ビエンチャン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
遅めの夏休み。行ってみたかったラオスと、乗り継ぎついでにベトナムのハノイも観光した5日間の旅行記です。<br /><br />3日目は朝の便でハノイからラオスのビエンチャンへ。<br />トゥクトゥクのドライバーさんと交渉して、市内の観光地めぐりをしました。<br /><br />[日程]<br /> 9/14 成田→ハノイ<br /> 9/15 ハノイ(ハロン湾)<br />★9/16 ハノイ→ビエンチャン<br /> 9/17 ビエンチャン→ルアンパバーン<br /> 9/18 ルアンパバーン→<br /> 9/19 →成田<br /><br />*この旅行記は ぱと(夫)が書きました。

2013 ラオス・ベトナムの旅 3 トゥクトゥクに乗ってビエンチャン市内観光

11いいね!

2013/09/14 - 2013/09/19

434位(同エリア958件中)

0

45

kurumi726

kurumi726さん

遅めの夏休み。行ってみたかったラオスと、乗り継ぎついでにベトナムのハノイも観光した5日間の旅行記です。

3日目は朝の便でハノイからラオスのビエンチャンへ。
トゥクトゥクのドライバーさんと交渉して、市内の観光地めぐりをしました。

[日程]
 9/14 成田→ハノイ
 9/15 ハノイ(ハロン湾)
★9/16 ハノイ→ビエンチャン
 9/17 ビエンチャン→ルアンパバーン
 9/18 ルアンパバーン→
 9/19 →成田

*この旅行記は ぱと(夫)が書きました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
タクシー 徒歩
航空会社
ベトナム航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 3日目。朝の飛行機でラオスの首都、ビエンチャンへ向かいます。<br /><br />旧市街からハノイ・ノイバイ空港まで距離が離れているので早起き。<br />まずはホテル(GOLDEN SILK BOUTIQUE HOTEL)で朝食。レストランがオープンしてすぐの時間に行ったのでお客さんがまだ全然いませんでした。<br /><br />この日はお粥を食べてみました。中華粥のような感じの味付けであっさり目でやさしい味でした。

    3日目。朝の飛行機でラオスの首都、ビエンチャンへ向かいます。

    旧市街からハノイ・ノイバイ空港まで距離が離れているので早起き。
    まずはホテル(GOLDEN SILK BOUTIQUE HOTEL)で朝食。レストランがオープンしてすぐの時間に行ったのでお客さんがまだ全然いませんでした。

    この日はお粥を食べてみました。中華粥のような感じの味付けであっさり目でやさしい味でした。

  • くるみ(妻)の朝食。<br />2日連続でオムレツを作ってもらっていました。

    くるみ(妻)の朝食。
    2日連続でオムレツを作ってもらっていました。

  • ホテルのフロントで呼んでタクシーを呼んでもらい、ノイバイ空港へ。<br /><br />ちょうど朝の通勤時間で、道路はバイクで混み合っていました。

    ホテルのフロントで呼んでタクシーを呼んでもらい、ノイバイ空港へ。

    ちょうど朝の通勤時間で、道路はバイクで混み合っていました。

  • 空港には1時間弱で到着。定額で35万ドンでした。<br /><br />乗るのは9:55発のビエンチャン行き。

    空港には1時間弱で到着。定額で35万ドンでした。

    乗るのは9:55発のビエンチャン行き。

  • ベトナム航空の飛行機に乗りました。<br />フライト時間が短いせいか、国際線ですが飲み物しか出ませんでした。

    ベトナム航空の飛行機に乗りました。
    フライト時間が短いせいか、国際線ですが飲み物しか出ませんでした。

  • 1時間弱でビエンチャン・ワットタイ空港に到着。<br />ハノイよりも暑い!<br /><br />飛行機内で入国カードが配られないので、入国審査前にカウンターにおいてあるカードに記載。機内で配ってくれればもっとスムーズなのに。

    1時間弱でビエンチャン・ワットタイ空港に到着。
    ハノイよりも暑い!

