飯田旅行記(ブログ) 一覧に戻る
南アルプスは、長野・山梨・静岡の3県にまたがり、南北120kmの間に3,000m級の峰が9座も連なる日本一の山脈です。遠山郷には日本百名山の聖岳(3,013m)と光岳(2,591m)の登山道があり、多くの登山客が訪れます。また、遠山谷は、日本最大の断層である日本構造線を遠山川が削って形づくった谷で、新緑や紅葉が鮮やかな落葉広葉樹の森や整然とした遠山杉の美林など、日本を代表する鮮やかな自然に出会えます。<br /><br />南アルプスから伸びる尾根に拓かれた高原の地、標高800~1,100m、最大傾斜38度の急斜面に「日本のチロル」・「天空の里」と表現される下栗の里があります。2009年に「日本の里100選」にも選ばれた、日本の原風景を今に残し、神の恵みを受け続ける里です。また、下栗の里のビューポイントへの拠点「はんば亭」では、二度芋やコンニャクの田楽、急斜面の畑で栽培されたそばなど、下栗ならではの食材を地元女性の手料理で楽しめます。

南信濃遠山郷の紅葉・・しらびそ高原と下栗の里(天空の里)をめぐります。

13いいね!

2016/11/02 - 2016/11/02

135位(同エリア309件中)

旅行記グループ 新潟長野紅葉の旅

0

49

YAMAJI

YAMAJIさん

南アルプスは、長野・山梨・静岡の3県にまたがり、南北120kmの間に3,000m級の峰が9座も連なる日本一の山脈です。遠山郷には日本百名山の聖岳(3,013m)と光岳(2,591m)の登山道があり、多くの登山客が訪れます。また、遠山谷は、日本最大の断層である日本構造線を遠山川が削って形づくった谷で、新緑や紅葉が鮮やかな落葉広葉樹の森や整然とした遠山杉の美林など、日本を代表する鮮やかな自然に出会えます。

南アルプスから伸びる尾根に拓かれた高原の地、標高800~1,100m、最大傾斜38度の急斜面に「日本のチロル」・「天空の里」と表現される下栗の里があります。2009年に「日本の里100選」にも選ばれた、日本の原風景を今に残し、神の恵みを受け続ける里です。また、下栗の里のビューポイントへの拠点「はんば亭」では、二度芋やコンニャクの田楽、急斜面の畑で栽培されたそばなど、下栗ならではの食材を地元女性の手料理で楽しめます。

