湖水地方旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2009年に12日間の英国縦断ツァーを申し込んでいました。<br />あの頃は「ハリー・ポッター」の影響もあり、どうしてもイギリスに行きたかったのです。<br /><br />あれから6年、もうすでに12日間のコースはなく、10日間ですが、スコットランドを含むコースを選びました。<br /> 私にとっては初めての英語圏の旅なのでちょっと緊張しました。<br /> (イタリアやドイツ語圏では、現地の方がほとんどできない私のお粗末な英語を一生懸命理解してくれようと努力しているのを感じていました。)<br /><br />それなりのカルチャーショックはあったものの、陽気なツァーのみなさんのおかげで楽しい旅になりました。<br /><br /> 概要日程<br />  第1日目:成田→ロンドン→グラスゴー→タンブレーン<br /> 第2日目:タンブレーン→グラスゴー→ロッホ・ローモンド→スターリング→タンブレーン<br /> 第3日目:タンブレーン→エディンバラ→ハドリアヌスの城壁→ランカスター<br /> 第4日目:ランカスター→ライダルマウント→ホークスヘッド→ヒルトップ→レイクサイド&ハーヴァースウェイト鉄道→ウィンダミア湖遊覧→ランカスター(★今日はここ)<br /> 第5日目:ランカスター→チェスター→ストラット・フォード・アポン・エイボン→コベントリー<br /> 第6日目:コベントリー→ヒドコート→ボートン・オン・ザ・ウォーター→バイブリー→コベントリー<br /> 第7日目:コベントリー→バース→ストーンヘンジ→ソールズベリー大聖堂→ロンドン<br /> 第8日目:ロンドン市内観光<br />  第9日目:ロンドン→成田へ<br /> 第10日目:成田着<br /><br />4日目 8月1日(土)<br /><br />ランカスターから一日湖水地方を観光し、またランカスターへ。<br />ランカスター→ライダルマウント→ホークスヘッド(昼食)→(マイクロバス)ヒルトップ→ホークスヘッド→ハーバースウェイト(ハーバースウェイト鉄道=蒸気機関車)→レイクサイド(観光船による湖上遊覧)→ボウネス→ランカスター<br /><br />今日はあこがれの湖水地方です。柄にもなくピーターラビットが好きで家族にも内緒でキャラクター商品(単にピーターラビットのお話の登場動物の描かれたカップやカトラリー)を集めています。映画「ミス・ポター」を観てからなんとなくポター自身の生き方にもちょっとだけ興味をもちました。彼女の愛した湖水地方楽しみです。ただ、1日だけでは全部回れるはずはなく、あこがれで終わってしまう街もありますが、ヒルトップをたっぷり見学できたので、良しとしましょう。

たっぷり英国感動紀行10日間 ④

6いいね!

2015/07/29 - 2015/08/07

297位(同エリア541件中)

旅行記グループ 英国紀行10日間の旅

0

56

2009年に12日間の英国縦断ツァーを申し込んでいました。
あの頃は「ハリー・ポッター」の影響もあり、どうしてもイギリスに行きたかったのです。

あれから6年、もうすでに12日間のコースはなく、10日間ですが、スコットランドを含むコースを選びました。
私にとっては初めての英語圏の旅なのでちょっと緊張しました。
(イタリアやドイツ語圏では、現地の方がほとんどできない私のお粗末な英語を一生懸命理解してくれようと努力しているのを感じていました。)

それなりのカルチャーショックはあったものの、陽気なツァーのみなさんのおかげで楽しい旅になりました。

概要日程
 第1日目:成田→ロンドン→グラスゴー→タンブレーン
 第2日目:タンブレーン→グラスゴー→ロッホ・ローモンド→スターリング→タンブレーン
 第3日目:タンブレーン→エディンバラ→ハドリアヌスの城壁→ランカスター
 第4日目:ランカスター→ライダルマウント→ホークスヘッド→ヒルトップ→レイクサイド&ハーヴァースウェイト鉄道→ウィンダミア湖遊覧→ランカスター(★今日はここ)
 第5日目:ランカスター→チェスター→ストラット・フォード・アポン・エイボン→コベントリー
 第6日目:コベントリー→ヒドコート→ボートン・オン・ザ・ウォーター→バイブリー→コベントリー
 第7日目:コベントリー→バース→ストーンヘンジ→ソールズベリー大聖堂→ロンドン
 第8日目:ロンドン市内観光
 第9日目:ロンドン→成田へ
 第10日目:成田着

