ヴェネト州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅行9日目、クロアチアのロヴィニからベネチア経由でパドヴァへ。<br />ベネチアのホテル代が高いため、パドヴァ1泊を決めましたが、<br />パドヴァはイタリアでは有名な聖地である事を初めて知る事に。<br />パドヴァでの一番の目的がスクロヴェー二礼拝堂見学。<br />ジョットのフレスコ画で埋め尽くされた礼拝堂内部は、<br />それはそれは素敵な空間でしたが、予習不足と15分という限られた<br />時間内では消化しきれず。もっと勉強してくれば良かったと反省。<br />スクロヴェー二礼拝堂以外にも素敵な教会が盛り沢山のパドヴァでは、<br />教会巡りの一日となりました。<br /><br /><br />6/08 関空-------パリ-------ウィーン夜着(ウィーン泊)<br />6/09 ------------ウィーン散策----------(ウィーン泊)<br />6/10 ウィーン------------ハルシュタット(ハルシュタット泊)<br />6/11 ハルシュタット----------ブレッド湖(ブレッド湖泊)<br />6/12 ブレッド湖------------リュブリャナ(リュブリャナ泊)<br />6/13 リュブリャナ-----イゾラ-----ピラン(ピラン泊)<br />6/14 ピラン-------ポレチュ-----ロヴィニ(ロヴィニ泊)<br />6/15 ロヴィニ-------バーレ-------プーラ(ロヴィニ泊)<br />6/16 ロヴィニ------ベネチア----パドヴァ(パドヴァ泊)<br />6/17 パドヴァ-----ブラーノ島---ベネチア(ベネチア泊)<br />6/18 ベネチア-----パリ------<br />6/19 -----関空朝着

アルプスからアドリア海へ、イストラ半島経由の旅【11】(聖地巡礼、教会巡りのパドヴァ編)

124いいね!

2017/06/16 - 2017/06/17

3位(同エリア552件中)

13

86

kayo

kayoさん

旅行9日目、クロアチアのロヴィニからベネチア経由でパドヴァへ。
ベネチアのホテル代が高いため、パドヴァ1泊を決めましたが、
パドヴァはイタリアでは有名な聖地である事を初めて知る事に。
パドヴァでの一番の目的がスクロヴェー二礼拝堂見学。
ジョットのフレスコ画で埋め尽くされた礼拝堂内部は、
それはそれは素敵な空間でしたが、予習不足と15分という限られた
時間内では消化しきれず。もっと勉強してくれば良かったと反省。
スクロヴェー二礼拝堂以外にも素敵な教会が盛り沢山のパドヴァでは、
教会巡りの一日となりました。


6/08 関空-------パリ-------ウィーン夜着(ウィーン泊)
6/09 ------------ウィーン散策----------(ウィーン泊)
6/10 ウィーン------------ハルシュタット(ハルシュタット泊)
6/11 ハルシュタット----------ブレッド湖(ブレッド湖泊)
6/12 ブレッド湖------------リュブリャナ(リュブリャナ泊)
6/13 リュブリャナ-----イゾラ-----ピラン(ピラン泊)
6/14 ピラン-------ポレチュ-----ロヴィニ(ロヴィニ泊)
6/15 ロヴィニ-------バーレ-------プーラ(ロヴィニ泊)
6/16 ロヴィニ------ベネチア----パドヴァ(パドヴァ泊)
6/17 パドヴァ-----ブラーノ島---ベネチア(ベネチア泊)
6/18 ベネチア-----パリ------
6/19 -----関空朝着

旅行の満足度
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ベネチアから30分ほどでパドヴァへ13:10到着!<br />この日、ベネチアでも相当暑かったけど、<br />パドヴァはまだその上をいく蒸し暑さ。最高気温31度でした。

    ベネチアから30分ほどでパドヴァへ13:10到着!
    この日、ベネチアでも相当暑かったけど、
    パドヴァはまだその上をいく蒸し暑さ。最高気温31度でした。

  • ベネチアからは西に真っすぐ。内陸なのでこんな蒸し暑いのかな~?

    ベネチアからは西に真っすぐ。内陸なのでこんな蒸し暑いのかな~?

  • 本日のお宿はパドヴァ駅と旧市街の中間辺り。<br />お宿探しの途中、駅から真っすぐに伸びたコルソ・デル・ポポロ通りで<br />すでにデコラティブな装飾を施した建物といくつも遭遇。<br />パドヴァへの期待感が高まります。<br />

    本日のお宿はパドヴァ駅と旧市街の中間辺り。
    お宿探しの途中、駅から真っすぐに伸びたコルソ・デル・ポポロ通りで
    すでにデコラティブな装飾を施した建物といくつも遭遇。
    パドヴァへの期待感が高まります。

  • 比較的大きいトリエステ通りに面しているので、<br />後は番地を追うだけですんなり見つけた今宵のお宿。<br />入口の呼び鈴を押すと「セコンド・ピア~ノ」といきなりイタリア語。<br />英語が通じるのかいきなり不安になる。<br /><br />迎えてくれたのはトランクスにガウン姿の初老のオーナー、マリオさん。<br />イタリア語交じりの英語ですが、何とか意思疎通可能なマリオさん。<br />当初お部屋はシャワー共同を予約していたのですが、<br />シャワー/トイレ付きのお部屋にアップグレード。その代わりエアコン無し。<br />↑アップグレードのレベル、低~。<br /><br />B&amp;B Casa Mario

    比較的大きいトリエステ通りに面しているので、
    後は番地を追うだけですんなり見つけた今宵のお宿。
    入口の呼び鈴を押すと「セコンド・ピア~ノ」といきなりイタリア語。
    英語が通じるのかいきなり不安になる。

    迎えてくれたのはトランクスにガウン姿の初老のオーナー、マリオさん。
    イタリア語交じりの英語ですが、何とか意思疎通可能なマリオさん。
    当初お部屋はシャワー共同を予約していたのですが、
    シャワー/トイレ付きのお部屋にアップグレード。その代わりエアコン無し。
    ↑アップグレードのレベル、低~。

    B&B Casa Mario

    B&B カーサ マリオ ホテル

    マリオさんが最高のキャラ by kayoさん
  • マリオさんは初老と言えども、そこはイタリア人でやっぱり格好良い。<br />私も興味を持った人にはとことん色々プライベートな質問を繰り返し、<br />また調子に乗って答えてくれるマリオさん。<br />この人にまた会いたくてパドヴァを再訪したいぐらい、<br />超個性的なイタリア人のオジサンでした。

