メリダ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
スペインは紀元前3世紀に古代ローマの一部となった地で、水道橋や橋などの遺跡やローマ式の街の痕跡が各地に残されています。そうした遺跡をこの目で見るためにスペインを訪れました。<br />ローマから遠く離れたこの地にもイタリアと同じような建築物があり、ローマと同じレベルの高度な都市生活が営まれていたことが実感できました。<br /><br />☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?<br />【2】メリダでローマ遺跡三昧<br /> 次に向かうのはメリダ。ここはローマの初代皇帝アウグストゥスによって置かれた属州ルシタニアの州都エメリタ・アウグスタです。古代ローマの遺跡の宝庫で、現代の街の中に神殿や凱旋門の残骸などが点在しています。街の南側を流れるグアディアナ川には現存する中で最長のローマ橋があり、今でも歩道として使われています。<br /> そして宿泊は旧市街の真ん中にあるパラドール。今度は修道院を改装したもので、あちこちに修道院らしさが残るとても趣のある建物でした。<br />☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?<br /><br /> 1 いきなりハイライトのセゴビア水道橋<br />&gt;2 メリダでローマ遺跡三昧<br /> 3 古代ローマ橋・アルカンタラ橋とちょっとだけポルトガル<br /> 4 セビリアと近郊のローマ都市イタリカ<br /> 5 コルドバのメスキータとローマ橋<br /> 6 アルハンブラ宮殿とその敷地内のパラドール(グラナダ)<br /> 7 ロンダと白い村カサレス<br /> 8 ラ・マンチャの風車は期待以上<br /> 9 トレドの街を臨むパラドール

スペイン・ローマ遺跡巡りの旅【2】メリダでローマ遺跡三昧(2013/10/27)

14いいね!

2013/10/25 - 2013/11/04

14位(同エリア41件中)

Tatsuoさん

スペインは紀元前3世紀に古代ローマの一部となった地で、水道橋や橋などの遺跡やローマ式の街の痕跡が各地に残されています。そうした遺跡をこの目で見るためにスペインを訪れました。
ローマから遠く離れたこの地にもイタリアと同じような建築物があり、ローマと同じレベルの高度な都市生活が営まれていたことが実感できました。

☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?
【2】メリダでローマ遺跡三昧
 次に向かうのはメリダ。ここはローマの初代皇帝アウグストゥスによって置かれた属州ルシタニアの州都エメリタ・アウグスタです。古代ローマの遺跡の宝庫で、現代の街の中に神殿や凱旋門の残骸などが点在しています。街の南側を流れるグアディアナ川には現存する中で最長のローマ橋があり、今でも歩道として使われています。
 そして宿泊は旧市街の真ん中にあるパラドール。今度は修道院を改装したもので、あちこちに修道院らしさが残るとても趣のある建物でした。
☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?

1 いきなりハイライトのセゴビア水道橋
>2 メリダでローマ遺跡三昧
3 古代ローマ橋・アルカンタラ橋とちょっとだけポルトガル
4 セビリアと近郊のローマ都市イタリカ
5 コルドバのメスキータとローマ橋
6 アルハンブラ宮殿とその敷地内のパラドール(グラナダ)
7 ロンダと白い村カサレス
8 ラ・マンチャの風車は期待以上
9 トレドの街を臨むパラドール

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
交通手段
レンタカー
航空会社
イベリア航空 JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝食はサラマンカ大聖堂を見ながら。<br />ホテルの予約は朝食なしで、朝食代は17ユーロとちょっとお高めだったのですが、この眺望を見ながらの朝食に惹かれました。

    朝食はサラマンカ大聖堂を見ながら。
    ホテルの予約は朝食なしで、朝食代は17ユーロとちょっとお高めだったのですが、この眺望を見ながらの朝食に惹かれました。

    パラドール デ サラマンカ ホテル

  • 国営の宿泊施設であるパラドールは、古城や修道院を改修したものも多いのですが、ここは近代的な建物です。

    国営の宿泊施設であるパラドールは、古城や修道院を改修したものも多いのですが、ここは近代的な建物です。

    パラドール デ サラマンカ ホテル

  • 今日は訳あって先を急ぐのですが、どうしてもローマ橋を明るい時に見ておきたくて、再び歩いて向かいます。<br />通りに出ると芳ばしい香りが漂ってきました。チュロスを売るスタンドです。通勤途中にチュロスとコーヒーを買っていく人がいます。<br />チュロスというのは表面がギザギザの棒状のもので、その場で揚げたてを出しています。おいしそうなんですが朝食をたっぷり採ったあとなので残念ながらパス。

