博多旅行記(ブログ) 一覧に戻る
黒田如水父子を祀った光雲神社にほど近い福岡城を臨む地に建つ圓應寺(えんのうじ)は黒田如水(くろだ・じょすい、1546〜1604)室である光(てる、1553〜1627)の方開基による寺院です。<br /><br />慶長5年(1600)9月、黒田如水・長政父子の関ヶ原の戦いの軍功により、黒田家は家康より豊前中津12万5千石から一挙に筑前一国52万3千石の知行を受けて大大名となります。<br /><br />その後筑前名島城(なじまじょう)を経て福岡城を築城、慶長7年(1602)4月、黒田如水の室・阿弥陀信仰者の照福院殿(光の方)は自ら福岡に一寺を開基し黒田家の菩提寺とします。<br /><br />当寺院のパンフレットによれば照福院殿は長男長政(ながまさ、1568〜1623)が治める福岡城と二男熊之助(くまのすけ、1582〜1597)が亡くなった玄界灘が良く見渡せる福岡城大手門に創建しますが子を想う母親の気持ちがよく表れています。<br /><br />開山は当該寺HPによれば天蓮社真誉見道上人で武門の名門赤松氏の流れで播磨国出身の黒田如水と同郷で、かつては如水の家臣の一人であったと伝えられています。<br /><br />同上人は如水の父職隆(もとたか,1524〜1585)を祀る心光寺においては住職を務め播磨における黒田家菩提寺に深い縁を持つ僧侶で、その後如水が播磨から豊前中津転封にも黒田一族に同道し中津円応寺を開山して黒田家菩提寺とします。<br /><br />その他唐津教安寺・小倉円応寺を開山し、福岡圓應寺の開山に際して小倉から招請を受けその役割を果たし慶長17年(1612)当寺で入没します。<br /><br /><br /><br /><br /><br />

筑前福岡 官兵衛をたずねる 黒田如水室光の方開基 圓應寺散歩

11いいね!

2014/10/08 - 2014/10/08

1936位(同エリア4200件中)

0

10

滝山氏照

滝山氏照さん

黒田如水父子を祀った光雲神社にほど近い福岡城を臨む地に建つ圓應寺(えんのうじ)は黒田如水(くろだ・じょすい、1546〜1604)室である光(てる、1553〜1627)の方開基による寺院です。

慶長5年(1600)9月、黒田如水・長政父子の関ヶ原の戦いの軍功により、黒田家は家康より豊前中津12万5千石から一挙に筑前一国52万3千石の知行を受けて大大名となります。

その後筑前名島城(なじまじょう)を経て福岡城を築城、慶長7年(1602)4月、黒田如水の室・阿弥陀信仰者の照福院殿(光の方)は自ら福岡に一寺を開基し黒田家の菩提寺とします。

当寺院のパンフレットによれば照福院殿は長男長政(ながまさ、1568〜1623)が治める福岡城と二男熊之助(くまのすけ、1582〜1597)が亡くなった玄界灘が良く見渡せる福岡城大手門に創建しますが子を想う母親の気持ちがよく表れています。

開山は当該寺HPによれば天蓮社真誉見道上人で武門の名門赤松氏の流れで播磨国出身の黒田如水と同郷で、かつては如水の家臣の一人であったと伝えられています。

同上人は如水の父職隆(もとたか,1524〜1585)を祀る心光寺においては住職を務め播磨における黒田家菩提寺に深い縁を持つ僧侶で、その後如水が播磨から豊前中津転封にも黒田一族に同道し中津円応寺を開山して黒田家菩提寺とします。

その他唐津教安寺・小倉円応寺を開山し、福岡圓應寺の開山に際して小倉から招請を受けその役割を果たし慶長17年(1612)当寺で入没します。





旅行の満足度
3.5
交通手段
JRローカル 徒歩

PR

  • 圓應寺山門<br /><br />福岡城水堀を臨む明治通りに圓応寺があります。<br /><br />

    圓應寺山門

    福岡城水堀を臨む明治通りに圓応寺があります。

  • 圓應寺寺標<br /><br />山門右側には「浄土宗照福山圓應寺」と刻された石標が見えます。

    圓應寺寺標

    山門右側には「浄土宗照福山圓應寺」と刻された石標が見えます。

  • 黒田氏紋所<br /><br />開門状態の山門扉には黒田氏の紋所である「藤巴」と同じ寺紋が付されています。

    黒田氏紋所

    開門状態の山門扉には黒田氏の紋所である「藤巴」と同じ寺紋が付されています。

  • 参道<br /><br />この辺りはすっかり住宅化されており、左右は民家が迫っていて参道だけが確保されています。

    参道

    この辺りはすっかり住宅化されており、左右は民家が迫っていて参道だけが確保されています。

  • 圓應寺由緒<br /><br />黒田如水の室である光姫が慶長7年(1602)当寺を開基したとのことです。

    圓應寺由緒

    黒田如水の室である光姫が慶長7年(1602)当寺を開基したとのことです。

  • 圓應寺本堂<br /><br />本堂玄関先には「照福山」と山号が書かれています。正式名は「照福山顕光院圓應寺」で御本尊は阿弥陀如来となっています。

    圓應寺本堂

    本堂玄関先には「照福山」と山号が書かれています。正式名は「照福山顕光院圓應寺」で御本尊は阿弥陀如来となっています。

  • 照福院殿供養碑<br /><br />光姫の法名は「照福院殿然誉浩栄大尼公」となっています。<br /><br />

    イチオシ

    照福院殿供養碑

    光姫の法名は「照福院殿然誉浩栄大尼公」となっています。

  • 頭山家累世之墓<br /><br />明治から昭和初期にかけて活動したアジア主義の巨塔といわれている頭山満(とうやま・みつる、1855〜1944)の菩提寺でもあります。

    頭山家累世之墓

    明治から昭和初期にかけて活動したアジア主義の巨塔といわれている頭山満(とうやま・みつる、1855〜1944)の菩提寺でもあります。

  • 観音寺瓦<br /><br />観音寺は光姫が生まれた加古川市志方城跡に櫛橋家(光実家)を鎮魂した寺院で、当寺院より寄贈された約350年前の鬼瓦が墓碑を護っています。

    観音寺瓦

    観音寺は光姫が生まれた加古川市志方城跡に櫛橋家(光実家)を鎮魂した寺院で、当寺院より寄贈された約350年前の鬼瓦が墓碑を護っています。

  • 境内風景<br /><br />本堂から山門を眺めた時の状況で、手狭の中で右側に墓地が確保されています。

    境内風景

    本堂から山門を眺めた時の状況で、手狭の中で右側に墓地が確保されています。

この旅行記のタグ

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

博多の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集