ヨーク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
国立鉄道博物館  2014.10.16<br />National railway Museum.York <br />世界で初めて時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号<br />The fastest steam locomotive in the world,Mallard.<br /><br />スコットランド・フランスの旅2014<br />写真旅行記 Travel Photo Essay<br />2014.10.13(月)〜10.27(月)15日間<br />スコットランド・フランスの旅2014<br /> <br />第7回 エジンバラからヨークへ列車の旅と国立鉄道博物館<br />From Edinburgh to York &amp; National Railway Museum<br /><br />10月16日(木)小雨(エジンバラ)のち晴れ(ヨーク)<br />ヨークへ向かう朝は4時過ぎに目覚め、しばらくして起床した。<br />荷造りを済ませ、備え付けの電気ポットで湯を沸かし、紅茶を入れてプチ(菓子)を食べて軽い朝食とした。<br />出発するまでに時間があったので、昨日観光案内所で買った絵はがきを4枚書いて切手も貼った。<br />薄暗いフロントは誰もいないのでカード・キーをカウンターに置くだけだ。支払いはチェックイン時に済んでおり、朝食もその都度精算したのでチェックアウトの手続きは何もない。できればスコティッシュ・ショーの予約などいろいろと世話になったフロントのお姉さんたちに一言礼を言いたかった。<br /><br />6時半すこし前に出かけたが、雨の後で路面がぬれていた。<br />6:40ごろ駅に着いて7:00発の列車のホームをボード(電光掲示板)で確認すると2番線で、この駅止まりの線路ではなく、通過するものだ。<br />終点の線路のホームに入るには改札ゲートがあるので駅員に確認しないと間違う恐れがある。<br />eチケットの号車を見ずに、入ってきた列車に適当に乗り込んだら、運よくチケットに書かれたD号車で、かなり空いていた。<br />定刻7時に発車して間もなく検札が来て、座席番号がちがうので次の駅までに指定された席に着くように注意してくれた。<br />朝の通勤・通学時間帯になるとほぼ満席になり、あらかじめ(7/31)オンライン手配しておいてよかった。<br />ちなみに通常料金の1/4ほどで買った。イギリスのて鉄道の切符は3か月前の発売日よりも、その1か月後が圧倒的に安いことを今回体験した。<br />参考:http://4travel.jp/travelogue/10935919<br />運行記録<br />Edinburgh Waverley7:00→ Berwickon Tweed7:50→Alnmouth for alnwick8:05→Monpech8:19→ Newcastle8:35→Durham Castle8:49→Darlington9:10→York9:37(5分遅れ)<br /><br />今回の2800キロに及ぶ列車の旅の最初の区間(324キロ)で、列車がわずかの遅れで無事に到着してほっとした。<br />急ぐ旅ではないので、駅構内をざっと一巡りしてから外に出た。<br />駅前の赤くて丸いおなじみのポストに今朝書いた絵はがきを投函した。<br />ホテルまでは遠くなさそうだったがスーツケースが重いのでタクシーに乗った。5ポンド。<br />チェックインは3時とのことなのでスーツケースと手提げを預けた。駅まで歩くことにしたが、道を間違えて城壁に沿った道路を逆回りしてしまった。<br />私の街歩きは、ただ歩くだけではなく、見たり写真を撮りながらなので倍の時間がかかるが、20分ほどで駅に着いた。<br />旧市街を囲む城壁は道路より5mぐらいの高さ土塁の上に築かれた高さ5mほどの石積みの壁である。<br /><br />ヨーク駅構内を少し見回ってからPASTYの店でパスティ(肉入り包みパイ)とコーヒーの朝食。5.94ポンド<br /><br />あすはブロンテ姉妹の故郷を訪ねてハワースへ行くので、最寄りのKeighleyまでの往復切符を窓口で買った。事前にオンライン購入を試み時はシステムが故障中でダメだったが、オンラインと同じ20.9ポンドで買えた。<br />ローカル列車なので時間指定はなく、帰りの切符の有効期限は1か月だった。<br /><br />今日のメインは国立鉄道博物館で、駅から100mほど離れたところにあり、2棟に分かれている。<br />1829年のスティーブンソン※の蒸気機関車を始め、世界最速の時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号Mallardなど、たくさんの機関車・客車が展示され、子供連れでにぎわっていた。機関車が所狭しと並んでいる様は鉄道好きには堪らない魅力だが、シニアの一人観覧者は多少場違いな感じがしないわけでもなかった。<br />日本の初期の新幹線もあるが、シンプルな顔つきはここでは魅力に乏しい。<br />別棟には食堂車やサロン・カーが展示され、ホームの一つには料理の売店が並んでいた。ここでランチすればよかったと思ったが後の祭り。<br /><br />※ジョージ・スチーブンソン(George Stephenson、1781年6月9日 - 1848年8月12日)はイングランドの土木技術者、機械技術者。蒸気機関車を使った公共鉄道の実用化に成功した。<br /><br />12時半に鉄道博物館前から出るミニ・トレインに乗って市の中心部のヨーク大聖堂York Minsterまで行った。2ポンド。<br /><br />旅行記に記載のポンド/円レートは180円としたが、外貨購入の189円とクレジットカード精算の172円の中間値。<br /><br />■旅行計画要約(毎回掲載します) <br />Abstract of the trip to Scotland and France<br />http://4travel.jp/travelogue/10935919<br /><br />イギリスは自動車会社Hの研究所勤務時に、1980年代初頭から90年代半ばまでローバーとの共同開発を含むjoint project(business)の機会に何度となく出張し、イギリス人から生きた英語を学んできたので、私にとっては学生時代に交流があったフランスとならび特別な親近感を抱く外国。<br /><br />しかしいつしか高齢となり、いつまで海外旅行ができるか分らなくなったため、一度も行ったことのないイングランドと地続きのスコットランドへ行ってみたくなり、半年ほど前に今年の旅行先に決めた。<br />先日のスコットランドの独立の是非を問う国民投票が公示される以前のことだ。<br />体質の関係で日本酒は全くダメだが、ウィスキーは好きで、最近は飲む機会が少ないが、昔はオールドパーのボトルキープができた古き良き時代もあった。水で割ってはせっかくの香りが薄まるのでロックがよい。<br />イギリスへ出張を繰り返していた80年代に、イギリス人に緑の三角形の瓶で知られたシングルモルト・ウィスキーの草分けグレンフィディックGlenfiddich(現在はサントリーが輸入・販売)を土産に奨められたこともあった。<br /><br />スコットランドからの帰りにヨークおよびハワースへ立ち寄るのも大きな目的。<br />ヨークは鉄道好きには聖地のような国立鉄道博物館がヨーク駅に隣接している。世界で初めて時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号を始め機関車103両、客車176両、日本の新幹線もあるそうだ。(ブルーガイド・イギリスによる)<br />ヨーク大聖堂や2000年の歴史を刻む城壁や城門も楽しみだ。<br /><br />「嵐が丘」を書いたエミリー、「ジェーン・エア」のシャーロッテ、「アグネス・グレイ」のアン(あまり知られていない)の3姉妹の生まれ育った荒野の中の小さな村で、シェークスピアが生まれたストラットフォード・アポン・エイボンと並ぶ「英国文学の聖地」ハワースは死ぬ前に訪れなくてはならない場所と思っていた。<br /><br />後半のフランス訪問については、<br />今年4月に1964年の東京オリンピックの直前の8月に日仏学生交流プログラムで来日したフランスの学生たち(3つの大学の内の1つ)が50年ぶりに再来日することになり、2日間の都内見学の計画づくりと案内に奔走した。<br />彼らがその後鎌倉・箱根・京都・広島・奈良・大阪を回り、帰国後のメールのやり取りでスコットランド旅行の計画を伝えたところ、その帰りにぜひフランスにも足を延ばして再会したいと言われ、誘いに乗ることになった。(7月)<br />リヨン、エクサンプロヴァンス、パリの3都市だが、いずれのお宅も部屋はたくさんあるのでホテルの手配は要らないと言ってくれているので助かる。<br />4月の受け入れ時にはコーディネーターを務めたので、奥様方を含め16人のメンバー全員と顔のつながりができているため、とても楽しみにしている。<br /><br />撮影 CANON EOS40D EF-S17/85<br />PowerShot A2300<br /><br />スコットランド・フランスの旅2014 1.東京からエジンバラまで  http://4travel.jp/travelogue/10948376<br />スコットランド・フランスの旅2014 2.スコットランドの自然探訪<br /> http://4travel.jp/travelogue/10949966<br />スコットランド・フランスの旅2014 3.スコッチウィスキー蒸留所ツアーhttp://4travel.jp/travelogue/10951228<br />スコットランド・フランスの旅2014 4.エジンバラの街歩き<br />http://4travel.jp/travelogue/10953587<br />スコットランド・フランスの旅2014 5.エジンバラ城<br />http://4travel.jp/travelogue/10958956<br />スコットランド・フランスの旅2014 6.ロイヤル・マイルとスコティッシュ・ダンス <br />http://4travel.jp/travelogue/10959995<br /><br />お気に入りブログ投票(クリック)お願い<br />http://blog.with2.net/link.php?1581210<br /><br />公開2015年1月11日11時11分11秒<br /><br />類似参考旅行記<br />http://4travel.jp/travelogue/10538269 4nobuさん<br />