    飛行機内で入国カードが配られないので、入国審査前にカウンターにおいてあるカードに記載。機内で配ってくれればもっとスムーズなのに。

    ワットタイ国際空港 (VTE) 空港

  • タクシーで市内へ向かいます。<br />到着ロビーにあるタクシーカウンターでホテル名を告げて、料金を先払い。<br />一律で57000kip。<br />

    タクシーで市内へ向かいます。
    到着ロビーにあるタクシーカウンターでホテル名を告げて、料金を先払い。
    一律で57000kip。

  • 空港が市街地から近い場所にあるので、10分かからないくらいで中心街にあるホテルに到着。<br />宿泊するのは「ibis Vientiane Nam Phu」。宿泊日の1ヶ月前(2013年8月)にオープンしたばかりのホテルです。<br /><br />まだチェックイン出来る時間ではなかったので、荷物をフロントに預けて、街へ出てみました。

    空港が市街地から近い場所にあるので、10分かからないくらいで中心街にあるホテルに到着。
    宿泊するのは「ibis Vientiane Nam Phu」。宿泊日の1ヶ月前(2013年8月)にオープンしたばかりのホテルです。

    まだチェックイン出来る時間ではなかったので、荷物をフロントに預けて、街へ出てみました。

    イビス ヴィエンチャン ナム プー ホテル ホテル

    ビエンチャン中心地にあり何をするにも便利 by kurumi726さん
  • お昼時なので、食堂に入りました。<br />入ったのはナンプコーヒー(Numphu Coffee)というお店。<br /><br />地元の人たちと観光客でほぼ満席でした。

    お昼時なので、食堂に入りました。
    入ったのはナンプコーヒー(Numphu Coffee)というお店。

    地元の人たちと観光客でほぼ満席でした。

    ナンプ コーヒー 地元の料理

  • くるみが食べたのはカオ・ラートナー。<br />空芯菜と豚肉の炒め物のプレート。炒め物が辛めだったけどおいしかった!<br />

    くるみが食べたのはカオ・ラートナー。
    空芯菜と豚肉の炒め物のプレート。炒め物が辛めだったけどおいしかった!

  • 僕が食べたのはフー・クア・シーウー。<br />かなり幅広の麺が入っている焼きうどんのようなものでした。<br />麺がモチモチで、卵が絡んでいる状態で炒めてあってとても美味しかったです。<br /><br />お茶が無料だったのがとてもありがたかったです。<br />ラオスのレストラン、他の店でも水やお茶が日本のように無料で出てきて、無くなると注ぎに来てくれる点がとても良かった!<br />

    僕が食べたのはフー・クア・シーウー。
    かなり幅広の麺が入っている焼きうどんのようなものでした。
    麺がモチモチで、卵が絡んでいる状態で炒めてあってとても美味しかったです。

    お茶が無料だったのがとてもありがたかったです。
    ラオスのレストラン、他の店でも水やお茶が日本のように無料で出てきて、無くなると注ぎに来てくれる点がとても良かった!

  • 昼食後、本格的に観光開始。<br />ナンプコーヒーの近くにあったタートダム(黒塔)。<br />16世紀に建てられた塔です。

    昼食後、本格的に観光開始。
    ナンプコーヒーの近くにあったタートダム(黒塔)。
    16世紀に建てられた塔です。

  • ビエンチャンは公共の交通機関やタクシーがあまりいないようなので、トゥクトゥクで移動します。<br />レンタルバイクやレンタサイクルもあるようですが、バイクは少し怖いし、レンタサイクルはすぐにお店が見つからなかったので諦めました。<br /><br />停車していたトゥクトゥクと交渉。タート・ルアン片道でお願いしたところ、断られてしまいました。<br />そこで、作戦変更。流しで走っていた別のトゥクトゥクと、市内3ヶ所(パトゥーサイ、タート・ルアン、ワット・ホーパケオ)回ってもらうように交渉したところ、無事交渉成立。100,000kipで回ってもらうことにしました。

