セビリア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
スペインは紀元前3世紀に古代ローマの一部となった地で、水道橋や橋などの遺跡やローマ式の街の痕跡が各地に残されています。そうした遺跡をこの目で見るためにスペインを訪れました。<br />ローマから遠く離れたこの地にもイタリアと同じような建築物があり、ローマと同じレベルの高度な都市生活が営まれていたことが実感できました。<br /><br />☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?<br />【4】セビリアと近郊のローマ都市イタリカ<br /> セビリアは大西洋につながるグアダルキビール川の川港都市で、新大陸との貿易で大いに栄えた大都市です。街の中央にある大聖堂には、モスクを改造したヒラルダの塔や巨大な祭壇など、繁栄を物語る建造物がそびえ立っています。<br /> セビリア観光の後は、近郊のサンティ・ポンセを訪れます。ここはかつてローマ帝国の重要な都市であったイタリカのあったところですが、その後放棄されて今は遺跡しか残っていません。隣のセビリアの繁栄ぶりと対象的な光景です。<br />☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?<br /><br /> 1 いきなりハイライトのセゴビア水道橋<br /> 2 メリダでローマ遺跡三昧<br /> 3 古代ローマ橋・アルカンタラ橋とちょっとだけポルトガル<br />&gt;4 セビリアと近郊のローマ都市イタリカ<br /> 5 コルドバのメスキータとローマ橋<br /> 6 アルハンブラ宮殿とその敷地内のパラドール(グラナダ)<br /> 7 ロンダと白い村カサレス<br /> 8 ラ・マンチャの風車は期待以上<br /> 9 トレドの街を臨むパラドール

スペイン・ローマ遺跡巡りの旅【4】セビリアと近郊のローマ都市イタリカ

11いいね!

2013/10/25 - 2013/11/04

354位(同エリア986件中)

Tatsuoさん

スペインは紀元前3世紀に古代ローマの一部となった地で、水道橋や橋などの遺跡やローマ式の街の痕跡が各地に残されています。そうした遺跡をこの目で見るためにスペインを訪れました。
ローマから遠く離れたこの地にもイタリアと同じような建築物があり、ローマと同じレベルの高度な都市生活が営まれていたことが実感できました。

☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?
【4】セビリアと近郊のローマ都市イタリカ
 セビリアは大西洋につながるグアダルキビール川の川港都市で、新大陸との貿易で大いに栄えた大都市です。街の中央にある大聖堂には、モスクを改造したヒラルダの塔や巨大な祭壇など、繁栄を物語る建造物がそびえ立っています。
 セビリア観光の後は、近郊のサンティ・ポンセを訪れます。ここはかつてローマ帝国の重要な都市であったイタリカのあったところですが、その後放棄されて今は遺跡しか残っていません。隣のセビリアの繁栄ぶりと対象的な光景です。
☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?☆?★?

1 いきなりハイライトのセゴビア水道橋
2 メリダでローマ遺跡三昧
3 古代ローマ橋・アルカンタラ橋とちょっとだけポルトガル
>4 セビリアと近郊のローマ都市イタリカ
5 コルドバのメスキータとローマ橋
6 アルハンブラ宮殿とその敷地内のパラドール(グラナダ)
7 ロンダと白い村カサレス
8 ラ・マンチャの風車は期待以上
9 トレドの街を臨むパラドール

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通手段
レンタカー
航空会社
イベリア航空 JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 翌日は快晴。<br />宿泊したエア ホテル セビリア Ayre Hotel Sevilla は色使いがスペインっぽい。<br />9:50にホテルを出て街を観光します。

    翌日は快晴。
    宿泊したエア ホテル セビリア Ayre Hotel Sevilla は色使いがスペインっぽい。
    9:50にホテルを出て街を観光します。

