富士 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年3月、なぜか富士山に登ろうと思ってしまい、ツアーを探しました。<br />まだ時期が早くて大手旅行社の富士登山のツアーは組まれていない中、富士エコツアーサービスというツアー会社がヒット。<br /><br />「初めての富士登山・安心コース」<br />とあります。<br /><br />私はウォーキングはしていたけれど、そんなに体力に自信がない、若くもない、登山の知識もない、高山病も怖い。<br />このツアー、いいかも。<br />さらに5つのコースがあって、レディースコースがあります。女性ガイドによる女性限定コース。<br />女性限定なら遠慮なくていかも。<br />レディースコースで組まれている日程が7月10日(木)11日(金) 2日お休みをもらって帰ってきてから2日休める。平日だから混んでいないし、と、このツアーに決定!<br /><br />その時点で、富士登山まで、あと3ヶ月ちょっとしかありません。<br />トレーニングしておかないと、実際に現地に行って苦しむのは自分です。<br />と思ったので、それまでの間になるべく多くの機会を使って山に登りました。(6箇所の旅行記あり)<br />駅でもエスカレーターは使いません。<br /><br />富士登山の日まであと1週間に控えた7月5日、台風の接近が見込まれていて、今後の進路はわからないけれど日程を変更するなら受け付けます。といった内容のメールがツアー会社から届きました。<br />天気予報を見ると、ちょうど予定日に直撃!すぐに7月12日(土)、13日(日)に変更してもらいました。<br /><br />このツアーの売りの一つは、一番頂上に近い富士宮口から登り、御殿場ルートで降りるということだったのですが、今年は大雪で静岡県側の残雪が凍って危ない状態、7月10日に山開きする予定が17日になってしまったと言うので、一番ポピュラーな吉田口から登って、須走りルートでの下山となりました。<br /><br />結果、写真のように富士山初登頂成功しました!<br />でも、トレーニングしたのに空気が薄いのはやはり過酷! 下山も砂走りが終わったあたりで膝が死んで少し歩いては休み。いつ、この苦しみが終わるのか・・・<br />やさしいガイドさんに、急がなくていいからと励まされ、なんとか下山することができました。<br />こうしてツアーメンバー16人、全員登頂成功!<br />

富士山初登頂に成功! ・・・トレーニングして行っても過酷!

59いいね!

2014/07/12 - 2014/07/13

109位(同エリア1211件中)

今年3月、なぜか富士山に登ろうと思ってしまい、ツアーを探しました。
まだ時期が早くて大手旅行社の富士登山のツアーは組まれていない中、富士エコツアーサービスというツアー会社がヒット。

「初めての富士登山・安心コース」
とあります。

私はウォーキングはしていたけれど、そんなに体力に自信がない、若くもない、登山の知識もない、高山病も怖い。
このツアー、いいかも。
さらに5つのコースがあって、レディースコースがあります。女性ガイドによる女性限定コース。
女性限定なら遠慮なくていかも。
レディースコースで組まれている日程が7月10日(木)11日(金) 2日お休みをもらって帰ってきてから2日休める。平日だから混んでいないし、と、このツアーに決定!

その時点で、富士登山まで、あと3ヶ月ちょっとしかありません。
トレーニングしておかないと、実際に現地に行って苦しむのは自分です。
と思ったので、それまでの間になるべく多くの機会を使って山に登りました。(6箇所の旅行記あり)
駅でもエスカレーターは使いません。

富士登山の日まであと1週間に控えた7月5日、台風の接近が見込まれていて、今後の進路はわからないけれど日程を変更するなら受け付けます。といった内容のメールがツアー会社から届きました。
天気予報を見ると、ちょうど予定日に直撃!すぐに7月12日(土)、13日(日)に変更してもらいました。

このツアーの売りの一つは、一番頂上に近い富士宮口から登り、御殿場ルートで降りるということだったのですが、今年は大雪で静岡県側の残雪が凍って危ない状態、7月10日に山開きする予定が17日になってしまったと言うので、一番ポピュラーな吉田口から登って、須走りルートでの下山となりました。

結果、写真のように富士山初登頂成功しました!
でも、トレーニングしたのに空気が薄いのはやはり過酷! 下山も砂走りが終わったあたりで膝が死んで少し歩いては休み。いつ、この苦しみが終わるのか・・・
やさしいガイドさんに、急がなくていいからと励まされ、なんとか下山することができました。
こうしてツアーメンバー16人、全員登頂成功!

一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
新幹線 徒歩
利用旅行会社
その他
旅行の満足度
5.0
観光
5.0

PR

  • 新幹線の新富士駅に10:30集合<br /><br />「こだま」の自由席往復購入。<br />特に、帰りは時間が読めないので指定席買わないでください。と断りがありました。<br />ツアーメンバーに合わせたペースで下山するためです。<br />

    新幹線の新富士駅に10:30集合

    「こだま」の自由席往復購入。
    特に、帰りは時間が読めないので指定席買わないでください。と断りがありました。
    ツアーメンバーに合わせたペースで下山するためです。

  • トレーニングのために登った大山

    トレーニングのために登った大山

  • 新富士駅に到着<br /><br />ちょうどいい時間に到着する新幹線は上下線とも限られています。<br />全員集合後、一人参加5人が引き合わされました。<br />母娘、3人参加、2人参加、など全部で16人のメンバーです。<br /><br />

    新富士駅に到着

    ちょうどいい時間に到着する新幹線は上下線とも限られています。
    全員集合後、一人参加5人が引き合わされました。
    母娘、3人参加、2人参加、など全部で16人のメンバーです。

  • 富士エコツアーの送迎バス(最大20人のツアーしか組んでいません)<br />富士山ナンバー、3776 だと出迎えてくれた方が言うので、それでは撮影しなくては!とパチリ(富士山の高さは3776mです)<br /><br />出迎え、運転の福田さんは、後でオーナーだとわかりました。<br />途中で、富士山の面白い話をたくさんしてくれました。<br />何かのときに、へぇーと言われるネタになります。<br /><br />

    富士エコツアーの送迎バス(最大20人のツアーしか組んでいません)
    富士山ナンバー、3776 だと出迎えてくれた方が言うので、それでは撮影しなくては!とパチリ(富士山の高さは3776mです)

    出迎え、運転の福田さんは、後でオーナーだとわかりました。
    途中で、富士山の面白い話をたくさんしてくれました。
    何かのときに、へぇーと言われるネタになります。

  • 途中でガイドさん3人乗り込みました。<br />16人に、贅沢にもガイド3人!<br />もちろんツアー料金は高いですが、本当に安心。<br />私はとにかく、安全に登りたいので、費用を惜しむことは考えませんでした。<br /><br />五合目に到着!

