ロンドン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
泣いても笑っても(いや、笑えないか・・・^^;)今日がロンドン観光最終日。<br />あぁ~、今日でもう終わってしまうぅ。 明日はパリに移動だ。<br /><br />予想もしていなかった膝の激痛により、計画していたスケジュールは<br />バラバラ。 見れなかった場所も多い。 さて、今日はどうしよう・・・。<br /><br />美術館関係やグリニッジ天文台は既に諦めたし、諦めもついている。<br />しかし、まだどうしても絶対に行きたい場所が3つも残っている。<br /> 1.ロンドン塔<br /> 2.ハンプトン・コート (←まだ諦めてません^^;)<br /> 3.ウィンザー城とロング・ウォーク<br /><br />2と3はロンドン郊外にあって、それぞれ電車で約1時間くらいかかるし、<br />共に広大な敷地なので、かなり歩くことは必至。 なので、両方は無理。<br />ここで、ウィンザー城を捨てた。(泣) たまたま両親が、先月に<br />初めてのヨーロッパ旅行でウィンザー城を訪れていたので、今回は<br />彼らの写真と土産話で満足することにした。<br /><br />とりあえずは、簡単にバスで行けるロンドン塔に行くことにし、それから<br />その時の膝の状態によって次の行き先を決めることにした。<br /><br /><br />*****************<br /><br />毎日の日課になりつつある、夫の夜のロンドン独り歩き&パブ体験。<br />昨晩は、まずハロッズへ。 お気に入りブランドのジャケットを見つけるも、<br />セール価格でもまだ高かったらしく断念。 未練タラタラw  <br />その後、ハイドパークをうろうろし、そこでたまたまダイアナ妃記念公園<br />を見つけ、その周囲の写真を撮ってきてくれた。 その後、<br />カムデンにショッピングに行くも、地下鉄駅周辺には警察官が大勢いて<br />異様な雰囲気だったらしい。 危ない地域? 結局何も買わず、その後<br />あるダンスクラブに入ったが、ここでぼったくられる!<br /><br />入り口で「£5.50ね。」と言われ、その人に£10紙幣を渡すと<br />「はい、£7ね。」と言われて£3のおつり。 Σ(゚д゚;)  あまりの<br />あからさまなバカにした態度に呆れ、何も言わずに1杯飲んでお店を出る。<br />(ロンドンはこういう悪いところがどんどんアメリカナイズされすぎ・・・<br />と凄くがっかりして帰ってきた。)<br /><br />この時夫は、私が夜な夜な夜景を撮りに出掛けていたことを知らなかった。<br />(というか、私は一言言ってはいたのだが。) なので、この夜<br />ロンドン・アイ周辺をウロウロし、私の為に夜景を撮ってきてくれたらしい。<br /><br />*************<br /><br />ここまでの旅:<br /><br /> 5/15 ロンドン1日目: ビッグベン、ホースガーズ騎馬兵交代式、<br />   バッキンガム宮殿・衛兵パレード&交代式、トラファルガー広場、<br />   ピカデリー・サーカス、クワドラントなど<br />   http://4travel.jp/traveler/catarina/album/10781805/<br /><br /> 5/16 ロンドン2日目: ロンドン・アイ、テムズ川クルーズ、<br />   タワーブリッジ内見学、市庁舎、ロンドン・アイ&ビッグベン夜景<br />   http://4travel.jp/traveler/catarina/album/10784178/<br /><br /> 5/17 ロンドン3日目: 王立裁判所、テンプル・バー・メモリアル、<br />   テンプル教会、セント・ポール大聖堂、タワーブリッジ開閉&夜景など<br />   http://4travel.jp/traveler/catarina/album/10786553/<br /><br />★5/18 ロンドン4日目: ??? <br /><br />ロンドン観光最後の日が始まる・・・。

5月なのに極寒!異常気象の欧州17日間の旅④ 間違えられない選択: ロンドン4日目

55いいね!

2013/05/18 - 2013/05/19

344位(同エリア9135件中)

24

121

サウスピーチ

サウスピーチさん

泣いても笑っても(いや、笑えないか・・・^^;)今日がロンドン観光最終日。
あぁ~、今日でもう終わってしまうぅ。 明日はパリに移動だ。

予想もしていなかった膝の激痛により、計画していたスケジュールは
バラバラ。 見れなかった場所も多い。 さて、今日はどうしよう・・・。

美術館関係やグリニッジ天文台は既に諦めたし、諦めもついている。
しかし、まだどうしても絶対に行きたい場所が3つも残っている。
 1.ロンドン塔
 2.ハンプトン・コート (←まだ諦めてません^^;)
 3.ウィンザー城とロング・ウォーク

2と3はロンドン郊外にあって、それぞれ電車で約1時間くらいかかるし、
共に広大な敷地なので、かなり歩くことは必至。 なので、両方は無理。
ここで、ウィンザー城を捨てた。(泣) たまたま両親が、先月に
初めてのヨーロッパ旅行でウィンザー城を訪れていたので、今回は
彼らの写真と土産話で満足することにした。

とりあえずは、簡単にバスで行けるロンドン塔に行くことにし、それから
その時の膝の状態によって次の行き先を決めることにした。


*****************

毎日の日課になりつつある、夫の夜のロンドン独り歩き&パブ体験。
昨晩は、まずハロッズへ。 お気に入りブランドのジャケットを見つけるも、
セール価格でもまだ高かったらしく断念。 未練タラタラw  
その後、ハイドパークをうろうろし、そこでたまたまダイアナ妃記念公園
を見つけ、その周囲の写真を撮ってきてくれた。 その後、
カムデンにショッピングに行くも、地下鉄駅周辺には警察官が大勢いて
異様な雰囲気だったらしい。 危ない地域? 結局何も買わず、その後
あるダンスクラブに入ったが、ここでぼったくられる!

入り口で「£5.50ね。」と言われ、その人に£10紙幣を渡すと
「はい、£7ね。」と言われて£3のおつり。 Σ(゚д゚;)  あまりの
あからさまなバカにした態度に呆れ、何も言わずに1杯飲んでお店を出る。
(ロンドンはこういう悪いところがどんどんアメリカナイズされすぎ・・・
と凄くがっかりして帰ってきた。)

この時夫は、私が夜な夜な夜景を撮りに出掛けていたことを知らなかった。
(というか、私は一言言ってはいたのだが。) なので、この夜
ロンドン・アイ周辺をウロウロし、私の為に夜景を撮ってきてくれたらしい。

*************

ここまでの旅:

 5/15 ロンドン1日目: ビッグベン、ホースガーズ騎馬兵交代式、
   バッキンガム宮殿・衛兵パレード&交代式、トラファルガー広場、
   ピカデリー・サーカス、クワドラントなど
   http://4travel.jp/traveler/catarina/album/10781805/

 5/16 ロンドン2日目: ロンドン・アイ、テムズ川クルーズ、
   タワーブリッジ内見学、市庁舎、ロンドン・アイ&ビッグベン夜景
   http://4travel.jp/traveler/catarina/album/10784178/

 5/17 ロンドン3日目: 王立裁判所、テンプル・バー・メモリアル、
   テンプル教会、セント・ポール大聖堂、タワーブリッジ開閉&夜景など
   http://4travel.jp/traveler/catarina/album/10786553/

★5/18 ロンドン4日目: ???

ロンドン観光最後の日が始まる・・・。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5月18日。 今朝起きると、膝の状態が少しだけいい?<br />ような気がした。 喜ぶのはまだ早いが、<br />片足を引きずりながらも朝の9時に出発できた!<br /><br />何度もお世話になった、ロンドン・アイ前のバス停。<br />同じ名前のバス停でも、行き先によって停留所がいくつも<br />あるので、それぞれアルファベットで分けている。<br />ここ“Y”は、タワーブリッジやロンドン塔方面行きのRV1が停まる。

    5月18日。 今朝起きると、膝の状態が少しだけいい?
    ような気がした。 喜ぶのはまだ早いが、
    片足を引きずりながらも朝の9時に出発できた!

    何度もお世話になった、ロンドン・アイ前のバス停。
    同じ名前のバス停でも、行き先によって停留所がいくつも
    あるので、それぞれアルファベットで分けている。
    ここ“Y”は、タワーブリッジやロンドン塔方面行きのRV1が停まる。

  • 今朝はまた今までと違った、超新しいバスが来た♪<br />乗ると、“Hydrogen Bus”と座席に書いてある。水素動力源バスのようだ。<br /><br />滞在中は、本当に色々なバスに乗ったなぁ〜。<br />1階のみのバスや、普通の2階建て、旧型のルートマスターにも乗ったし、<br />2階の一番前に乗ったのも楽しかった♪ (*^^*)

    今朝はまた今までと違った、超新しいバスが来た♪
    乗ると、“Hydrogen Bus”と座席に書いてある。水素動力源バスのようだ。

    滞在中は、本当に色々なバスに乗ったなぁ〜。
    1階のみのバスや、普通の2階建て、旧型のルートマスターにも乗ったし、
    2階の一番前に乗ったのも楽しかった♪ (*^^*)

  • 車窓からの風景も楽しい。<br /><br />あっ、“Borough Market”(バラ・マーケット)だ!<br />バラ・マーケットには、イギリスはもとよりヨーロッパ中の美味しい食材が揃うらしい。ここも時間があれば行ってみたかったなぁ・・・。<br /><br />こういう場所で、下町英語とやらを聞いてみたかった。<br />「Ta.」(タッ)=「Thank you.」<br />「Cheers Mate.」(チアーズメイッ)= Cheersはありがとう、Mateは友達の意。<br />「Tara.」(タラ〜)=「Good bye.]

    車窓からの風景も楽しい。

    あっ、“Borough Market”(バラ・マーケット)だ!
    バラ・マーケットには、イギリスはもとよりヨーロッパ中の美味しい食材が揃うらしい。ここも時間があれば行ってみたかったなぁ・・・。

    こういう場所で、下町英語とやらを聞いてみたかった。
    「Ta.」(タッ)=「Thank you.」
    「Cheers Mate.」(チアーズメイッ)= Cheersはありがとう、Mateは友達の意。
    「Tara.」(タラ〜)=「Good bye.]

  • 今まで利用したのは、橋の手前のバス停だが、<br />今日はバスでタワーブリッジを渡り、その先で降りる。<br /><br />

    今まで利用したのは、橋の手前のバス停だが、
    今日はバスでタワーブリッジを渡り、その先で降りる。

  • ロンドン塔はもう目の前だが、<br />タワーブリッジ方面へ戻り、階段で下りる。

    ロンドン塔はもう目の前だが、
    タワーブリッジ方面へ戻り、階段で下りる。

  • 階段を下りると、テムズ川沿いの遊歩道があり、<br />ロンドン塔の入り口(団体&ロンドン・パス保持者用)がある。

    階段を下りると、テムズ川沿いの遊歩道があり、
    ロンドン塔の入り口(団体&ロンドン・パス保持者用)がある。

  • ロンドン塔は、もともとは要塞として建築されながらも、宮殿、監獄、処刑場、武器倉庫、宝物殿、公式文書庫に銀貨金貨の造幣局としても利用され、動物園まであった面白い歴史を持つ。

    ロンドン塔は、もともとは要塞として建築されながらも、宮殿、監獄、処刑場、武器倉庫、宝物殿、公式文書庫に銀貨金貨の造幣局としても利用され、動物園まであった面白い歴史を持つ。

  • 対岸には、ロンドン市庁舎(一番左)や、<br />ヨーロッパ一の高層ビル「ザ・シャード」が見える。

    対岸には、ロンドン市庁舎(一番左)や、
    ヨーロッパ一の高層ビル「ザ・シャード」が見える。

  • 朝の9時半頃は、まだ人も少ない。

    朝の9時半頃は、まだ人も少ない。

  • 入り口で並んでいる人も誰もいなかった。<br /><br />城壁は周りをお堀で固められている為<br />(水がはっていない部分もある)、橋が架けられている。

    入り口で並んでいる人も誰もいなかった。

    城壁は周りをお堀で固められている為
    (水がはっていない部分もある)、橋が架けられている。

  • テムズ川に通じる、『Trator&#39;s Gate』(反逆者の門)。<br /><br />上の写真は城壁の外側から、下は内側から見たもの。<br /><br />反逆罪で捕らえらえた罪人は、この門を一度くぐると<br />二度とここからは出られないと言われていた。<br />ヘンリー8世の2番目の王妃、アン・ブーリンも<br />姦通罪の濡れ衣を着せられ、この門をくぐっている。<br />(唯一ここに投獄され、出られたのは、後に女王になった<br />エリザベス1世=アン・ブーリンの娘。)

    テムズ川に通じる、『Trator's Gate』(反逆者の門)。

    上の写真は城壁の外側から、下は内側から見たもの。

    反逆罪で捕らえらえた罪人は、この門を一度くぐると
    二度とここからは出られないと言われていた。
    ヘンリー8世の2番目の王妃、アン・ブーリンも
    姦通罪の濡れ衣を着せられ、この門をくぐっている。
    (唯一ここに投獄され、出られたのは、後に女王になった
    エリザベス1世=アン・ブーリンの娘。)

  • いよいよロンドン塔の中へ!