    マリオさんは初老と言えども、そこはイタリア人でやっぱり格好良い。
    私も興味を持った人にはとことん色々プライベートな質問を繰り返し、
    また調子に乗って答えてくれるマリオさん。
    この人にまた会いたくてパドヴァを再訪したいぐらい、
    超個性的なイタリア人のオジサンでした。

    B&B カーサ マリオ ホテル

    マリオさんが最高のキャラ by kayoさん
  • ベランダにあったマリオさんの盆栽コレクション。<br />大阪へも盆栽を購入するために来日したとか?<br />イタリアらしくオレンジにレモン、オリーブなんての盆栽の姿も。<br /><br />ホテル代はこの旅最安値の56ユーロ。その後Booking.comより滞在完了後、<br />3000円キャッシュバックのメールも届き、かなりお得な滞在に。<br />

    ベランダにあったマリオさんの盆栽コレクション。
    大阪へも盆栽を購入するために来日したとか?
    イタリアらしくオレンジにレモン、オリーブなんての盆栽の姿も。

    ホテル代はこの旅最安値の56ユーロ。その後Booking.comより滞在完了後、
    3000円キャッシュバックのメールも届き、かなりお得な滞在に。

    B&B カーサ マリオ ホテル

    マリオさんが最高のキャラ by kayoさん
  • では早速パドヴァの散策、開始~!<br />宿からパドヴァの旧市街は歩いて5分位。<br />コルソ・ジュゼッペ・ガルバルディ通りにあったクラシックな建物。<br />Cassa di Risparmio del Veneto 今は銀行の建物でした。

    では早速パドヴァの散策、開始~!
    宿からパドヴァの旧市街は歩いて5分位。
    コルソ・ジュゼッペ・ガルバルディ通りにあったクラシックな建物。
    Cassa di Risparmio del Veneto 今は銀行の建物でした。

  • この回廊の奥にツーリストインフォがありました。<br />実は事前にネットでパドヴァ・カードを購入しており、<br />その引き換えにツーリストインフォを探していました。<br />駅のツーリストインフォは電車を降り立った時間は昼休み中で、<br />引き換えできず。

    この回廊の奥にツーリストインフォがありました。
    実は事前にネットでパドヴァ・カードを購入しており、
    その引き換えにツーリストインフォを探していました。
    駅のツーリストインフォは電車を降り立った時間は昼休み中で、
    引き換えできず。

  • これがパドヴァ・カード。<br />スクロヴェーニ礼拝堂のオンライン予約をする際にパドヴァ・カードを<br />同時に申し込むってボタンがあり、内容読んだら絶対お得!と思い、<br />ネットで購入。<br />サイトはここ→ http://www.cappelladegliscrovegni.it/index.php/en/<br />48時間16ユーロ。スクロヴェー二礼拝堂だけでも13ユーロもかかるので、<br />スクロヴェー二礼拝堂へ訪れる方へはオススメです。<br />このカード一枚あればほぼどのスポットやトラムも顔パスです。<br /><br />

    これがパドヴァ・カード。
    スクロヴェーニ礼拝堂のオンライン予約をする際にパドヴァ・カードを
    同時に申し込むってボタンがあり、内容読んだら絶対お得!と思い、
    ネットで購入。
    サイトはここ→ http://www.cappelladegliscrovegni.it/index.php/en/
    48時間16ユーロ。スクロヴェー二礼拝堂だけでも13ユーロもかかるので、
    スクロヴェー二礼拝堂へ訪れる方へはオススメです。
    このカード一枚あればほぼどのスポットやトラムも顔パスです。

  • 確かこの奥にツーリストインフォが隠れていたかと思います。記憶が曖昧。

    確かこの奥にツーリストインフォが隠れていたかと思います。記憶が曖昧。

  • るなさんのボローニャの旅行記で初めて知ったポルティコ。<br />日本語で柱廊とかアーケードの意味。パドヴァにもありました。<br />今まで短い柱廊は見た事ありますが、<br />隣の建物までずっとつながっているのは私にとればここが初めて。

    るなさんのボローニャの旅行記で初めて知ったポルティコ。
    日本語で柱廊とかアーケードの意味。パドヴァにもありました。
    今まで短い柱廊は見た事ありますが、
    隣の建物までずっとつながっているのは私にとればここが初めて。

  • 美しい建物が目白押しのパドヴァ旧市街。<br />サンマルコ(翼の生えたライオン)のレリーフはあちらこちらに残っています。

    美しい建物が目白押しのパドヴァ旧市街。
    サンマルコ(翼の生えたライオン)のレリーフはあちらこちらに残っています。

  • これは多分パドヴァ大学の建物。<br />1222年9月29日に創立されたイタリアで2番目に古い大学。<br />(最古の大学はボローニャ大学)

    これは多分パドヴァ大学の建物。
    1222年9月29日に創立されたイタリアで2番目に古い大学。
    (最古の大学はボローニャ大学)

  • ベネチアの象徴が至る所に姿を現す。<br />1405年から1797年までの間、パドヴァはベネチアの支配下に。

    ベネチアの象徴が至る所に姿を現す。
    1405年から1797年までの間、パドヴァはベネチアの支配下に。

  • パドヴァ大学の回廊と中庭。イベントの設営中でした。<br /><br />ガリレオ・ガリレイ、ダンテなどが教授を務めるなど、<br />歴史上の有名人が多くかかわっているんだとか。

    パドヴァ大学の回廊と中庭。イベントの設営中でした。

    ガリレオ・ガリレイ、ダンテなどが教授を務めるなど、
    歴史上の有名人が多くかかわっているんだとか。

  • パドヴァ大学の前には旗が立っているので市庁舎の建物かと思います。<br />

    パドヴァ大学の前には旗が立っているので市庁舎の建物かと思います。

  • ラジョーネ宮の前にあるエルベ広場へやって来ました。<br />もっとお店が出ているのかと思いきや、<br />この時間帯ははちみつ屋と洋服の露天しか残っていませんでした。

    ラジョーネ宮の前にあるエルベ広場へやって来ました。
    もっとお店が出ているのかと思いきや、
    この時間帯ははちみつ屋と洋服の露天しか残っていませんでした。

    ラジョーネ宮(サローネ) 城・宮殿

  • ラジョーネ宮は別名サローネと呼ばれているらしい。<br />パドヴァカードで入場無料になるので後から中へも入ってみます。<br />1階が肉屋やチーズ屋などのマーケットになっているため、入口探すのに難儀する。

    ラジョーネ宮は別名サローネと呼ばれているらしい。
    パドヴァカードで入場無料になるので後から中へも入ってみます。
    1階が肉屋やチーズ屋などのマーケットになっているため、入口探すのに難儀する。