    途中でガイドさん3人乗り込みました。
    16人に、贅沢にもガイド3人!
    もちろんツアー料金は高いですが、本当に安心。
    私はとにかく、安全に登りたいので、費用を惜しむことは考えませんでした。

    五合目に到着!

  • 山頂が見える!

    山頂が見える!

  • 休憩所で、お弁当とお茶が配られました。<br /><br />おかずは残しても、炭水化物のご飯は残さないようにと注意がありましたが、おかずが美味しくて、ご飯残してしまいました。

    休憩所で、お弁当とお茶が配られました。

    おかずは残しても、炭水化物のご飯は残さないようにと注意がありましたが、おかずが美味しくて、ご飯残してしまいました。

  • もう一度よく見えるところから富士山。

    もう一度よく見えるところから富士山。

  • ちょっと時間があったので、売店を覗きました。<br /><br />富士山の水<br /><br />おいしそうだけれど、高い

    ちょっと時間があったので、売店を覗きました。

    富士山の水

    おいしそうだけれど、高い

  • 五合目郵便局。<br /><br />まだ山頂の郵便局は開いていないと断り書きがありました。

    五合目郵便局。

    まだ山頂の郵便局は開いていないと断り書きがありました。

  • 観光客と登山客が入り混じってます。<br /><br />ガイドさんによると、土曜日にしてはすいているらしいです。<br />台風の後だから。<br /><br />ここで、ツアーメンバー全員で記念撮影。あとで富士山登頂証明書を出してくれるのですが、終わってからでは皆ひどい顔になるので、使用前の顔を写して置くんですって!<br /><br />14:00頃、ガイドさんを前後に出発!

    観光客と登山客が入り混じってます。

    ガイドさんによると、土曜日にしてはすいているらしいです。
    台風の後だから。

    ここで、ツアーメンバー全員で記念撮影。あとで富士山登頂証明書を出してくれるのですが、終わってからでは皆ひどい顔になるので、使用前の顔を写して置くんですって!

    14:00頃、ガイドさんを前後に出発!

  • 登山口に向かうこの道は、十数年前歩いたことがあります。当時、ここを歩くだけでもちょっと息切れしたので、私は富士登山なんて無理!と思っていました。

    登山口に向かうこの道は、十数年前歩いたことがあります。当時、ここを歩くだけでもちょっと息切れしたので、私は富士登山なんて無理!と思っていました。

  • その道から、もう下界が見下ろせます。

    その道から、もう下界が見下ろせます。

  • 登山口に到着。<br /><br />任意で入山料1000円を払うと、携帯トイレくれるみたいです。<br />でも、携帯トイレ使う場所がないそうです。

    登山口に到着。

    任意で入山料1000円を払うと、携帯トイレくれるみたいです。
    でも、携帯トイレ使う場所がないそうです。

  • 吉田口に到着。

    吉田口に到着。

  • 少し登ると、分岐点。<br /><br />ここから山頂まで355分、約6時間もかかるんだ!

    少し登ると、分岐点。

    ここから山頂まで355分、約6時間もかかるんだ!

  • このあたりは、楽々

    このあたりは、楽々

  • ちょうど、顔が見えていた3人がガイドさん。<br /><br />大手ツアーの男性ガイドさんに、どの山小屋に泊まるの?と聞かれたガイドさん、山小屋を決めていないツアーなんです。と答えると、大手のガイドさんに、(そういうの)ダメだって言ったでしょとか言われていました。<br />こちらは地元のエコツアー、大手ツアーより事情がわかってるし、少人数。山小屋を決めると無理してそこまで行かなくてはならないので、決めていないらしいです。<br />

    ちょうど、顔が見えていた3人がガイドさん。

    大手ツアーの男性ガイドさんに、どの山小屋に泊まるの?と聞かれたガイドさん、山小屋を決めていないツアーなんです。と答えると、大手のガイドさんに、(そういうの)ダメだって言ったでしょとか言われていました。
    こちらは地元のエコツアー、大手ツアーより事情がわかってるし、少人数。山小屋を決めると無理してそこまで行かなくてはならないので、決めていないらしいです。

  • きつい斜面の岩場は、渋滞しています。<br /><br />この程度、筑波山に比べれば楽々・・・のはずが、きつい。<br />やっぱり空気が薄いからでしょうか?<br /><br />鼻から吸って、口から出して、上を見上げて深呼吸〜<br />とガイドさんが繰り返すけれど、うまくできません。<br /><br />私はリュックが重くないように、腰ベルトと胸ベルトをきつく締めていたのを見て、緩めるようにアドバイスされました。

    きつい斜面の岩場は、渋滞しています。

    この程度、筑波山に比べれば楽々・・・のはずが、きつい。
    やっぱり空気が薄いからでしょうか?

    鼻から吸って、口から出して、上を見上げて深呼吸〜
    とガイドさんが繰り返すけれど、うまくできません。

    私はリュックが重くないように、腰ベルトと胸ベルトをきつく締めていたのを見て、緩めるようにアドバイスされました。

  • 空の色が、綺麗になってきました。

    空の色が、綺麗になってきました。

  • まだまだ急斜面。その後、ジグザグになった道を、いくつかの山小屋の前を通りながらいきます。広い場所をみつけては何度も休憩してくれます。<br /><br />ですが、やっと今日泊まる山小屋が見えはじめたあたりで、少し歩くと心臓ドキドキで苦しくてたまらない。頑張って呼吸しても歩が進まない。<br />私とガイドさん一人をおいて、先にみんなに行ってもらいましたが、止まると歩けなくなるからって止まらせてくれない。ここで止まったら凍死(今は低体温症)しちゃう!と私も頑張りたいけれど、無理〜とのろのろ・・やっとのことで18:00頃に山小屋到着。<br />と言うわけで、全く写真なし。