スコットランド・フランスの旅2014 7.ヨークの国立鉄道博物館 National Railway Museum.York

21いいね!

2014/10/13 - 2014/10/27

22位(同エリア178件中)

2

124

yamada423

yamada423さん

国立鉄道博物館  2014.10.16
National railway Museum.York 
世界で初めて時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号
The fastest steam locomotive in the world,Mallard.

スコットランド・フランスの旅2014
写真旅行記 Travel Photo Essay
2014.10.13(月)〜10.27(月)15日間
スコットランド・フランスの旅2014
 
第7回 エジンバラからヨークへ列車の旅と国立鉄道博物館
From Edinburgh to York & National Railway Museum

10月16日(木)小雨(エジンバラ)のち晴れ(ヨーク)
ヨークへ向かう朝は4時過ぎに目覚め、しばらくして起床した。
荷造りを済ませ、備え付けの電気ポットで湯を沸かし、紅茶を入れてプチ(菓子)を食べて軽い朝食とした。
出発するまでに時間があったので、昨日観光案内所で買った絵はがきを4枚書いて切手も貼った。
薄暗いフロントは誰もいないのでカード・キーをカウンターに置くだけだ。支払いはチェックイン時に済んでおり、朝食もその都度精算したのでチェックアウトの手続きは何もない。できればスコティッシュ・ショーの予約などいろいろと世話になったフロントのお姉さんたちに一言礼を言いたかった。

6時半すこし前に出かけたが、雨の後で路面がぬれていた。
6:40ごろ駅に着いて7:00発の列車のホームをボード(電光掲示板)で確認すると2番線で、この駅止まりの線路ではなく、通過するものだ。
終点の線路のホームに入るには改札ゲートがあるので駅員に確認しないと間違う恐れがある。
eチケットの号車を見ずに、入ってきた列車に適当に乗り込んだら、運よくチケットに書かれたD号車で、かなり空いていた。
定刻7時に発車して間もなく検札が来て、座席番号がちがうので次の駅までに指定された席に着くように注意してくれた。
朝の通勤・通学時間帯になるとほぼ満席になり、あらかじめ(7/31)オンライン手配しておいてよかった。
ちなみに通常料金の1/4ほどで買った。イギリスのて鉄道の切符は3か月前の発売日よりも、その1か月後が圧倒的に安いことを今回体験した。
参考:http://4travel.jp/travelogue/10935919
運行記録
Edinburgh Waverley7:00→ Berwickon Tweed7:50→Alnmouth for alnwick8:05→Monpech8:19→ Newcastle8:35→Durham Castle8:49→Darlington9:10→York9:37(5分遅れ)