    ラジョーネ宮(サローネ) 城・宮殿

  • エルベ広場から西へ歩いていくとシニョーリ広場へ。<br />今は市庁舎として使われていて、かつてのヴェネツィア共和国の総督官邸とか?<br />時計塔はヤコポ・ドンディによる天文時計なんだって。<br />

    エルベ広場から西へ歩いていくとシニョーリ広場へ。
    今は市庁舎として使われていて、かつてのヴェネツィア共和国の総督官邸とか?
    時計塔はヤコポ・ドンディによる天文時計なんだって。

  • ここにも聖マルコがいるよ。上からずっと監視されてる感じもする。

    ここにも聖マルコがいるよ。上からずっと監視されてる感じもする。

  • 旅行記作成している時点で、<br />4トラではパドヴァというスポットがないのにビックリ!<br />これだけ見所が一杯あるのに、不思議です。<br />ベネチアで山盛りいたアジア人もパドヴァでは殆ど見かけず。

    旅行記作成している時点で、
    4トラではパドヴァというスポットがないのにビックリ!
    これだけ見所が一杯あるのに、不思議です。
    ベネチアで山盛りいたアジア人もパドヴァでは殆ど見かけず。

  • シニョーリ広場に建つクレメンテ教会。広場は一大カフェ群です。

    シニョーリ広場に建つクレメンテ教会。広場は一大カフェ群です。

  • ラジョーネ宮へ戻り内部を見学。こちらもイベント設営中で奥へは入れず。<br />その分入場料は普段より安くなるのですが、<br />私の場合パドヴァカードなので無料のため、関係なし。<br />奥にある木製の馬を近くで見たかったな~。<br />日本で言う2階の大広間はフレスコ画で覆いつくされた空間でした。

    ラジョーネ宮へ戻り内部を見学。こちらもイベント設営中で奥へは入れず。
    その分入場料は普段より安くなるのですが、
    私の場合パドヴァカードなので無料のため、関係なし。
    奥にある木製の馬を近くで見たかったな~。
    日本で言う2階の大広間はフレスコ画で覆いつくされた空間でした。

    ラジョーネ宮(サローネ) 城・宮殿

  • ラジョーネ宮の廊下部分。<br />天井のアーチに植物をモチーフにしたデザインが美しい。

    イチオシ

    地図を見る

    ラジョーネ宮の廊下部分。
    天井のアーチに植物をモチーフにしたデザインが美しい。

    ラジョーネ宮(サローネ) 城・宮殿

  • どこからどう撮ったのかよく覚えていませんが、パドヴァの街、<br />歴史を感じます。イタリアって本当に懐が深いわ~。

    どこからどう撮ったのかよく覚えていませんが、パドヴァの街、
    歴史を感じます。イタリアって本当に懐が深いわ~。

  • ラジョーネ宮を見学して降りてきたら、露天は全てなくなっていた。

    ラジョーネ宮を見学して降りてきたら、露天は全てなくなっていた。

    ラジョーネ宮(サローネ) 城・宮殿

  • 2匹のライオンをたずさえ、剣を持った女性像が。<br />左のライオンの顔がちょっと間抜けな所が可愛い。

    2匹のライオンをたずさえ、剣を持った女性像が。
    左のライオンの顔がちょっと間抜けな所が可愛い。

  • パドヴァの旧市街、大人の雰囲気。イタリア、やっぱり大好きだわ~!

    イチオシ

    パドヴァの旧市街、大人の雰囲気。イタリア、やっぱり大好きだわ~!

  • 次にやって来たのはドォーモにある洗礼堂。<br />13世紀に建てられたロマネスク様式の建物ですが、<br />何を間違えたのは外観の写真は超ピンボケで省くことに。<br />ここもパドヴァカードで顔パス!

    イチオシ

    次にやって来たのはドォーモにある洗礼堂。
    13世紀に建てられたロマネスク様式の建物ですが、
    何を間違えたのは外観の写真は超ピンボケで省くことに。
    ここもパドヴァカードで顔パス!

  • 四角形の建物の天井部分はドーム型のクーポラ。<br />内部はキリストを中心に聖人オンパレード。

    四角形の建物の天井部分はドーム型のクーポラ。
    内部はキリストを中心に聖人オンパレード。

  • 本日17時に予約したスクロヴェー二礼拝堂のフレスコ画家ジョットの<br />影響を受けたメナブオイの作品だとか。<br />この教会だけでもかなりインパクト、強烈!

    本日17時に予約したスクロヴェー二礼拝堂のフレスコ画家ジョットの
    影響を受けたメナブオイの作品だとか。
    この教会だけでもかなりインパクト、強烈!

  • スクロヴェー二礼拝堂は1時間前に、<br />予約をチケットに変えなければならないシステム。<br />17時の予約なので16時には着いていなければいけないのですが、<br />この時点ですでに時間が過ぎている(汗)<br />イタリアだからその辺は何とかなるっと思って自分もルーズに。

    スクロヴェー二礼拝堂は1時間前に、
    予約をチケットに変えなければならないシステム。
    17時の予約なので16時には着いていなければいけないのですが、
    この時点ですでに時間が過ぎている(汗)
    イタリアだからその辺は何とかなるっと思って自分もルーズに。

  • 入口は宿のマリオさんから教えていただき、すんなり発見。<br />入口は広大な敷地の南側です。<br />50分前でしたが予約した印刷を提示したら、チケットに引換。<br />17時までは併設の市立博物館を見学できます。

    入口は宿のマリオさんから教えていただき、すんなり発見。
    入口は広大な敷地の南側です。
    50分前でしたが予約した印刷を提示したら、チケットに引換。
    17時までは併設の市立博物館を見学できます。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 博物館の建物も結構広く、<br />1階に2階とゆっくり見ていたら時間が足らないかも?<br />入場の際、貴重品を除く荷物はクロークルームに預けなければいけません。<br />透明のビニール袋を頂けるので、貴重品はこちらへ。

    博物館の建物も結構広く、
    1階に2階とゆっくり見ていたら時間が足らないかも?
    入場の際、貴重品を除く荷物はクロークルームに預けなければいけません。
    透明のビニール袋を頂けるので、貴重品はこちらへ。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 予習し忘れた人用にマルチメディアセンターがあり、<br />ビデオを見ながら今から訪れる礼拝堂のフレスコ画の意味まで<br />教えてくれて親切丁寧な教会です。

    予習し忘れた人用にマルチメディアセンターがあり、
    ビデオを見ながら今から訪れる礼拝堂のフレスコ画の意味まで
    教えてくれて親切丁寧な教会です。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • この礼拝堂の建物前に5分前にやって来ました。<br />完全入替制で前のグループが出るまで、入れません。<br />私が参加した17時のグループは総勢15名ほどでした。<br />思っていたより少な目。この時期は夜の見学も可能です。