    いよいよロンドン塔の中へ!

  • と、目立つ制服を着た人が歩いてくる。<br /><br />“ビーフィーター”と呼ばれる人で、正式名称は“ヨーマン・ウィーダー”。 <br />ビーフィーターはビーフ・イーター(肉を食べる人)の意味で、<br />昔、衛兵に肉を給与の一部として与えていたことからそう呼ばれている。 

    と、目立つ制服を着た人が歩いてくる。

    “ビーフィーター”と呼ばれる人で、正式名称は“ヨーマン・ウィーダー”。 
    ビーフィーターはビーフ・イーター(肉を食べる人)の意味で、
    昔、衛兵に肉を給与の一部として与えていたことからそう呼ばれている。 

  • 現代のビーフィーターは、退役軍人が務め、見学ツアーの説明を¥独特の口調で面白く、興味深く語ってくれることで人気がある。 <br />胸の「E?R」は、エリザベス2世を表している。<br /><br />次回はこのツアーに参加するのも面白かも。

    現代のビーフィーターは、退役軍人が務め、見学ツアーの説明を¥独特の口調で面白く、興味深く語ってくれることで人気がある。
    胸の「E?R」は、エリザベス2世を表している。

    次回はこのツアーに参加するのも面白かも。

  • ロンドン塔の中心部にある『ホワイトタワー』。<br /><br />11世紀後半、イギリスを征服したウィリアム1世<br />(フランスのノルマンデイー公ウイリアム)が最初に要塞として建造。<br /><br />敷地内にはこのホワイト・タワーを取り巻くようにして<br />沢山の塔があり、これを全て含めて『ロンドン塔』と呼ぶ。

    ロンドン塔の中心部にある『ホワイトタワー』。

    11世紀後半、イギリスを征服したウィリアム1世
    (フランスのノルマンデイー公ウイリアム)が最初に要塞として建造。

    敷地内にはこのホワイト・タワーを取り巻くようにして
    沢山の塔があり、これを全て含めて『ロンドン塔』と呼ぶ。

  • 敷地内には大小13の塔が建ち、その後は王宮として、<br />400年間にわたりイギリス王室の住まいだった。<br /><br />が、その後、多くの身分の高い王族や有名人が投獄され、<br />そして打ち首と言う残虐な処刑が行われる場所と化した。

    敷地内には大小13の塔が建ち、その後は王宮として、
    400年間にわたりイギリス王室の住まいだった。

    が、その後、多くの身分の高い王族や有名人が投獄され、
    そして打ち首と言う残虐な処刑が行われる場所と化した。

  • えっ!? 城壁の上に・・・サル?!<br /><br />・・・昨日は、ロンドン塔の一般入り口のところにワイヤーで作られたライオンを見たが、<br />こちら側にはなぜかサル。一時期、ロンドン塔は動物園でもあったので、<br />その名残を意味しているのかもしれない。

    えっ!? 城壁の上に・・・サル?!

    ・・・昨日は、ロンドン塔の一般入り口のところにワイヤーで作られたライオンを見たが、
    こちら側にはなぜかサル。一時期、ロンドン塔は動物園でもあったので、
    その名残を意味しているのかもしれない。

  • 実際に使うにはもったいないような豪華な大砲。<br /><br />

    実際に使うにはもったいないような豪華な大砲。

  • 『ジュエルハウス』<br />この建物には、イギリス歴代の王室に伝わる王冠・宝剣・<br />宝石などの豪華な装飾品の数々が展示されている。<br /><br />ずらっと並んだ宝石の展示部分は、動く歩道になっていて<br />自動で進むので自分の好きなペースでは見れないけど、<br />私は引き返して2回見ました〜。(*^^*)

    『ジュエルハウス』
    この建物には、イギリス歴代の王室に伝わる王冠・宝剣・
    宝石などの豪華な装飾品の数々が展示されている。

    ずらっと並んだ宝石の展示部分は、動く歩道になっていて
    自動で進むので自分の好きなペースでは見れないけど、
    私は引き返して2回見ました〜。(*^^*)

  • 目玉は何といっても「カリナン」。 <br />南アフリカ政府が英国王室に贈呈した、500カラットを超える<br />世界最大級のダイヤモンド、通称『偉大なアフリカの星』。 <br />王笏にはめ込まれ、通常はここに展示されているが、戴冠式の際は<br />ここから貸し出される。 530.2カラット!!!<br /><br />現エリザベス女王も、戴冠式ではお持ちになっておられました。<br />

    目玉は何といっても「カリナン」。 
    南アフリカ政府が英国王室に贈呈した、500カラットを超える
    世界最大級のダイヤモンド、通称『偉大なアフリカの星』。 
    王笏にはめ込まれ、通常はここに展示されているが、戴冠式の際は
    ここから貸し出される。 530.2カラット!!!

    現エリザベス女王も、戴冠式ではお持ちになっておられました。

  • 建物は衛兵さんが守っていた。

    建物は衛兵さんが守っていた。

  • イチオシ

  • 1597年に描かれたロンドン塔の平面図。<br /><br />ロンドン塔の中心、ホワイトタワーに入る。<br />現在は、中世の国王などが使った甲冑や武器などを展示

    1597年に描かれたロンドン塔の平面図。

    ロンドン塔の中心、ホワイトタワーに入る。
    現在は、中世の国王などが使った甲冑や武器などを展示

  • 馬の甲冑って初めて見た!<br />馬も甲冑を着せてもらっていたんだ・・・。

    馬の甲冑って初めて見た!
    馬も甲冑を着せてもらっていたんだ・・・。

  • これ、1番大きい甲冑と小さい甲冑らしいのだが、<br />この大きいの、人間でこのサイズの人いる?という位デカかった!<br /><br />普通の人との対比で写真を撮ったけど、<br />台の高さの違いと、遠近の差で、その対比が上手く捉えられず残念。(><)

    これ、1番大きい甲冑と小さい甲冑らしいのだが、
    この大きいの、人間でこのサイズの人いる?という位デカかった!

    普通の人との対比で写真を撮ったけど、
    台の高さの違いと、遠近の差で、その対比が上手く捉えられず残念。(><)

  • どの塔も狭い螺旋階段が多くて大変だった。<br /><br />自分もそうだったけど、足が悪い人には一苦労。

    どの塔も狭い螺旋階段が多くて大変だった。

    自分もそうだったけど、足が悪い人には一苦労。

  • 塔の上から。木組みの『クイーンズハウス』(後で説明)と<br />その後ろには『ザ・シャード』が見える。<br /><br />ロンドンの木造家屋は1666年のロンドン大火で<br />ほとんど焼失したが、ロンドン塔の中は大火の被害は<br />なかったので今も残っているとのこと。

    塔の上から。木組みの『クイーンズハウス』(後で説明)と
    その後ろには『ザ・シャード』が見える。

    ロンドンの木造家屋は1666年のロンドン大火で
    ほとんど焼失したが、ロンドン塔の中は大火の被害は
    なかったので今も残っているとのこと。

  • こういう展示が続き・・・

    こういう展示が続き・・・

  • これ、何だと思います?<br /><br />甲冑の冑(かぶと)を中から覗いたものなんです。<br />意外と視界が狭いでしょ? そして聞こえにくいでしょ?<br />ということが体験できる。<br /><br />いや〜、これほんと見辛〜い。こんな状態で戦うって・・・。 <br />しかも重くて身動きも大変だっただろうなぁ。

    これ、何だと思います?

    甲冑の冑(かぶと)を中から覗いたものなんです。
    意外と視界が狭いでしょ? そして聞こえにくいでしょ?
    ということが体験できる。

    いや〜、これほんと見辛〜い。こんな状態で戦うって・・・。 
    しかも重くて身動きも大変だっただろうなぁ。

  • 上にも書いたが、ここは昔、銀貨金貨の造幣局<br />としても利用されていたので、昔からのコインも沢山展示してあった。

    上にも書いたが、ここは昔、銀貨金貨の造幣局
    としても利用されていたので、昔からのコインも沢山展示してあった。

  • 2008年より流通しているイギリスの硬貨。<br /><br />小さいものから順に、1ペニー、2ペンス、5ペンス、<br />10ペンス、20ペンス、50ペンス。<br /><br />英国の紋章が描かれていて、1つ1つを見ると、<br />何だか中途半端な絵で、まるで失敗作のようにも見えるが<br />全てを並べると1枚の『盾』が完成するデザインになっている。 <br />おぉ〜、素晴らしいアイディア♪

    2008年より流通しているイギリスの硬貨。

    小さいものから順に、1ペニー、2ペンス、5ペンス、
    10ペンス、20ペンス、50ペンス。

    英国の紋章が描かれていて、1つ1つを見ると、
    何だか中途半端な絵で、まるで失敗作のようにも見えるが
    全てを並べると1枚の『盾』が完成するデザインになっている。 
    おぉ〜、素晴らしいアイディア♪

  • 武器がずらり。

    武器がずらり。

  • 凛々しいはずのこのライオン像。<br />お顔に注目!何でこんなになっちゃったのか・・・不思議w

    凛々しいはずのこのライオン像。
    お顔に注目!何でこんなになっちゃったのか・・・不思議w

  • 最後、ギフトショップの入り口にあった<br />ヘンリー8世の有名な甲冑(これはニセモノ)。<br /><br />ヘンリー8世は、芸術を愛し、語学に長け、馬上槍試合など<br />激しいスポーツも好んだインテリのスポーツマン。 <br />その上、国王であるわけだから、かなりの自信家だったに違いない。 <br /><br />それにしてもこれはちょっと・・・ねぇ。(苦笑)<br />

    最後、ギフトショップの入り口にあった
    ヘンリー8世の有名な甲冑(これはニセモノ)。

    ヘンリー8世は、芸術を愛し、語学に長け、馬上槍試合など
    激しいスポーツも好んだインテリのスポーツマン。 
    その上、国王であるわけだから、かなりの自信家だったに違いない。 

    それにしてもこれはちょっと・・・ねぇ。(苦笑)

  • ホワイトタワーを出ると、衛兵さんが歩いてくる。<br />丁度交代の時間だった。

    ホワイトタワーを出ると、衛兵さんが歩いてくる。
    丁度交代の時間だった。

  • 赤色だけ露出する写真なんだけど、<br />注目は、衛兵さんの鼻と唇も赤く写っちゃってますw<br />やっぱり彼らだって寒いのだ!<br />私は今日もダブルジャケット仕様です。 寒〜(><)<br />

    赤色だけ露出する写真なんだけど、
    注目は、衛兵さんの鼻と唇も赤く写っちゃってますw
    やっぱり彼らだって寒いのだ!
    私は今日もダブルジャケット仕様です。 寒〜(><)

  • クイーンズ・ハウスと呼ばれる木組みの可愛い建物。<br />これはヘンリー8世がアン・ブーリンの為に建てたもの。<br />が、アンがここに住んだのは、ヘンリー8世が彼女と離婚したいが為に、<br />でっちあげた兄との姦通罪による処刑を待つ間のみ。 何とも皮肉な・・・。<br /><br />彼女はこの建物を目の前に斬首されたが、何を思っていたのだろうか・・・。 <br />(まあ、彼女も彼女で、前の王妃からヘンリー8世を奪った、<br />いい意味でも悪い意味でも上昇志向絶大な女性だったのだが。)<br /><br />この前の広場では、今も彼女の首なしの幽霊が<br />両手で生首を持ちながら彷徨っているらしい。

    クイーンズ・ハウスと呼ばれる木組みの可愛い建物。
    これはヘンリー8世がアン・ブーリンの為に建てたもの。
    が、アンがここに住んだのは、ヘンリー8世が彼女と離婚したいが為に、
    でっちあげた兄との姦通罪による処刑を待つ間のみ。 何とも皮肉な・・・。

    彼女はこの建物を目の前に斬首されたが、何を思っていたのだろうか・・・。 
    (まあ、彼女も彼女で、前の王妃からヘンリー8世を奪った、
    いい意味でも悪い意味でも上昇志向絶大な女性だったのだが。)

    この前の広場では、今も彼女の首なしの幽霊が
    両手で生首を持ちながら彷徨っているらしい。

  • 普通、処刑は公開で行われ、民衆の間でも一つの娯楽とまでなっていた。 このように誰の目にもさらされずひっそりと“名誉ある”処刑をされるのは、<br />高貴な身分の人のみだった。 <br /><br />円盤状の記念碑がある所で、7人が斬首された<br />処刑場『タワー・グリーン』。 その内の4人の処刑はヘンリー8世による。<br /><br />彼らはこの芝生の後ろの教会に埋葬されているのだが、<br />この時はすっかり忘れて、見損なってしまった。 あ〜、残念! (><)