  • ルイス・モントト通り Calle Luis Montoto の道端に水道橋らしきものがありました。

    ルイス・モントト通り Calle Luis Montoto の道端に水道橋らしきものがありました。

  • 延長線上の道の真ん中にもあります。<br />この断面はやはり水道橋ですね。<br />後で通るアクア通りの水道管につながっていたものかもしれません。<br />もしかしたらもともとは古代ローマのものでしょうか?どなたかご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

    延長線上の道の真ん中にもあります。
    この断面はやはり水道橋ですね。
    後で通るアクア通りの水道管につながっていたものかもしれません。
    もしかしたらもともとは古代ローマのものでしょうか?どなたかご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

  • メネンデス・ペラヨ通り Av de Menéndez Pelayo 沿い、アルカサルや大聖堂に近いムリーリョ公園の北側にある地下駐車場に車を入れます。

    メネンデス・ペラヨ通り Av de Menéndez Pelayo 沿い、アルカサルや大聖堂に近いムリーリョ公園の北側にある地下駐車場に車を入れます。

  • ムリーリョ公園の北側に沿うアクア通り Calle Agua をアルカサルに向けて歩きます。<br />左の壁の中を水道管が通っています。アルカサルに水を供給していたものです。

    ムリーリョ公園の北側に沿うアクア通り Calle Agua をアルカサルに向けて歩きます。
    左の壁の中を水道管が通っています。アルカサルに水を供給していたものです。

  • アルカサルの外側に沿った街中の路地を進みます。

    アルカサルの外側に沿った街中の路地を進みます。

  • 右に左に曲がってどちらに向いているのかわからなくなりますが、しばらくすると広場に出ます。トリウンフォ広場(勝利の広場) Plaza del Triunfo です。<br />右手にセビリア大聖堂の塔が見えます。

    右に左に曲がってどちらに向いているのかわからなくなりますが、しばらくすると広場に出ます。トリウンフォ広場(勝利の広場) Plaza del Triunfo です。
    右手にセビリア大聖堂の塔が見えます。

  • 大聖堂は巨大でまるで要塞。

    大聖堂は巨大でまるで要塞。

  • アルカサルの入り口もこの広場にあります。<br />まずはアルカサルに入ります。<br />カスティーリャ王国がセビリアをイスラム教国から奪った後、14世紀にペドロ1世がイスラム時代の宮殿の跡地に建てたものです。

    アルカサルの入り口もこの広場にあります。
    まずはアルカサルに入ります。
    カスティーリャ王国がセビリアをイスラム教国から奪った後、14世紀にペドロ1世がイスラム時代の宮殿の跡地に建てたものです。

  • 鮮やかな彩りがいかにもスペインという感じです。

    鮮やかな彩りがいかにもスペインという感じです。

  • 中庭も色鮮やかです。<br />2階は今でも王室が使っているそうです。

    中庭も色鮮やかです。
    2階は今でも王室が使っているそうです。

  • 細かい幾何学模様が施されています。<br />これがイスラム建築の要素なのだそうです。<br />イスラム建築はローマの建築技術を受け継いでいるといいますが、このアーチの内側の文様はローマの凱旋門を思い起こさせます。

    細かい幾何学模様が施されています。
    これがイスラム建築の要素なのだそうです。
    イスラム建築はローマの建築技術を受け継いでいるといいますが、このアーチの内側の文様はローマの凱旋門を思い起こさせます。

