ヴェルサイユ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今日は1日ベルサイユ満喫DAYです。この日のために『ベルサイユのばら』を読み込んできました。宮殿だけでなく、プチトリアノンや田舎家まで行くツアーを選びました。楽しみです。<br /><br />ベルサイユの朝市<br />   ↓<br />ベルサイユ宮殿<br />   ↓<br />庭園の噴水ショー<br />   ↓<br />プチトリアノン <br />   ↓<br />  田舎家<br />   ↓<br />パリに戻ってセーヌ川クルーズ<br />   ↓<br />お楽しみディナー  <br />

パリから行く小さな旅?ベルサイユ

6いいね!

2013/08/07 - 2013/08/14

368位(同エリア730件中)

旅行記グループ パリから行く小さな旅

0

50

miemieさん

今日は1日ベルサイユ満喫DAYです。この日のために『ベルサイユのばら』を読み込んできました。宮殿だけでなく、プチトリアノンや田舎家まで行くツアーを選びました。楽しみです。

ベルサイユの朝市
   ↓
ベルサイユ宮殿
   ↓
庭園の噴水ショー
   ↓
プチトリアノン 
   ↓
  田舎家
   ↓
パリに戻ってセーヌ川クルーズ
   ↓
お楽しみディナー  

旅行の満足度
5.0

PR

  • <5日目 その1><br />5:40起床<br />今日はベルサイユ宮殿。ちょっぴりおしゃれして行きましょう。<br />レストランに行くと、皆さん考えることは同じ。昨日までの行動重視スタイルではなく、みんなウキウキ。MSMとは違う期待感があふれています。<br /><br />朝食もここが一番おいしかったです!種類も多く、満足です。<br /><br />

    <5日目 その1>
    5:40起床
    今日はベルサイユ宮殿。ちょっぴりおしゃれして行きましょう。
    レストランに行くと、皆さん考えることは同じ。昨日までの行動重視スタイルではなく、みんなウキウキ。MSMとは違う期待感があふれています。

    朝食もここが一番おいしかったです!種類も多く、満足です。

  • 早起きの理由は、ベルサイユのマルシェに行くため。<br />バカンス期だから、やってないかも…と心配しましたが、ご覧のとおり。

    早起きの理由は、ベルサイユのマルシェに行くため。
    バカンス期だから、やってないかも…と心配しましたが、ご覧のとおり。

  • 野外のテントには野菜や山盛り。<br /><br />きのこの山だ〜。

    野外のテントには野菜や山盛り。

    きのこの山だ〜。

  • 花屋さんもあります。<br /><br />ブーケや花籠のアレンジセンスがとても素敵です。

    花屋さんもあります。

    ブーケや花籠のアレンジセンスがとても素敵です。

  • 昨日食べたアンティチョークだ。<br /><br />色も濃くて、見るからにおいしそう。

    昨日食べたアンティチョークだ。

    色も濃くて、見るからにおいしそう。

  • お肉屋さんもあります。<br />とってもきれいなお肉が並んでいます。

    お肉屋さんもあります。
    とってもきれいなお肉が並んでいます。

  • 魚介類も新鮮そのもの。<br /><br />魚は1匹でも、切り身でもたくさん並んでいました。<br /><br />スカンピもおいしそう。<br />ムール貝も光っています。<br />

    魚介類も新鮮そのもの。

    魚は1匹でも、切り身でもたくさん並んでいました。

    スカンピもおいしそう。
    ムール貝も光っています。

  • このペッチャンコの桃を買ってみました。<br />ホッペが落ちるほどおいしい!<br /><br />インチキフランス語と笑顔で会話を楽しみ、お買い物をして小1時間楽しみました。

    このペッチャンコの桃を買ってみました。
    ホッペが落ちるほどおいしい!