    ビエンチャンは公共の交通機関やタクシーがあまりいないようなので、トゥクトゥクで移動します。
    レンタルバイクやレンタサイクルもあるようですが、バイクは少し怖いし、レンタサイクルはすぐにお店が見つからなかったので諦めました。

    停車していたトゥクトゥクと交渉。タート・ルアン片道でお願いしたところ、断られてしまいました。
    そこで、作戦変更。流しで走っていた別のトゥクトゥクと、市内3ヶ所(パトゥーサイ、タート・ルアン、ワット・ホーパケオ)回ってもらうように交渉したところ、無事交渉成立。100,000kipで回ってもらうことにしました。

  • ナンプ付近からトゥクトゥクに乗り、5分程でパトゥーサイに到着。<br /><br />パトゥーサイはパリの凱旋門を模して造られた戦没者慰霊塔。

    ナンプ付近からトゥクトゥクに乗り、5分程でパトゥーサイに到着。

    パトゥーサイはパリの凱旋門を模して造られた戦没者慰霊塔。

  • 正面まで行ってみました。<br /><br />この角度からが一番かっこよく見えます。

    イチオシ

    地図を見る

    正面まで行ってみました。

    この角度からが一番かっこよく見えます。

    パトゥーサイ 建造物

  • 内側には写真のような装飾がありました。<br /><br />パトゥーサイの中に入り、上の展望台へ。<br />入場料は1人3000kip。<br />

    内側には写真のような装飾がありました。

    パトゥーサイの中に入り、上の展望台へ。
    入場料は1人3000kip。

  • 内部の各階は全てお土産屋になっています。<br />Tシャツ、置物、キーホルダーなど、どの階も同じような品揃えでした。

    内部の各階は全てお土産屋になっています。
    Tシャツ、置物、キーホルダーなど、どの階も同じような品揃えでした。

  • 上まで来ました。<br />周りに高い建物がほとんど無いので、ビエンチャンの町全体を見渡すことが出来ます。<br />こちらは北側。<br />

    上まで来ました。
    周りに高い建物がほとんど無いので、ビエンチャンの町全体を見渡すことが出来ます。
    こちらは北側。

  • 反対側(南側)。<br /><br />なお、1方向(東側)のみ撮影禁止で、そちら側を取ろうとすると警備している警官に止められます。首相府があるためのようです。

    反対側(南側)。

    なお、1方向(東側)のみ撮影禁止で、そちら側を取ろうとすると警備している警官に止められます。首相府があるためのようです。

  • 再びトゥクトゥクに乗ってやってきたのは、タート・ルアン。

    再びトゥクトゥクに乗ってやってきたのは、タート・ルアン。

  • 入場料(5000kip)を払い、門をくぐると目の前には金ピカの仏塔が!<br />日の光で輝いて見えます。

    イチオシ

    地図を見る

    入場料(5000kip)を払い、門をくぐると目の前には金ピカの仏塔が!
    日の光で輝いて見えます。

    タート ルアン (ビエンチャン) 寺院・教会

  • 仏塔の四方には仏像が祀られています。

    仏塔の四方には仏像が祀られています。

  • 毎年11月に開催されるタート・ルアン祭りではラオス全土からお坊さんが集結し、托鉢を行うそうです。

    毎年11月に開催されるタート・ルアン祭りではラオス全土からお坊さんが集結し、托鉢を行うそうです。

  • タート・ルアンを出て、トゥクトゥクが待っている駐車場へ向かう時にあったお寺の境内に、涅槃物がありました。<br />Vat That Luang Taiというお寺のようです。

    タート・ルアンを出て、トゥクトゥクが待っている駐車場へ向かう時にあったお寺の境内に、涅槃物がありました。
    Vat That Luang Taiというお寺のようです。

  • ドライバーさんとは3ヶ所回るという話をしていたのだけど、回ってもらう予定になかったワット・シームアンに寄ってくれました。<br /><br />寺院を建立する際にシーという名の若い妊婦が人身御供になったという伝説があり、そのご利益を求めて願掛けに訪れる女性が多いそうです。