    普通、処刑は公開で行われ、民衆の間でも一つの娯楽とまでなっていた。 このように誰の目にもさらされずひっそりと“名誉ある”処刑をされるのは、
    高貴な身分の人のみだった。 

    円盤状の記念碑がある所で、7人が斬首された
    処刑場『タワー・グリーン』。 その内の4人の処刑はヘンリー8世による。

    彼らはこの芝生の後ろの教会に埋葬されているのだが、
    この時はすっかり忘れて、見損なってしまった。 あ〜、残念! (><)

  • 処刑が行われた場所の記念碑。<br /><br />アン・ブーリンが処刑される際、わざわざフランスから<br />処刑の名人を呼んで斬首。 普段は斧が使われるが、<br />貴族階級らしく、剣で首を落とさせた。<br /><br />あまりに名人過ぎて、切り落とした首を手に持って<br />掲げたら、その首にはまだ意識があったとか・・・。ひぇ〜! |)゚0゚(|

    処刑が行われた場所の記念碑。

    アン・ブーリンが処刑される際、わざわざフランスから
    処刑の名人を呼んで斬首。 普段は斧が使われるが、
    貴族階級らしく、剣で首を落とさせた。

    あまりに名人過ぎて、切り落とした首を手に持って
    掲げたら、その首にはまだ意識があったとか・・・。ひぇ〜! |)゚0゚(|

  • 『ビーチャムタワー』<br />幽閉されていた人々が、処刑を前に掘ったサインや<br />落書き、碑文がたくさん残されているらしい。<br /><br />この塔にはこの部屋しか公開されていないにも関わらず、<br />落書きのことはすっかり忘れ、「ここ何だろうね・・・。」<br />と何も頭に残らずに (いや、「ここ何だろうね。」は<br />頭に残ったけどw)帰ってきてしまった。 (><)

    『ビーチャムタワー』
    幽閉されていた人々が、処刑を前に掘ったサインや
    落書き、碑文がたくさん残されているらしい。

    この塔にはこの部屋しか公開されていないにも関わらず、
    落書きのことはすっかり忘れ、「ここ何だろうね・・・。」
    と何も頭に残らずに (いや、「ここ何だろうね。」は
    頭に残ったけどw)帰ってきてしまった。 (><)

  • 十字架大好きな私にとってはたまらない画だけど、<br />これも鉄砲狭間だったのかなぁ?

    十字架大好きな私にとってはたまらない画だけど、
    これも鉄砲狭間だったのかなぁ?

  • ブラディータワー(血の塔)。<br />この塔では、13歳で即位したエドワード5世と<br />その弟が幽閉後、殺されている(?)。<br /><br />また結局は処刑された、エリザベス1世のお気に入りで、冒険家・文人・<br />軍人のウォルター・ローリー卿が陰謀罪で13年も幽閉されていた<br />(エリザベス1世を敵対するスコットランドのジェームス王による)のも<br />ここで、現在はその当時の様子が内部に再現されている。

    ブラディータワー(血の塔)。
    この塔では、13歳で即位したエドワード5世と
    その弟が幽閉後、殺されている(?)。

    また結局は処刑された、エリザベス1世のお気に入りで、冒険家・文人・
    軍人のウォルター・ローリー卿が陰謀罪で13年も幽閉されていた
    (エリザベス1世を敵対するスコットランドのジェームス王による)のも
    ここで、現在はその当時の様子が内部に再現されている。

  • エドワード5世と弟のヨーク公リチャードは、共にエドワード4世の王子で、<br />父の死後ロンドン塔に連れ込まれたまま行方不明となった。<br /><br />王位を簒奪したリチャード3世や、そのリチャード3世を<br />戦いで破ったヘンリー7世が非常に怪しい容疑者とされている。 <br /><br />ここでは、「あなたはどちらが犯人だと思いますか?」<br />と観光客に質問を投げかけ、投票が行われていた。<br /><br />1674年、ロンドン塔の改修に携わった作業員が、子供の遺骨とみられる<br />大小の頭蓋骨や骨片を発見。後にウェストミンスター寺院に安置された。 <br />1933年、専門家によってその遺骨が鑑定されたが、<br />性別・年齢が特定されることはなかったらしい。

    エドワード5世と弟のヨーク公リチャードは、共にエドワード4世の王子で、
    父の死後ロンドン塔に連れ込まれたまま行方不明となった。

    王位を簒奪したリチャード3世や、そのリチャード3世を
    戦いで破ったヘンリー7世が非常に怪しい容疑者とされている。 

    ここでは、「あなたはどちらが犯人だと思いますか?」
    と観光客に質問を投げかけ、投票が行われていた。

    1674年、ロンドン塔の改修に携わった作業員が、子供の遺骨とみられる
    大小の頭蓋骨や骨片を発見。後にウェストミンスター寺院に安置された。 
    1933年、専門家によってその遺骨が鑑定されたが、
    性別・年齢が特定されることはなかったらしい。

  • また、ある公爵毒殺事件の背景が展示。<br /><br />些細なことで幽閉された後、デザートのタルトに毒を盛られ、<br />毒殺された事件。 後に、それを示唆する手紙が発見され<br />(牢獄の看守宛に、タルトを“味見しないよう”指示したもの)、犯人が特定されたらしい。<br /><br />って、そんな手紙、残しちゃダメでしょー!?<br /><br />この時代、こんな事がしょっちゅうあったのかも・・・。

    また、ある公爵毒殺事件の背景が展示。

    些細なことで幽閉された後、デザートのタルトに毒を盛られ、
    毒殺された事件。 後に、それを示唆する手紙が発見され
    (牢獄の看守宛に、タルトを“味見しないよう”指示したもの)、犯人が特定されたらしい。

    って、そんな手紙、残しちゃダメでしょー!?

    この時代、こんな事がしょっちゅうあったのかも・・・。

  • ロンドン塔では、おどろおどろしい歴史、ビフィーター<br />に加え、もう1つ有名なのが、カラス。<br /><br />17世紀中頃に、『カラスがロンドン塔を去ると<br />イギリス王室が崩壊する』という予言を受け、以来<br />一定数のカラスを飼うことになったと言われている。

    ロンドン塔では、おどろおどろしい歴史、ビフィーター
    に加え、もう1つ有名なのが、カラス。

    17世紀中頃に、『カラスがロンドン塔を去ると
    イギリス王室が崩壊する』という予言を受け、以来
    一定数のカラスを飼うことになったと言われている。

  • 『ウェイクフィールドタワー』<br />ここで行われたであろう拷問に関する資料が展示。

    『ウェイクフィールドタワー』
    ここで行われたであろう拷問に関する資料が展示。

  • 前回紹介した英国版歴史大河ドラマ「The Tudors」。<br /><br />後半は、反逆罪などで捕まった囚人への拷問や処刑シーンも多く、<br />それがまた生々しく表現されており、目を背けたくなるような映像もあったが、<br />多分実際にはそのようなこと、またはそれ以上のことが行われていたのだろう・・・。

    前回紹介した英国版歴史大河ドラマ「The Tudors」。

    後半は、反逆罪などで捕まった囚人への拷問や処刑シーンも多く、
    それがまた生々しく表現されており、目を背けたくなるような映像もあったが、
    多分実際にはそのようなこと、またはそれ以上のことが行われていたのだろう・・・。

  • さて、暗い血みどろの過去から気分を切り替え、城壁へと上がってみる。<br /><br />セントトーマスタワーから、“反逆者の門”の<br />内側(写真上)と外側(写真下)を見てみる。

    さて、暗い血みどろの過去から気分を切り替え、城壁へと上がってみる。

    セントトーマスタワーから、“反逆者の門”の
    内側(写真上)と外側(写真下)を見てみる。

  • セント・トーマス・タワー内にある、<br />エドワード1世の寝室を復元した部屋。

    セント・トーマス・タワー内にある、
    エドワード1世の寝室を復元した部屋。

  • このライオンのポーズって、<br />新しい硬貨のデザインにも使われていたような。

    このライオンのポーズって、
    新しい硬貨のデザインにも使われていたような。

  • 外に出て、城壁に沿って歩く。

    外に出て、城壁に沿って歩く。

  • ホワイトタワーが目の前に。

    ホワイトタワーが目の前に。

  • そして、城壁の外は、テムズ川とタワーブリッジ。

    そして、城壁の外は、テムズ川とタワーブリッジ。

  • 地上では寸劇みたいなものが行われていた。<br />お互いが何か主張し合っていたが、ここまではよく聞こえなかった。<br />ヘンリー8世とアン・ブーリンだったのかなぁ、という気がするが・・・。

    地上では寸劇みたいなものが行われていた。
    お互いが何か主張し合っていたが、ここまではよく聞こえなかった。
    ヘンリー8世とアン・ブーリンだったのかなぁ、という気がするが・・・。

  • 城壁の途中にはこんな兵士たちもいる。

    城壁の途中にはこんな兵士たちもいる。

  • イチオシ

  • タワーブリッジ。

    タワーブリッジ。

  • 城壁の上をこのように歩いていく。

    城壁の上をこのように歩いていく。

  • 城壁といくつかの塔が繋がっていて、各塔の中には、<br />当時を再現した部屋や、当時使っていたものの展示などがあった。

    城壁といくつかの塔が繋がっていて、各塔の中には、
    当時を再現した部屋や、当時使っていたものの展示などがあった。

  • 下へ下りて行くと、先ほどの方が!<br /><br />で、一緒に写真を撮って貰ったんだけど、<br />肝心の「どなたですか?」と聞くのを忘れた〜!<br /><br />大失敗! (><) <br />ヘンリー8世だったら色々と聞けたかもしれないのに。<br />(イケメンの前でテンション上がってたのかも〜w)

    下へ下りて行くと、先ほどの方が!

    で、一緒に写真を撮って貰ったんだけど、
    肝心の「どなたですか?」と聞くのを忘れた〜!

    大失敗! (><) 
    ヘンリー8世だったら色々と聞けたかもしれないのに。
    (イケメンの前でテンション上がってたのかも〜w)

  • ロンドン塔。 まだまだゆっくり見たかった思いもあるけど、今回はこれで終了。<br /><br />お腹も空いたので、とりあえずバス停へと戻る為、タワーブリッジを渡る。

    ロンドン塔。 まだまだゆっくり見たかった思いもあるけど、今回はこれで終了。

    お腹も空いたので、とりあえずバス停へと戻る為、タワーブリッジを渡る。

  • 渡っていると、例のピロピロピロピロ〜のサイレンが!<br /><br />え〜!? また跳ね橋が上がるの〜?!

    渡っていると、例のピロピロピロピロ〜のサイレンが!

    え〜!? また跳ね橋が上がるの〜?!

  • とりあえず、跳ね橋の目の前の位置をゲット!<br />ここからなら通る船も見える♪<br /><br />と思いきや、道路のゲートと共に、橋の両サイドもゲートがぐーっと迫ってきて、<br />川が全く見えない場所へ押し戻されてしまった。 (←船を見ようと、<br />後ろから押されて川に落ちる危険性もあるからしょうがない。)<br /><br />でも、ゲートの一番前なので、跳ね橋はよく見える!

    とりあえず、跳ね橋の目の前の位置をゲット!
    ここからなら通る船も見える♪

    と思いきや、道路のゲートと共に、橋の両サイドもゲートがぐーっと迫ってきて、
    川が全く見えない場所へ押し戻されてしまった。 (←船を見ようと、
    後ろから押されて川に落ちる危険性もあるからしょうがない。)

    でも、ゲートの一番前なので、跳ね橋はよく見える!

  • さあ、どこまで上がるのか?

    さあ、どこまで上がるのか?

  • ここが最高地点。<br /><br />結構上まで上がるんだ〜。

    ここが最高地点。

    結構上まで上がるんだ〜。

  • そして、元に戻った。<br /><br />いや〜、偶然にも2回もタワーブリッジが上がるところが<br />見られるなんて・・・。 しかも、外からと橋の上から!<br /><br />タワーブリッジとの相性、抜群だわっ♪

    そして、元に戻った。

    いや〜、偶然にも2回もタワーブリッジが上がるところが
    見られるなんて・・・。 しかも、外からと橋の上から!