    インチキフランス語と笑顔で会話を楽しみ、お買い物をして小1時間楽しみました。

  • 9:00 <br />ベルサイユ宮殿に向け出発。<br />プルマンは宮殿の正門からまっすぐ5分の所。<br />最高の立地条件。

    9:00 
    ベルサイユ宮殿に向け出発。
    プルマンは宮殿の正門からまっすぐ5分の所。
    最高の立地条件。

  • さすが、こちらも世界遺産。<br />今までで最高の人の行列。<br /><br />個人入場の人の列です。<br />ミュージアムパスを持っていても並ぶそうです。<br /><br />ただし、1列はオーディオガイドを借りる列も含まれているそうです。<br />知らずに並んでいて、直前で違った!との悲劇に見舞われる人が後を絶たないとか。<br />ガイドさんが心配していました。<br />個人で行かれる人はご注意を。<br /><br />私たちも入場予約が9:20だったので、少し待ちました。<br />団体入場口は正面右側にあります。<br />その間、正面の写真を撮ったり、ちょうど良かったです。

    さすが、こちらも世界遺産。
    今までで最高の人の行列。

    個人入場の人の列です。
    ミュージアムパスを持っていても並ぶそうです。

    ただし、1列はオーディオガイドを借りる列も含まれているそうです。
    知らずに並んでいて、直前で違った!との悲劇に見舞われる人が後を絶たないとか。
    ガイドさんが心配していました。
    個人で行かれる人はご注意を。

    私たちも入場予約が9:20だったので、少し待ちました。
    団体入場口は正面右側にあります。
    その間、正面の写真を撮ったり、ちょうど良かったです。

  • ベルサイユ宮殿に入場しました。<br />すべてがベルバラの世界です。<br /><br />最初が「王室礼拝堂」<br /><br />14歳のマリーアントワネットと<br />16歳のルイ16世の結婚式が行われた場所です。

    ベルサイユ宮殿に入場しました。
    すべてがベルバラの世界です。

    最初が「王室礼拝堂」

    14歳のマリーアントワネットと
    16歳のルイ16世の結婚式が行われた場所です。

  • ヴィーナスの間<br /><br />1670年代に造られたバロック様式の間。<br />ルイ14世は、<br />天井画の愛と美の女神ヴィーナス<br />がお気に入りだったそうです。

    ヴィーナスの間

    1670年代に造られたバロック様式の間。
    ルイ14世は、
    天井画の愛と美の女神ヴィーナス
    がお気に入りだったそうです。

  • 太陽王ルイ14世もお迎えしてくれます。<br />若き日のこのお姿が一番お気に入りだったそうです。

    太陽王ルイ14世もお迎えしてくれます。
    若き日のこのお姿が一番お気に入りだったそうです。

  • メルクリウスの間<br /><br />天井に商業の神メルクリウスが描かれています。<br /><br />太陽王ルイ14世が天然痘で無くなった後、遺体はここに安置されたそうです。

    メルクリウスの間

    天井に商業の神メルクリウスが描かれています。

    太陽王ルイ14世が天然痘で無くなった後、遺体はここに安置されたそうです。

  • アポロンの間<br /><br />かつては王座が置かれていました。<br /><br />ルイ16世の正装姿。<br /><br />ベルばらでは、ルイ16世の戴冠姿を見て<br />マリーアントワネットが<br />「教科書に載っていた姿」と<br />涙を流していたっけ。

    アポロンの間

    かつては王座が置かれていました。

    ルイ16世の正装姿。

    ベルばらでは、ルイ16世の戴冠姿を見て
    マリーアントワネットが
    「教科書に載っていた姿」と
    涙を流していたっけ。

  • とにかく人が多くて、写真もままなりません。<br /><br />そして、人混みは暑い!<br />窓からは涼しい風が入ってきます。<br /><br />庭園に目を向けるとプチトランが停車中。<br />この時間では乗っている人はいませんね。

    とにかく人が多くて、写真もままなりません。

    そして、人混みは暑い!
    窓からは涼しい風が入ってきます。

    庭園に目を向けるとプチトランが停車中。
    この時間では乗っている人はいませんね。

  • 鏡の回廊にやってきました。<br /><br />人・人・人・の波!<br /><br />ここで1人で写真を撮ろうなんて無謀だ〜。<br />でも頑張ってみました。<br /><br />やっぱり、ここで写真を撮りたいもの。<br /><br />夜間のライトアップ時は庭園からぼんやり見えます。<br />それも幻想的でした。

    鏡の回廊にやってきました。

    人・人・人・の波!