    今日は訳あって先を急ぐのですが、どうしてもローマ橋を明るい時に見ておきたくて、再び歩いて向かいます。
    通りに出ると芳ばしい香りが漂ってきました。チュロスを売るスタンドです。通勤途中にチュロスとコーヒーを買っていく人がいます。
    チュロスというのは表面がギザギザの棒状のもので、その場で揚げたてを出しています。おいしそうなんですが朝食をたっぷり採ったあとなので残念ながらパス。

    ロマノ橋 建造物

  • 橋のたもとに立つと向こう岸の高台に大聖堂がそびえるのが見えます。<br />サラマンカはサルマンティカ Saimantica という名で栄えた古代ローマの都市でした。当時もここから街が見えたはずで、もしかしたら城壁の中に神殿や競技場なんかがそびえていたのかもしれません。<br />きっと古代の旅人はここで無事の到着を実感してほっと一安心したのでしょうね。

    イチオシ

    地図を見る

    橋のたもとに立つと向こう岸の高台に大聖堂がそびえるのが見えます。
    サラマンカはサルマンティカ Saimantica という名で栄えた古代ローマの都市でした。当時もここから街が見えたはずで、もしかしたら城壁の中に神殿や競技場なんかがそびえていたのかもしれません。
    きっと古代の旅人はここで無事の到着を実感してほっと一安心したのでしょうね。

    ロマノ橋 建造物

  • 見事なアーチで支えられています。<br />紀元前1世紀に作られたこの橋は、2000年間ここに存在し続け、数えきれない人たちが渡ってきたのです。

    見事なアーチで支えられています。
    紀元前1世紀に作られたこの橋は、2000年間ここに存在し続け、数えきれない人たちが渡ってきたのです。

    ロマノ橋 建造物

  • イベリア半島西部のこのあたりはアウグストゥスによって置かれた属州ルシタニアで、州都エメリタ・アウグスタ Emerita Augusta(現代のメリダ Mérida)からサラマンカを通って、北方のアストリア・アウグスタ Asturica Augusta(現代のアストルガ Astorga)までローマ街道が敷かれていました。

    イベリア半島西部のこのあたりはアウグストゥスによって置かれた属州ルシタニアで、州都エメリタ・アウグスタ Emerita Augusta(現代のメリダ Mérida)からサラマンカを通って、北方のアストリア・アウグスタ Asturica Augusta(現代のアストルガ Astorga)までローマ街道が敷かれていました。

    ロマノ橋 建造物

  • 橋の下を流れるのはトルメス川 Rio Tormes です。高台にある街の南側を流れ、天然の堀になって街を守っています。<br />この橋の辺りはだいぶ川幅が狭くなっています。意図的にそうしたのか、あるいは橋の影響で長い年月の間に土砂が堆積したのか分かりませんが、長い橋の下は大部分が陸地です。

    橋の下を流れるのはトルメス川 Rio Tormes です。高台にある街の南側を流れ、天然の堀になって街を守っています。
    この橋の辺りはだいぶ川幅が狭くなっています。意図的にそうしたのか、あるいは橋の影響で長い年月の間に土砂が堆積したのか分かりませんが、長い橋の下は大部分が陸地です。

    ロマノ橋 建造物

  • 街の側まで渡って引き返します。<br />この道は今、銀の道 Ruta de la Plataと呼ばれています。<br />アストルガの近くにはラス・メドゥラス(Las Médulas)金山があり、そこで採掘した金を運んだ道でもあります。<br />あれ、銀じゃないの?と思いますが、銀の道 Ruta de la Plata の ”Plata” の語源はアラビア語の舗装道 &quot;al-balat&quot; だとか、もともとの名前の &quot;Via Delapidata&quot; だとか言われているそうで、銀とは関係ないようです。<br />これからこの古代ローマ街道に沿ってメリダまでいきます。

