カウナス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ポーランド航空に乗り、隣国リトアニアを目指します。<br /><杉原千畝記念館>カウナス城の次は住宅街にある杉原千畝記念館(もと在カウナス日本領事館)へ行きました。バスで行きにくいのでタクシー利用です。迫害を受けているユダヤ人は入国ビザの要らない南米キュラソー(オランダ領)の入国を試み、そのためシベリア鉄道経由で行ける日本の通過ビザを求め、領事館に集まりました。領事代理であった杉原千畝氏は、ビザを発給します。一人でも多くの命を救うために手書きのビザを書き続け、領事館が閉鎖し離任の際、駅にまで押し寄せたユダヤ人にも発給しました。<br />最後はシベリア鉄道経由で神戸に着いた少女の写真です。当時北野町・山本通にユダヤ人コミュニティがあり、ユダヤ人はそこで難民として1940~1941年に一時避難生活を送り、アメリカ他へ出国したとのことです。実際にビザを発給した際、使っていた机も置かれ自由に座ることが出来ました。<br />戦後から今に至るまで、政府として杉原氏の扱いは冷たいですが、杉原氏の母校早稲田大学が没後25年になる6年前、「人間として正しい決断をした」として功績をたたえレリーフをキャンパスに設置したようなので機会があれば見に行こうと思います。

リトアニア旅行記 (1)日本のシンドラー杉原千畝記念館の在るカウナスへ。

26いいね!

2017/07/29 - 2017/08/07

39位(同エリア189件中)

0

27

PROGRES

PROGRESさん

ポーランド航空に乗り、隣国リトアニアを目指します。
<杉原千畝記念館>カウナス城の次は住宅街にある杉原千畝記念館(もと在カウナス日本領事館)へ行きました。バスで行きにくいのでタクシー利用です。迫害を受けているユダヤ人は入国ビザの要らない南米キュラソー(オランダ領)の入国を試み、そのためシベリア鉄道経由で行ける日本の通過ビザを求め、領事館に集まりました。領事代理であった杉原千畝氏は、ビザを発給します。一人でも多くの命を救うために手書きのビザを書き続け、領事館が閉鎖し離任の際、駅にまで押し寄せたユダヤ人にも発給しました。
最後はシベリア鉄道経由で神戸に着いた少女の写真です。当時北野町・山本通にユダヤ人コミュニティがあり、ユダヤ人はそこで難民として1940~1941年に一時避難生活を送り、アメリカ他へ出国したとのことです。実際にビザを発給した際、使っていた机も置かれ自由に座ることが出来ました。
戦後から今に至るまで、政府として杉原氏の扱いは冷たいですが、杉原氏の母校早稲田大学が没後25年になる6年前、「人間として正しい決断をした」として功績をたたえレリーフをキャンパスに設置したようなので機会があれば見に行こうと思います。

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道
航空会社
ポーランド航空

PR

  • ポーランド航空に乗り、隣国リトアニアを目指します。

    ポーランド航空に乗り、隣国リトアニアを目指します。

  • LOT POLISHはスターアライアンスに加盟しています。

    LOT POLISHはスターアライアンスに加盟しています。

  • ビジネスクラス利用なので、GOLD TRACKを利用します。

    ビジネスクラス利用なので、GOLD TRACKを利用します。

  • LOTのラウンジに入ります。

    LOTのラウンジに入ります。

  • 軽食がカウンターに並びます。

    軽食がカウンターに並びます。

  • ラウンジ内部です。そろそろゲートに向かいます。

    ラウンジ内部です。そろそろゲートに向かいます。

  • 空港の待合室にまでピアノがあるのは、さすがショパンの国。

    空港の待合室にまでピアノがあるのは、さすがショパンの国。

  • ワルシャワ空港の搭乗は、沖止めでした。

    ワルシャワ空港の搭乗は、沖止めでした。

  • ビジネスクラスの食事です。

    ビジネスクラスの食事です。

  • リトアニア第二の町カウナスに到着しました。当初の予定ではワルシャワ→首都ヴィリニュスへ飛ぶ予定でしたが、ヴィリニュス空港が滑走路工事期間のため、カウナス空港への目的地変更となりました。到着したカウナス空港は、一時的な国際空港機能移転のため、ご覧の様なテント張りの仮設ターミナルでした。ポーランドとは同じEUシェンゲン協定加盟で入国審査は省略です。

    リトアニア第二の町カウナスに到着しました。当初の予定ではワルシャワ→首都ヴィリニュスへ飛ぶ予定でしたが、ヴィリニュス空港が滑走路工事期間のため、カウナス空港への目的地変更となりました。到着したカウナス空港は、一時的な国際空港機能移転のため、ご覧の様なテント張りの仮設ターミナルでした。ポーランドとは同じEUシェンゲン協定加盟で入国審査は省略です。