今回の2800キロに及ぶ列車の旅の最初の区間(324キロ)で、列車がわずかの遅れで無事に到着してほっとした。
急ぐ旅ではないので、駅構内をざっと一巡りしてから外に出た。
駅前の赤くて丸いおなじみのポストに今朝書いた絵はがきを投函した。
ホテルまでは遠くなさそうだったがスーツケースが重いのでタクシーに乗った。5ポンド。
チェックインは3時とのことなのでスーツケースと手提げを預けた。駅まで歩くことにしたが、道を間違えて城壁に沿った道路を逆回りしてしまった。
私の街歩きは、ただ歩くだけではなく、見たり写真を撮りながらなので倍の時間がかかるが、20分ほどで駅に着いた。
旧市街を囲む城壁は道路より5mぐらいの高さ土塁の上に築かれた高さ5mほどの石積みの壁である。

ヨーク駅構内を少し見回ってからPASTYの店でパスティ(肉入り包みパイ)とコーヒーの朝食。5.94ポンド

あすはブロンテ姉妹の故郷を訪ねてハワースへ行くので、最寄りのKeighleyまでの往復切符を窓口で買った。事前にオンライン購入を試み時はシステムが故障中でダメだったが、オンラインと同じ20.9ポンドで買えた。
ローカル列車なので時間指定はなく、帰りの切符の有効期限は1か月だった。

今日のメインは国立鉄道博物館で、駅から100mほど離れたところにあり、2棟に分かれている。
1829年のスティーブンソン※の蒸気機関車を始め、世界最速の時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号Mallardなど、たくさんの機関車・客車が展示され、子供連れでにぎわっていた。機関車が所狭しと並んでいる様は鉄道好きには堪らない魅力だが、シニアの一人観覧者は多少場違いな感じがしないわけでもなかった。
日本の初期の新幹線もあるが、シンプルな顔つきはここでは魅力に乏しい。
別棟には食堂車やサロン・カーが展示され、ホームの一つには料理の売店が並んでいた。ここでランチすればよかったと思ったが後の祭り。

※ジョージ・スチーブンソン(George Stephenson、1781年6月9日 - 1848年8月12日)はイングランドの土木技術者、機械技術者。蒸気機関車を使った公共鉄道の実用化に成功した。

12時半に鉄道博物館前から出るミニ・トレインに乗って市の中心部のヨーク大聖堂York Minsterまで行った。2ポンド。

旅行記に記載のポンド/円レートは180円としたが、外貨購入の189円とクレジットカード精算の172円の中間値。

■旅行計画要約(毎回掲載します) 
Abstract of the trip to Scotland and France
http://4travel.jp/travelogue/10935919

イギリスは自動車会社Hの研究所勤務時に、1980年代初頭から90年代半ばまでローバーとの共同開発を含むjoint project(business)の機会に何度となく出張し、イギリス人から生きた英語を学んできたので、私にとっては学生時代に交流があったフランスとならび特別な親近感を抱く外国。

しかしいつしか高齢となり、いつまで海外旅行ができるか分らなくなったため、一度も行ったことのないイングランドと地続きのスコットランドへ行ってみたくなり、半年ほど前に今年の旅行先に決めた。
先日のスコットランドの独立の是非を問う国民投票が公示される以前のことだ。
体質の関係で日本酒は全くダメだが、ウィスキーは好きで、最近は飲む機会が少ないが、昔はオールドパーのボトルキープができた古き良き時代もあった。水で割ってはせっかくの香りが薄まるのでロックがよい。
イギリスへ出張を繰り返していた80年代に、イギリス人に緑の三角形の瓶で知られたシングルモルト・ウィスキーの草分けグレンフィディックGlenfiddich(現在はサントリーが輸入・販売)を土産に奨められたこともあった。

スコットランドからの帰りにヨークおよびハワースへ立ち寄るのも大きな目的。
ヨークは鉄道好きには聖地のような国立鉄道博物館がヨーク駅に隣接している。世界で初めて時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号を始め機関車103両、客車176両、日本の新幹線もあるそうだ。(ブルーガイド・イギリスによる)
ヨーク大聖堂や2000年の歴史を刻む城壁や城門も楽しみだ。

「嵐が丘」を書いたエミリー、「ジェーン・エア」のシャーロッテ、「アグネス・グレイ」のアン(あまり知られていない)の3姉妹の生まれ育った荒野の中の小さな村で、シェークスピアが生まれたストラットフォード・アポン・エイボンと並ぶ「英国文学の聖地」ハワースは死ぬ前に訪れなくてはならない場所と思っていた。

後半のフランス訪問については、
今年4月に1964年の東京オリンピックの直前の8月に日仏学生交流プログラムで来日したフランスの学生たち(3つの大学の内の1つ)が50年ぶりに再来日することになり、2日間の都内見学の計画づくりと案内に奔走した。
彼らがその後鎌倉・箱根・京都・広島・奈良・大阪を回り、帰国後のメールのやり取りでスコットランド旅行の計画を伝えたところ、その帰りにぜひフランスにも足を延ばして再会したいと言われ、誘いに乗ることになった。(7月)
リヨン、エクサンプロヴァンス、パリの3都市だが、いずれのお宅も部屋はたくさんあるのでホテルの手配は要らないと言ってくれているので助かる。
4月の受け入れ時にはコーディネーターを務めたので、奥様方を含め16人のメンバー全員と顔のつながりができているため、とても楽しみにしている。