    まだまだ急斜面。その後、ジグザグになった道を、いくつかの山小屋の前を通りながらいきます。広い場所をみつけては何度も休憩してくれます。

    ですが、やっと今日泊まる山小屋が見えはじめたあたりで、少し歩くと心臓ドキドキで苦しくてたまらない。頑張って呼吸しても歩が進まない。
    私とガイドさん一人をおいて、先にみんなに行ってもらいましたが、止まると歩けなくなるからって止まらせてくれない。ここで止まったら凍死(今は低体温症)しちゃう!と私も頑張りたいけれど、無理〜とのろのろ・・やっとのことで18:00頃に山小屋到着。
    と言うわけで、全く写真なし。

  • 静岡側の山小屋は協定があって、平日7800円、土日8800円ですが、山梨側はありません。9300円でした。<br />山小屋で出されたカレー、疲れすぎて食べる気になりません。やっとのこと半分近く食べて、もう横になることにしました。<br />その前に、トイレへ行ったときに見た下界の夜景。20:00頃です。<br />残念なことに、満月で山小屋の周りも明るいし、雲も多くて星はあまり見えませんでした。

    静岡側の山小屋は協定があって、平日7800円、土日8800円ですが、山梨側はありません。9300円でした。
    山小屋で出されたカレー、疲れすぎて食べる気になりません。やっとのこと半分近く食べて、もう横になることにしました。
    その前に、トイレへ行ったときに見た下界の夜景。20:00頃です。
    残念なことに、満月で山小屋の周りも明るいし、雲も多くて星はあまり見えませんでした。

  • その時の空。<br /><br />夜、1時ごろいったん起きて外に出てみると、山小屋の前は大混雑。<br />ちょうどご来光を見に出発する人、下から上がってくる人たちでした。<br />下を見ても、上を見ても、ライトの列が連なっています。これが有名な夜間登山の列か〜と眺めていました。<br />私たちは、ゆっくり寝て4時頃起きて、山小屋の前でご来光見てすいている登山道を歩くことになっています。

    その時の空。

    夜、1時ごろいったん起きて外に出てみると、山小屋の前は大混雑。
    ちょうどご来光を見に出発する人、下から上がってくる人たちでした。
    下を見ても、上を見ても、ライトの列が連なっています。これが有名な夜間登山の列か〜と眺めていました。
    私たちは、ゆっくり寝て4時頃起きて、山小屋の前でご来光見てすいている登山道を歩くことになっています。

  • 泊まった山小屋。白雲荘 八合目と本八合目の中間地点です。<br /><br />山小屋は2段で2人で一畳・布団毛布一組で、フリースやレインウェア着込んで寝ても寒いときがありました。<br /><br />寝ているとき、呼吸が浅くなるので気をつけて息をした方がいいといわれていたので、眠れていないときは意識して深い呼吸をしていました。これが大正解。高山病にもならず、翌日登山中の呼吸も楽でした。<br />それに、アクエリアスを枕元に置いておいたら冷たくなっていたし、夜中に結構喉が渇くので大正解でした。<br />

    泊まった山小屋。白雲荘 八合目と本八合目の中間地点です。

    山小屋は2段で2人で一畳・布団毛布一組で、フリースやレインウェア着込んで寝ても寒いときがありました。

    寝ているとき、呼吸が浅くなるので気をつけて息をした方がいいといわれていたので、眠れていないときは意識して深い呼吸をしていました。これが大正解。高山病にもならず、翌日登山中の呼吸も楽でした。
    それに、アクエリアスを枕元に置いておいたら冷たくなっていたし、夜中に結構喉が渇くので大正解でした。

  • これから、この後ろに続く道を登っていかないといけません。

    これから、この後ろに続く道を登っていかないといけません。

  • 今日は、ご来光見えません。<br /><br />夜中に歩いて山頂まで行った方、ご苦労様でした。<br />(でも、雨に降られる前に降りられたでしょう)

    今日は、ご来光見えません。

    夜中に歩いて山頂まで行った方、ご苦労様でした。
    (でも、雨に降られる前に降りられたでしょう)

  • 山中湖が宙に浮いている。

    山中湖が宙に浮いている。

  • 山小屋の脇は、「雪渓かな、せっけいかな。」<br /><br />と言っていると、出発です。<br />4:44<br /><br />はじめは、やっぱり苦しい。今のうちにリタイアしちゃおうかと頭をよぎります。<br />ですが、だんだんペースができてきました。<br />呼吸もできてます。呼吸とポール(ストック)の動かし方を合わせるとリズムがとれます。<br />

    山小屋の脇は、「雪渓かな、せっけいかな。」

    と言っていると、出発です。
    4:44

    はじめは、やっぱり苦しい。今のうちにリタイアしちゃおうかと頭をよぎります。
    ですが、だんだんペースができてきました。
    呼吸もできてます。呼吸とポール(ストック)の動かし方を合わせるとリズムがとれます。

  • 3250mまで登りました。

    3250mまで登りました。

  • 最後の山小屋付近での眺め

    最後の山小屋付近での眺め

  • 皆、黙々と登ってます。<br /><br />手前は土砂を食い止める柵。

    皆、黙々と登ってます。

    手前は土砂を食い止める柵。

  • 綺麗な眺め・・山頂はもっと綺麗だろうとこの時は思っていたのだけれど

    綺麗な眺め・・山頂はもっと綺麗だろうとこの時は思っていたのだけれど

  • なにやら、怪しげな予感・・

    なにやら、怪しげな予感・・

  • さあレディたち、もう少し頑張れば山頂よ!

    さあレディたち、もう少し頑張れば山頂よ!