    ドライバーさんとは3ヶ所回るという話をしていたのだけど、回ってもらう予定になかったワット・シームアンに寄ってくれました。

    寺院を建立する際にシーという名の若い妊婦が人身御供になったという伝説があり、そのご利益を求めて願掛けに訪れる女性が多いそうです。

    ワット シームアン 寺院・教会

  • お堂の中。<br />エメラルド仏の手前の床に置いてあるのは、持ち上げられたら願いがかなう石。<br />寺院を出た後にそのことをガイドブックで知ったので、持ちませんでした…。もっと本を読みこんでおけばよかった。。

    お堂の中。
    エメラルド仏の手前の床に置いてあるのは、持ち上げられたら願いがかなう石。
    寺院を出た後にそのことをガイドブックで知ったので、持ちませんでした…。もっと本を読みこんでおけばよかった。。

  • 境内には写真のようないろいろな像がたくさんあります。<br />それらを見て回るのも楽しいです。

    境内には写真のようないろいろな像がたくさんあります。
    それらを見て回るのも楽しいです。

  • 再びトゥクトゥクで移動。2~3分で元々寄ってもらう予定だったワット・ホーパケオへ到着。ここでドライバーさんとお別れ。4か所寄ってくれてありがとう!<br /><br />入場料は1人5000kip。

    再びトゥクトゥクで移動。2~3分で元々寄ってもらう予定だったワット・ホーパケオへ到着。ここでドライバーさんとお別れ。4か所寄ってくれてありがとう!

    入場料は1人5000kip。

    ワット ホーパケオ 建造物

  • ここのお寺は、バンコクにあるエメラルド仏を安置する目的で1563年に建立されたそうです。<br />お堂の内部は撮影禁止。仏像などが展示されていました。

    ここのお寺は、バンコクにあるエメラルド仏を安置する目的で1563年に建立されたそうです。
    お堂の内部は撮影禁止。仏像などが展示されていました。

  • 本堂の軒下ではネコが気持ち良さそうにお昼寝中でした。

    本堂の軒下ではネコが気持ち良さそうにお昼寝中でした。

  • 次は、ワット・シーサケートへ。<br />ワット・ホーパケオの道を挟んで向かいにあります。<br />入場料は1人5000kip。

    次は、ワット・シーサケートへ。
    ワット・ホーパケオの道を挟んで向かいにあります。
    入場料は1人5000kip。

    ワット シーサケット 寺院・教会

  • ここは、1551年にセーターティラート王が建立を指示したと伝えらている寺院。

    ここは、1551年にセーターティラート王が建立を指示したと伝えらている寺院。

  • 本堂のまわりの壁には、ずらっと仏像が並んでいます。<br />そして、その壁に無数の穴があいており、その穴には2対ずつ仏像が置かれています。

    本堂のまわりの壁には、ずらっと仏像が並んでいます。
    そして、その壁に無数の穴があいており、その穴には2対ずつ仏像が置かれています。

  • ビエンチャンで見ようと思っていた場所すべて周ったので、お土産を探しに<br />タラート・サオへ。ワット・シーサケートから徒歩で10分弱でした。<br /><br />ここは、ラオス最大級のマーケットで生鮮食料品以外の全てのものが置いてあるとのこと。<br />フードコートも入っています。

    ビエンチャンで見ようと思っていた場所すべて周ったので、お土産を探しに
    タラート・サオへ。ワット・シーサケートから徒歩で10分弱でした。

    ここは、ラオス最大級のマーケットで生鮮食料品以外の全てのものが置いてあるとのこと。
    フードコートも入っています。

    タラートサオ 市場

  • ばらまき土産用のお菓子を求めて建物内を物色。<br />建物が3つあり、内部もかなり広いのでかなり歩きました。<br /><br />ラオスの民芸品の店などはいくつかあったのですが、お土産屋というのがなくお菓子は購入できませんでした。。。<br /><br />16時くらいになると、だんだんお店が閉まり始めました。<br />訪れるなら早めの時間に行ったほうがよさそうです。<br />

