備前・日生旅行記(ブログ) 一覧に戻る
何とかコンビニで入手した岡山県のふるさと旅行券で、おいしい魚を食べに備前市日生(ひなせ)に出かけてきました。<br />この日は天気にも恵まれ、おいしい魚ときれいな瀬戸内海の自然に触れてきました。<br />それにしてもふるさと旅行券はとてもお得です。

ふるさと旅行券で岡山の日生に出かけてきました

17いいね!

2015/10/02 - 2015/10/03

102位(同エリア268件中)

旅行記グループ 岡山県観光

0

58

旅好き長さん

旅好き長さんさん

何とかコンビニで入手した岡山県のふるさと旅行券で、おいしい魚を食べに備前市日生(ひなせ)に出かけてきました。
この日は天気にも恵まれ、おいしい魚ときれいな瀬戸内海の自然に触れてきました。
それにしてもふるさと旅行券はとてもお得です。

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
楽天トラベル

PR

  • かみさんにお願いし、コンビニで並んで何とか手にした岡山県のふるさと旅行券。<br />どこの宿に宿泊しようかとインターネットでリサーチ。<br />釣り好きなため、宿の名前が気に入り、かつ魚も好きなのでインターネットでこの宿を予約しました。<br />この日もマイカーで家を14時に出発。<br />日生の宿泊する宿のつり幸には15時30分に到着。<br />

    かみさんにお願いし、コンビニで並んで何とか手にした岡山県のふるさと旅行券。
    どこの宿に宿泊しようかとインターネットでリサーチ。
    釣り好きなため、宿の名前が気に入り、かつ魚も好きなのでインターネットでこの宿を予約しました。
    この日もマイカーで家を14時に出発。
    日生の宿泊する宿のつり幸には15時30分に到着。

  • チェックインは本来は16時からなのですが、少し早めにホテルに入りました。<br />ここは1階のフロントで、無料のマッサージ器があります。<br />このマッサージ器は最新式で風呂上りに利用しましたが、優れものでした。

    チェックインは本来は16時からなのですが、少し早めにホテルに入りました。
    ここは1階のフロントで、無料のマッサージ器があります。
    このマッサージ器は最新式で風呂上りに利用しましたが、優れものでした。

  • これが客室です。思ったより広かったです。

    これが客室です。思ったより広かったです。

  • 部屋の窓からの景色です。<br />向こうの橋は、鹿久居島を結ぶ備前(ハート)日生大橋です。<br />ワープロでハートマークが入力できませんが、本名はハートではなくハートマークです。<br />橋の名前にハートマークが入っているのは珍しいそうです。

    部屋の窓からの景色です。
    向こうの橋は、鹿久居島を結ぶ備前(ハート)日生大橋です。
    ワープロでハートマークが入力できませんが、本名はハートではなくハートマークです。
    橋の名前にハートマークが入っているのは珍しいそうです。

  • 部屋にいても仕方ないので日生の街を散策します。<br />それにしてもとてもいい天気です。

    部屋にいても仕方ないので日生の街を散策します。
    それにしてもとてもいい天気です。

  • 向こうの島は鹿久居島で、大きなフェリーは小豆島行きの船です。

    向こうの島は鹿久居島で、大きなフェリーは小豆島行きの船です。

  • 港には、救命胴衣のある自動販売機もあります。<br />これは先月宿泊した京都の網野にもありました。

    港には、救命胴衣のある自動販売機もあります。
    これは先月宿泊した京都の網野にもありました。

  • ここではカキ養殖用のいかだを作っていました。<br />手前のホタテの貝殻をつるしてカキを養殖するようです。

    ここではカキ養殖用のいかだを作っていました。
    手前のホタテの貝殻をつるしてカキを養殖するようです。

  • ここは日生港にある五味の市。<br />平日でもう夕方ですのでほとんどの店が閉まっていました。

    ここは日生港にある五味の市。
    平日でもう夕方ですのでほとんどの店が閉まっていました。

  • ここの五味の市では、毎月一回第一日曜日にぎょ魚祭りをやっているようです。

    ここの五味の市では、毎月一回第一日曜日にぎょ魚祭りをやっているようです。

  • となりの漁協に行ってみると不思議なコンベアがあります。<br />よく見るとカキの運搬用のコンベアのようです。<br />船から直接このコンベアで左側のドラムで洗浄し、漁協の加工場に運搬するようです。