    この礼拝堂の建物前に5分前にやって来ました。
    完全入替制で前のグループが出るまで、入れません。
    私が参加した17時のグループは総勢15名ほどでした。
    思っていたより少な目。この時期は夜の見学も可能です。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 入った瞬間、皆さん一斉に撮影タイムに入ります。<br />礼拝堂自体もっと小さなものを想像していたので、ビックリです。<br />1305年に完成したジョット・ディ・ボンドーネ(通称ジョット)が描いた、<br />西洋美術史上もっとも重要な作品である一連のフレスコ絵画で<br />礼拝堂内は埋め尽くされています。<br />

    入った瞬間、皆さん一斉に撮影タイムに入ります。
    礼拝堂自体もっと小さなものを想像していたので、ビックリです。
    1305年に完成したジョット・ディ・ボンドーネ(通称ジョット)が描いた、
    西洋美術史上もっとも重要な作品である一連のフレスコ絵画で
    礼拝堂内は埋め尽くされています。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 入口扉の上部には「最後の審判」が描かれています。<br /><br />元々はパドヴァの高利貸しエンリコ・スクロヴェーニの一家の住居、<br />そしてそこに礼拝堂を建築したのが始まり。<br />高利貸しという当時は嫌われていた商売であったため、<br />罪悪感と自らのお浄めのために建てられたとか。

    入口扉の上部には「最後の審判」が描かれています。

    元々はパドヴァの高利貸しエンリコ・スクロヴェーニの一家の住居、
    そしてそこに礼拝堂を建築したのが始まり。
    高利貸しという当時は嫌われていた商売であったため、
    罪悪感と自らのお浄めのために建てられたとか。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 上の写真の下の中央左寄りには、<br />マリアに祈りを捧げる高利貸しのエンリコ・スクロヴェーニの肖像画も。<br />下から見上げる写真ばかりだったので、アップの写真はwikiから拝借。<br />スクロヴェー二がジョットに「自分の肖像画も書いてよ~」て頼んだのかな?

    上の写真の下の中央左寄りには、
    マリアに祈りを捧げる高利貸しのエンリコ・スクロヴェーニの肖像画も。
    下から見上げる写真ばかりだったので、アップの写真はwikiから拝借。
    スクロヴェー二がジョットに「自分の肖像画も書いてよ~」て頼んだのかな?

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 以前ネットで見た青い礼拝堂の写真が強烈に印象に残っており、<br />今回パドヴァ訪問を決行!実物を見れて感激です。<br />この当時は青色にラピスラズリが使用されており、<br />金と同様に大変高価だったらしいです。<br /><br />右下に描かれている地獄の絵、嘘をついたら地獄へ落ちるよ~っと子供の頃、<br />教えられた覚えがあります。

    以前ネットで見た青い礼拝堂の写真が強烈に印象に残っており、
    今回パドヴァ訪問を決行!実物を見れて感激です。
    この当時は青色にラピスラズリが使用されており、
    金と同様に大変高価だったらしいです。

    右下に描かれている地獄の絵、嘘をついたら地獄へ落ちるよ~っと子供の頃、
    教えられた覚えがあります。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 私が印象に残った絵画をwikiから拝借します。<br />写真左上「ユダの接吻」左中央「弟子の足を洗うキリスト」<br />左下は「エジプトへの逃避」<br /><br />右上は「アンナ(マリアのお母さん)への受胎告知」<br />右中央は「カナの婚礼」右下は「最後の晩餐」

    私が印象に残った絵画をwikiから拝借します。
    写真左上「ユダの接吻」左中央「弟子の足を洗うキリスト」
    左下は「エジプトへの逃避」

    右上は「アンナ(マリアのお母さん)への受胎告知」
    右中央は「カナの婚礼」右下は「最後の晩餐」

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • スクロヴェーニ礼拝堂のフレスコ画に描かれているのは<br />「キリストの生涯」と「聖母マリアの生涯」<br />こちら側のアーチ部分には「受胎告知」の場面が描かれています。

    スクロヴェーニ礼拝堂のフレスコ画に描かれているのは
    「キリストの生涯」と「聖母マリアの生涯」
    こちら側のアーチ部分には「受胎告知」の場面が描かれています。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 上部には神様が天使ガブリエルを呼んで、<br />処女マリアに受胎告知をするように命令している場面です。<br />その下左側が天使ガブリエル、右側が処女マリア。

    上部には神様が天使ガブリエルを呼んで、
    処女マリアに受胎告知をするように命令している場面です。
    その下左側が天使ガブリエル、右側が処女マリア。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 聖書を読んだ事がないため、一つ一つの絵の意味があまり理解できず、<br />もっと勉強してから来たら良かったと反省。<br />

    聖書を読んだ事がないため、一つ一つの絵の意味があまり理解できず、
    もっと勉強してから来たら良かったと反省。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 見学時間は15分、あっという間に終了です。<br />こういう空間に入ってしまうと、何から見ていいのか混乱してしまい、<br />やはり予習が必須と思いました。

    見学時間は15分、あっという間に終了です。
    こういう空間に入ってしまうと、何から見ていいのか混乱してしまい、
    やはり予習が必須と思いました。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 古代ローマの円形劇場の残るアレーナ市民公園にある<br />スクロヴェーニ礼拝堂は「アレーナ礼拝堂」とも呼ばれているんだって。

    古代ローマの円形劇場の残るアレーナ市民公園にある
    スクロヴェーニ礼拝堂は「アレーナ礼拝堂」とも呼ばれているんだって。

    スクロヴェーニ礼拝堂 寺院・教会

  • 敷地の外から見るひっそり佇むスクロヴェーニ礼拝堂。<br />あの壁の裏側には「最後の審判」の美しいフレスコ画があるなんて、<br />外観からは想像できませんよね。

    敷地の外から見るひっそり佇むスクロヴェーニ礼拝堂。
    あの壁の裏側には「最後の審判」の美しいフレスコ画があるなんて、
    外観からは想像できませんよね。

  • スクロヴェーニ礼拝堂の南側にあるエレミターニ教会へやって来ました。<br />ロマネスク・ゴシック様式の1306年に建てられた教会です。

    スクロヴェーニ礼拝堂の南側にあるエレミターニ教会へやって来ました。
    ロマネスク・ゴシック様式の1306年に建てられた教会です。

  • 入って驚いたのは木製の天井。内部は大きな1身廊の教会です。

    入って驚いたのは木製の天井。内部は大きな1身廊の教会です。

  • パドヴァはフレスコ画の宝庫ですね。<br />この教会でも14世紀のフレスコ画が残っています。でもって入場無料!