    ここで1人で写真を撮ろうなんて無謀だ〜。
    でも頑張ってみました。

    やっぱり、ここで写真を撮りたいもの。

    夜間のライトアップ時は庭園からぼんやり見えます。
    それも幻想的でした。

  • 全長73メートルの回廊。<br />357枚の鏡がはめ込まれています。<br /><br />ベルサイユの舞踏会が行われていた頃に思いを馳せうっとりしてしまいます。

    全長73メートルの回廊。
    357枚の鏡がはめ込まれています。

    ベルサイユの舞踏会が行われていた頃に思いを馳せうっとりしてしまいます。

  • 鏡の回廊の正面庭園にはグラン・カナルが彼方まで広がっています。<br />多くの宮殿がこのベルサイユ宮殿を模して建立された意味がよくわかります。<br />美しすぎます!

    鏡の回廊の正面庭園にはグラン・カナルが彼方まで広がっています。
    多くの宮殿がこのベルサイユ宮殿を模して建立された意味がよくわかります。
    美しすぎます!

  • 王妃の寝室<br /><br />かわいらしい装飾はマリー・アントワネットの趣味。<br /><br />ここで公開出産もしました。<br /><br />ベルばらでジョゼフ王子が誕生した時にオスカルが喜んでいました。

    王妃の寝室

    かわいらしい装飾はマリー・アントワネットの趣味。

    ここで公開出産もしました。

    ベルばらでジョゼフ王子が誕生した時にオスカルが喜んでいました。

  • 豪華すぎと人混みと手荷物の心配で疲れました。<br /><br />窓の外に目を向けるとホッとします。

    豪華すぎと人混みと手荷物の心配で疲れました。

    窓の外に目を向けるとホッとします。

  • 王家の食堂に飾られた肖像画<br /><br />アントワネットが愛した子どもたち。<br />子どもたちと過ごす時間が一番穏やかで幸せな時だったのでしょう。

    王家の食堂に飾られた肖像画

    アントワネットが愛した子どもたち。
    子どもたちと過ごす時間が一番穏やかで幸せな時だったのでしょう。

  • 戴冠の間<br /><br />ナポレオンの戴冠の絵が飾られています。<br /><br />ダヴィッド作<br />「ナポレオン1世の戴冠式」<br /><br />初版はルーブル美術館にあることは有名ですね。<br />両方見て、間違え探しのように違いを比べるのが楽しいです。

    戴冠の間

    ナポレオンの戴冠の絵が飾られています。

    ダヴィッド作
    「ナポレオン1世の戴冠式」

    初版はルーブル美術館にあることは有名ですね。
    両方見て、間違え探しのように違いを比べるのが楽しいです。

  • すべて贅沢。<br />これではフランス革命が起こっても納得。<br />圧倒されて宮殿の外へ。

    すべて贅沢。
    これではフランス革命が起こっても納得。
    圧倒されて宮殿の外へ。

  • さすが本場のフランス式庭園。<br /><br />夏季期間は土日のみ昼の大噴水ショーがあります。

    さすが本場のフランス式庭園。

    夏季期間は土日のみ昼の大噴水ショーがあります。

  • 噴水が上がっていることが特別とは知らない友人に説明します。<br /><br />この噴水は土日だけ。<br />しかも11:00〜12:00限定。<br /><br />だから水曜出発のツアーを選んだんだよ。