    となりの漁協に行ってみると不思議なコンベアがあります。
    よく見るとカキの運搬用のコンベアのようです。
    船から直接このコンベアで左側のドラムで洗浄し、漁協の加工場に運搬するようです。

  • 日生漁港内では魚釣りをしている人がいました。<br />何が釣れるのか聞いてみると、なんとイイダコを釣っているそうです。<br />昔はかなり釣れたようですが、最近はあまり釣れなくなったとのことです。<br />私も釣竿を持って来るのだったと少し後悔。

    日生漁港内では魚釣りをしている人がいました。
    何が釣れるのか聞いてみると、なんとイイダコを釣っているそうです。
    昔はかなり釣れたようですが、最近はあまり釣れなくなったとのことです。
    私も釣竿を持って来るのだったと少し後悔。

  • その横では小魚の干物を作っていました。<br />これはアジなどの小魚でした。

    その横では小魚の干物を作っていました。
    これはアジなどの小魚でした。

  • そしてこの細長いのはたぶん太刀魚だと思います。

    そしてこの細長いのはたぶん太刀魚だと思います。

  • なぜ干物の上にネットしているのかなと思ってよく見ると、その下にたくさんのニャンコが干物の匂いに誘われていました。

    なぜ干物の上にネットしているのかなと思ってよく見ると、その下にたくさんのニャンコが干物の匂いに誘われていました。

  • そしてこんどはフェリー乗り場のある駅前港に向かいます。<br />秋も深まり、コスモスもきれいに咲いています。

    そしてこんどはフェリー乗り場のある駅前港に向かいます。
    秋も深まり、コスモスもきれいに咲いています。

  • その途中、港の見える丘公園の標識があったのでそちらに向かいます。<br />公園のそばまで車で登ることができますが、私たちは徒歩で登っていきます。<br />急な坂ではないのですが、徒歩で約20分程度かかります。<br />結構疲れました。

    その途中、港の見える丘公園の標識があったのでそちらに向かいます。
    公園のそばまで車で登ることができますが、私たちは徒歩で登っていきます。
    急な坂ではないのですが、徒歩で約20分程度かかります。
    結構疲れました。

  • 頂上近くの駐車場からはこの階段を登っていきます。<br />(急な階段なので、その横にはなだらかな坂道を上って展望台に行くこともできます)

    頂上近くの駐車場からはこの階段を登っていきます。
    (急な階段なので、その横にはなだらかな坂道を上って展望台に行くこともできます)

  • そしてこちらが頂上の展望台です。

    そしてこちらが頂上の展望台です。

  • 展望台からの景色が絶景です。<br />中央の鐘は、幸せの鐘です。

    展望台からの景色が絶景です。
    中央の鐘は、幸せの鐘です。

  • 左側の島が鹿久居島、中央の一番向こう側の島が小豆島です。<br />瀬戸内海にはたくさんのカキ筏があります。

    左側の島が鹿久居島、中央の一番向こう側の島が小豆島です。
    瀬戸内海にはたくさんのカキ筏があります。

  • そしてこちらが日生の街並みです。

    そしてこちらが日生の街並みです。

  • ここには誰もいなかったので、恥ずかしかったけどこの鐘を鳴らしてきました。<br />ここの鐘は、<br />・幸せに感謝して<br />・幸せを願って<br />鐘を鳴らすそうです。