    タワーブリッジとの相性、抜群だわっ♪

  • 今回も、昨晩同様、この大きな船だったんだ〜。

    今回も、昨晩同様、この大きな船だったんだ〜。

  • まだメインのゲートは開かない。<br /><br />よーい、ドン!で走り出すべく、皆がその瞬間を待っている中、<br />1台の自転車が待ちきれなかったのか、前をぐるぐると回りだしたw。<br /><br />***************<br /><br /><br />さて、次をどうするか。 絶対に間違えられない選択。<br /><br />1.ウォータールー駅に戻って、そこからハンプトン・コートへ。 ランチは列車の中で。 <br />2.目の前にある、フィッシュアンドチップスのお店へ入り、その後、ウェストミンスター寺院へ。<br /><br />1を選びたいのは山々だし、行けそうな気もした。 が、今の膝の状態やら、<br />ハンプトン・コートでは更に歩くこと、せっかく行くなら・・・と様々な思いが頭の中をぐるぐる。<br /><br />そこへ、私達のバスがやってきた! さあ、どうする?<br />夫は行くだけ行ってみて・・・と1番を押す。 でも、どうしても<br />「どうせ行くなら楽しみたい!」、痛い思いをしてまで行く場所? の思いを捨てきれず・・・。

    まだメインのゲートは開かない。

    よーい、ドン!で走り出すべく、皆がその瞬間を待っている中、
    1台の自転車が待ちきれなかったのか、前をぐるぐると回りだしたw。

    ***************


    さて、次をどうするか。 絶対に間違えられない選択。

    1.ウォータールー駅に戻って、そこからハンプトン・コートへ。 ランチは列車の中で。 
    2.目の前にある、フィッシュアンドチップスのお店へ入り、その後、ウェストミンスター寺院へ。

    1を選びたいのは山々だし、行けそうな気もした。 が、今の膝の状態やら、
    ハンプトン・コートでは更に歩くこと、せっかく行くなら・・・と様々な思いが頭の中をぐるぐる。

    そこへ、私達のバスがやってきた! さあ、どうする?
    夫は行くだけ行ってみて・・・と1番を押す。 でも、どうしても
    「どうせ行くなら楽しみたい!」、痛い思いをしてまで行く場所? の思いを捨てきれず・・・。

  • 自分の選択が何となく間違ってる感を抱きながらも、結局、フィッシュアンドチップスを選んだ。「まだ、フィッシュ・アンド・チップスを食べてなかったしー。」を言い訳・・・に。 (苦笑)

    自分の選択が何となく間違ってる感を抱きながらも、結局、フィッシュアンドチップスを選んだ。「まだ、フィッシュ・アンド・チップスを食べてなかったしー。」を言い訳・・・に。 (苦笑)

  • デカ〜っ! 出てきたフィッシュの大きさにびっくり!<br /><br />魚のフライだから、美味しいことは美味しいんだけど、<br />色々と有名店を調べ上げていた割りには、こんなひょんな所で食べるはめに・・・。<br /><br />しかも、表の看板の値段を勘違いしていた私は<br />£5だと思っていたのが£13で、テンションが下がる。

    デカ〜っ! 出てきたフィッシュの大きさにびっくり!

    魚のフライだから、美味しいことは美味しいんだけど、
    色々と有名店を調べ上げていた割りには、こんなひょんな所で食べるはめに・・・。

    しかも、表の看板の値段を勘違いしていた私は
    £5だと思っていたのが£13で、テンションが下がる。

  • ホテルまで戻ってきて、夫が一休みしようと提案。<br /><br />ウェストミンスター寺院は16:30まで開いてるので<br />約1時間、15:30まで足を休めた。

    ホテルまで戻ってきて、夫が一休みしようと提案。

    ウェストミンスター寺院は16:30まで開いてるので
    約1時間、15:30まで足を休めた。

  • そして、ホテルを出てこの景色。<br /><br />やっぱり最高のロケーション♪

    そして、ホテルを出てこの景色。

    やっぱり最高のロケーション♪

  • まあ、いつもの如く曇り空。 しかも、相変わらず寒い、寒い。

    まあ、いつもの如く曇り空。 しかも、相変わらず寒い、寒い。

  • 5月中旬の観光シーズンでもないから、そんなに人もいないと思っていたけど、<br />この周辺はいつも観光客でごった返していた。<br /><br />どこからこれだけの人達が湧いて出てくるのか・・・w

    5月中旬の観光シーズンでもないから、そんなに人もいないと思っていたけど、
    この周辺はいつも観光客でごった返していた。

    どこからこれだけの人達が湧いて出てくるのか・・・w

  • 外灯の上にも王冠。 イギリスらしい風景の一つ。

    外灯の上にも王冠。 イギリスらしい風景の一つ。

  • ウェストミンスター寺院。<br /><br />

    ウェストミンスター寺院。

  • これは横からの寺院。

    これは横からの寺院。

  • 正面前。 16:00ちょっと前に到着。<br /><br />さて、入ろうか・・・というその時!ある看板が目に入る。<br /><br />「本日の入場は15:30で終わりました」<br /><br />えーっ!? ( ̄□ ̄;)!! <br />この時のショックは言い表せない・・・。

    正面前。 16:00ちょっと前に到着。

    さて、入ろうか・・・というその時!ある看板が目に入る。

    「本日の入場は15:30で終わりました」

    えーっ!? ( ̄□ ̄;)!! 
    この時のショックは言い表せない・・・。

  • 別にそこまでこの中を見たかったわけではない。<br />(負け惜しみではなく) ただ、ここが、ハンプトン・<br />コートを犠牲にして選んだ場所だったからだ。<br /><br />くぅ〜。 「ハンプトン・コートに行けばよかった。<br />ハンプトン・コートが・・・。 ハンプトン・・・」<br />としばらく念仏のように唱えていた私。

    別にそこまでこの中を見たかったわけではない。
    (負け惜しみではなく) ただ、ここが、ハンプトン・
    コートを犠牲にして選んだ場所だったからだ。

    くぅ〜。 「ハンプトン・コートに行けばよかった。
    ハンプトン・コートが・・・。 ハンプトン・・・」
    としばらく念仏のように唱えていた私。

  • が、ここで嘆いている場合ではない!と気付く。時間が・・・。<br /><br />次、次!!!(をどうしよう・・・。)<br /><br />まだ行っていない場所とその位置を頭の中でぐるぐると描く。 <br /><br />そして、『ロンドン交通博物館』に決めた! <br />ここは、ロンドン地下鉄やバスの歴史や展示があり、お土産も充実していて<br />とっても面白そうなのだ。

    が、ここで嘆いている場合ではない!と気付く。時間が・・・。

    次、次!!!(をどうしよう・・・。)

    まだ行っていない場所とその位置を頭の中でぐるぐると描く。 

    そして、『ロンドン交通博物館』に決めた! 
    ここは、ロンドン地下鉄やバスの歴史や展示があり、お土産も充実していて
    とっても面白そうなのだ。

  • と、急に晴れ間が覗く。

    と、急に晴れ間が覗く。

  • ところが、そのすぐ横ではこんな怪しい曇り空。<br /><br />不思議でしょう?

    ところが、そのすぐ横ではこんな怪しい曇り空。

    不思議でしょう?

  • もう一度右に目をやると、こんなに晴れている!<br /><br />うそ〜!?

    もう一度右に目をやると、こんなに晴れている!

    うそ〜!?

  • そして、そのすぐ左側。 私が失敗した点は、<br />その晴れと曇り空の中間点を写してないこと。 <br />肝心なところが抜けている私である。 (><)<br /><br />前の芝生の広場では、大勢の人達が寝転がってリラックスしていた。 <br />欧米でいつも思うのだが、こちらの人達は、芝生の上に直に座ったり寝たりする。<br />虫とか汚れとか気にならないのかなぁ〜?

    そして、そのすぐ左側。 私が失敗した点は、
    その晴れと曇り空の中間点を写してないこと。 
    肝心なところが抜けている私である。 (><)

    前の芝生の広場では、大勢の人達が寝転がってリラックスしていた。 
    欧米でいつも思うのだが、こちらの人達は、芝生の上に直に座ったり寝たりする。
    虫とか汚れとか気にならないのかなぁ〜?

  • ここから一番近くて分かりやすい交通手段は地下鉄だ。<br /><br />もう膝が痛いなどと言っていられる状況ではない!<br />一段一段ゆっくりと階段を下りる。 ε=( ̄。 ̄;)<br /><br />ロンドン交通博物館へは、途中、サウス・ケンジントンで乗り換え。 <br />その乗り換え時に気付いた!<br />ここには『ロンドン自然史博物館』があり、交通博物館よりも、開館時間が長い。 <br />しかも、行き方も知っている。(ストリートビューで歩いていた。) <br />だったら、こっちの方がいいかも! と急遽、『自然史博物館』へ変更!

    ここから一番近くて分かりやすい交通手段は地下鉄だ。

    もう膝が痛いなどと言っていられる状況ではない!
    一段一段ゆっくりと階段を下りる。 ε=( ̄。 ̄;)

    ロンドン交通博物館へは、途中、サウス・ケンジントンで乗り換え。 
    その乗り換え時に気付いた!
    ここには『ロンドン自然史博物館』があり、交通博物館よりも、開館時間が長い。 
    しかも、行き方も知っている。(ストリートビューで歩いていた。) 
    だったら、こっちの方がいいかも! と急遽、『自然史博物館』へ変更!

  • 『ロンドン自然史博物館』。 <br />すぐ隣には、『ヴィクトリア&アルバート博物館』もある。共に無料。<br /><br />地下鉄の駅からは、地下道で目の前まで繋がっていた。(ストリートビューは役に立たずw)<br /><br />

    『ロンドン自然史博物館』。 
    すぐ隣には、『ヴィクトリア&アルバート博物館』もある。共に無料。

    地下鉄の駅からは、地下道で目の前まで繋がっていた。(ストリートビューは役に立たずw)

  • この博物館は、7000万点以上もの収蔵品からなる<br />生命科学・地球科学コレクションの収蔵施設。

    この博物館は、7000万点以上もの収蔵品からなる
    生命科学・地球科学コレクションの収蔵施設。

  • ここは、中の展示品もすごいらしいが、<br />建物自体も素晴らしいとのことで、楽しみ!<br /><br />今日も相変わらず寒かったが、中に入って生き返った♪

    ここは、中の展示品もすごいらしいが、
    建物自体も素晴らしいとのことで、楽しみ!

    今日も相変わらず寒かったが、中に入って生き返った♪

  • 入っていきなり出た〜、恐竜の化石!<br /><br />中は4つのゾーンに分かれていて、<br />それぞれが違う分野のものが展示されている。

    入っていきなり出た〜、恐竜の化石!

    中は4つのゾーンに分かれていて、
    それぞれが違う分野のものが展示されている。

  • 恐竜の化石なんて、小学生以来かな・・・。<br /><br />日本は本当に「恐竜展」だとか「絵画展」とかが多い。<br />海外生活が始まって以来、そういう美術・芸術に触れる機会はほとんどない。<br />海外に出て、初めて分かる日本の良さの一つ。

    恐竜の化石なんて、小学生以来かな・・・。

    日本は本当に「恐竜展」だとか「絵画展」とかが多い。
    海外生活が始まって以来、そういう美術・芸術に触れる機会はほとんどない。
    海外に出て、初めて分かる日本の良さの一つ。

  • 一番人気があるのが恐竜や動物などの展示があるブルーゾーン。<br /><br />恐竜エリアには沢山の化石が展示されていて、<br />2階の部分からも全てが見渡せるようになっていた。<br /><br />夫が、割れている卵と恐竜の赤ちゃんの数を数え、<br />1匹いないぞ〜!と叫んでいたw

    一番人気があるのが恐竜や動物などの展示があるブルーゾーン。

    恐竜エリアには沢山の化石が展示されていて、
    2階の部分からも全てが見渡せるようになっていた。

    夫が、割れている卵と恐竜の赤ちゃんの数を数え、
    1匹いないぞ〜!と叫んでいたw

  • 恐竜エリアを出て、今度は人・動物エリアへ。

    恐竜エリアを出て、今度は人・動物エリアへ。

  • ありとあらゆる動物の剥製が展示。

    ありとあらゆる動物の剥製が展示。

  • 恐竜エリアから、2人のアジアン女子が私達の前をうろうろ。 <br />1つ1つの展示の前で、ありとあらゆるポーズを取って写真を撮っている。<br />本人達は楽しそうだが、こういう混雑しているところでは、少し迷惑。<br />後ろがつかえてるんですけどぉー。<br /><br />が、夫が彼女達に触発されたのか、周りに誰もいなかった北極熊の前で、<br />私に「ちょっと手を上げて。」と言って出来上がった写真。 ま、いいか。(^^; 

    恐竜エリアから、2人のアジアン女子が私達の前をうろうろ。 
    1つ1つの展示の前で、ありとあらゆるポーズを取って写真を撮っている。
    本人達は楽しそうだが、こういう混雑しているところでは、少し迷惑。
    後ろがつかえてるんですけどぉー。

    が、夫が彼女達に触発されたのか、周りに誰もいなかった北極熊の前で、
    私に「ちょっと手を上げて。」と言って出来上がった写真。 ま、いいか。(^^; 