    パドヴァはフレスコ画の宝庫ですね。
    この教会でも14世紀のフレスコ画が残っています。でもって入場無料!

  • 夕方18時過ぎ、有名カフェ、ペドロッキの前。<br />イタリアでハッピーアワーがあるのか入ってみるが、無かった。

    夕方18時過ぎ、有名カフェ、ペドロッキの前。
    イタリアでハッピーアワーがあるのか入ってみるが、無かった。

    カフェ ペドロッキ カフェ

  • とりあえずビール。もっとオシャレな飲み物、注文しても良いのにね。<br />おつまみが付いてくるのか期待したけど、ビールだけ。<br />有名店だけあってビール1杯5ユーロと高い!<br />店内はウィーンのカフェのようなクラシックな装い、中で飲めば良かった。<br />

    とりあえずビール。もっとオシャレな飲み物、注文しても良いのにね。
    おつまみが付いてくるのか期待したけど、ビールだけ。
    有名店だけあってビール1杯5ユーロと高い!
    店内はウィーンのカフェのようなクラシックな装い、中で飲めば良かった。

    カフェ ペドロッキ カフェ

  • カフェ・ペドロッキからはパドヴァの南側の見所へ。<br />ポルティコが中世風だな~って思っていたら、こんな入口と遭遇。<br />何の建物だったんか?

    カフェ・ペドロッキからはパドヴァの南側の見所へ。
    ポルティコが中世風だな~って思っていたら、こんな入口と遭遇。
    何の建物だったんか?

  • 綺麗な建物だな~と思って見ていると、ここ実は<br />イタリア文学最大の詩人、ルネッサンスを生んだダンテが、<br />フィレンツェを追われパドヴァ領主のカッラレージ家によって<br />保護されてた住居なんだとか。

    綺麗な建物だな~と思って見ていると、ここ実は
    イタリア文学最大の詩人、ルネッサンスを生んだダンテが、
    フィレンツェを追われパドヴァ領主のカッラレージ家によって
    保護されてた住居なんだとか。

  • ベネチア風の素敵な建物が続くエリアです。

    ベネチア風の素敵な建物が続くエリアです。

  • 路地裏の風景。観光地というより、生活の場ってな感じです。

    路地裏の風景。観光地というより、生活の場ってな感じです。

  • 今歩いているのはサン・フランチェスコ通り。ポルティコがず~と続いています。

    今歩いているのはサン・フランチェスコ通り。ポルティコがず~と続いています。

  • ポルティコが続く路地裏。カラフルなイタリアの街も目に惹かれますが、<br />こういう落ち着いた石畳の町並みもいいですよね。

    ポルティコが続く路地裏。カラフルなイタリアの街も目に惹かれますが、
    こういう落ち着いた石畳の町並みもいいですよね。

  • パドヴァの街歩きは、先の見えないポルティコ歩きが面白い!<br />トンネル、アーチ好きの私のツボにはまる。

    パドヴァの街歩きは、先の見えないポルティコ歩きが面白い!
    トンネル、アーチ好きの私のツボにはまる。

  • フランチェスコ通りから、ここで方向転換。ガリレオ・ガリレイ通りへ。<br />イタリアの各地でこの通り名を何度も目にして来た。<br />イタリアの天文学の父、物理学者でパドヴァ大学教授のガリレオ。<br />

    フランチェスコ通りから、ここで方向転換。ガリレオ・ガリレイ通りへ。
    イタリアの各地でこの通り名を何度も目にして来た。
    イタリアの天文学の父、物理学者でパドヴァ大学教授のガリレオ。

  • この通りにはガリレオの家まであります。<br />

    この通りにはガリレオの家まであります。

  • パドヴァの見所サンタントニオ教会へ向かう途中の路地裏。<br />人とも殆どすれ違わず、時折車が通過するぐらいの静かな町並みです。

    パドヴァの見所サンタントニオ教会へ向かう途中の路地裏。
    人とも殆どすれ違わず、時折車が通過するぐらいの静かな町並みです。

  • そして大きな建物が目の前に現れました。<br />パドヴァの聖地サンタントニオ聖堂。イタリアで最も有名な聖地だとか。

    そして大きな建物が目の前に現れました。
    パドヴァの聖地サンタントニオ聖堂。イタリアで最も有名な聖地だとか。

    聖アントニオ寺院 (バジリカ デル サント) 寺院・教会

  • 正面から見るとこんな感じ。ちょっとイスラム風にも見える。<br />13~14世紀にかけて建てられたロマネスク、ゴシック、<br />ビザンティンの3つの様式が調和した巨大な聖堂です。

    正面から見るとこんな感じ。ちょっとイスラム風にも見える。
    13~14世紀にかけて建てられたロマネスク、ゴシック、
    ビザンティンの3つの様式が調和した巨大な聖堂です。

    聖アントニオ寺院 (バジリカ デル サント) 寺院・教会

  • 聖堂の前にはガッタメラータ騎馬像。<br />ルネサンス初期のイタリア人芸術家ドナテッロの作品。

    聖堂の前にはガッタメラータ騎馬像。
    ルネサンス初期のイタリア人芸術家ドナテッロの作品。

    聖アントニオ寺院 (バジリカ デル サント) 寺院・教会

  • 回廊の写真しか残っていないので、中は撮影禁止だったのかも?<br />もうすでに記憶が曖昧で、<br />写真が残っていないから内部の様子もあまり思い出せず。<br />熱心な信者さんがお祈りされていたのを覚えています。

    回廊の写真しか残っていないので、中は撮影禁止だったのかも?
    もうすでに記憶が曖昧で、
    写真が残っていないから内部の様子もあまり思い出せず。
    熱心な信者さんがお祈りされていたのを覚えています。

    聖アントニオ寺院 (バジリカ デル サント) 寺院・教会

  • 聖地ならではの出店が聖堂前には何軒もありました。<br />キャンドルやロザリオなんかはいかにも聖地ですね~。

    聖地ならではの出店が聖堂前には何軒もありました。
    キャンドルやロザリオなんかはいかにも聖地ですね~。

    聖アントニオ寺院 (バジリカ デル サント) 寺院・教会

  • 聖堂近くにあった街灯の台座には恐竜orドラゴンみたいな彫刻が。<br />ヨーロッパではよく目にする神話や伝説に登場するドラゴン?

    聖堂近くにあった街灯の台座には恐竜orドラゴンみたいな彫刻が。
    ヨーロッパではよく目にする神話や伝説に登場するドラゴン?