    イチオシ

    ここには誰もいなかったので、恥ずかしかったけどこの鐘を鳴らしてきました。
    ここの鐘は、
    ・幸せに感謝して
    ・幸せを願って
    鐘を鳴らすそうです。

  • そしてこちらは備前ハート日生大橋です。<br />穏やかな瀬戸内海ですので橋が海面に映ってとてもきれいです。<br />たぶんここから眺める夕陽や朝陽は絶景だと思います。

    イチオシ

    そしてこちらは備前ハート日生大橋です。
    穏やかな瀬戸内海ですので橋が海面に映ってとてもきれいです。
    たぶんここから眺める夕陽や朝陽は絶景だと思います。

  • 展望台を降りて街並みを散策します。<br />ここは造船所ですが、船が街中に入っているように見えます。

    展望台を降りて街並みを散策します。
    ここは造船所ですが、船が街中に入っているように見えます。

  • 角度を変えてみるとこんな感じです。<br />建物の中に船が入り込んでいます。<br />なんか不思議な景色です。

    角度を変えてみるとこんな感じです。
    建物の中に船が入り込んでいます。
    なんか不思議な景色です。

  • 前から見るとこんな感じです。<br />まさしく陸に上がった船です。

    前から見るとこんな感じです。
    まさしく陸に上がった船です。

  • そうこうするうちに日が暮れていき、橋に明かりが灯っていきます。<br />そのため宿に戻りお風呂に入って、楽しみにしていた夕食をいただきます。

    そうこうするうちに日が暮れていき、橋に明かりが灯っていきます。
    そのため宿に戻りお風呂に入って、楽しみにしていた夕食をいただきます。

  • これがこの日の夕食です。<br />メバルの煮つけに刺身(サワラ、タイ、ハマチ、イカ)とハモ鍋などです。<br />本当はワタリガニを楽しみにしていたのですが、最近はワタリガニが少なくなったとのこと。また子持ちのワタリガニは1月頃が最もおいしいそうです。<br />(そのころにまた行きたいものです)

    これがこの日の夕食です。
    メバルの煮つけに刺身(サワラ、タイ、ハマチ、イカ)とハモ鍋などです。
    本当はワタリガニを楽しみにしていたのですが、最近はワタリガニが少なくなったとのこと。また子持ちのワタリガニは1月頃が最もおいしいそうです。
    (そのころにまた行きたいものです)

  • 先ほどの料理以外にこのアナゴと天ぷらなどが出てきます。<br />このアナゴがまたとてもおいしかったです。<br />そして最後の締めが、さきほどのハモ鍋の雑炊。<br />この雑炊がまたとてもおいしかったです。<br />大満足の夕食でした。

    先ほどの料理以外にこのアナゴと天ぷらなどが出てきます。
    このアナゴがまたとてもおいしかったです。
    そして最後の締めが、さきほどのハモ鍋の雑炊。
    この雑炊がまたとてもおいしかったです。
    大満足の夕食でした。

  • 翌10月3日(土)<br />夜明け前の5時過ぎ。<br />東の空がちょっとづつ明るくなってきています。<br />朝の散歩を兼ねてホテル周辺を散策します。

    翌10月3日(土)
    夜明け前の5時過ぎ。
    東の空がちょっとづつ明るくなってきています。
    朝の散歩を兼ねてホテル周辺を散策します。

  • 港にはまだ人影もありません。

    港にはまだ人影もありません。

  • これは南側にある鹿久居島です。<br />こちらも徐々に明るくなってきます。

    これは南側にある鹿久居島です。
    こちらも徐々に明るくなってきます。

  • 遠くの小豆島もうっすらと表れてきます。<br />私は夕陽や朝陽の当たるこの景色が大好きです。

    遠くの小豆島もうっすらと表れてきます。
    私は夕陽や朝陽の当たるこの景色が大好きです。

  • 手前のカキ養殖用のホタテの貝殻ももう少しするとカキ筏につりさげられるのだと思います。

    手前のカキ養殖用のホタテの貝殻ももう少しするとカキ筏につりさげられるのだと思います。

  • 沖では漁船が走っています。<br />この後漁港に行きましたが朝網でとれた魚を仕分けしていました。<br />ただ大きな魚はあまりいませんでした。<br />地元に人に聞くと、最近はあまりとれなくなってきたとのころ。<br />漁師さんも大変です。