  • また、こんな道を登って登って

    また、こんな道を登って登って

  • 7:20<br /><br />やっと鳥居をくぐることができました。<br /><br />

    7:20

    やっと鳥居をくぐることができました。

  • そして証拠写真(表紙写真)

    そして証拠写真(表紙写真)

  • ですが、残念なことに下界が全く見えません。

    ですが、残念なことに下界が全く見えません。

  • 神社もまだ閉まっています

    神社もまだ閉まっています

  • それでも、みんな登頂の達成感いっぱい♪<br /><br />もともと、まだ残雪が多くてお鉢巡りはできませんが、火口を見に行くこともできずに、すぐみんなレインウェアを着て下山開始。

    それでも、みんな登頂の達成感いっぱい♪

    もともと、まだ残雪が多くてお鉢巡りはできませんが、火口を見に行くこともできずに、すぐみんなレインウェアを着て下山開始。

  • 下山道途中、まだこんなに雪が残っているのは、とても珍しいとガイドさんが言っていました。<br /><br />なんと、後で下のほうから見上げると、ちょうど山腹に「バル」と読めるように雪が残っているのをガイドさんが発見!(私たちはいっぱいいっぱいの時)<br />あんなところに、バルがあるのか! と和みました。<br />ついでに、日本では簡単な食事のできる酒場のような意味になっている「バル」、本場スペインの「バル」の形態を説明。

    下山道途中、まだこんなに雪が残っているのは、とても珍しいとガイドさんが言っていました。

    なんと、後で下のほうから見上げると、ちょうど山腹に「バル」と読めるように雪が残っているのをガイドさんが発見!(私たちはいっぱいいっぱいの時)
    あんなところに、バルがあるのか! と和みました。
    ついでに、日本では簡単な食事のできる酒場のような意味になっている「バル」、本場スペインの「バル」の形態を説明。

  • 雨から逃れて、追いつかれないように歩いていきます。<br /><br />下山は心臓バクバクしないし、楽々。<br /><br />下からドーンドーンと雷の音が・・と思ったら、富士演習場の大砲の音だそうです。<br />

    雨から逃れて、追いつかれないように歩いていきます。

    下山は心臓バクバクしないし、楽々。

    下からドーンドーンと雷の音が・・と思ったら、富士演習場の大砲の音だそうです。

  • ここから先、砂走り。<br />踵も固い登山靴なので、ザーザー降りていきます。でも頑張りすぎて、ちょっと疲れてきました。<br />ゆっくり歩き始めると、あれ?膝がおかしい。しばらく行くと、膝が全く利かなくなっている。立ち止まってバランスがちょっとずれると倒れそうになる。<br />ついにリタイア・・するわけにいきません。ここは富士山。なんとかして車で迎えの来る5合目まで降りなくてはいけません。<br />メンバーに遅れて追いついたけれど、そこで他のメンバーは先に行ってもらい、ガイドさん一人と私と、もう一人やはり足が利かなくなってしまったメンバーの三人で下山です。<br />雨にも追いつかれてしまいました。<br />少し歩いては休憩。座ると立ち上がるときに転んでしまう。<br />後どのぐらい、とガイドさんに聞いても、言うと気持ちが萎えるから、と教えてくれません。<br />この地獄のような下山がようやく終わって五合目までたどり着いたのは12時ごろだったでしょうか。<br />たぶん、先に行ったメンバーを1時間ぐらい待たせてしまったと思います。

    ここから先、砂走り。
    踵も固い登山靴なので、ザーザー降りていきます。でも頑張りすぎて、ちょっと疲れてきました。
    ゆっくり歩き始めると、あれ?膝がおかしい。しばらく行くと、膝が全く利かなくなっている。立ち止まってバランスがちょっとずれると倒れそうになる。
    ついにリタイア・・するわけにいきません。ここは富士山。なんとかして車で迎えの来る5合目まで降りなくてはいけません。
    メンバーに遅れて追いついたけれど、そこで他のメンバーは先に行ってもらい、ガイドさん一人と私と、もう一人やはり足が利かなくなってしまったメンバーの三人で下山です。
    雨にも追いつかれてしまいました。
    少し歩いては休憩。座ると立ち上がるときに転んでしまう。
    後どのぐらい、とガイドさんに聞いても、言うと気持ちが萎えるから、と教えてくれません。
    この地獄のような下山がようやく終わって五合目までたどり着いたのは12時ごろだったでしょうか。
    たぶん、先に行ったメンバーを1時間ぐらい待たせてしまったと思います。

  • 登山前に撮った写真、後で富士山登頂証明書としてプリントしてくれました。<br />それを写真にとって転載。<br />ハートを貼り付けたのはツアーメンバー15人。右後ろが私、後はガイドさん。<br /><br />全員無事に登頂、下山しました。<br />やっぱり、このツアー選んでよかった♪<br />富士エコツアーサービスの皆さん、ありがとうございました。<br /><br />この後、膝がおかしいままでは帰れないので、少しでも良くなるように温泉に寄って帰りました。<br /><br />

    登山前に撮った写真、後で富士山登頂証明書としてプリントしてくれました。
    それを写真にとって転載。
    ハートを貼り付けたのはツアーメンバー15人。右後ろが私、後はガイドさん。

    全員無事に登頂、下山しました。
    やっぱり、このツアー選んでよかった♪
    富士エコツアーサービスの皆さん、ありがとうございました。

    この後、膝がおかしいままでは帰れないので、少しでも良くなるように温泉に寄って帰りました。

この旅行記のタグ

59いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (27)

開く

閉じる

  • トラッキー☆さん 2014/08/11 21:20:34
    祝☆富士山登頂
    夏さん、富士山登頂、おめでとうございます♪
    トレーニングの甲斐がありましたね。
    無事に登頂できて、本当によかったです。
    私も、白雲荘に泊まりました。白雲荘は割と上の方ですが、後が楽ですよね。

    夏さんのすごいところは、この富士登山で終わらず、スイスへ行っちゃったってこと。
    私も、海外進出したいと思い、スイスへの旅の計画を立てたことがあります。
    結局、休みもなく、断念しちゃいましたが・・・でも、いつか、世界の山を歩くぞ〜。スイスもいいし、パタゴニアやキナバル山、キリマンジャロ、ネパールも捨てがたい。

    スイス旅行記、楽しみにしています♪

    とら

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/08/12 02:02:41
    RE: 祝☆富士山登頂
    トラ☆ちゃん、ありがとうございます!