  • 川を越えてさらにパドヴァの街の南側へと歩いています。

    川を越えてさらにパドヴァの街の南側へと歩いています。

  • ちょっと変わった壁画のある建物。<br />バルコニーを支えている部分がギザギザしている。

    ちょっと変わった壁画のある建物。
    バルコニーを支えている部分がギザギザしている。

  • 先ほどのサンタントニオ聖堂の前の道にはトラムの姿が。<br />帰りはあれに乗って帰ろうっと。パドヴァカードで無料だしね。

    イチオシ

    先ほどのサンタントニオ聖堂の前の道にはトラムの姿が。
    帰りはあれに乗って帰ろうっと。パドヴァカードで無料だしね。

  • 本日の終点、プラート・デッラ・ヴァッレ。<br />古代にはローマ劇場のあった場所に18世紀に造られた楕円形の公園。<br />

    本日の終点、プラート・デッラ・ヴァッレ。
    古代にはローマ劇場のあった場所に18世紀に造られた楕円形の公園。

  • 水路の内側・外側に並ぶ78の彫像は、パドヴァにゆかりのある人物像だとか。<br />かなり広大な公園で一周するつもりもなく、<br />この広場前からトラムに乗って街の中心街へと。

    水路の内側・外側に並ぶ78の彫像は、パドヴァにゆかりのある人物像だとか。
    かなり広大な公園で一周するつもりもなく、
    この広場前からトラムに乗って街の中心街へと。

  • ここまで歩いて来た道のり(順不同)思っていた以上に大きいパドヴァでした。

    ここまで歩いて来た道のり(順不同)思っていた以上に大きいパドヴァでした。

  • 適当な所でトラムを降り、ラジョーネ宮のあるエルベ広場へ。

    適当な所でトラムを降り、ラジョーネ宮のあるエルベ広場へ。

  • エルベ広場の一軒のレストランへ入ってみる。<br />しっかりした食事はしたくなかったので、<br />生ハムとチーズの盛り合わせをアテにワインで晩酌。<br />2人前ではないかと思うほどの量が出て来たけど、全部完食!

    エルベ広場の一軒のレストランへ入ってみる。
    しっかりした食事はしたくなかったので、
    生ハムとチーズの盛り合わせをアテにワインで晩酌。
    2人前ではないかと思うほどの量が出て来たけど、全部完食!

  • イタリアのエスプレッソ、生ハムと違って量が少ない。<br />晩ごはんはワイン2杯入れて全部で21.5ユーロ。

    イタリアのエスプレッソ、生ハムと違って量が少ない。
    晩ごはんはワイン2杯入れて全部で21.5ユーロ。

  • ラジョーネ宮がライトアップされ始めて美しかった~。

    ラジョーネ宮がライトアップされ始めて美しかった~。

    ラジョーネ宮(サローネ) 城・宮殿

  • トンネル内ではストリート・ミュージシャンの歌声がエコーしていました。

    トンネル内ではストリート・ミュージシャンの歌声がエコーしていました。

  • 昼間より夜の方が人出があります。<br />この日のパドヴァはこの旅で一番の暑さで最高気温31度。<br />でも旅行記を書いている8月のパドヴァの最高気温は、何と39℃(@_@)

    昼間より夜の方が人出があります。
    この日のパドヴァはこの旅で一番の暑さで最高気温31度。
    でも旅行記を書いている8月のパドヴァの最高気温は、何と39℃(@_@)

  • 夜のポルティコ

    夜のポルティコ

  • この辺はイタリアのよくあるオシャレなブティック街だったかと?<br />イタリアって地方都市でもこういうハイブランドのお店が立ち並ぶ通りがあり、<br />以前から採算あうのか不思議に思ってた。<br />オシャレに関してはイタリア人の美意識、高過ぎ~!

    この辺はイタリアのよくあるオシャレなブティック街だったかと?
    イタリアって地方都市でもこういうハイブランドのお店が立ち並ぶ通りがあり、
    以前から採算あうのか不思議に思ってた。
    オシャレに関してはイタリア人の美意識、高過ぎ~!

  • ホテルへトボトボ帰ります。

    ホテルへトボトボ帰ります。

  • ホテルへ帰ってくるなり、暑~い。<br />エアコンがないので床に置いてあった扇風機をベッドサイドに置いて、<br />強風で涼みます。人より暑がりな私なので、一晩中扇風機を回したままで、<br />眠りにつきました。<br /><br />旅行9日目終了。

    ホテルへ帰ってくるなり、暑~い。
    エアコンがないので床に置いてあった扇風機をベッドサイドに置いて、
    強風で涼みます。人より暑がりな私なので、一晩中扇風機を回したままで、
    眠りにつきました。

    旅行9日目終了。

    B&B カーサ マリオ ホテル

    マリオさんが最高のキャラ by kayoさん
  • 旅行10日目スタート!<br />朝食後、マリオさんとはお別れしてパドヴァ駅へ歩いて向かう。<br />

    旅行10日目スタート!
    朝食後、マリオさんとはお別れしてパドヴァ駅へ歩いて向かう。

  • パドヴァとベネチア、たった30分の道のりですが電車が遅れている所が、<br />イタリア~。この掲示板、遅れの時間が5分になったり10分になったりと、<br />コロコロ変わり、かなりアバウト。この辺もイタリアらしい。<br /><br />ベネチア、ブラーノ島編へと続く。

    パドヴァとベネチア、たった30分の道のりですが電車が遅れている所が、
    イタリア~。この掲示板、遅れの時間が5分になったり10分になったりと、
    コロコロ変わり、かなりアバウト。この辺もイタリアらしい。

    ベネチア、ブラーノ島編へと続く。

124いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (13)

開く

閉じる

  • cookieさん 2017/11/28 21:17:46
    でしょう? パドヴァがなくて マイナーな町が、ある不思議の国のトラ4
    kayoさん

    こんにちわー 不思議な事ですよね 
    パドヴァないなんて。。
    イタリア人の観光客が 多いというのに わたしが 行った時は イタリア連休で ホテル移動しなきゃならなくなったぐらいなのに。
    あとね 友達曰く なんか ベニスで 催し事が あると パドヴァ、ボロニャーまで ホテルが 混むらしいです。
    わたしの時は ただ単に 連休だったのに どこも 満室。

    あの帽子かぶった カップルのグラフィックみなかったけど 大概 ほぼとってたんだけど。 ここ パドヴァのグラフィックって かわいいかっこいいのが 多いですよね。
    ベニスとか 最低だったもの 汚くみえるだけの落書きで。。

    それでは お互い 良い旅をしましょう!
    また遊びにきまーーす
    (多分 当分 旅行お預けだと思うので)
    cookie

    kayo

    kayoさん からの返信 2017/11/28 23:19:23
    Re: でしょう? パドヴァがなくて マイナーな町が、ある不思議の国のトラ4
    cookieさん、こんばんは~☆

    ご無沙汰しております。
    cookieさんの旅行記を拝見して、
    旅行がキャンセルになったという記述を読み、
    心配しておりました。
    ご病気などでなければいいのですが。

    パドヴァって私からすると大きな町なのに、
    4トラにないのにはビックリしました。
    どういう基準でスポットを考えておられるのか、意味不明?