  • 扇子に蒔絵。<br />よく説明を見なかったのでどれだかわかりませんが、日本のものもあるようです。

    扇子に蒔絵。
    よく説明を見なかったのでどれだかわかりませんが、日本のものもあるようです。

  • 外壁も細かい幾何学模様の装飾がびっしりと覆っています。何もない空間は絶対に作らない、という意志を感じます。

    外壁も細かい幾何学模様の装飾がびっしりと覆っています。何もない空間は絶対に作らない、という意志を感じます。

  • 部屋によって雰囲気が違います。<br />ここは木の天井に白い壁です。ここもびっしりと幾何学模様に覆われています。

    部屋によって雰囲気が違います。
    ここは木の天井に白い壁です。ここもびっしりと幾何学模様に覆われています。

  • 大使の間のドーム天井。

    大使の間のドーム天井。

  • このアルカサルの建築はムデハル様式といわれます。<br />「ムデハル」は残留者を意味するアラビア語から来ているそうですが、要するにイスラム建築を作った技術者によって作られたということでしょう。ムデハル様式はキリスト教建築とイスラム建築が融合したものと説明されますが、知識のない私の目にはイスラム建築にしか見えません。古代ローマやビザンツ帝国の技術を受け継ぎ、当時のキリスト教国よりはるかに進んだ文明を持っていたイスラム教国の文化にあこがれた王が、それを模倣して作ったものでしょう。<br />2日後にグラナダのアルハンブラ宮殿を見ましたが、ここはアルハンブラ宮殿の小規模なコピーという感じを受けます。

    このアルカサルの建築はムデハル様式といわれます。
    「ムデハル」は残留者を意味するアラビア語から来ているそうですが、要するにイスラム建築を作った技術者によって作られたということでしょう。ムデハル様式はキリスト教建築とイスラム建築が融合したものと説明されますが、知識のない私の目にはイスラム建築にしか見えません。古代ローマやビザンツ帝国の技術を受け継ぎ、当時のキリスト教国よりはるかに進んだ文明を持っていたイスラム教国の文化にあこがれた王が、それを模倣して作ったものでしょう。
    2日後にグラナダのアルハンブラ宮殿を見ましたが、ここはアルハンブラ宮殿の小規模なコピーという感じを受けます。

  • 南が上になっている地中海の地図。

    南が上になっている地中海の地図。

  • 続いて広場の反対側にあるセビリア大聖堂に入ります。<br />巨大で威圧されるような感じです。<br />世界で3番目に大きい教会だそうです。でも何が3番目なのか、広さなのが高さなのか、わかりません。

    続いて広場の反対側にあるセビリア大聖堂に入ります。
    巨大で威圧されるような感じです。
    世界で3番目に大きい教会だそうです。でも何が3番目なのか、広さなのが高さなのか、わかりません。

  • 側廊は木のアーチ天井です。<br />聖堂内は場所によって素材や雰囲気が違います。

    側廊は木のアーチ天井です。
    聖堂内は場所によって素材や雰囲気が違います。

  • 中央には巨大な構築物があります。<br />これは「黄金色の木製祭壇」というもので、カトリックで最大だそうです。<br />祭壇というより建物です。

    中央には巨大な構築物があります。
    これは「黄金色の木製祭壇」というもので、カトリックで最大だそうです。
    祭壇というより建物です。

  • みんなが盛んに写真を撮っているこれは、クリストファー・コロンブスの墓。スペイン語ではクリストバル・コロン Cristóbal Colón です。<br />売り込みがやっと成功してスペイン王室の資金援助を得られることになったコロンブスが、アメリカ大陸にたどり着くことになる航海に出る際に、ここセビリアで式典があったようです。出航したのは下流のパロス港でした。

    みんなが盛んに写真を撮っているこれは、クリストファー・コロンブスの墓。スペイン語ではクリストバル・コロン Cristóbal Colón です。
    売り込みがやっと成功してスペイン王室の資金援助を得られることになったコロンブスが、アメリカ大陸にたどり着くことになる航海に出る際に、ここセビリアで式典があったようです。出航したのは下流のパロス港でした。

  • 壁際の祭壇を掃除してました。<br />クレーンで普通の作業服の人が掃除してます。1人は携帯電話でお話中。<br />僧服の聖職者が祈りを捧げてからうやうやしく埃を払う、というようなイメージを勝手に思い描いてましたが、案外俗っぽいです。