撮影 CANON EOS40D EF-S17/85
PowerShot A2300

スコットランド・フランスの旅2014 1.東京からエジンバラまで  http://4travel.jp/travelogue/10948376
スコットランド・フランスの旅2014 2.スコットランドの自然探訪
 http://4travel.jp/travelogue/10949966
スコットランド・フランスの旅2014 3.スコッチウィスキー蒸留所ツアーhttp://4travel.jp/travelogue/10951228
スコットランド・フランスの旅2014 4.エジンバラの街歩き
http://4travel.jp/travelogue/10953587
スコットランド・フランスの旅2014 5.エジンバラ城
http://4travel.jp/travelogue/10958956
スコットランド・フランスの旅2014 6.ロイヤル・マイルとスコティッシュ・ダンス 
http://4travel.jp/travelogue/10959995

お気に入りブログ投票(クリック)お願い
http://blog.with2.net/link.php?1581210

公開2015年1月11日11時11分11秒

類似参考旅行記
http://4travel.jp/travelogue/10538269 4nobuさん

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
交通
4.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道
航空会社
ブリティッシュエアウェイズ
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
JTB

PR

  • 2014年10月16日(木)小雨(エジンバラ)のち晴れ(ヨーク)<br /><br />エジンバラWaverley駅の待合室の列車発着時刻表示盤<br />7:00 Reading  2 On time<br />7:00発 レディング行き 2番線  予定通り<br /><br /><br />Readingはロンドンの西60Kmの町です。

    2014年10月16日(木)小雨(エジンバラ)のち晴れ(ヨーク)

    エジンバラWaverley駅の待合室の列車発着時刻表示盤
    7:00 Reading  2 On time
    7:00発 レディング行き 2番線  予定通り


    Readingはロンドンの西60Kmの町です。

  • この男性はスーツケースを中と小の二つに分けていますが、列車の乗り降りや荷物置き場(棚)に上げるのに都合がよいと思います。

    この男性はスーツケースを中と小の二つに分けていますが、列車の乗り降りや荷物置き場(棚)に上げるのに都合がよいと思います。

  • この時刻にはまだ待合室は閑散としています。6:41(日の出7:45)

    この時刻にはまだ待合室は閑散としています。6:41(日の出7:45)

  • 7時発Reading行きのこの列車に乗ります。6:52<br /><br />黄色の列車の前面(顔)がなんとなくスズメバチに見えませんか。

    7時発Reading行きのこの列車に乗ります。6:52

    黄色の列車の前面(顔)がなんとなくスズメバチに見えませんか。

  • 2等車の車内

    2等車の車内

  • シートとグリップの色は左右で色が異なっています。<br />赤いシートには黒いグリップです。<br /><br />座り心地はごく普通です。

    シートとグリップの色は左右で色が異なっています。
    赤いシートには黒いグリップです。

    座り心地はごく普通です。

  • Newcastle 8:33<br /><br />エジンバラを出発した列車は東に向かい、北海に面した東海岸沿いに南下してニューキャッスルなどを通ってヨークに向かいます。<br /><br />

    Newcastle 8:33

    エジンバラを出発した列車は東に向かい、北海に面した東海岸沿いに南下してニューキャッスルなどを通ってヨークに向かいます。

  • あと15分ほどでヨークに到着します。9:23<br /><br />走行中の風景を撮るのは難しくて、立ち木や電柱が写ってしまうことがしばしばです。

    あと15分ほどでヨークに到着します。9:23

    走行中の風景を撮るのは難しくて、立ち木や電柱が写ってしまうことがしばしばです。

  • イングランドにはそれほど高い山がないので、このようなどこまでも平らな風景となだらかな丘が続く風景のどちらかです。<br /><br />イングランド最高峰はスコーフェル・パイク(978m)

    イングランドにはそれほど高い山がないので、このようなどこまでも平らな風景となだらかな丘が続く風景のどちらかです。

    イングランド最高峰はスコーフェル・パイク(978m)

  • 2003年に湖水地方へ列車に乗ったときは少し丘がありました。<br />http://4travel.jp/travelogue/10552696

    2003年に湖水地方へ列車に乗ったときは少し丘がありました。
    http://4travel.jp/travelogue/10552696

  • 到着したヨーク駅のホーム  9:40<br /><br />ファーストクラス(1等車)のD号車の乗り場案内です。<br /><br />Please wait here for coach D.<br />D号車はここでお待ちください。<br />On East Coast service only<br />

    到着したヨーク駅のホーム  9:40

    ファーストクラス(1等車)のD号車の乗り場案内です。

    Please wait here for coach D.
    D号車はここでお待ちください。
    On East Coast service only

  • ここまで乗ってきたReading行き列車のD号車の表示<br /><br />上と同じD号車ですが2等です。

    ここまで乗ってきたReading行き列車のD号車の表示

    上と同じD号車ですが2等です。

  • 発車する列車を・・・

    発車する列車を・・・

  • 見送る駅員  9:41<br /><br />それを撮るわたし。<br />今日は急ぐこともないので、駅の雰囲気をゆっくりと味わってからホテルへ向かいます。<br />一人旅の気楽さです。

    見送る駅員  9:41

    それを撮るわたし。
    今日は急ぐこともないので、駅の雰囲気をゆっくりと味わってからホテルへ向かいます。
    一人旅の気楽さです。

  • 至ってシンプルな駅名表示<br /><br />向こうに構内の駐輪場が見えます。

    至ってシンプルな駅名表示

    向こうに構内の駐輪場が見えます。

  • trans pennine express<br /><br />ペニン山脈は北イングランドにあります。<br />この列車はそのあたりを営業エリアにしているものと思われます。<br />イギリスにはたくさんの鉄道会社があるので、外国人にはよく分りません。

    trans pennine express

    ペニン山脈は北イングランドにあります。
    この列車はそのあたりを営業エリアにしているものと思われます。
    イギリスにはたくさんの鉄道会社があるので、外国人にはよく分りません。

  • ホームをつなぐ跨線橋

    ホームをつなぐ跨線橋

  • 階段は大変そうですがリフトがあります。<br /><br />案内板には<br />Use the lifts.<br />Please don&#39;t struggle on the stairs.<br />リフトをお使いください。<br />どうぞ階段で苦闘しないでください。<br />英語が読めなくても絵文字でわかります。

