴にはまだ時期が早いので誰もいません。
    ここにはウミガメが産卵にこないのかな?

  • こちらが千座の岩屋です。<br />

    こちらが千座の岩屋です。

  • まだ潮が引ききっていないので先端部の洞窟には潮が入っています。

    まだ潮が引ききっていないので先端部の洞窟には潮が入っています。

  • とりあえず、潮が引いている洞窟から中に入ってみます。<br />この写真では洞窟の入り口が小さく見えますが、腰をちょっと屈める程度で中に入れます。

    とりあえず、潮が引いている洞窟から中に入ってみます。
    この写真では洞窟の入り口が小さく見えますが、腰をちょっと屈める程度で中に入れます。

  • この写真のように中は思ったより広く、狭い通路でいろいろな洞窟につながっています。

    この写真のように中は思ったより広く、狭い通路でいろいろな洞窟につながっています。

  • その通路がこれで、洞窟の入り口は数カ所ありますが、この通路で全ての洞窟につながっていました。

    その通路がこれで、洞窟の入り口は数カ所ありますが、この通路で全ての洞窟につながっていました。

  • 洞窟から外を見るとこんな感じで、先ほどの洞窟の先端部はまだ潮が引ききってなく、ここから外には出られませんでした。

    洞窟から外を見るとこんな感じで、先ほどの洞窟の先端部はまだ潮が引ききってなく、ここから外には出られませんでした。

  • ここが一番大きい洞窟の部屋で、枝分かれした部屋を含めると1000人もの人が座れる広さがあるため、『千座の岩屋』と名付けられたそうです。

    ここが一番大きい洞窟の部屋で、枝分かれした部屋を含めると1000人もの人が座れる広さがあるため、『千座の岩屋』と名付けられたそうです。

  • これらの洞窟は、太平洋の荒波が長年にわたり造り出した海食洞窟になっているそうです。<br />ここは干潮時期でないとこの洞窟(岩屋)に入られないので、あらかじめ干潮時間を調べておく必要があります。

    これらの洞窟は、太平洋の荒波が長年にわたり造り出した海食洞窟になっているそうです。
    ここは干潮時期でないとこの洞窟(岩屋)に入られないので、あらかじめ干潮時間を調べておく必要があります。

  • ある程度潮が引いた状態の『千座の岩屋』です。<br />こちら側からは3ヶ所の入り口があります。<br />確か後ろ側にも何カ所かの入り口が有り、中では狭い通路でつながっていました。

    ある程度潮が引いた状態の『千座の岩屋』です。
    こちら側からは3ヶ所の入り口があります。
    確か後ろ側にも何カ所かの入り口が有り、中では狭い通路でつながっていました。

  • レンタカーを返す時間もあるので、西之表港に帰る途中にある秋佐野の男淵・女淵に立ち寄ります。<br />ここは上下二連の滝が有り、上流を男淵、下流側を女淵と呼んでいるようです。

    レンタカーを返す時間もあるので、西之表港に帰る途中にある秋佐野の男淵・女淵に立ち寄ります。
    ここは上下二連の滝が有り、上流を男淵、下流側を女淵と呼んでいるようです。

  • こちらは下流側の女淵。<br />幅が5m、高さが5mあるそうですが、この日は水量が少ないためそれほどの大きさではありませんでした。

    こちらは下流側の女淵。
    幅が5m、高さが5mあるそうですが、この日は水量が少ないためそれほどの大きさではありませんでした。

  • そしてこちらが上流の男淵。<br />先ほどの女淵より、幅が4m、高さ4mと小さいのですが、こちらの方が大きい滝のように見えます。

    そしてこちらが上流の男淵。
    先ほどの女淵より、幅が4m、高さ4mと小さいのですが、こちらの方が大きい滝のように見えます。

  • その後西之表港に帰る途中、種子島空港の標識があったのでそこにも立ち寄りました。<br />こうやって見ると屋久島空港より立派な空港です。<br />そういえば屋久島の観光バスのガイドさんが、残念だけど屋久島より種子島のほうが都会だと残念そうに言っていたのを思い出します。

    その後西之表港に帰る途中、種子島空港の標識があったのでそこにも立ち寄りました。
    こうやって見ると屋久島空港より立派な空港です。
    そういえば屋久島の観光バスのガイドさんが、残念だけど屋久島より種子島のほうが都会だと残念そうに言っていたのを思い出します。

  • そして西之表港には16時30分に到着。<br />屋久島行きの高速艇は17時40分ですので余裕を持ってレンタカーを返すことができました。<br />この写真は西之表港の高速艇乗り場のトッピーターミナルです。<br />建物の形と色は、屋久島の安房港と一緒でした。

    そして西之表港には16時30分に到着。
    屋久島行きの高速艇は17時40分ですので余裕を持ってレンタカーを返すことができました。
    この写真は西之表港の高速艇乗り場のトッピーターミナルです。
    建物の形と色は、屋久島の安房港と一緒でした。