    壁際の祭壇を掃除してました。
    クレーンで普通の作業服の人が掃除してます。1人は携帯電話でお話中。
    僧服の聖職者が祈りを捧げてからうやうやしく埃を払う、というようなイメージを勝手に思い描いてましたが、案外俗っぽいです。

  • これは聖歌隊席。<br />巨大なパイプオルガンがあります。この音色は聴いてみたいですね。

    これは聖歌隊席。
    巨大なパイプオルガンがあります。この音色は聴いてみたいですね。

  • 左がヒラルダの塔。<br />イスラムが支配していたころここにはモスクがあって、その尖塔を作り変えたものだそうです。

    イチオシ

    左がヒラルダの塔。
    イスラムが支配していたころここにはモスクがあって、その尖塔を作り変えたものだそうです。

  • 大聖堂の東はサンタクルス街というかつてユダヤ人が住んでいた地区。<br />その路地を入ったところにボデガ・サンタ・クルス Bodega Santa Cruz というバルがあって賑わっています。

    イチオシ

    大聖堂の東はサンタクルス街というかつてユダヤ人が住んでいた地区。
    その路地を入ったところにボデガ・サンタ・クルス Bodega Santa Cruz というバルがあって賑わっています。

  • 12時半で食事時でしたが、テーブルがひとつ空いていて座ることができました。

    12時半で食事時でしたが、テーブルがひとつ空いていて座ることができました。

  • 右にあるのはタラコを揚げたもの。<br />海外でタラコの料理を初めて見ました。

    右にあるのはタラコを揚げたもの。
    海外でタラコの料理を初めて見ました。

  • 鶏肉の煮込みとハモン・セラーノ。<br />スペインというと脂っこくて濃い味付けのような気がしていましたが、全く違いました。むしろ薄味でさっぱりしています。

    鶏肉の煮込みとハモン・セラーノ。
    スペインというと脂っこくて濃い味付けのような気がしていましたが、全く違いました。むしろ薄味でさっぱりしています。

  • セビリアから11kmほどのところにサンティポンセという町があります。高速を降りるとイタリカ ITALICA の文字がありました。

    セビリアから11kmほどのところにサンティポンセという町があります。高速を降りるとイタリカ ITALICA の文字がありました。

  • 人口5000人ほどの小さな自治体で、町もこじんまりしています。

    人口5000人ほどの小さな自治体で、町もこじんまりしています。

  • イタリカというのは、古代ローマの都市の名前です。紀元前200年ごろ、グアダルキビール川の水運の便が良いところに作られた大都市でした。トラヤヌスとハドリアヌスが生まれた地でもあります。<br />森林伐採の影響による堆積で川床が移り、2世紀終わりから衰え始め、街は放棄されて遺跡だけが残ります。替わりに近くのセビリアが川港として栄え、大都会になりました。

    イチオシ

    イタリカというのは、古代ローマの都市の名前です。紀元前200年ごろ、グアダルキビール川の水運の便が良いところに作られた大都市でした。トラヤヌスとハドリアヌスが生まれた地でもあります。
    森林伐採の影響による堆積で川床が移り、2世紀終わりから衰え始め、街は放棄されて遺跡だけが残ります。替わりに近くのセビリアが川港として栄え、大都会になりました。

  • 町の一角に劇場があります。<br />斜面を利用した規模の大きな劇場で、舞台の建物も残っています。<br />残念ながら中には入れませんでした。

    イチオシ

    町の一角に劇場があります。
    斜面を利用した規模の大きな劇場で、舞台の建物も残っています。
    残念ながら中には入れませんでした。

  • 劇場の観客席の背後は丘で、今の町の中心です。<br />時間帯も悪く食事をするところもなさそうなので、15時過ぎに町をあとにしました。

    劇場の観客席の背後は丘で、今の町の中心です。
    時間帯も悪く食事をするところもなさそうなので、15時過ぎに町をあとにしました。

  • 高速道路に乗ってセビリアに戻り、街の南側を迂回します。大聖堂のある辺りとは全く雰囲気が違い、整然とした街並みです。建物がオレンジ色なところにやはりスペインというのを感じます。