    階段は大変そうですがリフトがあります。

    案内板には
    Use the lifts.
    Please don't struggle on the stairs.
    リフトをお使いください。
    どうぞ階段で苦闘しないでください。
    英語が読めなくても絵文字でわかります。

  • 郵便配達車  10:07<br /><br />ホテルへタクシーで行き、荷物を預けて駅に向かう途中で見かけました。<br />車より小回りが利き、駐車も楽なので便利そうです。

    郵便配達車  10:07

    ホテルへタクシーで行き、荷物を預けて駅に向かう途中で見かけました。
    車より小回りが利き、駐車も楽なので便利そうです。

  • 初めて訪れたヨークの街並みの第一印象は「長い歴史を感じさせるセンスの良い街」<br /><br />正面の白い窓枠の建物は半円形の窓が特に素敵です。<br />自転車の人物を入れることによって動的な活力を表現してみました。<br />次の写真と比べて見てください。

    イチオシ

    初めて訪れたヨークの街並みの第一印象は「長い歴史を感じさせるセンスの良い街」

    正面の白い窓枠の建物は半円形の窓が特に素敵です。
    自転車の人物を入れることによって動的な活力を表現してみました。
    次の写真と比べて見てください。

  • 歩行者がいるので多少は臨場感(ライブ感)が得られます。

    歩行者がいるので多少は臨場感(ライブ感)が得られます。

  • 自転車で引くベビーカー

    自転車で引くベビーカー

  • 何か歴史のある建物を利用したホテルのようです。<br /><br />MIDDLETONS HOTEL<br />EAT DRINK DANCE RELAX SLEEP これだけあれば十分ですね

    何か歴史のある建物を利用したホテルのようです。

    MIDDLETONS HOTEL
    EAT DRINK DANCE RELAX SLEEP これだけあれば十分ですね

  • 回廊があるのはイタリア建築のようですが建物全体は見ていません。<br /><br />昔行ったことがあるトリノにも立派な回廊がありました。<br /><br />ヨーロッパ出張 その1.トリノ、ストラスブルグ、シュトットガルト<br />http://4travel.jp/travelogue/10467248

    回廊があるのはイタリア建築のようですが建物全体は見ていません。

    昔行ったことがあるトリノにも立派な回廊がありました。

    ヨーロッパ出張 その1.トリノ、ストラスブルグ、シュトットガルト
    http://4travel.jp/travelogue/10467248

  • 1327〜1377年にかけてノルマン人によって築かれたヨークの城壁は全長が5Kmに及ぶ。<br /><br />ホテルから駅に行く最短ルートではなく、城壁の南側の道に沿って行くことになりましたが、道(方角)を間違えたためです。日差しがないと見知らぬ街ではありがちなミスです。

    1327〜1377年にかけてノルマン人によって築かれたヨークの城壁は全長が5Kmに及ぶ。

    ホテルから駅に行く最短ルートではなく、城壁の南側の道に沿って行くことになりましたが、道(方角)を間違えたためです。日差しがないと見知らぬ街ではありがちなミスです。

  • 何か所か広くなった箇所があります。10:19

    何か所か広くなった箇所があります。10:19

  • 赤いバスはオープン・トップのヨーク市内観光バスで、24時間券が12ポンド(¥2200)です。<br />http://www.city-sightseeing.com/tours/united-kingdom/york.htm<br />City Sightseeing York<br />Discover all the great things to do and see in York with City Sightseeing<br />Prices from £12.00 for adults and £5.00 for children

    赤いバスはオープン・トップのヨーク市内観光バスで、24時間券が12ポンド(¥2200)です。
    http://www.city-sightseeing.com/tours/united-kingdom/york.htm
    City Sightseeing York
    Discover all the great things to do and see in York with City Sightseeing
    Prices from £12.00 for adults and £5.00 for children

  • ヨーク駅前駐車場

    ヨーク駅前駐車場

  • 駅のホームの丸屋根

    駅のホームの丸屋根

  • この分厚いレンガの壁は異様に感じるほどです。

    この分厚いレンガの壁は異様に感じるほどです。

  • 駐車場はShort stayと Long stayに分れているのでヨーク考えて停めましょう。

    駐車場はShort stayと Long stayに分れているのでヨーク考えて停めましょう。

  • 鉄道の駅のマークは線路の分岐点を模したものでしょうか。<br /><br />飛行機がすれ違うようにも見えますが、危険なニアミスですね。<br /><br />&quot;Short wait   50meters&quot;(50m先に短時間停車場所)があるのは便利ですね。

    鉄道の駅のマークは線路の分岐点を模したものでしょうか。

    飛行機がすれ違うようにも見えますが、危険なニアミスですね。

    "Short wait 50meters"(50m先に短時間停車場所)があるのは便利ですね。

  • &quot;Short wait   50meters&quot;(50m先に短時間停車場所)があるのは便利ですね。

    "Short wait 50meters"(50m先に短時間停車場所)があるのは便利ですね。

  • 伝統的なコーンウォールのパスティ(肉入りパイ)3.99ポンド(¥720)<br />Traditional Cornish Pasties<br /><br />遅い朝食にパスティとコーヒー 5.99ポンド(¥1070)<br />イギリスの物価は高いです。でも美味しかったからOKです。

    伝統的なコーンウォールのパスティ(肉入りパイ)3.99ポンド(¥720)
    Traditional Cornish Pasties

    遅い朝食にパスティとコーヒー 5.99ポンド(¥1070)
    イギリスの物価は高いです。でも美味しかったからOKです。

  • コーンウォールはここから382マイル(614キロ)です。<br />CORNWALL 382MILES<br />なかなか洒落た表現ですね。<br /><br />パスティ(英: pasty/pastieコーンウォール語: hogen; pasti、西コーンウォール方言: tiddy/teddy oggy/oggin)は、イギリスのコーンウォールに関連する具入りのペイストリーである。パスティはパイとは異なり、通常丸い平面のペイストリーに具を置いて、折り曲げて包み、縁に折り目をつけ閉じる。この結果、半円形になる。伝統的なコーニッシュ・パスティは牛肉、薄切りジャガイモ、ルタバガ(Swedish turnip「スウェーデンのカブ」とも呼ばれる)、およびタマネギを具とし、焼いて作る。 Wikipedia