    沖では漁船が走っています。
    この後漁港に行きましたが朝網でとれた魚を仕分けしていました。
    ただ大きな魚はあまりいませんでした。
    地元に人に聞くと、最近はあまりとれなくなってきたとのころ。
    漁師さんも大変です。

  • この船は、海上釣り堀の送迎用の船でした。<br />この後たくさんの釣り人を乗せて、釣り堀に向かって行きました。

    この船は、海上釣り堀の送迎用の船でした。
    この後たくさんの釣り人を乗せて、釣り堀に向かって行きました。

  • そうするうちに空も明るくなり、山の頂も朝日に照らされてきました。

    そうするうちに空も明るくなり、山の頂も朝日に照らされてきました。

  • 島影から徐々に陽が昇ってきています。

    島影から徐々に陽が昇ってきています。

  • そしてやっと太陽が覗いてきました。<br />感動の瞬間です。<br />今日も天気は良さそうです。

    そしてやっと太陽が覗いてきました。
    感動の瞬間です。
    今日も天気は良さそうです。

  • 沖では漁船が港に帰っていきます。

    沖では漁船が港に帰っていきます。

  • 宿に戻って朝食をいただきます。<br />この日の宿泊は私たちだけだったのでゆっくりと食事をいただけます。<br />この日は卵かけごはんで2膳いただきました。<br />料理はとてもおいしかったです。

    宿に戻って朝食をいただきます。
    この日の宿泊は私たちだけだったのでゆっくりと食事をいただけます。
    この日は卵かけごはんで2膳いただきました。
    料理はとてもおいしかったです。

  • 8時30分にチェックアウトして出かけようとしたところ、なんと後輪がパンク。<br />宿の人が知り合いのガソリンスタンドに連絡していただき、修理をしてもらいました。<br />本当に助かりました。(どうもありがとうございます)<br />この日はじめに行ったのが、備前ハート日生大橋を渡って、鹿久居島軽油頭島に向かいました。<br />この島までは2つの橋を渡って行けます。<br />ここはそこの漁港です。<br />日生からはこの写真の連絡船で渡ってくることもできます。

    8時30分にチェックアウトして出かけようとしたところ、なんと後輪がパンク。
    宿の人が知り合いのガソリンスタンドに連絡していただき、修理をしてもらいました。
    本当に助かりました。(どうもありがとうございます)
    この日はじめに行ったのが、備前ハート日生大橋を渡って、鹿久居島軽油頭島に向かいました。
    この島までは2つの橋を渡って行けます。
    ここはそこの漁港です。
    日生からはこの写真の連絡船で渡ってくることもできます。

  • 港の波止ではたくさんの釣り人が竿を出していました。<br />何が釣れるのかな?

    港の波止ではたくさんの釣り人が竿を出していました。
    何が釣れるのかな?

  • この橋が鹿久居島と頭島を結ぶ頭島大橋です。

    この橋が鹿久居島と頭島を結ぶ頭島大橋です。

  • 頭島大橋からの眺望で、向こうの島は、曽島と鴻島です。<br />ここでもたくさんのカキ養殖用筏があります。

    頭島大橋からの眺望で、向こうの島は、曽島と鴻島です。
    ここでもたくさんのカキ養殖用筏があります。

  • そしてこちらが鹿久居島から見た日生の街並みと備前ハート日生大橋です。

    そしてこちらが鹿久居島から見た日生の街並みと備前ハート日生大橋です。

  • 備前ハート日生大橋の中央部には駐車できるスペースがあり、そこから眺めた日生湾です。<br />たんくさんのカキ養殖いかだがあります。<br />それにしても絶景です。