    街の側まで渡って引き返します。
    この道は今、銀の道 Ruta de la Plataと呼ばれています。
    アストルガの近くにはラス・メドゥラス(Las Médulas)金山があり、そこで採掘した金を運んだ道でもあります。
    あれ、銀じゃないの?と思いますが、銀の道 Ruta de la Plata の ”Plata” の語源はアラビア語の舗装道 "al-balat" だとか、もともとの名前の "Via Delapidata" だとか言われているそうで、銀とは関係ないようです。
    これからこの古代ローマ街道に沿ってメリダまでいきます。

    ロマノ橋 建造物

  • 10:40、サラマンカを出発しメリダに急ぎます。<br />メリダには国立ローマ博物館があってぜひ見たいのですが、明日月曜日が休館日。しかも今日も入館は14時までなので、それまでに着かなければならないのです。

    10:40、サラマンカを出発しメリダに急ぎます。
    メリダには国立ローマ博物館があってぜひ見たいのですが、明日月曜日が休館日。しかも今日も入館は14時までなので、それまでに着かなければならないのです。

  • 13時前にメリダに到着し、博物館に入場できました。<br />街中なので駐車場にうまく入れるか心配していましたが、Googleマップで調べておいたおかげで、旧市街の北東にある Parking Merida にスムーズに停められました。広い駐車場で博物館も近くです。<br />Googleマップで旅が劇的に楽になりましたね。

    13時前にメリダに到着し、博物館に入場できました。
    街中なので駐車場にうまく入れるか心配していましたが、Googleマップで調べておいたおかげで、旧市街の北東にある Parking Merida にスムーズに停められました。広い駐車場で博物館も近くです。
    Googleマップで旅が劇的に楽になりましたね。

  • 博物館の中は3階建で古代ローマの遺物が大量にあります。

    博物館の中は3階建で古代ローマの遺物が大量にあります。

  • 猛獣と戦う剣闘士でしょうか。<br />鮮やかなモザイクです。

    猛獣と戦う剣闘士でしょうか。
    鮮やかなモザイクです。

  • 見事なモザイクも数多くあります。

    見事なモザイクも数多くあります。

  • こちらのモザイクは床に復元されたもののようです。<br />当時の人はこんな部屋で暮らしていたのですね。

    こちらのモザイクは床に復元されたもののようです。
    当時の人はこんな部屋で暮らしていたのですね。

  • 剣闘士の浮き彫りです。闘技場を飾っていたのでしょうか。

    剣闘士の浮き彫りです。闘技場を飾っていたのでしょうか。

  • 演劇で使う仮面です。

    演劇で使う仮面です。

  • リアルな人物像。<br />古代ローマの人物像の特徴は写実性です。短所も忠実に写しとっていて本人が気の毒になるようなものもあります。カエサル像なんか禿げ上がったおでこが忠実に再現されていますよね。

    リアルな人物像。
    古代ローマの人物像の特徴は写実性です。短所も忠実に写しとっていて本人が気の毒になるようなものもあります。カエサル像なんか禿げ上がったおでこが忠実に再現されていますよね。

  • 唯一の例外が初代皇帝アウグストゥス像。他の皇帝の像はみんなそのへんのおじさんといった風情なのですが、ローマ帝国中に置かれたアウグストゥス像だけは常に若いころの姿です。<br />慎重で温和、演説が得意でないなど、カエサルに代表される当時の支配層の人々とはまるでイメージが違いますが、人類が最も幸福だったと言われる時代を作り上げた人です。<br />スペインの属州を再編して安定させたのもアウグストゥスでした。

    唯一の例外が初代皇帝アウグストゥス像。他の皇帝の像はみんなそのへんのおじさんといった風情なのですが、ローマ帝国中に置かれたアウグストゥス像だけは常に若いころの姿です。
    慎重で温和、演説が得意でないなど、カエサルに代表される当時の支配層の人々とはまるでイメージが違いますが、人類が最も幸福だったと言われる時代を作り上げた人です。
    スペインの属州を再編して安定させたのもアウグストゥスでした。

  • サイコロって古代ローマ時代にあったんですね。

    サイコロって古代ローマ時代にあったんですね。

  • 地下には発掘されたかつての街路跡があります。<br />当時の地表は地下数メートルに埋もれているようです。

    地下には発掘されたかつての街路跡があります。
    当時の地表は地下数メートルに埋もれているようです。

  • これは何?<br />とにかくいろいろなものがあって見ていて飽きません。3時の閉館時間が迫り最後は少し急ぎ足になってしまいましたが、当時の高度な都市生活を彷彿させる遺物の数々を堪能しました。