  • 恐竜と共に、ブルーゾーン最大の見せ場である、<br />水陸の大きな動物たちが一同に揃うホール。 (と言っても、写真には全部入らず。)<br /><br />何といってもメインは、シロナガスクジラ。 めっちゃデカいっ!  (◎_◎)

    恐竜と共に、ブルーゾーン最大の見せ場である、
    水陸の大きな動物たちが一同に揃うホール。 (と言っても、写真には全部入らず。)

    何といってもメインは、シロナガスクジラ。 めっちゃデカいっ!  (◎_◎)

  • きりんがギリギリに入った!(笑)

    きりんがギリギリに入った!(笑)

  • 2階からもぐるっと見渡せるようになっている。<br /><br />ここでもかなり歩いた・・・。 しばしベンチに座って<br />目の前のシロナガスクジラのヒゲ板(写真右側)などを見ながらこの風景を楽しむ。

    2階からもぐるっと見渡せるようになっている。

    ここでもかなり歩いた・・・。 しばしベンチに座って
    目の前のシロナガスクジラのヒゲ板(写真右側)などを見ながらこの風景を楽しむ。

  • どうにかこうにかメインの動物を入れようと必至! (^^;<br /><br />こういう時にはもっと広角のレンズが欲しい・・・。

    どうにかこうにかメインの動物を入れようと必至! (^^;

    こういう時にはもっと広角のレンズが欲しい・・・。

  • それにしても美しい建物・・・。

    それにしても美しい建物・・・。

  • ここは原石や宝石エリアだったなぁ。<br /><br />もう閉館ということでじっくり見れなかったけど、『石』にも興味のある私はちょっと残念。

    ここは原石や宝石エリアだったなぁ。

    もう閉館ということでじっくり見れなかったけど、『石』にも興味のある私はちょっと残念。

  • 先の階段の踊り場に座ってらっしゃるのはダーウィンさんでした。 納得!<br /><br />とりあえずは楽しめたけど、行かなかった『交通博物館』への後悔が残る。<br />向こうの方がもっと楽しめたんじゃないか・・・とか、考えても仕方のない思い。<br /><br />どうしてもいくつかの選択を間違えた感が残るが、<br />これで私の初ロンドン、ロンドン観光が終わった・・・。

    先の階段の踊り場に座ってらっしゃるのはダーウィンさんでした。 納得!

    とりあえずは楽しめたけど、行かなかった『交通博物館』への後悔が残る。
    向こうの方がもっと楽しめたんじゃないか・・・とか、考えても仕方のない思い。

    どうしてもいくつかの選択を間違えた感が残るが、
    これで私の初ロンドン、ロンドン観光が終わった・・・。

  • そして、地下鉄でまたウェストミンスター駅まで戻ってきた。

    そして、地下鉄でまたウェストミンスター駅まで戻ってきた。

  • ロンドンのあちこちの道端で作って売られていたロースト・ピーナッツ。 <br />砂糖が絡めてあって、美味しそうな甘い匂いにつられて、つい買ってしまった。<br /><br />うん、美味しい♪ <br />ロンドン・アイを見ながら、パクパク食べるw

    ロンドンのあちこちの道端で作って売られていたロースト・ピーナッツ。 
    砂糖が絡めてあって、美味しそうな甘い匂いにつられて、つい買ってしまった。

    うん、美味しい♪ 
    ロンドン・アイを見ながら、パクパク食べるw

  • そしてホテルの部屋から見たビッグベン。<br />うわぁ〜、夕日に照らされて輝いてるぅ♪<br /><br />最後に魅せてくれるじゃん、ビッグベン!

    そしてホテルの部屋から見たビッグベン。
    うわぁ〜、夕日に照らされて輝いてるぅ♪

    最後に魅せてくれるじゃん、ビッグベン!

  • 初日の私の誕生日以外は、まともな夕食を食べていない。<br /><br />今日はロンドン最終日ということで、夫と共にディナーを食べることに。 <br />と言っても、もうどこかに行く気力も体力もなし。<br /><br />ホテル内のレストランで食べることにした。 <br />意外と広くてきれいなところで、味も美味しくて楽しいディナーだった♪

    初日の私の誕生日以外は、まともな夕食を食べていない。

    今日はロンドン最終日ということで、夫と共にディナーを食べることに。 
    と言っても、もうどこかに行く気力も体力もなし。

    ホテル内のレストランで食べることにした。 
    意外と広くてきれいなところで、味も美味しくて楽しいディナーだった♪

  • 夫はまた近くのパブへ出掛け、私はやっぱり<br />最後にどうしてもビッグベンに会いに行きたかった。

    夫はまた近くのパブへ出掛け、私はやっぱり
    最後にどうしてもビッグベンに会いに行きたかった。

  • 初日から、思わぬ膝の激痛と、それにより<br />予定していたスケジュールは狂いっぱなしで、精神的に<br />かなり落ち込んでいたのを毎日救ってくれたのがビッグベン。<br /><br />そこにいるだけで元気をもらえる存在が有難かった。<br />本当にありがとう♪

    初日から、思わぬ膝の激痛と、それにより
    予定していたスケジュールは狂いっぱなしで、精神的に
    かなり落ち込んでいたのを毎日救ってくれたのがビッグベン。

    そこにいるだけで元気をもらえる存在が有難かった。
    本当にありがとう♪

  • 中途半端感が残る、15分の「キンコンカンコ〜ン♪」<br />を聞きながら、この辛くもあり、不完全燃焼だったロンドン滞在を振り返る。<br /><br />この痛みさえ起こらなければ・・・。 でも、これを<br />言っても仕方のないこと。 だから、この状態を踏まえて考えると、<br />思った以上に色々と見れたのではないかと思う。

    中途半端感が残る、15分の「キンコンカンコ〜ン♪」
    を聞きながら、この辛くもあり、不完全燃焼だったロンドン滞在を振り返る。

    この痛みさえ起こらなければ・・・。 でも、これを
    言っても仕方のないこと。 だから、この状態を踏まえて考えると、
    思った以上に色々と見れたのではないかと思う。

  • ロンドン・アイにも随分と助けられた。 乗っても楽しかったし、<br />見ているだけでもロンドンにいる気分を十分にさせて貰えた。 どうもありがとう♪<br /><br />この場所も、次には「帰ってきた〜!」と思える場所に<br />なっているんだろうなぁ・・・などと考えながらホテルへ向かう。 

    ロンドン・アイにも随分と助けられた。 乗っても楽しかったし、
    見ているだけでもロンドンにいる気分を十分にさせて貰えた。 どうもありがとう♪

    この場所も、次には「帰ってきた〜!」と思える場所に
    なっているんだろうなぁ・・・などと考えながらホテルへ向かう。 

  • さて、明日は3年ぶりのパリ。<br /><br />ロンドンを離れ、膝の状態は良くなるのだろうか。<br />天気も少しはいいのだろうか。不安と期待を胸に、眠りにつく。<br /><br />**********<br /><br />本日の予定と結果: (◎は予定通り、×はできなかったもの、<br />●は他の日に終了、○は予定外でやったこと)<br /><br /> × ウィンザー城とロングウォーク <br /> ● セント・ポール大聖堂<br /> × ロンドン博物館<br /> ● テンプル・バー・メモリアル<br /> ● 王立裁判所<br /> ● テンプル教会<br /> ● ロンドン最古のパブ<br /> ○ ロンドン塔<br /> ○ タワーブリッジの開閉<br /> ○ フィッシュ・アンド・チップスを食べた<br /> × ウェストミンスター寺院(内部見学)<br /> ○ ロンドン自然史博物館<br /><br />(欧州旅行5日目: パリ初日へと続きます)

    さて、明日は3年ぶりのパリ。

    ロンドンを離れ、膝の状態は良くなるのだろうか。
    天気も少しはいいのだろうか。不安と期待を胸に、眠りにつく。

    **********

    本日の予定と結果: (◎は予定通り、×はできなかったもの、
    ●は他の日に終了、○は予定外でやったこと)

     × ウィンザー城とロングウォーク 
     ● セント・ポール大聖堂
     × ロンドン博物館
     ● テンプル・バー・メモリアル
     ● 王立裁判所
     ● テンプル教会
     ● ロンドン最古のパブ
     ○ ロンドン塔
     ○ タワーブリッジの開閉
     ○ フィッシュ・アンド・チップスを食べた
     × ウェストミンスター寺院(内部見学)
     ○ ロンドン自然史博物館

    (欧州旅行5日目: パリ初日へと続きます)

この旅行記のタグ

55いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (24)

開く

閉じる

  • Juniper Breezeさん 2017/04/08 02:35:47
    来月のLondon旅行の予習の為に、メモメモ…♪
    サウスピーチさん、こんばんは! こちらの掲示板ではお久しぶりです。 旅行に行かれて、旅行記がUPされた後すぐお邪魔して、コメントさせていただき、その時、いつかLondonに行く機会があれば…なんて書いてましたけど、それがやっと実現する時がやってきました! 来月London行きます!

    ・・・とは言っても、恒例の母とのGWヨーロッパ旅行でメインの目的地はポルトガルで、Londonはトランジットで24時間ちょっとしかいないんですけどね…。 でも、だからこそ時間を絶対に無駄に出来ない!って思って色々とLondonの情報をgetしようと思い、再度サウスピーチさんの旅行記にお邪魔させていただきました!

    気になる場所のリンクとかも載ってて、あとで色々と調べてみようと思う場所がたくさんです!

    それにしても、サウスピーチさんが泊まられたホテルは本当に最高の場所にあったんですね! 私は、宿泊料と、駅近っていうことだけで選んでしまい、改めてLondon全体の地下鉄Mapを見たら、めっちゃハズレの方です…。 ここから何日もLondonの観光地の中心に"通う"としたら、さすがにこのホテルを選んで後悔…って感じかもしれませんが、ホテル⇔中心地はまぁ2往復しかしないと思うので、まぁイイか…って感じです。

    サウスピーチさんが行かれた時は極寒だったんですよね、そういえば! それ以来、私の中でLondonは季節外れの寒さ…ってイメージがついてますが、既にiPhoneのweatherアプリにもLondonを入れたので、日々お天気と気温をチェックしようと思います。 お天気に関しては、晴れ女の母が一緒なので多分大丈夫かな…?なんて思っちゃってますが(笑)。

    旅行前はまた頻繁にお邪魔すると思いますのでよろしくお願いします!

    Juniper Breeze

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2017/04/10 07:24:42
    RE: 来月のLondon旅行の予習の為に、メモメモ…♪

    Juniper Breezeさん、こんにちは。
    こちらではお久しぶりですね。

    えーっ、来月ロンドンに行かれるんですね!
    あ、メインはポルトガルですかぁ。いいなぁ。
    Juniper Breezeさんも毎年コンスタントに海外旅行に行かれていて羨ましいです。しかも、お母さまと一緒!仲がいいんですねぇ。

    トランジットで24時間あるのはある意味ラッキーかも。アメリカからの乗り継ぎではまず見たことないです。 短い時間だからこそ、ホテルも駅近というのは正解だと思います。

    私達が行った年の5月は、ヨーロッパ全体が極寒で異常気象だったので、通常はそこまで寒くはないんだと思います。(晴れ女のお母さまもいらっしゃるし大丈夫でしょう。笑) それに、私も気温はちゃんとチェックしていたのですが、10℃以下でもそんなに寒くはないだろう…と私が見誤った想像をしていた為、それに見合った服装を用意していなかった自分が一番悪かったような気がします。(苦笑)

    限られたロンドン24時間以内で、Juniper Breezeさんがどこをチョイスして何をするのか、興味深々です!(笑)

    では、また!

    サウスピーチ :)
  • まざーぐーすさん 2014/03/25 12:39:03
    一緒に旅を
    まるでガイドさんについて、一緒に旅をしているような、そんな気分にさせてくれました。私もまたロンドンに行きたいなあ!
    楽しい旅行記ありがとうございます。
    続けて読みますね(^^)

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2014/03/27 10:54:42
    RE: 一緒に旅を
    まざーぐーすさん、こんにちは!

    ロンドンの旅行記を読んで頂き、どうもありがとうございました。(*^^*)
    (ロンドン、いいですよね〜♪)

    私が旅行記を書いているもともとの目的は、
    遠く離れた両親にも旅行の様子を知らせたい為なんです。 
    なので、私の旅行記は、結構長くだらだらと説明を書き綴っています。
    本当は、写真集のような美しい写真と端的な短い文章!
    に憧れてますけど・・・(^^;

    これに懲りずに(苦笑)また遊びに来てくださいね♪

    サウスピーチ :)
  • くまゆさん 2013/08/08 17:55:48
    「関連の写真へ」 へ   ヽ(。_゜)ノ へっ? 
    サウスピーチさん、ご無沙汰です!