    > 私も、白雲荘に泊まりました。白雲荘は割と上の方ですが、後が楽ですよね。

    そうでしたか!
    もう一つ下の山小屋だったら、あんなにへばらなかったのですが、
    おかげで翌日は山頂までそんな大変ではありませんでした。

    > 夏さんのすごいところは、この富士登山で終わらず、スイスへ行っちゃったってこと。

    山に凝ってきたので、山の絶景が見たくなってしまったんです・・
    スイスは直行便で行けるので、スペイン行くより楽ですし、英語も通じるし、安全だし、ハイキングコースも整備されているし下りなら楽だし、
    ほんとに絶景を気軽に楽しめました。
    トラ☆ちゃんも、ぜひ行ってみてください。

    スイス旅行記はチューリッヒを残すだけになりました。
    旅行記書き終わると、またどこかに行きたくなるんですよね。

    次は多少は涼しそうな日光の山を狙ってます。

    ではまたオフ会で!

    なつ

  • まみさん 2014/07/24 00:35:42
    自分への試練と達成のお祝い
    夏さん、こんにちは。旅先で拝読したのでポチしかしてませんでしたが、面白かったです。
    それと、こんな過酷な試練にチャレンジし、なんとか達成できたことはすばらしいですね!
    旅行記のレポートで感動をちょっとだけでも分かち合えた気がしますよ。
    ガイドさんの話も面白かったです。使用前の顔を記念撮影しておくとか、
    よいツアーにめぐりあえたのもよかったですね。
    お弁当、なんで炭水化物の方こそ食べなくちゃいけないんでしょうね。歩くエネルギーになるからかな。
    他の方のコメントへの返事をちら見しましたが、富士山のあとスイスに出かけたんですね。なかなかハード!

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/24 13:11:08
    RE: 自分への試練と達成のお祝い
    まみさん、富士山の旅行記呼んでくださって、ありがとうございます。

    > それと、こんな過酷な試練にチャレンジし、なんとか達成できたことはすばらしいですね!

    なんで、こんな過酷なことにチャレンジしてしまったのだろうと、下山で苦しんだ時には思いました。
    でも、富士山見るたびに登ったんだなあと思えるのがうれしいです。

    > お弁当、なんで炭水化物の方こそ食べなくちゃいけないんでしょうね。歩くエネルギーになるからかな。

    ホノルルマラソンの前日は、パスタパーティーって、昔聞いたような。

    > 他の方のコメントへの返事をちら見しましたが、富士山のあとスイスに出かけたんですね。なかなかハード!

    仕事の都合で、7月中しかない!
    とカレンダー見ながら思い切って決めてしまいました。

    今日はチューリッヒに移動して1泊。
    もう明日帰ります。
    旅の終わりは寂しいけれど、昨日はユングフラウ満喫したし、ほんとに来てよかったです。

    ところで、まみさん、山の辺の道歩きました?
    最近他のトラベラーさんの旅行記で後ろ姿みたような・・・

    なつ
  • morino296さん 2014/07/20 11:42:29
    祝、富士山登頂成功!
    夏さん

    富士山登頂成功、おめでとうございます!
    3ヶ月間のトレーニングの成果もあって、無事登頂で来て良かったですね。

    それにしても、富士山は相変わらず凄い人ですね。

    世界遺産に登録はされましたが、条件付きだとか。
    この条件をクリアーできないと登録取り消しの可能性もあるそうですね。

    空気の薄い中、よくご無事で、良かったですね。

    morino296

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/21 04:10:09
    RE: 祝、富士山登頂成功!
    morino296さん、ありがとうございます。

    トレーニングしていなかったら、登れないところでした。
    昨日から何度も返信しようと書き込んだのに、旅先でネット環境が悪くて遅くなりました。
    それに、今、暇なのに現地UPできずに残念です。

    今日は、富士山より高い所に行って来ました。
    ツェルマットからゴンドラやケーブルカーを乗り継いで行ったのですが、
    天気が悪くてマッターホルンを間近に見ることができずに残念でした。

    ではまた

    なつ

    morino296

    morino296さんからの返信 2014/07/21 08:49:02
    RE: RE: 祝、富士山登頂成功!
    夏さん

    こんにちは。

    旅先からの返信、有難うございます。

    > 今日は、富士山より高い所に行って来ました。
    > ツェルマットからゴンドラやケーブルカーを乗り継いで行ったのですが、
    > 天気が悪くてマッターホルンを間近に見ることができずに残念でした。

    そうなんですか。
    お天気が回復するといいですね。
    気を付けてお楽しみください。

    morino296
  • のりアロハさん 2014/07/18 22:22:28
    おめでと〜う!
    夏さん、こんばんは。

    富士山、無事に登頂できて本当に良かったですね。

    ツアー日程も変更して正解。そういうツアーを選んでいたのも大正解。

    事前に色々と努力したんで、そのご褒美なのかな?

    山登りは多少トレーニング出来ても、低酸素の対応を練習するのは困難なんで大変だったと思います。

    数年前に乗鞍に行ったんですが、頂上が約3000mで駐車場から300mぐらい登っただけでハーハー言ってたんで、やっぱり私には無理そうだな?

    今回も大きな目標を掲げ、それを見事に達成していく夏さんの姿に感動しました。

    のりアロハ

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/18 22:40:24
    RE: おめでと〜う!
    のりアロハさん、こんばんは。

    > 富士山、無事に登頂できて本当に良かったですね。

    ありがとうございます!

    > 山登りは多少トレーニング出来ても、低酸素の対応を練習するのは困難なんで大変だったと思います。
    >
    > 数年前に乗鞍に行ったんですが、頂上が約3000mで駐車場から300mぐらい登っただけでハーハー言ってたんで、やっぱり私には無理そうだな?

    乗鞍でもそうなんですか!
    高いところは空気が薄いので、意識して空気を取り入れないといけません。
    ガイドさんの言うように呼吸したら、なんとか登れました。
    その呼吸法に慣れるまで大変ですが。

    スイスで3100mのところにあるホテルに泊まります。マッターホルンビューのお部屋です♪
    富士山で高山病にかかったらキャンセルしなければいけないところでしたが、大丈夫だったので良かった!

    > 今回も大きな目標を掲げ、それを見事に達成していく夏さんの姿に感動しました。

    大きくて高ーい目標でした! 
    駅の階段、もう目標達したからトレーニングしなくていい、エスカレーターで登っていいんだと思うとほっとしました。
    昨日まで酷い筋肉痛だったので(笑)

    あと12時間後にスイスに飛びます。荷造り完成していないのでこのへんで。
    行ってきます!