    2泊されたのも、
    スクロヴェー二礼拝堂の詳しい説明も、
    cookieさんの旅行記はよく覚えています。
    ベネチアのホテル数は限りがあるので、
    近郊の街がとばっちり(恩恵?)を受けるんでしょうね。

    おしゃれな壁画などを見つけたら、お宝GET!ってな気分に。
    特に調べて行っているわけでもなく、偶然出くわした時は
    やっぱり嬉しくなりますよね。
    先週アテネから帰国しましたが、アテネも落書きだらけ。
    やばいエリアに紛れ込んだのかも?っと不安になりました。

    cookieさんの旅行復活を願ってますね。
    私も家庭の事情が不安定なので、いつどうなるのか先が読めず、
    次の旅は多分まだまだ先になりそうです。
    コメント、ありがとうございます!

    kayo

  • salsaladyさん 2017/08/19 10:33:03
    “セコンド ピアーノ”って「ちょっと待って!」でしょう?
    ☆イタリア語は挨拶や驚きの表現は発音が楽?でとっつき易いのですが。。。なんせ速い!

    『コンテパルティロ』を唄いたくても、最初のフレーズで早口言葉みたいになって断念(泣)

    ヴェネティアよりも断然「パドバ」が良いですね。建物もイタリー系、スペイン系、ポルトガル系がミックスしてるようで〜(違ってる?)

    パドヴァでファドを聴きながら、アルハンブラのギター曲を奏でる〜って天国へ行ったらやってみたい〜see you〜

  • durianさん 2017/08/18 21:41:59
    パドヴァ素敵な所
    kayoさん

    こんばんは〜いやぁ、、、毎日湿っぽい天気で頭痛がしますね

    ヴェネチアから1時間もかからない所にこんな素敵な所があったんで
    すね。あのカビ臭く、観光客たらけ、すべてが高いベネチアも良いの
    ですがパドヴァの街の方が何十倍も見所有りですね。私はなかなか
    ヨーロッパに足が向かないけどイタリアにはNYからの友達がいるから
    また行ってみたい所です。昔、バックパックかついでいた時に
    イタリアから船に乗ってYWCAに泊った覚えが有ります。
    誰でも知っているガリレオ・ガリレイの街でもあるんですね。

    durian



    kayo

    kayoさん からの返信 2017/08/18 23:47:46
    RE: パドヴァ素敵な所
    durianさん、今晩は〜☆

    一時涼しくなったかと思えば、またまた酷暑のぶり返し。
    関東は雨が多いとニュースで聞いていましたが、
    今朝の大阪もゲリラ豪雨で目が覚めました。まるで熱帯のスコールです。

    ヴェネチアの方が見所はワンサカあるかと思いますが、
    昔に一通り見学した記憶があるので、あえて今回はヴェネチアを素通り。
    翌日に舞い戻りましたが、復習程度に数時間サラッと見ただけです。
    今の私にはノスタルジーより行った事のない街をさまよう方が面白く、
    まだまだ冒険心旺盛です。

    イタリアはパドヴァのような中堅都市でも見所が多く、
    本当に観光資源が豊富だな〜って思いました。
    殆どの人が素通りするパドヴァでさえもこれだけ盛り沢山。
    パドヴァからしたらお隣のヴェネチアは観光客山盛りなのに、
    なんでパドヴァには寄ってくれないのかな〜って声がしてそうです。

    今のヨーロッパ、有名観光地はどこも人でウンザリ。
    特にアジア人団体はやめてくれ〜って。
    ヴェネチアやテロのあったバルセロナ、
    住民が観光客の抑制運動を繰り広げてるとか?
    でもこれって何となく分かるような。京都が今や外人ばっかりの街に。
    観光収入は欲しいけど、住民の平穏が保たれないのって、
    やっぱり矛盾しているような。

    暫くは秘境狙いもいいかなって思い始めています。

    kayo

  • ドロミティさん 2017/08/18 02:08:15
    パドヴァに憧れています!
    kayoさん、こんばんは^^

    マリオおじさんの写真がなくて残念で〜す!
    今回の旅はロヴィニのイケメン君といい、ホテルには当たった?(^_-)-☆

    パドヴァではがっつり教会巡りされたんですね^^
    スクロヴェーニ礼拝堂はこの目で見たい!と切に願っている所です^^
    ベネチアから30分でパドヴァへ行かれるとは、とても嬉しい情報ありがとう
    ございます。

    ドォーモの洗礼堂のフレスコ画にもびっくり@@!
    スクロヴェーニ礼拝堂のジョットのフレスコ画とこの目で見比べてみたいと
    思いました。

    そして、影絵のようなシルエットと猫ちゃんのいたずら書き?
    この絵もとってもお洒落〜〜〜♪♪

    明かりの灯ったラジョーネの舘もとても素敵だし、大理石の床のポルティコ
    も歩いて見たくなりました。

    ではでは〜おやすみなさい☆ ドロミティ



    kayo

    kayoさん からの返信 2017/08/18 10:14:40
    RE: パドヴァに憧れています!
    ドロミティさん、おはよう!

    今朝起きたらバルセロナで血生臭いテロがあったと知ってビックリ!
    昨年ランブラス通りをブラブラしていた自分たち、
    こういう事件があったからって旅行を自粛するわけでもないんですが、
    本当にひどい話ですよね。

    私、人の写真を撮るのが苦手で、多分
    「撮ってもいい?」って聞くのが苦手なんです。
    写真撮った所で無断でブログに載せるのも失礼だと思うと、
    始めっから撮らない方が良いかなって。
    イケメン君とマリオさんは想像にお任せ〜!

    パドヴァはベネチアのホテルの半額以下なんで、
    パドヴァに泊まってベネチアへ日帰りってのもありです。
    電車も頻繁に出ていてあっという間の距離。

    先日北イタリアのオーストリア近くの「イタリアの美しい村」に
    登録されている村を見つけてしまい、
    行きたい所がまた増えてしまいました。イタリアは見所、多すぎ!