    またまた4トラをサボりにサボってました。 すみません。

    で、久々にサウスピーチさんのところにお邪魔して、ロンドン最終日をじっくり読んで、皆さんのコメントもみんな読んで、書きたいことはいっぱいだけど、他にも義理を果たさなければならないので、書き込みは一言だけにします。

    「関連の写真へ」を知らなかったの?!? 
    私以上の人がいた!!
    嬉しーーー!  (≧∇≦)!!

    るなさんとのやり取り、大笑いさせていただきました。
    るなさんのところもお邪魔したいんだけど、ここでお元気そうだと分かって安心しました、って伝わるといいな(んなわけないか。。)

    パリはまたゆっくり見せていただきまーす。

    くまゆ

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/08/09 12:04:30
    RE: 「関連の写真へ」 へ   ヽ(。_゜)ノ へっ? 
    くまゆさん、こんにちは! お久しぶり(ちょっとだけですけど)でしたね♪

    > またまた4トラをサボりにサボってました。 すみません。

    いえいえ。 4トラは、お時間のある時、気が向いたときにされるのが一番だと思います。
    義務のように感じてしまうと辛くなってきて、だんだんイヤになってしまいますからねぇ。
    なので、私もゆっくりめの自分のペースでやっていますよ。

    > 「関連の写真へ」を知らなかったの?!? 

    ちっ、バレたかぁー。(爆)  私もそうですけど、くまゆさんも他の方のコメントまで読まれるので、
    本文には書いていない“余計なこと(?)”まで知られてしまいますね。 エヘヘ。

    > 嬉しーーー!  (≧∇≦)!!

    ここで喜ばないように!(笑) 

    > パリはまたゆっくり見せていただきまーす。

    いつもありがとうございます♪ ほんと、気が向いた時でいいですよ〜。
    あと、毎回コメント書くのも大変ですので、遊びに来て下さるだけでも十分嬉しいです。
    コメントを残さなくても、毎回くまゆさんがあれこれ面白い感想を持って下さるのは分かっているので。(*^^*)

    では、また!

    サウスピーチ :)

    くまゆ

    くまゆさん からの返信 2013/08/09 12:32:29
    RE: RE: 「関連の写真へ」 へ   ヽ(。_゜)ノ へっ? 
    サスピさん

    >> いえいえ。 4トラは、お時間のある時、気が向いたときにされるのが一番だと思います。
    > 義務のように感じてしまうと辛くなってきて、だんだんイヤになってしまいますからねぇ。

    温かいお言葉、有難うございます。
    そうですね、義務じゃないんですから、気楽に行かないとね。
    気楽にサボろう!


    > 私もそうですけど、くまゆさんも他の方のコメントまで読まれるので、

    そうなんですよ。皆さんのコメントも面白いので、つい読んじゃうんですよね。
    そうすると時間がとられること…!


    > あと、毎回コメント書くのも大変ですので、遊びに来て下さるだけでも十分嬉しいです。
    > コメントを残さなくても、毎回くまゆさんがあれこれ面白い感想を持って下さるのは分かっているので。(*^^*)

    そうですね、コメントを書いて、それに返信をいただくのも超嬉しいんですけど、なんせ、時間がかかってねぇ。
    お言葉に甘えて、感想は「ご想像にお任せする」のも、ありにします。
    でも、サスピさんの旅行記、一言書きたくなっちゃうんですよ!

    あ、これに返信はいりません。


    くまゆ
  • ガブリエラさん 2013/07/14 07:19:46
    やっぱりイギリス行きたいです〜(*^_^*)
    サウスピーチさん☆

    おはようございます♪

    お膝の具合を気にしながら、イギリス最後まで読ませていただきました(*^_^*)
    2択で間違える、という事は私の生活で、当たり前になってますが(苦笑)、サウスピーチさんの場合は、結果オーライ!ですよね♪
    大聖堂の中は見られなくても、素敵な建物、動物さんに出会えて、よかったですよねヽ(^o^)丿

    ビーフィーターの方々の衣装って、本当にかっこいいですよね!!!
    私、結構制服マニアなので、テンションあがります〜♪
    これは、イギリスに行きたくなります(^O^)

    なにより素敵なのは、ビッグベンをはじめ、素敵な建物の数々。
    そして、サウスピーチさんが見せて下さった素敵な夜景♪♪♪
    イギリス編、すごくワクワクしながら、見せていただきました!
    フランス編、楽しみにしていますヽ(^o^)丿
    (フランスでは、お膝の具合が、少しでも治ってらっしゃるといいな)

    ガブ(^_^)v

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/07/15 05:03:00
    RE: 私もまた行きたいです〜(*^_^*)
    ガブちゃん、おはようございます♪

    > 2択で間違える、という事は私の生活で、当たり前になってますが(苦笑)、
    > サウスピーチさんの場合は、結果オーライ!ですよね♪

    いやいや、結果オーライと言えるかどうか・・・。 やっぱり消化不良のロンドン旅行で、後ろ髪引かれながら去りました。
    でも、この“残念だった”思いがあるからこそ、また行きたい! 次はどういう計画をしようか・・・と
    新たな楽しみを感じているので、これを、次回への旅行のきっかけに繋げようと思っています。(*^^*)

    > ビーフィーターの方々の衣装って、本当にかっこいいですよね!!!

    ほぉ〜、ガブちゃんは制服マニアですか!(笑) 私も好きで〜す♪
    例えば、衛兵さんの制服もそれぞれ色々な種類があって、もっとゆっくり見たかったんですけど、
    寒さと痛みで今回は難しかったんで、次回はもっとじっくり楽しみたいところです。

    イギリス編がやっと終わり、次はフランス。 そしてドイツ、オランダ、ベルギー・・・とまだまだ続くのですが、
    旅行記がなかなか進みません。(><) このペースだと、いったいいつ終わるのやら・・・。(^^;

    サウスピーチ :)
  • ねいちゃさん 2013/07/13 02:04:04
    タイトルがクールです。
    こんばんわ。

    興味関心をわかせるようなネームですね。
    で、こういう時は決まって「やってもたぁー」というオチまでついて・・・(笑)
    やるんですよねー、沈思熟考の末のミスリード。人生こんなものかもしれませんが。
    今回の旅は何かと不運続きで、裏目裏目とサイコロの駒は出てますが
    それでもすごーく頑張ってる感は伝わってくるから、まぁこういうこともあると素直に思えてきます。
    定例になった・・・「出来たこと・出来なかったこと」もなかなか面白い試みで、不謹慎ながらなんか楽しみにしてる自分がいます。
    今まで以上に充実感というかドキドキ感が満載の旅行記で、明日が読めない中でのどうなるんだろ〜って思わせてくれる展開です。
    うん、ストーリーがある旅行記ですね。いいです。

    ロンドン塔のあの川に半分沈んでる門・・・なんだっけかな〜、見た記憶があるんですよね。あぁこれか!と画面見つめましたよ。

    それに、参加者クイズ?の企画も面白いですねー。英語読めないから私ならスルーしてたんでしょうが、なるほど〜と思いました。
    犯人は誰か・・・私ならヘンリー7世かな。ばら戦争後でチューダー朝成立期なら怪しい。犯人はやっぱり結果として得した人物が王道だもの。

    広角があれば・・・これ私もよく思うのですよ。
    だから今回の旅のために安物だけど買っちゃった!使い回しは難しいですが面白い絵が撮れそうな予感、ちょっと暗くなるけどね。

    ではでは またお邪魔します。  ねいちゃ

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/07/13 23:03:40
    RE: タイトルがクールです。
    ねいちゃさん、こんばんわ♪ 

    梅雨が明けて、東京は異常に蒸し暑いようですが、そちらは如何ですか。
    こちらは例年になく雨が多くて(今の時点で、過去2年の総雨量よりも多いそうです)、今のところは
    例年よりも気温が低く(30度前後をウロウロしている状態)比較的過ごしやすい日が多いような気がします。

    > 今回の旅は何かと不運続きで、裏目裏目とサイコロの駒は出てますが・・・

    あら、よくお分かりで!(って、旅行記読めば分かりますが^^;) そうなんですよー。 
    そして、これ、まだ続きますから!(苦笑)

    実は、なぜか、ロンドンとパリに関しては、行く前からあまり『いい気』がしていなかったんです。
    これを「虫の知らせ」と呼ぶのか、又は、そう思っちゃったからそれが現実となってしまったのか・・・。
    そんなこんなで、パリの旅行記は作成がなかなか進んでおりません。(^^; 

    > それに、参加者クイズ?の企画も面白いですねー。

    そうですね。 観光客に話を投げかけるのは、歴史に興味を持ってもらうという点でもいい企画だと思いました。

    > 犯人は誰か・・・私ならヘンリー7世かな。

    「ふっふっふ。 さすがはねいちゃだ!」 (←って誰の声やねん!? 探偵ものの悪役の声でお願いします。笑)
    いや、さすがです! って、誰も真実は知らないんですけどーw
    でも、以前は、直後に王位についたリチャード3世が一番疑われていたらしいですけど、最近では
    ヘンリー7世説が最有力だそうです。 これが真実だったら、ヘンリー7世、かなり用意周到、
    先の先まで見越した(計画した?)、相当の『ワル』でございます。

    > 広角があれば・・・これ私もよく思うのですよ。
    > だから今回の旅のために安物だけど買っちゃった!

    やっぱりあると、絶対にいいですよ! 私は思いついたのが直前すぎて、間に合いませんでした。(><)
    で、「ちょっと暗くなる」ってどういう意味ですか? 私ね、今回レンズをホコリや水から守る為に、
    UVフィルターを付けたんです。 前の機種にホコリが入ってしまったことがあったので。 
    で、フィルターを装着する為には、カメラにアダプターの取り付けが必要だったわけですが、
    アダプターって少しだけ高さがありますよね? どうも自分が撮った写真が、
    暗い場所でも強いはずのカメラなのに、かなり暗く感じたので(まあ、雨・曇りばっかりじゃしょーがないのかもしれませんが)、
    その高さの分(5mmくらいなんですけどね)、レンズに光が入りにくくなって暗くなっちゃうのかなぁ〜とか思ったのと、
    いちいち写真撮る時に、フィルターのカバーを外さなきゃならなくて、途中からは面倒になったので
    結局は、UVフィルターだけ取っちゃったんですけどね。 ただ、アダプターは粘着テープでしっかりと固定されちゃって、
    もう取れないんです・・・。(涙) でも、広角レンズが欲しいなぁ〜と思っていたので、
    アダプターはそのままの方がいいんでしょうけど。

    写真に関しては、日本みたいに気軽に参加できるクラスがあればいいんですけど、なかなかなくて・・・。

    それでは、また後で!

    サウスピーチ :)

    ねいちゃ

    ねいちゃさん からの返信 2013/07/14 01:22:34
    RE: RE: タイトルがクールです。
    > で、「ちょっと暗くなる」ってどういう意味ですか?

    これっすか?
    安物だからF値が4.0からのものにしたのです。
    3.5からのものだと2万くらい高くなるもので・・・^^;
    だから晴天しか使えないレンズかもしれません。
    ただ広角は隅々にまでピントあわせる必要があるから
    F値8.0くらいで撮ると思うのでまぁいいかなーと。
    広角でボケとかいらんでしょ・・・と思ったもので。

    何より広角はそれこそ広角が命なので、10mmにしたんですねー。
    8mmのも出てるのですが、出目金レンズでフィルターつけられないので
    悩んだんですけど、結局やめちゃった。

    一度試しに撮りに行ったんですけど
    自分の影まで入るので結構回りをよくみないといけません。
    電線なんてファインダーには見えてないのに、写ってるからびっくり。
    面白いけど取り回しが難しいかも。

    写真に関しては習いたい所だけど、時間がないので独学で・・・。
    本読んでも難しい用語があるし、よくわかんないのですが
    まぁ趣味ってことでもないし、目で見た感動をそのまんま残せたらいいかなーって。上手にはなりたいんですがねー、飽き性だから。

    ではでは〜。   ねいちゃ
  • ニッキーさん 2013/07/10 22:08:43
    行き先のことだったんですね。
    サウスピーチさん、こんばんは。

    間違えられない選択って最後の日の行き先のことだったんですね。

    ロンドン塔は結構歩かなきゃいけないでしょ?私は脚がくたくたになりました。ジュエル・ハウスの王冠や宝石のところ、私も動く歩道に2度乗りましたよ。サウスピーチさんと私、やることが同じ。笑ってしまいました。

    ウィンザー城は諦めたって書いてあったから、ロンドン塔の後ハンプトン・コートへ行くのかな?って思ったら、もう一つの選択肢が出て来ましたね。フィッシュ&チップスとウェストミンスター寺院。で、ウェストミンスター寺院が閉まってたから、次、交通博物館へ行くのかな?って思ったら、結局自然史博物館でしたか〜。どこへ行きつくのか、あみだくじやってるみたいで面白かったです。すごくたくさんの選択肢の中から選びましたね〜(笑)。

    あっちにしておけば良かったかも、と考え出したらきりがない。やっぱり縁があったんですよ。天のお導きかも。

    自然史博物館は建物がすばらしいですね。私は隣のV&A博物館の方へ行っちゃったので、自然史博物館は外観を見ただけ。長さが200メートル以上もあって、国会議事堂みたいにすごい建物だなぁと思ったけど、中もすごいですね。建物も、展示物も。

    私も日本の国立科学博物館へ行きますけど、規模が違いますね。科博にはシロナガスクジラはあるけど、ゾウやキリンはありません。科博の年間パスを持ってるけど、日本は梅雨明けしてすごい暑さなんで、出かけるのも億劫なんです。

    フィッシュ&チップスも最後に食べられて良かったですね。お値段高めということで、もしかしたら冷凍の魚を使ってないのかもしれませんね。

    次はいよいよパリですね。私も今、ちょっとアンラッキーだったヴェルサイユ宮殿旅行記を書いてます。このペースで行くと、終わるのは8月になだれこみそうです。

    ニッキー

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/07/11 11:34:22
    RE: 行き先のことだったんですね。
    ニッキーさん、こんにちは!