    コーンウォールはここから382マイル(614キロ)です。
    CORNWALL 382MILES
    なかなか洒落た表現ですね。

    パスティ(英: pasty/pastieコーンウォール語: hogen; pasti、西コーンウォール方言: tiddy/teddy oggy/oggin)は、イギリスのコーンウォールに関連する具入りのペイストリーである。パスティはパイとは異なり、通常丸い平面のペイストリーに具を置いて、折り曲げて包み、縁に折り目をつけ閉じる。この結果、半円形になる。伝統的なコーニッシュ・パスティは牛肉、薄切りジャガイモ、ルタバガ(Swedish turnip「スウェーデンのカブ」とも呼ばれる)、およびタマネギを具とし、焼いて作る。 Wikipedia

  • パスティとドリンクの価格表

    パスティとドリンクの価格表

  • 駅前のポストに朝書いた絵はがきを投函しました。11:10<br />帰国後に届いたので10日以上かかったことになります。

    駅前のポストに朝書いた絵はがきを投函しました。11:10
    帰国後に届いたので10日以上かかったことになります。

  • 駅の内側からの駅前風景

    駅の内側からの駅前風景

  • 何かのキャンペーンをしているお姉さんがいて、写真を撮っていいかと尋ねたら「このゴリラならいいです」と言われました。<br />調べてみるまではWWFが通信会社の略かと思っていたら全く違います。<br /><br />WWFは、World Wide Fund for Nature(世界自然保護基金)の頭文字です。

    何かのキャンペーンをしているお姉さんがいて、写真を撮っていいかと尋ねたら「このゴリラならいいです」と言われました。
    調べてみるまではWWFが通信会社の略かと思っていたら全く違います。

    WWFは、World Wide Fund for Nature(世界自然保護基金)の頭文字です。

  • ヨーク駅構内のスーパー<br /><br />W・H・スミス(W H Smith plc、ダブリュー・エイチ・スミス)は、イングランド、ウィルトシャー州スウィンドンに本社を置く英国の小売業者である。口語ではスミシズ (Smith’s) で知られる。<br />同社は商店街、鉄道駅、空港、病院、高速道路のガソリンスタンドで書籍、文房具、雑誌、新聞、娯楽品を販売するチェーンストアで知られている。Wikipedia<br /><br />このような場所では単調な写真を避けるために人が通りかかるのを待って撮りますが、モデル料は要りません(笑い)

    ヨーク駅構内のスーパー

    W・H・スミス(W H Smith plc、ダブリュー・エイチ・スミス)は、イングランド、ウィルトシャー州スウィンドンに本社を置く英国の小売業者である。口語ではスミシズ (Smith’s) で知られる。
    同社は商店街、鉄道駅、空港、病院、高速道路のガソリンスタンドで書籍、文房具、雑誌、新聞、娯楽品を販売するチェーンストアで知られている。Wikipedia

    このような場所では単調な写真を避けるために人が通りかかるのを待って撮りますが、モデル料は要りません(笑い)

  • 再度ヨーク駅構内をよーく見学しました。

    再度ヨーク駅構内をよーく見学しました。

  • この花屋には&quot;Forever Spring&quot;(年中春でーす!)の表示です。

    この花屋には"Forever Spring"(年中春でーす!)の表示です。

  • 北東鉄道NORTH EASTERN RAILWAY.の路線網

    北東鉄道NORTH EASTERN RAILWAY.の路線網

  • ホームの連絡橋から見ると駅内の線路はこんなにカーブしています。

    ホームの連絡橋から見ると駅内の線路はこんなにカーブしています。

  • こんなところにもヨーク市の紋章のような装飾が施されているのを見ると、19〜20世紀の繁栄の遺産を感じます。

    イチオシ

    こんなところにもヨーク市の紋章のような装飾が施されているのを見ると、19〜20世紀の繁栄の遺産を感じます。

  • この案内にしたがって国立鉄道博物館 National Railway Museumへ向かいます。

    この案内にしたがって国立鉄道博物館 National Railway Museumへ向かいます。

  • 一旦駅を出て、100mほど歩きます。

    一旦駅を出て、100mほど歩きます。

  • National Railway Museum 国立鉄道博物館

    National Railway Museum 国立鉄道博物館

  • 歓迎 本日は寄付の日です。<br />Welcome  Donate today<br /><br />入館は基本的に無料ですが、本日は3ポンドの寄付を募ります。<br /><br />ガイドブック6ポンドと合わせて9ポンド支払いました。

    歓迎 本日は寄付の日です。
    Welcome Donate today

    入館は基本的に無料ですが、本日は3ポンドの寄付を募ります。

    ガイドブック6ポンドと合わせて9ポンド支払いました。

  • ここからが鉄道博物館の展示です。<br />ガイドブック &quot;The world&#39;s largest railway museum Official guidebook&quot;の記載を一部転載します。<br /><br />Duchess of Hamilton,Symbol of the era<br />時代のシンボルDuchess of Hamiltonは1938年に製造され、その特徴のある外観は1930年代の流線型のデザインの流れから生まれた。流線型はロンドン、中部Midlandやスコットランドのライバル鉄道会社との競争も意図していた。<br /><br />見栄えは衝撃的だが流線型の外板の修理が難しく、1947年には流線型の外装は撤去された。<br />1967年、1.5億キロマイルの走行を記録して引退した。

    イチオシ

    ここからが鉄道博物館の展示です。
    ガイドブック "The world's largest railway museum Official guidebook"の記載を一部転載します。