    噴水が上がっていることが特別とは知らない友人に説明します。

    この噴水は土日だけ。
    しかも11:00〜12:00限定。

    だから水曜出発のツアーを選んだんだよ。

  • 昨夜のライトアップとは違った庭園の姿を拝めます。<br /><br />宮殿近くに水源は無く、10?離れたセーヌ川から水道橋を造って水を運んだそうです。

    昨夜のライトアップとは違った庭園の姿を拝めます。

    宮殿近くに水源は無く、10?離れたセーヌ川から水道橋を造って水を運んだそうです。

  • ルイ14世は民衆にむけて<br />「ラトナの噴水の手前で一休みして、ラトナ、周りにある彫刻をみよ。」<br />と伝えたそうです。

    ルイ14世は民衆にむけて
    「ラトナの噴水の手前で一休みして、ラトナ、周りにある彫刻をみよ。」
    と伝えたそうです。

  • マリー・アントワネットもよくお庭を散歩していましたね。<br />同じ景色を見ていたのでしょうか。

    マリー・アントワネットもよくお庭を散歩していましたね。
    同じ景色を見ていたのでしょうか。

  • 青空の下、花いっぱいの庭園の美しさには息を飲みます。<br />そこに噴水が加わると、まさにベルサイユ宮殿・庭園の真骨頂!

    青空の下、花いっぱいの庭園の美しさには息を飲みます。
    そこに噴水が加わると、まさにベルサイユ宮殿・庭園の真骨頂!

  • 夜の幻想的な庭園の顔と、昼間の元気いっぱいな庭園の顔の両方を楽しめて大満足でした。

    夜の幻想的な庭園の顔と、昼間の元気いっぱいな庭園の顔の両方を楽しめて大満足でした。

  • 11:45 昼食ため一度歩きで宮殿外へ。<br />今日のランチの前菜はエスカルゴ。<br /><br />「かたつむり〜」と思うものの、<br />エスカルゴは貝の仲間。<br />ブルゴーニュ地方の郷土食。<br /><br />ガーリックバターの味がとても美味しく、<br />エスカルゴ自体の味はあまりわかりませんでした。<br />

    11:45 昼食ため一度歩きで宮殿外へ。
    今日のランチの前菜はエスカルゴ。

    「かたつむり〜」と思うものの、
    エスカルゴは貝の仲間。
    ブルゴーニュ地方の郷土食。

    ガーリックバターの味がとても美味しく、
    エスカルゴ自体の味はあまりわかりませんでした。

  • メインは「ブフ・ブルギニオン」<br /><br />これもブルゴーニュ地方の郷土食。<br />牛肉の赤ワイン煮込み。<br /><br />すね肉かな…。<br />ゼラチン質ぽい味がちょっと苦手かな。

    メインは「ブフ・ブルギニオン」

    これもブルゴーニュ地方の郷土食。
    牛肉の赤ワイン煮込み。

    すね肉かな…。
    ゼラチン質ぽい味がちょっと苦手かな。

  • デセールはチョコレートムース。<br />重い!

    デセールはチョコレートムース。
    重い!

  • 13:00<br />バスでプチトリアノンへ。<br /><br />バスで良かった〜。<br />近いから歩ける?と思ったのは大間違い!<br /><br />プチトリアノンの駐車場から<br />プラタナスの並木を歩きます。

    13:00
    バスでプチトリアノンへ。

    バスで良かった〜。
    近いから歩ける?と思ったのは大間違い!