    > 間違えられない選択って最後の日の行き先のことだったんですね。

    はい。 最後は絶対に間違えられない!って思ったんですけど(特にハンプトン・コート宮殿が絡んでいたんで)、
    ウェストミンスターでやられました。(涙) まず、フィッシュ&チップスの値段でがっかりして、その上ウェストミンスターに
    入れなかったので、この時は、「どうせ次の選択もどっちにしても間違いなんだろうな・・・。」と
    半分自暴自棄になっていました。(苦笑)

    > ロンドン塔は結構歩かなきゃいけないでしょ?

    ほんと、片足引きずりながらもかなり歩きましたよ。 でも、まだこの時間は人も少なかったので、精神的には楽でした。
    (混雑しているところは大嫌いなので) そうそう、ジュエル・ハウスの動く歩道でしょ? これはニッキーさんの旅行記で
    教えて頂いたことです! ちゃんと覚えていました。 へへっ。 だから、2度行ったのはニッキーさんのお陰なんですよ♪
    で、ここも人が少なかったんで、ささっと戻りやすかったんです。 これが大混雑だったら、なかなか難しかったと思います。

    > 中もすごいですね。建物も、展示物も。

    自然史博物館の、私達が見たところは、大きな4つのゾーンに分かれたうちの1つのゾーンの一部なんです。
    もし全部見るとすると、1日では全部回れないと思います。 
    残念ながら閉館時間になってしまい、ミュージアムショップも行き損ねました。
    そうそう、隣はV&A博物館ですよね。 実はここでも自然史博物館とどっちにするか少し迷ったんですけど、
    V&A博物館の方はあまり展示品のことは詳しく調べていなかったのでどんなものがあるか分からず、
    ここで唯一興味を惹かれた3つのカフェテリアでしたっけ? 内装がそれぞれ素晴らしい、というやつ。 
    でもただそれだけ見ても・・・と思ったので、今回は自然史博物館の方にしました。

    > このペースで行くと、終わるのは8月になだれこみそうです。

    私も、最初は週一のペースで旅行記を投稿していましたが、最近は2週間に1つ。 だんだんダレてきました・・・。
    その上、次は、どの写真を見ても暗〜いパリ。 全くやる気が出てきません。(^^;
    正直言って、パリを飛ばして次の目的地へ行きたいくらいです。(苦笑) 
    こんなんじゃ、私の旅行記が終わるのはいつになることやら・・・。

    サウスピーチ :)
  • ippuniさん 2013/07/08 23:34:26
    ロンドン最終日ですね
    サウスピーチさん、こんにちは^^

    今度は掲示板で間違いないですね(笑)

    今回のロンドン滞在は残念なこともたくさんあったけど、
    予定していなかったところも行けたし、これだけ見れれば十分ですよ^^!
    跳ね上がる橋も偶然2回も見れたし、ちょっと高かったけどフィッシュ&チップスも食べれたし♪
    それにきっとまた再訪しなさいっていうメッセージなのかもしれませんよ。

    ギロチンする時って、フランスから専門家をわざわざ呼んでいたんですね。
    先日日本から来た知人にパリを案内したのですが、コンシェルジュりの前を通った時に、
    サウスピーチさんから伺ったギロチンのお話をさせて頂きました。

    ウェストミンスター寺院は残念でしたね。
    でもこれって、パリ(フランス)でもごくごく日常によくあることなんですよ。
    重たい荷物を担いで郵便局へ行ったらいきなり閉まってて、怒りと共に持ち帰ったことも何度もあるし、
    有給取って県庁に行った時も、「今日は例外的にお休み」と書かれた紙が貼ってあって、
    これまた怒りと共に何もできずにただ有給を無駄にして家に帰ったこともあるんですよ〜

    曇り空と晴れ間の中間地点の写真、見たかったな〜(笑)
    サウスピーチさんらしい!と思いながらコメント読んでいました。
    フランスの天気も複雑だから我が家の窓からもその中間地点が良く見えるんですよ^^

    次回はいよいよ、待ちに待っているパリ編!
    楽しみだ〜☆

    ippuni



    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/07/11 02:09:03
    RE: ロンドン最終日ですね
    ippuniさん、こんにちは!

    > 今度は掲示板で間違いないですね(笑)

    あはは! はい、確かに(爆)

    > それにきっとまた再訪しなさいっていうメッセージなのかもしれませんよ。

    そうですね。 私もロンドンはそういう風に捉えていて、もう既に次に行く時の旅スケを妄想しながら楽しんでいます♪
    多分、お天気も体調も全てうまくいっていたら、もう今はロンドンのことは考えていないでしょうから、
    なるほど〜、うまく行かなかった旅行は旅行で、こういう楽しみもあるんだ〜、と新しい発見です。
    ま、実現するには時間とお金が必要ですけどね。 妄想は妄想で楽しいです。 (*^^*)

    > ギロチンする時って、フランスから専門家をわざわざ呼んでいたんですね。

    これはこのアン・ブーリンの時だけの特別な配慮のようです。 一応、王妃まで上り詰めた人なので、
    高貴な処刑法ということと、昔、彼女はフランス宮廷に仕えていたので、そのへんの考慮もあったようですよ。

    > でもこれって、パリ(フランス)でもごくごく日常によくあることなんですよ。

    こういう話を聞くと、少し慰められましたよ。(^^; ありがとうございます。 
    そうなんですよね、以前の欧州旅行でも各地でがっかりすることは結構あったんですけど、ウエストミンスター寺院は
    ハンプトン・コート宮殿とトレードしての(気持ち的に)選択だったので、それが一番落胆した点だったと思います。
    でも、こんなに楽しみにしていたハンプトン・コートなので、今回足を引きずりながら行かなくてよかったと思っています。
    せっかく行くのなら、「痛みなし」で十分楽しみたいですもんね!

    > フランスの天気も複雑だから我が家の窓からもその中間地点が良く見えるんですよ^^

    ヨーロッパってこんな複雑なお天気がよくあるんですね。 本当に天と地のような隣同士での大きな違いにはびっくりしました。
    今までのヨーロッパは、ほとんどが晴天だったので、雲の様子なんて全く気にも留めたことがなかったんです。(^^; 
    勿論、晴天の方が気持ちいいし、旅行もし易いし、写真も綺麗に写りますが、曇りなら曇りで、雲が結構面白い形をしていて、
    違う雰囲気を醸し出していたので、こういうのも結構面白いなぁ〜と今回、その点も新たな発見でした。
    ただ、まだ雨の良さは発見できていません。(^^; 濡れるわ(自分もカメラレンズも)、傘が邪魔になって写真撮りにくいわ、
    歩きにくいわ、写真は暗いわで・・・。 どっかいい点ありますかね?(苦笑)

    あ。 パリ編もあまり期待しないで下さいね〜。(^^;

    サウスピーチ :)
  • るなさん 2013/07/08 00:10:47
    ナイスショット♪
    綺麗だ!!
    うん、この一枚はとってもいい感じ。
    色々名残惜しいロンドンだったと思うけど、こんなビッグベンやロンドンアイに見送られて、次への課題がたくさんってことで、ロンドンを締めくくろうじゃないか!って何で私が締めてんだ?(笑)

    どうでもいいけど、梅雨明けした途端、恐ろしく蒸し暑い東京よ。
    もう嫌だぁぁぁぁ(; ̄ェ ̄)

    博物館ってのはイマイチ興味の湧かない私なんだが、恐竜系はなかなか面白いか。
    それにしても生首に意識が残ってたなんて恐ろしい( ̄O ̄;)
    パリのコンシェルジェリーだっけか?マリーアントワネットなんかが幽閉されてたとこ、前に行ったけどさ、やっぱゾクッとする感じよね。
    私、まるきり霊感とかないけど、何か出そう〜(・・;)とか思っちゃったよ。
    今度、ポーランドで古城泊まる?とか思ってるんだが、招かれざる客がいそうで嫌だな(笑)

    今回のロンドンの思い出は、あまりいいものではないかもしれないけど、助けられたモニュメントはきっと思い入れの強いものになるね。
    私がいつかロンドンに行くことがあったら、ビッグベンやロンドンアイを見たらきっとピーチちゃんを思い出すな。あはは。

    とりあえず無事にロンドンを終えることが出来て良かった。次はパリだね。
    私、お次はパリだわ(笑)
    PC動かないし、いつになるかなぁ??でも、パリ初日のは写真だけ入れてあるから、あとはコメントだけなんだけどね。

    うぅ………i pad打ち辛い(*_*)

    るなっち

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/07/08 22:10:42
    RE: ナイスショット♪
    るなっち

    そっかぁー、そっちは梅雨明けしたのね。 そうすると一気に蒸し暑い夏到来だもんね。
    アトランタも夏はかなり蒸し暑いんだけど、日本の夏はハンパない!(笑)
    以前久しぶりに帰国した時に、「あれ? 人間ってこんなに汗って出るんだったっけ?」ってびっくりしたことあるもんw 

    > 綺麗だ!!
    > うん、この一枚はとってもいい感じ。

    るなっちから褒めてもらうのはめっちゃ嬉しいんだけど、綺麗な写真ってどの写真だ?(爆) トップの一枚かな。
    (って、この旅行記じゃ、まともな写真はこれくらいしかないか・・・w)
    そうそう、この衛兵さん、めっちゃ綺麗なお顔をされてて・・・。(ってそっちかい!?)
    いや、でも本当に美しい人だった。 美形に制服。 これ以上の目の保養はございません。(^_-)☆

    > 次への課題がたくさんってことで、ロンドンを締めくくろうじゃないか!って何で私が締めてんだ?(笑)

    おいっ! ヾ(・・ ) 
    あはは! いいよいいよ、勝手に締めくくっちゃって下さい。 これで観光は終わっちゃったしね・・・。

    > 私、まるきり霊感とかないけど、何か出そう〜(・・;)とか思っちゃったよ。

    私も霊感とかまるでないんで、パリのコンシェルジュリーも今回のロンドン塔でも、なーんも感じなかった。
    ちょっと残念なような・・・? いや、出てきてもらっても困るんだけどねw

    > 今度、ポーランドで古城泊まる?とか思ってるんだが、招かれざる客がいそうで嫌だな(笑)

    あはは。(笑) でも、古城に泊まるなんてロマンチックだよね。 やっぱりそこでしか味わえない雰囲気や空気がある。
    (いや、招かれざる客のことじゃなくてw)

    > 今回のロンドンの思い出は、あまりいいものではないかもしれないけど・・・

    いや、「思い出って摩り替わっていくものなのね〜。」を実感しております。(笑) 現地では本当に大変だったんだけど、
    写真見ながら旅行記書いてると、痛かったことや、精神的に凹んだこと、そして超寒かったことなど
    それがあったことは勿論覚えてるんだけど、感覚としてはもうほとんど忘れちゃってるんだよね。(←都合のいい性格w)
    だから、ロンドンの思い出としても、楽しかったことやラッキーだったことが一番に頭に浮かんでくるので、
    全体としてもそんな感じに捉えています。

    > 助けられたモニュメントはきっと思い入れの強いものになるね。

    そうだね。 朝晩毎日見ていたビッグベンには特に“お友達感”を抱いちゃってます♪

    あ、るなっちも次の旅行記はパリなんだ。 まあ詳しくは言わないけど、パリもねぇ・・・(凹)でしたよ。
    何か今考えると、今回の旅は、観光を楽しむというよりも、別なところにテーマがあったような気がする・・・。(苦笑)

    まだPCの問題は解決してなかったんだー。 先週も旅行記を投稿してたから、てっきりよくなったのかと思ってた。
    もし長引くようだったら、とりあえずはiPad対応のキーボードを買ってみるとか・・・?