    これは何?
    とにかくいろいろなものがあって見ていて飽きません。3時の閉館時間が迫り最後は少し急ぎ足になってしまいましたが、当時の高度な都市生活を彷彿させる遺物の数々を堪能しました。

  • 古代ローマ時代のメリダの街の模型です。<br />サラマンカと同じように川に面した高台に築かれ、城壁に囲まれた街は防御力抜群です。

    古代ローマ時代のメリダの街の模型です。
    サラマンカと同じように川に面した高台に築かれ、城壁に囲まれた街は防御力抜群です。

  • 博物館のすぐ脇に古代ローマの都市の定番、闘技場と劇場があります。隣り合っていて入場料は共通です。<br />紀元前8年に完成<br />闘技場にはローマのコロッセオと同じように地下の設備が見えています。<br />先ほどの剣闘士の浮き彫りが思い起こされます。

    博物館のすぐ脇に古代ローマの都市の定番、闘技場と劇場があります。隣り合っていて入場料は共通です。
    紀元前8年に完成
    闘技場にはローマのコロッセオと同じように地下の設備が見えています。
    先ほどの剣闘士の浮き彫りが思い起こされます。

    円形劇場 建造物

  • 紀元前15年に完成した劇場です。<br />先ほど博物館で見た仮面を被った俳優がここで劇を演じていたのだと思うと、イメージがリアルに頭に浮かんできます。<br />舞台の建物も残りかなり保存状態のよいもの。南仏オランジュで見たものと同じ作りです。広大なローマ帝国中にこうして同じ造りの劇場があったことに驚きます。

    イチオシ

    地図を見る

    紀元前15年に完成した劇場です。
    先ほど博物館で見た仮面を被った俳優がここで劇を演じていたのだと思うと、イメージがリアルに頭に浮かんできます。
    舞台の建物も残りかなり保存状態のよいもの。南仏オランジュで見たものと同じ作りです。広大なローマ帝国中にこうして同じ造りの劇場があったことに驚きます。

    ローマ劇場 建造物

  • 疲れたので近くにあった Augusta Tapas という店で一休みします。<br />屋外のテーブルに座ってジュースで喉を潤します。

    疲れたので近くにあった Augusta Tapas という店で一休みします。
    屋外のテーブルに座ってジュースで喉を潤します。

  • 軽くお腹を満たそうと生のムール貝を頼んでみました。<br />ところが味がまったくなく、かけるものもレモンしかなくて、今ひとつでした。

    軽くお腹を満たそうと生のムール貝を頼んでみました。
    ところが味がまったくなく、かけるものもレモンしかなくて、今ひとつでした。

  • 次は旧市街の外、駐車場の東にある戦車競技場に行きたいのですが、線路に遮られて行けません。あたりを歩き回った挙句、駐車場の北側に線路と車道を潜る歩道があるのを見つけました。線路と車道を境に土地が低くなっていて、すぐ右手に戦車競技場の跡がありました。<br />これは紀元前1世紀に作られたもの。ローマのチルコ・マッシモが広大な空き地と化しているのと比べると、ここはかつての競技場の姿をよく残しています。

    イチオシ

    地図を見る

    次は旧市街の外、駐車場の東にある戦車競技場に行きたいのですが、線路に遮られて行けません。あたりを歩き回った挙句、駐車場の北側に線路と車道を潜る歩道があるのを見つけました。線路と車道を境に土地が低くなっていて、すぐ右手に戦車競技場の跡がありました。
    これは紀元前1世紀に作られたもの。ローマのチルコ・マッシモが広大な空き地と化しているのと比べると、ここはかつての競技場の姿をよく残しています。

  • 戦車競技場から通りを挟んだところではローマの浴場跡が発掘されています。

    戦車競技場から通りを挟んだところではローマの浴場跡が発掘されています。

  • その脇にサン・ラサロ水道橋があります。<br />かつてはその先の高台にある街に水を導いていた水道橋も、ローマ時代から残っているのは街に近いこの僅か3本の柱だけです、

    その脇にサン・ラサロ水道橋があります。
    かつてはその先の高台にある街に水を導いていた水道橋も、ローマ時代から残っているのは街に近いこの僅か3本の柱だけです、