  • カウナス空港からは、路線バス29番にて町へ入りました。

    カウナス空港からは、路線バス29番にて町へ入りました。

  • 路線バス29番に乗車した後、ヴィリニアウス通りにある旧市街の入り口、Laisves alejaというバス停で降りたところです。

    路線バス29番に乗車した後、ヴィリニアウス通りにある旧市街の入り口、Laisves alejaというバス停で降りたところです。

  • 写真はライスヴェス通りから聖ミカエル教会を眺めたところです。

    写真はライスヴェス通りから聖ミカエル教会を眺めたところです。

  • 聖ミカエル教会を背にして、地下道をくぐって、旧市街に入ります。ヴィリニアウス通り両側にある店は洒落ています。

    聖ミカエル教会を背にして、地下道をくぐって、旧市街に入ります。ヴィリニアウス通り両側にある店は洒落ています。

  • <カウナスの大聖堂>赤レンガの美しい15世紀の聖ペテロ&パウロ大聖堂が見えました。

    <カウナスの大聖堂>赤レンガの美しい15世紀の聖ペテロ&パウロ大聖堂が見えました。

  • 内部へ入ると、壁一面に描かれたフレスコ画と彫刻で飾られた祭壇が印象的でした。

    内部へ入ると、壁一面に描かれたフレスコ画と彫刻で飾られた祭壇が印象的でした。

  • 広場へ出ると旧市庁舎が建っています。バロック様式の建物で白鳥に例えられ現在は博物館になっています。

    広場へ出ると旧市庁舎が建っています。バロック様式の建物で白鳥に例えられ現在は博物館になっています。

  • 最後、川の方へ進むと13世紀にドイツ騎士団の侵略を防ぐため造られたカウナス城に着きます。ネムナス川がドイツ騎士団領とリトアニア領の国境になっていたので何度も戦闘が行われた場所です。現在の城は綺麗な建物ですが、残っていた城と城壁を修復したとのことでした。

    最後、川の方へ進むと13世紀にドイツ騎士団の侵略を防ぐため造られたカウナス城に着きます。ネムナス川がドイツ騎士団領とリトアニア領の国境になっていたので何度も戦闘が行われた場所です。現在の城は綺麗な建物ですが、残っていた城と城壁を修復したとのことでした。

  • <杉原千畝記念館>カウナス城の次は住宅街にある杉原千畝記念館(もと在カウナス日本領事館)へ行きました。バスで行きにくいので、カウナス城からは、タクシー利用です。

    <杉原千畝記念館>カウナス城の次は住宅街にある杉原千畝記念館(もと在カウナス日本領事館)へ行きました。バスで行きにくいので、カウナス城からは、タクシー利用です。

  • 迫害を受けているユダヤ人は入国ビザの要らない南米キュラソー(オランダ領)の入国を試み、そのためシベリア鉄道経由で行ける日本の通過ビザを求め、領事館に集まりました。

    迫害を受けているユダヤ人は入国ビザの要らない南米キュラソー(オランダ領)の入国を試み、そのためシベリア鉄道経由で行ける日本の通過ビザを求め、領事館に集まりました。

  • 領事代理であった杉原千畝氏は、ビザを発給します。

    領事代理であった杉原千畝氏は、ビザを発給します。

  • 一人でも多くの命を救うために手書きのビザを書き続け、領事館が閉鎖し離任の際、駅にまで押し寄せたユダヤ人にも発給しました。<br />実際にビザを発給した際、使っていた机も置かれ自由に座ることが出来ました。<br /><br />

    一人でも多くの命を救うために手書きのビザを書き続け、領事館が閉鎖し離任の際、駅にまで押し寄せたユダヤ人にも発給しました。
    実際にビザを発給した際、使っていた机も置かれ自由に座ることが出来ました。

  • 最後はシベリア鉄道経由で神戸に着いた少女の写真です。当時北野町・山本通にユダヤ人コミュニティがあり、ユダヤ人はそこで難民として1940~1941年に一時避難生活を送り、アメリカ他へ出国したとのことです。<br />当時の日本政府は「人間平等」を唱えており、ナチスドイツからユダヤ人排斥の要求があったにもかかわらず、神戸ではユダヤ人に物資を配給し手厚く保護したようです。<br />戦後から今に至るまで、政府として杉原氏の扱いは冷たいですが、杉原氏の母校早稲田大学が没後25年になる6年前、「人間として正しい決断をした」として功績をたたえレリーフをキャンパスに設置したようなので機会があれば見に行こうと思います。

    最後はシベリア鉄道経由で神戸に着いた少女の写真です。当時北野町・山本通にユダヤ人コミュニティがあり、ユダヤ人はそこで難民として1940~1941年に一時避難生活を送り、アメリカ他へ出国したとのことです。
    当時の日本政府は「人間平等」を唱えており、ナチスドイツからユダヤ人排斥の要求があったにもかかわらず、神戸ではユダヤ人に物資を配給し手厚く保護したようです。
    戦後から今に至るまで、政府として杉原氏の扱いは冷たいですが、杉原氏の母校早稲田大学が没後25年になる6年前、「人間として正しい決断をした」として功績をたたえレリーフをキャンパスに設置したようなので機会があれば見に行こうと思います。

  • カウナス駅までは、坂道を下って徒歩で移動しました。道はGoogle Mapで確認していましたがわかりやすいです。

    カウナス駅までは、坂道を下って徒歩で移動しました。道はGoogle Mapで確認していましたがわかりやすいです。

  • ヴィリニュス行きに乗ります。キップは窓口ですぐ購入できました。6.6ユーロでした。

    ヴィリニュス行きに乗ります。キップは窓口ですぐ購入できました。6.6ユーロでした。

  • 写真の2階建て車両です。

    写真の2階建て車両です。

  • 2階に乗車しました。

    2階に乗車しました。

26いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

PROGRESさんの関連旅行記

PROGRESさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

リトアニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
リトアニア最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

リトアニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集