  • とりあえず出航まで時間はあるものの、屋久島行きの指定席券をこの窓口で交換します。<br />この日はゴールデンウィークの最終日ですので鹿児島行きは満席ですが、屋久島行きの船は結構空席がありました。<br />そのため今回は高速艇の2階席を予約しました。

    とりあえず出航まで時間はあるものの、屋久島行きの指定席券をこの窓口で交換します。
    この日はゴールデンウィークの最終日ですので鹿児島行きは満席ですが、屋久島行きの船は結構空席がありました。
    そのため今回は高速艇の2階席を予約しました。

  • このお客さん達はほとんどが鹿児島行きの人たちです。

    このお客さん達はほとんどが鹿児島行きの人たちです。

  • 今回の旅行で初めてハイビスカスの花を見たので撮影しました。<br />南国と言えばやはりハイビスカス。<br />とてもきれいです。

    今回の旅行で初めてハイビスカスの花を見たので撮影しました。
    南国と言えばやはりハイビスカス。
    とてもきれいです。

  • 屋久島行きの高速艇出航まで時間があるので西之表港を散策します。<br />

    屋久島行きの高速艇出航まで時間があるので西之表港を散策します。

  • そこに鹿児島行きの高速艇が到着。<br />多くのお客さんが乗船していました。<br />時間があるので鹿児島行き高速艇を見送ります。

    そこに鹿児島行きの高速艇が到着。
    多くのお客さんが乗船していました。
    時間があるので鹿児島行き高速艇を見送ります。

  • 高速艇は桟橋をバックで港の入り口にある灯台まで走り、ここで向きを変えます。

    高速艇は桟橋をバックで港の入り口にある灯台まで走り、ここで向きを変えます。

  • そしてここから加速していきます。

    そしてここから加速していきます。

  • 徐々にスピードアップして、

    徐々にスピードアップして、

  • あっという間に鹿児島に向けて出港して行きました。<br />さすがに高速艇は速い。

    あっという間に鹿児島に向けて出港して行きました。
    さすがに高速艇は速い。

  • そして私たちはこの高速艇で屋久島に向かいます。

    そして私たちはこの高速艇で屋久島に向かいます。

  • 乗船した高速艇のトッピー3号の2階はこんな感じで、両方の窓側が各2席、中央は5席で、1・2階合わせて200名程度乗船できそうです。

    乗船した高速艇のトッピー3号の2階はこんな感じで、両方の窓側が各2席、中央は5席で、1・2階合わせて200名程度乗船できそうです。

  • 種子島の西之表港を17時40分に出港し、屋久島の安房港に定刻よりちょっと遅れて18時35分に到着。<br />屋久島に到着すると何と雨。<br />屋久島は1ヶ月に35日も雨が降ると言われているので、今回も傘を持ってきて大正解。<br />傘をさして雨に濡れず、無事に宿に帰れました。

    種子島の西之表港を17時40分に出港し、屋久島の安房港に定刻よりちょっと遅れて18時35分に到着。
    屋久島に到着すると何と雨。
    屋久島は1ヶ月に35日も雨が降ると言われているので、今回も傘を持ってきて大正解。
    傘をさして雨に濡れず、無事に宿に帰れました。

  • ここが今回3連泊した安房の『御宿鶴屋』さんのロビーです。<br />結構有名人が宿泊しているようで、沢山の色紙が展示していました。

    ここが今回3連泊した安房の『御宿鶴屋』さんのロビーです。
    結構有名人が宿泊しているようで、沢山の色紙が展示していました。

  • この日の夕食メニューは、昨日よりボリュームのある如月会席。<br />刺身に黒豚のお鍋にトビウオの白子に吸い物など。<br />これど終わりかと思っていると、

    この日の夕食メニューは、昨日よりボリュームのある如月会席。
    刺身に黒豚のお鍋にトビウオの白子に吸い物など。
    これど終わりかと思っていると、

  • とても大きな兜煮。<br />料理が出てきたとたん、目が点になってしまいました。<br />写真では大きさがわかりませんが、たぶん80センチくらいのタイ科の大きな魚の頭でした。<br />そのため身が多く、これだけでお腹いっぱいになりました。<br />その後寝る前に寝酒に芋焼酎の三岳をいただいてぐっすりやすみました。<br />たった一日の種子島でしたが、充実した一日でした。<br />明日は白谷雲水峡に行く予定。<br />天気が心配です。

    とても大きな兜煮。
    料理が出てきたとたん、目が点になってしまいました。
    写真では大きさがわかりませんが、たぶん80センチくらいのタイ科の大きな魚の頭でした。
    そのため身が多く、これだけでお腹いっぱいになりました。
    その後寝る前に寝酒に芋焼酎の三岳をいただいてぐっすりやすみました。
    たった一日の種子島でしたが、充実した一日でした。
    明日は白谷雲水峡に行く予定。
    天気が心配です。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

種子島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集