  • ローマ時代の遺構に接続する水道橋は16世紀に建造されたものです。

    ローマ時代の遺構に接続する水道橋は16世紀に建造されたものです。

  • 16世紀に建造された水道橋は川をまたいで続いています。

    イチオシ

    地図を見る

    16世紀に建造された水道橋は川をまたいで続いています。

  • 周辺は住宅地で、サッカーをする子供の声が響き、すぐそこには高層アパートが立ち並んでいます。<br />水道橋には扉付きの通り道がつけられていて、日常的に通り抜けているようです。生活には邪魔でしょうね。

    周辺は住宅地で、サッカーをする子供の声が響き、すぐそこには高層アパートが立ち並んでいます。
    水道橋には扉付きの通り道がつけられていて、日常的に通り抜けているようです。生活には邪魔でしょうね。

  • 川の近くには道路が水道橋を貫いて通っています。ぎりぎり1台が通れるくらいです。<br />ローマ時代の水道橋と比べると空間が少なくて美しさに欠ける気がします。

    川の近くには道路が水道橋を貫いて通っています。ぎりぎり1台が通れるくらいです。
    ローマ時代の水道橋と比べると空間が少なくて美しさに欠ける気がします。

  • 今日の宿泊もパラドールです。<br />街の真ん中にあり、入り口のゲートをブザーを押して開けてもらいます。駐車スペースが一杯だと思ったら、地下駐車場がありました。

    今日の宿泊もパラドールです。
    街の真ん中にあり、入り口のゲートをブザーを押して開けてもらいます。駐車スペースが一杯だと思ったら、地下駐車場がありました。

    パラドール デ メリダ ホテル

  • このパラドールの建物はかつて修道院だったそうで、アーチ型の天井がそれを物語っています。<br />でもちゃんとエレベーターもあって快適です。

    このパラドールの建物はかつて修道院だったそうで、アーチ型の天井がそれを物語っています。
    でもちゃんとエレベーターもあって快適です。

  • まるで教会の一画です。

    まるで教会の一画です。

  • 部屋の中もアーチ型の天井でいい雰囲気です。

    部屋の中もアーチ型の天井でいい雰囲気です。

  • 扉もアンティークな感じ。

    扉もアンティークな感じ。

  • 疲れてレストランに入るのも面倒なので、パラドールのバーでサンドイッチとジュースの夕食にしました。

    疲れてレストランに入るのも面倒なので、パラドールのバーでサンドイッチとジュースの夕食にしました。

  • 翌朝早く、昨日見られなかった遺跡を巡ります。<br />パラドールを外側から見るとまさに修道院。<br />

    翌朝早く、昨日見られなかった遺跡を巡ります。
    パラドールを外側から見るとまさに修道院。

  • まずサンタ・エウラリア・バシリカへ。<br />この教会の地下では遺跡が発掘されているそうです。<br />まだ朝早くて入れないので、外から中をうかがってみますが、何も見えませんでした。

    まずサンタ・エウラリア・バシリカへ。
    この教会の地下では遺跡が発掘されているそうです。
    まだ朝早くて入れないので、外から中をうかがってみますが、何も見えませんでした。

    サンタ エウラリア教会 寺院・教会

  • 街中はたまに遺跡があることを除けば現代の普通の街で、高層アパートもあります。

    街中はたまに遺跡があることを除けば現代の普通の街で、高層アパートもあります。

  • でもその隣にはこんな柱のかけらがあったりします。<br />かけらをロータリーの真ん中に倒れた姿でそのまま飾るというのはちょっと不思議な感覚ですけどね。

    でもその隣にはこんな柱のかけらがあったりします。
    かけらをロータリーの真ん中に倒れた姿でそのまま飾るというのはちょっと不思議な感覚ですけどね。

  • 街の西方に下り鉄道の線路をくぐると、川をまたぐミラグロス水道橋があります。<br />北8kmのところにあるプロセルピナ貯水池  Proserpina Dam からメリダに水を引いていたもので、1世紀の建造です。このダムは今でも残っているそうです。<br />メリダにはここミラグロス、昨日見たサン・ラサロと Aqua Augusta の3本の水道が引かれていました。

