品川 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
東禅寺(とうぜんじ)は品川区高輪の閑静な住宅地に囲まれた谷地にあります。<br /><br />慶長15年(1610)日向国飫肥藩第2代藩主伊東祐慶(いとうすけのり、1589〜1636)を開基として赤坂にて創建、寛永13年(1636)に現在の高輪に移転、当時は江戸湾を一望できることから海上禅林とも呼ばれ山門にその文言が扁額に刻されています。<br /><br />開基の伊東祐慶は飫肥藩主2代ですが元亀3年(1572)年日向国西部における木崎原(きざきばる)合戦で伊東軍は島津軍に大敗、本拠都於郡(とのこおり)を一族撤退するまでは日向国大半を治める覇者として歴代22代を数えるまでとなっています。<br /><br />遠祖は伊豆田方郡伊東に居を構えた豪族で当然ながら鎌倉幕府御家人として活躍、建久元年(1190)惣領の祐経(すけつね、生年不詳〜1193)は日向に地頭職を与えられ自らは鎌倉にて幕府に出仕、所領には庶子を代官として現地支配を委ねます。<br /><br />南北朝時代では一時九州に敗走した足利尊氏(あしかがたかうじ、1305〜1358)が小弐氏らの支持を得て京都をめざし、この時当主祐持(すけもち)は尊氏に属し湊川の戦いで功あったとして日向国児湯郡内都於郡(とのこおり)に所領を与えられ合わせて南朝方優勢の日向に下向することになります。<br /><br />惣領が自ら日向に下向、先発で下向して土着している伊東氏庶流である木脇伊東氏・田嶋伊東氏・門川伊東氏をそれぞれ吸収、更にその他豪族と養子縁組等により親戚衆として自勢力に組み入れなどして日向中南部以北を支配するに至ります。<br /><br />前後しますが鎌倉創設後も旧平氏勢力強く残っている九州南部対策として幕府は御家人島津氏を守護職として薩摩に下向させ、薩摩・大隅に島津の支配力が浸透する中、日向西部の覇権を求める伊東氏は島津氏と木崎原で衝突、結果島津義弘(しまづよしひろ、1535〜1916)の小勢ながら巧みな作戦と用兵で不意を討たれ大敗を喫し伊東義祐(いとうよしすけ、1512〜1585)は一族ともども豊後大友氏に頼る事になります。<br /><br />豊後太守大友宗麟(おおともそうりん、1530〜1587)は義祐を庇護し伊東氏本領の回復に合わせ自らが信奉するキリスト教布教のため日向に向けて出陣、耳川の戦いで島津軍により大打撃を被り豊後に敗走します。<br /><br />島津軍の九州全土に向けた戦いに脅威を受け大友宗麟は畿内を統一した豊臣秀吉に島津征伐を懇願、天正14年(1586)秀吉軍は島津氏討伐を行い、その際秀吉軍に随陣した祐兵(すけたか,1559〜1600)は戦功により飫肥城に復帰して二万八千石の知行を得ます。<br /><br />慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは当主祐兵は徳川方として働き、日向国における島津佐土原城を攻めたて合戦後の結果として飫肥を中心とする本領安堵、祐兵の死去を受け祐慶が家督を継いで五万七千石の拝領となります・<br /><br /><br /><br /><br />

武蔵高輪 鎌倉御家人で苦難の道を歩いた日向国飫肥藩主伊東氏開基 東禅寺散歩

13いいね!

2014/02/28 - 2014/02/28

306位(同エリア845件中)

0

17

東禅寺(とうぜんじ)は品川区高輪の閑静な住宅地に囲まれた谷地にあります。

慶長15年(1610)日向国飫肥藩第2代藩主伊東祐慶(いとうすけのり、1589〜1636)を開基として赤坂にて創建、寛永13年(1636)に現在の高輪に移転、当時は江戸湾を一望できることから海上禅林とも呼ばれ山門にその文言が扁額に刻されています。

開基の伊東祐慶は飫肥藩主2代ですが元亀3年(1572)年日向国西部における木崎原(きざきばる)合戦で伊東軍は島津軍に大敗、本拠都於郡(とのこおり)を一族撤退するまでは日向国大半を治める覇者として歴代22代を数えるまでとなっています。

遠祖は伊豆田方郡伊東に居を構えた豪族で当然ながら鎌倉幕府御家人として活躍、建久元年(1190)惣領の祐経(すけつね、生年不詳〜1193)は日向に地頭職を与えられ自らは鎌倉にて幕府に出仕、所領には庶子を代官として現地支配を委ねます。

南北朝時代では一時九州に敗走した足利尊氏(あしかがたかうじ、1305〜1358)が小弐氏らの支持を得て京都をめざし、この時当主祐持(すけもち)は尊氏に属し湊川の戦いで功あったとして日向国児湯郡内都於郡(とのこおり)に所領を与えられ合わせて南朝方優勢の日向に下向することになります。

惣領が自ら日向に下向、先発で下向して土着している伊東氏庶流である木脇伊東氏・田嶋伊東氏・門川伊東氏をそれぞれ吸収、更にその他豪族と養子縁組等により親戚衆として自勢力に組み入れなどして日向中南部以北を支配するに至ります。

前後しますが鎌倉創設後も旧平氏勢力強く残っている九州南部対策として幕府は御家人島津氏を守護職として薩摩に下向させ、薩摩・大隅に島津の支配力が浸透する中、日向西部の覇権を求める伊東氏は島津氏と木崎原で衝突、結果島津義弘(しまづよしひろ、1535〜1916)の小勢ながら巧みな作戦と用兵で不意を討たれ大敗を喫し伊東義祐(いとうよしすけ、1512〜1585)は一族ともども豊後大友氏に頼る事になります。

豊後太守大友宗麟(おおともそうりん、1530〜1587)は義祐を庇護し伊東氏本領の回復に合わせ自らが信奉するキリスト教布教のため日向に向けて出陣、耳川の戦いで島津軍により大打撃を被り豊後に敗走します。

島津軍の九州全土に向けた戦いに脅威を受け大友宗麟は畿内を統一した豊臣秀吉に島津征伐を懇願、天正14年(1586)秀吉軍は島津氏討伐を行い、その際秀吉軍に随陣した祐兵(すけたか,1559〜1600)は戦功により飫肥城に復帰して二万八千石の知行を得ます。

慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは当主祐兵は徳川方として働き、日向国における島津佐土原城を攻めたて合戦後の結果として飫肥を中心とする本領安堵、祐兵の死去を受け祐慶が家督を継いで五万七千石の拝領となります・




交通手段
JRローカル 徒歩

PR

この旅行記のタグ

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

品川(東京) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集