    ばらまき土産用のお菓子を求めて建物内を物色。
    建物が3つあり、内部もかなり広いのでかなり歩きました。

    ラオスの民芸品の店などはいくつかあったのですが、お土産屋というのがなくお菓子は購入できませんでした。。。

    16時くらいになると、だんだんお店が閉まり始めました。
    訪れるなら早めの時間に行ったほうがよさそうです。

  • ホテルに戻ってきました。<br />夕食の時間までちょっと休憩。<br /><br />オープンして1ヶ月だけあって、部屋はまだとてもきれい。<br />ベッドの高さがかなり高かったです。

    ホテルに戻ってきました。
    夕食の時間までちょっと休憩。

    オープンして1ヶ月だけあって、部屋はまだとてもきれい。
    ベッドの高さがかなり高かったです。

    イビス ヴィエンチャン ナム プー ホテル ホテル

    ビエンチャン中心地にあり何をするにも便利 by kurumi726さん
  • バス・トイレ。<br />お風呂はシャワーブースのみです。

    バス・トイレ。
    お風呂はシャワーブースのみです。

  • 夕食前にメコン川岸を散策。<br />川岸の遊歩道では、現地の人々がジョギングしたり、バドミントンをしたりして過ごしていました。

    夕食前にメコン川岸を散策。
    川岸の遊歩道では、現地の人々がジョギングしたり、バドミントンをしたりして過ごしていました。

    チャオ アヌウォン公園 広場・公園

  • 夕焼け。

    夕焼け。

  • 夕食を食べたのは、ラーオ・キッチン(Lao Kitchen)というラオス料理レストラン。<br /><br />

    夕食を食べたのは、ラーオ・キッチン(Lao Kitchen)というラオス料理レストラン。

    ラーオ キッチン アジア料理

  • まずは飲み物。<br />ビアラーオとすいかシェイク。

    まずは飲み物。
    ビアラーオとすいかシェイク。

  • 食べたのは、ラープ・カイ(鶏肉)、カオ・ニャオ(もち米)、ヨー・カーオ(生春巻)、空芯菜炒め。<br /><br />ラープとカオ・ニャオの組み合わせが最高にうまい!ごはんがよく進みます。

    食べたのは、ラープ・カイ(鶏肉)、カオ・ニャオ(もち米)、ヨー・カーオ(生春巻)、空芯菜炒め。

    ラープとカオ・ニャオの組み合わせが最高にうまい!ごはんがよく進みます。

  • 食欲を満たした後、ホテルへ戻る途中にあったマッサージ屋さんへ寄り道。<br /><br />ナンプ(噴水)の裏にあるWhite Lotusというマッサージ屋です。<br />

    食欲を満たした後、ホテルへ戻る途中にあったマッサージ屋さんへ寄り道。

    ナンプ(噴水)の裏にあるWhite Lotusというマッサージ屋です。

    ホワイト ロータス エステ・スパ・マッサージ

  • トラディショナルマッサージの1時間コース(60000kip)をお願いしました。<br /><br />普通かなぁ。値段が安いのでまあ良しとします。

    トラディショナルマッサージの1時間コース(60000kip)をお願いしました。

    普通かなぁ。値段が安いのでまあ良しとします。

  • 夜のナンプ広場を通ってホテルへ戻りました。<br /><br />ナンプ(噴水)がライトアップされていてきれい。<br />広場ではコンサートが行われており賑わっていました。<br /><br /><br />ビエンチャンはほぼ1日の滞在でしたが、十分に楽しめました!<br />翌日は朝の飛行機で世界遺産の街、ルアンパバーンへ向かいます。

    夜のナンプ広場を通ってホテルへ戻りました。

    ナンプ(噴水)がライトアップされていてきれい。
    広場ではコンサートが行われており賑わっていました。


    ビエンチャンはほぼ1日の滞在でしたが、十分に楽しめました!
    翌日は朝の飛行機で世界遺産の街、ルアンパバーンへ向かいます。

    ナンプ広場 広場・公園

この旅行記のタグ

関連タグ

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集