マドリード旅行記(ブログ) 一覧に戻る
スペイン鉄道の旅。マドリードからジブラルタル海峡をはさみアフリカへの窓口、ヨーロッパ最南端の駅アルヘシラスへ5時間13分の列車旅。タルゴはスペインの新幹線高速鉄道と線路幅が異なる在来線をそのまま乗り入れるフリーゲージトレインだ。

スペイン鉄道でヨーロッパ最南端の駅へ(ALTARIAタルゴ列車に乗って)

14いいね!

2016/06/25 - 2016/06/26

876位(同エリア2618件中)

ニッシー

ニッシーさん

スペイン鉄道の旅。マドリードからジブラルタル海峡をはさみアフリカへの窓口、ヨーロッパ最南端の駅アルヘシラスへ5時間13分の列車旅。タルゴはスペインの新幹線高速鉄道と線路幅が異なる在来線をそのまま乗り入れるフリーゲージトレインだ。

旅行の満足度
5.0
交通
5.0
同行者
友人
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
鉄道
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 日本からスペインへはソウルを経由してバラハス空港に到着。ターミナル4からマドリードの中心部へは地下鉄と国鉄の両方が乗り入れていますが今回は国鉄のレンフェで

    日本からスペインへはソウルを経由してバラハス空港に到着。ターミナル4からマドリードの中心部へは地下鉄と国鉄の両方が乗り入れていますが今回は国鉄のレンフェで

    アドルフォ スアレス マドリード バラハス空港 (MAD) 空港

  • こちらの最新の列車でアトーチャ駅へ向かいます

    こちらの最新の列車でアトーチャ駅へ向かいます

  • 車内は広告もなくすっきり。モニターがあり停車駅を知らせてくれる

    車内は広告もなくすっきり。モニターがあり停車駅を知らせてくれる

  • 空港の地下駅からほどなく地上へ

    空港の地下駅からほどなく地上へ

  • 30分弱でターミナル駅のアトーチャ駅に到着した

    30分弱でターミナル駅のアトーチャ駅に到着した

    アトーチャセルカニアス駅

  • アトーチャ駅では近郊路線のこの列車はAtocha Cercaniasno と呼ばれるホームに到着です

    アトーチャ駅では近郊路線のこの列車はAtocha Cercaniasno と呼ばれるホームに到着です

  • 明日乗るであろう、タルゴ車両が隣のホームに着いていた

    明日乗るであろう、タルゴ車両が隣のホームに着いていた

    RENFE / スペイン国鉄 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

  • アトーチャ駅は高速鉄道や明日乗る長距離列車は同じ駅舎だが別の改札口を通り専用ホームがあります

    アトーチャ駅は高速鉄道や明日乗る長距離列車は同じ駅舎だが別の改札口を通り専用ホームがあります

  • すでに夜の9時を回っているがこの明るさです

    すでに夜の9時を回っているがこの明るさです

  • 今夜は駅前のホテルに宿泊、周りにはレストランも多い

    今夜は駅前のホテルに宿泊、周りにはレストランも多い

  • 日が長いこの季節はオープンシートのバルも大賑わい

    日が長いこの季節はオープンシートのバルも大賑わい

  • とりあえずバルで乾杯

    とりあえずバルで乾杯

  • いよいよ出発。朝7時半のアトーチャ駅

    いよいよ出発。朝7時半のアトーチャ駅

    マドリード プエルタ デ アトーチャ駅 (AVE)