4日目 8月1日(土)

ランカスターから一日湖水地方を観光し、またランカスターへ。
ランカスター→ライダルマウント→ホークスヘッド(昼食)→(マイクロバス)ヒルトップ→ホークスヘッド→ハーバースウェイト(ハーバースウェイト鉄道=蒸気機関車)→レイクサイド(観光船による湖上遊覧)→ボウネス→ランカスター

今日はあこがれの湖水地方です。柄にもなくピーターラビットが好きで家族にも内緒でキャラクター商品(単にピーターラビットのお話の登場動物の描かれたカップやカトラリー)を集めています。映画「ミス・ポター」を観てからなんとなくポター自身の生き方にもちょっとだけ興味をもちました。彼女の愛した湖水地方楽しみです。ただ、1日だけでは全部回れるはずはなく、あこがれで終わってしまう街もありますが、ヒルトップをたっぷり見学できたので、良しとしましょう。

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
観光バス
航空会社
ブリティッシュエアウェイズ
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • 7:00起床、7:30朝食。<br />本日の朝食。

    7:00起床、7:30朝食。
    本日の朝食。

  • 朝出発までちょっと時間があったので、ホテルの周りを散歩。<br />でも、小心者だから、ほんとにホテルの周りを歩くだけ。

    朝出発までちょっと時間があったので、ホテルの周りを散歩。
    でも、小心者だから、ほんとにホテルの周りを歩くだけ。

  • 今日はすこしのんびり、9:00にホテルを出発します。<br />今日も楽しい運転手さん(名前の記録が見つけられないのが残念です)と出発です。

    今日はすこしのんびり、9:00にホテルを出発します。
    今日も楽しい運転手さん(名前の記録が見つけられないのが残念です)と出発です。

  • 「ビアトリクス・ポターの世界」やウィンダミア湖遊覧船、レイクサイト&ハヴァースウェイト蒸気機関車の看板が出てきました。<br />いよいよ湖水地方にやって来たな、と実感します。

    「ビアトリクス・ポターの世界」やウィンダミア湖遊覧船、レイクサイト&ハヴァースウェイト蒸気機関車の看板が出てきました。
    いよいよ湖水地方にやって来たな、と実感します。

  • メインの案内表示は関係ないけど、おまけでついている「ビアトリクス・ポッター・エキシビジョンはこっち」の黄色い看板に惹かれてついついパチリ。<br />私はミーハーなので、こういうテーマパークも好きなんだけどな。<br />チャンスがあったら、行ってみたいものです。

    メインの案内表示は関係ないけど、おまけでついている「ビアトリクス・ポッター・エキシビジョンはこっち」の黄色い看板に惹かれてついついパチリ。
    私はミーハーなので、こういうテーマパークも好きなんだけどな。
    チャンスがあったら、行ってみたいものです。

  • ライダルマウントも下の駐車場からだとかなり坂を上ることになり、時間的にももったいないということで、入口の狭い駐車場までバスを乗り入れてくれました。おかげさまで、前を走っていたバスの団体さんよりも先に入場できました。<br />10:00到着。

    ライダルマウントも下の駐車場からだとかなり坂を上ることになり、時間的にももったいないということで、入口の狭い駐車場までバスを乗り入れてくれました。おかげさまで、前を走っていたバスの団体さんよりも先に入場できました。
    10:00到着。

    ライダル マウント&ガーデンズ テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • ツァーに組み込まれているのはお庭の自由見学&散策のみです。<br />お庭の散策ももちろん素敵ですが、ワーズワースの過ごしたライダルマウントそのものも観てみたかったので、@£1.5を払って見学しました。<br />ティールームを兼ねたチケット売り場で全部のチケットを売られれそうになって、ちょっと焦りましたが、ツァーでもらった庭園見学のチケットを見せて、納得してもらいました。<br />ツアーの中で建物の中を見学したのは私たちを含めて2組のみでした。<br /><br />ワーズワースという人、詩人であるということは知っていても、今までほとんど縁がなく、名前を聞いたことがある程度でした。<br /><br />