    なつ
  • tarutaruSourseさん 2014/07/17 19:14:50
    富士山!
    おー、なつさん、富士山に登られたのですね。

    帰りが須走というのは、結構ハードですよねぇ。。。
    って、私も、2年前、世界遺産になる直前の8月最後の週の月曜日に、今度の土曜日富士山に登ろうよ、と旦那がのんきなメールをしてきまして、登ったんです。。。
    会社の山の会に属しているとはいえ、年数回、登山とも言えないハイキングに行く程度の落伍者私たち。
    それから慌てて、ワコールのCW-Xなどの補助ウエアを購入し、須走5合目泊の翌日一日で往復し、そのまま帰宅する企画でした。
    帰りの須走の砂地は、筋肉痛で脚がうまく動かなくなっている身には、実に堪えました・・・。

    事前に運動の準備もされていたとのことで、それはすばらしいことだと思います。
    思いつきで行ってはいけない場所(しかも個人だし)だと思います、富士山。。。

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/18 00:21:17
    RE: 富士山!
    tarutaruSourseさん、こんばんは。

    > それから慌てて、ワコールのCW-Xなどの補助ウエアを購入し、須走5合目泊の翌日一日で往復し、そのまま帰宅する企画でした。

    ワコールのCW-X・・・検索してみたら、私も同じくでした。
    膝のためにいいと言われると高くても購入しますよね。これでも膝が死んでたので、履かなかったら帰れなかったかも。

    しかし、5合目からの往復とはきついですね。

    > 帰りの須走の砂地は、筋肉痛で脚がうまく動かなくなっている身には、実に堪えました・・・。

    筋肉痛出るの早いですね!若い!
    私は山小屋に泊まった翌日は、全く筋肉痛出ませんでした。鍛えていたからか、まだ出る前だったのかはわかりませんが。

    > 思いつきで行ってはいけない場所(しかも個人だし)だと思います、富士山。。。

    でも、登れたんですよね?
    結果よければ、すべて良し!

    なつ
  • ElliEさん 2014/07/15 14:37:55
    頑張りましたね〜!
    ついにやった!富士登山成功、おめでとう!

    なつさん、ほんとに頑張りましたね。
    旅行記読んでいて、こちらの息も苦しくなってしまいそうでした。
    でも頑張って頂上まで行けて、帰りも無事に降りてこられて、ほんとによかった!

    今、富士山は大人気ですね。
    人の列がすごいのでびっくりです。
    山道は狭いのでしょう?
    早い人、遅い人がいて、自分のペースを保つのに気を使ってしまいそうですね。

    なつさんの旅行記でじっくり読んだから、富士山は登らなくてもいいわ。
    足は鍛えているつもりだけど、そろそろ高山病とか自信がないです。

    ほんとによくやりました!
    拍手です!

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/16 00:37:07
    RE: 頑張りましたね〜!
    ElliEさん、こんばんは。

    > ついにやった!富士登山成功、おめでとう!

    ありがとうございます!

    > 旅行記読んでいて、こちらの息も苦しくなってしまいそうでした。

    はい、鼻から息を吸って、口から吐いて、スーハーしてください!(笑)

    > でも頑張って頂上まで行けて、帰りも無事に降りてこられて、ほんとによかった!

    自分の足で往復できて良かった!
    そういえば、行きの山小屋目前に、私が余りに苦しそうなので、ガイドさんが荷物持ちましょうか・・その後、荷物持たせてください、とまで言ってくれたのですが、自分の荷物も持っていけないなんて情けないので断りました。

    > 今、富士山は大人気ですね。
    > 人の列がすごいのでびっくりです。
    > 山道は狭いのでしょう?
    > 早い人、遅い人がいて、自分のペースを保つのに気を使ってしまいそうですね。

    狭いところでも、すれ違い・追い抜きはできますが、道の片側が歩きにくくなっている場所で渋滞します。
    私たちは、広い場所で休憩しながら後の人たちに先に行ってもらうケースが多かったです。
    ツアーの中で、遅れそうな人は前の方が自分のペースで行けるので、前へ行ってくださいという指示があったので、私はたいてい前の方にいました。
    ガイドさんがすぐ後ろを見ながら歩いてくれるし、ガイドさんの足の運びをまねして歩くのは良かったですが、山小屋に着く直前は、もう全くペースを合わせられなくなって、後ろにさがったら、列の後ろにいるガイドさんが付きっ切りとなりました。

    > なつさんの旅行記でじっくり読んだから、富士山は登らなくてもいいわ。
    > 足は鍛えているつもりだけど、そろそろ高山病とか自信がないです。


    ElliEさん、私も富士山は絶対登れない/登らないと思っていたけれど、ちょっとしたきっかけで登ることになりました。登らなくてもいいわ、と思っていても・・・来年、富士山の旅行記書いていたりして。

    また日本に帰ってこられたときは、どこかで遊びましょう。

    では。

    なつ
  • ぬいぬいさん 2014/07/15 13:11:32
    富士山初登頂 頑張りましたね!
    夏への扉さん こんにちは。

    富士山初登頂おめでとうございます。
    よく頑張りましたね。

    世界遺産になってから、さらに渋滞がひどくなっているようですね。
    私も過去4回登っていますが、いつも夜の9時頃からの暗闇の中での一人弾丸登山で、上りの景色を見たことがありませんでした。

    今年は2年振りに登ろうと思ったら、弾丸登山のツアーバスなくなっちゃったんですね。
    狭い山小屋での仮眠を考えると、私は一気に登る方が好きなんで今年も富士山はパスして上高地の焼岳でも登ろうかと思います。

    4回登っていても、一度たりとも楽に登った記憶はなく、特に前回は八合目でヘッドライトを崖したに落としてしまい、暗闇の中の手探り登山で大変な思いをしました。

    ツアーだと仲間もいるので安心ですね。
    どんなに辛い思いをしても、山頂に到着した時の達成感。
    また来年も登ろうと思ってしまうのは富士山の魔力ですね。

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/16 00:18:28
    RE: 富士山初登頂 頑張りましたね!
    ぬいぬいさん、こんばんは。

    どうも、ありがとうございます。

    この日、この時間は渋滞がまだそんなではないようでした。
    私たちのツアーも、レディズのため遅くて渋滞の原因になっていたので、ちょくちょく横に避けました。

    > 私も過去4回登っていますが、いつも夜の9時頃からの暗闇の中での一人弾丸登山で、上りの景色を見たことがありませんでした。

    すごい! ぬいぬいさん、格が違います!