    街の西方に下り鉄道の線路をくぐると、川をまたぐミラグロス水道橋があります。
    北8kmのところにあるプロセルピナ貯水池 Proserpina Dam からメリダに水を引いていたもので、1世紀の建造です。このダムは今でも残っているそうです。
    メリダにはここミラグロス、昨日見たサン・ラサロと Aqua Augusta の3本の水道が引かれていました。

    ミラグロス水道橋 建造物

  • 水道橋の残骸の柱のてっぺんにはコウノトリが巣を作っています。

    水道橋の残骸の柱のてっぺんにはコウノトリが巣を作っています。

  • ミラグロス水道橋のそばに Puente de Albarregas という石積みの橋があります。<br />これも古代ローマ時代のもの。<br />現代でも使われていて、石畳の上を人や車が行き交います。

    ミラグロス水道橋のそばに Puente de Albarregas という石積みの橋があります。
    これも古代ローマ時代のもの。
    現代でも使われていて、石畳の上を人や車が行き交います。

  • 鉄道の線路をくぐり、街中に戻ります。

    鉄道の線路をくぐり、街中に戻ります。

  • 高台に続く街中の道を登っていきます。

    高台に続く街中の道を登っていきます。

  • すると民家が立ち並ぶ中に古代の配水場の跡があります。<br />さきほど見たミラグロス水道橋はここにつながっていて、ここから街の各地に水道が枝分かれしていたのです。

    すると民家が立ち並ぶ中に古代の配水場の跡があります。
    さきほど見たミラグロス水道橋はここにつながっていて、ここから街の各地に水道が枝分かれしていたのです。

  • これも街中にある神殿の遺構です。

    これも街中にある神殿の遺構です。

  • 泊まったパラドールの近くにトラヤヌスのアーチがあります。アーチは両側の建物とつながって一体化しています。<br />これはフォロの入り口にあった凱旋門の残骸で、四角い凱旋門の外側はなくなってしまい、アーチだけが残ったものです。文字も何も残されておらず、トラヤヌス帝のものかどうか、本当はわかりません。

    泊まったパラドールの近くにトラヤヌスのアーチがあります。アーチは両側の建物とつながって一体化しています。
    これはフォロの入り口にあった凱旋門の残骸で、四角い凱旋門の外側はなくなってしまい、アーチだけが残ったものです。文字も何も残されておらず、トラヤヌス帝のものかどうか、本当はわかりません。

  • 街の南側を流れるグアディアナ川の方に下って行くとロータリーにこの像があります。<br />これを見るとローマということを実感します。狼の乳を飲むロムルスとレムスの像です。狼に育てられたロムルスはローマを建国した人物です。

    街の南側を流れるグアディアナ川の方に下って行くとロータリーにこの像があります。
    これを見るとローマということを実感します。狼の乳を飲むロムルスとレムスの像です。狼に育てられたロムルスはローマを建国した人物です。

  • ローマ橋 Puente Romano <br />1〜2世紀のトラヤヌス帝の時代に作られたもの。<br />メリダは紀元前25年、アウグストゥスによってスペイン征服のために戦った退役軍人の入植地として作られた街で、当時の名は Emerita Augusta でした。

    イチオシ

    地図を見る

    ローマ橋 Puente Romano
    1〜2世紀のトラヤヌス帝の時代に作られたもの。
    メリダは紀元前25年、アウグストゥスによってスペイン征服のために戦った退役軍人の入植地として作られた街で、当時の名は Emerita Augusta でした。

    ローマ橋 建造物

  • ちょっと渡ってこようというつもりで渡り始めたら長い長い。

    ちょっと渡ってこようというつもりで渡り始めたら長い長い。

  • やっと渡り終えて振り返ってみると街が遠くに見えます。<br />なんと790mもあります。現存するローマ橋の中で最長です。

    やっと渡り終えて振り返ってみると街が遠くに見えます。
    なんと790mもあります。現存するローマ橋の中で最長です。

  • 疲れました。でも歩いて戻るしかありません。

    疲れました。でも歩いて戻るしかありません。

  • ローマ橋から街への登り口に浮き彫りが飾ってありました。3世紀に作られたグアディアナ川 Guadianaを擬人化したものだそうです。<br />&quot;Guadiana&quot;の &quot;ANA&quot; はケルト語の”川”の意味でローマもその名を継ぎ、この浮き彫りにはそれが書かれています。&quot;GUAD&quot; はアラビア語の”川”で、Guadianaは2つの言葉での”川”がつながった名前だそうです。<br />さて、この右手にはアラブ時代の城塞アルカサバ Alcazaba があって橋を一望できるのですが、今日はこれから行きたいところがあってそんなに余裕もないのでここはパス。私にとってずっと優先順位の高い古代ローマ遺跡の方を見ます。