  • スペイン南端を目指し、8時35分発のALTARIAに乗車です

    スペイン南端を目指し、8時35分発のALTARIAに乗車です

  • セキュリティーを通り駅の待合室へ、中にはレストランや売店もある<br />しかしホームへのゲートは出発の15分ほど前にしか開きません

    セキュリティーを通り駅の待合室へ、中にはレストランや売店もある
    しかしホームへのゲートは出発の15分ほど前にしか開きません

  • ようやくホームへの改札が始まり、待望の列車とご対面

    ようやくホームへの改札が始まり、待望の列車とご対面

  • スペインが誇るタルゴ客車

    スペインが誇るタルゴ客車

  • 短い客車の間に1軸の独立した車輪があり車高も低く、山岳地でのカーブにも高速で走行できる

    短い客車の間に1軸の独立した車輪があり車高も低く、山岳地でのカーブにも高速で走行できる

  • 車内はシンプルそして短い客車

    車内はシンプルそして短い客車

  • 先頭には電気機関車が牽引

    先頭には電気機関車が牽引

  • 出発すると飛行機と同じように座席で音楽が聴けるイヤホンが配られ、車内販売もある

    出発すると飛行機と同じように座席で音楽が聴けるイヤホンが配られ、車内販売もある

  • 配布されたイヤホン

    配布されたイヤホン

  • マドリードの街を離れるとスペインの台地が広がる

    マドリードの街を離れるとスペインの台地が広がる

  • 赤茶けた台地からやがてオリーブ畑へ、AVEと同じく高速軌道をかっ飛ばしていく

    赤茶けた台地からやがてオリーブ畑へ、AVEと同じく高速軌道をかっ飛ばしていく

  • 短距離間の高速列車Avantの電車とすれ違う

    短距離間の高速列車Avantの電車とすれ違う

  • 列車はアンダルシア地方に入って来た

    列車はアンダルシア地方に入って来た

  • コルドバ駅に停車

    コルドバ駅に停車

    コルドバ中央駅

  • ビッフェ車両に行ってみた

    ビッフェ車両に行ってみた

  • スナックやアルコールもあり

    スナックやアルコールもあり

  • ワイン用のブドウ畑も広がっている

    ワイン用のブドウ畑も広がっている

  • コルドバを出て10分くらいだろうか列車はホームのないところで停車した<br />軌間可変区間に到着だ

    コルドバを出て10分くらいだろうか列車はホームのないところで停車した
    軌間可変区間に到着だ

  • 今まで牽引してきた機関車が切り離された

    今まで牽引してきた機関車が切り離された

  • 今まで走ってきた新幹線の軌間は1435mm、この先はスペインのローカル線の軌間は1688mm。線路幅が広いのがよくわかる。

    今まで走ってきた新幹線の軌間は1435mm、この先はスペインのローカル線の軌間は1688mm。線路幅が広いのがよくわかる。

  • 機関車の運転士が乗り込みタルゴ客車の先頭の簡単そうな運転席で列車を進めていく

    機関車の運転士が乗り込みタルゴ客車の先頭の簡単そうな運転席で列車を進めていく

  • この装置を通るだけでタルゴ車両の車輪がレール幅に変換されます

    この装置を通るだけでタルゴ車両の車輪がレール幅に変換されます

  • 当初は隣国の列強国フランスから乗り入れられるのを防ぐ為にスペイン国鉄は1668mmの広軌で鉄道を引いたのです

    当初は隣国の列強国フランスから乗り入れられるのを防ぐ為にスペイン国鉄は1668mmの広軌で鉄道を引いたのです

  • 今では不便となった異なる線路幅を解消するためタルゴは開発されて、乗客は列車乗り変えすることなく同じ車両でどこにでも行けるのです

    今では不便となった異なる線路幅を解消するためタルゴは開発されて、乗客は列車乗り変えすることなく同じ車両でどこにでも行けるのです

  • 列車は高速線路を離れ在来線を走り出した

    列車は高速線路を離れ在来線を走り出した

  • 非電化で単線です

    非電化で単線です

  • 速度も低下しました

    速度も低下しました

  • ロンダ駅に停車

    ロンダ駅に停車

  • 山間部を走る

    山間部を走る

  • ディーデル機関車が牽引する

    ディーデル機関車が牽引する

  • 単線区間のため途中駅で列車交換

    単線区間のため途中駅で列車交換

  • 線路の広さがよくわかりますね

    線路の広さがよくわかりますね

  • 景色もなんとなく変わってきたような

    景色もなんとなく変わってきたような

  • ヨーロッパの最果て感がします

    ヨーロッパの最果て感がします

  • 街並みが見えてきた

    街並みが見えてきた

  • アルフェシラス駅に到着だ

    アルフェシラス駅に到着だ

    アルへシラス駅

  • 牽引してきた機関車が切り離された

    牽引してきた機関車が切り離された

  • ヨーロッパ最南端の駅アルフェシラス

    ヨーロッパ最南端の駅アルフェシラス

  • 線路はここで終わりなのです

    線路はここで終わりなのです

  • まさに終着駅です

    まさに終着駅です

  • アルフェシラス駅から歩いて港へ。海を渡りアフリカ大陸へ向かおう・・・続く・・・

    アルフェシラス駅から歩いて港へ。海を渡りアフリカ大陸へ向かおう・・・続く・・・

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • Pメテオラさん 2017/10/07 18:03:42
    はるばると
    長時間の列車の旅も興味があれば楽しいものですね。マドリードからアルヘシラスへ行くなんて、かつては、東京から稚内へ行くような感覚でした。ほんと、高速列車ができるとかなり便利になったようですね。LCCやバスとの競争が厳しい中で努力中のRENFEの姿が見えました。
  • Salaamさん 2016/07/31 02:21:18
    軌道修正
    日本の在来線と新幹線を考えると、高速鉄道の方が軌道が広いイメージですが、在来線の方が広いとは面白いですね。しかも広軌になったら速度が低下するとは。
    昔の赤い車両だった
    タルゴは走行中の軌幅を車内で表示していたと伺いましたが、今の車両ではその様な表示はなくなったのでしょうか。
    いつかはタルゴに乗ってみたいものです。

    salaam

    ニッシー

    ニッシーさん からの返信 2016/09/07 14:03:00
    RE: 軌道修正

    salaam さま

    メッセージありがとうございました。

    スペイン国鉄在来線はフランスやイタリアと接しており戦争時に乗り入れをさせないために、線路幅を標準軌を採用せず、広軌で鉄道が引かれたそうですね。しかしEU統合され高速鉄道でフランスやイタリアとの乗り入れを考え高速線は標準軌になったそうです。しかし今だ広軌のままの地方路線に直接乗り入れる車幅変更がきくタルゴ車両はスペイン製の独壇場ですね、ちなみにロシアも広軌のためにヨーロッパからの列車にタルゴが使われていました。今回乗車した車内には線路幅の表示ななかったように思います。のれからもよろしくお願いいたします。 ニッシー

ニッシーさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集