    > 今年は2年振りに登ろうと思ったら、弾丸登山のツアーバスなくなっちゃったんですね。

    無謀な(世間一般から見ると)ツアーとか企画すると、なにかあったとき問題になるからでしょうか?

    > 4回登っていても、一度たりとも楽に登った記憶はなく、特に前回は八合目でヘッドライトを崖したに落としてしまい、暗闇の中の手探り登山で大変な思いをしました。

    それは怖い! 暖かいところなら明るくなるまで待った方が良いでしょうが、動かなかったら寒くて低体温症になってしまいますね。
    でも、ぬいぬいさんでも楽に登れないって、やっぱり富士山て大変なんですね!

    > また来年も登ろうと思ってしまうのは富士山の魔力ですね。

    今のところ、筋肉痛の方が魔力に勝ってます。(笑)

    次はスイスの旅行記書きます。また大変な旅行記にならないと良いのですが・・

    では

    なつ
  • オータムさん 2014/07/15 12:53:08
    良く頑張りましたね。
    富士山初登頂おめでとうございます\(^o^)/

    道中の状況がひしひしと伝わってきます。

    小屋でゆっくりしたのが良かったのでしょう。

    下山も本当に辛いですよね。目的を達成した後なので余計に感じるのだと思います。

    賢明な判断をされるガイドさんで本当に良かったですね。

    参加された皆さんとも一体感になったと思います。

    体をゆっくり休めて下さい。

    ではまた オータム

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/16 00:07:27
    RE: 良く頑張りましたね。
    オータムさん、こんばんは。

    > 富士山初登頂おめでとうございます\(^o^)/

    ありがとうございます。

    > 道中の状況がひしひしと伝わってきます。

    もっと写真を撮って実況入れたかったんですが、それもできず・・・

    > 小屋でゆっくりしたのが良かったのでしょう。

    思ったより熟睡できました。
    8時から1時まで寝て、一度起きて外に出ましたが、その後は4時ちょっと前に山小屋の人が起こしにくるまで寝ていました。

    > 下山も本当に辛いですよね。目的を達成した後なので余計に感じるのだと思います。

    目的達成して、後は楽勝と軽く見たのが間違いでした。

    > 賢明な判断をされるガイドさんで本当に良かったですね。

    3人とも、若い女性ですが富士山のベテランガイドでした。

    > 参加された皆さんとも一体感になったと思います。

    皆さんに迷惑かけましたが、皆優しくしてくれました。
    やっぱり女性限定ツアーで良かったです。

    > 体をゆっくり休めて下さい。

    ありがとうございます。
    でも、そうもいかなくて・・・
    土曜日にはスイスへ行くのに、準備がまだまだであせってます。

    ではまた。

    なつ
  • mi-tanさん 2014/07/15 11:53:29
    登頂おめでとうございます!
    夏さん

    富士山登頂おめでとうございます♪
    やりましたね〜〜
    トレーニングの成果が出ましたね。
    本当によかった。

    途中、写真も撮れないくらいしんどかったっていう気持ち、
    わかるような気がします。

    私、小学校5年生の時に、親や従弟たちとハイキング気分で登って、
    えらい目にあったのを思い出します。
    その時は、8合目の山小屋でご来光を拝み、そこでリタイアして
    砂走りを下りました。
    うわ〜〜懐かしい〜〜

    その後、ひざ、大丈夫ですか?
    くれぐれも、お大事に。

    mi-tan

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/15 23:58:35
    RE: 登頂おめでとうございます!
    mi-tanさん、ありがとうございます。

    > トレーニングの成果が出ましたね。

    トレーニングしていかなかったら、絶対登れませんでした。

    > 途中、写真も撮れないくらいしんどかったっていう気持ち、
    > わかるような気がします。

    一休みするとき、まず水分補給して一息つくと、もう出発です。
    たまにカメラを取り出す余裕があっても、周りはツアーの仲間がいるので、動かないと風景の写真が撮れませんが、その体力がありませんでした。

    > 私、小学校5年生の時に、親や従弟たちとハイキング気分で登って、
    > えらい目にあったのを思い出します。
    > その時は、8合目の山小屋でご来光を拝み、そこでリタイアして
    > 砂走りを下りました。
    > うわ〜〜懐かしい〜〜

    小さい子も結構登っていましたが、その子にとっていいのか悪いのか、親も子も、その時点では判断できませんね。
    mi-tanさんは、大変だったけれど、えらい目にあったと言う記憶が深ーく刻まれたことが、今は懐かしいわけですから。

    > その後、ひざ、大丈夫ですか?
    > くれぐれも、お大事に。

    ありがとうございます。
    ちゃんと、くずれずに歩けます。筋肉痛に耐えながらですが。

    ではまた

    なつ
  • JOECOOLさん 2014/07/15 10:13:15
    富士山登頂おめでとうございます♪
    夏さん、こんにちは!
    富士山登頂おめでとうございます♪

    何度もリタイアしようかと思われたようですが、頑張って良かったですね。
    帰路の須走りがキツいと登ったことのある方から聞いていましたが、やっぱりキツかったんですね。
    自分を励まし鞭打ちながら歩かれた様子がヒシヒシと伝わってきました。

    もう膝は大丈夫でしょうか?
    どうぞお疲れが出ませんように...

    by JOECOOL

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/15 23:46:34
    RE: 富士山登頂おめでとうございます♪
    JOECOOLさん、こんばんは。

    > 富士山登頂おめでとうございます♪

    ありがとうございます。

    > 何度もリタイアしようかと思われたようですが、頑張って良かったですね。

    っていうか、リタイアしても下山しなくてはいけないし、下山途中はリタイアがそもそもできないし・・
    ヘリコプターで下ろしてくれるわけじゃないですから、頑張らざるを得ないです・・・
    辛かった〜〜


    > 帰路の須走りがキツいと登ったことのある方から聞いていましたが、やっぱりキツかったんですね。

    須走りまで、調子良かったので、調子に乗りすぎました。
    ザザー、ザザーと降りずに、普通に一歩一歩歩いて降りれば、膝がやられなかったかもしれません。
    また、須走りを抜けた後も思ったより距離がありました。
    ツアーに頼ってコースマップ見てこなかったので、どのぐらい距離があるのかわからなかったし。でもわかってたら気持ちがほんとに萎えてしまったかもしれません。

    > 自分を励まし鞭打ちながら歩かれた様子がヒシヒシと伝わってきました。

    わかってくださいました〜?
    立っていて、少し重心が動くと膝がくずれそうになるんですよ〜
    その状態で、一歩一歩慎重に動かないと歩けないなんて!
    膝って大事なんですね。

    > もう膝は大丈夫でしょうか?