    ローマ橋から街への登り口に浮き彫りが飾ってありました。3世紀に作られたグアディアナ川 Guadianaを擬人化したものだそうです。
    "Guadiana"の "ANA" はケルト語の”川”の意味でローマもその名を継ぎ、この浮き彫りにはそれが書かれています。"GUAD" はアラビア語の”川”で、Guadianaは2つの言葉での”川”がつながった名前だそうです。
    さて、この右手にはアラブ時代の城塞アルカサバ Alcazaba があって橋を一望できるのですが、今日はこれから行きたいところがあってそんなに余裕もないのでここはパス。私にとってずっと優先順位の高い古代ローマ遺跡の方を見ます。

  • 古代ローマ時代に建てられたディアナ神殿です。<br />都市の中心であるフォロに面して建てられたもので、17世紀以来ディアナ神殿と呼ばれていますが、実際にはローマと皇帝に捧げられた神殿でした。ここはトラヤヌス帝のアーチの辺りとは別のフォロとのことですが、二つのフォロがあった理由はわかりません。<br />昨日博物館で見たアウグストゥス像はここに据えられていたのでしょうか。

    イチオシ

    地図を見る

    古代ローマ時代に建てられたディアナ神殿です。
    都市の中心であるフォロに面して建てられたもので、17世紀以来ディアナ神殿と呼ばれていますが、実際にはローマと皇帝に捧げられた神殿でした。ここはトラヤヌス帝のアーチの辺りとは別のフォロとのことですが、二つのフォロがあった理由はわかりません。
    昨日博物館で見たアウグストゥス像はここに据えられていたのでしょうか。

    ディアナ神殿 寺院・教会

  • 横に回るとこんな残念な姿です。<br />この神殿は16世紀にロス・コルボス伯爵という人の邸宅になってしまいました。神殿らしさが残っているのは正面だけなのです。

    横に回るとこんな残念な姿です。
    この神殿は16世紀にロス・コルボス伯爵という人の邸宅になってしまいました。神殿らしさが残っているのは正面だけなのです。

  • 後ろは柱の基礎だけが残っています。

    後ろは柱の基礎だけが残っています。

  • 神殿の周囲にもフォロの建物の遺構が残っています。

    神殿の周囲にもフォロの建物の遺構が残っています。

  • すっかり歩き疲れました。<br />スペイン広場のカフェで一休み。<br />右手に見えるのは市役所です。

    すっかり歩き疲れました。
    スペイン広場のカフェで一休み。
    右手に見えるのは市役所です。

  • ホテルは朝食なしの予約なのでここで軽く食べていくことにしました。<br />メニューの一番上に書いてあった &quot;Jamón Ibérico de bellota&quot; を頼んでみたら、パンの上に生ハムがたっぷり乗ったのが出てきました。生ハムは脂身があってコクがありながらさっぱりしていてとてもおいしい。<br />&quot;Jamón Ibérico de bellota” ハモン・イベリコ・デ・ベジョータというのは、どんぐり bellota を食べて育った豚を使った生ハムで、ハモン・イベリコの中でも最高級なんだそうです。<br />さてもう11:40。今日はこれから行きたいところがあるのでそろそろそこに向かいます。

    ホテルは朝食なしの予約なのでここで軽く食べていくことにしました。
    メニューの一番上に書いてあった "Jamón Ibérico de bellota" を頼んでみたら、パンの上に生ハムがたっぷり乗ったのが出てきました。生ハムは脂身があってコクがありながらさっぱりしていてとてもおいしい。
    "Jamón Ibérico de bellota” ハモン・イベリコ・デ・ベジョータというのは、どんぐり bellota を食べて育った豚を使った生ハムで、ハモン・イベリコの中でも最高級なんだそうです。
    さてもう11:40。今日はこれから行きたいところがあるのでそろそろそこに向かいます。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集