    ツァーに組み込まれているのはお庭の自由見学&散策のみです。
    お庭の散策ももちろん素敵ですが、ワーズワースの過ごしたライダルマウントそのものも観てみたかったので、@£1.5を払って見学しました。
    ティールームを兼ねたチケット売り場で全部のチケットを売られれそうになって、ちょっと焦りましたが、ツァーでもらった庭園見学のチケットを見せて、納得してもらいました。
    ツアーの中で建物の中を見学したのは私たちを含めて2組のみでした。

    ワーズワースという人、詩人であるということは知っていても、今までほとんど縁がなく、名前を聞いたことがある程度でした。

    ライダル・マウント 建造物

  • 応接間。暖炉の上の肖像画は妹ドロシーの唯一存在する肖像画とか。<br />ライダルマウントの建物は入館者も少なく、ゆっくり見て回ることができました。<br />

    応接間。暖炉の上の肖像画は妹ドロシーの唯一存在する肖像画とか。
    ライダルマウントの建物は入館者も少なく、ゆっくり見て回ることができました。

    ライダル・マウント 建造物

  • ワーズワースの書斎。一風変わった天井はワーズワースがイタリア旅行中に気に入ったものをまねて作ったのだそうです。<br /><br />最後の方になると、後からやってきた、大きな声で中国語を話す団体さんが傍若無人に振る舞うので,そそくさと退散しました。

    ワーズワースの書斎。一風変わった天井はワーズワースがイタリア旅行中に気に入ったものをまねて作ったのだそうです。

    最後の方になると、後からやってきた、大きな声で中国語を話す団体さんが傍若無人に振る舞うので,そそくさと退散しました。

    ライダル・マウント 建造物

  • 応接室の外側になります。室内も素敵でしたが、外から見た方が魅力的かもしれません。

    応接室の外側になります。室内も素敵でしたが、外から見た方が魅力的かもしれません。

    ライダル マウント&ガーデンズ テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • 庭園に続く広い芝生の坂から見たライダルマウント。

    庭園に続く広い芝生の坂から見たライダルマウント。

    ライダル マウント&ガーデンズ テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • ライダルマウントガーデンの案内図。ピクニックスポットが書かれています。<br />この広大な庭園はワーズワース自身によって設計されたそうです。多種の樹木や草花が植えられています。

    ライダルマウントガーデンの案内図。ピクニックスポットが書かれています。
    この広大な庭園はワーズワース自身によって設計されたそうです。多種の樹木や草花が植えられています。

    ライダル マウント&ガーデンズ テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • サマーハウス。ここは何をするところだったのでしょう? 東屋というか、屋根のあるテラスにベンチがあって、周りはうっそうと木々や草が生い茂っていました。<br />日本だったら、夏にこんなところに居たら蚊に刺されてたまらんのですが、この辺りではそういうことはないのでしょうかねぇ。…であれば、読書したりするのには過ごしやすい場所かもしれません。

    サマーハウス。ここは何をするところだったのでしょう? 東屋というか、屋根のあるテラスにベンチがあって、周りはうっそうと木々や草が生い茂っていました。
    日本だったら、夏にこんなところに居たら蚊に刺されてたまらんのですが、この辺りではそういうことはないのでしょうかねぇ。…であれば、読書したりするのには過ごしやすい場所かもしれません。

    ライダル マウント&ガーデンズ テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • 10:55出発。<br />ライダルマウントの入口の看板です。

    10:55出発。
    ライダルマウントの入口の看板です。

    ライダル マウント&ガーデンズ テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • バスの車窓から。坂を下りたところ(ライダルマウントに入っていく分岐点)にライダルマウントの入口を示す看板が立っています。

    バスの車窓から。坂を下りたところ(ライダルマウントに入っていく分岐点)にライダルマウントの入口を示す看板が立っています。

    ライダル マウント&ガーデンズ テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • ライダル・ロード沿いの小川をまたぐように建っている「ブリッジ・ハウス」<br />地球の歩き方「イギリス」には17世紀に造られた切石造りの小さな家で、夏期はみやげ屋として利用されている、とありますが、開いている様子もみえず、全く紹介もされませんでした。<br />鉢植えなどがきれいな状態で置いてあるので、たまたま今日が閉まっていただけかもしれません。

    ライダル・ロード沿いの小川をまたぐように建っている「ブリッジ・ハウス」
    地球の歩き方「イギリス」には17世紀に造られた切石造りの小さな家で、夏期はみやげ屋として利用されている、とありますが、開いている様子もみえず、全く紹介もされませんでした。
    鉢植えなどがきれいな状態で置いてあるので、たまたま今日が閉まっていただけかもしれません。

  • 11:25にホークスヘッドに到着しました。<br />12:00予約の昼食に時間にはちょっとあるので、小さな街中の散策です。<br />まずはビアトリクス・ポター・ギャラリーを見学しました。<br />これはチケットセンターの看板です。<br />ポターに敬意を表して、ナショナルトラストに寄付金付きの方のチケット@£6.00ををここで買って、ギャラリーの方へ移動します。

    11:25にホークスヘッドに到着しました。
    12:00予約の昼食に時間にはちょっとあるので、小さな街中の散策です。
    まずはビアトリクス・ポター・ギャラリーを見学しました。
    これはチケットセンターの看板です。
    ポターに敬意を表して、ナショナルトラストに寄付金付きの方のチケット@£6.00ををここで買って、ギャラリーの方へ移動します。

    ビアトリクス ポター ギャラリー 博物館・美術館・ギャラリー

  • ビアトリクス・ポター・ギャラリーの建物。<br />これはポターのご主人の弁護士事務所だった建物です。<br />外観はなにやら工事中。たまたま日本人の館員さん(ヒルトップ兼務)がいて、いろいろ説明してもらえました。<br />ポターさん、ほんとに写生というか細密画がうまかったんですねぇ。<br />まるで写真みたいなスケッチでした。

    ビアトリクス・ポター・ギャラリーの建物。
    これはポターのご主人の弁護士事務所だった建物です。
    外観はなにやら工事中。たまたま日本人の館員さん(ヒルトップ兼務)がいて、いろいろ説明してもらえました。
    ポターさん、ほんとに写生というか細密画がうまかったんですねぇ。
    まるで写真みたいなスケッチでした。

    ビアトリクス ポター ギャラリー 博物館・美術館・ギャラリー

  • 昼食会場となった「クイーンズヘッド ロビンソンズ スィートルーム」。<br />こちら側の小さな入口は郵便局になっているらしくて、ポストもありました。

    昼食会場となった「クイーンズヘッド ロビンソンズ スィートルーム」。
    こちら側の小さな入口は郵便局になっているらしくて、ポストもありました。

  • レストラン「クイーンズヘッド」の正面入り口。花が飾ってあって、それが白い壁に映えてとてもかわいらしいお店です。

    レストラン「クイーンズヘッド」の正面入り口。花が飾ってあって、それが白い壁に映えてとてもかわいらしいお店です。

  • 中の様子はこんな感じ。昔の写真が飾ってありました。<br />天井が低いなぁと感じました。<br />壁や床は木製でダークブラウンの落ち着いた雰囲気でした。

    中の様子はこんな感じ。昔の写真が飾ってありました。
    天井が低いなぁと感じました。
    壁や床は木製でダークブラウンの落ち着いた雰囲気でした。

  • 本日のサラダ。

    本日のサラダ。

  • 本日のメイン、コテージパイ。<br />コテージパイって初めて食べたかもしれない。

    本日のメイン、コテージパイ。
    コテージパイって初めて食べたかもしれない。

  • デザートです。なんだか忘れましたが、おいしかったです。

    デザートです。なんだか忘れましたが、おいしかったです。

  • ワーズワースの母校ホークスヘッドグラマースクール。<br />集合場所(駐車場)のすぐ近くにあります。

    ワーズワースの母校ホークスヘッドグラマースクール。
    集合場所(駐車場)のすぐ近くにあります。

    ホークスヘッド グラマー スクール 建造物

  • ホークスヘッドの大駐車場(集合場所)の前のお土産屋さん「グラハムス」。<br />大きな看板が二つもあり、日本語で、「ピーターラビットのお店にようこそ! 公認商品取り扱い店」と書いてありました。<br />ここで、職場のチームへのばらまきみやげにピーターラビットのコースターを買いました。

    ホークスヘッドの大駐車場(集合場所)の前のお土産屋さん「グラハムス」。
    大きな看板が二つもあり、日本語で、「ピーターラビットのお店にようこそ! 公認商品取り扱い店」と書いてありました。
    ここで、職場のチームへのばらまきみやげにピーターラビットのコースターを買いました。

  • 13:15、本日のメイン、ヒルトップへ向かいます。<br />道が狭いため、専用のシャトルバスに乗り込みます。<br />実は、私たちの大型バスの運転手さんは、この乗り換えをちょっと喜んでいました。<br />ヒルトップまでの道は狭いのであまり大型バスでは走りたくないんだそうです。

    13:15、本日のメイン、ヒルトップへ向かいます。
    道が狭いため、専用のシャトルバスに乗り込みます。
    実は、私たちの大型バスの運転手さんは、この乗り換えをちょっと喜んでいました。
    ヒルトップまでの道は狭いのであまり大型バスでは走りたくないんだそうです。

  • 13:25、ヒルトップ着。<br />ヒルトップの入口の看板。<br />さぁ、いよいよです。

    13:25、ヒルトップ着。
    ヒルトップの入口の看板。
    さぁ、いよいよです。

    ヒル トップ 建造物

  • ピーターラビット探訪ウィーキング地図。<br />1 アンヴィルコテージ (ひげのサムエルのおはなし)<br />2 郵便ポスト (ピーターラビットのこよみ)<br />3 ジンジャーとピクルスの店(「ジンジャーとピクルスや」のおはなし<br />4 タワーバンクアームス (あひるのジマイマのおはなし)<br />5 昔日の郵便局 (パイがふたつあったおはなし)<br />6 こねこのトムの門 (こねんこのトムのおはなし)

    ピーターラビット探訪ウィーキング地図。
    1 アンヴィルコテージ (ひげのサムエルのおはなし)
    2 郵便ポスト (ピーターラビットのこよみ)
    3 ジンジャーとピクルスの店(「ジンジャーとピクルスや」のおはなし
    4 タワーバンクアームス (あひるのジマイマのおはなし)
    5 昔日の郵便局 (パイがふたつあったおはなし)
    6 こねこのトムの門 (こねんこのトムのおはなし)

    ヒル トップ 建造物

  • ヒルトップの玄関。<br />絵本の中の建物とまったく同じです。建物の中にも絵本に描かれた風景がいっぱいありましたが、撮影禁止でした。

    ヒルトップの玄関。
    絵本の中の建物とまったく同じです。建物の中にも絵本に描かれた風景がいっぱいありましたが、撮影禁止でした。

    ヒル トップ 建造物

  • 道路側からみたタワーバンクスアームズ。

    道路側からみたタワーバンクスアームズ。

    ヒル トップ 建造物

  • 正面から見たタワーバンクアームズ。

    正面から見たタワーバンクアームズ。

    ヒル トップ 建造物

  • 昔日の郵便局はちょっと離れたところでした。<br />古い建物のように見えます。

    昔日の郵便局はちょっと離れたところでした。
    古い建物のように見えます。

    ヒル トップ 建造物

  • ジンジャーとピクルスのお店です。<br />いかにも普通のおうちです。

    ジンジャーとピクルスのお店です。
    いかにも普通のおうちです。

    ヒル トップ 建造物

  • アンヴィルコテージ。<br />一般の方のお宅なんでしょうね。

    アンヴィルコテージ。
    一般の方のお宅なんでしょうね。

    ヒル トップ 建造物

  • 郵便ポスト。<br />今でも実際にこの家の郵便受けとして使われています。

    郵便ポスト。
    今でも実際にこの家の郵便受けとして使われています。

    ヒル トップ 建造物

  • 子猫のトムの門。<br />これは、目の前を通っているのに気が付かなかったため、<br />ちょっと探してしまいました。<br /><br />絵本の中の景色を堪能して、再びマイクロバスに乗ってホークスヘッドに戻ります。14:30出発。おみやげにピーターラビットの柄の小さな缶入り紅茶3個セットを買いました。

    子猫のトムの門。
    これは、目の前を通っているのに気が付かなかったため、
    ちょっと探してしまいました。

    絵本の中の景色を堪能して、再びマイクロバスに乗ってホークスヘッドに戻ります。14:30出発。おみやげにピーターラビットの柄の小さな缶入り紅茶3個セットを買いました。

    ヒル トップ 建造物

  • 14:40、ホークスヘッド着。<br />ホークスヘッドで少しばかりのフリータイム。<br />15:00の集合時間まで、ワーズワースの母校、ホウクスヘッドのグラマースクールを見学しました。

    14:40、ホークスヘッド着。
    ホークスヘッドで少しばかりのフリータイム。
    15:00の集合時間まで、ワーズワースの母校、ホウクスヘッドのグラマースクールを見学しました。

    ホークスヘッド グラマー スクール 建造物

  • 机の上には落書きがいっぱいありました。どこの国でもどの時代でも同じですね。<br />でも、ワーズワースの落書きはしっかりカバーされて保存されていましたよ。<br />

    机の上には落書きがいっぱいありました。どこの国でもどの時代でも同じですね。
    でも、ワーズワースの落書きはしっかりカバーされて保存されていましたよ。

    ホークスヘッド グラマー スクール 建造物

  • グラマースクールの建物と館長さんです。<br />元学校の先生をしていた方で、英語のいまいち理解できない私たちにも一生懸命説明してくださいました。日本の義務教育についてちょっと質問されました。<br /><br />ここは満60歳からシニア料金になります。<br />「10月にシニアになるけどダメ?」<br />「10月になったらまたおいで。そしたら、シニア料金にしてあげるよ」だって。

    グラマースクールの建物と館長さんです。
    元学校の先生をしていた方で、英語のいまいち理解できない私たちにも一生懸命説明してくださいました。日本の義務教育についてちょっと質問されました。

    ここは満60歳からシニア料金になります。
    「10月にシニアになるけどダメ?」
    「10月になったらまたおいで。そしたら、シニア料金にしてあげるよ」だって。

    ホークスヘッド グラマー スクール 建造物

  • さて、バスに乗り換え、蒸気機関車の乗り場に向かいます。<br />15:40、ハヴァースウェイト駅に着きました。<br />この駅舎は花に囲まれて、とてもきれいでした。<br />この駅のトイレは無料でした。

    さて、バスに乗り換え、蒸気機関車の乗り場に向かいます。
    15:40、ハヴァースウェイト駅に着きました。
    この駅舎は花に囲まれて、とてもきれいでした。
    この駅のトイレは無料でした。

  • ハヴァースウェイト駅のホーム。<br />なんかねぇ。たぶん違うんですよ。<br />でもハリポタのホグズミートの駅に似ていませんか?

    ハヴァースウェイト駅のホーム。
    なんかねぇ。たぶん違うんですよ。
    でもハリポタのホグズミートの駅に似ていませんか?

  • ハヴァースウェイト駅、お花がいっぱいでとてもきれいな駅でした。

    ハヴァースウェイト駅、お花がいっぱいでとてもきれいな駅でした。

  • ホームでふくろうの展示(腕にとまらせてくれたりして、募金を募っていたんだと思います)をしていました。<br />ふくろう大好きな私はもう、ワクワクです。<br />とってもおとなしいみみずくちゃんたち。<br />左は「Scops owl」とカードに書いてありました。このはずくです。<br />右は「Bengal Eagl owl」、ベンガルわしみみずくです。<br /><br />ノートに日本名を勘でメモしていましたが、あっていましたねぇ。うれしいです。

    ホームでふくろうの展示(腕にとまらせてくれたりして、募金を募っていたんだと思います)をしていました。
    ふくろう大好きな私はもう、ワクワクです。
    とってもおとなしいみみずくちゃんたち。
    左は「Scops owl」とカードに書いてありました。このはずくです。
    右は「Bengal Eagl owl」、ベンガルわしみみずくです。

    ノートに日本名を勘でメモしていましたが、あっていましたねぇ。うれしいです。

  • おじさんの腕に乗っていた、めんふくろう。<br />「この梟の種類は英語ではなんというの?」<br />「日本語では『めんふくろう』っていうんだよ」とか<br />お互いわかっているのかいないのかよくわからない会話をしました。<br />おじさんは「メンフクロウ」がうまく発音できませんでした。<br /><br />おじさんが「BARN」とノートに書いてくれましたが、<br />この子の名前なのかもしれません。

    おじさんの腕に乗っていた、めんふくろう。
    「この梟の種類は英語ではなんというの?」
    「日本語では『めんふくろう』っていうんだよ」とか
    お互いわかっているのかいないのかよくわからない会話をしました。
    おじさんは「メンフクロウ」がうまく発音できませんでした。

    おじさんが「BARN」とノートに書いてくれましたが、
    この子の名前なのかもしれません。

  • お待ちかねの蒸気機関車が到着しました。<br />蒸気機関車は最後にいましたが、押しているのでしょうか?<br />出発する時に先頭にいる形で入線してきました。

    お待ちかねの蒸気機関車が到着しました。
    蒸気機関車は最後にいましたが、押しているのでしょうか?
    出発する時に先頭にいる形で入線してきました。

  • 16:15出発、汽車はわりと空いていました。<br />蒸気機関車の車窓はハヴァースウェイト→レイクサイトの場合、進行方向右側のほうがきれいです。<br />ところどころ、緑の中に川なのか湖の端っこなのか、が見えました。<br />途中に一回駅に止まりましたが、私たちは終点のレイクサイトまで行きます。

    16:15出発、汽車はわりと空いていました。
    蒸気機関車の車窓はハヴァースウェイト→レイクサイトの場合、進行方向右側のほうがきれいです。
    ところどころ、緑の中に川なのか湖の端っこなのか、が見えました。
    途中に一回駅に止まりましたが、私たちは終点のレイクサイトまで行きます。

  • 16:43、終点レイクサイト駅に到着です。<br />ホームの先頭まで行って、機関車の顔を撮りました。

    16:43、終点レイクサイト駅に到着です。
    ホームの先頭まで行って、機関車の顔を撮りました。

  • ここでしばらく待って、ウィンダミア湖の遊覧船に乗りました。<br />レイクサイトの船乗り場の近くです。

    ここでしばらく待って、ウィンダミア湖の遊覧船に乗りました。
    レイクサイトの船乗り場の近くです。

    ウィンダミア フェリー 船系

  • 17:00船は桟橋を離れます。<br />最初は1階のベンチに座っていたのですが、甲板に上がってきました。<br />寒いくらいです。でも、お天気が良いので気持ちいい〜・

    17:00船は桟橋を離れます。
    最初は1階のベンチに座っていたのですが、甲板に上がってきました。
    寒いくらいです。でも、お天気が良いので気持ちいい〜・

    ウィンダミア フェリー 船系

  • 最初はガラガラだった甲板も、似たような考えをする人々が多いのか混んできました。<br />カメラを構えている私たちの前に大きな声でお話しする大陸の方々が割り込んできて、その傍若無人な振る舞いにちょっと辟易しました。ずうずうしいおばさんになっても、こうはならないようにしよう、周りにちょっとでも気を配れるおばさんになろうと心に誓いました。なので、船からの写真はとっても少ないです。

    最初はガラガラだった甲板も、似たような考えをする人々が多いのか混んできました。
    カメラを構えている私たちの前に大きな声でお話しする大陸の方々が割り込んできて、その傍若無人な振る舞いにちょっと辟易しました。ずうずうしいおばさんになっても、こうはならないようにしよう、周りにちょっとでも気を配れるおばさんになろうと心に誓いました。なので、船からの写真はとっても少ないです。

    ウィンダミア フェリー 船系

  • ボウネスの港に近づきました。丘の上のりっぱな建物はホテルです。

    ボウネスの港に近づきました。丘の上のりっぱな建物はホテルです。

    ウィンダミア フェリー 船系

  • 桟橋近くの湖岸には白鳥などもいっぱい来て、公園のようでした。<br />17:40ボウネス到着、やれやれ、な思いです。<br />ボウネスのトイレは有料(£0.4)なのに汚いから、<br />無料の船のトイレで用事を足しておくように言われました。<br />う〜ん、船のトイレもいまいち汚かったけど、タダだから仕方ないか…。<br /><br />ここからバスは一路ランカスターのホテルに向けて走ります。<br />なんか疲れちゃって眠っちゃったみたいです。

    桟橋近くの湖岸には白鳥などもいっぱい来て、公園のようでした。
    17:40ボウネス到着、やれやれ、な思いです。
    ボウネスのトイレは有料(£0.4)なのに汚いから、
    無料の船のトイレで用事を足しておくように言われました。
    う〜ん、船のトイレもいまいち汚かったけど、タダだから仕方ないか…。

    ここからバスは一路ランカスターのホテルに向けて走ります。
    なんか疲れちゃって眠っちゃったみたいです。

    ウィンダミア フェリー 船系

  • 18:40ホテル着。19:15夕食。<br />本日の夕食の前菜。

    18:40ホテル着。19:15夕食。
    本日の夕食の前菜。

  • メインはお魚料理でした。

    メインはお魚料理でした。

  • デザートはチョコレートケーキです。

    デザートはチョコレートケーキです。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集