    膝は大丈夫ですが、筋肉痛が酷いです。

    > どうぞお疲れが出ませんように...

    お気遣いありがとうございます。
    土曜日にスイスへ向かうし、8月から仕事変わるし、ゆっくり休めないんですが、自分がやりたくてやってるので疲れないでしょう!

    ではまた

    なつ
  • TSUNEさん 2014/07/15 09:46:50
    おめでとうございます!
    夏さん、富士登山達成おめでとうございます!
    準備をしていてもやはり大変なんですね。

    でもその達成感は計り知れないものですよね(笑)
    表紙の様子で登頂したのはわかっているのに、旅行記をみながら
    ドキドキでした。
    登頂に来られる人は30代位が中心ですか?

    私も元気のあるうちにいつか登ってみたいなぁ。


    TSUNE

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/15 23:30:39
    RE: おめでとうございます!
    TSUNEさん、ありがとうございます!

    > 準備をしていてもやはり大変なんですね。

    ツアーの中に、ロシア人の女性がいたんです。
    山登り好きなの?、どこか登った?と聞くと、特に山登りの経験もないし、トレーニングもしていない様子。
    心配していたのに・・ロシア人の体力、見くびってました。

    > でもその達成感は計り知れないものですよね(笑)

    これからは、富士山を見るたびに登った登った!って叫びます!

    > 表紙の様子で登頂したのはわかっているのに、旅行記をみながら
    > ドキドキでした。

    お騒がせ〜。でも、簡単に登れたような旅行記よりいいかな?

    > 登頂に来られる人は30代位が中心ですか?

    うーん、人の顔を見る余裕がないし、みな帽子をかぶっているし〜

    > 私も元気のあるうちにいつか登ってみたいなぁ。

    いつかと言わず、今年登ってください。TSUNEさんは若いから大丈夫!

    なつ
  • ガブリエラさん 2014/07/15 06:33:23
    おめでとうございますヽ(^o^)丿
    なつさん☆

    おはようございます♪

    とうとう、富士山に登頂されたんですね!!!
    トレーニング、が頑張られてましたもんね!
    おめでとうございますヽ(^o^)丿

    読んでて、なんだか私まで膝がガクガクするような、ドキドキしちゃいました(*^_^*)
    優しいガイドさんのツアー、選ばれて正解だったんですね♪
    私だったら、次の日歩けないかも・・・。

    貴重なお写真、ありがとうございました♪
    もう、足は大丈夫ですか?!
    お疲れさまでしたヽ(^o^)丿

    ガブ(^_^)v

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/15 23:18:39
    RE: おめでとうございますヽ(^o^)丿
    ガブちゃん、こんばんは。

    お祝いの言葉、ありがとうございます!

    あれだけ、トレーニングの旅行記書いたのに、登れなかったって言う旅行記書きたくなかったので、頑張りました(笑)

    > 読んでて、なんだか私まで膝がガクガクするような、ドキドキしちゃいました(*^_^*)

    お騒がせしました!

    > 優しいガイドさんのツアー、選ばれて正解だったんですね♪
    > 私だったら、次の日歩けないかも・・・。

    昨日は酷い状態でした。今日もすごい筋肉痛です。
    今なら、アルプスの少女ハイジのクララが立つシーン、うまく演技できます♪
    今度の土曜日はスイスへ飛んでいきます。
    富士山で絶景が見られなかったけれど、スイスで絶景見られるといいな。

    ではまた

    なつ
  • 38うさぎ?さん 2014/07/15 05:32:38
    やりましたね!
    おめでとうございます
    時期的に早いので人が少ないですが
    これからは
    どんどん人が増えるんでしょうね
    人のペースで登るのも辛いですが
    無事登頂できましたね
    霧が濃くて残念でしたが
    また登ってこいよの意味があるのかも?

    お鉢廻りは中々良いですが
    もう少し体力アップが必要ですね
    でも、膝とかの負担を考えると
    あまり無理もできませんが・・・

    でも
    本当に登頂おめでとうございます

    夏への扉

    夏への扉さんからの返信 2014/07/15 23:03:10
    RE: やりましたね!
    38うさぎ?さん、どうもありがとうございます。

    > 時期的に早いので人が少ないですが
    > これからは
    > どんどん人が増えるんでしょうね

    今度の三連休から、お盆の頃までは激混みになるそうですが、
    山頂からのご来光にこだわらず、時間をずらしていけば道の混雑度は多少はいいようです。
    でも山小屋の収容人数も限られるので、やはり大変ですね。

    > 人のペースで登るのも辛いですが
    > 無事登頂できましたね

    トレーニングはたいてい一人で写真を撮りながら登っていたので、全然ペースが違いました。
    でも、自分のペースだと登れなかった可能性大です。

    > 霧が濃くて残念でしたが
    > また登ってこいよの意味があるのかも?

    今回は、景色より山頂に立つことが第一目的でしたが、いい景色も見たかったですね。
    でも、今、ものすごい筋肉痛で、また登るなんて今のところ考えられませ〜ん!(笑)


    > お鉢廻りは中々良いですが
    > もう少し体力アップが必要ですね

    年々落ちる体力を今よりアップさせるのは、トレーニングが大変です。
    どこかのツアー会社に山小屋2泊(登り・下り1泊ずつ)というプランがあって、それなら今の体力でお鉢廻りもできるかもしれませんが、シャワーも浴びられず2晩もあの狭いところで寝るのも考えちゃいますね。

    では〜

    なつ

夏への扉さんのトラベラーページ

ピックアップ特集

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

富士(静岡) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集