    プチトリアノンの駐車場から
    プラタナスの並木を歩きます。

  • マリー・アントワネットが愛した<br />プチトリアノン<br /><br />アントワネットのお印が輝いています。

    マリー・アントワネットが愛した
    プチトリアノン

    アントワネットのお印が輝いています。

  • マリー・アントワネットの一番お気に入りな肖像画<br /><br />幸せそうなお顔です。<br /><br />先にコンシェルジュリーを訪れているので、あまりにも落差が大きいです。

    マリー・アントワネットの一番お気に入りな肖像画

    幸せそうなお顔です。

    先にコンシェルジュリーを訪れているので、あまりにも落差が大きいです。

  • プチトリアノンの大食堂<br /><br />ベルサイユ宮殿と比べると小じんまりしていて、庶民的には落ち着きます。<br />

    プチトリアノンの大食堂

    ベルサイユ宮殿と比べると小じんまりしていて、庶民的には落ち着きます。

  • でも、壁の装飾には、お印としての百合の彫刻が。<br /><br />とても上品な彫刻で好感が持てます。

    でも、壁の装飾には、お印としての百合の彫刻が。

    とても上品な彫刻で好感が持てます。

  • 王妃の寝室<br /><br />宮殿の金ぴかな寝室では、悪夢にうなされそう。<br /><br />ここでゆっくり眠りたかったのですね。

    王妃の寝室

    宮殿の金ぴかな寝室では、悪夢にうなされそう。

    ここでゆっくり眠りたかったのですね。

  • でも壁にはこんな装飾あり。<br /><br />やはり気高き王妃様です。

    でも壁にはこんな装飾あり。

    やはり気高き王妃様です。

  • プチトリアノンは本当に小さいのです。<br /><br />お庭に出ると<br />見たことある!<br /><br />フェルゼンとのお忍びの場<br />「愛の神殿」だ〜!<br /><br />一人でワクワク

    プチトリアノンは本当に小さいのです。

    お庭に出ると
    見たことある!

    フェルゼンとのお忍びの場
    「愛の神殿」だ〜!

    一人でワクワク

  • これぞ 本当の<br />ベルサイユのばら<br /><br />時期外れに少しだけ残っていました。

    これぞ 本当の
    ベルサイユのばら

    時期外れに少しだけ残っていました。

  • ベルサイユ宮殿と違って<br />こちらはイギリス式庭園。<br /><br />こんな大きな木もあります。<br /><br />が、ずべて人工的に植えられたもの。

    ベルサイユ宮殿と違って
    こちらはイギリス式庭園。

    こんな大きな木もあります。

    が、ずべて人工的に植えられたもの。

  • もともとは、牧草地・沼地のようだった土地に<br />川や池を作り、木や花を植え、<br />イギリス式庭園を造ったそうです。

    もともとは、牧草地・沼地のようだった土地に
    川や池を作り、木や花を植え、
    イギリス式庭園を造ったそうです。

  • 池には、鯉やカモたくさんいます。<br /><br />天敵がいないので、安心して丸々しています。<br /><br />人間の足音だけで近付いてきます。

    池には、鯉やカモたくさんいます。

    天敵がいないので、安心して丸々しています。

    人間の足音だけで近付いてきます。

  • 村里まで造ってしまったアントワネット<br /><br />この田舎屋で子どもたちと楽しく過ごしている間に情勢が悪化していくのにも気づかず…

    村里まで造ってしまったアントワネット

    この田舎屋で子どもたちと楽しく過ごしている間に情勢が悪化していくのにも気づかず…

  • 庭で農作業のマネごとなんかして…

    庭で農作業のマネごとなんかして…

  • 水車小屋まで造って…<br /><br />これではフランス革命が起こってしまいます。

    水車小屋まで造って…

    これではフランス革命が起こってしまいます。

  • ベルばらを読んでいると<br />王妃にもう少し賢さがあればよかったのにと思います。<br /><br />偉大なオーストリア女王マリア・テレジアの娘なのに…<br />ポリニャック夫人に騙されなければ…<br /><br />とマリーアントワネットに思いを馳せ、ベルサイユの街を後にしました。<br />1日しっかり見学でき満足です!

    ベルばらを読んでいると
    王妃にもう少し賢さがあればよかったのにと思います。

    偉大なオーストリア女王マリア・テレジアの娘なのに…
    ポリニャック夫人に騙されなければ…

    とマリーアントワネットに思いを馳せ、ベルサイユの街を後にしました。
    1日しっかり見学でき満足です!

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集