旅行の満足度
5.0

PR

  • 小黒川パーキングエリア(標高737m)に立ち寄り、快晴の南アルプスを一望します。

    小黒川パーキングエリア(標高737m)に立ち寄り、快晴の南アルプスを一望します。

  • 南アルプスの撮影用に、額縁も用意されています。

    南アルプスの撮影用に、額縁も用意されています。

  • 左から鋸岳(2,685m)、甲斐駒ケ岳(2,967m)です。

    左から鋸岳(2,685m)、甲斐駒ケ岳(2,967m)です。

  • 左からアサヨ峰(2,799m)、地蔵ヶ岳(2,764m)、鳳凰山(2,764m)です。

    左からアサヨ峰(2,799m)、地蔵ヶ岳(2,764m)、鳳凰山(2,764m)です。

  • 左から小仙丈岳(2,855m)、仙丈岳(3,033m)、大仙丈岳(2,975m)です。

    左から小仙丈岳(2,855m)、仙丈岳(3,033m)、大仙丈岳(2,975m)です。

  • 左から中白峰(3,055m)、間ノ岳(3,189m)、西農鳥岳(3,051m)、農鳥岳(3,026m)です。

    左から中白峰(3,055m)、間ノ岳(3,189m)、西農鳥岳(3,051m)、農鳥岳(3,026m)です。

  • 塩見岳(3,047m)です。

    塩見岳(3,047m)です。

  • 左から荒川岳(3,083m)、赤石岳(3,120m)です。

    左から荒川岳(3,083m)、赤石岳(3,120m)です。

  • 国道152号線から分かれ、天空の里(下栗の里)ビューポイントを目指します。途中に「一本木命水」があります。

    国道152号線から分かれ、天空の里(下栗の里)ビューポイントを目指します。途中に「一本木命水」があります。

  • そば処「はんば亭」に到着です。

    そば処「はんば亭」に到着です。

  • 濃い霧が発生しています。<br />これでは下栗の里の展望は無理、先にしらびそ高原の観光に変更です。

    濃い霧が発生しています。
    これでは下栗の里の展望は無理、先にしらびそ高原の観光に変更です。

  • 南アルプスエコーラインを上っていくと、下に雲海が広がり始めました。

    南アルプスエコーラインを上っていくと、下に雲海が広がり始めました。

  • 綺麗な雲海です。

    綺麗な雲海です。

  • ブナです。

    ブナです。

  • コナラです。

    コナラです。

  • 今日一番の雲海です。

    今日一番の雲海です。

  • 雲海の上の山肌は、緑、黄、赤などの紅葉のパッチワークが綺麗です。

    雲海の上の山肌は、緑、黄、赤などの紅葉のパッチワークが綺麗です。

  • 黄色に色づいたカラマツが全山を覆っています。

    黄色に色づいたカラマツが全山を覆っています。

  • カラマツです。

    カラマツです。

  • 標高1,833mのしらびそ峠です。<br />南アルプスの展望台と呼ばれています。

    標高1,833mのしらびそ峠です。
    南アルプスの展望台と呼ばれています。

  • 南アルプスの3,000m峰の頂きは雲の中です。<br />手前の立俣山(2,366m)だけが頂きを見せています。ここで折り返します。

    南アルプスの3,000m峰の頂きは雲の中です。
    手前の立俣山(2,366m)だけが頂きを見せています。ここで折り返します。

  • 山肌の霧も薄れ、緑、黄、赤などの紅葉のパッチワークが綺麗です。

    山肌の霧も薄れ、緑、黄、赤などの紅葉のパッチワークが綺麗です。

  • しらびそ高原(標高1,918m)の、宿泊施設「ハイランドしらびそ」です。<br />軽食コーナー、大浴場、お土産売店などを備えています。

    しらびそ高原(標高1,918m)の、宿泊施設「ハイランドしらびそ」です。
    軽食コーナー、大浴場、お土産売店などを備えています。

  • 遠山森林鉄道が展示されています。

    遠山森林鉄道が展示されています。

  • シラビソです。

    シラビソです。

  • ハウチワカエデです。

    ハウチワカエデです。

  • フジアザミです。

    フジアザミです。

  • 御池山隕石クレーターの案内板です。

    御池山隕石クレーターの案内板です。

  • 覗いて見ましたが、クレーターはさっぱり判らずです。

    覗いて見ましたが、クレーターはさっぱり判らずです。

  • ダケカンバです。

    ダケカンバです。

  • ヤマモミジです。

    ヤマモミジです。

  • ヤマモミジの葉です。

    ヤマモミジの葉です。

  • ヒノキの植林帯まで下ってきました。

    ヒノキの植林帯まで下ってきました。

  • ヒノキの葉です。

    ヒノキの葉です。

  • そば処「はんば亭」に車を駐車して、天空の里(下栗の里)ビューポイントに向かいます。霧はすっかり晴れています。

    そば処「はんば亭」に車を駐車して、天空の里(下栗の里)ビューポイントに向かいます。霧はすっかり晴れています。

  • おもてなしの杖の用意も。

    おもてなしの杖の用意も。

  • 地元住民の協力で作られた遊歩道です。<br />スギやヒノキが植林されている、山肌に作られた手造りの道です。

    地元住民の協力で作られた遊歩道です。
    スギやヒノキが植林されている、山肌に作られた手造りの道です。

  • 下栗の里(天空の里)は、南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある山村で、標高800m~1,100mに位置しています。

    下栗の里(天空の里)は、南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある山村で、標高800m~1,100mに位置しています。

  • 最大傾斜38度の急斜面に点在する耕地や家屋は、遠山郷を代表する景観を作りあげています。平成21年には「にほんの里100選」にも選ばれいます。

    最大傾斜38度の急斜面に点在する耕地や家屋は、遠山郷を代表する景観を作りあげています。平成21年には「にほんの里100選」にも選ばれいます。

  • 景観の美しさ、自然と暮らしの調和、こうした姿がオーストリア・チロル地方に似ていることから、地理学者の市川健夫氏は下栗を「日本のチロル」と命名しました。

    景観の美しさ、自然と暮らしの調和、こうした姿がオーストリア・チロル地方に似ていることから、地理学者の市川健夫氏は下栗を「日本のチロル」と命名しました。

  • 昭和43年に訪れた百名山登山家深田久弥氏は、自らの著書で「下栗ほど美しく平和な山村を私はほかに知らない」と絶賛しています。

    昭和43年に訪れた百名山登山家深田久弥氏は、自らの著書で「下栗ほど美しく平和な山村を私はほかに知らない」と絶賛しています。

  • 平成21年秋には、下栗の景観を多くの人々にご覧いただけるよう、里を俯瞰できる「天空の里ビューポイント」が地元住民の手造りで開設・整備されました。

    平成21年秋には、下栗の景観を多くの人々にご覧いただけるよう、里を俯瞰できる「天空の里ビューポイント」が地元住民の手造りで開設・整備されました。

  • はんば亭前の駐車場です。<br />ツアーの団体客は、中型バスに乗り換えて来ています。

    はんば亭前の駐車場です。
    ツアーの団体客は、中型バスに乗り換えて来ています。

  • 信州サンセットポイント100からの南アルプスの展望です。

    信州サンセットポイント100からの南アルプスの展望です。

  • そば処「はんば亭」です。<br />標高1,076mに位置しています。天空の里(下栗の里)ビューポイントへの拠点です。

    そば処「はんば亭」です。
    標高1,076mに位置しています。天空の里(下栗の里)ビューポイントへの拠点です。

  • 店内のお食事処です。<br />天空そば定食(新そば;1,030円)と二度芋田楽(300円)、コンニャク田楽(300円)を頂きました。味噌田楽はデボリュームも味も最高でした。お勧めです。二度芋は、年に2回収穫できる小ぶりなジャガイモで、下栗芋とも言われています。

    店内のお食事処です。
    天空そば定食(新そば;1,030円)と二度芋田楽(300円)、コンニャク田楽(300円)を頂きました。味噌田楽はデボリュームも味も最高でした。お勧めです。二度芋は、年に2回収穫できる小ぶりなジャガイモで、下栗芋とも言われています。

  • 店内のお土産コーナーです。

    店内のお土産コーナーです。

  • ヒノキの柱です。

    ヒノキの柱です。

  • 高原ロッジ下栗です。

    高原ロッジ下栗です。

この旅行記のタグ

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

新潟長野紅葉の旅

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

飯田の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集