    イチオシ

    備前ハート日生大橋の中央部には駐車できるスペースがあり、そこから眺めた日生湾です。
    たんくさんのカキ養殖いかだがあります。
    それにしても絶景です。

  • この橋は交通量が少ないので、道路の真ん中から撮影した大橋の橋脚です。

    この橋は交通量が少ないので、道路の真ん中から撮影した大橋の橋脚です。

  • 横から眺めるとこんな感じです。

    横から眺めるとこんな感じです。

  • そして次に向かったのが、昨日も行った五味の市。<br />まだ朝が少し早いので駐車場も空いており、観光客もまばらです。

    そして次に向かったのが、昨日も行った五味の市。
    まだ朝が少し早いので駐車場も空いており、観光客もまばらです。

  • 中に入ると日生で採れた魚介類が並んでいます。<br />ワタリガニやタコ、車エビや小魚などが売られています。<br />おいしそうな大きなワタリガニは3,000円です。

    中に入ると日生で採れた魚介類が並んでいます。
    ワタリガニやタコ、車エビや小魚などが売られています。
    おいしそうな大きなワタリガニは3,000円です。

  • 五味の市の中はこんな感じでたくさんの魚屋さんが入っています。

    五味の市の中はこんな感じでたくさんの魚屋さんが入っています。

  • ここでは大きなハモがいます。<br />とてもおいしそうです。

    ここでは大きなハモがいます。
    とてもおいしそうです。

  • 先ほどの五味の市の前には日生漁港直営の海の駅しおじがあります。<br />ここでは海鮮丼ぶりのお店やお土産屋さんがあります。<br />その隣にはカキオコで有名な暖里(ゆるり)のお店もあります。

    先ほどの五味の市の前には日生漁港直営の海の駅しおじがあります。
    ここでは海鮮丼ぶりのお店やお土産屋さんがあります。
    その隣にはカキオコで有名な暖里(ゆるり)のお店もあります。

  • 海鮮どんぶりのお店にはいろいろなどんぶりがリーズナブルな値段でいただけます。<br />私はこのお店の隣の焼きアナゴのお店で夕飯用の焼きアナゴを購入して帰りました。(日生の焼きアナゴは身厚で柔らかくてとてもおいしいです)<br />ちなみに値段は、1匹600円。(3匹だと1,500円です)

    海鮮どんぶりのお店にはいろいろなどんぶりがリーズナブルな値段でいただけます。
    私はこのお店の隣の焼きアナゴのお店で夕飯用の焼きアナゴを購入して帰りました。(日生の焼きアナゴは身厚で柔らかくてとてもおいしいです)
    ちなみに値段は、1匹600円。(3匹だと1,500円です)

  • 日生の帰りに寄った、兵庫県の道の駅みつで休憩。<br />ここでもお土産を買いました。<br />ここの道の駅はいつ行ってもたくさんの観光客がいます。

    日生の帰りに寄った、兵庫県の道の駅みつで休憩。
    ここでもお土産を買いました。
    ここの道の駅はいつ行ってもたくさんの観光客がいます。

  • 道の駅みつから眺めた瀬戸内海です。<br />沖には家島諸島が見えます。<br />この日は天気も良く、波も穏やかです。<br />今回1泊2日で岡山県備前市の日生に出かけましたが、ふるさと旅行券を利用しましたので半額で宿泊でき、とてもお得でした。<br />日生は魚がおいしく、これからはカキのシーズンになるのでまた出かけたいと思います。

    道の駅みつから眺めた瀬戸内海です。
    沖には家島諸島が見えます。
    この日は天気も良く、波も穏やかです。
    今回1泊2日で岡山県備前市の日生に出かけましたが、ふるさと旅行券を利用しましたので半額で宿泊でき、とてもお得でした。
    日生は魚がおいしく、これからはカキのシーズンになるのでまた出かけたいと思います。

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

備前・日生の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集