熊谷 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 埼玉県熊谷市妻沼にある妻沼(めぬま)聖天山(しょうでんざん)は高野山真言宗の寺で、斎藤別当実盛が治承3年(1179年)に先祖伝来の大聖歓喜天(聖天さま)を本尊として祀ったことに始まる。実盛次男・六実長が出家して阿請房良応となり、建久8年(1197年)に歓喜院(かんぎいん)を開創した。<br /> 歓喜院聖天堂は埼玉県で唯一の国宝建築物がある寺として知られる。国宝指定は平成24年(2012年)7月9日である。建築年代は、奥殿が延享元年(1744年)、中殿が宝暦10年(1760年)、拝殿が宝暦6年(1756年)となっている。近世以前の神社建築であり、権現造の社殿で、本殿、幣殿(石の間)、拝殿に相当している。明治維新の神仏分離令で廃寺となり、寺院建築物が神社社殿となっているものは長崎と浦賀で見たが、寺院の本堂に権現造の社殿が建てられているのは初めて目にし、さすがに驚いた。特に、久能山東照宮と上野東照宮の後に訪れただけに驚きはしとしおだった。<br /> 国指定文化財等データベースの「詳細説明」には、<br /> 「歓喜院は高野山真言宗に属し、治承3年(1179)の創建と伝わる。現在の聖天堂は、享保5年(1720)に歓喜院院主海算(かいさん)が再建を発願、民衆の寄進を募り、地元の大工林兵庫正清(まさきよ)によって建設されたものである。<br /> 奥殿、中殿、拝殿よりなる権現造の形式で、延享元年(1744)に奥殿と中殿の一部が完成し、宝暦10年(1760)までに中殿と拝殿が完成した。とくに奥殿は多彩な彫刻技法が駆使され、さらに色漆塗や金箔押などによる極彩色を施してきらびやかに飾る。また、拝殿正面を開放として参詣の便をはかるなど庶民信仰の隆盛を物語る建物である。<br /> 聖天堂は、江戸時代に発展した多様な建築装飾技法がおしみなく注がれた華麗な建物であり、技術的な頂点の一つをなしている。このような建物が庶民信仰によって実現したことは、宗教建築における装飾文化の普及の過程を示しており、我が国の文化史上、高い価値を有している。」<br />とある。<br /> 参道には貴惣門・中門・仁王門が一直線に並んでいる。また、貴惣門と仁王門にはそれぞれ仁王像が安置されている。<br /> 貴惣門は幕末の嘉永4年(1851年)に建立され、国指定重要文化財である。長州吉川藩の作事方奉行・長谷川重右衛門が図面を手紙で送り、その図面を林家が代々引き継いで1世紀後にその図面を元に建てたものである。妻側から見ると、母屋と裳層(もこし)の破風が三つ鱗の形になった奇抜な意匠をしている<br /> 広い境内には多くの石碑が建てられており、信仰の寺としての面影を色濃く残している。<br />(表紙写真は聖天山観喜院貴惣門)

聖天山観喜院-貴惣門から仁王門

9いいね!

2014/01/29 - 2014/01/29

75位(同エリア167件中)

 埼玉県熊谷市妻沼にある妻沼(めぬま)聖天山(しょうでんざん)は高野山真言宗の寺で、斎藤別当実盛が治承3年(1179年)に先祖伝来の大聖歓喜天(聖天さま)を本尊として祀ったことに始まる。実盛次男・六実長が出家して阿請房良応となり、建久8年(1197年)に歓喜院(かんぎいん)を開創した。
 歓喜院聖天堂は埼玉県で唯一の国宝建築物がある寺として知られる。国宝指定は平成24年(2012年)7月9日である。建築年代は、奥殿が延享元年(1744年)、中殿が宝暦10年(1760年)、拝殿が宝暦6年(1756年)となっている。近世以前の神社建築であり、権現造の社殿で、本殿、幣殿(石の間)、拝殿に相当している。明治維新の神仏分離令で廃寺となり、寺院建築物が神社社殿となっているものは長崎と浦賀で見たが、寺院の本堂に権現造の社殿が建てられているのは初めて目にし、さすがに驚いた。特に、久能山東照宮と上野東照宮の後に訪れただけに驚きはしとしおだった。
 国指定文化財等データベースの「詳細説明」には、
 「歓喜院は高野山真言宗に属し、治承3年(1179)の創建と伝わる。現在の聖天堂は、享保5年(1720)に歓喜院院主海算(かいさん)が再建を発願、民衆の寄進を募り、地元の大工林兵庫正清(まさきよ)によって建設されたものである。
 奥殿、中殿、拝殿よりなる権現造の形式で、延享元年(1744)に奥殿と中殿の一部が完成し、宝暦10年(1760)までに中殿と拝殿が完成した。とくに奥殿は多彩な彫刻技法が駆使され、さらに色漆塗や金箔押などによる極彩色を施してきらびやかに飾る。また、拝殿正面を開放として参詣の便をはかるなど庶民信仰の隆盛を物語る建物である。
 聖天堂は、江戸時代に発展した多様な建築装飾技法がおしみなく注がれた華麗な建物であり、技術的な頂点の一つをなしている。このような建物が庶民信仰によって実現したことは、宗教建築における装飾文化の普及の過程を示しており、我が国の文化史上、高い価値を有している。」
とある。
 参道には貴惣門・中門・仁王門が一直線に並んでいる。また、貴惣門と仁王門にはそれぞれ仁王像が安置されている。
 貴惣門は幕末の嘉永4年(1851年)に建立され、国指定重要文化財である。長州吉川藩の作事方奉行・長谷川重右衛門が図面を手紙で送り、その図面を林家が代々引き継いで1世紀後にその図面を元に建てたものである。妻側から見ると、母屋と裳層(もこし)の破風が三つ鱗の形になった奇抜な意匠をしている
 広い境内には多くの石碑が建てられており、信仰の寺としての面影を色濃く残している。
(表紙写真は聖天山観喜院貴惣門)

PR

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

熊谷(埼玉) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集