    スクロヴェー二礼拝堂は私も念願だったので、
    パドヴァに来てここは絶対に外せないところですよね。
    ジョットの絵は人々の感情が優しいタッチで表現されていて、
    歴史絵巻のようにキリストとマリアの生涯が描かれているのですが、
    何故かホンワカ気分に。

    あの猫ちゃんが見上げている壁画、
    他の方の旅行記で違うバージョンを発見されていることから、
    パドヴァの街の色んな所で描かれているのかと思います。

    大阪はまた暑さが戻ってきて残暑も厳しいですが、
    もう少し引きこもって最後まで旅行記のアップ目指して頑張ります!

    kayo



  • ネコパンチさん 2017/08/17 10:36:35
    イタリアの街並み
    kayoさんこんにちは!

    旅の模様も、旅行記のUPも快調ですね♪
    もうすぐ終わりかと思うと、勝手な言い分ですが
    読者としては淋しくなってしまいます(笑)

    ロヴィニやプーラなどイストラ半島の小さな街も
    素朴で味わいがありましたが、
    イタリアの街並みはさすがに洗練されていますね〜!
    パドヴァは他の旅行記で名前を知りましたが
    ヴェネツィアから近いのにずいぶんと物価が下がるのですね。
    長い回廊(ポルティコと言うのですね)や緩やかにカーブした路地は
    被写体の宝庫で撮影も楽しめそうです♪
    教会などを見学するたび、予備知識があればもっと楽しめたのに〜と
    反省するのは私も一緒です。
    でも旅から帰ると忘れちゃうんですよね。
    そして次の旅に出て思い出すという…その繰り返しです^^;

    壁に書かれたカップルとネコの絵、ああいうの見つけると嬉しいですよね。
    イチオシにされていた聖堂とトラムの写真、素敵でした。

    ユーロになってからはご無沙汰しているイタリアですが、
    kayoさんの旅行記で俄然パドヴァに行きたくなりました。
    次のヴェネツィア編も楽しみです。

    ではまた。

    ネコパンチ

    kayo

    kayoさん からの返信 2017/08/17 21:09:17
    RE: イタリアの街並み
    ネコパンチさん、こんばんは☆

    毎回ご覧いただいてありがとうございます!
    残すところあと2編で終了です。記憶力が悪く早くアップしないと、
    すでに旅行後半戦は写真と歩いた道のりで必死に思い出している始末です。

    イストラ半島にパドヴァ、昔は同じベネチア共和国の支配下にありましたが、
    やはり国が違えば雰囲気も変わり、イストラ半島の街に比べれば、
    パドヴァは立派な地方都市で成熟した大人の街と言った感じでした。
    この旅、色々周ってきましたがパドヴァ的なポルティコのある街は初めてで、
    これもまた変化があって面白かったです。
    物価はベネチアが高過ぎるんですよね、何もかも。

    事前の予習、教会はもっと知識があったら違う見方も出来るのに、
    私も現地では反省しても、また同じことを繰り返すタイプです。
    あまり沢山の教会を一度で見てしまえば、
    帰国後どの教会がどの写真かも分からなくなって地図で探し当てる羽目に。
    見学したいスポットを絞って行くのがいいのですが、
    タダで入れる所はついでに入っちゃうという強欲が、
    いつも裏目に出てしまいます。

    ユーロになってからってかなりご無沙汰ですよね。
    私が初めて行った13年前はすでにユーロだったかと思いますもん。
    有名観光地、今はどこも人でごった返していますが、
    パドヴァのような地方都市は観光客も少なく、
    昔から変わらない本来のイタリアの街といった感じでした。

    kayo



  • バモスさん 2017/08/16 12:18:16
    パドヴァ
    kayoさんへ

    こんにちは
    kayoさんの言われるとうり、4トラにはパドヴァのスポットありませんね??
    パドヴァに訪れて、聖アントニオ寺院やスクロヴェー二礼拝堂へも行きました。
    記憶をたどり、懐かしくも拝見しました。
    当時はガイドブック代わりにユースホステルガイドを持ってイタリア国鉄パス
    で旅してました。
    "ユースがある街だから何かあるだろう"って感じで、ラヴェンナやキラリ☆
    と光る街に出会いました。

    弾丸(首都だけ巡り)ではない、kayoさんみたいな、きめ細かな旅が私の理想です。

    バモス

    kayo

    kayoさん からの返信 2017/08/16 21:59:15
    RE: パドヴァ
    バモスさん、こんばんは〜☆

    凄くマイナーなイタリアの街までスポットにあるのに、
    パドヴァがないのにはちょっとビックリ(@_@)

    バモスさんもすでにこの辺りは訪れていらっしゃったんですね。
    私はラヴェンナへは行った事がないのですが、
    イタリアは大好きな国の一つなので今後も何度も再訪するつもりです。

    昔はユースだったんですよね〜。若い時は欧州派ではなく、
    アジア・北米派だったのであまりユースは利用しなかったんですが、
    当時YMCAやYWCAなんかによく泊まっていました。まだあるのかな?

    飛行機が嫌いなのと会社の休みが取りやすいので、
    欧州は最低10日は滞在します。飛行機代も馬鹿にならないしね。
    基本は貧乏性なんです。

    kayo
  • カッツェさん 2017/08/16 11:55:55
    いいですね〜パドヴァ
    kayoさん、こんにちは。
    パドヴァは結構、昔から目をつけていた場所なんです(もちろん、まだ行ってません)。知名度が低くて残念ですが、とても素敵なので知られたくないかも・・・(笑)。昔、ツアーでイタリア周遊した時は、パドヴァのホテルにだけ1泊して、観光なし、即、ヴェネツィアに向かったので、もったいないなあ〜と思ってました。
    旅行記、どの写真も素敵ですね。今度は、フリーでイタリアに行った時にぜひ訪れたいです。
    今回のkayoさんの旅程は、私の理想かも・・・。いつか、トライしてみたいです。

    カッツェ

    kayo

    kayoさん からの返信 2017/08/16 21:41:52
    RE: いいですね〜パドヴァ
    カッツェさん、こんばんは〜☆

    パドヴァって知名度低くてビックリしました。
    私も実は青い聖堂があるぐらいしか知らず、調べてみればパドヴァでした。
    この辺はまずイタリア旅のリピーターが訪れる所だと思いました。
    イタリアは観光資源が多いですからね。

    ツアーでパドヴァ泊なのに観光がないのはもったいないですよね。
    私の場合はベネチアのホテル代が高いな〜っと思い、目に付いたのがパドヴァ。
    見所も沢山あり、観光客の少ないイタリアの地方都市の雰囲気も良かったです。

    コメント、ありがとうございます!

    kayo

kayoさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集