    高速道路に乗ってセビリアに戻り、街の南側を迂回します。大聖堂のある辺りとは全く雰囲気が違い、整然とした街並みです。建物がオレンジ色なところにやはりスペインというのを感じます。

  • A−4号線に入り、本日の宿泊地コルドバに向かいます。

    A−4号線に入り、本日の宿泊地コルドバに向かいます。

  • 起伏のある赤茶けた大地を行きます。<br />コルドバはグアダルキビール川の上流ですが、高速道路は川筋よりずっと南を通っています。

    起伏のある赤茶けた大地を行きます。
    コルドバはグアダルキビール川の上流ですが、高速道路は川筋よりずっと南を通っています。

  • セビリアとコルドバのちょうど中間辺りに、まるでローマ遺跡みたいなサービスエリアがありました。<br />Area De Servicio El Pilar という名ですが、これは「柱」サービスエリアという意味。

    イチオシ

    セビリアとコルドバのちょうど中間辺りに、まるでローマ遺跡みたいなサービスエリアがありました。
    Area De Servicio El Pilar という名ですが、これは「柱」サービスエリアという意味。

  • サービスエリアもバルのようにカウンターで飲み食いしてます。

    サービスエリアもバルのようにカウンターで飲み食いしてます。

  • レストランにはパエリアがあったので食べてみることにしました。<br />なんとメニューに日本語があります。こんな田舎のサービスエリアになぜ?

    レストランにはパエリアがあったので食べてみることにしました。
    なんとメニューに日本語があります。こんな田舎のサービスエリアになぜ?

  • 豚肉のパエリアです。<br />味はまあまあ。ちょっと米がべちゃっとしているのが残念でした。

    豚肉のパエリアです。
    味はまあまあ。ちょっと米がべちゃっとしているのが残念でした。

  • 売店にはキティーちゃんのお菓子がありました。

    売店にはキティーちゃんのお菓子がありました。

  • この柱が名前の由来でしょうか。<br />もしかしてこれは本当に遺跡?

    この柱が名前の由来でしょうか。
    もしかしてこれは本当に遺跡?

  • 赤茶けた大地にオリーブの木。同じ景色が延々と続きます。

    赤茶けた大地にオリーブの木。同じ景色が延々と続きます。

  • だんだんと日が傾くアンダルシアの大地を行きます。

    だんだんと日が傾くアンダルシアの大地を行きます。

  • 高速を降り、アンダルシア橋 Puente de Andalucía でグアダルキビール川を渡ってコルドバ市街に入ります。

    高速を降り、アンダルシア橋 Puente de Andalucía でグアダルキビール川を渡ってコルドバ市街に入ります。

  • 18時過ぎにホテルに着きました。まさに日が沈むところです。<br />今日の宿泊はコルドバのパラドールです。

    18時過ぎにホテルに着きました。まさに日が沈むところです。
    今日の宿泊はコルドバのパラドールです。

  • パラドールは街の北側の高台にあり、建物の前のテラスから街が一望できます。<br />ポツポツと明かりが灯っていきます。

    パラドールは街の北側の高台にあり、建物の前のテラスから街が一望できます。
    ポツポツと明かりが灯っていきます。

  • だんだん暗くなっていきます。<br />この時間帯がなぜか好きです。

    イチオシ

    だんだん暗くなっていきます。
    この時間帯がなぜか好きです。

  • ロビーはスペインらしい色使いです。<br />このパラドールはサラマンカと同じように近代的な建物です。

    ロビーはスペインらしい色使いです。
    このパラドールはサラマンカと同じように近代的な建物です。

  • 夕方パエリアを食べたので夕食は摂らずに済ませます。<br />広いベッドで快適です。

    夕方パエリアを食べたので夕食は摂らずに済ませます。
    広いベッドで快適です。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集