    Duchess of Hamilton,Symbol of the era
    時代のシンボルDuchess of Hamiltonは1938年に製造され、その特徴のある外観は1930年代の流線型のデザインの流れから生まれた。流線型はロンドン、中部Midlandやスコットランドのライバル鉄道会社との競争も意図していた。

    見栄えは衝撃的だが流線型の外板の修理が難しく、1947年には流線型の外装は撤去された。
    1967年、1.5億キロマイルの走行を記録して引退した。

  • 1987年には国有のコレクションとなり、数年の間は遺産的鉄道で運行し後に修理工場で元の流線型の外装に復原された。<br /><br />Duchess of Hamiltonは2009年に鉄道博物館に戻ってきた。<br /><br />Duchess of Hamilton(ハミルトン侯爵夫人)はその時代に機関車に付けられた女性王侯貴族の名前(爵位)の一つ。<br />イギリスの爵位<br />http://biofantasy.fc2web.com/kikaku/shakui_eng_base.html<br />

    1987年には国有のコレクションとなり、数年の間は遺産的鉄道で運行し後に修理工場で元の流線型の外装に復原された。

    Duchess of Hamiltonは2009年に鉄道博物館に戻ってきた。

    Duchess of Hamilton(ハミルトン侯爵夫人)はその時代に機関車に付けられた女性王侯貴族の名前(爵位)の一つ。
    イギリスの爵位
    http://biofantasy.fc2web.com/kikaku/shakui_eng_base.html

  • 「BOLSTER SLIDEには注油するな」と書かれている。

    「BOLSTER SLIDEには注油するな」と書かれている。

  • 運転席も見学できるが子供連れがおおぜい並んでいるので遠慮しました。

    運転席も見学できるが子供連れがおおぜい並んでいるので遠慮しました。

  • スティーブンソンStephensonの蒸気機関車 1929年<br /><br />ずいぶん煙突が長かった。<br /><br />

    イチオシ

    スティーブンソンStephensonの蒸気機関車 1929年

    ずいぶん煙突が長かった。

  • 蒸気機関車(右)ができるまでは馬が牽引する鉄道馬車(左)でした。

    蒸気機関車(右)ができるまでは馬が牽引する鉄道馬車(左)でした。

  • 線路の行き先を変える装置(ポイント)の手動?切り換えレバー

    線路の行き先を変える装置(ポイント)の手動?切り換えレバー

  • 修理工場

    修理工場

  • ここにはHOL BROOKの旋盤があります。<br /><br />HOL BROOKはイギリスの歴史が古い旋盤などの専門メーカー<br />https://groups.yahoo.com/neo/groups/holbrooklathes/info<br /><br />歴史的な位置づけは池貝鉄工に似ているかもしれません。

    ここにはHOL BROOKの旋盤があります。

    HOL BROOKはイギリスの歴史が古い旋盤などの専門メーカー
    https://groups.yahoo.com/neo/groups/holbrooklathes/info

    歴史的な位置づけは池貝鉄工に似ているかもしれません。

  • 展示場の一角にはミュージアム・カフェがあります。11:58

    展示場の一角にはミュージアム・カフェがあります。11:58

  • 機関車の向きを変える転車台の実演<br /><br /><br />転車台(てんしゃだい)とは、ターンテーブルともよばれ、車両の方向を変えるための機械。

    機関車の向きを変える転車台の実演


    転車台(てんしゃだい)とは、ターンテーブルともよばれ、車両の方向を変えるための機械。

  • イチオシ

  • 石炭を燃やす火室(かしつ)やボイラー、過熱管などが見られるカットモデル。<br /><br />蒸気機関車の構成要素<br />http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%88%90%E8%A6%81%E7%B4%A0<br /><br />ボイラー (boiler) ? 煙管の中を通る熱い気体によって水を熱して蒸気を作る。<br /><br />過熱管 (superheater tube) ? ボイラーから出てきた蒸気(飽和蒸気)を再度加熱することで、水分を取り除き過熱蒸気にして効率を高める。これを装備するものを過熱式機関車、ないものを飽和式機関車という。

    石炭を燃やす火室(かしつ)やボイラー、過熱管などが見られるカットモデル。

    蒸気機関車の構成要素
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A%E3%81%AE%E6%A7%8B%E6%88%90%E8%A6%81%E7%B4%A0

    ボイラー (boiler) ? 煙管の中を通る熱い気体によって水を熱して蒸気を作る。

    過熱管 (superheater tube) ? ボイラーから出てきた蒸気(飽和蒸気)を再度加熱することで、水分を取り除き過熱蒸気にして効率を高める。これを装備するものを過熱式機関車、ないものを飽和式機関車という。

  • 磨き上げた配管は芸術品みたいです。

    磨き上げた配管は芸術品みたいです。

  • 小さい子供連れが多く(木曜日)、シニアの見学者は少々違和感がありました。

    小さい子供連れが多く(木曜日)、シニアの見学者は少々違和感がありました。

  • イチオシ

  • 鉄道ジオラマ

    鉄道ジオラマ

  • 新幹線はこの場の雰囲気には全くそぐわないです。やめた方がいいと思います。<br /><br />展示するなら日本の蒸気機関車D51などでしょう。(一鉄道ファンの希望)<br />しかし新幹線の車両メーカーの提供・後援となるとそうもいかないですね。

    新幹線はこの場の雰囲気には全くそぐわないです。やめた方がいいと思います。

    展示するなら日本の蒸気機関車D51などでしょう。(一鉄道ファンの希望)
    しかし新幹線の車両メーカーの提供・後援となるとそうもいかないですね。

  • ふたたび Duchess of Hamilton

    ふたたび Duchess of Hamilton

  • こうして見ると、シニアの見学者も結構いたようです。

    こうして見ると、シニアの見学者も結構いたようです。

  • 世界で初めて時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号Mallard<br /><br />お世辞にもカッコイイとは言えませんね。<br />でも機関車は見せるものではなく引っ張るものなので、目的達成のためのデザインなら「それで(も)いいのだ!」