    んじゃ、またね〜。(^ー^)ノ~~

    ピーチ :)

    るな

    るなさん からの返信 2013/07/09 09:02:59
    RE: RE: ナイスショット♪
    > そっかぁー、そっちは梅雨明けしたのね。 そうすると一気に蒸し暑い夏到来だもんね。

    ★殺人的な暑さだよ(−_−;)35度……………焦げる…溶ける…
    私らが小学生の時とか、学校にクーラーなくても過ごせたのに。
    確実におかしいよね?
    >
    > るなっちから褒めてもらうのはめっちゃ嬉しいんだけど、綺麗な写真ってどの写真だ?(爆) トップの一枚かな。

    ★関連の写真へってタッチ出来るっしょ?
    クリックすればその写真へとぶよ!

    > いや、でも本当に美しい人だった。 美形に制服。 これ以上の目の保養はございません。(^_-)☆

    ★美形ってのは世の中存在するもんよ。
    マジマジ見ちゃうよね(笑)
    >
    > あはは。(笑) でも、古城に泊まるなんてロマンチックだよね。 やっぱりそこでしか味わえない雰囲気や空気がある。
    > (いや、招かれざる客のことじゃなくてw)
    >
    ★女同士、ロマンティックもないんだが、やっぱりそこでしか味わえない雰囲気ははずし難いかと。
    でも、たいていそういうとこは、アクセスが悪いとこが多いから考え中。

    > いや、「思い出って摩り替わっていくものなのね〜。」を実感しております。(笑) 現地では本当に大変だったんだけど、
    > 写真見ながら旅行記書いてると、痛かったことや、精神的に凹んだこと、そして超寒かったことなど

    ★それはわかる!
    過ぎてしまえばそれはいい思い出なのよね。

    >次の旅行記はパリなんだ。 まあ詳しくは言わないけど、パリもねぇ・・・(凹)でしたよ。

    ★前にメールに書いてあったっけかね?

    > 何か今考えると、今回の旅は、観光を楽しむというよりも、別なところにテーマがあったような気がする・・・。(苦笑)
    >
    ★あはは、笑い事じゃないけど、何かのメッセージだったのかしらね?

    > まだPCの問題は解決してなかったんだー。 先週も旅行記を投稿してたから、てっきりよくなったのかと思ってた。
    > もし長引くようだったら、とりあえずはiPad対応のキーボードを買ってみるとか・・・?

    ★いやぁ、この前の旅行記も、イライラしながらi padで打ってるんだよ(・・;)
    もう直さないと無理。
    自分用にノート買おうかとも思ってるよ。

    じゃ、今日も焦がされながらお仕事行ってきます-_-b

    るなっち

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/07/09 12:34:03
    こんな機能があったとは!
    > 殺人的な暑さだよ(−_−;)35度……………焦げる…溶ける…

    えぇ〜っ!? 35度もあんのー? そりゃー、いくら暑さに強いるなっちでも流石に悲鳴を上げるか・・・。
    ほんとだよね。 小・中・高、とずーっとクーラーなかったけど、過ごせたのにね。 無ければないで、
    それが当たり前なんだろうけど、一度甘い蜜を吸うと元に戻るのは難しいなぁ・・・(^^;

    > 関連の写真へってタッチ出来るっしょ?

    うぉ〜、そんなことになっていたとは! 実は丁度今朝、掲示板を読んでて、この「関連の写真へ」という言葉を発見。
    何だろう?と思ったもののチェックもせず。 Σ( ̄ε ̄;|||・・・  はぁ〜、そういうことだったのね!
    今まで、よく人様の掲示板で「この写真が・・・」とかって書いてあって、どの写真だろう?と思うこともあったんだけど、
    こんな機能があったとは! あぁ、ビッグベンのことを褒めてくれたんだね! どうもありがとう!(*^^*)
    それなのに、私ときたら、「綺麗」と聞いてトップのイケメンくんしか思い浮かばず・・・。
    あれだけ「ビッグベン、ビッグベン」言ってた割には・・・(反省!)。 ビッグベン、ごめんよ〜! (爆)

    > 女同士、ロマンティックもないんだが、やっぱりそこでしか味わえない雰囲気ははずし難いかと。

    女性同士でもロマンチックなホテルの雰囲気は余計に嬉しいんじゃない? でも、そうそう、
    古城って大抵アクセス悪いとこにあるよね。 うーん、そこはやっぱり考えるところだわ。

    > 前にメールに書いてあったっけかね?

    いや、パリのことは書いてないと思うよ。 今回は期待してたところ、全てがやられたような気がするね。 
    ついてない感がどこまでもまとわり付いて来たw  くぅ〜。  ( ̄_ ̄|||)

    んじゃ、今日も1日頑張ろう!(←って私はもう寝る時間だが) ♪( ̄▽ ̄)ノ"

    ピーチ :)
  • コージ☆さん 2013/07/06 10:21:01
    「痛いの痛いの,飛んでいけーっ!」
    サウスピーチさん こんにちは

    おまじないしたので,ヒザは治ったでしょうか?
    (英米では,こういうおまじないってあるのかな?)
    普通の人の旅行でも,4日間で,これだけ見られたら十分なくらいですよー
    もし,ヒザが痛くなかったら,スゴイことになっていたんでしょうね!

    あ,サルにはダマされましたよー
    さすがのコージも,やられましたっ(笑)
    本物かと,よーく写真見たんですが,リアルです

    そうそう,ダンナさんは夜な夜な一人で出歩いていたそうですが,そちらの方も気になって仕方ないんです(笑)
    で,思いついたんですが,“別冊”ロンドン旅行記で,ダンナさんの「夜の旅行記」があったら面白いんですが…

    ところで,ベーカー街は予定になかったんですか?
    わたしは,ホームズ好きで,イギリスのテレビで放映されてたホームズ・シリーズのDVD23巻セット買っちゃって,NY旅行に備えて英語を勉強しようと思ってます

    ロンドン以降は,どうなるのでしょう?
    楽しみです!

    コージ

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/07/07 04:03:10
    RE: 「痛いの痛いの,飛んでいけーっ!」
    コージさん、こんにちは!

    > おまじないしたので,ヒザは治ったでしょうか?

    あはは、ありがとうございますっ! ウミガメ王子パワーですっかり治りました〜。(←本当か? 笑)
    いや〜、このおまじない、ロンドン初日にやって欲しかったですw

    > 英米では,こういうおまじないってあるのかな?

    どうでしょうね。 でも、「痛いの痛いの、飛んでいけー」に該当するのはないような気がします。
    痛みが「飛んでいく」というコンセプトがないんじゃないかなぁ。 子供が痛がっている時は、
    大抵ハグしたりキスしたり・・・そんな感じだと思います。

    > あ,サルにはダマされましたよー

    がはは! やったぁ〜♪ これで、くじらのリベンジができました。 (何の騙し合いじゃーw)
    でも、私も初めて見た瞬間は、辺りが暗かったせいもあって、ドキッとしましたよ。

    > そうそう,ダンナさんは夜な夜な一人で出歩いていたそうですが,そちらの方も気になって仕方ないんです(笑)

    あら、コージさんも夜遊・・・、いえ、夜のお出掛けがお好きですか?(笑)
    まあ今回は私が自由に歩けなかったのもありますけど、もともとお酒は飲まないので、
    夫に一緒について行っても面白くないだろうし、彼も一人の方が楽しめるだろうし。 
    それよりも、私は断然夜景が見たいっ!(笑) 

    夫の「夜の旅行記」ですか・・・。 多分何の中身もないと思いますよ。(爆)

    > ところで,ベーカー街は予定になかったんですか?

    あー、全くなかったです。(笑) シャーロック・ホームズの家?博物館?みたいなのがあるのは知っていましたが、
    興味がなければ行っても多分面白くないかなぁ〜と思って。 でも、食わず嫌いってことも考えられるので、
    少し勉強してから行けば楽しめるでしょうね。

    > わたしは,ホームズ好きで,イギリスのテレビで放映されてたホームズ・シリーズのDVD23巻セット買っちゃって,
    > NY旅行に備えて英語を勉強しようと思ってます

    へぇ〜、凄いですね! 何がきっかけで勉強する気になるかなんて分かりませんよね。
    私が英語を勉強したいと思ったのも、元はUKミュージックからですし・・・。

    それでは、また!

    サウスピーチ :)
  • わんぱく大将さん 2013/07/06 08:08:49
    いろいろありましたね
    サスピさん

    このロンドンの旅はいろいろありましたね。 予定が変更になるのはあるけれど、まさか膝がやられるとは。。。
    しかし、よく頑張りましたね。おかげで16年住んでて、入ったこともない所をご紹介、有難うございました。
    入ったこともあるというのは、仕事の下見、又、サプライヤ―からの御招待がらみが多かったのですが、それでも、ロング・バケ(このTVドラマ、最終回はロンドンで撮影したらしいですよ)、いや、ロング・ウォーク、いったこともない。 ロンドン塔、いつも外から。 自然史博物館、入ったのは学生時代、1回だけかも??? なので、私よりよく、入られましたよ。
    F&Cも仕事で食べたのと、みんなで食べに行った位で、殆ど食べませんでしたね。

    自然史博物館、大英には入りきれずここに移したとか。大英より好きな人が多いかも。 その横にボーイスカウトの発祥の地として、半ズボンはいたおっさんの像が、あったのですが。冬でも半ズボン。

    イギリスのコイン、7角形の形が(20と50P=ペンスと言わずピィ―)
    七つの海を支配するって所からきたような、そうでないような。ちなみにケニアのコインも1枚七角形が。流石元イギリス。

    えっと、ダ―ウィンの遠い親戚にあたるのがウエッジウッドやったかな。
    ダ―ウィンの銅像、あそこにあるとは知りませんでしたね。

    普段見慣れていた景色も、人にとっては元気の元なんですね。 それは嬉しい限りでした。(別にロンドンが好きとか、嫌いとかの人間ではありませんけどね)

    明日は、身体の調子次第ですが、又、フランス国境の近くまで行くかもです。  cheers ! (たまに使ってたな)

     大将

    サウスピーチ

    サウスピーチさん からの返信 2013/07/06 22:36:03
    RE: いろいろありましたね
    大将さん、こんにちは! やっとロンドンが終わりました。 ふぅ。 このペースでいくと、
    この旅行記が終わるのはいったいいつになるのか・・・不安でもありちょっと焦っています。(^^;

    > おかげで16年住んでて、入ったこともない所をご紹介、有難うございました。

    そこに住んで生活していると意外とそんなもんですよね。 旅行とは全く違う目線ですから。
    私も最初の頃はアトランタ、観光に結構あちこち行きましたが、ここ15年以上はさっぱり。
    せめて、4トラの皆さまにどんなところがあるかお伝えしようと思っていはいるものの、
    まだ1ヶ所(ストーン・マウンテン)しか紹介できていません。 (--,)

    > 自然史博物館、大英には入りきれずここに移したとか。大英より好きな人が多いかも。 

    そうですね・・・、大英は好みが分かれるかも。 私もいくつか(パルテノン神殿の一部とか)は興味がありますが、
    まあいつか一度行ければ・・・くらいかな。 あら、冬でも半ズボンのおっさん、見ませんでしたね〜。
    外は寒かったんで、あんまりキョロキョロしてなかったからかも。 (^^;

    コインですけど、滞在中にピカピカのテン・ピィー(大将さん流に^^;)をゲットして、
    あの伸びたようなライオンの絵が気に入って、今もお財布に入れています。 (*^^*)
    7角形のはカッコいいですよね! 七つの海を支配する所からきてるんですか・・・。 何ともイギリスらしい。 
    7角形のは古い型のコインしか手に入らず、これ、全種類欲しいなぁ〜と思っています。

    > えっと、ダ―ウィンの遠い親戚にあたるのがウエッジウッドやったかな。

    へぇ〜、知りませんでした。 数年前には、この老舗ウェッジウッドも倒産しましたよね。
    アメリカでも結構大きなニュースでした。 (厳密に言うと、日本で言う“倒産”とはちょっと意味が違うようですが。)

    > 普段見慣れていた景色も、人にとっては元気の元なんですね。 

    やっぱり有名なランドマークはテンションが上がります。 私にとって一番ロンドンを感じられる場所と言えば、
    ビッグベン、ロンドン・アイ、そしてタワーブリッジの3つだったので、そのうちの1つがホテルの部屋から見えたのは、
    本当にラッキーでした。 (ま、ご存知のように、一応自分なりにその努力もしましたが^^;)

    > 明日は、身体の調子次第ですが、又、フランス国境の近くまで行くかもです。  

    結局行かれましたか? 夏風邪はこじらせると長引くことが多いですが、
    じっとはしていられない方ですからね、大将さん。(^^; 早く調子が戻るといいですけど・・・。

    それでは、Tara〜!(笑)

    サスピ :)

サウスピーチさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集