    イチオシ

    世界で初めて時速200Kmを超えた蒸気機関車マラード号Mallard

    お世辞にもカッコイイとは言えませんね。
    でも機関車は見せるものではなく引っ張るものなので、目的達成のためのデザインなら「それで(も)いいのだ!」

  • 表紙写真の元画像<br /><br />機関車の側面にMALLARD画読み取れる。

    表紙写真の元画像

    機関車の側面にMALLARD画読み取れる。

  • またまたスティーブンソンの蒸気機関車と鉄道馬車です。<br /><br />左上には機械式の信号(シグナル)が見えますが、翌日に行ったハワースからキースリーまでのローカル線ではシグナルが現役で使われています。

    またまたスティーブンソンの蒸気機関車と鉄道馬車です。

    左上には機械式の信号(シグナル)が見えますが、翌日に行ったハワースからキースリーまでのローカル線ではシグナルが現役で使われています。

  • 本館の展示の最後にDuchess of Hamiltonにあいさつです。<br /><br />鉄道好きを楽しませてくれてありがとう。<br /><br />超広角レンズで撮ったので顔つきが歪んでしまいました。<br />EF-S10/22 10mmで撮影<br />f/6.7<br />1/125sec<br />ISO-1600<br />-1 補正

    本館の展示の最後にDuchess of Hamiltonにあいさつです。

    鉄道好きを楽しませてくれてありがとう。

    超広角レンズで撮ったので顔つきが歪んでしまいました。
    EF-S10/22 10mmで撮影
    f/6.7
    1/125sec
    ISO-1600
    -1 補正

  • これTATION HALLへ向かいます。

    これTATION HALLへ向かいます。

  • 昔の鉄道会社のポスター

    イチオシ

    昔の鉄道会社のポスター

  • こちらのSouth yardのホームにはレストランが並んでいましたが、食事時間が合わず、利用できませんでした。

    こちらのSouth yardのホームにはレストランが並んでいましたが、食事時間が合わず、利用できませんでした。

  • ファミリー向けスペシャル<br /><br />下記のセットを2人前で19.95ポンド(¥3580) 高ーい!!<br /><br />2種類のサンドイッチ<br />紅茶又はコーヒー<br />お子様ドリンク

    ファミリー向けスペシャル

    下記のセットを2人前で19.95ポンド(¥3580) 高ーい!!

    2種類のサンドイッチ
    紅茶又はコーヒー
    お子様ドリンク

  • 各種チケット<br /><br />ADULT Privilege ticket  大人用特権チケット(議員用など)<br /><br />DOG TICKET  犬用チケット<br /><br />CHILD Go at half rate  子供用 半額<br /><br />British Rail Senior Citizen Railcard 高齢市民鉄道カード<br />

    各種チケット

    ADULT Privilege ticket 大人用特権チケット(議員用など)

    DOG TICKET 犬用チケット

    CHILD Go at half rate 子供用 半額

    British Rail Senior Citizen Railcard 高齢市民鉄道カード

  • サロンカーの調度品

    サロンカーの調度品

  • 古き良き時代の遺産のようですね。

    古き良き時代の遺産のようですね。

  • イチオシ

  • FISH TRAFFICとはなんでしょう。<br /><br />魚運搬用コンテナでもなさそうに見えるが・・・。

    FISH TRAFFICとはなんでしょう。

    魚運搬用コンテナでもなさそうに見えるが・・・。

  • ミニSL機関車

    ミニSL機関車

  • このミニトレインでヨーク大聖堂まで移動します。2ポンド<br /><br />鉄道博物館の見学はちょうど1時間でしたが十分楽しめました。

    イチオシ

    このミニトレインでヨーク大聖堂まで移動します。2ポンド

    鉄道博物館の見学はちょうど1時間でしたが十分楽しめました。

  • 国立鉄道博物館の公式ガイドブックの表紙(表・裏) 6ポンド<br /><br />National Railway Museum Official guidebook<br /><br />一部を転載します。

    国立鉄道博物館の公式ガイドブックの表紙(表・裏) 6ポンド

    National Railway Museum Official guidebook

    一部を転載します。

  • 博物館長 Paul Kirkmanのメッセージ<br /><br />内容は画面をクリックして拡大してご覧ください。

    博物館長 Paul Kirkmanのメッセージ

    内容は画面をクリックして拡大してご覧ください。

  • History of the NRM(National Railway Museum)<br />

    History of the NRM(National Railway Museum)

  • Duchess of Hamilton

    Duchess of Hamilton

  • Mallard

    Mallard

  • Shinkansen

    Shinkansen

  • The Great Hall

    The Great Hall

  • Flying Scotsman

    Flying Scotsman

この旅行記のタグ

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • とし坊さん 2015/01/21 20:56:38
    素晴らしいですね
    素晴らしい 展示車両で心躍りましたね

      感動しました  ただ yamadaさんがおしゃってられたように

     新幹線は不釣合ですね(>_<)


       初めてのコメントになりますが、これからもヨロシクお願いします。

    yamada423

    yamada423さん からの返信 2015/01/21 21:57:43
    新幹線車両
    こんばんは

    お便りありがとうございます。

    私達見学者は、歴史的・技術的興味で、懐かしい昔の列車などを見に行くわけですが、公式ガイドブックによると見方が少し違っています。

    すなわち、「1964年に新幹線の高速列車が誕生したのはイギリスで主力の蒸気機関車の製造が終わってからたったの4年後で、日本は従来の伝統的なものとは異なる鉄道(車両・制御技術)によって大きな将来性を展望していた」、「電気駆動で、沿線ではなく車両搭載の制御装置で高速かつ安全な運行を可能にし、正確性(定時制)は分ではなく秒単位である」などの記載です。
    日本も鉄道技術の輸出のために展示に協力したと思います。

    ガイドブックもよく読んでみるとためになることも・・・

    これからもよろしくお願い致します。

        yamada423

yamada423さんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 430円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP